冬の出張には「きちんと系」と「華やか系」アイテムをIN 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ドレッシーワンピ
折りたたんでもしわが目立たないレースは、実は出張向きの素材。総レースのグリーンなら、エレガントでありながら落ち着いた雰囲気も。透け感のあるふんわり袖で大人は控えめな肌見せを。

ワンピース¥46,000/ビームス ハウス 丸の内(ルームエイト・ブラック)
2.上品柄スカーフ
イタリア製のシルク100%のスカーフは、白ベースにライトグレー、ベージュなどのどんな色にも合う落ち着いたカラーの4色使い。グレーのスーツやネイビーのコートにさりげなく、上品に華を添えてくれる。

スカーフ(H90×W90)¥30,000/スローン(スローン)
3.華ありブラウス
襟の下や袖口にギャザーが入った、ムードある仕上がりのブラウス。共布のリボンタイは取りはずし可能で、華やかなシーンで活躍。ソフトで肌ざわりのよい、コットンナイロンストレッチ素材。

ブラウス¥26,000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ ロンドン)
4.肩かけトートバッグ&ミニチェーンバッグ
シンプルでスタイリッシュ、マチたっぷりで収納力抜群のトート。丈夫で軽く、スーツにはもちろん、華やかな服とも相性よし。アジャスターつきショルダーは長さが変えられる。ミニバッグはチェーンの長さを変えて肩かけ、手提げとしても使え、中にしまえばクラッチにもなる。内側は仕切りなしの大容量。夜のドレスアップに、出張中のプライベートタイムに昼夜を問わず活躍。

トート(H28×W〈底25×D25)¥175,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) チェーンバッグ(H12×W18×D5)¥163,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)
5.マニッシュ靴&スエードヒールパンプス
移動日や現地リサーチなど、たくさん歩く日のためのフラット靴は必須。正統派の黒のストレートチップシューズなら、スーツやコートにも合わせられて正装感も出せる! さらに、ドレスアップの場面を考えて、7.5㎝のやや高めのヒールをチョイス。ポインテッドトゥならかっこよくも装える。秋冬なら、表革よりエレガントな印象のスエード素材がおすすめ。

靴(H2.5)¥100,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) パンプス(H7.5)¥77,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
eclat12月号掲載 撮影/坂根綾子 スタイリスト/吉村友希 取材・文/新田幸子 ※本文中の( )内の数字は編集部で計測し、H=高さ(縦)、W=幅(横)、D=マチ、靴はH=ヒールの高さを表し、単位は㎝です。
関連記事
  • 今季、バリエーション豊富にそろう「ゆるてろパンツ」。オン&オフそれぞれの旬コーディネートを参考に!OFF STYLE パンツのリラックス感を存分に楽しむ休日。とはいえ、カジュアルなだけにならないようトレンド要素をスパイス的にきかせて。リネン混パンツの風合いがエスニックなスタイルと好相性 リネン混の風合いが涼しげなパンツを、優しい色のトーンでまとめ、休日ならではのコンフォートなムードを満喫。パンツは洗濯機で洗えるのが優秀。パンツ¥16,000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) カットソー¥8,900/エイトン青山(エイトン) バッグ¥28,000/エスケーパーズ(アリエニーナ) 靴¥56,000/アパルトモン 青山店(アルムナエ) スカーフ¥16,000/スローン ネックレス(短)¥133,000・(長)¥160,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バングル¥2,750/ジューシーロックスポーティな要素をきかせて定番ブラックにこなれ感を 万能な黒パンツは手洗い可。ロングトップスとも好相性。パンツ¥25,000(ハウント代官山/ハウント)・ワンピース¥16,000(ヘルシーデニム)/ゲストリスト キャミソール¥6,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(アール ジュビリー) バッグ¥7,800/サザビーリーグ(ユニオンランチ) スカーフ¥13,000/ANAY(I アナイ) 靴¥14,000/エミ ニュウマン新宿店(テバ) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥12,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール)余裕漂うゆったり白パンツで大人のマリンスタイルが完成 上品なドレープと光沢が引き立つワイドパンツは、ややハイウエストですっきり見え。トップスはコンパクトにまとめたい。パンツ¥25,000( 8 月下旬以降展開予定)/インターリブ(サクラ) ニット¥25,000/スローン バッグ¥34,000/アパルトモン 青山店(へリュー) 靴¥25,000/ステディ スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ) スカーフ¥18,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) イヤリング¥10,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ドミニク  ドゥネーブ) バングル¥2,400/ジューシーロック ▶「ON編」はこちら撮影/山本雄生(人物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 取材・文/東原妙子 
  • 夏の出張ワードローブは、暑さ対策ができる機能的なベーシックアイテムで構成。軽くて通気性のよい、ライトグレーのスーツは夏出張の必需品。さらに、移動の多い出張中でもしわを気にせず過ごせる白パンツを取り入れて、”清涼感”のある夏らしい着こなしに!1.移動はパンツスタイル はき心地のよさと清涼感を重視 出発日は機内で快適に過ごすことを考えて、ゆるシルエットのブラウスとはき心地のよいストレッチパンツにフラット靴で。現地に着いたらいつでもさっとはおれるよう、ジャケットは機内に持ち込むことを忘れずに。 ジャケット¥43,000/SANYO SHOKA(I ポール・スチュアート) ブラウス¥33,000/オンワード樫山 お客様相談室(ジョゼフ) バッグ(H27×W37×D12)¥120,000/エポイ本店(エポイ) サングラス¥33,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥58,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) トロリーケース¥215,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴(ヒール高0.5)¥85,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)2.機内スタイルにジャケットをプラス 仕事モードに切り替え ブラウスをボトムにインしてジャケットをはおれば、即お仕事顔に。ベーシックカラーの装いに華やかさを足したいときは、バッグの持ち手にスカーフを巻いてアレンジ。 ジャケット¥43,000/SANYO SHOKA(I ポール・スチュアート) ブラウス¥33,000/オンワード樫山 お客様相談室(ジョゼフ) バッグ(H27×W37×D12)¥120,000/エポイ本店(エポイ) メガネ¥34,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス 各¥32,000・リング¥68,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バングル¥58,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) 時計¥1,067,000/ポアレ ブティック ホテルニューオータニ店(ポアレ) 靴(ヒール高0.5)¥85,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)3.スーツのインナーはレース 気品漂う女性らしさを意識 信頼感、正装感、人を引きつける華やかさのすべてが必要なプレゼンの場には、スーツ+レーストップスで挑む。襟もとがほどよく詰まったレーストップスはきちんとした印象に装え、しかも涼しく、夏のビジネスシーンに重宝。小物は基本のバッグとパンプスで手堅く。 ジャケット¥43,000・スカート¥29,000/SANYO SHOKA(I ポール・スチュアート) 靴(ヒール高8)¥27,593/銀座かねまつ 銀座6丁目本店(銀座かねまつ) バッグ(H27×W37×D12)¥120,000/エポイ本店(エポイ) キャミソール¥30,000/ストラスブルゴ(クルチアーニ) メガネ¥34,000/アイヴァン PR(アイヴァン) 時計¥1,067,000/ポアレ ブティック ホテルニューオータニ店(ポアレ) バングル¥58,000/ショールーム セッション(ヒロタカ)他の画像を見る撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/吉村友希 モデル/生方ななえ 取材・文/新田幸子 撮影協力/東京會舘 ※eclat8月号掲載
