濃密色もまろやかに受け止める! 上品見えのグレージュコーデ 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ピンクの揺れるパンツで
華やかな女らしさが手に入る
グレイッシュなグレージュのトレンチコートには、青みのあるピンクが好相性。マニッシュな着こなしが一気に華やいで、エレガントなムードが漂う。

コート(ベルトつき)¥110,000/クルーズ(エリン) ニット¥35,000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(ドローイング ナンバーズ)パンツ¥38,000/ebure メガネ¥40,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥73,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)
2.媚びないかっこよさと上品さなら
ブルーのグラデーションをプラス
クリーミーなグレージュのマキシスカートには、甘さを抑えるクールなブルーを。デニムシャツとモヘアのニットの素材違いから生まれるブルーの奥行きで洗練された着こなしが完成。

ニット¥19,000/ウィム ガゼット 青山店(ハーレー オブ スコットランド) シャツ¥27,000/ザ ストア バイシー代官山店(コキュカ) スカート¥120,000/カオス丸の内(カオス)ピアス¥36,000/エストネーション(ガラ イズ ラブ) バッグ¥56,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥66,000/プルミエ アロンディスモン(ネブローニ)
3.トレンドの赤を大きく使って
ニットスタイルをアップデート
冬の定番グレージュニットを刷新するなら、旬の赤を思いきってボトムに。赤×白のストライプシャツをはさむことで2色がスムーズになじむ。

ニット¥39,000/カオス丸の内(カオス) シャツ¥18,000/ザ ストア バイシー代官山店(コキュカ) スカート¥18,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ピアス¥26,000・リング¥20,000/ブランイリス伊勢丹新宿店 バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥123,000/ガリャルダガランテ 表参道店(サルトル)
4.きれいめスタイルが簡単に
こなれる鮮やかグリーン
深みのあるモスグリーンではなく、明度の高いグリーンが今どき感の決め手。

ニット¥27,000/スローン パンツ(ストラップつき)¥25,000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店(アッシュ・スタンダード) サングラス¥55,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン) ピアス¥24,000・リング¥24,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) ストール¥59,000
/ウィム ガゼット 青山店(ファリエロ サルティ) バッグ¥41,000/コード(ヴァジック) 靴¥81,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)
5.淡色グレージュのデニムは
マスタードで脱・無難を目ざす
ダークカラーが増える冬に注目が集まる淡トーンのカジュアルスタイル。ベージュ系グレージュのストレッチデニムには、イエローでもビターなコクが魅力のマスタード色をチョイス。同色を基調にしたストール使いでこなれ感もバッチリ!

ニット¥22,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) パンツ¥23,000/レリアン お客様相談室 ストール¥19,000/ADORE 六本木ヒルズ店(シトラス) リング¥50,000/アイワ(VUGAS) バッグ¥50,000/フルラ ジャパン(フルラ) 靴¥64,000/ザ・グランドインク(ロランス)

「グレージュ」を選ぶ理由 記事一覧

エクラ誌面でも評判のスタイリスト・森慶子さんがこの冬提案するのは、グレージュを広い面積で大胆に取り入れた"メイン使い"。おしゃれを華やがせる、絶妙バランスに注目を!
この冬大人気の「グレージュ」を使ったコーディネートが多くの女性から支持を得ているスタイリスト・森慶子さんが、その魅力を語るとともに、愛用のグレージュアイテムをご紹介します。
eclat1月号掲載 撮影/酒井貴生(aosora/モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/Show Fujimoto(TRON) メイク/小森由貴 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ゆうき 取材・文/向井真樹
関連記事
  • オフィスで出番多しのカーディガンは、ふんわりと柔らかい質感の「極薄」タイプが最旬のおすすめ。定番アイテムこそこだわって選んで、普段の仕事着に女っぽさをプラスしてみては?スケジュール帳が白い日も、ふと目に入るたびに背すじが伸びるよう 「極薄」ショートカーディガン5選JOHN SMEDLEY[ジョン スメドレー]肩のきゃしゃさを印象づける繊細な薄さが日常に特別感をやさしい若草色がシンプルな白シャツによく映える。やわらかく体に沿うことで形も決まりやすいため、着る・巻く・肩かけと、着こなしに合わせて自由に楽しんで。カーディガン¥32000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) シャツ¥25000/サード マガジン スカート¥43000/アングローバル(イレーヴ) ピアス¥73000/カオル ルミネ有楽町店(カオル) リング(中指)¥53000・(小指)¥58000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バッグ¥128000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(ミチノ) 靴¥79000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)ebure[エブール]安心感のあるネイビーも極薄にアップデート。