ポメラートの新作ファインジュエリー

Web eclat
アンダーズ 東京のスイートルームで開かれた、ポメラートの発表会。

おなじみのヌードリングから世界にひとつだけのプレシャスジュエリーまで・・・💎✨眼福😍
石ごとに異なる魅力を放つヌードリング。3枚目、こんな重ねづけも素敵!
ちなみに一番人気は深い青のブルートパーズだそう。
4枚目は桜にインスパイアされた Iconica日本限定コレクション。12/5 伊勢丹新宿店POPUPにて発売開始です。

ドレスにはもちろん、デニムにさらりとファインジュエリーを合わせる…なんて大人ならではの楽しみ方も素敵ですよね。夢がふくらみます♡
(副編 K沢)

関連記事
  • 餃子のメニューはこだわりの2種類だけ! カリッと香ばしい「ぎょうざ」と「生姜ぎょうざ」を食べなくちゃ!!京都・祇園に店を構え、3年連続ミシュランガイド掲載の人気餃子専門店「ぎょうざ歩兵」が、銀座にオープンしました! “シンプルで飽きないぎょうざ”として人々に愛され、京都・祇園本店では最大4時間待ちとなるほどの人気。待望の新店舗をさっそくチェックしましょ♪「ぎょうざ」、「生姜ぎょうざ」(各¥480)ぎょうざのメニューは2つ。ニンニク、ニラの効いたスタンダードな「ぎょうざ」(¥480)と、シェフが一年半かけて開発した「生姜ぎょうざ」(¥480)。どちらも小さな羽がカリッと香ばしく、ふんわりと軽い餡とのバランスが絶妙なんです♡ 「生姜ぎょうざ」には、匂いが気にならないニンニクを使用しているのも注目ポイント。「ぎょうざ 食べ比べセット」(¥480)銀座店では、今日から5日間限定メニューの「ぎょうざ 食べ比べセット」が登場。1日50食限定で、「生姜ぎょうざ」と「ぎょうざ」の2種類を、一度に味わうことができます♡デートにもぴったり♡ 隠れ家のようなおしゃれなお店にも注目♡♡京情緒あふれる町家をモチーフにした、こなれ感のある店舗。路地裏にひっそりと佇み、まるで隠れ家のようなんです♡ 人に教えたくないスポットになりそうな予感!!木の温もりを感じる落ち着いた雰囲気の中、オープンキッチンならではのライブ感も味わえますよ。また、お店の奥にはテーブル席もあるので、料理と会話をゆったり楽しむことができます。デートに、女子会に、忘年会に。色んなシーンで活躍しそう♪■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■「餃子歩兵 銀座店」場所:東京都中央区銀座8-7-9-1F営業時間:平日 17:00~翌3:00、土曜 11:00~15:00/17:00~21:00定休日:日曜・祝日→公式サイトはこちら!
  • スタイリストが「ついつい選んじゃう」頼れる小物大賞☆きれい色やきれいめムードが流行した2018年。そんなトレンド服にスタイリストたちが合わせていたのは、どの小物だった? 靴、バッグ、時計にアクセサリー……おしゃれプロがリアルに頼りにしていたアイテム、大公開! 『ダイアナ』カラーパンプス どこかレディで、シンプルなのに色がある。誌面でもそんなコーデが多く見られた今年。『ダイアナ』のヒール靴が人気だった決め手は、足もとを女っぽく見せてくれる絶妙ヒールと、豊富なカラーバリエ♡ (左から)『MORE9月号』(P54)撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) 『MORE8月号』(P55)撮影/峠 雄三 『MORE9月号』(P44)撮影/戸松 愛「シルエットがとにかくきれい。はくだけで洗練されたコーデに仕上がるので、必ず何色も借りています。私たちの強い味方です!」by スタイリスト・石上美津江さん [モデル]靴¥14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) Gジャン¥13000/スローブ イエナ 自由が丘店(スローブ イエナ) Tシャツ¥8100/デミルクス ビームス 新宿(エイトン) パンツ¥39000/シップス 有楽町店(アンスクリア) バッグ¥18800/ショールーム セッション(ヤーキ) メガネ¥42000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン7285) イヤリング¥4000/アーバンリサーチ神南店(アーバンリサーチ)  [靴・右から](ピンク)¥14500・(パープル)¥13500・(レッド)¥13500・(イエロー)¥15500・(グリーン)¥15500・(スクエアトウ・レッド)¥13000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 『リーガル』ローファー トラッドなムードが回帰した2018年。