【Day1-7】年末ディナー、忘年会もパンツで! 冬のパンツスタイル7【冬の洗練パンツ30days】

Web eclat
カラー コーデュロイパンツ

1/7

きれいめ ワイドパンツ

2/7

カラーパンツ

3/7

忘年会 マニッシュ パンツ

4/7

ベルベット パンツ

5/7

キャメル ワイドパンツ

6/7

シガレットパンツ

7/7

day01


女友だちと年末ディナー。照明できわだつカラーコーデュロイでちょっとモードに



女らしいワイド系はコーデュロイの光沢でひそかに華やぎを。



パンツ¥36,0 00/アマン(アンスクリア) ニット¥28,000/ebure 帽子¥39,000/ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店(ヘレンカミンスキー) バングル¥56,000 /フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) グローブ¥14,000/ギ ャルリー・ヴィー 丸の内店(ジョンストンズ) バッグ¥265,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)靴¥77,000/セルジオ ロッシ カスタ マーサービス(セルジオ ロッシ)

day02


きちんと感はセットアップで。しなやかなワイドパンツは知的に見えるのにコンフォート仕様



落ち感がきれいなブラックパンツは実はウエストゴム仕様。ラクなのはもちろん、着くずれもしにくいので、いつでもスマート。



パンツ¥34,000・ジャケット¥49,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) コート¥140,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン)ブラウス¥29,000/フラッパーズ(エ


ンリカ) バッグにつけたスカーフ¥19,000/デ・プレ 丸の内店(アネ) バッグ¥64,000/アマン(エレメ) 靴¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

day03


カラーパンツで日常をもっと楽しく。蓄熱素材でさりげなく暖かに



センタープレスのパンツは空気の層にぬくもりを閉じ込める蓄熱素材。しかも洗えて、後ろウエストゴムといたれりつくせり。軽快なデイリーパンツは色で新鮮に。



パンツ¥8,990/プラステ パーカ¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) シャツ¥21,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ)メガネ¥33,000/アイヴァン PR(ア


イヴァン) バッグ¥28,000/エストネーション(ラドロー) 靴¥52,000/ストラスブルゴ(コモンプロジェクト)ストッキング/スタイリスト私物

day04


プチ忘年会。マニッシュなパンツでクールな女らしさをアピール



ユニセックスなストレートコーデュロイは、あえてちょっとゆるめを選んで大人のこなれ感を演出。ブルー×黒の小粋な配色で。



パンツ¥49,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) エコファーのコート¥185,000 /ヘルノ・ジャパン(ヘルノ) ニット¥25,000 /スローン ネックレス¥34,000・ピアス¥47,000 /エストネーション(アリギューリ) グローブ¥9,000/ebure バッグ¥145,000 /レリタージュ マルティニーク(ザンケッティ) 靴¥100,000/ヒラオインク(クレジュリー)

day05


ファン歴30年! 恒例のディナーショーへ。ベルベットのツヤと足首見せでひそかに弾ける



パープルのスティックパンツは、すそのセンターにちびスリット入り。パンプスを合わせてゴージャスな足もとに。

パンツ¥32,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ポンチョ¥120,000 /ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) ニット¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) バッグ¥19,000/エストネーション(カシオペア) 靴¥48,000 /フラッパーズ(ネブローニ)

day06


クリスマス前はパーティも多い。パンツのセットアップでつややかフェミニン



センタープレスのガウチョにプルオーバー。セットならドレスアップ気分の着こなしが実現するから、パーティもパンツで堂々と麗しく。ほんのり光沢を帯びる張りのある素材は裏起毛ゆえ、暖かさも万全。キャメルにブラック小物でスマートにまとめて。



パンツ¥24,000・ブラウス¥24,000 /リエス(リエス) イヤリング¥12,000/アルアバイル(ドミニク・ドゥネーブ) バッグ¥45,000・靴¥69,000/アマン(ペリーコ)

day07


オーバーサイズのコートをすっきり着るにはシガレットパンツが頼れる



脚にピタリとフィットして暖かい九分丈パンツで下半身をすらりと。



パンツ¥31,000 /スローウエアジャパン(インコテックス) コート¥120,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) タートルニット¥11,000 /ゲストリスト(ステートオブマインド) バッグ¥159,000/ J& M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)靴¥34,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ジャラン スリヴァヤ)