着慣れた色が見違える登場頻度の高いザ・ベーシックな定番ネイビーは、いいものを一枚持っておくとあらゆるシーンで自信をくれる。ファインシルクウールカーディガン¥29000/ebureSLOANE[スローン]きれい色とも合わせやすいミルクティーベージュ。シルク100%のやわらかな肌ざわりいつもの服が格段に品よくまとまるミルクティーベージュ。上品な女っぽさを連れてくる。ベージュシルクカーディガン¥31000/スローンGALLARDAGALANTE[ガリャルダガランテ]抜け感をつくり出す柔和な色みはワントーンコーデの“さし白”にも白が苦手でも取り入れやすい、肌なじみのいいまろやかなトーン。インナーと合わせれば、プルオーバーとしても着られるタイトなシルエット。ホワイトリブカーディガン¥18000/ガリャルダガランテ 表参道店(ガリャルダガランテ)FONCE[フォンセ]顔が華やぐラベンダーは前後丈に差のある立体フォルム極薄素材が大人っぽさをキープしてくれるため、可愛げのある色も簡単。予定のない日にも自分のためにきれいな色を楽しむ余裕が、素敵先輩につながって。ラベンダーカーディガン¥16000/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(フォンセ)Ron Herman[ロンハーマン]タイトな細リブも極薄なら着膨れ無縁。ライトブルーで涼やかにシュガーレスなパステルは、手持ちベーシック服のスパイス。さらりと肩かけするだけで、普段着のイメージを一新。ライトブルーリブカーディガン¥27000/ロンハーマン撮影/水野美隆〈zecca〉、魚地武大〈TENT〉 ヘア&メイク/犬木 愛〈agee〉 スタイリスト/天水沙織 モデル/桐谷美玲 ※BAILA2019年5月号掲載
  • 手持ちのベーシックを活性化する、それぞれの「ちょっとの冒険」と着こなしにフォーカス!■フェミニン派のための「1点投入服」とは?軸となる〝甘めアイテム〞を投入しつつコーデは大人に!せっかく"可愛い"アイテムが増える春。年相応の上品さも大事だけど、おしゃれって楽しい! と思う気持ちも大切。蛯原フェミニン派は自分の欲求に素直に、わくわくする"甘めアイテム"から投入!コーデの軸となるアイテムが決まったら、そこからコーデで甘さを引き算して全体の印象を大人っぽく仕上げればOK。1:柄スカートフェミニン派の主役、スカートはより華やかな柄ものを選択!面積が大きいぶん、着こなしのイメチェン力も絶大なティアードスカート。トレンドカラーのグリーンにドットがさわやかな一枚を、透け感のあるブラックニットでクールに。さらにジャケットやおじ靴など、マニッシュなアイテムでシックなムードづくりを意識して。スカート¥25,000/TOMORROWLAND(マリハ) ニット¥13,000/アルアバイル ジャケット¥118,000/マディソンブルー ピアス¥39,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(クレッシオーニ) バッグ¥14,800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) インナー/スタイリスト私物 2:リネン素材のボリューム袖トップス大好きな甘めシルエットを、リネン素材で大人っぽく更新して一枚で女らしい華やかさが手に入るボリューム袖ブラウスはいつだってフェミニン派のマストアイテム。今季更新するなら、さわやかな抜け感のあるリネン素材がおすすめ。コーディネートはタック入りのチノパンでやや辛口に。仕上げはゴールドのピアスで、さりげなくリッチなツヤ感をプラスして。シャツ¥29,000/ビームス ハウス 丸の内(31チャペルレーン) パンツ¥32,000/アングローバル(イレーヴ) ピアス(右)¥19,000・(左)¥21,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥169,000/J&M デヴィッドソン青山店(J&M デヴィッドソン) 3大女っぷりスタイルって?マリソルが数年前から打ち出している、“女っぷり”というファッションコンセプト。その中には「シンプル」「カジュアル」「フェミニン」の3つテイストが。本誌では、「ブレンダシンプル」「SHIHOカジュアル」「蛯原フェミニン」と分類してこの“女っぷり”3大スタイルを大検証!【Mariso4月号2019年掲載】撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/Dai Michishita  メイク/水野未和子(3rd) スタイリスト/徳原文子 モデル/蛯原友里
  • 先日行われたvanessabruno(ヴァネッサブリューノ)の展示会。デザイナーのヴァネッサさんご本人が優しい笑顔で迎えてくれました。 そして、ヴァネッサブリューノのアイコンバッグ、 “LE CABAS(ル・カヴァ)が20周年! これを記念して、旅にフォーカスした新しいコンセプトのLE CABAS VOYAGE(ル・カヴァ ヴォヤージュ)コレクションが登場します。 南仏のリゾート地サントロペにインスピレーションを得て、ストロー素材やリネンのバッグ、サマードレス、ロゴTシャツなど様々なアイテムがそろいます。 ゴールデンウィークには、伊勢丹新宿店と阪急うめだ本店でスペシャルポップアップが開催されるそう! ‪2019年5月1日(水)~5月7日(火)‬ LE CABAS VOYAGEコレクションのスペシャルポップアップイベント ●伊勢丹新宿店 本館2F センターパーク/ザ・ステージ#2 ●阪急うめだ本店 1F コトコトステージ11 #ヴァネッサブリューノ #vanessabruno #LECABASVOYAGE #magazinelee #LEEweb #LEE編集部の展示会リポート!
  • 春の定番トップス「シャツ」。王道の白シャツよりも実は使いやすい、ベージュシャツならではの魅力とは? ▶【前編】はコチラBEIGE SHIRT3 ボトムのインパクトを受け止める鮮やかなプリントスカートのトップス選びにもう迷わない! チェック、フラワー、ドット……この春百花繚乱の柄アイテム。なかでも取り入れやすいのがスカートだけど、「上に何を着ていいかわからない!」という人も多いのでは? そこで、ベージュシャツの出番! 派手な柄や強めの色を、「白黒つけない」ベージュのあいまいさでスルッと受け止めてくれる。定番ボトムには華を添え、華やかボトムには中和効果を発揮する万能ぶり。モデル着用は、今年らしいバンドカラーのプルオーバータイプ。麻×レーヨンのしなやかな質感で、スカートスタイルをより女らしく。 シャツ¥22,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) スカート¥68,000/ebure バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス)BEIGE SHIRT4 ジャケットコーデに女らしさが宿る襟もとや袖口からのぞかせて、フェミニンさをひとさじ テーラードジャケットはインに何を仕込むかが重要。白シャツのキリッとした清潔感ももちろん素敵だけど、リネンベージュの力みのない女らしさもまた格別。シャツ¥28,000/ロンハーマン(フランク&アイリーン フォー ロンハーマン) ジャケット¥37,000(ドレステリア)・ピアス¥17,500(リュー ベル)/ドレステリア 銀座店 パンツ¥23,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(イウエン マトフ) ネックレス¥11,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヘレナ ローナー) ブレスレット¥7,000/ウノアエレ ジャパン(ワンエーアールバイウノアエレ) メガネ¥34,000/アイヴァンPR(アイヴァン) バッグ¥136,000・ストラップ¥29,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) BEIGE SHIRT5 とろみシャツにこなれ感が生まれるとろみベージュなら、コンサバとこなれのいいとこどり! 黒や白ほどドレッシー&フォーマルな印象にならず、王道のコンサバとカジュアルMIX、どちらの着こなしにもマッチ。そう、とろみシャツだって実はベージュがおすすめ! 肩を落とした比翼仕立ての一枚は、とろんとした素材感とほのかにピンクを帯びた淡い色みでより女性らしい雰囲気に。きれいめパンツにもデニムにも合うけれど、こんなリッチなブラウンのスエードタイトスカートとなら、一歩先行く女っぷりカジュアルを楽しめる。シャツ¥29,000/ebure スカート¥56,000/サード マガジン ピアス¥6,000/ビームスハウス 丸の内(デミルクスビームス) サングラス¥19,000/アマン(スペクトル) かごバッグ¥9,900/ビリティス(ビリティス・ディセッタン) 靴¥29,000/ベイジュ(PIPPICHIC)▶実は白より使いやすい!ベージュシャツだからできる5つのおしゃれ【前編】【Marisol 4月号2019年掲載】撮影/鷺坂 隆 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/石毛のりえ モデル/RINA
  • アラフォーの通勤コーデのおしゃれ感も、仕事のモチベーションもアップする通勤バッグを一挙紹介。週5で使う相棒だからこそじっくり吟味して、自分にぴったりの通勤バッグを見つけて。【目次】 1.アラフォーの通勤バッグ悩みを解消!2019年春夏・通勤バッグQ&A 2.大荷物派のアラフォーも満足!スマートに持てるB4サイズの通勤バッグ 3.小荷物派のアラフォーも満足!小さめでも収納上手なB5サイズの通勤バッグ 4.2019年春夏・通勤バッグが主役のアラフォー通勤コーデ1.アラフォーの通勤バッグ悩みを解消!2019年春夏・通勤バッグQ&A働くアラフォー女性の「こんな通勤バッグがあったらいいな」をかなえます!Q.大荷物でも通勤電車で迷惑にならないバッグ探してますA.脇下にフィットする「ルサックアダム」のくったりバッグをコートを着ても肩がけしやすい大きめのアームホールに、ボディにフィットする柔らかなレザー。脇の下にスマートに収まるデザインで、満員電車でもノーストレス。内側はキュートなフューシャピンク。バッグ(29×38×16)¥39,000/クイーポ(ルサックアダム)▶通勤電車で迷惑にならない通勤バッグの詳細はこちらQ.パーティにも使える通勤バッグが知りたいA.金具使いが上品な「ザンケッティ」がおすすめ品のあるフォルムにリッチなゴールド金具が映える「ザンケッティ」なら、派手すぎず知的な華やかさを演出できるはず。(右)ショルダーストラップをはずし、ハンドルを中にしまえばクラッチに。バッグ(22×24.5×6 )¥156,000/ウィム ガゼット青山店(ザンケッティ) (左)使いやすいトート型ながら、シルバーとゴールドの配色でリッチ感をキープ。ポーチつき。バッグ(22×36×18)¥138,000/ゲストリスト(ザンケッティ/ハウント 代官山)▶パーティにも使える通勤バッグの詳細はこちらQ.通勤バッグとして持てるきれいめリュックのおすすめは? A.「A.D.M.J.」のレザー素材なら上品さキープいわゆるスタンダードなリュック型ではなく、トートを折り曲げたような形なのでカジュアルすぎず大人でも持ちやすい。中はポケットが3 つあり、マグネットで開閉可能。背面がメッシュで蒸れにくいのもうれしい。バッグ(30×28×12)¥69,000/A.D.M.J.▶通勤バッグとして持てるきれいめリュックの詳細はこちらQ.とにかくポケットと仕切りが豊富な通勤バッグを! A.こだわりがつまった「フミコダ」のバッグが売れています自然環境に配慮したエコレザーなのにクラス感があり、トレンドに左右されない普遍的なデザインも魅力。スマホ、ペン、カード類が入る細かいポケットが10個以上! フラップをはずせばシンプルなトートに。「ARIANNA」バッグ(25×38×17)¥128,000/フミコダ▶ポケットと仕切りが豊富な通勤バッグの詳細はこちらQ.パソコンが入るエレガントなバッグ、ありますか? A.「ポール・スチュアート」の ファーストバッグが優秀! 見た目は型押しレザーで上品&スマート。A4が入るのサイズ、13インチのパソコンが入るクッション入りのポケットにキーリングやペンループ……移動式オフィスのように機能が充実。バッグ(29×36.5×12)¥80,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(ポール・スチュアート)▶パソコンが入るエレガントな通勤バッグの詳細はこちらQ.お仕事バッグでも、ちゃんとトレンド感のあるものが欲しい A.おしゃれプロも注目する「ジャンニ キアリーニ」がおすすめ!「上質なレザーを使用しているのに、価格が比較的お手ごろで、トレンドのキャッチアップが早い!」とスタイリストから絶大な信頼を得ているイタリア・フィレンツェ発のブランド。ポケットが充実し、見た目も機能も優秀なこんなきれい色バッグも4万円台。豊富なバリエーションの中から、気になるデザインを見つけて。バッグ(33×33×13)¥43,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)(右)ボディにフィットする柔らかいレザーを使用したバケツ型バッグ。共革のショルダーストラップもついているので、シーンに合わせてイメージを変えられる。バッグ(22×25×15)¥31,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) (左)薄くて軽い上品なシャンパンゴールドの縦長トートで、通勤コーデに華やぎを。中にはペンやカードサイズのポケットが4つあり、整理整頓もしやすい。バッグ(33×25×10)¥37,000・/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ)▶トレンド感のある通勤バッグの詳細はこちらQ.出張でもスマートに持てるものが欲しい A.「TUMI」のレザートートがおすすめパソコンのほか、ジュエリーを入れるためのポケットまで充実。背面のポケット下部のファスナーを開けて、キャリーケースの上にセット可能。バッグ(27.5×35×11.5)¥70,000・キャリーケース(41.5×41.5×20.5)¥55,000/トゥミ・カスタマーセンター(トゥミ)▶出張でもスマートに持てるトートバッグの詳細はこちら2.大荷物派のアラフォーも満足!スマートに持てるB4サイズの通勤バッグ大荷物派のアラフォーでもスマートに持てる、上品なデザインのB4サイズの通勤バッグをピックアップ。■マンサー・ガブリエルのグリーンのトートバッグ落ち着きと知性を感じさせる深いグリーンのトートバッグ。細いストラップ付で肩掛けも可能。バッグ(35.5×29×10)¥92,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル)▶マンサー・ガブリエルのバッグの詳細はこちら■メゾン ヴァンサンのピンクベージュのレザーバッグ春にぴったりのピンクベージュのバッグはメゾン ヴァンサンのもの。レザー素材で大容量なのに軽量、持ち手の長さは調節可能で肩掛けもできる。バッグ(34×34×16)¥22,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン)▶メゾン ヴァンサンのレザーバッグの詳細はこちら■ペリーコの柔らかなスエードのトートバッグペリーコの柔らかなスエードのトートバッグは、持ち手とストラップのパイソンが辛口アクセントとなってシンプル服でもぐっとおしゃれに。バッグ(31×40×14)¥59,000/アマン(ペリーコ)▶ペリーコのバッグの詳細はこちら■ベルメールのシンプルな横型トートバッグベルメールのシンプルな横型トートは、内側にあるストラップをとめるとコンパクトな台形に。ブラックレザーに白いステッチがアクセント。バッグ(33×56×18)¥55,000/FUN Inc.(ベルメール)▶ ベルメールのバッグの詳細はこちら■スマイソンの型押しレザーバッグネイビーの型押しが洗練された印象の縦型トートバッグ。内側もなめらかなスエード素材で、隅々まで上品に。バッグ(39×34.5×9)¥110,000/スマイソン▶スマイソンのバッグの詳細はこちら3.小荷物派のアラフォーも満足!小さめでも収納上手なB5サイズの通勤バッグ小荷物派のアラフォーなら、小さめサイズでも収納上手で、手持ちも肩がけもできる2way通勤バッグがおすすめ!■オーエーディーニューヨークの2wayバッグきれいなイエローで通勤コーデが華やぐオーエーディーニューヨークのバッグ。カードサイズのスリットポケットでデザイン性と実用性を両立。底鋲付きでしっかり自立するのも嬉しい。バッグ(21.5×28.5×12.5)¥59,000/アルアバイル(オーエーディーニューヨーク)▶オーエーディーニューヨークのバッグの詳細はこちら■トフ アンド ロードストーンの2wayバッグ清潔感のあるブルーがお仕事バッグにぴったり。ファスナーが長く、大きく開くので荷物の出し入れがしやすい。ライナーはシックなジャカード素材。バッグ(23×30×13)¥41,000/ティーアンドエル(トフ アンド ロードストーン)▶トフ アンド ロードストーンのバッグの詳細はこちら■ ロリステラの2wayバッグお仕事コーデの女っぷりアップに最適なダスティピンク。チェーンとレザー、取り外し可能な2本のストラップ付なのでコーディネートやオケージョンにあわせて印象を変えられる。バッグ(21×30×10)¥30,000/エストネーション(ロリステラ)▶ ロリステラのバッグの詳細はこちら■FIORELLIの2wayバッグメタリックなハンドルでモダンな表情を見せるFIORELLIのバッグ。仕切りとポケットが充実していて機能的。バッグ(23×35×19)¥16,000/ティースクエアプレスルーム(FIORELLI)▶FIORELLIのバッグの詳細はこちら■ PAOLA NUTTIの2wayバッグさわやかな白で通勤コーデがぐっとこなれるPAOLA NUTTIのバッグ。大き目のポーチ付きで整理整頓がらくらく。バッグ(26×29×13)¥23,000/ティースクエアプレスルーム(PAOLA NUTTI)▶ PAOLA NUTTIのバッグの詳細はこちら4.2019年春夏・通勤バッグが主役のアラフォー通勤コーデデイリーの通勤コーデからアラウンド管理職向けの通勤コーデまで、バッグを主役に考えられたコーデを厳選紹介!■白ブラウス×美脚パンツ×レザーバッグコーデ隠すばかりじゃなくてたまには見せることも意識すると、なんだか姿勢もシャンとして歩き方まで変わってくるから不思議。ほどよくボディにフィットした全方位ストレッチ素材のスーパーストレッチパンツを履くと、一日中動き回ってもノーストレスで過ごせてしまう。細身のシルエットなので、トップスはきちんと感とふんわり感を兼ね備えた白ブラウスでシンプルにバランスよく着こなしたい。ブラウス¥15,000・パンツ¥13,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつきレザーバッグ¥31,000(ジャンニ キアリーニ)・ポインテッドトゥバックストラップパンプス¥26,000(ファビオ ルスコーニ)/SHOP Marisol ピアス/スタイリスト私物▶ジャンニ キアリーニのバッグの詳細はこちら■トレンチコート×スカート見えパンツ×ブラウンのハンドバッグコーデきちんとした印象があるからオフィスに着ていくなら、やっぱりトレンチコートで作る超ベーシックコーデに限る! スカート見えするデザインのパンツなら、クールになりすぎず上品でフェミニンに。パールやレースアップシューズのホワイトで爽やかに春を感じさせて。トレンチコート¥93,000/ebure ニット¥25,000/スローン スカート見えパンツ¥29,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) バッグ¥89,000/アマン(ザネラート) 靴¥45,000/ロンハーマン(ジルサンダー ネイビー) ネックレス¥252,000/CHERRY BROWN▶ザネラートのバッグの詳細はこちら■白ブラウス×タイトスカート×ショルダーバッグコーデトレンドのボリューム袖のブラウスに、きちんと感のあるネイビーのタイトスカートを合わせた好感度抜群の通勤コーデ。小物はアクセントカラーの真っ赤なヒールパンプスとショルダーバッグでクラシックな味付けを。ブラウス¥10,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) スカート¥26,000/ebure 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス) 時計¥340,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) ▶ロウナー ロンドンのバッグの詳細はこちら■春ニット×パンツ×ビッグトートバッグコーデブラウンの春ニットを基調に落ち着いたトーンでまとめた通勤コーデ。足もとのバレエシューズにシャンパンゴールドカラーを取り入れてお洒落感をプラス。シンプルなビッグトートバッグに結んだスカーフが、歩いたときに風でゆらぐそのしなやかさにエレガントな雰囲気が宿る。パンツ¥20,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ニット¥23,000/インターリブ(サクラ) バッグ¥39,000/ジャンニ キアリーニ銀座店(ジャンニ キアリーニ) スカーフ¥16,000/スローン 靴¥40,000/ルック ブティック事業部(レペット) フープピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) ▶ジャンニ キアリーニのバッグの詳細はこちら■淡色ブルーシャツ×ネイビーパンツ×キャメルのトートバッグコーデブルー系でまとめたコーデにキャメルカラーのビッグバッグがベストマッチ!足もとは疲れないスリッポンタイプを選びつつ、ややインパクトのあるスネーク柄でコーデにスパイスを少々。ブルーシャツ¥16,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ニット¥22,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) パンツ¥20,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) イヤリング¥15,000/デミルクス ビームス 新宿(イリスフォーセブン) バッグ¥39,000/ジャンニ キアリーニ銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥35,000(ペリーコ サニー)/アマン チェーンブレスレット¥10,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール▶ジャンニ キアリーニのバッグの詳細はこちら■ジャケット×パンツ×クラシックバッグコーデぐっとビジネスモードのアラ管(=アラウンド管理職)ファッション。ネイビーの細身パンツで引き締めつつ、ジャケットとパンプスは淡いトーンでまとめて女性らしさもプラス。クラシックな佇まいのショルダーバッグがコーデのアクセントに。パンツ¥20,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ブラウス¥10,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) ジャケット¥75,000/マスターピースショールーム(サイベーシックス) 靴¥77,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) フープピアス¥85,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ)▶︎ロウナー ロンドンのバッグの詳細はこちら■ジャケット×パンツ×2way白レザーバッグのアラウンド管理職コーデトレンドの太めパンツも長め丈のジャケットでグッドバランス。合わせるボトムを選ばない長め丈のジャケットは毎日に重宝。ヒップにかかる着丈だから、少しボリューム感のあるボトムとも合わせやすい。ショルダーバッグ付きの白いバッグでお洒落度をアップ。ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ブラウス¥20,000/ANAYI パンツ¥26,000/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) バッグ¥42,000・ストラップ¥35,000/A.D.M.J. ピアス¥18,000/アガット パンプス¥76,000/カオス丸の内(ニナ リッチ)▶A.D.M.J.のバッグの詳細はこちら■ノーカラージャケット×スカート×型押しバッグのアラウンド管理職コーデシンプルなノーカラーだからきれい色ニットが映える。寒色系やスモーキートーンなど、上品なきれい色を積極的に取り入れて仕事服をアップデート。バッグもコーデになじむ淡いニュアンスカラーをセレクト。ジャケット¥19,000/ホワイト ザ・スーツカンパニー 新宿店(ホワイト) ニット¥8,241/バナナ・リパブリック パンツ¥28,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) ピアス¥17,000/アルアバイル(ホルヘ・モラレス) ブレスレット¥320,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バッグ¥48,000/A.D.M.J.▶A.D.M.J.のバッグの詳細はこちら
  • 男前パンツはダンガリーシャツで肩の力が抜けた大人カジュアルにパープルのカラーラインが入った今年らしいグレンチェックのパンツは、太めシルエット、ダブルのすそとメンズライクなデザイン。ダンガリーシャツと白のバレエシューズで柔らかさを添えて。パンツ¥19,000/ナノ・ユニバース(オドラント) シャツ¥39,000/マディソンブルー バッグ¥16,000/オルサ(オルセット) バレエシューズ¥24,000/フラッパーズ(スペルタ) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バングル¥9,500/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(エネーダ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • ジャストエクラ世代の編集部スタッフの"ひと目惚れ"したアイテムをピックアップ。今月は、夏ファッションに欠かせない小物アイテムがずらり!1.グッチの「グッチ ズゥミ」チェーンバッグポップなイチゴプリントがかわいいミニバッグは、ホースビットやマリナチェーンストラップのアクセントで大人仕上げに。斜めがけにして楽しみたいです!(副編集長K藤)(縦11×横18.5×マチ3.5㎝)¥245,000/グッチ ジャパン(グッチ)2.サルヴァトーレ フェラガモのかごバッグ上質なレザーやガンチーニのアクセントで、カジュアルに見えがちなかごバッグが、きれいめなスタイルにも似合う大人のムードに!(編集長O)(縦20×横18×マチ17㎝)¥270,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ)3.ロエベの「ミニ ゲート バッグ」ミニショルダーには目がないのですが、このラフィア使い&かわいらしい半月形も夏のスタメンにしたい! ライトブルーもさし色に◎。(副編集長U)(縦12.5×横15×マチ8㎝)¥133,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)他の画像を見る>>「今月のこれ欲しい!」はこちらからeclat4・5月号掲載 撮影/山口惠史 スタイリスト/小川夢乃
  • こんにちは。 ディレクターの内山です。 もうすぐスペシャルなGWスタートですね! みなさまGWのお出かけ先はお決まりでしょうか? 私は、新緑が美しい日本のこの季節が大好きですので、毎年GWは国内を旅することが多いです。 これからの季節、私の出身地でもある、山梨もとっても気持ちよい季節に入ります。 山々の新緑に加え、盆地に広がる葡萄畑が芽吹き、生き生きと動き始める美しい季節。 雄大な葡萄畑が広がり、ここ十年くらい山梨はワイナリーがとっても元気なんです! 山梨県ならではの葡萄品種の研究を重ねてきた伝統ワイナリーに加え、面白いワインを作る新進気鋭のワイナリーも増えています。 海外のコンクールで賞をとる、素晴らしいワインも次々に醸造され、東京のレストランでも、海外のレストランでも山梨ワインを提供するお店が多くなりました。 そして今、女子たちの間でも、山梨のワイナリーを回ってテイスティングしながら好みのワインを探す、ワイン旅がブームでもあります。 私のお友達も何人か、毎年ワイナリー巡り楽しんでいるようです。 でも、実家を離れて30年以上にもなりますと、今人気の地元のワイナリー情報も、灯台下暗しで知らないことも多く。 2月の終わりに山梨大使として参加させていただいた、おいしくて楽しい列車ツアー「峡東ワインリゾートツアー」で、今の山梨ワインを知ることができました。 そのレポートから、東京から、日帰りでも1泊2日でも楽しめる、勝沼を中心とする「峡東ワインリゾート」と山梨ワインとワイナリーをご紹介したいと思います。   今年で3回目となった「峡東ワインリゾートツアー」。 新宿駅からスタートしたこのツアーは、貸切のお座敷ワイン列車に乗り、まずは列車の中で、ソムリエによる山梨ワインのセミナーとテイスティングから始まりました。 目指すは山梨の人気温泉がある石和温泉駅。 新宿からはノンストップで90分。峡東ワインリゾートとは、山梨県のちょうど真ん中くらいに位置し、勝沼町を中心として広がる、14のワイナリー地区をいいます。 このあたりは盆地で最も日あたりがよく、いくつかの大きな川が流れ込み、葡萄を作るのに適した土地と言われています。 列車では、山梨県にも詳しいソムリエによる、峡東地区の土壌の話し、日本で1200年以上から栽培され世界でも認められている「甲州葡萄種」、そして山梨の赤ワインに使われる「マスカット・ベリーA」など、歴史と文化を聞きながら、3種のワインをテイスティング。   まずは、甲州葡萄を使った「ソレイユ甲州2017」(白)。生産者は旭洋酒。夫婦二人が切り盛りする小さなワイナリーで丁寧に妥協を許さずつくられたワイン。八朔や梨をイメージさせる和柑橘の香りが広がり、オレンジ、ハーブ、白胡椒がアクセントになっています。   次は、マスカット・ベリーAを使った「MGVs B521 マスカット・ベリーA 2017 」(ロゼ)。2017年4月に勝沼にオープンした新進気鋭のワイナリーが作る、モダンなボトルにクリーンで切れ味のある酸味とミネラル感がふくよかなロゼ。海外でも評価が高いワイナリーは、ワイナリー施設の建築、内装、エチケットのセンスもバツグンで必見です。   最後に試飲したのは、アルプスワインのメルローを使った「プラチナコレクション メルロ2014」(赤)。日本でも栽培しやすい、メルローを6ヶ月オーク樽で熟成させたこのワインは、カシスやブラックベリーといった黒系果実の香りのほか、バニラ、スパイス、土の香りがする。だれもが飲みやすくおいしいと感じるミディアムボディです。   そして、ほろ酔い気分になったところで列車は石和温泉駅に到着。   一行は、日本を代表するワインソムリエ、田崎真也さんが待つ「ホテル春日居」へ向かいました。 ここでは、山梨の地元食材を使ったお料理とワインのマリアージュを体験。 甲斐サーモンのカルパッチョに合わせた甲州スパークリング、じゃがいもとベーコンのテリーヌに合わせた、昨今世界中で人気のロゼワイン、鳥もつの醤油煮にあわせた赤ワインなどの、食とのスペシャルテイスティングを体験。   最も感動したのは、「笛吹甲州グリ・ド・グリ2017」のロゼ。 灰色の甲州葡萄(葡萄には、黒葡萄、白葡萄があり、甲州葡萄は中間の灰色葡萄と言われている)を使い、赤ワインの手法で皮も一緒につぶしてつくるとロゼワインになるという。甲州葡萄を使いながらもロゼなのです。 辛口ながらとってもエレガントな香りに、甲州葡萄を使った山梨ワインの広がりを感じることができました。   そしてこの会場が、この日の宿泊ホテル。 最近リニューアルした館内は広々とし、緑に囲まれたロケーションが静かでくつろげるホテル。 どの部屋も50平米以上の広々空間でゆったりと満喫でき、美肌の湯といわれる上質な湯は「アルカリ性単純温泉」。 また15種類の薬鉱石が敷きつめられた岩盤温泉も女性に大好評で、きれいも叶う宿「ホテル春日居」でした。   翌日は、工場見学とともにワインの歴史が学べる「本坊酒造マルス山梨ワイナリー」で、個性豊かなワインをテイスティングした後、1937年の創業以来葡萄産地「勝沼」に根ざし、葡萄栽培からワイン醸造まで130年の歴史ある「勝沼醸造」へ。 ワイナリーの歴史が垣間見られる、美しい白土塀の日本家屋で、当主自らのアルガワインの魅力とテイスティングは非日常の豊かな時間を味わうことができます。 アルガブランドのワインは世界にも名をはせており、フランス醸造技術者協会主催のロンドンで行われる国際ワインコンテストで銀賞を受賞している「アルガブランイセハラ」は海外でも大人気です。     ランチは「勝沼醸造」が経営する、ワイナリーから歩いて5分の葡萄畑の高台にある、教会のようなレストラン「風」へ。 ワインに合うローストビーフを山葵でいただくメニューが、長きにわたり勝沼町で人気のレストランです。 ここでは「勝沼醸造」のワインはもちろんのこと、勝沼町にある32社のワインが揃う。まさに勝沼の葡萄畑の風を感じながら、おいしい食事とワインのマリアージュを楽めます。   たった一泊なのに心身ともリフレッシュでき、山梨県が育むおいしいワインを知り、自然を堪能できるリゾートが峡東地区地区です。     個人的におすすめは、峡東地区の中でも、私の出身地・勝沼町に点在するこちらのワイナリーです。 MGVs(マクヴィス)ワイナリー ■山梨県甲州市勝沼町等々力601-17   グレイスワイン(中央葡萄酒) ■山梨県甲州市勝沼町等々力173   マルフジワイナリー(丸藤葡萄酒) ■山梨県甲州市勝沼町藤井780   原茂ワイン ■山梨県甲州市勝沼町勝沼3181   くらむぼんワイン ■山梨県甲州市勝沼町勝沼835   勝沼醸造 ■山梨県甲州市勝沼町下岩崎371   どのワイナリーも建物にも風情があり、それぞれ個性あふれるワイン作りをしています。 朝からゆっくり回れば、1日で4~5軒くらいは訪れることができます。 そして、ここにご紹介できない個性豊かなワイナリーもまだまだ沢山あります。 峡東地域ワインリゾート推進協議会の公式サイトから、ワイナリーの情報を得て、旅を一緒にする友達と、好みにあった山梨ワイナリー巡りの旅をプランしてみるのもおすすめです。   気持ちの良いGWに、ぜひワインを楽しみに、山梨へおでかけください。     Article By Shinobu Uchiyama 1990年(株)世界文化社入社。『家庭画報delicious』『MISS』『MISSwedding』『きものSalon』『GOLD』の各誌の編集長を12年間経て、2016年6月から㈱集英社・ブランド事業部・コンテンツマネージャーになり『LaVivant』ディレクター。『GOLD』編集長時代には、料理本『編集長のお家ごはん』を出版。クシマクロビオティックコンシェルジュ、オーガニック料理ソムリエ、中医学薬膳、調理師免許の資格を持つ料理家でもある。オスカープロモーション所属。山梨大使。  
関連キーワード

RECOMMEND