富岡佳子さん photo gallery

Web eclat

画像クリックで元記事へリンクします!

関連記事
  • 今回は50歳を目前に、自分の「好き」がつまった原点を追求。日常のカジュアルスタイルだけでなく、いつもより正装が必要なシーンでの着こなしも素敵! という噂を聞きつけて、富岡さんにドレスアップスタイルの提案をリクエスト。富岡さんの最新ヘアスタイルにも注目!1.理想は“ノンシャラン”。ブルーデニムに無造作に、 ブラウスとネックレスを合わせて「フランス語で"無頓着"を意味するノンシャラン。自由気ままだけれど軸がある、そんなスタイルを常に目標にしています。ラフなデニムにこそ、女らしいツヤブラウスやネックレスを無造作に」。BLOUSE : Vince DENIM : MOTHER INITIAL NECKLACE : CÉLINE EARRINGS/LONG NECKLACE/ SHORT NECKLACE : hum RING (RIGHT(both)) : Hirotaka RING (LEFT) : UNKNOWN BAG : elleme2.コートは、"いいもの"を着たい。マックスマーラの エコファーは、まさに、"いいもの"「基本的にカジュアルなアイテムが好きなので、コートは、コーディネートを格上げしてくれるものを選びたいと思っています。格式高いマックスマーラのコート、しかも、時代を映す鏡のようなアイテムであるエコファー。この一枚を見た瞬間に、ぐっときました。この日は、カーキのシンプルニット×グリーンのクロップトパンツから続く、ブラウン系へのグラデーションコーデをつくってみました」。すべて本人私物。COAT : MaxMara KNIT : SLOANE PANTS : THE STORE by C' EARRINGS : CÉLINE RING (LEFT) : UNKNOWN BAG : HERMÈS SHOES : ZARA3.ふだんも着られる黒のワンピースを、 ストッキングと羽根バッグでドレスアップ仕様に「おしゃれ感ときちんと感を両立してくれる、チャコールグレーのストッキング。デニールは15〜20が最適です。ふだんも着られる黒ワンピースに羽根つきのバッグを持って、ドレスアップらしい雰囲気を演出します」。ONE-PIECE : CINOH EARRINGS : little DARLIN' RING(LEFT) : HARRY WINSTON RING(RIGHT) : TOMWOOD BAG : MICHAEL KORS STOCKINGS : Pierre Mantoux SHOES : PELLICO他の画像を見る富岡佳子プライベート・スタイル 記事一覧eclat1月号掲載 撮影/長山一樹(S-14) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリング協力/村山佳世子 モデル/富岡佳子 取材・文/磯部安伽
  • 発売中のエクラ、1月号の表紙撮影風景です! 今回の大特集、「グレージュ」に合わせて選んでもらったエルメスのバッグにストラスブルゴのファージレを合わせて。富岡さんに、本当に似合っている!スタイリングです。 実は大好きという人が多い伏兵的本命カラー、グレージュのこなし方あれこれ、本誌で参考にしてください!(副編U) >>富岡佳子さんの記事はこちらから
  • グレージュ今月号の表紙の写真選びも難航しました!選べる幸せ♡ いつも、どちらになるのかなとドキドキして仕上がりを待っています。 今月は、グレージュ特集です。 どんな色も吸収し、しかも主役にもなるグレーとベージュ。 その2つのカラーを合わせ持つグレージュ! なんて万能な色なんだろうか。 今年はグレージュの小物を私も増やしていきたいと思っています。
  • アラフィー世代からも絶大な支持を得るモデルの富岡佳子さん。50歳を目前にした彼女が、自分の「好き」が詰まった原点を追及。単なるトレンドではなく、彼女のスタイルを映し出した、長く愛せるアイテムが勢揃い。CHANELのピーコート 「このシャネルのピーコートは、去年の冬に購入しものです。実は、今までこういった私服テーマで、昨シーズン買ったものをメインで登場させることは、まずなかったんです。好きな服は何年着ても心地いいですし、スタイリングしだいでいろんなコーディネートが楽しめるベーシック服が好きなんです」。 コート/本人私物CÉLINEのワイドパンツ 「センタープレス入りのパンツは、私にとっての定番アイテムですが、ハイウエストのワイドシルエットは、今まで持っていなかったタイプでした。モード感のあるこの一本と出会ってから、ごくベーシックなシンプルニットや白シャツとの合わせを、自分らしく少しエッジを効かせて、楽しめるようになりました」。 パンツ/本人私物FENDIのスタッズつきピーカブー 「エレガントな名品バッグとエッジを効か せたスタッズのあしらいという、相反する テイストがミックスされたフェンディのピ ーカブーは、まさに私の好みど真ん中! ラ イトグレーのバッグは、どんな服にも合う から、本当に重宝するんです。主役使いも 脇役使いもできるバッグとして、ヘビロテ 使用しています」。 バッグ/本人私物他の画像を見る富岡佳子プライベート・スタイル 記事一覧撮影/魚地武大(TENT) 取材・文/磯部安伽 ※エクラ2019年1月号掲載
  • 付録は銅版画家・山本容子「パリのかわいいお買い物」カレンダー!こんにちは。エクラ編集長の長内です。 今月のエクラ、ファッション総力特集は「Jマダムがいま"グレージュ”を選ぶ理由」。 シンプルな着こなしも奥行きを感じさせ、品よく、しゃれたたたずまいに見せてしまう色、「グレージュ」。 ベージュとグレーのいいところどりのカラーは、Jマダムにぴったりの最強カラー。 メインとなるニット、コート、ボトムだけでなく、バッグや小物でもその実力を発揮してくれるグレージュの魅力をたっぷりお届けします。 巻頭特集は50歳目前のカバーモデル、富岡佳子さんがそのプライベートスタイル。自身が「永遠のスタンダードアイテム」と大切にしている「好き」な服を見せてくれました。富岡流のドレスアップスタイルや、どんな服にも合う「富岡ヘア」もクローズアップ。 そしてこの時期、お役立ち間違いなしのクッキング特集は「成功の鍵は、“テーマのあるおもてなし”」。「お肉食べようよ!」「みんなでシャンパーニュ飲まない?」など、おうちで集まるおもてなしにぴったりのレシピや食材をご紹介。クリスマスもお正月も、レパートリーが広がります。 ほかにも、「2019大人の明日を変えるベストコスメ」や、「洗練パンツで30DAYS」「50歳から考える“家族”のかたち」など、大人が知りたい情報、考えたいことのヒントがいっぱいです。 今月も盛りだくさんでお届けします!
  • 特集するたびに反響を呼ぶ、富岡さん自身の私服を披露する大人気企画。今回は50歳を目前に、自分の「好き」がつまった原点を追求。軸があってブレないのに、進化しつづける絶妙なスタイルから、目と心が離せない!1.オールブラック「永遠のスタンダードアイテム、ピーコート。ともすると、大人にはカジュアルすぎになってしまうこの定番アイテムを、今は真逆ともいえるエッジーな味つけにするのが気分です。黒タートル、黒デニム、そして黒の小物。全身ブラックの辛口仕上げでミックス感を楽しみます」。COAT : CHANEL KNIT : roberto collina DENIM : CURRENT/ELLIOTT RING (LEFT): TOMWOOD RING (RIGHT) : de Jaegher EARRINGS : TASAKI BAG : HERMÈS SCARF : Dior SHOES : JIMMY CHOO2.ニット×パンツ「"スタンダード"すぎるスタイルは、私らしくないなって昔から思っています。例えば冬の定番スタイル、ニット×パンツなら、デザインやシルエットでモードっぽさを取り入れて、自分らしいオリジナリティを出します。今は奇抜な色を着ることはあまりありません。ベーシックカラーが心地いいんです」。KNIT : YLÈVE PANTS/SHOES : CÉLINE SUNGLASSES : OLIVER PEOPLES EARRINGS : TIFFANY&Co. RING : de Jaegher BAG : FENDI3.グレーワントーン「30代までは黒い靴を持っていなかったくらい、靴をポイントにするのが好き。グレーのワントーンにシルバーの靴を投入。シルバーは服となじみがいいので、派手すぎる印象になりません」。COAT : ebure KNIT : Harley OF SCOTLAND SKIRT : Whim Gazette SUNGLASSES : CUTLER AND GROSS BAG : J&M DAVIDSON SHOES : Proenza Schouler他の画像を見るeclat1月号掲載 撮影/長山一樹(S-14) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリング協力/村山佳世子 モデル/富岡佳子 取材・文/磯部安伽
  • 虐待・いじめ・非行・貧困・生活困難……解決困難な問題を抱える子供や若者たちのニュースは少なくない。モデルとして活躍する富岡佳子さんも、そんな問題に関心を寄せるひとり。そんな彼女が講演を聞いて感銘を受けたという、子供の人権救済の活動を続けている坪井節子さんに富岡さんが直接お話を伺いました。子供の問題の現状や、私たち大人が彼らにできることとは?富岡佳子×坪井節子(弁護士・「カリヨン子どもセンター」理事長)「私たちが、子供たちのためにできること」弁護士・「カリヨン子どもセンター」理事長 坪井節子さん 早稲田大学第一文学部哲学科卒業。’80年、東京弁護士会にて弁護士登録。’84年、坪井法律事務所開設。’87年11月から、東京弁護士会子どもの人権救済センター相談員。東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する特別委員会委員などを歴任。’04年6月から、NPO法人カリヨン子どもセンター、’08年3月から、社会福祉法人カリヨン子どもセンター理事長。救うのではない。子供に寄り添うことが大切想像を超えるほどの子供たちの過酷な状況富岡  私、数年前、坪井さんの講演を聞きにいったことがあるんです。最近も児童虐待のニュースは多いですが、やはり増えているんですよね。 坪井 今は、虐待は通告しなければならないという流れもあって、報告数が増えています。また、虐待の定義も拡大しています。心理的虐待に「面前DV」が追加されたり。子供の前で夫婦ゲンカをして、暴力をふるうのは子供に対する心理的虐待である、と。 富岡 発生件数というより、種類や報告数が増えているんですね。 坪井 はい。親が自覚しにくい教育虐待というのもあります。教育熱心なあまり厳しい体罰を加えたり、どんなに子供ががんばっても認めないとか。 富岡 そういう虐待やいじめなどで追いつめられた子の緊急避難場所として、子供のためのシェルター「カリヨン子どもの家」をつくられたんですよね。そもそもどんなきっかけで子供の問題に取り組まれたんですか? 坪井  私は’80年に弁護士になって、子供の人権問題を始めたのが’87年。最初は子どもの人権救済センターの相談員でした。そこで聞く子供たちの実体験はあまりにも壮絶で、私は何も答えられないし、解決策を示すこともできない。最初はあっけにとられ、次に無力感におそわれました。 富岡 それで、どうされたんですか? 坪井  とにかく話を聞きました。そうしたら当時担当した中学3年生の男の子が、「こんなに一生懸命聞いてくれた大人は初めてだよ」といってくれて、はっと気がつきました。子供が求めているのは解決策じゃなく、話を聞いてくれる大人なのかもしれない、と。 富岡  そばにいることが大事なんですね。講演でうかがった生徒さんのコメントには涙が出ました。「死ぬ勇気があったらいじめに立ち向かえという大人がいるけど、立ち向かう勇気がないから死ぬんだよ」って。その子はひとりぼっちなのに、大人にはそれが見えていない。そして、実は私も大人の見方をしていたと気づかされました。 坪井  その子がさっきの男の子です。人が人を救えるなんていうのは思いあがりで、子供には寄り添うだけです。児童相談所での児童虐待相談対応件数※厚生労働省発表。相談対応件数とは、児童相談所が相談を受け、援助方針会議の結果により指導や措置等を行った件数。※平成29年度の件数は、速報値のため今後変更がありうる。平成22年度の件数は、東日本大震災の影響により、福島県を除く46都道府県で集計した数値。相談件数が圧倒的に増えているように見えるが、すべてが発生件数増加に起因するのではなく、児童虐待への意識が高まり、通告が増えていることも大きい。児童相談所での虐待相談内容の内訳心理的虐待は言葉の暴力、存在の無視や拒否、子供の前で配偶者へのDVを行うことも含まれる。身体的虐待は直接的暴力、戸外に閉め出すなど。ネグレクトは養育保護の拒否・怠慢をいう。食事や入浴の機会を奪う、病気でも病院に行かせないなど。「性的虐待は比率が小さいですが、心も体も傷つけられるので深刻です」と坪井さん。【次のページへ】「子どもシェルター」が生まれるもとになった、お芝居台本を見ながら語り合うおふたり。現在、台本執筆は坪井さんの長女が引き継いでいるという。「彼女はお芝居にずっと出てくれてましたから。進路決定のときは少し夫婦でもめましたね(笑)」「弁護士であり、社会活動をし、母でもあり。本当にすごい!」(富岡さん)「初めはとにかく話を聞くだけ。 無力感から始まったんです」(坪井さん)『子どもの権利条約』を読み、自分の子供と向き合った富岡 弁護士であり、子供を守る活動をし、さらに当時はまだ小さなお子さんが3人もいらっしゃったわけで。すごいエネルギーですよね! 坪井  よくそういわれるんですが、両親や友人たちに助けてもらいましたし、夫は家事が得意だし、私はいろんな意味でラッキーでしたね。それに私は究極の〝今を生きる女〟といわれていまして(笑)、後先考えないで目の前のことに夢中になってしまうんです。家に帰れば子供がいるから、ごはんだお風呂だって次から次へ。 富岡  ご自身の子育てに、こうした活動からの影響はありましたか? 坪井 ありましたよ! 子供の問題にかかわりはじめたころ、国連で「子どもの権利条約」が採択されて〝子供もひとりの人間である〟というメッセージが打ち出されたんです。〝大人は常に子供に価値観を押しつけ、過保護や過干渉になり、支配している。虐待はそこから始まる〟と。さらに’90年、国連が出した少年非行予防のためのガイドラインには〝子供が人権を侵害された結果のSOSが非行なのだ。非行を予防しようとするなら、子供がゼロ歳のときから、ひとりの人間として、対等な関係をもって生きるべきだ〟とある。当時私の子は5歳と2歳で、この子たちと自分が対等って、どういうことだろう? 絶対できないと思いました。 富岡  建前としてはわかっても、むずかしいですよね。 坪井 でも私は一応、子どもの人権擁護を標榜する弁護士ですから、自分の子供との間でも、対等なパートナー関係をつくらないと、と思ったんです。 富岡  私もそうしなくちゃと感じていましたけど、余裕がないとそれが出ちゃったり(笑)。時には、子供のお迎えに行く前にカフェに寄って、ワンクッションおいたこともありましたね。 坪井  親の都合のいいときには可能でも、子供が必要としているときにできるとはかぎりません。すると家では子供から『何が子供と大人のパートナーシップよ、八つ当たりするんじゃないわよ!』とかいわれるんです(笑)。 富岡  まさに正論。小さいころから自分の意見をしっかりもつお子さんだったんでしょうか? 坪井  どうでしょう? いろいろありましたけど、無事、大きくなって、今は私の活動を手伝ってくれています。 富岡  その活動というのが、「子どもシェルター」が生まれるもとになった、お芝居なんですよね。 坪井  はい。弁護士仲間と一緒に、’94年に初めて、子供たちが向き合っている現実とそれに対する支援の必要性を訴えるために『もがれた翼』という芝居を作ったんです。すると、一般の人にもわかりやすいと評判になり、毎年、新作を発表することになりました。パート3~9は私が脚本を担当しました。子どもの人権110 番への相談からシェルターへの流れ「子どもの人権110番」は、東京弁護士会が’86年に開設した電話相談窓口。基本的に相談を受けた弁護士が「子ども担当弁護士」となり、親権者との調整、子どもの代弁者・付添人となる。そこから「カリヨン担当弁護士」に連絡が入り、子どもと直接面談のうえ、必要性と本人の意志を確認し、シェルター入居を判断する。富岡 そのお芝居に登場したのが、「カリヨン子どもセンター」ですね。 坪井  『もがれた翼』のパート9で、子供を守るシェルターを題材にしたんです。弁護士がいて医師もいる、そんな支援センターがあったらいいな、と。ただの思いつきで、夢のようなものでしたけれど、芝居を作っていく中で、こういう施設は本当に必要だ、という声があがった。お芝居を見てくださったかたからも賛同の声が届きました。そこから一気に盛り上がり、さまざまな問題をクリアして、翌年、実現しました。住宅街の一軒家で、定員は6名。利用者はのべ370名を超えています。子供たちに逃げ場や相談する場所がないことで、たくさんの不幸が起きてしまう。虐待に耐えて、どうしようもなくなって逃げてた子には、安心して寝られる駆け込み寺が必要なんです。 富岡 それまでなかったものを、一から生み出されたのはすごいですね。その後も同様の施設をつくられて。 坪井 自立援助ホームとして、男の子専用とか女の子専用とか。16~17歳で親元から逃げてくる子も多いんです。小さいころから虐待を受けて、その年齢まで我慢して我慢して、自分で動けるようになってから逃げてくる。その中のひとり、高校3年生の男の子がいっていました。『このままこの家にいたら殺されるか、こっちが親を殺すか。そう思ったから逃げてきた』って。よくぞ逃げてきてくれたと思いました。「子供の問題は、大人との関係性がうまくいかないところから始まるんですね」(富岡さん)「皆さんが子供の現状を知ってくださるだけでも、世の中は変わります」(坪井さん)「『子供の人権を守りましょう』と抽象的にいっても伝わらないから始めました」というお芝居『もがれた翼』。子供にかかわる時事的なテーマを年ごとに設定して進化を続け、今年で26回目を迎えた『もがれた翼』パート9、「こちら、カリヨン子どもセンター」の台本。名称もこの段階で決まっていた。鐘のメロディー演奏装置「カリヨン」のように、子供たちが個性を発揮し社会で美しい音色を奏でてほしいとの願いがこめられている【次のページへ】「逃げ場」を必要とする子供たちを、見守る社会に犯罪者になろうと思って生まれてくる子はいない富岡  いじめを受けたり、非行に走ったり、また、特に問題がなかったり。子供たちはどこが違うんでしょう? 坪井  違わない! 同じです。私の上の子がちょうど、神戸連続児童殺傷事件のときに14歳、山口のバスジャック事件のときに17歳、同じ年代でした。そのとき「どう思う?」って聞いたら「お母さんたち大人は異常だっていうけど、そんなことない。この子は私たちと変わらない。追いつめられてひとりぼっちになってこうなってしまうのはよくわかる」って。わからなくなったときに、私はいつも自分の子供に教えてもらいました。子供を授かったのは私、恵みだと思っています。 富岡  そうか、どんな子も、最初から問題があるわけじゃないんですね。 坪井 犯罪者になろうと思って生まれてきた子なんていないです。小さいころから大切にされて、何かあっても一緒に泣いてくれる人がいたら、こんなふうにはならなかった。非行少年を担当するたびにそう思います、どんなに極悪犯といわれている子でも。 富岡  坪井さんたちのおかげで更生した子もたくさんいるんでしょうね。 坪井 特に印象に残っているのは、私がごく初期に担当した女の子ですが、幼いころから父親に殴られ、母親に〝お前なんか死んでしまえ〟といわれ、食事もろくに与えられなかった。小5でシンナーを覚え、自傷行為もいっぱいした。暴走族に入り、ヤクザに拾われて覚醒剤打たれて売春させられて、16歳で私が担当したときには、ボロボロでした。少年院に入ったものの、家には戻れず、結局風俗で働くしかなくて、泥だらけになって生きてきた。その人が今、もう40代ですけど、結婚して4人の子供の母となり、自分の受けた苦しみを子供たちには返さない、と、いいお母さんになりました。