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)魚地武大(TENT) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/XEX 日本橋 一保堂茶舗 東京丸の内店 ※エクラ2019年1月号掲載
関連記事
  • 大人のジュエリー使いに必要なのは、洗練された重ねづけのテクニック。「思い込みを捨てて、つけ方や選び方を“変える”のがコツ」と語るのは、ジュエリーディレクターとしても活躍するスタイリスト・伊藤美佐季さん。素材、つける位置、組み合わせにひとひねりを加えて、新鮮な表情を手に入れよう。1.「GRAFF」 異なる輝きを放つダイヤモンドで贅沢に遊ぶ 凛としたバゲットカット、優雅にきらめくラウンドブリリアントカットなど、カットの異なるダイヤモンドエタニティリングを一本の指に重ねて。「ダイヤモンドで遊べるなんて、おしゃれ経験値の高い大人ならでは」。 エタニティリング〈指先から〉バゲットカット(PT×D)¥2,870,371・ラウンドブリリアントカット(PT×D)¥1,342,593・ラウンドブリリアントカット+バゲットカット(PG×D)¥1,712,963/グラフダイヤモンズジャパン(グラフ) 2.「TIFFANY & CO.」 ジュエリー上級者なら、あえて地金をミックスして 印象的なイエローダイヤモンドリングを主役に、繊細なエタニティや地金リングを重ねて。「地金の色を自由にミックスすればおしゃれな印象に」。 〈右手指先から〉「ティファニー T トゥルー ナロー リング」(YG)¥109,000・「ティファニー ソレスト バンドリング」(PT×D)¥440,000・「ティファニー トゥルー エンゲージメント リング」(YG×イエローD)¥1,000,000〜・「ティファニー T トゥルー ナローリング」(WG)¥109,000・〈左手指先から〉ともに「ティファニー T トゥルー ワイド リング」(YG)¥174,000・(RG)¥174,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ニット¥32,000/アノア(トレ・バラッビ)3.「VAN CLEEF & ARPELS」 つける指を固定しない!“親指にもリング”の遊び心 リングをつける指を変えないこともマンネリの原因。例えばデザインしだいで親指にも。それだけで手の表情が新鮮に! 〈左手薬指指先から〉「ペルレ ゴールドパール リング」(WG¥135,000・「フルーレットリング」(PT×D)¥1,975,000・「フェリシテ エタニティ リング」(WG×D)¥360,000・〈人さし指〉「ペルレ ゴールドパール ヴァリアシオン リング」(WG)¥225,000・〈右手親指〉「ペルレ シニアチュール リング」(WG)¥265,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル) ジレ¥249,000・マフラー¥63,000/三喜商事(バンフォード)他の画像を見る撮影/長山一樹(S-14) ヘア/JUN GOTO メイク/村松朋広(関川事務所) スタイリスト/伊藤美佐季 モデル/小野りりあん 取材・文/大野智子 ※eclat9月号掲載 ※素材略記は以下のとおり。YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、RG=ローズゴールド、BG=ベージュゴールド、PT=プラチナ、SV=シルバー、SS=ステンレススチール、D=ダイヤモンド
  • 年齢とともに似合うものが少なくなるともいわれる中、大人にこそ似合うものが増えるといえるのが、ジュエリー。華やかなゴールド、大ぶりのシルバーモチーフ、美しいカラーストーンや滋味のあるバロックパールなど、大人こそ満喫できるジュエリー使いを、今改めてマスターしたい。1.ユニークかつ、大胆なゴールドカフブレスレットで リゾートシーンの主役に まるでしわを寄せたような加工がユニークなカフブレスレットは、古代エトルリアのジュエリーがインスピレーションソース。リゾートドレスに存在感たっぷりの輝きをプラスし、大人の肌にこそしっくりなじむ独特の光沢は、ジャクリーン・ケネディも愛用した逸品! ブレスレット「エトルリア インスピレーションカフリンク」(YG)¥3,775,000・リング「ペルレ ゴールド パール リング 3連モデル」(YG)各¥275,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル)2.太陽の光に最も似合うのは モダンで華やかな大ぶりのシルバージュエリ 潔い大ぶりのシルバーは、夏ジュエリーの本命アイテム。リゾート地でもそのポテンシャルを十二分に発揮してくれるすぐれものがホアキン・ベラオのつややかなシルバーアイテムたち。いつもは1カ所にのみ絞ってつけるけれど、リゾートなら3点盛りもオーバーになりすぎない。 ピアス(SV)¥59,000・リング(SV)¥51,000・バングル(SV)¥128,000/セスタンテ(ホアキン・ベラオ) カシミヤニットジレ¥38,000/ガリャルダガランテ 表参道店(ヘリテノーム) 帽子¥50,000/ブラミンク(ブラミンク×アキオ ヒラタ)3.自然の中で堪能するシルバーと黒のコンビネーション。 伝説のクリエーションを潔く満喫! 官能的なフォルムとシンプルな美しさで、世界を魅了するエルサ・ペレッティのジュエリー。なめらかな輪郭の大きなビーンをシルクコードで包んだ個性的なペンダントは、昼も夜も活躍してくれる。 「エルサ・ペレッティビーン ペンダント」(SV)¥86,000・「エルサ・ペレッティ オープン ハート フープ ピアス」(SV)¥59,000・〈手首側から〉「エルサ・ペレッティ セビアナ カフ」(SV×ブラックジェード)¥230,000・「エルサ・ペレッティ ラウンド ナロー バングル」(SV)¥73,000・〈指先から〉「エルサ・ペレッティ カーブド バンド リング」(PT×D)¥194,000・「エルサ・ペレッティ ウェーブリング」(SV)¥59,000・「エルサ・ペレッティ カーブド バンド リング」(PT×D)¥215,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ワンピース¥37,000/ショールーム セッション(アール ジュビリー) バッグ¥48,000/セスタンテ(ベップバンブー)他の画像を見る>>ジュエリー 一覧はこちら撮影/生田昌士(hannah) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/伊藤美佐季 モデル/富岡佳子 取材・文/大野智子 撮影協力/ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道 ※eclat9月号掲載 ※素材略記は以下のとおり。YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、RG=ローズゴールド、BG=ベージュゴールド、PT=プラチナ、SV=シルバー、SS=ステンレススチール、D=ダイヤモンド
  • ビジネスワンピースに合わせたい小物やバッグ、さまざまな仕事シーンで活躍する新作アイテムなど、この時季のお仕事ファッションをより素敵にしてくれる旬の情報を紹介。1.「リモワ」から、スーツに映える きれい色シリーズが新登場! エグゼクティブ女性の出張のお供に人気の高い「リモワ」の『エッセンシャル』シリーズから待望の新色が登場。“地球を空から眺めたときに見える美しい場所”の色彩から着想を得た新色は、コーラル ピンク、サフラン イエロー、セージ グリーン、スレート グレーの4色。華やかさとモダンさを兼ね備えた、美しい色が勢ぞろい。 写真は『キャビン』サイズ。ほかに2サイズあり。「エッセンシャル キャビン」(H55×W39×D23)各¥73,000/リモワ クライアントサービス(リモワ)2.仕事服に差がつく!エストネーション別注 「アリギエーリ」の新作ジュエリー オックスフォード大学卒のロッシュ・マータニによって設立された、ロンドンのジュエリーブランド「アリギエーリ」の別注ジュエリーがエストネーションに登場。イタリアの詩人・ダンテの代表作「神曲」の各編に沿ってデザインするというアプローチがエグゼクティブ女性の知的好奇心をくすぐる、ハイセンスなジュエリーは必見。 コインやパールが象(かたど)られた、ヴィンテージテイストのネックレス&バングル。ネックレス¥52,000・バングル¥56,000/エストネーション(アリギエーリ)3.人気インナー「アロマティック カスカ」の新作は スタイリッシュなバイカラー仕様 シンプルシックなデザインと抜群の着心地のよさで、Jマダム世代にもファンの多いインナーブランド「アロマティック カスカ」。イタリア製最高級コットンを使用し、自然な立体感を追求したカップが美しいシルエットを実現。まるでノンワイヤーのような着用感。新作のバイカラータイプは写真のベージュのほか、赤と黒の3色展開。 取りはずし可能なインパッドや、シークレットアジャスターなど、こだわりがつまった一着。キャミソール¥20,000/CASUCA表参道本店(アロマティック カスカ)他の画像を見る撮影/魚地武大(TENT) 取材・文/新田幸子 ※eclat9月号掲載 ※本文中の( )内の数字は編集部で計測し、H=高さ、W=幅、D=マチを表し、単位は㎝です。
  • コーディネートいらずのワンピースは、特別なシーンだけでなく、毎日の通勤にこそ便利。素材やデザインにきちんと感があって、しかもしわになりにくく着心地のよいタイプをお届け!1.キャメル色の美シルエットは ベルスリーブとリボンがアクセント ブラウンよりも華やかで、上品に見えるキャメル色は仕事にもおすすめ。ベルスリーブや光沢のある共布ベルトなど、フェミニンのさじかげんがほどよく、立体的な上半身とウエストシェイプの美シルエットがさらにエレガントさをきわだたせて。 ワンピース(ベルトつき)¥45,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) 時計¥146,000/ウエニ貿易(ヴェルサーチェ ウォッチ) バッグ¥230,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ) 靴¥81,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)2.優雅なフレアシルエットで魅せる 七分袖シンプルワンピース 深みのあるグリーンのシンプルなワンピースはすその優雅なフレアシルエットが、大人っぽくフェミニンな印象。ビジネスジャケットとの相性もよく、厚手のストレッチ素材でしわになりにくいので、長時間の会議の日や出張のお供にもおすすめ。 ワンピース¥34,000/アナイ(アナイ) ジャケット¥46,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) ピアス¥50,000/チェルキ(ギャレッタ) バッグ¥279,000/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン(ロジェ ヴィヴィエ) 靴¥99,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)3.カットソーワンピースは 肩のレースがエレガンスを添えて 肩のレース使いがほどよく華やかなAライン。後ろ身頃のボックスプリーツがヒップまわりをふんわりカバーし、ストレッチ入りでカットソーのような着心地。 ワンピース¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) カーディガン¥55,000/トラデュイール(トラデュイール) バングル¥135,000/ハルミ ショールーム(コールムーン) バッグ¥166,000/シーエイチ キャロリーナ ヘレラ銀座店(シーエイチ キャロリーナ ヘレラ) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)他の画像を見る 撮影/魚地武大(TENT) 取材・文/新田幸子 ※eclat9月号掲載
  • 歩きやすいフラットサンダルは、夏に欠かせないアイテムのひとつ。デイリーから旅行、レジャーなど、あらゆるシーンで大活躍。そんなフラットサンダルで足元からおしゃれを作り上げる、エクラ華組の夏コーデをご紹介します。1.レースアップ フラットシューズで ワンランク上のコーディネート (大垣佳世さん) pippichicのレースアップ フラットシューズにあわせるのは、ZARAのワイドパンツ。このパンツは、ラインがきれい、シワにほぼならない素材、ハイウエストなど魅力が満載。普段使いには勿論、旅行などでも活躍します。足元の編み上げが涼しげで、シンプルなスタイルも一瞬でワンランクアップコーディネートになるのでおすすめ。 2.フリンジでトレンド感たっぷり! 夏のお散歩コーデ (豊田真由美さん) 暑さが落ち着く夕方から、愛犬とまったりお散歩。バナリパのジャージ素材の楽チンワンピに、ZARAのフリンジサンダルをあわせました。ワンピはカラーも長さもバッチリで、長身の人でも安心。歩くたびに揺れるフリンジは、足元に動きをプラスしてくれるだけでなく、女性らしさをアップさせてくれます。 3.「ZARAのスポサン」で フェミニンなかわいらしさをプラス (近藤和子さん) 少し丈が短めの黒いコットンワンピースにレギンスを合わせ、足元はZARAのスポーツサンダルで。カジュアルになりがちな黒のスポサンも、ビジュー付きでフェミニンなかわいらしさをプラス。手元は、ハウス オブ ロータスのクラッチバッグで色を足しました。 他の画像を見る ※写真・本文は本人ブログより抜粋 ※着用アイテムはすべて私物のため、すでに販売が終了しているものもあります。
  • 「欲しかったのに売り切れだった」「色違いをもう一枚欲しい!」そんな声にお応えして、2019年上半期のエクラプレミアムスーパーヒットアイテムを、待望の新色や新素材で緊急リバイバル。3ケタ売れのアイテム続出です。1.E by éclatの 大人コクーンパーカ eclat5月号の着回し企画に登場し大ヒット。あっという間に完売したパーカ。張り感とほのかなツヤを備えたボンディング素材と、袖と後ろ身頃のボリューム感、さらにリッチなゴールド金具など、カジュアルすぎないのが魅力。完売色のオフホワイトとチャコールを復刻し、さらに待望の新色ブラックも登場。着心地も大幅にアップ! E by éclat 大人コクーンパーカ¥18,000/エクラプレミアム通販 カットソー¥43,000(クルチアーニ)・スカート¥31,000(マリハ)/以上ストラスブルゴ ピアス¥14,000/ココシュニック  2.BOEMOS×éclatの ビットスエードモカシン イタリア・トスカーナ地方にて1961年に創業されたファクトリーによるビットドライビングシューズは、毎シーズン即完売し再入荷分もまたたく間に完売するという人気ぶり。今回は、洗練された大人っぽさが漂うグレーをエクラが別注。お手ごろプライスにも注目! BOEMOS×éclat ビットスエードモカシン¥15,000/エクラプレミアム通販 3.E by éclatの 大人ベイカーパンツ ほどよい光沢感とセンタープレスできれいめに仕上げた大人のためのベイカーパンツ。「はいてて楽」「着やせがかなう」と今春はカーキ、ブラウンとも完売。今回は完売中のカーキを追加生産し、さらに新色ネイビーが登場。靴を選ばない魔法のシルエットを満喫して。 E by éclat 大人ベイカーパンツ¥16,000 ブラウス¥22,000・バッグ¥23,000/以上エクラプレミアム通販 靴¥31,000/ファビオルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店(ファビオ ルスコーニ) 他の画像を見る  >>eclat premiun通信 一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ LIZA  取材・文/大野智子 ※eclat9月号掲載
  • スタイリストの森慶子さんが「私自身が長く愛用してきたアイテム」という視点で、これからも、流行に関係なく、使い続けたいものをセレクト。どれも決して特別なものではなく、空気のような存在の定番を中心にしたラインナップです。雨宮塔子さんが着こなしました。スタイリスト・森 慶子さん シンプル&ベーシックを基本にした、清潔感あふれる上品なスタイリングに定評あり。ニュース番組で雨宮さんのスタイリングも担当。インスタも要チェック!1.サンローランの〝スモーキングジャケット〟 仕事柄、数多くのジャケットに触れてきましたが、大人が無理なく、美しく着られる、完成度の高い一着といえばこれ。年齢を重ね、丸みを帯びてきた女性の体を、ほどよくシャープに見せてくれます。(森さん) 1966年、ムッシュ イヴ・サンローランが女性の服に初めてスモーキングを取り入れて以来、ジャケットはメゾンにとって欠かせないアイテム。毎シーズン5〜15型ほどアップデートされているスモーキングジャケットの中でも、この女性らしさとマスキュリンな印象をあわせもつクールな一着は、ブランドの輝かしいマスターピースのひとつ。ウールをベースに、ラペル&ライニングにはシルクを使い、前あき部分にひとつ、袖口に3つのくるみボタンが配されている。ロゴT+デニムパンツでカジュアルに着ても、ここまで様になるのはさすが。 ジャケット¥315,000・Tシャツ¥43,000・デニムパンツ¥77,000/イヴ・サンローラン(サンローラン バイ アンソニー・ヴァカレロ)2.エルメスの〝ケープコッド〟 ステンレスケースのものを20年以上、愛用しつづけてきて、私のスタイルに、これ以上合う時計はないと思っています。ストラップの色を替えて楽しんでいたこともありますが、エトゥープの二重巻きベルトに出会ってからは、取り替える必要を感じないくらい定着しました。(森さん) 1991年、シルバージュエリー、「シェーヌ・ダンクル」に着想を得て誕生したケープコッド。1998年に発表された、ドゥブルトゥール(二重巻き)ストラップモデルも大きな話題を集め、今ではエルメスウォッチを代表する存在に。久しぶりに新作として加わったゴールドケースモデルから、ダイヤモンドをあしらった優美なタイプをセレクト。シックなグレイッシュブラウンのアリゲーターストラップが、手もとを品よく彩って。 時計(PG)¥1,360,000・ピアス¥68,000/エルメスジャポン(エルメス) Tシャツ¥40,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ)3.ゴヤールの〝サン ルイ〟 とても軽くて、手で持っても肩にかけても収まりがよく、使い心地はまさにストレスフリー。本当に便利です。今、バッグに望むものをすべて兼ね備なえているといってもいいくらい。選ぶサイズやカラー、文字入れなどで印象が変わるので、さまざまなスタイルのかたに無理なくフィットするのも魅力ですね。(森さん) コットン×麻のキャンバス地に、天然塗料を塗り重ねて仕上げられる、レザーのようなしなやかな風合いをもつゴヤールディン素材のトート。もとはビーチバッグとして誕生したもので、杉綾の織り地の美しさを生かしたシンプルなデザインが、抜群の使いやすさを物語る。リバーシブルで使え、取りはずせる薄型ポーチつき。11色展開。 バッグ(縦34×横40×マチ20㎝)¥189,815/ゴヤール ジャパン(ゴヤール) コート¥116,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(サンヨーコート) ニット¥29,000/スローン デニムパンツ¥19,000 /ゲストリスト(レッドカード) ピアス¥18,000・ブレスレット¥28,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) 靴¥79,000/ジャンヴィト ロッシジャパン(ジャンヴィト ロッシ)他の画像を見る撮影/長山一樹(S-14) ヘア/ Dai Michishita メイク/鈴木ナオ(eight peace) スタイリスト/森 慶子 モデル/雨宮塔子 取材・文/葛畑祥子 ※eclat9月号掲載
  • ロングスカートなら、女性らしさも、軽快なムードもお手のもの。色、デザインでスカートスタイルを洗練させるマダムたちに注目!1.女性らしいピンクのシフォンプリーツスカートに 辛口アイテムをあわせて(ミラノ) フレッシュなピンクのシフォンプリーツスカートは、うんと長め丈が大人顔。ドルチェ&ガッバーナのTシャツとグッチのロゴベルトで辛口に仕上げて。ヴァレンティノのバッグの白が軽やかさをプラス。2.大人かわいいを実現 淡いピンクのセットアップコーデ(ミラノ) ベーシックなシャツをひとひねりあるスカートで洒脱な雰囲気に。優しげな色調のピンクのセットアップ、スクエアバッグ、サンダル、ユニークな月のピアスなどすべてマルニで装っていた。 3.アシンメトリースカートで 女性らしさを格上げ(パリ) フィリップリムのアシンメトリーなスカートがヘルシーな女性らしさを印象づけて。使い込んだルイ・ヴィトンのバッグや、レザーのフラットサンダルなど、トーンを整えた全身の配色も上品。他の画像を見る>>パリ&ミラノの夏マダムSNAP 一覧はこちら 撮影/Mari Shimmura[パリ] Makoto Nakashima[ミラノ] コーディネート/Shoko Sakai[パリ] Midori Tateno[ミラノ] 取材・文/松井陽子 ※eclat9月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND