【Day1-7】年末ディナー、忘年会もパンツで! 冬のパンツスタイル7【冬の洗練パンツ30days】

Web eclat
カラー コーデュロイパンツ

1/7

きれいめ ワイドパンツ

2/7

カラーパンツ

3/7

忘年会 マニッシュ パンツ

4/7

ベルベット パンツ

5/7

キャメル ワイドパンツ

6/7

シガレットパンツ

7/7

day01


女友だちと年末ディナー。照明できわだつカラーコーデュロイでちょっとモードに



女らしいワイド系はコーデュロイの光沢でひそかに華やぎを。



パンツ¥36,0 00/アマン(アンスクリア) ニット¥28,000/ebure 帽子¥39,000/ヘレンカミンスキー表参道ヒルズ店(ヘレンカミンスキー) バングル¥56,000 /フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル) グローブ¥14,000/ギ ャルリー・ヴィー 丸の内店(ジョンストンズ) バッグ¥265,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)靴¥77,000/セルジオ ロッシ カスタ マーサービス(セルジオ ロッシ)

day02


きちんと感はセットアップで。しなやかなワイドパンツは知的に見えるのにコンフォート仕様



落ち感がきれいなブラックパンツは実はウエストゴム仕様。ラクなのはもちろん、着くずれもしにくいので、いつでもスマート。



パンツ¥34,000・ジャケット¥49,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) コート¥140,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン)ブラウス¥29,000/フラッパーズ(エ


ンリカ) バッグにつけたスカーフ¥19,000/デ・プレ 丸の内店(アネ) バッグ¥64,000/アマン(エレメ) 靴¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)

day03


カラーパンツで日常をもっと楽しく。蓄熱素材でさりげなく暖かに



センタープレスのパンツは空気の層にぬくもりを閉じ込める蓄熱素材。しかも洗えて、後ろウエストゴムといたれりつくせり。軽快なデイリーパンツは色で新鮮に。



パンツ¥8,990/プラステ パーカ¥36,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) シャツ¥21,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ)メガネ¥33,000/アイヴァン PR(ア


イヴァン) バッグ¥28,000/エストネーション(ラドロー) 靴¥52,000/ストラスブルゴ(コモンプロジェクト)ストッキング/スタイリスト私物

day04


プチ忘年会。マニッシュなパンツでクールな女らしさをアピール



ユニセックスなストレートコーデュロイは、あえてちょっとゆるめを選んで大人のこなれ感を演出。ブルー×黒の小粋な配色で。



パンツ¥49,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) エコファーのコート¥185,000 /ヘルノ・ジャパン(ヘルノ) ニット¥25,000 /スローン ネックレス¥34,000・ピアス¥47,000 /エストネーション(アリギューリ) グローブ¥9,000/ebure バッグ¥145,000 /レリタージュ マルティニーク(ザンケッティ) 靴¥100,000/ヒラオインク(クレジュリー)

day05


ファン歴30年! 恒例のディナーショーへ。ベルベットのツヤと足首見せでひそかに弾ける



パープルのスティックパンツは、すそのセンターにちびスリット入り。パンプスを合わせてゴージャスな足もとに。

パンツ¥32,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ポンチョ¥120,000 /ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) ニット¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) バッグ¥19,000/エストネーション(カシオペア) 靴¥48,000 /フラッパーズ(ネブローニ)

day06


クリスマス前はパーティも多い。パンツのセットアップでつややかフェミニン



センタープレスのガウチョにプルオーバー。セットならドレスアップ気分の着こなしが実現するから、パーティもパンツで堂々と麗しく。ほんのり光沢を帯びる張りのある素材は裏起毛ゆえ、暖かさも万全。キャメルにブラック小物でスマートにまとめて。



パンツ¥24,000・ブラウス¥24,000 /リエス(リエス) イヤリング¥12,000/アルアバイル(ドミニク・ドゥネーブ) バッグ¥45,000・靴¥69,000/アマン(ペリーコ)

day07


オーバーサイズのコートをすっきり着るにはシガレットパンツが頼れる



脚にピタリとフィットして暖かい九分丈パンツで下半身をすらりと。



パンツ¥31,000 /スローウエアジャパン(インコテックス) コート¥120,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) タートルニット¥11,000 /ゲストリスト(ステートオブマインド) バッグ¥159,000/ J& M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)靴¥34,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ジャラン スリヴァヤ)

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)魚地武大(TENT) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/XEX 日本橋 一保堂茶舗 東京丸の内店 ※エクラ2019年1月号掲載
関連記事
  • 春の花を思わせるスイート色といえば、ピンク、ピーチ、イエロー、ラベンダー。リップやシャドウに使うカラーが大人をきれいに見せてくれる。形は甘さ抑えめに。着なれたシャツやシンプルな形のニットなら取り入れやすいはず。1.オレンジベージュのスキンカラーを カジュアルディテールでさっそうとシルク100%の柔らかさととろみ、光沢感が魅力のスキンカラーのシャツ。素材と色の甘さをほどよくクールダウンしてくれる、カジュアルシャツを思わせるポケットディテールが特徴。ポケットつきシャツ¥36,000/アングローバル(イレーヴ)2.さらりとした素材でピンクを 軽やかに着られるブラウス短め丈に幅のある身頃で、ボリュームあるボトムと合わせやすいブラウス。リネン混のさわやかさのある素材感で、ライトピンクの甘さをほどよく緩和。共布のベルトつきで、甘さを調整できるのもうれしい。ブラウス¥32,000/ebure(エブール)3.クルーネックで取り入れる 青み多めの優しいピンクほんのりラグランスリーブのシンプルなクルーネックニット。コットン70%×シルク30%の、軽やかさの中に上質感が漂う素材感だから、ライトピンクも抵抗なく着こなせる。コットンシルクニット¥49,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー)他の画像を見るeclat4月号掲載 撮影/菊地 哲(MUM/モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 取材・文/大野智子 撮影協力/アワビーズ ※★マークのついた商品はエクラプレミアム通販 (https://flagshop.jp/eclat/)で購入できます。
  • ハイブランドの服をまとう楽しみや心地よさも知っているアラフィー女性たちに、“着るだけで気持ちがアガる!”最愛ブランドを取材。ファッションディレクター・萩原さんの初ヴァレンティノは、当時ブランドのアイコンとして人気だったスカラップカットのミニドレス。以降、ヴァレンティノの服が醸し出す唯一無二の特別感の虜に。ファッションディレクター・萩原輝美さん推薦毎シーズン各コレクションを取材し、記事を寄稿するほか、各種セミナーも評判。自身のブランド「テン.(ten.)」も好調。VALENTINO(ヴァレンティノ)極上の素材からつくり出される優雅さ、華やかさ、気品に加え、レイヤードスタイルも数多く登場している。左のイブニングドレスは、オーガンジーのリーフ形のモチーフをスカート部分に重ね合わせたブティック限定の一着。右は、メゾンのアーカイブからのプリントや装飾を蘇らせたヴィンテージライクなマリンルック。バッグや靴に配したロックスタッズは、日本の伝統技術“金継ぎ”へのオマージュ。 (左)ドレス¥950,000・(右)ジャケット¥356,000・シャツ¥192,000・パンツ¥112,000(4点ともヴァレンティノ)・バッグ¥326,000・靴¥115,000(ともにヴァレンティノ ガラヴァーニ)/以上ヴァレンティノ インフォメーションデスククチュール技をプレタに落とし込むデザイン力に時代のエレガンスを感じてクチュールブランドならではの手技をクラシックな枠に押し込めず、モダンなストリートと融合させることでマダムのためのブランドから一躍、大転身を遂げた「ヴァレンティノ」。手刺繡で側章を施したワイドパンツをランウェイで見たときの新鮮さは今でも忘れられません。  私の初ヴァレンティノは、当時ブランドのアイコンとして人気だったスカラップカットを取り入れた黒のミニドレス。サイズがあまりにもぴったりだったので、服がもたらす緊張感や唯一無二の存在からしか味わうことのできない特別感を大切にしたい、と思ったことを今も覚えています。以来、少しずつ増えていった黒のワンピース。ファッションに一生ものはありえないと考えていたけれど、このワンピースなら一生着るでしょうね。着たいと思う服と出会えるブランドとして信頼を寄せています。今欲しいのはこれ!・「黒のワンピース」や「黒のドレス」にはついつい手がのびてしまいます>>おしゃれJマダムが1人1ブランド推薦!「身体の一部のハイブランド服」はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE /モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ゆうき 取材・文/向井真樹 ※エクラ2019年4月号掲載
  • シンプルスタイルにモードな味つけをする“スタッズシューズ”と、あえてカジュアルに合わせてミスマッチ感覚を楽しみたいドレッシーなムードのビジューつきシューズ。ふだん着を一層引き立てる“ちょい攻め”の一足を大公開!キラキラ効果で普段着をドレスアップ「スタッズ&ビジュー」ここがアラフィーの味方「地味なふだん着をしゃれ見えさせる秘密兵器です」(ライター・新田幸子さん) 地味色&シンプルなパンツスタイルが多いので、仕事のときはスタッズ靴でおしゃれ感を出したり、華やかな席にはビジューの靴でドレスアップしています。服を変えずに、靴だけで、よそ行き顔に見せられて便利。カジュアルなミリタリーパンツをスタッズでドレスアップ メダリオンシューズに、スタッズがちりばめられたチャーチの人気商品。メンズライクな靴にスタッズの光が入ることで、ミリタリー調のパンツがドレスアップした印象に。一足あると便利な、大人カジュアルの名脇役。 靴(2.5)¥96,000/チャーチ 表参道店(チャーチ)トップス¥39,000・パンツ¥46,000/アマン(アンスクリア) リング¥13,500/ゴールディ アッシュ・ペー・フランス(メドゥスィン・ドゥース) バッグ¥154,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)色落ちデニムをフェミニンに仕上げる、ビジューミュール スエードの深いグリーンに輝くビジューつき。デニムのカジュアル感にドレッシーな輝きをミックス。 靴(5)¥35,000 /ベイジュ(ピッピシック) コート¥59,000 /ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) Tシャツ¥12,000 /エイトン青山(エイトン) パンツ¥45,000/サードマガジン(リダン) サングラス¥34,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥63,000/アマン(ア ヴァケーション)つま先のスタッズがポイント。一見ハードに見えて、スエード、グリッターのリュクスな素材感で、大人の遊び心をくすぐるデザインに。靴(1.5)¥110,000/クリスチャン ルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン)ジミー チュウのアイコン、スタースタッズがデニム地にちりばめられた一足。ロングスカート、パンツ、デニム、どんなスタイルにもなじみつつ、キュートな光を足してくれる。靴(0.5)¥84,000/ジミー チュウシルクサテンのフューシャピンクに、大粒のラインストーンのロゴがひときわ目をひく。エレガントな靴ほど、あえてデニムに、がお約束。靴(4.5)¥111,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)アラフイーのちょい攻め靴 記事一覧>>「大人が着映える服」はこちらから撮影/酒井貴生(aosora/モデル) 西原秀岳(TENT/物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ゆうき 取材・文/新田幸子 ※文中の( )内の数字はヒールの高さを表し、単位は㎝です(編集部調べ)。※エクラ4月号掲載
  • ハイブランドの服をまとう楽しみや心地よさも知っているアラフィー女性たちに、“着るだけで気持ちがアガる!”最愛ブランドを取材。スタイリストの大草さんは、テキスタイルを大胆に使った「プリントワンピース」と大ファンである「小物」がウィッシュアイテム入り!スタイリスト・大草直子さん推薦!ベーシックを愛する確かな審美眼と温かな人柄で、雑誌のスタイリング、トークショー、コラボアイテムの開発まで幅広く活躍。Dries Van Noten(ドリス ヴァン ノッテン)ワークウエアの機能性とオートクチュールの美学。相反するものの新鮮なミックスをデイリーに楽しめる、ファン垂すい涎ぜんのコレクション。ワークスタイルを代表するコットンスウェットの肩には、ボリュームのあるパッドを入れて。クラシカルなロングタイトスカートには、全面に黒のスパングルを贅沢に刺繡。オートクチュールのシルエットやラグジュアリーを再現しながら、現代に必要な軽やかさや動きやすさまでを考慮した服づくりに脱帽! 小ぶりなフェザーバッグやストライプのパンプスにもワーク&クチュールのエスプリが生きる。 トップス¥31,000・スカート¥220,000・手に持ったコート¥204,000・バッグ¥87,000・靴¥73,000/ドリス ヴァン ノッテンパリでの偶然の出会いがブランドとの距離をグンと近づけてくれました私と「ドリス ヴァン ノッテン」を引き合わせてくれたのがパリ。39歳で初めて訪れ、昨年6月に7年ぶりの再訪で連れていってもらったのが、偶然にも左岸の同じショップでした。さりげなく飾られた花、光のとり入れ方、什器の素材感、マヌカンを含めた世界観から感じたドリスは、いい意味でダイバーシティそのもの。イージーな服が増え、誰もがどんな服でも着られる時代に、私が着こなせるドリスの服は1割あるかないか(笑)。その1割に出会えたなら“デニムとTシャツに合わせられるか”を基準に、購入を見極めます。昨年買った、大胆な柄に金糸を織り込んだ膨れ織のスカートとクラッチ。タキシードジャケットではまだ決まりすぎてしまうし、2つ一緒に持つこともないけれど、女友だちとのディナーや、夫との外出時にTシャツやデニムと着るのが今の私にちょうどいいんです。今欲しいのはこれ!・唯一無二のテキスタイルを大胆に使った「プリントワンピース」 ・実は小物の大ファン。歩きやすい「シューズ」や「印象的なバッグ」も>>おしゃれJマダムが1人1ブランド推薦!「身体の一部のハイブランド服」はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE /モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ゆうき 取材・文/向井真樹 ※エクラ2019年4月号掲載
  • 大人に寄り添うリッチベージュは、小物でも魅力的な存在感を発揮。都会派&ナチュラル派のための、注目小物をピックアップ!1.つやめくベージュローファーで足もとから品よく、今っぽく光沢感のあるベージュのパテント素材で、トラディッショナルなローファーも軽やかな印象に。今どき感のある足もとを演出してくれる。靴¥150,000(オーダー価格)/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)2.明度高めのベージュハットはレフ板効果も期待できるオーセンティックなパナマハットは、白に近い明るいベージュのベースカラーをチョイス。顔映りも抜群によく、街にも映えるノーブルな存在感は大人向き。帽子(リボン参考色)¥55,000/ボルサリーノ ジャパン(ボルサリーノ)3.ドライな麻のグレージュを余裕たっぷりにまとって上質なリネンを贅沢に使用し、ていねいに編み立てた風合いが自慢のストール。ほのかに温かみのあるサンディなベージュが装いの優しげなポイントに。ストール¥29,000/ロンハーマン(アソース メレ フォー ロンハーマン)他の画像を見るeclat4月号掲載 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子  取材・文/松井陽子
  • 大旋風を巻き起こしているこの春のジャケットは、まじめさや堅苦しさとは無縁! 素材のカジュアルさや色の軽さ、ゆったりとした長めのシルエット など、緊張感ゼロで着用できるものばかり。スタイルアップなど大人にうれしい効能も。さあアウター感覚のジャケットで春の街へ出かけよう!1.女らしくて洒脱。くずしすぎない洗練カジュアルベージュのリネン素材を選べば、メンズライクなダブルブレストジャケット&パンツの組み合わせも、女らしいイメージで着用できる。首もとに巻いたバンダナ風スカーフが、全体を引き締めるちょうどいいアクセントに。ジャケット¥62,000・パンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ) ニット¥25,000/モールド(チノ) ピアス¥21,900/セシル・エ・ジャンヌ(セシル・エ・ジャンヌ) スカーフ¥18,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) バッグ¥135,000/アッシュ・ペー・フランス(ジャック・ル・コー) 靴¥74,000/ジミー チュウ2.きれい色スカートと好相性! 着こなしの幅が広がる春の本命スモーキーブルーをはじめ、どんなきれい色ボトムも受け止める万能性と、ボタンなしのノンシャランなムードで、ますますジャケットを気負いなくはおることができる。インに着るニットを同系色にそろえると今っぽさがぐんとアップする。ジャケット¥59,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) ニット¥25,000/スローン(スローン) スカート¥45,000/アングローバル(イレーヴ) サングラス¥41,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥28,000・リング¥53,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) バングル¥39,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)3.すっきりとしたシルエットや 計算された着丈が細見えのカギ縦ラインを強調する着丈長めのサファリ風ジャケットは、腰からヒップまでカバーしつつ、ベルトがウエストをマークするので大人のスタイルアップに効果的。しなやかなレーヨン素材だから、カジュアルすぎず女らしいのも高ポイント。無造作なウエストマークがこなれた着こなしへと導いて。ジャケット¥95,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ニット¥19,000・スカート¥23,000(ともにコキュカ)・ピアス¥68,000(アグメス)/以上ザ ストア バイシー 代官山店 バッグ¥345,000/ジミー チュウ 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)他の画像を見るeclat4月号 撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/LIZA 取材・文/坪田あさみ
  • メガネは実用性だけでなく、今やファッション性も重要なポイント。「コンビフレーム」なら、顔になじみつつ装いのスパイスに。加えるだけで今風顔へと華やげるアイテムを大公開!おしゃれ顔がかなう「タイプ別、4フレーム」今風顔のマスト!「コンビフレーム」細めのプラスチックフレームに、メタル素材のブリッジやテンプルが組み合わさったコンビタイプ。顔になじみつつ装いのスパイスにもなる、ファッショナブルな新定番。フレームは万人に似合いやすいウェリントン型。細すぎず太すぎずのプラスチックフレームに、メタル素材のブリッジとのコンビタイプで、軽やかさと存在感のバランスが絶妙。ブラウンのべっ甲柄は顔色を明るく見せてくれるおすすめ色。 メガネ¥35,000/ブリンク外苑前(エル・ジー・アール) カーディガン¥31,000/スローン ネックレス¥136,000 /ショールーム セッション(マリハ) 1.えんじ色のプラスチックフロントは、顔なじみのいいボストンタイプ。ローズゴールドの細いメタルテンプルは横顔をシャープに見せ、かけ心地のよさもお墨付き。メガネ¥38,000/フォーナインズ2.実際かけると少し大きめのサイズ感がほどよく、繊細さもあり上品。グレーのフレームは黒よりもソフトに見え、極細に仕上げたブリッジもしゃれている。メガネ¥35,000 /プロポデザイン(プロポ)3.キャラメル色がかわいらしい丸フレーム。華奢なので肌色から浮か 1.ず、気負わず色で遊べて、大人の顔にさりげなくキュートさをプラス。メガネ¥29,000 /ブリンク外苑前(クレイトン フランクリン)4.フレーム内側がゴールドで縁取られた技ありタイプは、顔を明るく見せる効果あり。カーキ×ゴールドのメンズライクなデザイン。メガネ¥56,000 /アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)今どき「しゃれ見せ」メガネ 記事一覧撮影/菊地 哲(MUM/モデル) 西原秀岳(TENT/物) ヘア&メイク/小澤実和 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/田沢美亜 取材・文/新田幸子※エクラ2019年4月号掲載
  • ハイブランドの服をまとう楽しみや心地よさも知っているアラフィー女性たちに、“着るだけで気持ちがアガる!”最愛ブランドを取材。スタイリストの村山さんは、モード感とシンプルさが立ち込める「ニット」を、体の一部になりつつあるほどに愛用。スタイリスト・村山佳世子さん推薦!オール私物、本人登場の初スタイル本『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)が絶賛発売中。Maison Margiela(メゾン マルジェラ)クリエイティブ・ディレクターのジョン・ガリアーノが提起する「ジェンダー・フリュイド」という新たな世界が話題に。春に着るカシミヤニットと、フロントにアシンメトリーなタックを入れたワイドシルエットパンツというミニマムなスタイリング。鎖骨をきれいに見せるVネックニットのすその一部をカットし、パンツ丈はあえて長くと、細部からもブランドの創造性が伝わってくる。昨年登場してたちまち人気を博したアイコンバッグ「グラム スラム」とパンプスを白でそろえることで、抜け感とクリーンな印象が加わる。 ニット¥155,000・パンツ¥105,000・バッグ¥168,000・靴¥105,000/メゾン マルジェラ トウキョウ(メゾン マルジェラ) サングラス¥49,000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285)憧れから近しいものに。ニットは私の体の一部になりつつあります!80年代のDCブランドブームを体験している私は、若いころから洋服が大好き。かわいいものが安価で手に入る今と違って“ここのブランドの服を着る”ということにこだわっていました。  当時の憧れだったのが「メゾンマルジェラ」。その中でも私が夢中だったのがニットでした。今ほど店舗数が多くなかったので、洋服好きの間では見つけたらすぐに買わないと売り切れてしまうとまでいわれた幻の存在。出会えたらラッキーで、争奪戦になることもあったそうです(笑)。その魅力は、モード感があるのにシンプルで、一枚着るだけで様になるところ。モードモードしている服がいいというわけではなく、ちょっとした特別感、ほかにはなくて、着ていて自信がもてるところが昔も今も私にちょうどいいみたい。色違いや形違いのニットを、これからもきっと着続ける気がします。今欲しいのはこれ!・季節を問わず、やっぱり「ニット」はいつも欲しいアイテムNO.1です ・普通にはけるベーシック系「パンツ」>>おしゃれJマダムが1人1ブランド推薦!「身体の一部のハイブランド服」はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE /モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ゆうき 取材・文/向井真樹 ※エクラ2019年4月号掲載
関連キーワード