フラット靴部門では、スニーカーやバレエシューズを差し置いて、ローファーが登場率No.1に! なかでも、スカートやパンツ、どのボトムと合わせてもサマになる『リーガル』の圧倒的な安心感は、さすがのひと言。スリムで品のあるボディが、足もとにまでスマートさと女っぽさを宿してくれる。 (左から)『MORE10月号』(P42)撮影/金谷章平 『MORE10月号』(P112)撮影/来家祐介(aosora) 『MORE4月号』(P48)撮影/峠 雄三「どんな時代でもブレない上品さと、最近のトラッド服にも似合う計算されたデザイン。どちらも兼ね備えた陰の大黒柱的な存在です。」by スタイリスト・石田 綾さん [靴](右)¥34000・(左)¥23000/リーガルコーポレーション(リーガル) 『ヴァジック』レザーバッグ どの形を選んでも、ミニマムな今っぽさときれいめコーデにも映えるきちんと感が手に入る。アイテム中、誌面登場率&スタイリスト支持率No.1だったのは写真右の「BOND LEATHER」。 (左から)『MORE8月号』(P84)撮影/山本雄生 『MORE10月号』(P82)撮影/清水健吾 『MORE10月号』(P97)撮影/田形千紘「カジュアルスタイルに合わせれば途端にトレンド感が出て、きれいめスタイルに合わせればたちまちこなれる。毎回借りています!」by 大平典子さん 「バッグひとつでコーデが見違える」を叶えてくれる。ハイセンスなデザインのバッグが揃う、今いちばん知っておきたいブランド。」by 辻村真理さん バッグ(パープル)¥40000・(イエロー)¥36000/TOMORROWLAND(ヴァジック) バッグ(ブルー)¥36000・(オレンジ)¥36000・(ベージュ)¥40000/コード(ヴァジック) ニット¥23000/スローン オールインワン¥14000/ココ ディール 靴¥29000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) ピアス¥32000/シップス 有楽町店(ディーン ダビッドソン) スカーフ¥16000/フラッパーズ(マニプリ) 時計¥100000/セイコーウオッチ(セイコー プレザージュ) リング¥11000/デミルクス ビームス 新宿(フリュイジョリ) 靴下¥1600/ブロンドール 新丸の内ビル店(17℃) 『スローン』大判スカーフ シンプルなニットに、タートルネック感覚で大人柄のスカーフを合わせるのが今年流。信頼できるニットブランドだからこそ、“絶対に失敗しない”、使える一枚が見つかるはず。三角形になるように半分に折り、自分の好みの太さにたたんだら首に巻くだけ! (右)〈90×90〉¥30000・(左)〈68×68〉¥16000/スローン「柄が細かすぎないので、首に巻いた時もバッグにつけた時も“いい面”が絶対に出てくる。テクニックがなくても、ささっと結ぶだけでオシャレに仕上げられます。」by 辻村真理さん スカーフ〈68×68〉¥16000・ニット¥24000/スローン イヤリング¥5500/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) 『ロゼモン』レザー腕時計 高級感あるレザーの質感を手首にまとえば、シンプル服でも途端に“わかってる人”に。 (ネイビー)¥24000・(ブラウン)¥21000/ピークス(ロゼモン) 「秋冬のモノトーンや重たい色味のお洋服に、華やかさと知的さをプラスしてくれます。縦長フェイスのおかげで堅い印象にならず、トラッドなムードの今季にぴったり!」by 石上美津江さん 時計(ブラック)¥24000/ピークス(ロゼモン) ワンピース¥58000/ボウルズ(ハイク) シャツ¥17000/アナディス(ルクスルフト) バッグ¥19000/デミルクス ビームス 新宿(ジャンニ ノターロ) イヤリング¥3500/LIFE's 代官山店(TODAYFUL) ブレスレット¥8300/リフラティ シップス ルミネ横浜店(パール インターナショナル) リング¥22000/ロードス(ザ ボーイスカウツ)  『アイヴァン 7285』メタルフレーム 今季もたくさん着たい、ボリューム感のあるニットやきれい色なトップスを邪魔しない、クラシカルで上品な細いフレームが今ドキ。この秋冬はメガネに挑戦したい! というメガネ初心者さんにもオススメ。 (上)¥36000・(下)¥36000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)「どんな顔の形にも驚くほど合う、完璧すぎるシルエット。きれい色の服やトレンドメイクなど、目立たせたいところをうまく引き立ててくれて、なおかつしゃれてるんです。」by 松村純子さん メガネ¥47000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤリング¥19000/ココシュニック マフラー¥18000/TOMORROWLAND(バルミュール) リング¥25000/デミルクス ビームス 新宿(フリュイジョリ)  『パール インターナショナル』華奢パールネックレス 「普段使いできるパールを持ってる」って、なんだか一歩グッドガールに近づいた気分。 (右)¥17500/リフラティ シップス ルミネ横浜店(パール インターナショナル) (左)¥13800/シップス 渋谷店(パール インターナショナル) 「超小粒でカジュアルに楽しめる、新しいパールネックレス。衿もとがあいた服に合わせれば可憐に、タートルネックに重ねればこなれて見える、万能ネックレスです♡」by 石田 綾さん [モデル]ネックレス¥13800/リフラティ シップス ルミネ横浜店(パール インターナショナル) シャツ¥26000(ジャン_ヌレ)・ニット¥20000(アール ジュビリー)/ショールーム セッション  ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/嶌原佑矢(モデル) 坂田幸一(製品) 細谷悠美(製品) ヘア&メイク/加勢 翼 モデル/飯豊まりえ スタイリスト/石田 綾 ●本文中〈 〉内の数字はスカーフのサイズ〈縦×横〉で、単位は㎝です
  • 年を重ねるほどに、ジュエリーへの愛情や必要性が増してきたアラフィー世代。毎日の着こなしをたちまちエレガントに洗練して見せてくれる、とっておきの“大人が頼れるジュエリー”をご紹介。お気に入りのニットに物足りなさを感じるときは、ブシュロンの色石で、手もとに色とツヤめきを加えてみては?“お気に入りのニットに袖を通す。でも、それだけではもの足りなく感じる…。色石のつやめきが必要?”手もとに色とツヤをプラス。途端に華ありスタイルに さし色になる色石を組み合わせ、手もとでミックスカラーを楽しむスタイル。メゾンのアイコンでもあるヘビをモチーフにした、繊細かつ大胆な「セルパンボエム」の存在感で、カジュアルなざっくりニットをクラスアップ。 ニット¥29,000/スローン パンツ¥24,000/アングローバル(イレーヴ)リング〈中指〉「セルパンボエム」(ラピスラズリ×YG)¥860,000・〈人さし指 下〉同(ラピスラズリ×YG)¥206,000・〈上〉同(マラカイ ト×YG)¥206,000・バングル「キャトル グログラン」(YG)¥499,000/ブシュロン カスタマーサービス(ブシュロン)撮影/長山一樹(S-14 ) 西原秀岳(TENT) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ LIZA 取材・文/東原妙子 ※エクラ2019年1月号掲載  ※略号は以下のとおり。SV=シルバー、YG=イエローゴールド、PT=プラチナ、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド、D=ダイヤモンド。 
  • ざっくりニットの脱・ほっこりを叶えるには辛口要素をプラスして 秋冬の定番ざっくりニット。 その中でもケーブル編みニットはベーシックなアイテムなので、クローゼットに1枚はある、または1枚は欲しいと思っている方も多いのではないでしょうか? 私も白、グレー、キャメルなど数枚持っています。 今回はキャメルのざっくりケーブルニットにデニムを合わせたカジュアルコーデ。 ラフな雰囲気が気分の日♪デニムというとブルーが定番カラーですが、このグレーのようなシルバーのようなカラーのデニムが大人カジュアルコーデのお助けアイテムなんです。 ホワイトデニムの爽やかさとブラックデニムのシャープさのいいとこどりなところが魅力! トップスがほっこりしがちな分、きりっとした印象に見せてくれます。 さらにバッグとブーツにブラックを入れることで、一気に引き締まって見える気がします。 ニットは後ろの丈が長めのデザイン。 デニムはハイライズで、ピタピタすぎない程よいゆとりでリラックス感のあるシルエットです。 個人的には丈感も重要ポイント。 ブーツとの隙間に脚が少し見えるぐらいがバランス良いと思います。 ボリュームニットでもネックラインはすっきり見えしますアウターはニットガウン!ニットONニットアウターは肌馴染みのいいベージュカラーのニットガウン。 コーデの邪魔をせず、女性らしさを引き立ててくれます。 knit MERCURYDUO denim upper hights knit gown COCA boots NUOVO bag Salon de Balcony今年は暖冬でニットアウターの出番が増えました。 そろそろ本来の寒さになりそうですね。 では今日はこの辺で! ★MERCURYDUO★upper hights★COCA美女組No.161 愛のブログ