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day15は、知人の出版記念パーティでお役立ちするきれいめなレースの黒ワンピース。厚手レースならコンサバ見えも回避できる!day 15知人の出版記念パーティに出席。レースのリトルブラックが正解厚手レースでコンサバになりすぎず、きれいめ感もある絶妙なバランスの黒ワンピース。白小物で夏らしい軽やかさを感じさせて。 ワンピース¥66,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) カーディガン¥21,000/八木通商(ルトロワ) バッグ¥160,000 /エッセンス オブ アナイ(ペリグリノ) 靴¥48,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ペリーコ)ペリーコはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • ベージュやカーキ、テラコッタなどに代表される乾いた大地を連想させるカラーボトムに注目。カジュアルなTシャツにシックなニュアンスを漂わせること、間違いなし。アラフィー女性たちのこなれ感抜群なおしゃれスタイルを公開。“機能性にこだわったきれいめコーデを実践中”井波麻理さん(ヨシエ イナバ PR) 夏のTシャツスタイルは、機能性にこだわる井波さん。すっきり見える襟ぐりや二の腕をカバーするドルマンスリーブに加えて、身頃のステッチでおしゃれ感も出せる大人の白Tを愛用中。「着るだけで様になる白Tは私の必需品。くるぶし丈パンツは軽量で柔らかく、しわが目立ちにくい機能をもつライトタフタなので、見た目も着心地も涼しく一日中快適です」。 Tシャツ・パンツ・バッグ/ヨシエ イナバ“上品な透け感とパンツのハードさをおしゃれにMix”関戸智美さん(edit&co.代表、ファッションディレクター) 「シャリッとした梨地素材に惚れ込み、透け感を生かしたTシャツをつくりました。ボトムは本格的な仕様が気に入って長年愛用しているカーゴ。あえて黒のキャミソールを着て、ゴールドのジュエリーをしっかりつけることで、若いころとはひと味違う大人の着こなしに」。存在感のあるバッグとヌーディな足もとで。 Tシャツ/アデルクチュリエ カーゴパンツ/グリーン バッグ/セリーヌ 靴/ア・デタシェ“こっくりとした配色を黒とシルバー小物で辛口に”鈴木たま江さん(エクラ 華組) 「今シーズンのTシャツは、黒やモカ茶といったコクのある色をきれいめに着たくて」と鈴木さん。きめが細かく光沢のあるノースリーブを、テラコッタ色のフレアスカートとヒールサンダルで。「ジュエリーはゴールド派ですが、黒とシルバーでエッジを効かせてコンサバ感をセーブします」。 Tシャツ/エストネーション スカート/シンゾーン ベルト・バングル・バッグ/エルメス 靴/ピッピシック >>おしゃれな人のTシャツスタイル 一覧はこちら撮影/大瀬智和 取材・文/向井真樹 ※着用アイテムはすべて私物のため、すでに販売が終了しているものもあります。 ※エクラ8月号掲載 
  • 食欲が減退しがちな時期、食べれば力がわくパワーフードをご紹介。肉、魚、蟹……など、見た目にもテンションが上がる美味がずらり。食卓を一気に華やかにしてくれますよ。1.「川津食品」の熊本 あか牛 井 信行牛 昨今の肉ブームで一気に人気が高まった熊本 あか牛のトップ生産者が、阿蘇郡産山村の井 信行氏。子牛の間は放牧し牧草と野草を、牛舎での飼育期間も乾草やわら等の粗飼料を中心に、天然由来の国産飼料だけでの飼育を徹底。赤身の中に適度な脂肪分があり、雑味なく強いうま味があるあか牛は、かたまりのままシンプルなステーキに! 200g¥2,000(写真は約1.6kg)  ●大分県日田市前津江町大野2256 ☎0973・53・2501 http://yuzu-kosyo.shop-pro.jp/2.「佐藤水産」のボイル毛蟹 極寒の北の海で水揚げされた毛蟹から身入りのいいものを選び、水揚げ後、すぐにゆで上げ、急速冷凍して甘味をぎゅっと閉じ込める。ミソまでおいしい北海道の毛蟹。冷蔵庫で自然解凍して卓上へ。手軽さもうれしい。キリリと冷えた夏酒とともに楽しみたい。 1尾(約600g)¥6,800  ●北海道札幌市中央区宮の森3条1の5の46  ☎0120・310・041  https://www.sato-suisan.co.jp/3.「楠長」の生カツオのこだわり炭俵(茅)焼きタタキ さっぱり味の特製ダレが、濃厚な風味の引き立て役。香ばしさと薬味の香りも相まって、箸が止まらなくなる。高知の繁盛鮮魚店の看板商品。朝水揚げされたカツオを農家から取り寄せた炭俵(茅)で燻いぶすオリジナル製法で仕上げる。タレ、薬味(にんにく、ネギ、大葉)つきと至れりつくせり。 1節¥5,000(税込)  ●高知県高知市本町3の1の12  ☎088・822・1355 http://kusutyo.jw-hp.com他の画像を見る撮影/木村 拓 スタイリスト/大畑純子 取材・文/北村美香 安齋喜美子 佐々木ケイ ※eclat8月号掲載
  • あらゆるシーンで頼りになる、ワンピース31着を日替わりでご紹介。day14は、先輩と白金のレストランへ夕涼みに。柔らかな印象をプラスする白ワンピースで顔映えもアップ!day 14白金のレストランで先輩と夕涼みの会。テラス席が気持ちいいふんわりとした袖とまっすぐなシルエットがちょうどいい女らしさを演出してくれる一枚。柔らかな白で顔映えアップ。 ワンピース¥24,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・靴¥78,000(ニナリッチ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 ネックレス¥13,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ルーカス ジャック) バッグ¥168,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)  >>7月の雰囲気出しワンピース31days 一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 取材・文/坪田あさみ ※エクラ8月号掲載
  • Tシャツの人気カラー御三家ともいえる黒、白、ネイビー。定番色だからこそ、更新感のある“なじませ&効かせ”テクをマスターしたい! アラフィー世代のおしゃれさんたちが、クールビューティーな涼しげスタイルをお披露目。“ぴったりの白Tを揺れる黒やシルバー小物で軽快に”近藤和子さん(エクラ 華組) 30代からTシャツはプチバトーひとすじ。肩のラインが少し内側に入る16歳用をピッタリと着るのが近藤さん流。「黒のリネンスカートでシンプルに着たいので、シルバージュエリーで華やかさを添えます」。テニスやピラティスで鍛えたボディに潔い着こなしが映える。 Tシャツ/プチバトー スカート/シンゾーン ネックレス・バングル/エルメス バッグ/ヘレンカミンスキー 靴/カール ラガーフェルド“小物でエッジを効かせる黒×ネイビーのワントーン”福田亜矢子さん(スタイリスト) 今年はモードに着る黒Tが欲しかった福田さん。「黒ボトムでの全身ブラックも素敵ですが、今日は光沢のあるネイビーのマキシスカートで揺れ感とツヤ感をプラスしました。靴やバッグ選びは一歩間違えるとPTA風になってしまうので、エッジの効いたハードめのデザインを選びました」。 Tシャツ/エイトン スカート/イレーヴ バングル/ジバンシー バッグ/ジル・サンダー 靴/マルタン・マルジェラ“流行のサイズ感を味方にほどよいモードを意識”松本千登世さん(ビューティエディター) 「白と黒の色違いを大人買いしたTシャツは、ほどよいゆったりサイズが気に入りました。女っぽさとマニッシュさのバランスをとるためにスカートにはレギンスを重ねて、メンズライクなミュールで足もとを重めに仕上げます」。バッグは黒でそろえずキャメルで軽さを。 Tシャツ/シンメ スカート・バッグ/ジル サンダー ラリエット/シャルロット シェネ 時計/カシオ 靴/ロベール クレジュリー”ロゴTが主役の大人ワントーンでシックに”豊田真由美さん(エクラ 華組) いくつになってもTシャツとデニムが似合う女性が理想という豊田さん。「子供が小さいころからときどきのぞくようになったザラ キッズで見つけたロゴT。夏はデニムをリネンに替えてワントーンでまとめました」。Tシャツをインして、大好きだというジャケットを肩かけにした着こなしが170㎝の長身にお似合い。 Tシャツ/ザラ キッズ ジャケット/ザラ パンツ・ベルト/エンポリオ アルマーニ バッグ/エルメス >>おしゃれな人のTシャツスタイル 一覧はこちら撮影/目黒智子(福田さん、松本さん、豊田さん) 大瀬智和(近藤さん) 取材・文/向井真樹 ※着用アイテムはすべて私物のため、すでに販売が終了しているものもあります。 ※エクラ8月号掲載 
  • 同窓会メイクは「幸せ感」が大事。ファンデーション選びは、シミやくすみなどへのカバー力は大前提。まるで素肌かと見紛うほどの透明感と、幸せオーラ全開の上品なツヤ肌に仕上げるファンデーションをお届けします!1.ランコム ブラン エクスペール クッションコンパクト H とにかくそのツヤ感といったら! たったひと塗りで肌の奥から自信に満ちたオーラがあふれてきて、アラフィーの肌がみるみる生気を取り戻す。5種の植物成分を含むジェルリキッドが肌表面にフィットし18時間潤いを持続。 SPF50+·PA+++ 全5色 レフィル 1個入り 各¥5,200•2個入り 各¥7,200・ケース¥1,3002.Koh Gen Do マイファンスィーアクアファンデーション カバー力で定評のあるKoh Gen Doのファンデーション。その中で最もみずみずしく透明感あふれる仕上がりなのがこちら。4種の光パウダーとスキンケア成分によってカバー力と透明感を両立。密着力が優秀なので、ほんの少量をごく薄くのばして。 SPF25・PA++ 全10色 30㎖ 各¥4,6003.クレ・ド・ポー ボーテ タンクッションエクラ まるでスキンケアをしたかのような、しっとりみずみずしい肌に仕上がるクッションファンデーション。瞬時に極上の透明感とツヤを与えるだけでなく、くすみのない美肌を長くキープ。重ねづけも厚ぼったくならないのがうれしい。 SPF25・PA+++ 全6色 各¥9,000・レフィル¥7,000他の画像を見る撮影/久々江満 取材・文/小林みどり ※eclat8月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND