亜希が着たいのはこれ!年齢を重ねた今、大人こそ楽しい「エコファー」 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.スモーキーなピンクなら大人の雰囲気のまま着こなせる
「年齢とともにピンクがかわいいと思えるように。思わず抱きしめたくなるふわもこの風合いと、甘さのないスモーキーな色みのミックス感にぐっと惹かれました」。色を合わせたニットに、白のウールスカートを。リップとリングのピンクも効かせて。

ジャケット(ストールつき)¥39,000/フラッパーズ(スムーク) ニット¥22,000(ルトロワ)・スカート¥27,000(エーケーワン)・リング¥9,800(フリュイジョリ)/以上ビームス ハウス 丸の内
2.色もデザインも私好み。はおるように自由に装います
「タートルネックもストールも合わせられるノーカラーのコートは、首もとのおしゃれフェチの私にはポイント高め(笑)。この風合いをガウンのようにはおるくらいの感覚でさらっと着る、そんな自由さも好き。ワンピースを合わせたのも私の中のツボ。予想以上に暖かくて、インナーを軽くできるのは、寒い冬にはリッチですよね」。

コート¥47,000/カーサフライン表参道本店(カーサフライン) ワンピース¥120,000/ビオトープ(ノーウォス) ハット¥55,000/RHC ロンハーマン(ジャネッサ レオーネ)
3.一点投入するだけで心躍る変化球フーディを発見!
亜希さんの最愛なるアイテム、フードつきストールも登場! 「アラフィー、これ大丈夫〜?と思いつつも、この愛らしさがたまらない! 若い子よりも、むしろ大人が取り入れるからいいって思いません?(笑) 楽しいと思えるのがいいんです」。
ノルディックセーターの柄と色を合わせて、冬のおしゃれのポイントに。

ファーフード¥19,000/RHC ロンハーマン(オーフ) ニット¥35,000/エイチ ビューティ&ユース(チャムラ) メガネ¥34,000/アイヴァン PR(アイヴァン)
4.ノーブルなネイビーはカジュアルな抜け感を加えて
「初めて見たときから、インナーはロゴTと決めていました(笑)。首もとのブラウンをさし色に」。

コート¥49,000/フラッパーズ(スムーク) Tシャツ¥3,000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス®) パンツ¥32,000/ティッカ(ティッカ) スカーフ 各¥6,800/プリファー シップス ニュウマン新宿店(パオロ アルビザッティ) ネックレス¥18,000/ビームス ハウス 丸の内(イリスフォーセブン) 靴¥95,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
5.チェック柄と赤い靴で、上品なブルゾンの鮮度をアップ
「上品なベージュでオールマイティなブルゾンタイプは、地味にならないように、クラシカルなチェック柄スカートとツヤ素材のブラウスでイメージチェンジ。足もとに赤を加えて元気に仕上げました」。

ブルゾン¥32,000/エストネーション(エストネーション) ブラウス¥8,900/ゲストリスト(ステートオブマインド) スカート¥57,000/アマン(マルゴー ロンバーグ) リング¥135,000/ステディ スタディ(トムウッド) 靴¥11,000/アダム エ ロペ(アダム エ ロペ)
eclat12月号掲載 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) ヘア/hanjee(SIGNO) メイク/早坂香須子(W) モデル・スタイリング/亜希 スタイリング協力/土田麻美 取材・文/松井陽子 撮影協力/アワビーズ
関連記事
  • スポーツテイストはラフになりすぎないよう「白」を選べばトライしやすい。【1】 マッキントッシュのコートモッズ風コートも白い色と前ボタンのデザインを選べばきれいめに着こなせる。オン&オフ活躍しそう。コート¥110,000/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ)   【2】ルトロワのフーディようやく大人にも定着したビッグフーディ。ボーイズ感が和らぐ白を選んで。フーディ¥27,000/八木通商(ルトロワ)   【3】ジェイエムウエストンのスニーカー誰もが一足は持っている白いスニーカーはジェイエムウエストンの上質なレザーシューズを選んで。さすがの高級感で、大人のアスレジャースタイルに最適。靴¥75,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)   【4】マディソンブルーのカットソー深いVネックの開きとフレンチスリーブで女性らしく着こなせそうなカットソー。さらっとした肌ざわりの鹿の子素材。カットソー¥21,000/マディソンブルー 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 取材・原文/伊藤真知 【Marisol6月号2019年掲載】