その人が、いうんです。家の近所の公園で、シンナーを吸っている少年がいる。父親に毎晩暴力を受けて、家にいられないらしい。だから〝シンナーなんか吸うんじゃない。ウチにおいで〟って、ごはんを食べさせているんですって。自分と同じように苦しんでいる子に、自分ができることはしてあげたいって。人間て、すごい。すばらしいですよね! 「逃げ場」を必要とする子供たちを、見守る社会に富岡  子供たちの問題に関して、私たちにもできることはありますか? 坪井 こういう子供たちがいるんだって知ってくださるだけで、まず、世の中は絶対に変わっていきます。 富岡  確かに、まずは知ることですね。近所の子を見てちょっと変だなと感じたときに、もしかしたら虐待かもしれないと気づくことができますよね。 坪井  もし困っていそうな子が身近にいたら児童相談所があるよ、とか、弁護士会にこういう窓口があるよ、とか、そっと教えてくだされば。 富岡  わが子には、よかれと思ってプレッシャーをかけがちですが。 坪井  もしかしたら子供にとってはつらいことなのかもしれないって、気づいてくれる親がいたら、これもすごいことだと思います。 富岡  大人に余裕がないことが、子供の不幸につながっている面もきっとありますよね。その一方で、子供はちゃんと考えていて、すごいポテンシャルが見えることもある。私も、孫世代には実践したいです。 坪井  ええ。おばあちゃんは子供にとってのシェルターになれますよ。そして、今お手伝いいただくとしたら、私たちのような活動の経済的支援とか、ボランティアでお得意なことを子供に教えてくださるとか。 富岡  できることは多いのですね。今回、お話を直接うかがえてよかったです。私自身子育て経験もあり、ある程度ものがわかっているつもりでしたが、大人は自分たちが子供だったころのことをすっかり忘れている。知ってるつもりにならないで、常識とか思い込みから一度離れて、子供の言葉をしっかり受け止めることが大事なのですね。この世代になって改めて、知ること、学ぶことの大切さを理解できたように思います。貴重なお話、ありがとうございました!児童虐待問題、坪井さんの活動について知りたい人は…・子どもの権利条約坪井さんの活動理念の基礎にある条約。外務省HPに全文が、 日本ユニセフのHPには抄訳が掲載されている。 https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jido/zenbun.htmlhttps://www.unicef.or.jp/kodomo/kenri/syo1-8.htm・『居場所を失った子どもを守る 子どものシェルターの挑戦』(明石書店)「カリヨン子どもの家」の5年目までの活動をつぶさに紹介する好著。また、坪井さんには大人と子供の関係性を問い直す著作も多く、現在、子育て中のエクラ世代にもおすすめ。これもおすすめ!・『ちいさいひと 青葉児童相談所物語』(小学館)ニュースで耳にする「児童相談所」ではどんなことが起こっているのか? 取材に基づくエピソードがリアルなコミック作品。駆け出しの児童福祉司の相川健太の奮闘ぶりに誰しも共感できる。全6巻完結。現在、『サンデーうぇぶり』で『新・ちいさいひと 青葉児童相談所物語』が連載中。撮影/緒方亜衣 ヘア&メイク/森ユキオ(ROI / 富岡さん) スタイリスト/池田メグミ(富岡さん) 取材・文/岡本麻佑
  • おいしいものを食べに温泉へ出かけたり、はたまた特別展の鑑賞を楽しんだりなど、寒さが増すに連れ冬の旅が恋しくなる人も多いのでは? 冬の旅はお気に入りのコートをメインに、“おしゃれ”と“快適”がかなう旅支度を提案します。コートが主役のモノトーンスタイルで地元の美術館へふらっと美術館に立ち寄るのも旅のお楽しみのひとつ。そのためにはアクティブに動きたいときとは別に、旬を感じるきれいめコートを持参するのが大人のたしなみ。歯切れのいいウインドーペンチェックを、裏地なしのリバー仕立てにしたゆったりシルエットは、ストレスフリーの軽い着心地。シャツからローゲージニットまで、インナーを気にせず重ね着が楽しめる。 コート¥90,000・シャツ¥29,000・パンツ¥23,000・バッグ¥65,000(4点ともマッキントッシュ ロンドン)・靴¥79,000(マッキントッシュ ロンドン×トリッカーズ)/以上SANYO SHOKAI旅の相棒はやっぱりダウン。コーディネートを選ばないロング丈を微光沢のあるシャンブレー生地を使い、カジュアルになりすぎない大人のダウンを実現。ステッチのピッチを絶妙に変えることでスタイルアップもかなう。1mの着丈はスカートにもパンツにも合わせやすい。 コート¥79,000・ニット¥29,000・パンツ¥26,000/ルック(スキャパ) ピアス¥18,000/ストラスブルゴ(MARIA BLACK)サングラス¥48,000 /アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) バッグ¥165,000/ハンティング・ワールド帝国ホテル店(ハンティング・ワールド) 靴¥45,000/FUN inc.(チェンバー)おしゃれと実用を兼ねる時計は上品ピンクでスタイルを格上げ袖口から見え隠れする時計も旅のおしゃれの肝に。パール仕上げを施した淡ピンクレザーのベルトに、ケースのダイヤとピンクサファイアのリュウズが輝く上品モデルは、着こなしをフェミニンに導く。付属にステンレススチールのブレスレットも。 時計「クレドール リネアルクス GSAS929」(ステンレススチール×ダイヤモンド×ピンクサファイア)¥580,000 /セイコーウオッチ(クレドール) ストール¥35,000/アイネックス(アソース メレ) カットソー¥13,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)リラックスのためのルームグッズも忘れずにほどよく空気を含んだオーガニックコットンのロングローブは肌ざわり抜群。ソフトレザーのバレエシューズや好きな香りのミストも持参したい。このミスト、オーガニックの精油と水だけでできていて、肌やボディはもちろん、空気の浄化やリネンスプレーとして使っても。旅先でも小さな心遣いで豊かな気持ちに。ローブ¥28,000・ミスト 各¥1,800/スキンアウェア(スキンアウェア) 靴¥24,000/フラッパーズ(スペルタ)軽くて使い勝手のいいおしゃれ小物で散策へ話題のトートバッグは、軽量で丈夫かつ手軽に水洗いできるネオプレン素材。ニュアンスカラーの大判ストールとレンズ1枚分の大きさにまで折りたためるサングラスがあれば、見知らぬ街歩きがもっと楽しくなる。 バッグ¥39,000/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) ストール¥55,000/アイネックス(アソース メレ) 折りたたみサングラス(アルミケースつき)¥70,000/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285)新鮮なシルエットを楽しむドロップショルダーダウン撥水(はっすい)性と軽量性に優れた素材、ナイロンウルトラライトのダウンに、ドロップショルダーが登場。インナーを選ばずカジュアルからフェミニンまでをカバーする汎用性が早くも話題。ファーとフードはそれぞれ取りはずし可。コクのあるブラウンに黒のフォックスファーがとびきりシック。 コート¥173,000/ヘルノ・ジャパン(ヘルノ) ニット¥35,000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(ドローイング ナンバーズ) パンツ¥53,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス丸の内店(ドゥーズィエム クラス)撮影/三宮幹史 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/池田メグミ モデル/富岡佳子 取材・文/向井真樹 ※エクラ12月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND