亜希が着たいのはこれ!年齢を重ねた今、大人こそ楽しい「エコファー」 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.スモーキーなピンクなら大人の雰囲気のまま着こなせる
「年齢とともにピンクがかわいいと思えるように。思わず抱きしめたくなるふわもこの風合いと、甘さのないスモーキーな色みのミックス感にぐっと惹かれました」。色を合わせたニットに、白のウールスカートを。リップとリングのピンクも効かせて。

ジャケット(ストールつき)¥39,000/フラッパーズ(スムーク) ニット¥22,000(ルトロワ)・スカート¥27,000(エーケーワン)・リング¥9,800(フリュイジョリ)/以上ビームス ハウス 丸の内
2.色もデザインも私好み。はおるように自由に装います
「タートルネックもストールも合わせられるノーカラーのコートは、首もとのおしゃれフェチの私にはポイント高め(笑)。この風合いをガウンのようにはおるくらいの感覚でさらっと着る、そんな自由さも好き。ワンピースを合わせたのも私の中のツボ。予想以上に暖かくて、インナーを軽くできるのは、寒い冬にはリッチですよね」。

コート¥47,000/カーサフライン表参道本店(カーサフライン) ワンピース¥120,000/ビオトープ(ノーウォス) ハット¥55,000/RHC ロンハーマン(ジャネッサ レオーネ)
3.一点投入するだけで心躍る変化球フーディを発見!
亜希さんの最愛なるアイテム、フードつきストールも登場! 「アラフィー、これ大丈夫〜?と思いつつも、この愛らしさがたまらない! 若い子よりも、むしろ大人が取り入れるからいいって思いません?(笑) 楽しいと思えるのがいいんです」。
ノルディックセーターの柄と色を合わせて、冬のおしゃれのポイントに。

ファーフード¥19,000/RHC ロンハーマン(オーフ) ニット¥35,000/エイチ ビューティ&ユース(チャムラ) メガネ¥34,000/アイヴァン PR(アイヴァン)
4.ノーブルなネイビーはカジュアルな抜け感を加えて
「初めて見たときから、インナーはロゴTと決めていました(笑)。首もとのブラウンをさし色に」。

コート¥49,000/フラッパーズ(スムーク) Tシャツ¥3,000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス®) パンツ¥32,000/ティッカ(ティッカ) スカーフ 各¥6,800/プリファー シップス ニュウマン新宿店(パオロ アルビザッティ) ネックレス¥18,000/ビームス ハウス 丸の内(イリスフォーセブン) 靴¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
5.チェック柄と赤い靴で、上品なブルゾンの鮮度をアップ
「上品なベージュでオールマイティなブルゾンタイプは、地味にならないように、クラシカルなチェック柄スカートとツヤ素材のブラウスでイメージチェンジ。足もとに赤を加えて元気に仕上げました」。

ブルゾン¥32,000/エストネーション(エストネーション) ブラウス¥8,900/ゲストリスト(ステートオブマインド) スカート¥57,000/アマン(マルゴー ロンバーグ) リング¥135,000/ステディ スタディ(トムウッド) 靴¥11,000/アダム エ ロペ(アダム エ ロペ)
eclat12月号掲載 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) ヘア/hanjee(SIGNO) メイク/早坂香須子(W) モデル・スタイリング/亜希 スタイリング協力/土田麻美 取材・文/松井陽子 撮影協力/アワビーズ
関連記事
  • 大人のおしゃれさを高めてくれる「グレージュ」。実際におしゃれプロたちはどんなグレージュアイテムを買って、どのように着こなしているのか? グレージュが得意なブランドスタッフと、スタイリスト&エディターたちがいち早く購入したアイテムとは?1.「アパルトモン」のミンクブルゾン アパルトモンPR 西川知子さん短めの袖口にはリブを、すそにはドローコードをあしらって絞れるように。またフロントはファスナー仕様でラフなムードを演出。「ブラウンとは違うグレージュの色みが上品かつ抜群におしゃれ。ミンク特有のグラデーションと相まって着るだけで雰囲気のあるスタイルに仕上がります。ラグジュアリーなミンクをブルゾンのように軽やかに。スタッフ所有率の高いアイテムです」(西川さん)。ブルゾン¥480,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン)2.「ADORE」のノーカラーコート ADORE PR 秋山直子さん定番素材であるリバー仕立てのノーカラーコートは、デニムと合わせてもきれいめな着こなしをキープ。高級感あふれるエレガントなグレージュもADOREならでは。「すっきりとしたシンプルなデザインだからこそ、美しいグレージュカラーと上質な素材感を存分に堪能できます。私はグラデーションでスタイリングするのが好きなので、ブラウンのニットを合わせて着たいです」(秋山さん)。コート¥89,000/ADORE3.「コキュカ」のニットポンチョ THE STORE by C’ PR 橘 美帆さんシャツの上にプルオーバーとしてかぶるのはもちろん、袖にボリュームのあるローゲージニットのアウターとして、またコートの上からストール感覚でプラスするのもいい。「カシミヤ100%のしなやかな手ざわりとアシンメトリーなフォルムで、さらりとかぶるだけでこなれ感がアップ。この便利さは一度体感すると手放せません。長い期間着用できます」(橘さん)。ポンチョ¥36,000/ザ ストア バイシー代官山店(コキュカ)他の画像を見るeclat1月号掲載 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/田澤美香 取材・文/坪田あさみ
  • キャッチーな見た目になめらかな手ざわり、高見えする質感など、ここ数年でエコファーのクォリティがぐんと上昇し、取り入れどきはまさに今!  大人がエコファーを着こなすポイントは、ズバリ"カジュアル仕上げ”。遊び心を感じさせる着こなしに、大人女性の余裕をにじませて。大人は「エコファー」をカジュアルに着る!ラフに羽織ったブラウンファーが、ドラマチックに盛り上げる シンプルなカットソー×コーデュロイパンツの仕上げに、襟つきのファーアウターを投入。エレガントでもコンサバでもなくカジュアルに取り入れることで、エコファーの気軽さが大人の遊び心やしゃれ感につながり、着こなしが洗練。アウター¥25000/バロックジャパンリミテッド(リムアーク) カットソー¥19000/ロンハーマン(RH ヴィンテージ) パンツ¥36000/デミルクス ビームス 新宿(アンスクリア) スカーフ¥25000(参考価格)/アマン(アルテア) バッグ¥134000/ジミーチュウ 靴¥78000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)きれい色だって意外に簡単! "冬地味”から一気に脱却 毛足が長すぎず、かつノーカラーのスッキリとしたデザインなら、きれい色も浮かずに品よくなじむ。ファーの袖口からのぞかせたカーディガンやスニーカーでポイントに白をきかせれば、冬でも明るく華やか。アウター¥29000/アルアバイル カーディガン¥23000・パンツ¥31000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) メガネ¥33000/アイヴァン PR(アイヴァン) バッグ¥39000/ロンハーマン(ステート オブ エスケープ) 靴¥60000/ジミー チュウスポーティに女っぽさをしのばせ足どり軽やかにオフを満喫! ゆるっと着られるボリューム感ながら、袖や裾はきゅっとタイト。そのメリハリや、赤みがかったブラウンの色みなど、さりげなく女っぽさを感じさせるディテールをちりばめて。フーディとのレイヤードも今年らしい。アウター¥58000/ガリャルダガランテ 表参道店(ティビ) パーカ¥30000/ボウルズ(ハイク) パンツ¥96000/イーストランド(ヴィクトリア ヴィクトリア・ベッカム) バッグ¥110000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥74000/ジミー チュウ横顔まで可愛げたっぷり。いつもの休日に特別感を 黒のオールインワンにコンバース。着慣れた心地よさに、ファーアウターが新鮮な刺激をくれる。ミルクティーのようなやわらかいベージュで雰囲気までやさしげに。顔が埋もれるほどのボリュームフードは、可愛げ増し&小顔効果も! 長め丈ならではの存在感で手持ちアイテムが新鮮に見違えるうえ、暖かさも満足。アウター¥49000/RHC ロンハーマン(RHC) オールインワン¥11000/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店(ミラ オーウェン) バッグ¥56000/クロエ カスタマーリレーションズ(シーバイクロエ)上品な甘さをくれる白を、チャーミングにきかせて ふわふわで柔らかな手ざわりは、値段を知って驚くほど。シンプルなノーカラーにニュアンスのある白が上品さを添え、顔映えまでかなえてくれる。休日デニムスタイルとの合わせはもちろん、ゆる華通勤にも活躍。アウター¥15000/プラステ ニット¥17000/ロンハーマン(ロンハーマン) デニム¥19000/ゲストリスト(レッドカード) スカーフ¥7800/エリオポール代官山(マニプリ) バッグ¥164000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴下¥700/タビオ(靴下屋) 靴¥85000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)余裕と可愛げ。欲しいイメージを形と色で欲張りに実現 シャープなロングシルエットで、愛らしいラベンダーがぐっと大人っぽく。マキシワンピースとの組み合わせで一層高感度に。アウター¥34000/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) ワンピース¥37000/スタイリング/ 新宿ルミネ1店(ケイ シラハタ) チェーンネックレス¥14000・プレートネックレス¥25000/ショールーム セッション(マリア ブラック) リング¥30000/トゥモローランド(オール ブルース) バッグ¥132000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥145000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)撮影/土屋文護〈TRON〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/ヨンア 撮影協力/tokyobike、PROPS NOW ※BAIILA2019年1月号掲載
  • 毎日の着こなしをたちまちエレガントに洗練して見せてくれる、そんな大人が頼れるジュエリーの楽しみ方をトレンドに沿ってご紹介。かしこまりすぎないデザイン性の高いパールなら、アラフィーに必要な品のよい輝きを洒脱に足せる。大人のパールは、信頼のブランドから選んで。1.TASAKI老舗でありながら、NYの新鋭デザイナーを起用し、次々と斬新なパールを誕生させているタサキ。なかでも人気は、パールを直線的に並べた「balance」シリーズ。ラインに長さをもたせたピアスは、王道のひと粒パールでは出せないクリーン&モダンなニュアンスで顔まわりを彩り、着こなしをブラッシュアップ。ピアス「バランス アイコニック」(あこや真珠×YG)¥660,000・リング「バランス ネオ」(あこや真珠×YG)¥150,000/TASAKI ワンピース¥38,000/サードマガジン2.Hirotakaパール美を辛口に仕上げるため、試行錯誤してたどりついたアートピース風のこなれリング。日本のアコヤパール、大粒な南洋パール、タヒチでとれるブラックパール、それぞれが魅力的。リング〈人さし指〉(南洋パール×YG×D)¥68,000・〈中指〉(タヒチアンパール×YG×D)¥83,000・〈薬指〉(アコヤパール×YG×D)¥68,000/ヒロタカ 表参道ヒルズ(ヒロタカ) シャツ¥39,000/アマン(アンスクリア)3.Bon Magique上質な天然石を使い、日本人デザイナーらしいデリケートな感性で一点一点ハンドメイドで仕上げられるジュエリー。ブランドの代表的な素材であるパールも、少しいびつで色調もさまざま。それゆえに個性豊かで、かしこまったパールのイメージを覆す新鮮さが、大人に洗練された輝きをプラスしてくれる。ピアス(南洋バロックパール×YG)¥98,000・ネックレス(南洋バロックパール×PT)¥550,000/ボン マジック他の画像を見る大人が頼れるジュエリー 記事一覧eclat1月号掲載 撮影/長山一樹(S-14/モデル) 西原秀岳(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/LIZA 取材・文/東原妙子  ※略号は以下のとおり。SV=シルバー、YG=イエローゴールド、PT=プラチナ、PG=ピンクゴールド、WG=ホワイトゴールド、D=ダイヤモンド。
  • グレージュを使った素敵なコーディネートがエクラ誌面でも評判のスタイリスト・森慶子さんがこの冬提案するのは、グレージュを広い面積で大胆に取り入れた"メイン使い"。「さりげない存在感があり、おしゃれさを高める優秀さはとても重宝します」という森さんが、グレージュの魅力と注目アイテムをレコメンド。1.旬の柄もグレージュの ワントーンで大人顔に「グレージュのワントーンに変化をつけるなら柄アイテムがおすすめ。今シーズンならグレーやブラウンをベースにしたトラッドなチェック柄。柄の中にグレージュと相性のいい色が入っているので、色合わせに悩まずにコーディネートが決まります」(森さん)。ニット¥29,000・スヌード¥8,000/スローン パンツ¥68,000/ヨシエ イナバ ピアス¥22,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス)バッグ¥158,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター)靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)2.モードなトレンドアイテムも グレージュなら挑戦しやすい「ファーやスエードなど素材感のあるものとグレージュの組み合わせが好み。ワイドパンツやロングスカートと合わせて履きたいです。足もとに抜け感を演出してくれます」(森さん)。サンダル¥19,000/アパルトモン 青山店(カミナンド)3.形は定番、色で今季らしく アップデートしたハイク「この冬、一番欲しいと思ったコートがこれ。フェルトっぽいスエードの素材感と濃いめのグレージュにときめきました。素材や色で今の気分に更新するところに、ハイクらしさを感じます」(森さん)。コート¥75,000/ボウルズ(ハイク)他の画像を見る「グレージュ」を選ぶ理由 記事一覧eclat1月号掲載 撮影/酒井貴生(aosora/モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/Show Fujimoto(TRON) メイク/小森由貴 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/ゆうき 取材・文/向井真樹
  • 糖質を控えている人が多い昨今。実は糖質コントール中でも、食事を十分楽しめる! 糖質とは、炭水化物から食物繊維を除いたもの。タンパク質、脂質、食物繊維はOKなので、使える食材は意外に豊富。ローカーボ(低糖質)とはいえ、味も量もボリューム感があって、彩り豊かでおいしい! そんなおしゃれメニューを料理研究家・サルボ恭子さんに習った。料理研究家・サルボ恭子さん フレンチをベースにしたセンスのいい料理で人気の料理家。近著『夜9時からの 飲める ちょいメシ』『いちばんやさしいシンプルフレンチ』も好評。1.マグロとタコ、オリーブのタルタル風タコとオリーブでにぎやかな食感に。練りごまであえてコクをプラス。脂身の少ないマグロの赤身を使用。オイルを使わないかわりにごまやオリーブでコクを!【材料(4人分)】 マグロ(赤身)のサク 80g ゆでダコ 20g 黒オリーブ 10g しょうが(すりおろし) 1片分 練りごま(白) 小さじ1 塩 小さじ約1/3 チコリ 8枚 【作り方】 ❶マグロは5㎜角に切る。ゆでダコ、黒オリーブはみじん切りにする。 ❷ボウルに①とチコリ以外の材料を入れて混ぜ合わせる。 ❸チコリの上に②をのせ、器に盛る。2.きのこの和風グリーンソースきのこは数種類合わせることで、味と香りが複雑に。ヘルシーなきのこたっぷり。グリーンソースも豆乳でさっぱりと。【材料(4人分)】 エリンギ 小2本 しいたけ 4個 舞茸 1パック グリーンソース  豆乳 3カップ  柚子こしょう 小さじ2  塩 小さじ1/2弱 【作り方】 ❶エリンギは長さを半分にして縦に5㎜幅に切る。しいたけは石突きをとって縦に4、5等分に裂く。舞茸はほかのきのこと同じ大きさに手でほぐす。 ❷鍋に豆乳と柚子こしょうを入れて泡立て器で混ぜ合わせ、弱めの中火にかける。湯気が出てきたら、泡立て器でよく混ぜ、塩と①を加える。きのこに火が入ったら味をみて、足りないようなら塩(分量外)で味をととのえて器に盛る。好みで香菜(材料外)を添えても。3.ラム肉のソテー たっぷりのブロッコリークリーム添えブロッコリークリームは豆腐を加えてヘルシー感&ボリュームをアップ! 低糖質高タンパクのラム肉。ソースも豆腐とブロッコリーを使ったヘルシーなもので。【材料(4人分)】 骨つきラム肉 8本(1本約80g) 塩 小さじ1 こしょう 適量 ローズマリー 8本 EXバージンオリーブ油 大さじ2 ブロッコリークリーム  ブロッコリー 2個(1個270g)  豆腐 1丁(300g)  にんにく(すりおろし) 1/2片分  塩 小さじ約1/2 【作り方】 ❶豆腐はザルに上げて冷蔵庫に入れてひと晩水きりする。 ❷ブロッコリーは乱切りにし、軟らかくなるまでゆでる。 ❸②の粗熱をとって①とにんにく、塩とともにフードプロセッサーに入れて撹拌する。味をみて足りないようなら塩(分量外)で味をととのえる。 ❹ラム肉に塩、こしょうをふる。フライパンにオリーブ油を入れて中火にかけ、熱くなったら肉を並べ入れる。しばらく動かさずにしっかり焼き色がつくまで焼いたらひっくり返してローズマリーを加える。焼き色がつき、肉がふっくらしてきたら、火を止めバットなどに取り出してローズマリーを肉の上にのせ、焼いた油を上からかけて5分ほどおく。 ❺器に③と④の肉を盛り合わせる。他の画像を見るテーマのあるおもてなし 記事一覧eclat1月号掲載 撮影/三木麻奈 スタイリスト/城 素穂 取材・文/北村美香
  • この秋冬にデビューした新製品の中から、課題が山積みのアラフィーの肌悩みを頼もしく解決する力と、未来の美しさを担うパワーに満ちあふれたスーパーアンチエイジングスキンケアのみを厳選してお届け。1.冴えない肌を眠っている間にリセット。 翌朝の鏡の中の自分に自信がもてる睡眠中は、日中に受けたダメージを修復する細胞の再生タイム。その再生タイムに追い風を吹かすのが、イモーテルの花がもつ、高い生命力や抗酸化力を堪能できる夜用美容液。睡眠時間が短いときでも、しっかり眠ったような肌がかなうはず。セラムとオイルを9:1のバランスで配合し、フレッシュな使い心地を実現。塗るボトックスといわれるキバナオランダセンニチのエキスも配合。イモーテル オーバーナイトリセットセラム 30㎖ ¥8,000/ロクシタンジャポン2.保湿もハリも美白ケアも。マルチにかなえる エクラ世代のための新ブランド、デビューできることなら、シンプルなステップですませたい。新ブランド"ヒカリミライ"は、化粧水と乳液の2ステップながらも、保湿、ハリ、美白と多角的にケアできるのが魅力。肩の力は抜きつつ、年齢を重ねた肌を美しく導く。(右)肌表面に上滑りすることなく、すっと浸透。バランシング ローション 160㎖(医薬部外品)¥5,500・(左) しっかり保湿しながらも、軽やか。プロテクト デイ エマルション SPF30・PA++ 40㎖(医薬部外品)¥6,300/ヒカリミライ3.忙しいエグゼクティブにすすめたい、 朝1分間の炭酸泡美容パックバタバタと忙しい朝、鏡を見れば疲れが蓄積した顔にげんなり。そんなときもあわてずあせらず、朝の準備をしながらこの炭酸泡パック。炭酸効果でみるみるめぐりがよくなり、くすみが晴れ、しぼんだ肌もふっくらつややか。頼りになる一品。洗い流さない濃密な炭酸泡美容パックで、瞬時に肌を覚醒。顔だけでなく、年齢の出やすいデコルテまでケアするのがおすすめ。ジェノマー エステパック 90g ¥8,500/ドクターシーラボ他の画像を見るeclat12月号掲載 撮影/ケビン・チャン スタイリスト/髙橋尚美 取材・文/中島 彩
  • 難しいと思っていたグレージュ。実はとても合わせやすいんですね。グレージュって今まで色としてあまり意識していなかったので、手持ちのアイテムがあった かなぁ?と考えるくらい。エクラ1月号を見ると、素敵なグレージュコーデとアイテムがたくさん。 また、グレージュという色の範囲が広くしかも合わせやすいと改めて認識。早速手持ちアイテムを探しました。今年購入したのは左上のエコファーコンバースはベージュではなく淡いグレー寄りで、ほかではあまり見ない色なので特にお気に入り☆グレージュでも青みが強いグレー寄り、特に濃い色は私の肌にはくすんでしまう色。 肌に近いベージュ寄りのグレージュを顔まわりに合わせるとパッと明るくなり顔写りが 良くなるので、中でも明るめで淡い色を選ぶようにしています。 フラのレッスン後の一枚。昨年のものですが、グレージュのフェイクムートンジャケット。 ドゥクラッセのものでしかもフェイクなのでリーズナブル。だけどとても暖かいんです。 フラダンスの半袖シャツの上に羽織っても寒くない。黒との相性がよいので、Tシャツ、 デニム、靴すべて黒にし、ポイントに赤とグレーのリバーシブルマフラーを差し色に。Photo by Kazumi Arimura♡ 別なこの日のポイントは首元なのでヘアはアップに。淡いライトグレーに近いファーですが、 毛足が長めで茶系がことろどころに入ってるので、顔に近い部分でも抵抗なく取り入れられて 品のあるまさに好きなグレージュアイテム。Luxe armoire capriceのエコファーです。 ネイビーのトップスにグレージュで明るさを足す! 私にとって新鮮な組み合わせで、グレージュの手軽で合わせやすく、かつエクラ世代に 嬉しい品の良さ。これはもっと意識すべき色になりそうです。 同期の一美ちゃんはグレージュの着こなしが特に素敵!もちろん何でも着こなしちゃうんですが、 私のイメージはグレージュ=一美!☆ブログを読んでLINEをしていたら、今銀座にいるけど 来ない?と!!!仕事が休みの日、こんな有難いお誘いを断るわけがない(笑) いつも品があってキレイ。そして相変わらず面白い一美ちゃんとお茶をしながら大爆笑。 またまた楽しい時間を過ごすことができ、いつものことながら美意識が高い一美ちゃんから 刺激をたくさんもらうことができました。嬉しいツーショット写真がまた増えた~♡華組 沢辺史ブログ
  • よく覗くお店で気になって気になって・・・手に取った物はどうやらバッグで(笑)美女組先輩のインスタやブログで目にしたことがある「TSURU by MARIKOOIKAWA」さんとのコラボ商品でした!!動物的丸っこさ(笑)華奢な紐の巾着バッグでした♡TSURU by MARIKOOIKAWAさて、大物コートの後はプチプラと言っていいかな? ここ最近の「え!思ったよりプチなプライスやん!!」と思った (エコ)ファー小物についてです。 よく覗くお店、ステュディオス。 私にはちょっと若いかなとか思いながらもついつい足が向きます。 個性的なセレクトに惹かれてしまうんです。 お店の一番高い位置にある陳列棚に、黒とグレージュのモコモコした 丸っこいものが並んでいて「あれは何?かわいい・・・。」と気になっていた物を 先日ついに手に取ってしまいました。 予想通り、鞄ではありましたが、全貌を目にしたのは初めて。 なんともかわいい、華奢な紐で絞った巾着バッグでした。 そしてマリソル美女組の先輩達が度々インスタやブログで取り上げている TSURU by MARIKOOIKAWAさんとのコラボ、ステュディオス別注商品でした。 私が思っているTSURU・・・のイメージと違って、1万円を切ったプチプラ! 定価8000円ほどだったのが意外です。 ステュディオスとの別注でエコファーだからのこのお値段♡ エコにしてもこのお値段?なかわいさです(* ´艸`)ライダースにブルゾン☆そしてやっぱり!ハードめの黒に合わせて使いたいです☆ 抜けと言うか、柔らかさプラスで。 お洋服や靴が私には女性らしさが悲しいかな似合わなくって( ノД`) でも皆さんが好きなブランドがこんな形で使えて嬉しい(笑) クラッチ使いかなー。荷物多めな私、華奢な紐を思うと巾着よりクラッチ使いかな(笑) 小脇にモコモコを抱えたいです。左は去年のアローズの物です。ファーバッグの季節ですね! 左の物は淡い色目のアウターに締め色で合わせてます。 寒くて引きこもり、縮こまってしまいそうですが(笑) 冬しかできないオシャレを楽しもうって思うと外出も楽しい♡ 余談ですが、エクラ華組の成田千恵さんがステュディオスの すごくかわいいエコファージャケットをコーディネートされてました! ブランド&エコファー使いににんまり(* ´艸`) 今年は私も晩秋辺りからエコファージャケット、活躍させてます♡ 今はインナーダウン仕込みですが(;・∀・)美女組No.142 yoccoのブログ
関連キーワード

RECOMMEND