  • 極寒な冬デートはコーデのお悩みもたくさん。男子への取材から判明した、ウケ抜群の防寒おしゃコーデで解決! カジュアル派  触り心地のいい愛らしいボアで可愛くカジュアルに防寒 モコモコのボアで視覚的にも暖かさを。ミトンタイプの手袋は、幼く見えないシックな色合いを選んで。  フェミニン派  雪の妖精的、クリスマス配色が彼のハートを撃ち抜く♡ ふわふわな白ファーは、「思わず抱きしめたくなっちゃう」そう。インナーとタイツはしっかり防寒ものを。 - 男女のリアルコメント♡-「赤と白なんて可愛すぎる。あったかそうなコートを着て、肩に雪積もってたら可愛い!」(K.Sさん・大学2年生) 「手がつなげなくなるからデートに手袋は迷うけれど、雪の降る日はつけていっちゃうかな」(non-noカワイイ選抜No.37 (中谷彩伽さん) 首元からチラリを防ぐ深Uネック! チュチュヒート¥980/チュチュアンナ 前後とも深めにあいたUネックなら、ニットの首元から見えちゃう心配もなし。 (カジュアル)ブルゾン¥16000/MILKFED. 新宿 ニット¥9250/BANNER BARRETT ベルトつきデニムワイドパンツ¥4343/fifth 手袋¥1900/渋谷ロフト バッグ¥25000/サマンサタバサプチチョイス ルミネエスト店 ソックス(3足で)¥1000/チュチュアンナ スニーカー¥12000/アトモス ピンク原宿 (フェミニン)ファーコート¥19000/Noela ニット¥6990/FLOVE ベルトつきスカート¥2900/エムズエキサイト 手袋¥1900/渋谷ロフト バッグ(財布つき)¥19500/サマンサタバサプチチョイス ルミネエスト店 タイツ¥1200/Tabio(靴下屋) ブーツ¥21000/カルネ(ダニエラ&ジェマ) モデル/高田里穂 馬場ふみか 撮影/柿沼琉(TRON・モデル) 富田恵(物) ヘア&メイク/KITA(Nord) スタイリスト/前田涼子 構成・原文/道端舞子 web構成/篠有紀 web編成/レ・キャトル 撮影協力/シチズンプラザ アイススケートリンク デックス東京ビーチ
  • パープル、グリーン、マスタードにオレンジ……旬のきれい色同士をミックスしたもん勝ち! 1枚で決まる柄アイテムも味方につけて♪ヴィンテージ感のあるミックスツイード レディ度満点のハイネックブラウス×ミックスツイードのミニスカ。ロングブーツですらりとバランスよく見せて。 ブラウス¥8800/リリー ブラウン スカート¥9800/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) イヤリング¥5000/アビステ ブルーチェーンバッグ¥4900/キャセリーニ ブーツ¥40000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)パープル&グリーンは大人っぽくて華やか ストライプのプリーツスカートときかせたブラック小物でシャープな印象に。 ニット¥18000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) スカート¥9800/RD ルージュ ディアマン イヤリング¥1800/お世話や(Osewaya) バッグ(スカーフつき)¥7900/キャセリーニ 靴¥6389/ダブルエー(オリエンタルトラフィック)マルチボーダー×ミニのツィギースタイル ニーハイブーツを合わせて、アイコニックなモデルのスタイルを、今っぽくアップデート! ニット¥2500/merlot ミニスカート¥7990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 キャスケット¥6600/override明治通り店 バッグ¥30000/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) ロングブーツ¥10900/RANDAチェックが主役の秋色コーデにターコイズを差して 秋色が"ほっこり"じゃなくてスタイリッシュに見えるのは、チェックとバッグに反対色を使っているから。 ニット¥2990/アース ミュージック&エコロジー 東京ソラマチ(アース ミュージック&エコロジー ナチュラルレーベル) スカート¥6500/dazzlin イヤリング¥6750/アビステ スカーフつきバッグ¥7900/キャセリーニ ▼ 関連記事もチェック!モデル/鈴木友菜 西野七瀬 撮影/東京祐(tokyojork) ヘア&メイク/北原果 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/久保田梓美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • リラックスムードとぬくもりがあふれるラスティックホワイトのドレスには、どこか愛らしいマイルドなヘア&メイクがピッタリ。ヘア&メイクアップアーティストのGeorgeさんが、少しだけ甘さを引き算し、大人っぽく仕上げるコツを教えます。主張しすぎない色使いがおしゃれ! 愛されナチュラルなブライズメイク【Make-up】「ビタースイートな溶け込みメイクが正解」 目指したいのは自然光やグリーンに溶け込む、ナチュラルなメイク。肌のつやめきや内側から上気するような血色感で幸福感を演出しつつもどこかビターに仕上げて"ほっこり”を回避。ドレス(レンタル)¥450000/リブラブラフ(ロマナケベッザ) ヘッドドレス¥4900/サンポークリエイト(アネモネ) イヤリング(レンタル)¥10000/ジュノ 天神本店(マリア エレナ)【Base&Cheek】太陽の下で品よく発光する軽やかなつや肌 1. つや感と血色感をシアーにレイヤード。ベースメイクの仕上げにきめ細かなフェイスパウダーを全体にふわっと。 2. チークを頰の内側からこめかみまで幅広めに薄くまとう。 3. 目の下の部分にハイライトをそっと重ねて立体感とつやめきを演出。【Base&Cheek】使ったのはこれ 1 ほんのり色づいて、きめ細かなシルクのベールをまとったような肌に。シルクフィット フェイスパウダー 02 ¥5000/RMK Division【Base&Cheek】使ったのはこれ 2 シアーなつやめきを放つローズピンク。ブラッシュクチュール 9 ¥6000/イヴ・サンローラン・ボーテ【Base&Cheek】使ったのはこれ 3 ぬれたようなつや感で魅せるハイライト。まるで発光しているかのような質感を演出。セザンヌ パールグロウハイト 01 ¥600/セザンヌ化粧品【Eye】アースカラーでビターな溶け込みグラデを 目じりをくの字に締めてビターなムードを浮かべて。上まぶたの二重幅に右から2番目のカーキを広げる。黒目の上に左から2番目のグリーンをなじませ、いちばん左のブラウンで目じりを小さくの字に囲む。【Eye】使ったのはこれ カーキやブラウンなどアースカラーをセットしたパレット。ガーデンパーティのグリーンに調和してくれる。ザ ベーシック4アイズ 02 ¥5000/RMK Division【Lip】コケティッシュななじみピンクで大人可愛く ナチュラルなピンクをリップクリームを塗る要領で唇全体に塗るくらいのこなれ感が、エフォートレスなドレスにピッタリ。輪郭からはみ出した部分を綿棒でぬぐって花嫁にマストな清潔感も死守して。【Lip】使ったのはこれ どこまでもパウダリーで軽やかなマットテクスチャーのリップ。クリーミーなサーモンピンクは晴れの日にふさわしいハピフルなカラー。パウダー キス リップスティック マンダリンオー ¥3000/M・A・C撮影/熊木 優〈io〉(人)、小川 剛〈近藤スタジオ〉(物) ヘア&メイク/George スタイリスト/辻村真理 モデル/野崎萌香 取材・原文/石橋里奈 ※BAILA2018年12月号別冊付録『婚バイラ』掲載
  • 「atelier painkiller」のセットアップを着込んでショー会場に参上! “ワイルド”テーマに合わせてプレゼントの花もほぼ草 マスイユウの2019年春夏シーズンがまもなく終了する。皆様はパリに始まり、東京で終わりだと思いますが、新興国もカバーしているのでトビリシ(近日公開)や台湾のトレードショーと地方巡業は続く。この12月に初の『台北・ファッション・ウィーク』が開催され、ファッションウィークのない月はない、という感じだ。 実はそんな'19年春夏ファッション月間のスタートを切ったのがバンコクだった(とはいえ、タイは“See Now Buy Now”なのでシーズン的には'18年秋冬なのだが)。基本的にコマーシャルなのだが、これが可愛いうえに面白い。本日はタイのコレクションブランドをご紹介します! タイには3月頭に1つ、8月末に1つ違うオーガナイザーによるファッションウィークがある。今回は“V●●●E(競合誌の名前だしたら怒られそう)Fashion Week Bangkok”についてです! セレブ御用達ブランドが10周年! お盆前に数日バンコクを訪れることになった。実は友人のブランド「Asava」が10周年の記念ショーを開催するという。Polpat Asavapraph(ポンパット・アッサワプラパー)は名実ともにタイで最も影響力のあるデザイナー。多くのセレブのレッドカーペットドレスを手掛けるほか、タイで異常なまでの人気を誇るミスユニバースのファイナルガウンを担当。実はただいまテレビのメンズモデル発掘番組『the facemen tahiland』にも出演中で、誰もが彼を知っている。ちなみにセカンドラインの「ASV」は8月末のファッションウィークに参加。  ASAVA特注のオーガンザケープで出席。(中)実は日本人とのハーフ。デザイナーのPolpat。(右)競合誌の編集長、Duong タイのキム・カーダシアンって!? フィナーレは“ヴァタニカ”マンションから浮気男が裸で追い出されるシナリオもう1人テレビで人気を博しているデザイナーがいる。それは「Vtanika」。最近「This is me Vatanika」と言うリアリティTVで、タイのキム・カーダシアン的存在になりつつある。コレクションは基本お色気系なのだが、毎回面白い演出で魅せる。ドラマ仕立ての冒頭シーンは(多少過激な演出もあるので?)自己責任で、こちらから映像 もどうぞ! 最後は“ヴァタニカ”マネーの桜吹雪の中、デザイナーが登場 タイのイケメンセレブが集まるショー フロントローにタイのイケメンたちが並ぶ、メンズの「Atelier Painkiller」。ちょっとしたオシャレ一家で、デザインを担当するのは妹のSiriorn、兄のMoは以前紹介した「Greyhound Cafe」や現地ブランドのブティックのインテリアを手掛ける建築家。もう1人の兄Oはイラストレーターで、日本でもお馴染み「Sretsis」のプリントも描き下ろす。女子でも着られそうなアイテムもあるので要チェック。ちなみにSiriornはマスイのストリート“フード”ファイター友で、よく地方旅に同行してくれている。 そのほかにも気になるブランドがランウェイに登場! どれも要チェック。お見逃しなく! タイのマックィーン?強烈ショーでフィナーレ! View this post on Instagram ☆Dramatic ending of #EFWAW18 by @prapakas !!! Yu’d like to congrats to hardworking @ellethailandofficial & @superzona! #LOVE ‍♀️ ‍♂️ ‍♀️ ‍♂️ ‍♀️ ‍♂️ ‍♀️ ‍♂️ ‍♀️ ‍♂️ ‍♀️ ‍♂️ ‍♀️ ‍♂️ ‍♀️ ‍♂️ #hook #SeeYouAtTheTent Yu Masuiさん(@yumasui)がシェアした投稿 - 2018年 9月月3日午前5時16分PDT そんなファッションウィークを締めくくったのは現地の鬼才「hook」だった。ま~どの国へ行ってもこの手のドラマチックなデザイナーは1人はいるもの。 マスイびっくり㊙︎報告 気になる新人、Shone Puipiaって? コマーシャルな印象の強いタイのファッションにクリエイティブなニューカマーが登場!「Shone Puipia」はアントワープのロイヤル・アカデミー・オブ・アートを卒業、デビューコレクションではシルクのヘリテージブランド「Jim Thompson」とコラボしている。また、学生時代の友人とジェンダーレス靴ブランド「adult」もスタート、なんとサイズ展開はeu36~46! ▲Shone Puipia ▲adult 「Orkley」のサングラスを使った「landmee」のパンチの効いたスタイリング。ロンドンをベースにするスタイリストのケイティちゃんによるものパリで建築とファッションを勉強したデザイナーデュオ「Vinn Patararin」。レーザーカットがシグネチャで、モダンなガーメントに装飾性をプラス「Kloset」は“kawaii”系の代表的なブランドの1つ。実はタイの人はフリルやフローラルなどの女子力高いデザインが好み!
関連キーワード

RECOMMEND