【Day1-7】年末ディナー、忘年会もパンツで! 冬のパンツスタイル7【冬の洗練パンツ30days】

Web eclat
カラー コーデュロイパンツ

1/7

きれいめ ワイドパンツ

2/7

カラーパンツ

3/7

忘年会 マニッシュ パンツ

4/7

ベルベット パンツ

5/7

キャメル ワイドパンツ

6/7

シガレットパンツ

7/7

day01


女友だちと年末ディナー。照明できわだつカラーコーデュロイでちょっとモードに



女らしいワイド系はコーデュロイの光沢でひそかに華やぎを。



パンツ¥36,0 00/アマン(アンスクリア) ニット¥28,000/ebure 帽子¥39,000/ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店(ヘレンカミンスキー) バングル¥56,000 /フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) グローブ¥14,000/ギ ャルリー・ヴィー 丸の内店(ジョンストンズ) バッグ¥265,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)靴¥77,000/セルジオ ロッシ カスタ マーサービス(セルジオ ロッシ)

day02


きちんと感はセットアップで。しなやかなワイドパンツは知的に見えるのにコンフォート仕様



落ち感がきれいなブラックパンツは実はウエストゴム仕様。ラクなのはもちろん、着くずれもしにくいので、いつでもスマート。



パンツ¥34,000・ジャケット¥49,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) コート¥140,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン)ブラウス¥29,000/フラッパーズ(エ


ンリカ) バッグにつけたスカーフ¥19,000/デ・プレ 丸の内店(アネ) バッグ¥64,000/アマン(エレメ) 靴¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

day03


カラーパンツで日常をもっと楽しく。蓄熱素材でさりげなく暖かに



センタープレスのパンツは空気の層にぬくもりを閉じ込める蓄熱素材。しかも洗えて、後ろウエストゴムといたれりつくせり。軽快なデイリーパンツは色で新鮮に。



パンツ¥8,990/プラステ パーカ¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) シャツ¥21,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ)メガネ¥33,000/アイヴァン PR(ア


イヴァン) バッグ¥28,000/エストネーション(ラドロー) 靴¥52,000/ストラスブルゴ(コモンプロジェクト)ストッキング/スタイリスト私物

day04


プチ忘年会。マニッシュなパンツでクールな女らしさをアピール



ユニセックスなストレートコーデュロイは、あえてちょっとゆるめを選んで大人のこなれ感を演出。ブルー×黒の小粋な配色で。



パンツ¥49,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) エコファーのコート¥185,000 /ヘルノ・ジャパン(ヘルノ) ニット¥25,000 /スローン ネックレス¥34,000・ピアス¥47,000 /エストネーション(アリギューリ) グローブ¥9,000/ebure バッグ¥145,000 /レリタージュ マルティニーク(ザンケッティ) 靴¥100,000/ヒラオインク(クレジュリー)

day05


ファン歴30年! 恒例のディナーショーへ。ベルベットのツヤと足首見せでひそかに弾ける



パープルのスティックパンツは、すそのセンターにちびスリット入り。パンプスを合わせてゴージャスな足もとに。

パンツ¥32,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ポンチョ¥120,000 /ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) ニット¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) バッグ¥19,000/エストネーション(カシオペア) 靴¥48,000 /フラッパーズ(ネブローニ)

day06


クリスマス前はパーティも多い。パンツのセットアップでつややかフェミニン



センタープレスのガウチョにプルオーバー。セットならドレスアップ気分の着こなしが実現するから、パーティもパンツで堂々と麗しく。ほんのり光沢を帯びる張りのある素材は裏起毛ゆえ、暖かさも万全。キャメルにブラック小物でスマートにまとめて。



パンツ¥24,000・ブラウス¥24,000 /リエス(リエス) イヤリング¥12,000/アルアバイル(ドミニク・ドゥネーブ) バッグ¥45,000・靴¥69,000/アマン(ペリーコ)

day07


オーバーサイズのコートをすっきり着るにはシガレットパンツが頼れる



脚にピタリとフィットして暖かい九分丈パンツで下半身をすらりと。



パンツ¥31,000 /スローウエアジャパン(インコテックス) コート¥120,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) タートルニット¥11,000 /ゲストリスト(ステートオブマインド) バッグ¥159,000/ J& M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)靴¥34,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ジャラン スリヴァヤ)

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)魚地武大(TENT) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/XEX 日本橋 一保堂茶舗 東京丸の内店 ※エクラ2019年1月号掲載
関連記事
  • 難しいTシャツ選び。今年はロゴTが欲しい! エクラ世代のTシャツは、選び方を間違うと部屋着っぽくてだらしなく見えてしまう。 そんな難しいTシャツ選びですが、良いものがあれば今年こそロゴTを着てみたい。 そんなとき armoire caprise で、ロゴが小さく、プリントではなく刺繍になっているロゴTを発見。 シルエットもとてもきれいで、まずは白のロゴTと決めていたので即決でした。Whim Gazette のリネンマキシスカート、enrecreのウォレットバッグ、ipanemaのビーサンに 鮮やかなオレンジのNALIのビーズネックレスとピアスを合わせてみました。もう一枚は、DOUBLE STANDARD CLOTHINGのほぼノースリーブロゴT。ビッグシルエットで 丈も長め、体型もカバーできるきれい見えTシャツです。「D」がインパクトのあるロゴですが、 形もきれいでこちらもシンプル。ジレにワイドパンツという私の定番コーデです。ジレを脱ぐとこんな感じでこちらも一枚で形がキマる!ロゴT初心者はまずシンプルに。 無地とは違った遊び心が結構いいかも!バリエーションも楽しめそうなロゴTにすっかり ハマっちゃいました。 エクラ7月号のを参考に、さらっと着られる「きれい見えTシャツ」を探してみては いかがでしょうか。華組 沢辺史ブログ
  • Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、黒Tシャツをしゃれたムード漂うスタイルに仕上げる着こなしを提案。 メソッド1:合わせるボトムはニュアンスのある色と素材で女っぽさを意識する光沢や透け、ドライな質感といったニュアンスのある素材を取り入れて、Tシャツのラフさを中和。Tシャツと真逆の上品な光沢で大人の洗練スタイルへ「洗練されたブルーの色みが印象的なシアー感のあるパンツを合わせると、黒Tシャツがメンズライクにならず抜け感のあるしゃれたムードに仕上がります」(村山さん)。 Tシャツ¥11,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥43,000/ジャンポールノット 青山店(ジャンポールノット) ネックレス¥240,000・ブレスレット¥178,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ベルト¥44,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バッグ¥236,000・靴¥92,000 /トッズ・ジャパン(トッズ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • これから夏に向かって欠かせないTシャツ。シンプルさが魅力のアイテムだからこそ、選び方を間違えると、着こなしが地味に見えてしまうことも……。大人の体型や要望を知りつくしたエクラ御用達ブランドなら、コーディネートの迷いも一挙解決!1.BLAMINK 絶妙カラーのフレンチスリーブT 極細の上質な糸の生地を使用し、自然なツヤとしなやかな着心地を実現。フレンチスリーブになった袖は、袖口にリブをあしらうことで、二の腕がほっそり見えるよう工夫。グリーンがかったグレーはほかにない絶妙色。ブランドマークの刺繡が施されているので、すそをアウトにして着てもおしゃれ。 「刺繡入りTシャツ」¥21,000・スカート¥180,000/ブラミンク ピアス¥256,000・ブレスレット¥166,000/ハム 伊勢丹新宿本店(ハム) 靴¥93,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)2.HYKE メンズライクな地厚ホワイトT 透けにくく地厚な白Tシャツは、しなやかで肌ざわりのよいインドの超長綿を使用し、洗濯しても毛羽立ちにくいのが特徴。ビッグシルエットと肘まで長さのある五分袖など今どき感もたっぷり。 「ショートスリーブTシャツ(ビッグフィット)」¥14,000/ボウルズ(ハイク) パンツ¥36,000/カオス丸の内(カオス) 帽子¥37,000/ストラスブルゴ(ボルサリーノ) ピアス¥35,000・バングル¥226,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥98,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)3.INSCRIRE 大人な肌見せバックコンシャスT メンズで使用されているラフさのあるコットン生地を再構築し、女性らしい一枚に。どちらもフロントはシンプル、後ろにはアクセントとなるディテールを効かせて意外性のある着こなしに仕上げて。 (右)背中に深いスリット入り。スラックスなどを合わせたときに女っぽさがちらりとのぞく。「クルーネックTシャツ」¥9,400・(左)腕を上げたときに背中が見える瞬間が女らしい。さりげない肌見せが大人の遊び心を刺激。「エプロンTシャツ」¥14,000/アマン(アンスクリア)他の画像を見る撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※eclat7月号掲載
  • イメージを底上げしてくれて、どんなテイストも色も受け入れてくれる夏グレージュ。なかでも今季、ぐっとおしゃれに見せてくれる頼れるアイテムを厳選。コーディネートが夏らしく、大人の表情に!1.サファリシックな着こなしも グレージュなら優しく落ち着く ランダムなプリーツは揺れるたびに複雑なニュアンスを醸し出して素敵。ほんのり透け感が上品で、より繊細なグレージュに。ジャケットと合わせてサファリっぽい装いをしても、淡い色調でまろやかな印象。 ウエストゴムのスカート¥30,000/アストラット 新宿店(アストラット) ジャケット¥44,000/サードマガジン Tシャツ¥8,100/エイトン青山(エイトン) ピアス¥5,000/ユナイテッドアローズ 銀座店(ユナイテッドアローズ) スカーフ¥9,500/フレームワーク ルミネ新宿店(アモーメント) バッグ¥59,000(ペリーコ)・靴¥27,500(ペリーコ サニー)/以上ビームス ハウス 丸の内2.シャカシャカと涼しい素材で 黒ニットをぐっと軽やかに ウエストにゴムを仕込んだデザインがインでもアウトでも使いやすい、シンプルなスカート。ほのかに光沢を帯びた素材はとても軽く、黒いニットに合わせてもトーンアップして夏の雰囲気に。ヌーディなサンダルをニットと同色にして。 スカート¥14,000/リエス(リエス) ニット¥37,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) イヤリング¥18,500/セシル・エ・ジャンヌ ネックレス¥23,000(ヘレナ ローナー)・バッグ¥139,000(ザンケッティ)/以上ヴェルメイユ パーイエナ 日本橋店 靴¥32,000/ラヴァンチュール マルティニーク(カジャック)3.透けるシャリッとした素材で シックなベールをかけて 肌にもドライで心地いいコットン混の短めカーディガン。鮮やか色も受け入れつつ、さわやかでシックな印象にしてくれる。短め丈&ラグランスリーブはボリュームあるボトムとも相性がいい。 カーディガン¥23,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) カットソー¥7,200/エイトン青山(エイトン) パンツ¥32,000/ビームス ハウス 丸の内(エッフェ ビームス) ブレスレット¥49,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥86,000/マルティニーク丸ノ内(ジルサンダー)他の画像を見る撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 ゆうき 構成・文/宮崎桃代 ※eclat7月号掲載
  • 着こなしがシンプルになっていくこれからの季節。欲しいのは、デイリーにもリゾートにも、気軽に楽しく取り入れられる夏気分満点の靴とバッグ。夏らしい素材感と大人に似合うシックなカラーでそろえました。1.MARCHERの マルシェトートバッグ セレクトショップでも大人気のかごブランド。ブランド名は市場を意味するMARCHEにRを足した"歩く"というフランス語から。熟練職人によるていねいで丈夫な仕上がりと、ブラウン×黒のシック配色で、大人の着こなしになじむ。 MARCHER マルシェトートバッグ ¥13,000/エクラプレミアム通販2.arronの ラフィア風トライアングルバッグ 使用する革も熟練技師によるハンドクラフトのスタイルも「100%イタリア・トスカーナ産」を守り続けるアロン。ブランドのアイコン的デザインが、この三角形のショルダーバッグ。ラフィア風素材にレザーのトリミングが上品。 arron ラフィア風トライアングルバッグ¥22,000/エクラプレミアム通販3.MARCHERの レオパード柄巾着つきかごバッグ しっかりと編まれた天然ヤナギのかごバッグに、ヒョウ柄の巾着バッグつき。かごの中にセットすればほっこりしすぎずアクセントになり、中身も見えず安心。もちろんそれぞれ単体でも使えるので、楽しみ方はあなたしだい。 MARCHER レオパード柄巾着つきかごバッグ¥14,000/エクラプレミアム通販他の画像を見る撮影/魚地武大(TENT) ※eclat7月号掲載
  • Tシャツそのものに、素材の上質感や着やせして見えるシルエット、着心地のよさ、旬カラーなどがつまっていればオールOK! それは、大人の体型や要望を知りつくしたエクラ御用達ブランドにあり。1.大草直子×SLOANE JマダムⓇのための究極の大人T Aラインのスカートと合わせて、海外マダム風にコーディネート。黒のTシャツが大人の顔だちをはっきりと、上半身をコンパクトに見せてくれる。 「大人Tシャツ」¥9,800/エクラプレミアム通販(大草直子×SLOANE) スカート¥138,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(マーティン グラント) ピアス〈右〉¥33,000/ショールーム セッション(マリアブラック)2.ATON 大人の体にちょうどいい華奢見えパーフェクトT エイトンには、大人の要望に応えてくれる優秀なTシャツのバリエーションが豊富にそろう。その代表がこちら。体のラインを拾わずゆるすぎないシルエットが大人にちょうどいい。袖山が腕に添うように収まり、上半身がほっそり見えるのもポイント。独特のシャリ感がある生地は、さらりとした肌ざわりと速乾性を実現。今夏らしいボルドーがワンツーコーデをしゃれた印象に。 「フレスカ ショートスリーブTシャツ」¥12,000/エイトン青山(エイトン) スカート¥37,000/アマン(アンスクリア) ピアス¥122,000・ボーンカフ¥152,000・ブレスレット¥152,000 /ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥172,000/ジミー チュウ3.YLÈVE しゃれ感抜群立体フォルムT 前はフラットめでコンパクトに、後ろは膨らみを出した立体的フォルムなら、一枚でさらりと着るだけで鮮度の高い着こなしに。糸の紡績からオリジナルで手がけたオーガニックコットンを使用。 「オーガニックコットンバイオショートスリーブTシャツ」¥11,000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥47,000/カオス丸の内(カオス) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥68,000/エストネーション(アリアナ ブサード ライフォル) バッグ¥36,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ハイディ クライン) 靴¥22,000/アマン(マウロ・デ・バーリ)他の画像を見る>>「Jマダム的きれい見えTシャツ」はこちらから撮影/平井啓治 金谷章平 ヘア&メイク/森ユキオ(ROI) 野田智子 スタイリスト/大草直子 福田亜矢子 モデル/大草直子 ゆうき 取材・文/大草直子 坪田あさみ ※eclat7月号掲載
  • 梅雨が終われば、暑い夏がやってきます。本格的な夏に向けて準備を始めませんか? まずは、エクラ華組の先取りサマーコーデを要チェック。プチプラアイテムを取り入れた大人の上品コーデで夏のお出かけを楽しく!1.ユニクロのノースリTにジレを合わせたチャレンジコーデ (謝名堂華菜子さん) エクラ7月号「きれい見えTシャツ」特集を参考に、ユニクロのマーセライズコットンTシャツを活用したコーデにチャレンジ。キャメル色のGALERIE VIEのジレ、ZARAの綿パンと合わせて、ベージュキャメルのワントーンコーデに。 「ノースリーブを着たときに気になる脇のお肉をうまい具合にかわしてくれるのがジレのいいところ。I ライン効果も狙えるロングジレ、この夏ちょいちょい登場するかも」2.プチプラロゴTシャツもモノトーンで上品に (朝生育代さん) ワンサイズで大きめだったという自由が丘で見つけたプチプラTシャツ。ZARAのハイウエストパンツでモノトーンにまとめることで、脚長効果も抜群! Diorのバッグが全体を格上げして、大人らしいロゴTコーデが完成。 「ロゴに一目惚れして購入したノーブランドのプチプラTシャツ。少し大きめだったのですが、ZARAパトロールで見つけた、ハイウエストのブラックパンツと合わせたら、大人っぽくシャープなコーデになりました!」3.鮮やかパープルのスカートを引き立てるベージュのブラウスで大人女子ランチ (有村一美さん) アマン東京で友人とちょっと遅めのランチ。この日は、鮮やかなSimpliciteのパープルスカートにプラステの薄いベージュのふんわりブラウスを合わせて。マノロ ブラニクの靴とバッグもベージュでまとめ、大人のコーデに。 「天井が高く、黒を基調としたシックな内装はオトナ女子にぴったりな空間。季節毎に変わる和洋折衷のアマン東京限定弁当はとてもかわいく、かなりボリューミーで、お腹がいっぱいに。この日は前にも着たパープルスカートを着回し。薄いベージュのふんわりブラウスは共布リボンでウエストマークするデザイン」他の画像を見る※写真・本文は本人ブログより抜粋
  • 高低差のないフラットサンダルこそ、ワンエッセンスあるデザインが大人には有効。ディテールや色、素材などに高級感を感じさせるものを選んで、足もとからリュクスな夏モードにシフトさせて。1.マノロ ブラニク レザーの上品なブラウンカラーとフロントのディテールがシックな表情をプラス。 靴(H1.5)¥119,000/エストネーション(マノロ ブラニク)2.トッズ 鮮やかなブルーのスエードと茶のトリミングの端正なデザインが足を細長く印象づけてくれる。 靴(H1)¥69,000/トッズ・ジャパン(トッズ)3.ピエール アルディ 細身のフォルムにカラフルなレザーストラップがさりげなく上品なアクセント。 靴(H1)¥82,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)他の画像を見る撮影/佐藤 彩 スタイリスト/福田亜矢子 取材・文/松井陽子 ※eclat7月号掲載 ※本文中の( )内の数字は編集部で計測。H=ヒールの高さを表し、単位は㎝です。
関連キーワード

RECOMMEND