"合わせ"なら任せて。名脇役の「黒ニット」 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.黒タートル+スカーフがチノパンをシックに格上げ
ネイビー×ブラウンの旬度の高い配色スカーフを引き立ててくれる、シンプルな黒のタートルニット。ツヤを感じさせるほど細かく編まれたハイゲージで、シルクやカシミヤのスカーフの質感とも違和感なし。カウボーイ風にラフに巻いて楽しみたい。

ニット¥25,000/スローン スカーフ¥18,000/ドレイクス 銀座店(ドレイクス) パンツ¥38,000/ストラスブルゴ(サポート サーフェス) バッグ¥58,000/ドレステリア 銀座店(ファーリング バイ グイコーニ) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)
2.薄手ニットでウールワンピとの
レイヤードもすっきり軽やかに
小物はもちろん洋服ともレイヤードしやすいのも、黒ニットが名脇役たるゆえん。ストンとしたシルエットのワンピースと重ねるときは、少し透け感があるぐらいの薄さのハイゲージニットでスタイリッシュに。ほっこりすることなく、ワンピースの新しい着こなしを演出する。

ニット¥55,000・ワンピース¥85,000/ブラミンク ピアス(片耳)¥17,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥508,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)
3.黒ニットで上半身をコンパクトに。
スタイルアップの王道バランス
ツインでそろえれば、アレンジの幅も広くなる。かわいげのあるボリュームスカートには、コンパクトな辛口黒タートルがベスト。同色のカーディガンを斜めがけすることで立体感がプラスされ、ボディラインもカムフラージできる。

ニット¥30,000/フレームワーク 自由が丘店(ジョン スメドレー) カーディガン¥33,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) スカート¥88,000/マディソンブルー バッグ¥64,000/アマン(エレメ) 靴¥115,000/レリタージュ マルティニーク(ニコラス カークウッド)
4.ストールを主役にしたい日は
名脇役・黒ニットの威力に頼って
肩から大きくざっくりはおって楽しむのがこの冬のストールの楽しみ方。ストールの色柄を最大に引き立ててくれるのはやっぱり黒ニット。どんな華やかな色柄も受け止めてくれる。

ニット¥19,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) ストール¥62,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンストンズ) パンツ¥16,800/マーコート(ミズイロインド)バングル(四角)¥5,000・バングル(丸)¥6,000・バングル(多角形)¥8,000/デ・プレ 丸の内店(ポーノ) バッグ¥39,000/フレームワーク 自由が丘店(パオロ マージ)
5.上品で繊細な黒ニットなら
モノトーンがぐっとエレガントに
ライダースジャケットと重ねてもきれいな、薄手のタイプ。柔らかい印象なので、ライダースがハードになりすぎない。

ニット¥23,000/八木通商(ルトロワ) レザージャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) スカート¥59,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) 帽子¥42,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジェームス ロック&コー) ネックレス¥83,000/ロンハーマン(ロンハーマン ジュエリー) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥98,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(サルトル)
eclat12月号掲載 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 田沢美亜 取材・文/坪田あさみ
関連記事
  • 次のお休みに行ってみて!MORE着回しに登場したおしゃれスポット素敵な場所に、映えるコーデで行ってみたい!……って気持ちはやまやまだけど、もう大人だから「浮かない」こともとっても大事。着まわしのきくワードローブは、どこでも映えてくれるのか!? MOREに登場した週末行きたいおしゃれスポットを、栞里のコーデとともにご紹介♡ @新国立競技場東京オリンピックもついに来年か〜彼氏と来られるのかしら……本日は担当案件の現場視察、というわけで。動きやすくて、でもきちんと感は忘れないカジュアルな組み合わせを。そしたら工事監督さんとまさかのポロシャツかぶり。「佐藤さんが着るとおしゃれに見えるね〜」って、もう! ほめ上手だなぁ♡ 帰り際通った新国立競技場、思った以上にできててテンションUP。ニットポロシャツ¥20000/スローン チノパンツ¥21000/グッドスタンディング(リノ) スニーカー¥9800/コンバース スターズ ルミネエスト新宿 バッグ¥18500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) 時計¥24000/ピークス(ロゼモン) メガネ¥43000/アヤメ スカーフ¥800/ビショップ(レイバー・アンド・ウエイト)@プラネタリア TOKYOノー残業デーのひそかな楽しみは夜の“おひとりプラネタリウム”なのですきれいめTシャツにプリーツスカートのオールホワイトコーデで、気分は王子様を待つ可憐な姫……。って、え、ウソ!? 気づいたら終わってた! 誰か起こしてくれてもよくない? まあいっか。仕事のモヤモヤさえ吹き飛んで、この服みたいにまっさらな気持ちになれちゃう、最高なアフター6なのでした。五分袖白Tシャツ(メンズサイズ)¥8500/ビショップ(ハンドバーグ) プリーツスカート¥19000/リエス カラーパンプス¥13000/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) バッグ¥17800/ショールーム セッション(ヤーキ) イヤリング¥1100/お世話やリラックスした体勢で満天の星を楽しめるプレミアムシートや、VRでバーチャル空間を楽しめるスペース、惑星をイメージしたカクテルなどなど……。仕事の疲れが癒されまくりなコンテンツが満載! な次世代型プラネタリウムが登場。◆東京都千代田区有楽町2の5の1有楽町マリオン9F ☎03・6269・9952 10:30〜22:00(土・日曜、祝日〜22:30) 無休@Galaxy Harajukuな、なんじゃこりゃ。自分の写真に囲まれるって、すごくない?外回りのあき時間中「あ、ここ話題のとこっすね」と同僚が言うので寄ってみることに。どれどれ何がすごいのかしら、ってワオ! 私の写真が床から天井までびっしり。「ギョーザの写真多っ(苦笑)」ってうるさいなぁ(笑)。でもほら、過去の写真より今日のほうが大人っぽく感じるのは、さりげなく女っぽい袖から伸びるロングタイトとのYシルエットの効果かな♡チルデンベスト¥22000/ショールーム セッション(アダワス) タイトスカート¥35000/ブルーバード ブルバード ローファー¥62000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー) バッグ¥18500/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) イヤリング¥1100/お世話や 時計¥24000/ピークス(ロゼモン)『Galaxy』の革新的な最先端技術を無料で体験できる施設。4階の「Social Galaxy」は、自分のInstagramに投稿した写真に囲まれるという不思議な体験ができる、絶好の“インスタ映え”スポット!◆東京都渋谷区神宮前1の8の9 70120・085630 11:00〜20:00 無休@FORTUNER tea-box「飲んだことないんすか!?」とか言われたから。最新のやつ、ください!新人ちゃんたちがいつも飲んでるアレ、飲んでみたかったんだよね〜ということで、昼休みにダッシュで来てみました話題店! トレンドスポットで埋もれないように鮮やかなグリーンで華やかに、会社では浮かないように小物は黒で締めて……って、うまぁ!きれい色カシュクールブラウス¥8900/ノーク ブラックドレスパンツ¥27500/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) アンクルストラップサンダル¥8800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店(ル タロン) バッグ¥17800/ショールーム セッション(ヤーキ) 帽子¥5200/CA4LA ショールーム(カシラ) イヤリング¥1500・バングル¥1000/お世話や今話題の、日本初「チーズティー」専門店。フレーバーティー×ふわっふわにホイップされたチーズクリームの組み合わせは絶品♡ 豊富なカスタマイズができるから、自分好みの一杯を見つけてみて。◆東京都渋谷区神宮前3の27の15・FLAG 1-F ☎03・6721・1261 11:00〜19:00 不定休@SOLSO PARK明日の先輩夫婦の来訪に備えて。お部屋に飾る新しいグリーンを探そう!開衿シャツはそのままサラッと、×チノパンでラフに。座ったり立ったり、ガシガシ動けるようにトップスはINしたりパンツの裾をちょっと折ってみたけど、実はラフになりすぎないコツだったりして。開衿シャツ¥6900/ノーク チノパンツ¥21000/グッドスタンディング(リノ) スニーカー¥9800/コンバース スターズ ルミネエスト新宿 バッグ¥14000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店(ピトゥサ) 帽子¥14800/CA4LA ショールーム(カシラ) イヤリング¥1500/お世話や サングラス¥30000/アヤメ バングル¥1000/お世話やグリーンや花好きさんから絶大な支持を得る週末限定の緑のテーマパーク『SOLSO FARM』の、待望の都市型マーケット店舗。いつでも好きな時に、本格的でおしゃれな植物たちを見られると大人気。◆東京都港区南青山1の12の13 ☎03・6812・9770 10:00〜19:00 不定休 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/新田君彦(えるマネージメント) ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/大平典子 撮影協力/tokyobike プロップス ナウ アワビーズ
  • あらゆるシーンで涼やかに着映える夏の味方「ワンピース」。今回は、休日のちょっとしたお出かけに着ていきたくなる、爽やか&鮮やか色のワンピース5着を厳選してお届けします。1.母と銀座で待ち合わせ、 七月大歌舞伎を堪能 動物柄が珍しいさわやかなプリントワンピース。ジャケットできちんと感も。 ワンピース¥54,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・ジャケット¥74,000(セヤ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 メガネ¥36,000 /オプティカルテーラー クレイドル 青山店(オリバーピープルズ) ブローチ¥12,000/アナイ バッグ¥160,000/エッセンス オブ アナイ(ペリグリノ) 靴¥36,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット)2.学生時代からの仲よし グループで久々の女子会 気のおけない女友だちとの会には、鮮やかなフューシャピンクのワンピースで、キャッチーなトレンド感を意識した着こなしに。コクーンシルエットと長め袖なら体型について突っ込まれる心配なし! ワンピース¥15,800/マーコート(ミズイロインド) ネックレス¥130,000/KAORU 伊勢丹新宿本店(カオル) バッグ¥141,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥44,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ネブローニ)3.飛行機での移動は、ラクちんな ジャージー素材ワンピースで 伸縮性がありしわになりにくい素材のワンピースは、旅の移動時に重宝。黒ベースだから明るいイエローの花柄にも挑戦しやすく、黒小物と合わせれば引き締まった印象に。Vネックで顔まわりをすっきり見せてくれるのもうれしい。 ワンピース(共布ベルトつき)¥39,000/スリードッツ青山店(スリードッツ)カーディガン¥24,000/スローン 帽子¥15,000/アナイ バッグ¥23,000/アルアバイル(ヴィオラドーロ) 靴¥33,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)他の画像を見る撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ ※eclat8月号掲載 
  • 「上品な酸味」を楽しめる至極の逸品をご紹介。夏バテ予防&リフレッシュ効果も抜群。ただ酸っぱいだけじゃない、「おいしい酸味」をどうぞ!1.柴漬けの誕生地、大原の赤紫蘇の色と香りがすばらしい 「京都 なり田」の大原紫葉 国産なすと大原の赤紫蘇を塩だけで漬けたシンプルな柴漬け。その酸味はピュアで優しく、発酵食品の極みともいえる奥深い味。「昔ながらの京都のお漬け物のよさを知っていただけたら」と11代目の成田典子さん。肉厚のなすは食べ応え十分で、これだけで立派なごちそう。 1袋¥550  ●京都府京都市北区上賀茂山本町35  ☎075・721・1567  https://www.iio-jozo.co.jp/3.懐かしさを感じる“昔ながらの梅干し”。 「延楽梅花堂」の杉田赤しそ漬 梅干し名人・乗松祥子さんの梅干しは、一度食べたら忘れられない味。赤紫蘇と控えめの塩のみで作られ、究極の酸っぱさながら、余韻に残るかすかな甘味に心惹かれる。杉田梅とは遺伝子組み換えをしていない昔ながらの品種で、乗松さんはその植樹にも情熱を傾けている。 130g ¥1,500  ●東京都世田谷区等々力2の13の19  ☎03・6672・6880
  • 今季、バリエーション豊富にそろう「ゆるてろパンツ」。オン&オフそれぞれの旬コーディネートを参考に!OFF STYLE パンツのリラックス感を存分に楽しむ休日。とはいえ、カジュアルなだけにならないようトレンド要素をスパイス的にきかせて。リネン混パンツの風合いがエスニックなスタイルと好相性 リネン混の風合いが涼しげなパンツを、優しい色のトーンでまとめ、休日ならではのコンフォートなムードを満喫。パンツは洗濯機で洗えるのが優秀。パンツ¥16,000/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) カットソー¥8,900/エイトン青山(エイトン) バッグ¥28,000/エスケーパーズ(アリエニーナ) 靴¥56,000/アパルトモン 青山店(アルムナエ) スカーフ¥16,000/スローン ネックレス(短)¥133,000・(長)¥160,000/マリハ伊勢丹新宿本店(マリハ) バングル¥2,750/ジューシーロックスポーティな要素をきかせて定番ブラックにこなれ感を 万能な黒パンツは手洗い可。ロングトップスとも好相性。パンツ¥25,000(ハウント代官山/ハウント)・ワンピース¥16,000(ヘルシーデニム)/ゲストリスト キャミソール¥6,800/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(アール ジュビリー) バッグ¥7,800/サザビーリーグ(ユニオンランチ) スカーフ¥13,000/ANAY(I アナイ) 靴¥14,000/エミ ニュウマン新宿店(テバ) サングラス¥47,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) ピアス¥12,000/デミルクス ビームス 新宿(フィリップ オーディベール)余裕漂うゆったり白パンツで大人のマリンスタイルが完成 上品なドレープと光沢が引き立つワイドパンツは、ややハイウエストですっきり見え。トップスはコンパクトにまとめたい。パンツ¥25,000( 8 月下旬以降展開予定)/インターリブ(サクラ) ニット¥25,000/スローン バッグ¥34,000/アパルトモン 青山店(へリュー) 靴¥25,000/ステディ スタディ(エンシェント・グリーク・サンダルズ) スカーフ¥18,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) イヤリング¥10,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ドミニク  ドゥネーブ) バングル¥2,400/ジューシーロック ▶「ON編」はこちら撮影/山本雄生(人物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/松村純子 モデル/竹内友梨 取材・文/東原妙子   マリソル公式通販サイトで ゆるてろパンツ を探す > 
  • 夏の出張ワードローブは、暑さ対策ができる機能的なベーシックアイテムで構成。軽くて通気性のよい、ライトグレーのスーツは夏出張の必需品。さらに、移動の多い出張中でもしわを気にせず過ごせる白パンツを取り入れて、”清涼感”のある夏らしい着こなしに!1.移動はパンツスタイル はき心地のよさと清涼感を重視 出発日は機内で快適に過ごすことを考えて、ゆるシルエットのブラウスとはき心地のよいストレッチパンツにフラット靴で。現地に着いたらいつでもさっとはおれるよう、ジャケットは機内に持ち込むことを忘れずに。 ジャケット¥43,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート) ブラウス¥33,000/オンワード樫山 お客様相談室(ジョゼフ) バッグ(H27×W37×D12)¥120,000/エポイ本店(エポイ) サングラス¥33,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥58,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) トロリーケース¥215,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴(ヒール高0.5)¥85,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)2.機内スタイルにジャケットをプラス 仕事モードに切り替え ブラウスをボトムにインしてジャケットをはおれば、即お仕事顔に。ベーシックカラーの装いに華やかさを足したいときは、バッグの持ち手にスカーフを巻いてアレンジ。 ジャケット¥43,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート) ブラウス¥33,000/オンワード樫山 お客様相談室(ジョゼフ) バッグ(H27×W37×D12)¥120,000/エポイ本店(エポイ) メガネ¥34,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス 各¥32,000・リング¥68,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バングル¥58,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) 時計¥1,067,000/ポアレ ブティック ホテルニューオータニ店(ポアレ) 靴(ヒール高0.5)¥85,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)3.スーツのインナーはレース 気品漂う女性らしさを意識 信頼感、正装感、人を引きつける華やかさのすべてが必要なプレゼンの場には、スーツ+レーストップスで挑む。襟もとがほどよく詰まったレーストップスはきちんとした印象に装え、しかも涼しく、夏のビジネスシーンに重宝。小物は基本のバッグとパンプスで手堅く。 ジャケット¥43,000・スカート¥29,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート) 靴(ヒール高8)¥27,593/銀座かねまつ 銀座6丁目本店(銀座かねまつ) バッグ(H27×W37×D12)¥120,000/エポイ本店(エポイ) キャミソール¥30,000/ストラスブルゴ(クルチアーニ) メガネ¥34,000/アイヴァン PR(アイヴァン) 時計¥1,067,000/ポアレ ブティック ホテルニューオータニ店(ポアレ) バングル¥58,000/ショールーム セッション(ヒロタカ)他の画像を見る撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/吉村友希 モデル/生方ななえ 取材・文/新田幸子 撮影協力/東京會舘 ※eclat8月号掲載
  • 食欲が減退しがちな時期、食べれば力がわくパワーフードをご紹介。肉、魚、蟹……など、見た目にもテンションが上がる美味がずらり。食卓を一気に華やかにしてくれますよ。1.「川津食品」の熊本 あか牛 井 信行牛 昨今の肉ブームで一気に人気が高まった熊本 あか牛のトップ生産者が、阿蘇郡産山村の井 信行氏。子牛の間は放牧し牧草と野草を、牛舎での飼育期間も乾草やわら等の粗飼料を中心に、天然由来の国産飼料だけでの飼育を徹底。赤身の中に適度な脂肪分があり、雑味なく強いうま味があるあか牛は、かたまりのままシンプルなステーキに! 200g¥2,000(写真は約1.6kg)  ●大分県日田市前津江町大野2256 ☎0973・53・2501 http://yuzu-kosyo.shop-pro.jp/2.「佐藤水産」のボイル毛蟹 極寒の北の海で水揚げされた毛蟹から身入りのいいものを選び、水揚げ後、すぐにゆで上げ、急速冷凍して甘味をぎゅっと閉じ込める。ミソまでおいしい北海道の毛蟹。冷蔵庫で自然解凍して卓上へ。手軽さもうれしい。キリリと冷えた夏酒とともに楽しみたい。 1尾(約600g)¥6,800  ●北海道札幌市中央区宮の森3条1の5の46  ☎0120・310・041  https://www.sato-suisan.co.jp/3.「楠長」の生カツオのこだわり炭俵(茅)焼きタタキ さっぱり味の特製ダレが、濃厚な風味の引き立て役。香ばしさと薬味の香りも相まって、箸が止まらなくなる。高知の繁盛鮮魚店の看板商品。朝水揚げされたカツオを農家から取り寄せた炭俵(茅)で燻いぶすオリジナル製法で仕上げる。タレ、薬味(にんにく、ネギ、大葉)つきと至れりつくせり。 1節¥5,000(税込)  ●高知県高知市本町3の1の12  ☎088・822・1355 http://kusutyo.jw-hp.com他の画像を見る撮影/木村 拓 スタイリスト/大畑純子 取材・文/北村美香 安齋喜美子 佐々木ケイ ※eclat8月号掲載
  • 同窓会メイクは「幸せ感」が大事。ファンデーション選びは、シミやくすみなどへのカバー力は大前提。まるで素肌かと見紛うほどの透明感と、幸せオーラ全開の上品なツヤ肌に仕上げるファンデーションをお届けします!1.ランコム ブラン エクスペール クッションコンパクト H とにかくそのツヤ感といったら! たったひと塗りで肌の奥から自信に満ちたオーラがあふれてきて、アラフィーの肌がみるみる生気を取り戻す。5種の植物成分を含むジェルリキッドが肌表面にフィットし18時間潤いを持続。 SPF50+·PA+++ 全5色 レフィル 1個入り 各¥5,200•2個入り 各¥7,200・ケース¥1,3002.Koh Gen Do マイファンスィーアクアファンデーション カバー力で定評のあるKoh Gen Doのファンデーション。その中で最もみずみずしく透明感あふれる仕上がりなのがこちら。4種の光パウダーとスキンケア成分によってカバー力と透明感を両立。密着力が優秀なので、ほんの少量をごく薄くのばして。 SPF25・PA++ 全10色 30㎖ 各¥4,6003.クレ・ド・ポー ボーテ タンクッションエクラ まるでスキンケアをしたかのような、しっとりみずみずしい肌に仕上がるクッションファンデーション。瞬時に極上の透明感とツヤを与えるだけでなく、くすみのない美肌を長くキープ。重ねづけも厚ぼったくならないのがうれしい。 SPF25・PA+++ 全6色 各¥9,000・レフィル¥7,000他の画像を見る撮影/久々江満 取材・文/小林みどり ※eclat8月号掲載
  • 落ち着いた着こなしが主流の中、ブライトカラーや印象的なプリントを一点投入するだけで、着こなしがぐっとあかぬける! “きれい色”を上手にとりいれたおしゃれマスターたちのコーディネートを大公開。“ネイビーとサックスブルー。同系色の明快さで好感度UP”森内敏子さん(スローン PR) Tシャツは大人っぽくきれいめに、がマイルールの森内さん。自社の人気カラー、ネイビーのTシャツに張りのある素材のAラインスカートで品よくまとめて。「Tシャツのすそをオーバーで着る日はサイズ2ですが、フレアスカートにインしたのでサイズ3を」。1サイズ上を着ることでTシャツの立体感が引き立ち、シンプルな着こなしが今どきのムードにクラスアップ。 Tシャツ/スローン スカート・バッグ/ドゥロワー 靴/オペラ“ゆるさの中に主張を感じるプリントパンツが大活躍”坪田あさみさん(エディター、ライター) 夏は負担の少ないゆるっとした着こなしが一番、という坪田さん。「シルクパンツは涼しくて締めつけ感ゼロ。東京と逗子を行き来するライフスタイルにもフィットして、しゃれ感もちょうどいいんです」。 Tシャツ/マーガレット・ハウエル パンツ/アンスクリア ピアス/トゥモローランド 右バングル/ティファニー バッグ/スタウド 靴/マルタン・マルジェラ“ナチュラルな素材だからうまくなじむピンク+オレンジ”手塚貴美子さん(ギャルリー・ヴィー PR) ペールピンクのTシャツをこなれ感たっぷりに着こなす手塚さん。「ベージュのサマーコーデュロイパンツに、オレンジのカットソーを腰にひと巻き。もう1色足すときは、広い意味で仲間の色を選ぶとうまくいきます」。ピアスやバングル、足もとにマットな白を効かせるのも今年流。 Tシャツ/Vルーム パンツ・腰に巻いたカットソー/ギャルリー・ヴィー ピアス・バングル/アークオブジェクト バッグ/ベンビエン 靴/ミイスタ >>おしゃれな人のTシャツスタイル 一覧はこちら撮影/目黒智子 取材・文/向井真樹 ※着用アイテムはすべて私物のため、すでに販売が終了しているものもあります。 ※エクラ8月号掲載 
関連キーワード

RECOMMEND