大人の旅コーデ

Web eclat
週末は伊豆方面へ。
伊豆の山道の途中にある古民家のパン屋さん
「麦焼処 麦踏」(ムギヤキドコロ ムギフミ)
玄関をくぐり、縁側や畳の部屋を抜けて、1番奥にパン売り場があります。

まるで旅館のような佇まい。
焼き立てのパンがずらり。

私は1番人気の「バターロール」
「イチジクとクルミ」「ショコラオランジェ」などを購入。
早速縁側で頂いちゃいました。

小麦の風味が濃くて美味♬

こんな素敵なパン屋さんに出会えるのも旅の醍醐味ですよね。
この日のコーデは全体を同系色で揃え白のストールで顔周りは明るさを出して。

カーゴパンツで旅行中も動きやすく。
以前にも紹介しましたが「DUVETICA」
軽くて温かいので毎年重宝してます。

長年愛用しているグレージュのパイソン柄バックは「L'AURA(ラウラ)」のもの。

収納力抜群なので旅にはとても便利です。

気持ちグレージュをとりいれてみました。

寒さが厳しくなってまいります。皆様、体調には十分ご留意くださいね。
関連記事
  • 脂ののった金目鯛を香りのいいアオサ、つるんとしたとろろと味わう“アオサの金目鯛しゃぶしゃぶ”のレシピを料理家の冷水さんがご提案。“香り豊かな、和み鍋”香草やスパイス、和の薬味使いに、目からウロコのアイデアが満載。「シンプルな鍋も、スパイシーな辛味やさわやかな香りなどで目新しい味わいに。最後のスープまでおいしくいただけることを心がけています」(冷水さん)。冷水さんのセルフスタイリングでご紹介。>>冷水さんの鍋THEORYはこちらアオサの金目鯛しゃぶしゃぶ脂ののった金目鯛にさっと火を通し、香りのいいアオサ、つるんとしたとろろと。魚のうま味が出ただしが絶品!材料(2~3人分)金目鯛(しゃぶしゃぶ用スライス)....................半身分 アオサ(乾燥)..............................................4g 大和いも......................................................10㎝ A  だし...........................................................800㎖ 酒.............................................................100㎖ 薄口しょうゆ...............................................大さじ2/3 塩.............................................................小さじ1/2 ポン酢.......................................................適量作り方1.鍋にAを入れて温める。大和いもは皮をむいてすりおろす。 2.1の鍋にアオサを加え、各自が金目鯛をしゃぶしゃぶして、ポン酢をつけていただく。途中、すりおろした大和いもをスプーンなどですくって落とし入れ、軽くかたまったらいただく。鍋奉行ポイント締めはにゅうめんがおすすめ! だしに金目鯛のうま味が加わり、アオサやとろろもからんでおいしい。そうめんをゆでて冷水で締め、鍋に加えて温め、だしとともに器に。教えてくれたのは……料理家 冷水希三子さん 雑誌、書籍、広告などで活躍する料理家。京町家ホテルの朝食のプロデュースなども。センスのいいスタイリングも人気。http://kimiko-hiyamizu.com/>>「絶品鍋レシピ28days」をもっと見る撮影/伊藤徹也 取材・文/海出正子 ※エクラ2019年2月号別冊掲載
  • 歯ざわりのいい大根を、ピリッとする花椒オイルでいただく“大根といりこの鍋”のレシピを料理家の冷水さんがご提案。“香り豊かな、和み鍋”香草やスパイス、和の薬味使いに、目からウロコのアイデアが満載。「シンプルな鍋も、スパイシーな辛味やさわやかな香りなどで目新しい味わいに。最後のスープまでおいしくいただけることを心がけています」(冷水さん)。冷水さんのセルフスタイリングでご紹介。>>冷水さんの鍋THEORYはこちら大根といりこの鍋歯ざわりのいいリボン状の大根を、ピリッとする花椒オイルで。煮干しはそのまま食べるので、上質なものを。材料(2~3人分)大根......................................................1/2本 煮干し(いりこ).....................................15g A 水........................................................600㎖ 酒........................................................50㎖ 薄口しょうゆ.........................................大さじ1 花椒オイル 花椒....................................................大さじ1 太白ごま油(またはサラダ油)..................大さじ4 作り方1.煮干しの頭と内臓を取り除き、Aとともに鍋に入れ、弱火でゆっくり煮出す。 2.花椒オイルの材料を小鍋に入れて弱火にかけ、花椒が赤黒くなって香りがたつまで加熱する。火から下ろして冷ます(冷蔵庫で1カ月保存可)。 3.大根は皮をむいて縦に4等分に切り、スライサーでリボン状に薄くスライスする。 4.1の鍋に薄口しょうゆを加えて味をととのえる。各自が大根を入れて好みの硬さまで煮て、煮干しとともに器に取り分けて花椒オイルをたらしていただく。鍋奉行ポイント大根の切り方は縦に4枚に切る感じ。両端は写真のような形になるけれど、スライスすればリボン状になる。スライサーがない場合は、ピーラーでリボン状にしても。教えてくれたのは……料理家 冷水希三子さん 雑誌、書籍、広告などで活躍する料理家。京町家ホテルの朝食のプロデュースなども。センスのいいスタイリングも人気。http://kimiko-hiyamizu.com/>>「絶品鍋レシピ28days」をもっと見る撮影/伊藤徹也 取材・文/海出正子 ※エクラ2019年2月号別冊掲載
  • おなじみの湯豆腐に花椒と八角を効かせることで、辛味と香りを楽しめる“豆腐とニラのスパイス湯豆腐鍋”のレシピを料理家の冷水さんがご提案。“香り豊かな、和み鍋”香草やスパイス、和の薬味使いに、目からウロコのアイデアが満載。「シンプルな鍋も、スパイシーな辛味やさわやかな香りなどで目新しい味わいに。最後のスープまでおいしくいただけることを心がけています」(冷水さん)。冷水さんのセルフスタイリングでご紹介。>>冷水さんの鍋THEORYはこちら豆腐とニラのスパイス湯豆腐おなじみの湯豆腐に花椒と八角を効かせ、辛味と香りを楽しんで。ごまダレや腐乳をつけると味のアクセントに。材料(2~3人分)豆腐...........................1丁 ニラ..........................1/2束 塩.............................少々 A 水............................400㎖ 昆布.........................10㎝角1枚 八角.........................2 個 花椒........................小さじ1 ごまダレ 白ごまペースト.........大さじ3 砂糖.......................小さじ2 薄口しょうゆ............小さじ2 長ねぎのみじん切り...小さじ2 腐乳......................適量 作り方1.鍋にAを入れて弱火にかけ、ゆっくり煮出す。ニラは5〜8㎜幅に切る。 2.ごまダレの材料をすべて混ぜ合わせ、腐乳とともに小さな器に入れる(好みで腐乳を溶かしても)。 3.1の鍋に豆腐を丸ごと入れて塩を加え、ふたをして弱火で豆腐の中までよく温める。ニラを加えて再びふたをし、火を止めて蒸らす。 4.スプーンなどで豆腐をくずしながら取り分け、ごまダレ、腐乳をつけていただく。鍋奉行ポイント花椒は最近ブームの「しびれ鍋」に使われる、辛味とさわやかな香りをもつスパイス。エキゾチックな香りの八角と合わせて、湯豆腐の湯に加えて香りをつける。教えてくれたのは……料理家 冷水希三子さん 雑誌、書籍、広告などで活躍する料理家。京町家ホテルの朝食のプロデュースなども。センスのいいスタイリングも人気。http://kimiko-hiyamizu.com/>>「絶品鍋レシピ28days」をもっと見る撮影/伊藤徹也 取材・文/海出正子 ※エクラ2019年2月号別冊掲載
  • マンネリ化しがちな素材や味の組み合わせも、ちょっとしたアイデアで新鮮な鍋に! 料理家・ウー・ウェンさんが提案する、2~3種類の野菜を組み合わせた鍋レシピを大公開。2〜3品の素材で作るシンプル鍋「家庭のごはん作りでは、味はもちろん、栄養価も大切。鍋なら、タンパク質に野菜2〜3 種類を組み合わせれば完璧ですね」(ウーさん)。食材の味ひとつひとつがきわだち、食材から出るだしの味でおいしく仕上がる。【ウーさんの鍋THEORY1】タンパク質1種類+野菜1〜2種類が基本鍋だけで必要な栄養をとれるよう、肉や魚介、豆腐などのタンパク質に、野菜は1〜2種類で組み立てる。タンパク質の倍量の野菜が基本バランス!【ウーさんの鍋THEORY2】だしは使わず素材の味を引き出す素材の味をしっかり引き出すから、だしは不要。そのために「調味料は控えめ」がポイント。家のごはんは、「薄味」のほうがおいしく、飽きずにたくさん食べられる。【ウーさんの鍋THEORY3】素材の切り方しだいで、10〜20分で完成!細切りにしたり、繊維に沿って切ったり、おろしたり──すぐに火が入るように、切り方に工夫を。これが食感の違いにもなり、味や口当たりの楽しさにつながる。厚揚げのマーボー鍋 厚揚げでボリューム感とうま味を。とろりとした長いもの食感が加わって、しびれるおいしさの大人鍋。 【材料(2人分)】 厚揚げ..................1枚 長いも.................150g 生しいたけ...........6 枚 赤とうがらし(粗挽き) ........................大さじ1 しょうゆ.............大さじ1/2 味噌...................大さじ1 花椒...................小さじ1/2 水.....................2カップ ごま油................大さじ1 【作り方】 1.厚揚げは4等分にする。生しいたけは石づきをとり、半分に切る。 2.長いもの皮をむき、すりおろす。 3.花椒はフライパンで黒くなるまで空煎りし、すり鉢などですりつぶす。 4.鍋にごま油と赤とうがらしを入れて中火にかけ、香りがたったら、味噌、しょうゆ、水を加えて煮立てる。 5.1を加え、7〜8分煮て、2を流し入れる。花椒をふる。 【親奉行ポイント】 花椒(ホアジャオ)は使うたびに、空煎りしてからつぶすと、香りが増す。フライパンなどに花椒を入れて中火にかけ、黒っぽくなるまで空煎りし、粗熱がとれたら、すりつぶす。豚肉とかぶの鍋 肉のうま味を味わいたいから豚肉は厚切りを。かぶは葉も実も丸ごと使って。塩とこしょうだけで優しい仕上がりに。 【材料(2人分)】 豚肉(しょうが焼き用)..................6枚 かぶ...........................................4 個 黒粒こしょう................................15粒 粗塩...........................................小さじ1/3 酒..............................................大さじ2 水..............................................2カップ 太白ごま油...................................大さじ1 【作り方】 1.かぶの葉は5㎜長さに切り、実は皮ごと繊維に沿って薄切りにする。粒こしょうは粗くつぶす。 2.鍋に太白ごま油を入れて中火で熱し、豚肉を両面焼く。色が変わったら、かぶの葉を入れて炒める。香りがたったら、酒、こしょうを加えてざっと合わせ、水を注ぎ入れ、ふたをして弱火で5分煮る。 3.2 にかぶの実を加えて2 〜3分煮て、粗塩で味をととのえる。 【親奉行ポイント】 かぶは丸ごと全部使う。実を薄くスライスすれば、すぐに煮上がる。葉は細かく刻んで、さっと火を通す。薄切りのかぶの優しい甘味がしみじみと味わえる。牛肉と玉ねぎ、ごぼうの鍋 牛肉と相性のよい2種類の野菜を取り合わせ、オイスターソースでコクとうま味をプラス。ひと鍋で満足感を味わえる! 【材料(2人分)】 牛肉(すき焼き用)...................................200g 玉ねぎ...................................................1個 ごぼう....................................................1/2本 酒.........................................................1/2カップ 水........................................................2カップ オイスターソース....................................大さじ1½ こしょう...............................................少々 太白ごま油............................................大さじ1ラダ油大さじ1 【作り方】 1.玉ねぎの皮をむき、1㎝幅の輪切りにする。 2.ごぼうはささがきにする。 3.鍋に太白ごま油と玉ねぎ、ごぼうを入れて香りがたつまで炒める。牛肉を加え、炒め合わせる。酒、オイスターソースを加えて水を注いで煮立たせる。 4.弱火にしてふたをし、5分煮てこしょうをふる。 【親奉行ポイント】 鍋には珍しい、オイスターソース使い。カキから抽出されたコクがプラスされておすすめ! ただし、素材の味を消さないよう、量は控えめに!他の画像を見る>>「絶品鍋レシピ28days」をもっと見る撮影/三木麻奈 スタイリスト/大畑純子 ※エクラ2019年2月号別冊掲載
  • ニューオープンしたデリ専門店でランチ。そのあとリネンショップにも立ち寄って女子力もアップ?青山にあるデリ専門店「 PARIYA(パリヤ)」が二子玉川に出来たと聞いて、友人と行ってきました。ここはずらっと並んでいるデリの中からサラダとメインを選んで専用ボックスに入れてもらうシステム。色とりどりのお惣菜はどれも美味しそうで迷ってしまう!今日私が選んだのはこの4種類。玄米ご飯とチキンのグリーンカレーソース、メキシカンサラダにマカロニサラダ。予想以上のボリュームでお腹いっぱい。お味噌汁もついてお茶やコーヒーも飲み放題。しかもメニューは週替わりなんて、これはまた行かなくては。もちろんテイクアウトもできます。お腹いっぱいで食べられないと言いながら二人でシェアしたモンブラン(これは別腹&別料金ね)。ひとりでは食べきれないびっくりのボリュームなんです。そしてランチのあとは、近くのリネン専門店「リネンバード」へ。ここは手芸好きにはたまらない場所(ちなみに手芸好きは私ではなくて刺繍上手な友人)。お店の中も外もフレンチシックな雰囲気で、店内には海外から輸入した絶妙な色の生地がずらりと並んでいて、ビンテージな家具とベストマッチ。カーテンやクッションのオーダーもできます。不器用な私も夢中になる素敵なお店です。 この日は久しぶりに赤いスカートを。今月号のエクラで富岡さんが、そして華組のみなさんが素敵に着ていらっしゃるのを見て影響されちゃいました。 ひさしぶりに着た赤。やっぱり気分があがりますね。女子力もアップするといいナ。 knit・・・beige. skirt・・・iena downjaket・・・duvetica shoes・・・gu bag・・・j&m davidson華組 有村一美ブログ
  • エクラ2月号の『jマダムのおしゃれ実況中継』に、お洒落な方々と一緒に掲載していただきました^ ^右側のコーデの時に持っていたのが、復活したディオールのサドルバッグです。 復活したばかりの頃は、ボックスカーフのタイプしかなく、諦めていたのですが、 昨年秋にクルーズラインで型押しのタイプが出たので手に入れました。 以前、ボックスカーフの某ブランドのアイコン的バッグをもっていたのですが、扱いが苦手で手放したことがあるのです(苦笑)ディオールのクリエイティブディレクター、マリア・グラッツィア・キウリが就任してからのディオールが個人的にとても気になっていることと、私の周りにこのバッグを持っている人がいない事もポイントでした^ ^ミラノマダムはこんなスタイルで同じ型押しのサドルバッグを持っていましたね!ファッションスナップを拝見して思ったことは、登場されていらっしゃる皆さんが、自分に似合うファッションを楽しんでいらっしゃるなあ♪ お洒落な方って、自分に似合うものをよく分かっていらっしゃる方なんだなぁ♪ということ。 この歳になると、自分に似合うスタイルがある程度確立されてきて、素敵ー♡と思っても、好きなものが必ずしも自分に似合うとは限らないことも分かっていますし、 あと何センチか、身長が高かったらなぁ…とかもう少しスタイルが良かったらなぁ…とか思うことは今だにありますが、今の自分に似合う+好きなスタイリングをすることが、私のファッションの楽しみ方だと思っています。 歳とともに、体型も少しずつ変化して、今まで似合っていたはずなのに…急に似合わなくなってしまったり、悩みも色々増えてきますが、 健康でいられて、ファッションが楽しめることにも感謝しなきゃ!とも思います。 お洒落することって、楽しいですもの♪ 先日も左下のコーデに、ジョンスメドレーのパールボタンのカーディガンをプラスして、家族でご飯へ。 shoes pellico 一年中で1番寒くて苦手な1月。 外出も億劫になりがちですが、寒い時期にしか出来ないお洒落を楽しんで、毎日をハッピーに過ごしたいと思っています❤️ 華組 朝生育代ブログ
  • 甘味たっぷりのカリフラワーにとろけるチーズがたまらない“カリフラワーのチーズ蒸し鍋”のレシピを料理家の冷水さんがご提案。あつあつの瞬間を逃さず味わって!“香り豊かな、和み鍋”香草やスパイス、和の薬味使いに、目からウロコのアイデアが満載。「シンプルな鍋も、スパイシーな辛味やさわやかな香りなどで目新しい味わいに。最後のスープまでおいしくいただけることを心がけています」(冷水さん)。冷水さんのセルフスタイリングでご紹介。>>冷水さんの鍋THEORYはこちらカリフラワーのチーズ蒸し鍋ふたを開けた瞬間、わあっと歓声が上がる。甘味たっぷりのカリフラワーにとろけるチーズ。あつあつの瞬間を逃さず味わいたい。材料(2~3人分)カリフラワー............................................1個 水..........................................................200㎖ オリーブオイル.........................................大さじ1 ラクレット(またはグリュイエール、エメンタール、 ピザ用チーズなど)...................................80g作り方1.カリフラワーを丸ごと鍋に入れ、分量の水を注いでオリーブオイルを回しかける。ふたをして弱火にかけ、沸騰してから30分ほど、カリフラワーが十分に軟らかくなるまで蒸し煮にする。竹串を刺してみて、抵抗なくすっと通ればOK。 2.ラクレットを細かく切ってカリフラワーの上にのせ、再びふたをして火を消し、5分ほど蒸らす。チーズが溶けたらできあがり。スプーンなどで切り分けていただく。鍋奉行ポイント少ない水とオリーブオイルで、カリフラワーを丸ごと蒸し煮にするのがポイント。軟らかめに火を通すと甘味が引き出される。鍋はフタがぴったり閉まる土鍋か厚手の鍋で。教えてくれたのは……料理家 冷水希三子さん 雑誌、書籍、広告などで活躍する料理家。京町家ホテルの朝食のプロデュースなども。センスのいいスタイリングも人気。http://kimiko-hiyamizu.com/>>「絶品鍋レシピ28days」をもっと見る撮影/伊藤徹也 取材・文/海出正子 ※エクラ2019年2月号別冊掲載
  • 食いしん坊仲間それぞれが、「香港のおいしい店リスト」を持って集合した食べ歩き旅。香港は、少人数でも楽しめるブランチや甘味のチョイスも豊富!9時半から営業している沾仔記の、ワンタン麺。 少人数でも楽しめる、ブランチやおやつのチョイスも豊富な香港。ブランチに待ち合わせたのは、ワンタン麺の「沾仔記」と、飲茶の「蓮香楼」。ワンタン麺だけを食べ比べに行きたいくらいどこも美味しいけど、「沾仔記」は9時半から営業していて食べ歩き旅にはうれしい。「蓮香楼」は、いつも活気があって店内の様子を見ているだけでも飽きません。南国ですから、フルーツジュースもおいしいし、ソウルフードとも言われるピリ辛のおやつ“腸粉”を食べに、「合益泰小食」まで足を延ばすのもよし。 蓮華楼の活気溢れるブランチ。ノスタルジックな蓮華楼。佐敦の街角でスイカジュースを。他の画像を見る *  *  *    また、台湾の食いしん坊友達のリストには30軒近く店名が並んだのですが、その中にあった薬膳スープの店、「園林薬膳鶏煲湯」にも行ってみました。どうやらディズニーランド方面?とかなり郊外なんですが、典型的な中華薬膳スープのようで、フルーツの甘さもあり滋味深い美味しさでした!  薬膳といえば、薬のような甘味を「源記甜品専家」でいただきました。胡桃のおしるこなど、優しい甘さのデザートが好みなので、桑の葉茶に蓮の実や煮卵(!)の入ったデザートに感激。店もノスタルジックで可愛らしい。こちらも近所にあったら通いたいと思ったほどです。  ショッピングは、いつも行く「九龍醤園」でオイスターソースと赤酢、混んでいても丁寧な接客でレシピまで教えてくれた「源興香料公司」でスパイスを購入。行ってみたかった「粤東磁廠」では、その場でも絵付けしている器を選びました。ファクトリーアウトレットのような佇まいで、カラフルな器の洪水の中からお気に入りを見つけるのがとにかく楽しいのです!①まずは香港グルメミッション! <<<>>> ③マカオ、夢のように素敵な飲茶店を再訪!Web eclatのおすすめ旅記事撮影・文/桂まり
関連キーワード

RECOMMEND