  • 銀座ならではのよさがある、素敵な品々。気軽に買えて自宅用にもプチギフトにもふさわしい、いいもの5選。黒田知永子さんが「懐かしくて、上質なものばかり!」と絶賛する老舗の逸品をご紹介。1.ほどよい甘さとパッケージが最高 銀座千疋屋の「フルーツサンド」あっさりめのクリームと季節のフルーツ5種のハーモニーが絶妙。限りなくケーキに近い味わいで、何度でも食べたくなる。包みがかわいいのも心憎いかぎり! 「フルーツサンド」¥1,000 ●中央区銀座5の5の1 ☎03・3572・0101 [銀座本店フルーツショップ] 10:00~20:00(日曜、祝日は11:00~18:00) ㊡年末年始2.これぞ、"ご褒美シュークリーム" 銀座ウエスト銀座本店の「シュークリーム」皮の表情からしてクラシックな、シュークリームの名作。初めて手にとる人がその重さに驚くほど、コクのあるカスタードクリームがぎっしり詰まっている。まるまるひとつ食する喜びは、無上のもの。「シュークリーム」¥380 ●[売店]中央区銀座7の3の6 ☎03・3571・1554 9:00~23:00(土・日曜、祝日は11:00~20:00) 無休3.軽やかな歯ざわりが、たまらない 銀座 松﨑煎餅 本店の「江戸あられ 夕霧」職人が丹精こめて作った生地をごく薄く削った、口当たりも繊細かつ軽やかなあられ。白醤油と醤油の2種が楽しめる。その割れやすさゆえ、店頭販売のみの商品。シンプルな缶箱もモダンで、贈り物にも好適。「江戸あられ 夕霧」¥1,000 ●中央区銀座5の6の9銀座F・Sビル ☎03・6264・6703 11:00~20:00 ㊡年末年始他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/荒木大甫 スタイリスト/池田奈加子 取材・文/山崎陽子
  • ずっと憧れだった銀座ならではの風格や洗練された美意識。エクラ世代になった今だから触れてみたい素敵なもの、価値あるものを、黒田知永子さんがご案内。1.銀座歩きの始まりは、アートなウィンドウと展覧会から 「銀座メゾンエルメス」 ’01年に完成したレンゾ・ピアノによるガラスブロックの建築は、銀座の街を明るく照らす行灯のよう。ウィンドウ・ディスプレイもアーティスティックで、夢あふれるアプローチが銀座の地によく似合う。広々とした店内は居心地もよく、「ファッションだけでなく、インテリアも見入ってしまいます」。 アートな銀座を語るうえで欠かせないアドレス。メゾンの年間テーマに合わせて、さまざまなクリエイターが手がけるウィンドウ・ディスプレイは、「街にひらかれた劇場」(※写真の展示は終了)。さらに見逃せないのが8階の「フォーラム」での展覧会だ。現在、『「うつろひ、たゆたひといとなみ」湊 茉莉展』(~6/23)を開催中。古代からの人類の営みを彷彿とさせる、大胆かつパワフルな作品は圧巻。ファサードペインティングは6/2までの公開!中央区銀座5の4の1  ☎03・3569・3300  11:00~20:00(日曜は~19:00) 不定休 ※フォーラムは閉場30分前までの入場、入場無料 トレンチコート¥150,000(ザ ハイアリン)・ワンピース¥83,000(ポステレガント)/以上ストラスブルゴ ピアス¥108,000・ブレスレット¥66,000・バッグ¥353,000・バッグに結んだスカーフ¥86,000/エルメスジャポン(エルメス) 靴¥85,000/リエート(サントーニ)2.洋の東西を問わず、骨董と新しいもののマリアージュを楽しむ 「サンモトヤマ銀座本店 アート・ライブラリー」古伊万里とオールドバカラが現代作家の漆の器や竹のカトラリーと取り合わせられる。北欧の家具とペルシャの絨毯が和の感性によって配置される。その研ぎすまされたセンスが、このアート・ライブラリーの真骨頂だ。 「ここではアフリカのお面、秋田杉の照明、デンマークの家具も同列に扱っています。日本独自の“和えて見立てる”感性によって、さまざまな国の古いものや日本の現代のプロダクトが出会い引き立てあう。ここは文化の国際結婚の場だと思っているんです」と話してくれたのは、『サンモトヤマ』の茂登山貴一郎さん。これからの時代、個人の時間をどう豊かにしていくか? お客さまからも学ばせてもらいたい。そういう思いから、「アート・ライブラリー」という名をつけたという。 「友だちに教わってここを訪れるようになったのだけど、オールドバカラの小ぶりなコップや、カメルーンの鉄の貨幣の置物など、ほかにはない好みのものばかりでいつもため息が出ます。コンディションのよさも魅力ですね」と、黒田さんもうっとり。中央区銀座6の6の1銀座凮月堂ビル4F ☎03・3573・0030 11:00~19:00(日曜、祝日は~18:00) ㊡年末年始 http://www.sunmotoyama.co.jp/ ワンピース¥63,100/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) ピアス¥78,000/ストラスブルゴ(サイモン アルカンタラ) バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)3.聞香も体験できる、銀座の香文化の発信地 「香十 銀座本店」仏教とともに祈りのお香が日本に伝わり、やがて香道として和の生活文化に。その雅やかな香りの世界を身近にしてくれるのが、リニューアルオープンしたばかりの『香十 銀座本店』。 「畏まらずカジュアルにお香を体験していただけるよう、店の奥にバーカウンタースタイルの席を用意しました。まずは香木体験コースで、季節に合った3つの香木を電子香炉で楽しんでみてください」と、広報の伴在貴弥さん。  スタッフのかたに教わりながら、香炉を持ち、手で覆ってためた香りを深呼吸するように聞く黒田さん。 「繊細な香りに気持ちを集中させると、感覚が研ぎすまされ、浄化されるような感じがしますね。家でも掃除をしたあとに、お香を焚くんですよ。部屋の空気がさっぱりするし、不思議と気持ちが落ち着くんです」と話す。  ここではスティック状のお香から、名刺入れに入れる『名私香』、ルームフレグランスなど、和の香りを日常に取り入れるためのさまざまな商品がそろう。和の空間だけでなく、現代のインテリアや洋服にも合わせてみたい。中央区銀座4の9の1 B1 ☎03・6264・2450 11:00~19:00 ㊡年末年始 https://www.koju.co.jp/ ワンピース¥138,000/オンワードグローバルファッション(ジル・サンダー ネイビー) ピアス/私物他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/荒木大甫 ヘア&メイク/徳田郁子 スタイリスト/池田奈加子 モデル/黒田知永子 取材・文/山崎陽子
  • 夏に着たくなるノースリーブは、全体のシルエットや素材感、アームホールのあき具合など大人の体型をきれいに見せることに細部までこだわったJマダムに人気のブランドなら、雰囲気出しがかなうとともにその華奢見え効果にきっと驚くはず! 体のラインを拾わない素材や柄の選び方など、参考になること間違いなし。1.オケージョンもOKな華やかさなら 「VERMEIL par iena」しっとりとした肌ざわりのとろみ素材を使用。全体にたっぷり施したドレープが動くたびにドラマチックな雰囲気を演出。グログランリボンによる付属のベルトを軽く巻くことで脚長効果も発揮。ちょっとしたドレスアップシーンでも重宝する。ワンピース(ベルトつき)¥20,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ)2.トラッドを今どきに再構築する 「Scye」きめが細かくさらりとした肌ざわりのカットソーは、肉厚感があるので体のラインを拾わず、まっすぐなシルエットでクリーンな印象に。一枚ではもちろん、レギンスに重ねた着こなしも今年らしく、白でも透けにくいからデイリーに活躍。足首が見えるロング丈は誰もが着やすい絶妙丈。ワンピース¥25,000/マスターピースショールーム(サイ)3.リュクスで女らしいたたずまいを演出する 「HYALINES」ニュアンスのあるピンクベージュが美しい、ツヤのある上質なシルクを使用したワンピースは、たっぷりのギャザーがつくり出す柔らかな表情が魅力。二の腕がすっきり見えるアームホールや、ウエストコンシャスなメリハリのあるシルエットなど、抜群の華やかさと着映え力を発揮。ワンピース¥75,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)他の画像を見る>>「雰囲気出しワンピース」の記事はこちらからeclat6月号掲載 撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京
  • 目じりが自然に上がったソフトなキャットアイ型や、名前のとおりキツネ目のような形のフォックス型は、顔全体をリフトアップして見せながら、エレガントな雰囲気もまとえる大人向きサングラス。1.プラダほどよく大きい自然なキャットアイシルエットが、気になる目まわりを隠しつつ、顔をシュッと見せる効果大。ブリッジ部分のさりげないメタル使いなど華奢さや上品さがある点も大人におすすめ。サングラス¥39,000/ミラリ ジャパン(プラダ) トップス¥15,000・スカート¥27,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) ピアス¥10,000/CPR トウキョウ(ルーカス ジャック) ブレスレット¥48,000/イー・エム表参道店(イー・エム)2.コーチグラデーションレンズのまわりにシルバーの細フレームでキャットアイを象って。目じりのフラワーモチーフがシャープな中にかわいらしさを添えて。サングラス¥20,000/ミラリ ジャパン(コーチ)3アイヴァンかけてみると、ナチュラルに目じりが上がって、顔をシャープに見せる。一見シンプルだが、テンプルの飾りなど、さりげなく小技が効いている。サングラス¥29,000/アイヴァン PR(アイヴァン)他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/黒沼 諭(aosora/モデル) 西原秀岳(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/大沼こずえ(eleven.) モデル/高橋里奈 取材・文/新田幸子
  • 「揺れるスカートもワンピースも好き」という甘め系なら、マキシ丈のボトムに似合うフラット系や、ボリュームは軽めの靴を意識すると、すんなりなじむはず。「茶サンダル」、「白スニーカー」、「銀の靴」の3足があれば、“今日合わせる靴”にもう悩まない!1.銀のアンクルストラップで小粋な味わいをプラスロングシャツには細身パンツをプラス。ちらりとのぞく足首にシルバーのストラップがキラリ。ネイビー×白のベーシックな配色もおしゃれな味わいになる。靴(ヒール高1.5cm)¥24,000/フラッパーズ(カルツァイウエーリ・フィオレンティーニ) ロングシャツ¥28,000/ティッカ パンツ¥22,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) ピアス¥30,000/エスケーパーズ(リジー フォルトゥナート) バングル¥36,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス) バッグ¥25,000/ショールーム セッション(アシーナ ニューヨーク)2.クッションたっぷりで履き心地のいいレザースニーカープリーツスカートとスニーカーは相性ぴったり。上級感ある白レザーで、カジュアルになりすぎず、大人の雰囲気漂う着こなしに。靴「アー・ペー・セー スニーカー」¥34,000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー) ニット¥26,000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥28,000(ヴェルメイユ パー イエナ)・イヤリング¥31,000(グーセンス パリ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 サングラス¥31,000/RHC ロンハーマン(カーラ カラー) ブレスレット¥123,000/ウノアエレ ジャパン(ウノアエレ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)3.足もとで女らしさをアップさせる カジュアルのスイート仕上げに女らしい抜け感のある足もとはヒールは低めでラインナップ。前でも後ろでも結べるアンクルストラップの茶サンダル「アディル」(ヒール高0.5㎝)¥45,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&Mデヴィッドソン) キャメルとの配色が小粋な白スニーカー「649 スニーカー」¥70,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) チビヒールでほんのり女らしい、銀の靴(ヒール高5㎝)¥49,000/アマン(ペリーコ)他の画像を見るeclat6月号掲載(4月30日発売) 撮影/黒沼 諭(aosora/モデル) 佐藤 彩(物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/望月律子(KIND) モデル/LIZA 構成・文/宮崎桃代 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
  • 年々暑さが厳しくなる夏に向けて、「やっぱり着たい!」という声の多いノースリーブ。細部までこだわったJマダムに人気のブランドなら、雰囲気出しがかなうとともにその華奢見え効果にきっと驚くはず! コーディネートいらずな美シルエットを、堪能あれ。1.大人の遊び心をリュクスに取り入れた 「BLAMINK」鮮やかなイエローにうっすらとストライプ柄が施されたラップドレスは、ノースリーブながら生地が二の腕に斜めにかぶるデザインで、腕全体をほっそり見せてくれる視覚効果あり。イレギュラーヘムの立体感が抜群に華やかなムードを演出。ワンピース¥120,000/ブラミンク ピアス¥69,000(ソフィー ブハイ)・バングル¥63,000(タプレイ)/以上エスケーパーズ バッグ¥172,000/ジミー チュウ 靴¥71,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)2.大人が似合うかわいげカラーならここ 「MARIHA」きれい色初心者は原色よりも肌なじみのいいニュアンス系が正解。上品なライラックを引き立てるすそ広がりなシンプルシルエットは、おなかまわりがゆったりしたリラクシングな着心地。深すぎず浅すぎない絶妙なあき具合のVネックと、狭めのアームホールはインナーなしでもOK。ワンピース¥28,000/ショールーム セッション(マリハ)3.繊細な色出しと上質素材にこだわる 「ebure」デイリーだけでなくオケージョンにも活躍する、エレガントさ抜群のブルーグレー。繊細なレースとウエストにあしらったリボンベルトが女らしさをいっそう高めて。ウエストにたっぷりとったギャザーがつくり出す上半身の膨らみとスカートの美しいドレープが、歩くたびにラグジュアリーに揺れる。ワンピース(ベルトつき)¥98,000/ebure他の画像を見る>>「雰囲気出しワンピース」の記事はこちらからeclat6月号掲載 撮影/西崎博哉(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/坪田あさみ 撮影協力/アンダーズ 東京
  • 人の上に立つ立場のエグゼクティブ女性にこそ、強さだけでなく、穏やかで優しげな雰囲気が求められる。そんなときに身につけたいのが、好感を呼ぶ色・グリーン。洋服や小物など、さまざまなアイテムで取り入れたい。カラープロデューサーの今井志保子さんによる解説つきでご紹介。●カラープロデューサー今井志保子さんに聞く「グリーン」の印象効果 「グリーンは雄大な自然を表す代表色で、無意識に安心感や信頼感を抱かせる色。仕事服に取り入れれば、親しみやすさがあって頼れる人物像を演出できます。またグリーンには仕事や人間関係の調和をはかり円滑にする効果があるので、包容力、人望に満ちた先輩としての位置づけを確固たるものに。副交感神経に作用しイライラや怒りを鎮める効果もあるため、後輩を指導する日、トラブル対処が必要な日などにもおすすめです」1.特にバランス力や協調性に優れた エメラルドをジャケットのインに効かせてグリーンの中でも、色鮮やかで協調性に長けた色。ウエストリボンつきのドレッシーなノースリーブトップスは華やかでありながら、どこか親しみやすさが漂うのもグリーンの効果。ブラウス¥28,000/ビームス ハウス 丸の内(バグッタ) パンツ¥36,000/コロネット(ミラ・ショーン) ジャケット¥96,000/ストラスブルゴ(ラルディーニ) スカーフ¥16,000/フラッパーズ(マニプリ) サングラス¥30,000/アヤメ(アヤメ) 時計¥435,000・バングル¥131,000・リング¥174,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥81,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) 靴¥76,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)2.管理職に必要な落ち着きを もたらす、深みグリーン信頼と協調のグリーンに、強さと信念を表す黒を混ぜたフォレストグリーンは忍耐力や管理能力を高めてくれる色。スカートのボックスプリーツやバッグでさりげなく取り入れるだけでも効果は十分。スカート¥49,000/コロネット(ミラ・ショーン) カーディガン¥55,000/トラデュイール(トラデュイール) ニット¥20,000/wb(ダブルビー) ピアス¥126,000・バングル¥725,000・リング¥275,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥92,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) 靴¥74,000/ジミー チュウ(ジミー チュウ)3.若見え効果も期待できる、 フレッシュな新緑の色新緑のようにみずみずしいリーフグリーンをライトグレーのスーツのインに合わせたスタイリッシュな着こなし。明るいグリーンは、若々しいムードに加えて、穏やかで話しかけやすい人柄を演出。ブラウス¥38,000/アノア(リビアナ・コンティ) ジャケット¥96,000・パンツ¥39,000(ともにラルディーニ)・ピアス¥95,000(ソフィー ブハイ)/以上ストラスブルゴ バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)他の画像を見るeclat6月号掲載 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 坂根綾子(静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/吉村友希 モデル/生方ななえ 取材・文/新田幸子 監修/今井志保子
関連キーワード

RECOMMEND