スタイリスト森慶子さんが語る「私が愛するグレージュの魅力」

Web eclat
グレージュ ニット

1/4

グレージュ 時計

2/4

グレージュ インナー

3/4

グレージュ マフラー

4/4

シルクの美しさがきわだつスローンのニット



「洋服ではあまりグレージュを持っていなかった私がひと目惚れして購入したのが、このVネックニット。シルク100%の光沢も美しい。」


グレージュの絶妙な色みとシルクのつややかさのコンビネーションは、大人にだけ許される愉悦。



グレージュ好きのきっかけは時計から



「20年前の購入時は時計のベルトはベージュでした。その後このグレージュに替えてからずっとこれ。グレージュのベルトも便利です。」。


森さんがグレージュの魅力に開眼するきっかけとなったエルメスのケープコッドは、さりげなくも存在感のあるたたずまい。黒にもブラウンにもデニムにも、と合わせるボトムの色を選ばないグレージュのベルトはメゾン ボワネのもの。

透けたくないときの インナーはグレージュ



「“透けにくい= イコールベージュ”と思われていますが実はグレージュも優秀なんです。見えても恥ずかしくないのでキャミソールとタンクトップを愛用中。


クローチェ クロス、クリステンセン ドゥ ノルドといった繊細な色出しが得意なブランドからインナーをセレクト。

服となじませやすいから巻きものはグレージュ


「小物は色を効かせすぎず、服となじませるのが好き。どんなアウターの色とも相性のよいグレージュの巻きものは本当に重宝しています。」。


編み方や糸の太さ、質感によってまったく違う表情を楽しめる。ジョンストンズ、ザノーネなどを愛用

さりげないのに存在感があり、おしゃれ感を高める優秀さ

「ふだんから“グレージュをよく着ていますね”といわれることが多いのですが、実は洋服はそれほど持っておらず、充実しているのは小物。むしろ服は圧倒的に黒が多いので、それが地味にならないようグレージュの小物を合わせることが多いですね」と森さん。

小さな面積でもグレージュを印象的に身につける森さんの姿は、編集部でも常に注目の的。森さんにとってグレージュとはどんな魅力がある色なのだろうか?

「エクラ世代のコーディネートを考えるときに、柔らかい印象を目ざせることもあり、色のコントラストをつけすぎるより、なじませるほうが好きな私にとって、グレージュはとても重宝する便利な色。ワントーンコーディネートにグレージュを加えることで、単調にならず雰囲気のある洗練された大人なムードに仕上げてくれる万能さもあります。

顔映りにおいても、グレーとベージュのいいとこどりで、色の幅が広いグレージュなら、誰もが似合う色を見つけられるのです。なかなか似合うベージュを見つけられなかった色黒の私も、ベージュ寄りのグレージュなら似合うなと。そしてグレージュは単品で取り入れるだけでも、こなれたムードを演出してくれます。それは色そのものに深みがあるから。都会的なのに暖かみがあるといった重層的なイメージも魅力なんです」(森さん)

Jマダムがグレージュを選ぶ理由 記事一覧

シンプルな着こなしも計算されたような奥行きを感じさせ、しゃれたたたずまいに見せてしまう、そんな頼もしい色「グレージュ」。エクラ誌面でも評判のスタイリスト・森慶子さんがこの冬提案するのは、グレージュを広い面積で大胆に取り入れた"メイン使い"。おしゃれを華やがせる、絶妙バランスに注目を!
撮影/菊地 哲(MUM) 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/EASE ※エクラ2019年1月号掲載
関連記事
  • 黒やグレー、ベージュなどのいつもの定番色をたちまち華やかに見せるきれい色。特にコーデが地味になりがちな秋冬はどこかにきれい色を取り入れて、大人の華やかさを演出したい。【1位】女っぷり高いカーキアイテムに華やかなカラーを合わせて ピンクスカートもカーキで甘辛バランスを調節。甘い色を、子供っぽく見えないよう、キレイに着こなすのもカーキは有効。バッグや靴は、カーキとピンクの中間のような赤みのあるブラウンカラーを選ぶと、全体が中和してまとまり感が。▶実は相性抜群!ときめきが倍増する「カーキ×きれい色」コーデ【2位】着こなしをまたひとつ新鮮に見せるグリーンの取り入れ方 「トレンドのアースカラーから派生したグリーンは、こっくりとした深い色を選ぶと、カーキの延長で使えて、取り入れやすいです。黒やネイビーとも相性がいいからふだん色を手に取らない人にもおすすめ。スタンダードな服をグリーンに変えるだけでいつもとちょっと違う自分を楽しめます」▶合わせる色の濃淡を選ばないから使える!大人にオススメの差し色「グリーン」【3位】いつもの地味色がイエローで動き出す 「明るさの度合いにかかわらず、大人はつい敬遠してしまいがちなイエロー。でも実は肌なじみがいいから、自分に近づけやすい色でもあるんです。暖色の中でも気負った印象にならず、さらっと自然に映えるのも魅力。今年はぜひトライしてみてください!」▶大人の差し色「イエロー」で、いつもの地味色が動き出す【4位】スモーキーなピンクが大人っぽいきれい色コーデ ラインのすらりとした立ち姿をつくるワイドリブのタイトスカートをフェミニンな雰囲気にするには、スモーキーなピンクが大人っぽいゆったりしたシフォンブラウスをまとって。かごやポインテッドのストラップシューズなど小物づかいにも気を配り、手抜きに見せないシックなコーデを。▶やっぱり秋でも手抜きに見えない大人フェミニンなワンツーコーデで【2018/9/3コーデ】【5位】華やかさがある褒められスカートコーデ トップスには、控えめなチョコブラウンのブラウスをチョイス。華やかなターコイズグリーンのラップスカートは座っているときには見えないけれど、立ち姿でその効力を発揮。▶仕事帰りの同期会にはさりげない華やかさがある褒められスカートで【2018/9/28コーデ】【6位】着こなしに華やぎと女らしさを添えてくれるきれい色スカート 濃い色を使わず、ターコイズグリーンのスカートでフレッシュさを加えたクリーンな配色コーディネート。メンズライクなジャケットがあれば、甘いスカートもキレよく仕上がる。▶気の流れがよくなる最強きれい色コーデで運命の出会いを引き寄せて【2018/9/19コーデ】【7位】さりげない淡×淡カラーで女性らしく奥ゆかしい印象に 知的なベージュトーンのグラデーションの中に淡いライラックカラーをさして、上品に仕上げて。ほのかな光沢感となめらかさのある素材感も大人の余裕を感じさせてくれる。▶さりげない淡×淡カラーコーデで涼し気な秋の気配を感じさせて【2018/9/4コーデ】【8位】華やかなエメラルドグリーンには旬のカーキで知的な華やかさを パッと目につく華やかなエメラルドグリーンのパンツ、いつもなら無難なネイビーを合わせていたけれど、ネイビーの代わりに秋色カーキを投入すれば、落ち着いたしゃれ感がかけ合わされて、一気にアクティブで都会的なイメージに。▶秋先取りカラーNo.1!“カーキ”投入でオフィスコーデのマンネリ打破【2018/8/22コーデ】【9位】カラーパンツを投入するだけで地味色コーデが見違える ベージュのパンツの代わりにイエローパンツを合わせれば、華やかでアクティブな印象に。ボトムスなら顔から離れているので鮮やかなカラーにも挑戦しやすい!▶いつもの地味色コーデにカラーパンツを投入するだけでぐっと見違える【2018/9/12コーデ】【10位】ラベンダー色のパワーで定番ボーダーを大人っぽく仕上げる ラベンダーカラーのスカートを、ボーダーカットソーでカジュアルダウン。サングラスやサイドゴアブーツなど、小物で辛さを足して。▶定番ボーダーを大人っぽく着こなすべくラベンダー色のパワーを借りて【2018/10/30コーデ】※2018年8月1日~2018年11月30日集計
  • 変わりやすいお天気に加え、極寒の屋外と暖房の効いた室内と、一日のなかでも寒暖差の激しい12月。12月11日から1月10日までは、年末年始の盛りだくさんなイベントもおしゃれに、そして快適に乗り切る毎日の着こなしをお届け! 今回は、その着回しに登場する「トレンドあったかアイテム」5着、「レイヤード映えアイテム」5着、「重ね着しやすいフェミニンアイテム」7着をご紹介します♡●おしゃれに防寒できる「トレンドあったかアイテム」5着【都会派ダウン】 肩を落として今っぽく着られる&きれいめな印象のアースカラー。驚くほど軽くて暖か! ¥64000/ウィムガゼット ルミネ新宿店(アーチザ)【ベロアインナーダウン】 キルティングブルゾンは中に着ても細見えする。ベロア素材で一枚で着ても素敵。¥32000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(オドラント)【チェック柄ストール】 大判のカシミヤストールは、顔映えする華やか色をセレクト。¥52000/エーピー ストゥディオ ニュウマンシンジュク(ジョシュア エリス)【レザーグローブ】 リッチな質感のカーフレザー。やや長めの丈で、手首に寄せたギャザーで外気をシャットアウト。¥23500/サード マガジン(アリスティード)【レッグウォーマー】 スカートの下やタイツに合わせて、おしゃれに足もとをレイヤード。素材はヤクの毛で、防水・保温性が高い。¥16000/カオス表参道(カオス)●中にたくさん着込んでもOK!  「ゆったりレイヤード映えアイテム」5着【リバーコート】 裏地なし、ボタンなしのロングガウン。ゆるやかな落ち感で、中に厚着をしてもほっそり見える。¥70000/サード マガジン(サード マガジン)【ピーコート】 身ごろと袖にゆとりがあり、体がきゃしゃに見えるシルエット。¥65000/エーピー ストゥディオ ニュウマンシンジュク(エーピー ストゥディオ)【ざっくりカーディガン】 コクーンフォルムで、インに重ね着してももたつかない。Vネックでシャープに。¥39000/ショールーム  セッション(サヤカ デイヴィス)【ロングワンピース】 袖と裾にギャザーを寄せて。とろみのある素材は、インナーの厚みを拾わずすっきり見える。¥40000/デミルクス ビームス 新宿(アイロン)【プリーツスカート】 フロントはアシンメトリーなプリーツ、後ろはフレアシルエット。タイツやブーツで重く見えがちな足もとに軽さを加算。¥26000/コエル次ページでは、「重ね着しやすいフェミニンアイテム」7着をご紹介!【リブニット】 クリアな発色のグリーン。ほどよいフィット感とフレアの袖もポイントに。¥14800/エレンディーク 【タートルニット】 ボルドー色のハイゲージタートル。袖と裾のリブでトラッドな印象も。¥16000/イエナ ラ ブークル 【コンパクトハイネックニット】 ふんわり起毛素材。袖は長め、丈は短め。¥42000/エストネーション(ランド オブ ディストラクシン) 【光沢ブラウス】 シックなシャンパンゴールドでなじみやすい。¥8900/ゲストリスト(ステートオブマインド)【チェックタイトスカート】 サイドスリット入りで足さばきも上々。¥16000/メゾン イエナ(イエナ) 【ブラウンパンツ】 シルエットはきれいめだけど、ウエストゴムで楽ちんなのがうれしい。¥22000/カオス表参道(カトリーヌ ハメル) 【黒スキニーデニム】 黒でキレよく。のっぺり見せないさりげない色落ちが◎。¥19000/ゲストリスト(レッドカード)●12月11日からの着回しコーディネートまとめ 明日のコーデ写真一覧へ>>撮影/魚地武大〈TENT〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 原文/久保田梓美 記事編集/衛藤理絵
  • まりもちゃんのデイリーライフ #15。飼い主(おかあさん?)はスタイリスト村山佳世子さん。初めての単行本『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』が発売中。趣味は日向でお昼寝です。 日焼けしないように気をつけています。 なまえ:まりもちゃん 2016年8月産まれ(推定)申年、獅子座の女の子。もと野良の保護猫。三毛猫特有のスーパーツンデレ。3度の飯より遊ぶの大好き。特技はニャンニャン語のおしゃべり。 ▼スタイリスト村山佳世子の関連記事はこちら
  • お気に入りのファッションアイテムでもある "CELINEのベルト" ヴィンテージショップ巡りが好きで 代官山、中目黒、広尾などによく行きます。 こちらは広尾で購入しました先日友人と東京駅でディナーを 店内には大きなクリスマスツリーがあったり おしゃれで素敵なお店でした。 パンも美味しくて、ついおかわりを、、 私の誕生日近辺に会えなかったからと 誕生日ケーキとプレゼントを(;_;)♡ お祝いはいつでも嬉しいです その日、友人もBAILA12月号の ふわふわポーチを使っていました^^ お揃いで嬉しかったです♡ 私もたくさん重宝させてもらってます!!もらったプレゼントはまた紹介させてください❤︎そんな女子会コーデのテーマは 【ベルトを使ったデニムコーデ】 シンプルだけどどこかで華やかさを❤︎ +αでコーディネート上手に!ootd【ZARA】ドットのトップスにベルト着用このCELINEのベルトはワンピースに合わせても 実は可愛いです(๑˃̵ᴗ˂̵)気分でロールアップにIENAのホワイトコートをon ZARAのトップスが薄手なので コートの中にはGUの 中綿ノーカラーベストを着用しました。 紹介記事はこちらです⬇︎GUの中綿ノーカラーベストこれをプラスするだけで寒さが 全然違います(´∀`)耳元はパールで大人っぽく明日、12/12はBAILA1月号の発売日です♡ 一足先に読ませていただきましたが 今月も素敵なコーディネートが盛りだくさん^^ またお気に入りページをUPさせてください✒︎ 急に寒さが増しましたね❄️ 風邪には気をつけてください(;o;) 私も防寒対策をしながら おしゃれを楽しみたいです。Instagramもやってます♡よかったらフォローも待ってます♫スーパーバイラーズ 山田裕美子のブログ
  • 本日発売のスタイリスト百々千晴さんのスタイリング本「THE DODO JEAN」。個人的にも大好きな百々さんの、しかもデニム本とあれば買わないわけにはいきません!だって百々さん、本当に打ち合わせや現場で会う度にデニムをはいているんです。しかも毎回、シンプルなのに本当に可愛い。 Amazonで予約したつもりがカートに入れっぱなしにしていたことに気づきショックを受けてたのですが、副編Nのを借りられてウキウキ(あとからちゃんと自分用に買います!)。残業終えたらじっくりお酒ととも堪能します❤️待ちきれずチラッととみたところ、デニムの私服スタイリングはもちろんジュエリーやバッグ、ライフスタイルまでぎっしり!そして我らがカバーモデルの中村アンちゃん、ヨンアも登場しているページも(これがまた素敵)。 小柄&下半身太めの体型コンプレックスもあってデニムが実はずっと苦手だったのですが、またトライしてみたくなりそうな予感。やっぱり、ベーシックを素敵に着こなすのって、その人の生き方や佇まいを含めた、センスなんですね。本当に素敵な本です。編集部でも大好評です。百々さんお疲れ様でした&おめでとうございます (編集U) ・ ・
  • コーディネートの主役になる【インパクトスカート】 おすすめしたいトレンドアイテムを厳選しました♪   SACRA (サクラ)/レーススカート/¥26,000+税 SACRA (サクラ)/とろみカットソー/¥17,000+税 フラワーモチーフのカットワークレースを贅沢に使った、レディライクなロングスカート。ウエストゴム&ベンツ入りで見た目以上に穿きやすい♪何を着よう?と迷った日も、これさえあれば安心です。     PARIGOT (パリゴ)/ゴブラン織スカート/¥25,000+税 SACRA (サクラ)/とろみカットソー/¥17,000+税 大きめの柄が印象的なクラシカルなスカートは、華やかなスタイルを満喫できる大人の気品が漂う贅沢な1枚。前後差のあるスカート丈が脚さばきをきれいに見せてくれます。     MUVEIL (ミュベール)/バックプリーツツイードスカート/¥38,000+税 MUVEIL (ミュベール)/【LaVivant別注】お花ブローチカーディガン/¥38,000+税 英国調キルトを思わせる、巻きスカート風のデザイン。後ろ部分は透け感のあるプリーツという、いい意味での裏切りが素敵!同シリーズのブラウスと合わせて、セットアップで着るのもおすすめ!     COOHEM (コーヘン)/ニットツイードスカート/¥28,000+税 COOHEM (コーヘン)/ニットツイードプルオーバー/¥24,000+税 立体感と編みのテクニックを表現しつつも、同系色の形状の異なる糸を使うことによってコーディネートもし易く、ブーツやスニーカーとも相性の良いミモレ丈を採用しています。     いかがでしたか?華やかなスカートでこの冬を是非楽しんでください!   その他スカートはこちらから! こちらもチェック! LaVivant公式インスタグラム
  • 仕事にプライベート、あるいは育児……、充実した30代が毎日持ち歩かなきゃいけない荷物は、おそらく「めちゃくちゃ多い」はず。お財布と携帯だけでスマートに出かけられれば素敵だけれど、なかなかそんな風に行かない人が多いのでは? そんな事情を知ってか知らずか、コレクションのランウェイではここ数年、エクストリームなビッグバッグが注目されるように。どれも旅行にも使えそうな大容量と、シンプルで軽量なことが特徴で、小さいバッグと2個持ちするスタイリングもよく見られる。ヴァレンティノ ガラヴァーニの新たなアイコンバッグとして話題のラージトート。キャンバス地に、ブランド名を略した「VLTN」のロゴを配して軽やかに。バッグ(W48cm×H36cm×D18cm)¥139,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)大荷物派の30代にとって、このブームはしめたもの。だって、大きくて軽くてシンプルなバッグは、今まで「実用性」の名のもとにデザイン性が追いやられてしまっていたから。そんな女性たちを窮屈な思いから解き放ってくれたのが、気分のあがるアイコニックなビッグライトトートだ。お気に入りのバッグに必要なアイテムを詰め込んでしまえば、どこに行っても自分らしくいられるはず。そう考えると、これは一時のトレンドにとどまらないのかもしれない。女性を自由にし、行動範囲を大きく広げてくれる、多様化するライフスタイルに対応した、「楽しい」モバイルツールなのだ。 【select point】 ・BAILAもラクラク入るビッグサイズ、A3以上のインパクトある大きさを ・フラップなし、ポケットも極力少ないシンプルなデザイン ・肩の凝らない軽さが大事。だからといって、あまり荷物を詰め込みすぎないで 実用性はもちろん、毎日持ちたくなるデザイン性も重視。ビッグライトバッグの名品5【VALENTINO】 リゾートラインで登場した「VLTN」のラージトートは、透けるタイプも。レッドのポーチも付属し、中に何を入れて出かけるかワクワクしそう。PVC素材は、季節やコーディネートを問わず持てる新定番。注目を集めるフューチャリスティックな個性に加えて、意外な合わせやすさに気づくはず。 バッグ(W37cm×H28cm×D14cm)¥127.000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ) 問)ヴァレンティノ インフォメーションデスク TEL: 03-5778-2022【JIL SANDER】 ルーシー&ルーク・メイヤー夫妻が手がけるジルサンダー。ストリートとラグジュアリー、異なるバックグラウンドを持つふたりの個性が融合したアイコニックなバッグに注目。レーザーカットでメッシュ加工を施したユニークなデザインは、中身に応じてフレキシブルな収納力を発揮。また、メタルハンドルに手首を通し、半分にたたんでビッグクラッチとして持ってもいい。 バッグ(W41cm×H46cm×D3cm)¥185,000/オンワードグローバルファッション(ジル サンダー) 問)オンワードグローバルファッション 0120-919-256【MIU MIU】 柔らかなカーフ素材と、グレイのグラデーションがエレガントなトートバッグ。ショルダーが長く、小脇に抱えてすっきりと持つことができる。ファスナーで開閉でき、中身が見えにくいのも嬉しい。ノートPCもスマートに入り、ビジネスシーンでも大いに活躍しそう。 バッグ(W32cm×H28cm×D14cm)¥144,000(※予定価格)/ミュウミュウ クライアントサービス(ミュウミュウ) 問)ミュウミュウ クライアントサービス  0120-45-1993【MARNI】 折り紙のようなカラーブロックのデザイン、洒落感のある配色がマルニらしい、新作のショッピングバッグ。縦長のフォルムは、大容量でもボリューム過多にならず、コーディネートから浮かない。間隔にゆとりを持たせたグッドバランスなショルダーは、中身も見やすく実用的。 バッグ(W32cm×H37.5cm×D12.5cm)¥186,000/マルニジャパン (マルニ) 問)マルニジャパン TEL 03-6416- 1024 【STELLA McCARTNEY】 レザー風素材にチェーンのトリミングで大人気のアイコンバッグ「ファラベラ」。マチのしっかりある大容量のショルダートートは、なんと新登場のリバーシブルタイプ。キャメルとグレーのふたつのカラーで楽しめる。取り外しできるポーチも付属し、実用性も抜群。毎日のお出かけから小旅行まで、大活躍間違いなし。 バッグ(W37cm×H30cm×D16cm)¥145,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー) 問)ステラ マッカートニー カスタマーサービス  TEL 03-4579-6139知っているとさらに愛着がわく、人気ブランドのヒストリー【ステラ マッカートニー】>>イギリスで生まれ育ったステラ・マッカートニーは、偉大なミュージシャン、ポール・マッカートニーとフォトグラファーである故リンダ・マッカートニーを両親に持つ。英国のファッションの名門校、セントラル・セント・マーチンを卒業後、クロエのクリエイティヴ・ディレクターを経て、2001年に自身のブランドを設立した。アディダスとパートナーシップを組むスポーツウェア、adidas by Stella Mccartneyを始め、香水、ランジェリー、キッズとコレクションを広げ、最近ではメンズウェアコレクションを発表。ベジタリアンでもあり、サスティナビリティの精神から、皮革と毛皮を使用しないことを掲げている。 絶大な人気を誇るアイコンバッグ「ファラベラ」。様々なバリエーションで登場。バッグ「ファラベラ ミニトート」(W23.5cm×H26.5cm×W10cm)¥103,000/ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)2010年に発表されたアイコンバッグ「ファラベラ」は、レザー風の素材にチェーンのトリミングを施した特徴的なデザインでベストセラーに。シャープなテーラリングでありながら、ナチュラルでエフォートレス、彼女のデザインは、現代を生きる女性たちにとって、リアルな共感を持って支持されている。それは、3人の子供の母親であり、環境や社会に関心の高いステラ自身のライフスタイルをはっきりと反映し、女性にとっての本当の実用性を追求しているからといえるだろう。自分らしく生きるためのライフスタイルに寄り添う、同時代の女性クリエイターならではの感性。ステラのアイテムを身につけると、同じ女性として応援されているような気分になれるはず。2019スプリングコレクションのルックより。揺れるドレスにスニーカー、手にはビッグトートとミニリュック。エレガントでスポーティ、そしてなによりもエフォートレスなスタイルが女性の共感を呼ぶ。文・久保田梓美 撮影/富田春菜
  • 柔らかな素材とミルクティーのような美しい配色のテーパードパンツをまとった上品スタイルで、年始用のお茶を買いに。day11.年始用のお茶を買いに。まろやかな配色で上品なパンツスタイルをタック入りのテーパードパンツは柔らかな素材が優しい雰囲気。ミルクティーのようなワントーン配色で美しくしっとりと。 パンツ¥28,000/ウィム ガゼット 青山店(セラー ドアー) シャギーコート¥205,000/トゥモローランド(マルティン グラン) ニット¥32,000/ebureサングラス¥30,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥63,000/アマン(ペリーコ) 靴¥30,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ)>>「冬の洗練パンツ30days」をもっと見る撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/XEX 日本橋 一保堂茶舗 東京丸の内店 ※エクラ2019年1月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND