【Day08】明るいトーンの配色で、銀座できわだつ存在に!【冬の洗練パンツ30days】

Web eclat

day08.

銀座で待ち合わせ。明るいトーンの配色で街できわだつ存在に

ハイウエスト&サイドポケットのデザインでおしゃれ度をアップ。きれい色で清潔感をキープして。

★パンツ¥38,000/エク ラプレミアム通販(エリン/申込 コード327068) コート(共布ベルトつき)¥290,000/ストラスブルゴ(ハイアリン) ハイネックニット¥26,000/SANYOSHOKAI(マッキントッシュ ロンドン) バッグ¥165,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥52,000/アマン(ペリーコ)

撮影/魚地武大(TENT) 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/XEX 日本橋 一保堂茶舗 東京丸の内店 ※エクラ2019年1月号掲載 ※★マークのついた商品はエクラプレミアム通販(https://flagshop.jp/eclat/)で購入できます
関連記事
  • 「パリとミラノのマダムたちの間でも、ワントーンコーデへの支持はやっぱり厚くて、そしてとても上手。目にとまったのはワントーンのキーカラーがそれぞれ異なっている、おしゃれ上手な4人のマダムたち。ワントーンは間違いのないスタイリングゆえ、ついマンネリ化もしやすいので、こんな"ひとひねり"あるスタイリングは参考になると思います」と話すのは、スタイリストの徳原文子さん。パリ&ミラノマダムたちの着こなしを解説!スタイリスト徳原文子さん 『Marisol』『éclat』と幅広い年齢層から信頼され、ファンも多数。徳原さんの手がける、洗練された大人のフェミニンスタイルの企画は、エクラ誌面でも毎度読者からの反響大!1.アレクサンドラ (ファッションディレクター・パリ)「ブルー系の大判スカーフを無造作に巻いてポイントにしたワントーンコーデ。立体感もツヤ感も加わって、シンプルなのに華やか。即、お手本になります」(徳原さん)。ニ2.ファティマ (プロデューサー・パリ)「絵になる美しいマダムは、黒のワントーンをカジュアルダウンさせるデニムのチョイスが素敵。シャネルのチェーンバッグがアクセサリーがわりに」(徳原さん)。ダメージ感のある黒デニムにセリーヌのタートルネックセーターを。上からまとったコートはコスのもの。ハットからサングラス、ブーツまでオールブラックのマダムは、斜めがけにしたシャネルのチェーンのミニバッグがアクセントに。3. ナタリー (デザイナー・パリ) 「エッグシェルホワイトから、ピュアホワイトまでの白の色幅を使いこなすセンスは見事! 髪の色までもがワントーンコーデの一部になっていて素敵です」(徳原さん)。白Tシャツに合わせたパンツも、トレンチコートもいずれもヴィンテージアイテム。ルージュの小ぶりなレザーのハンドバッグと、足もとに抜け感をつくっているアディダスのスタンスミスの白がさらに全身の明度を上げ、印象的な着こなしに。他の画像を見るeclat2月号掲載 [パリ]撮影/Mari Shimmura コーディネート/Mami Okamoto [ミラノ]撮影/Marco Bertoli コーディネート/Akane Takadama 取材・文/松井陽子
  • パンツスーツに合わせたい小物や、さまざまなビジネスシーンで活躍する新作アイテムなど、この時季のお仕事ファッションをより素敵にしてくれる旬の情報を紹介。1.「ヨーコ チャン」からビジネスシーンに ふさわしいバッグ&パンプスがデビュー「ヨーコ チャン」から、待望のバッグ&パンプスが登場。修整を繰り返し、クリエイティブディレクターのこだわりを詰めこんだバッグは仕事にも特別な日にも持てるデザイン。軽い仕上がりを目ざし、薄くしなやかな革を使用。履き心地にこだわり、足を入れたときに美しく見えるようデザインされたパンプスは黒と紺の2色展開。 そのほか、クラシカルタイプのバッグも2型展開。パンプス(ヒール高7.5)¥37,000・バッグ(H26×W34×D13.5)¥78,000(参考価格)/YOKO CHAN(ヨーコ チャン)2.スウェーデンデザインのポップなステーショナリーブランド 「キッキケイ」が日本初上陸日本デビューを果たした「キッキケイ」は、スウェーデン出身のクリスティーナ・カールソンによって、オーストラリアのメルボルンで誕生したステーショナリーブランド。数あるシリーズの中からエグゼクティブ女性におすすめなのは、オフィスワークに欠かせない、遊び心のあるノートや手帳がそろうライフエッセンシャルズシリーズ。"やりたいことリスト"が書けるバケットリストノートと、別料金でイニシャルが入れられるノート。ノート 各¥2,400・ペン 各¥1,900/ブランドブラン(キッキケイ)3.仕事モードからアフター6まで上品な目もとをつくる 「ルナソル」発、圧巻のベージュパレット「ルナソル」の”ベージュ"への思いがすべて注ぎこまれたアイカラーパレットが新発売。明るい色からダークカラーへと10色のベージュがグラデーションになった様子は壮観! 隣り合う色をブレンドしたり、単色使いしたり、どんな仕上がりも思いのまま。会議から華やかなパーティまで予定ぎっしりの出張先でもこのパレットが大活躍。写真上の柔らかな02ノーブルベージュと、下の洗練された印象の01ニュートラルベージュの2種類が発売。ルナソル ザ ベージュアイズ 各¥10,000/カネボウ化粧品他の画像を見るeclat2月号掲載 坂根綾子 スタイリスト/吉村友希 取材・文/新田幸子
  • ‘17年春からインスタグラムで募集を開始した「#Jマダムのおしゃれ」に投稿された中から、自分スタイルが光るエクラ世代マダムの手元のおしゃれを拝見。一点主義というより、ブランドにかかわらず好きなものを重ねづけする、その自由な感覚をぜひ参考にしたい。1.色を楽しみたいから、ブーツのヒールと 時計のベルトをカラーリンク「私が元気な証拠。この冬は色を着たい気分!」と大本さん。ツイードコートのインにはグリーンのローゲージニット。そこに時計のベルトとショートブーツのヒールの両方にボルドーを効かせて。「ボルドーはグリーンのニットとの相性もいいんです。常に目に入る手もとが華やかだと、楽しい気分になります」(大本きみこさん・グリーンピールサロン PROVENCE代表)。2.旬コートには、継承された時計と モダンなリングで新旧ミックス「おしゃれはトライ派。オーバーサイズコートも、この丈なら私にも大丈夫かなと思って」。ピーコートの手もとには、とろりとしたゴールドフェイスに時を感じるロレックスを。「祖母・母・私へと受け継がれた時計に、自分でデザインしたバロックパールのリングを合わせるのが好きです」(佐々木裕子さん・主婦)。3.異素材のワントーンコーデの手もとは 同系色を合わせて好バランスを追求好バランスと脚長効果を念頭にコーデを考える久保田さん。この冬購入したというニットにはインディゴブルーのワイドデニムを合わせ、手もとはロレックスと鮮やかなブルーコードブレスを重ねて。他の画像を見るeclat2月号掲載 撮影/大瀬智和 中澤真央 取材・文/向井真樹
  • 晴れ着としてだけではなく、ふだんの装いとしてきもののおしゃれを楽しんでいるアラフィー女性が増加中。つややかで可憐な、洗練されたマダム3人の着こなしをご紹介。ワンピース感覚で装える色無地。お気に入りの帯とひとひねり効いた小物を合わせて展覧会に 松本孝美さん(モデル) ぱっと明るい緑の装いがひときわ目をひく松本さん。「帯が好きなんです。今日の帯は細かい桐の葉柄ですが、手のこんだヨーロッパのボタニカル柄の刺繡に通じる美しさを感じます。きものは、言うなれば緑のワンピース。大好きな帯を引き立たせてくれ、顔映りもいい、そんな美しい色無地に惹かれます」。きものの楽しみを実感したのは40代になってから。以来、展覧会や観劇などの日に着るのだそう。「体や顔のラインの様子が変わり、洋服がなんとなく似合わなくなって。きものがいろいろ解決してくれました」。ポンポンつきの2トーンストールは松野コウタさんのブランドで。ナンタケットバスケットとの合わせも小粋。若いころに作った一着を今の気分の色合わせで装えるのも、きものならではの楽しみ方ですね 大沼こずえさん(スタイリスト) 本誌でも活躍中のスタイリストの大沼さん。お母さまの影響で小さいころから茶道と華道を習い、きものに触れる機会が多かったのだそう。「この色無地は、若いころに母と選んだもの。深みのある朱赤です。その当時とはひと味違う、今の気分で合わせを楽しんでいます。一つ紋なので、お茶会の日の装いに」。牡丹があしらわれた帯に、淡い紫のグッチのミニバッグを。「以前に購入したグッチのバッグは、実はきものと相性がいいんです。愛用している草履は、アシックスと草履屋さんのコラボ。ソールがスニーカーと同じものなので、長時間履いてもラクなんですよ」。海外の職人の工芸品は和服と相性抜群。そんな発見も、きものを装う楽しみです 久保まゆみさん(クリエイティブディレクター) 「きものといえばハレ着でしたが、茶道を始めたことをきっかけに、日常の中の"ケのきもの" に興味をもつように。今日は結婚パーティなのですが、平服の指定もあり、控えめな大島紬のきものと永井直美意匠の羽織を選びました」。お祝いの気持ちをこめて、白の帯と紅の帯締めで紅白に。ロペ エターナルで取り扱っているNYのブランド、バンビエンのクラッチバッグとローレン マヌーギアンの優しい風合いの大判ストールも、久保さんらしいセンスの光るチョイス。「海外の職人によるぬくもりのある工芸品は、和服にも合うんです。これがまた新しい発見でもあり、楽しみでもあります」。撮影/目黒智子 ヘア&メイク/小澤実和 佐々木博美 着付け/藤本麻里 加藤美恵 取材・文/松井陽子 ※エクラ2019年2月号掲載
  • 毎年恒例のパリ&ミラノマダムスナップ、今回は冬編をお届け。エクラ誌面で活躍中のスタイリスト・徳原文子さんが論者として、私たちに使いやすい、最新のおしゃれ傾向を分析!スタイリスト徳原文子さん 『Marisol』『éclat』と幅広い年齢層から信頼され、ファンも多数。徳原さんの手がける、洗練された大人のフェミニンスタイルの企画は、エクラ誌面でも毎度読者からの反響大!1.ロベルタ (弁護士・ミラノ)「性格の異なるアイテムを自由にかけ合わせている感じが素敵ですね。繊細なレースのストールが全身のおしゃれをグレードアップ。甘さもよいかげんに足されています」(徳原さん)。装いのポイントになっているレースのストールはハイテック。ザラのコーデュロイのロングコートに合わせた、ブルーと白のカシミヤのボーダーニットは個人オーダーしたもの。セレクトショップのオリジナルの白いワイドパンツと靴を加えて、リラックス感のある大人のマリンスタイルに。ボッテガ・ヴェネタのラージサイズのバッグと、まん丸のサングラスが大人のムードをプラス。2. アンナリーザ (弁護士・ミラノ) 「明るいブルーの珍しい素材感のスカートが加わることで、個性的であかぬけた装いに。コートの下はチェックのジャケットを合わせているというおしゃれ上級者です」(徳原さん)。ショートカットが印象的なマダムの通勤スタイルをキャッチ。ジル・サンダーのテーラードコートからのぞいた、ブルーの表面感のあるスカートはセリーヌ。着こなしのアクセントに効果を発揮。バッグとブーツもセリーヌで合わせてシックに。3.イリナ (主婦・ミラノ)「スカートのバーバリーチェックが装いをリズミカルに。ブーツのスエードのマットな赤や、バッグのブラウンのさし色使いも上手。全身の色の調和がとても素敵です!」(徳原さん)バーバリーのアイコニックなヴィンテージチェックのスカートを着こなしの主役に。ディオールのトレンチコートと、白シャツに優しげな黄色のケーブルニットを合わせた正統派のスタイリング。ブーツとバッグで装いの鮮度がぐっと上昇。他の画像を見るeclat2月号掲載 [パリ]撮影/Mari Shimmura コーディネート/Mami Okamoto [ミラノ]撮影/Marco Bertoli コーディネート/Akane Takadama 取材・文/松井陽子
  • インターネットでなんでも買える時代だからこそ、オリジナリティのある演出や商品で私たちを楽しませてくれる、魅力的なショップが増えてきている。今回は、アラフィー世代が信頼を置くブランドの新ショップ情報や、訪れるだけで女子力がアップしそうなリニューアルショップをとくとご紹介!エディター&ライター 向井真樹さん推薦Chaos MARUNOUCHI(カオス丸の内)「ディレクターのこだわりが服にも空間にも息づいています」丸ビル2階にオープンした広々とした店内。正面入口付近には、今季イチ押しのロングコートやニットがディスプレイグリーンや本と一緒にさりげなく置かれているのは「アヴァケーション」の水玉バッグや、「ジル・サンダー」のシューズ素材マニアのディレクターが編み目ひとつにもこだわった、オリジナルのフィッシャーマンニット。コーディネートの参考になるトルソーは必見他の画像を見る「これからは一生着られるものを大切に選んでいきたい、と思っていたときに出会ったのがカオスの服。展示会で、ディレクターの櫛部さんの素材へのこだわりや服づくりへの情熱を知り、単におしゃれだからというのではなく、つくり手の思いや背景が感じられる服を着たいという気持ちが強くなりました」という向井さん。今回新しくできた丸の内店を訪れてみて、「広々とした贅沢なスペースはまさに大人の女性向き。場所柄、働く女性を意識したというだけあって、仕立ての美しいジャケットやコート、素材にこだわったニットなどが充実しています。おしゃれを楽しんできた大人たちが、クロゼットに足していくのにちょうどよいアイテムがそろっています」。【DATA】 東京都千代田区丸の内2の4の1丸の内ビルディング2F ☎03・6259・1394 11時〜21時(日曜、祝日)~20時 不定休 www.chaostokyo.jp/【次ページ】ドレスの品揃えが秀逸!「EPOCA THE SHOP」副編U 推薦EPOCA THE SHOP(エポカ ザ ショップ丸の内)「イベントのときに頼れる、ドレスの品ぞろえが秀逸!」大理石がひときわ目をひくショッピングカウンターやアーチ状の装飾は、ミラノのホテルのレセプションをイメージしたものレース使いが美しい「タダシ ショージ」のドレスが勢ぞろい。手前の赤いドレスは丸の内店の限定色小柄さん必見の5号~7号サイズのコートだけを集めたコーナーも。オリジナルからセレクトブランドまでバリエーションも豊富にそろっている他の画像を見るミラノのホテルをイメージしたという、華やかで洗練されたショップへと変貌を遂げた丸の内店。「お店にいるだけで女子力がアップしそうな空間。ドレスばかりを集めたスペースではプリティウーマン気分に浸れます(笑)。大人向けラインナップなので、披露宴やパーティ用のワードローブが必要な際にはぜひ立ち寄ってほしい! クロエやマルニなど小物のセレクトも充実していて楽しめます」と副編Uもイチ押し。ポーチなどギフトにも最適なオリジナル小物コーナーもあり、いざというときに駆け込みたくなるお店。【DATA】 東京都千代田区丸の内2の5の1 ☎03・5224・3457 11時〜20時(日曜、祝日)~19時 不定休 www.epocainfo.com【次ページ】全コレクションが見られる、待望の1号店「ATON AOYAMAエディター&ライター 新田幸子さん推薦ATON AOYAMA(エイトン 青山) 「全コレクションが見られる、待望の1号店がオープン」1階はショップ、2階はプレスルームに。スタイリッシュな店舗デザインは、多方面で活躍する気鋭のデザイナー・二俣公一氏によるもの。エイトンの素材にこだわるものづくりを反映し、店舗にもひとつひとつの素材を生かし、ていねいにしつらえられている。店内にはレディス、メンズ、ユニセックスアイテムがそろう1階はショップ、2階はプレスルームに。スタイリッシュな店舗デザインは、多方面で活躍する気鋭のデザイナー・二俣公一氏によるもの。エイトンの素材にこだわるものづくりを反映し、店舗にもひとつひとつの素材を生かし、ていねいにしつらえられている。店内にはレディス、メンズ、ユニセックスアイテムがそろうエイトンらしいゆるめシルエットのニットはきれいなブルーで。ニット¥32,000他の画像を見る一見シンプルだけど、着たときのシルエットが美しく、しかも上質でストレスフリーな着心地。そんなエイトンに魅了されているJマダム待望の直営店が青山にオープン。「これまでは、いろんなセレクトショップをはしごするしかなかったエイトンの全コレクションが一気に見られて幸せ! 青山通りから一本入った静かなロケーションも落ち着きますし、服と同様、素材選びにこだわったというスタイリッシュな店舗も素敵です。オープン記念の限定品、ファーカシミヤのロングカーディガンをひそかにねらっています」とライター・新田さんも大推薦。【DATA】 東京都港区北青山3の6の27 ☎03・6427・6335 12時〜20時 (土・日曜、祝日)11時〜 不定休 www.aton-tokyo.com撮影/大瀬智和(取材) 坂根綾子(静物) スタイリスト/池田メグミ 取材・文/新田幸子 ※エクラ2019年2月号掲載
  • パリ&ミラノの街に目立つものには、やっぱり明日からのおしゃれのヒントがいっぱい! そこでマダムたちが愛用するバッグをパパラッチ! 今季のパリ&ミラノでは、ハイブランドのアイコンバッグがおしゃれのカンフル剤に。アイコンバッグパオラ(主婦・ミラノ) スパンコールのブルゾン×白デニムに合わせたプラダのミニショルダー。ピンクのサイドラインがチャーミングカッミラ(ファッション関係・ミラノ) 赤いバッグは最新のセリーヌ! いち早く手にしていた クリスティナ(医師・ミラノ) アイコニックなキルティングナッパのバッグは存在感も抜群他の画像を見るフランチェスカ (イベントオーガナイザー・ミラノ)バーバリーのストライプリボンのレンチコートをまとったマダム。洗練されたベージュカラーの、フェンディのラージサイズのピーカブーが品よくマッチ。ダミアーニのブレスレットや、レ・シーラの白ブーツなど小物使いも印象的。[パリ]撮影/Mari Shimmura コーディネート/Mami Okamoto [ミラノ]撮影/Marco Bertoli コーディネート/Akane Takadama 取材・文/松井陽子 ※エクラ2019年2月号掲載
  • 重ね着する冬に欠かせないワントーンの着こなし。軽くて小気味よいスニーカーが、メリハリを効かせる最大のポイントに。ボリュームコートが軽快なバランスに!コートのボリュームに負けない量感、なのに歩く姿はさっと爽快。バランスがむずかしい旬コートを救うのは慣れ親しんだスタンダードなスニーカー。冬のグレー。同系色だけの着こなしも、スニーカーでさっそうと グレーのグラデーションは冬にはずせない配色。さらっとしつつもメリハリを効かせるのはカーキのスニーカー。 靴¥9,900/ニューバランス ジャパンお客様相談室(ニューバランス) ニット¥85,000/ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店 シャツ¥24,000/レキップ スカート¥43,000/プレインピープル青山(プレインピープル) ピアス(片耳)¥12,000(マリア ブラック)・バッグ¥56,000(OAD NEW YORK)/以上ショールーム セッション バングル¥88,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(アグメス) タイツ/スタイリスト私物ニットとパンツのシンプルな着こなしも軽い足もとでグンと小粋に シルバープレートのクールな輝きが足もとで効く! 靴¥75,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) カーディガン¥33,000/インターリブ(サクラ) ブラウス¥19,000/サードマガジン パンツ¥39,000/ラ・フォンタナ・マジョーレ 丸の内店(ル ヴェルソーノアール) ストール¥45,000/ストラスブルゴ(アソース メレ) バングル¥99,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエムクラス 丸の内店(アグメス) バッグ¥24,000/プレインピープル青山(レン)足もとだけにほんのりピンク。スニーカーだと楽しくなじむ ほのかにラメがきらめくダスティピンクはグレーに溶け込みつつも、アクセントになる色。太めのパンツは靴が悩みどころだけれど、スニーカーなら上品でバランスも良好。おとなしくなりがちなグレーのワントーンにはずみがつく。 靴¥77,000/ジミー チュウ ジャケット¥135,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ニット¥49,000/ストラスブルゴ(ハイアリン) パンツ¥32,000/カオス丸の内(カオス) バッグ¥295,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)冬こそスニーカーが効く! 記事一覧撮影/野口貴司(サンドラゴ) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 LIZA 構成・文/宮崎桃代 構撮影協力/バックグラウンズファクトリー ※エクラ2019年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND