大人ならではの新鮮レシピ。ちょうどいいフェミニンは"色"から生まれる 五選

Web eclat
スタイリスト 大草直子さん ’72年生まれ 東京都出身。大学卒業後、現・ハースト婦人画報社へ入社。雑誌の編集に携わったのち独立し、ファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。著書『大草直子のSTYLING&IDEA』(講談社)ほか多数。インスタグラム@naokookusaも人気。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.色のトーンを整えるだけで、女性らしさも引き出せる
「このスタイリングの色使いは、絵の具でたとえるなら、グリーン、白、ブルーにそれぞれグレーを加えた色み。濃度を合わせ、グレーみを帯びている色みで整えました。どこかノスタルジックなムードのコートをメインに色を重ね、色みを集約したファンシーツイードのパンプスで全身に統一感を。温度感は低めな配色ですが、冬ならではの素材の表情が温かみを添え、大人の女性をほんわりと輝かせます」。

コート¥160,000/デザインワークス ドゥ・コート銀座店(デザインワークス) ニット¥42,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) デニムパンツ¥23,000/ゲストリスト(アッパーハイツ) バングル¥68,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(スカイ ブルー ホーク) チェーンブレスレット¥29,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) グローブ¥26,000/ロンハーマン(ロンハーマン) バッグ¥17,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ファブリックコペンハーゲン) 靴¥110,000/ドゥロワー 日本橋店(マノロ ブラニク)
2.シャギーな素材感がレモンイエローを大人の雰囲気に
「透明感のあるレモンイエローのスカートはしっかりと長め丈を選ぶのが大人の正解。味わい深いシャギーの素材感も欠かせません。モッズコートとグレーのニットは少しスポーティ。そこにボルドーの小物をポイント使いにすることで、ぐっと大人のムードが増すんです」。

スカート¥58,000/エリオポール代官山(エリカ カヴァリーニ) コート¥56,000(コキュカ)・ネックレス¥66,000(エリン コンシダイン)/以上ザ ストア バイシー代官山店 ニット¥21,000/トゥモローランド(バッカ) バッグ¥220,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(フォンタナ ミラノ 1915) 靴¥118,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ)
3.パープルは旬のベロア素材で。トラッドをフェミニンに更新
「今シーズン注目素材のベロアは、マットなツヤ感がどこか神秘的で、大人のカジュアルに有効な素材。着こなしのポイント使いにも効果的です。スカーフの水玉のコントラストが顔だちをきわだたせて、華やぎをもたらしてくれます」。

パンツ¥26,000/ザ ストア バイシー代官山店(コキュカ) コート¥240,000(ケイト)・スカーフ¥9,000(ヴェルメイユ パー イエナ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 ニット¥42,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) メガネ¥39,000/モスコット トウキョウ(モスコット)バッグ¥174,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥28,000/エリオポール代官山(ファビオ ルスコーニ)
4.グレイッシュなピンクのコートで
明るく、そしてシックに装う
「コートはクリスマスローズのような落ち着きのあるピンク色。パンプスのカーキは、葉の色に見立てて。はき慣れたようなヴィンテージ感のあるデニムでなじませました」。

コート¥79,000(エブール フォー ロンハーマン)・デニムパンツ¥45,000(リダン)/以上ロンハーマン ニット¥49,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(バーニーズ ニューヨーク) リング(人さし指)〈指先から〉¥113,000・¥173,000・リング(薬指)〈指先から〉¥88,000・¥132,000/マリハインターナショナル(マリハ) バッグ¥46,000/チンクワンタ(チンクワンタ) 靴¥23,000/エリオポール代官山(ファビオ ルスコーニ)
5.パンプスのピンクが主役で、モダンなエレガンスが完成
「主役は、マゼンタみを帯びたピンクのパンプス。ブランドのアーカイブモチーフにプレートがモダンに融合した、とびきり美しい一足。受け止めるのは、カーキのカシミヤニットと、キャメル色のウールスカート。マーメードシルエットがエレガントで、媚びない大人の女性らしさが美しくきわだちます」。

靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ニットカーディガン(共布ベルトつき)¥90,000/カオス表参道(ニリ ロタン) スカート¥24,000/エリオポール代官山(エリオポール) チョーカー¥38,000/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター(サスキア ディアス) バングル¥137,000/ザ ストア バイシー代官山(アリアナ) リング¥728,000/ロンハーマン(サンメイア)タイツ/スタイリスト私物
eclat12月号掲載 撮影/菊地 史(impress+) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/大草直子 モデル/高橋里奈 取材・文/松井陽子 撮影協力/EASE プロップス ナウ バックグラウンズファクトリー
関連記事
  • エクラが毎月、最新のグルメやホテルニュースをピックアップ! 今月は、平日ランチにもぜひ訪れたいイタリアン店や和食店のほか、日本の「和」を堪能できるホテルプランをご紹介。1.朝から夜までおいしく。広尾の名所が生まれ変わる『ミケランジェロ 広尾』広尾駅前の名所カフェがイタリアンカフェ&トラットリア『ミケランジェロ』に生まれ変わる。緑あふれる、東京で指折りの並木道にせり出す、ここでしか味わえないオープンテラスカフェはそのままに。地下には新しく「ふだん着で予約なしで通える」トラットリアができるという。定番のイタリアンをおいしいワインとともに、自然体で美味を楽しめるスペースになりそう。 1階のカフェは7時にオープンし、朝食メニューを始めるという。パンオショコラ、ベジベネディクトなど、クオリティの高いエレガントな朝餉が味わえる。ランチはもちろんのこと、スイーツやカフェメニューも充実したアフタヌーンティー、コストパフォーマンスの高いディナー……と大人の女性にとって使い勝手がいい一軒になりそう。地下のトラットリアはリーズナブルな価格で本格的なメニューが味わえる。チーズ類やアペタイザーも豊富なので、ワインもすすみそうベジベネディクトなど朝食限定メニューは¥300〜トラットリアメニューの一例「ホロホロ鶏のペヴェラーダソース」。メインは¥2,000前後で味わえる他の画像を見る東京都港区南麻布5の1の27 1F(カフェ) 7:00~23:00 ※朝食メニュー 7:00~10:00LO B1(トラットリア) ランチ11:00~14:00LO、ディナー17:00~22:00LO ㊡火曜2.木の香り漂う小さな空間で本物の味を楽しめる『和敬』おいしい和食屋探しはむずかしい。名店はハードルが高く、カジュアルすぎてももの足りない。西麻布の交差点から少し入った裏通りに、小体な和食店がオープンした。ご主人の竹村竜二さんは愛媛出身。『分とく山』で修業後に松山で独立。人気店としての地位を確立していたのに、「年齢的にもラストチャンスと思い、東京で勝負したいとこちらに移ってきました」。 瀬戸内海の海の幸がメインと思いきや、「フードマイレージはなるべく少なくしたほうがいいし、自分の目で確かめて買いたいので」と魚は豊洲に通う。確かな技に裏打ちされた品格ある風情が料理に漂う。無垢の木をふんだんに使った店内にはほのかに木の香りが。カウンターは6席、6名までの個室もあり、ランチも営業し、使い勝手もよい。リーズナブルで、きちんとおいしい希少な和食店の登場だ。「八寸」。タコの軟らか煮、わかさぎしんびき揚げ、鶏チーズ焼き、よもぎ麩田楽など「お椀」。えんどう豆のすり流し。車エビ、ごぼう餅、水前寺のり、梅にんじん、かつらしょうが。食材の味がふわりと立ち上る初夏らしい一品。料理は夜の献立からカウンターや壁、床もけやき、杉の無垢材が東京都港区西麻布2の7の9 1F ☎03・3486・0149 12:00〜14:30(クローズ)、18:00〜21:30(LO) ㊡日曜(日・月曜連休時は日曜営業) 昼¥6,800(前日までの完全予約制)、夜¥13,0003.数寄屋造を生かした情緒ある和のラグジュアリーホテル『そわか(SOWAKA)』「そわか」とは、インドのサンスクリット語で「幸あれ」の意味。昨年秋に本館のみオープンしていた『そわか(SOWAKA)』が、新築された現代的な和の意匠の新館を加えて、3月25日にグランドオープン。本館は、100年の歴史を刻む元老舗料亭の数寄屋建築を大規模にリノベーション。繊細な職人の技術が光る、同じ間取りはひとつとしてない、個性豊かな客室に仕上がっている。新館には、京都の路地を思わせる専用廊下や、坪庭の配置で個々の部屋のプライバシーが保たれた、わびさびを感じさせるモダンな客室が誕生。 新館、本館ともに、京都の伝統的な町家の改修実績も豊富な建築家・魚谷繁礼氏が担当したことでも話題だ。レストランの料理を手がけるのは東京・西麻布の『ラ・ボンバンス』。京都の食材を用いたクリエイティブな料理を提供する。本館の客室は、すべて異なる造りとしつらえ。2階のスイート、かつての「ほら貝の間」は、ベッドが隣り合わせになったハリウッドツインベッドを備える凛とした印象のロビースペース歴史が感じられる日本庭園を望む客室もある他の画像を見る京都府京都市東山区下河原通八坂鳥居前下ル清井町480 ☎075・541・5323 全23室(本館10室、離れ1室、新館12室) 本館¥30,000〜、新館¥40,000〜(1泊1室料金、税・サ別) http://sowaka.com/4.四万十ヒノキを用いた美しいホテルが開業『美馬旅館 はなれ 木のホテル』高知・四万十町にある『美馬旅館』は、120年余りの歴史をもち、数々の文化人や名優が宿泊した老舗旅館。昨年末、本館近くにはなれとして、『美馬旅館 はなれ 木のホテル』をオープンした。地場産の四万十ヒノキを用い、独特の構造で仕上げた開放感ある明るい造り。旅館の6代目館主と親交のある歌舞伎俳優の隈取りを押し写した押隈や、地元出身の画家・今西中通のデッサンなども展示している。靴を脱いで、木の香りに包まれてリラックスできるホテル。photo:Kenichi Uemura高知県高岡郡四万十町本町4の41 ☎0880・22・1103 全7室 シングル¥7,000〜(1室1名)、窪川スイート¥20,000〜(2名1室利用の室料・税別)  http://mimaryokan.jp5.新トリートメント「SAKURA」で深いリラックスを『ザ・リッツ・カールトン スパ 東京』ザ・リッツ・カールトン東京の46階に位置するスパが、トリートメントを全面的に一新して『ザ・リッツ・カールトン スパ 東京』としてリブランドオープン。新しく考案された「SAKURA(サクラ)」は、フルボディ、フェイシャル、スカルプを含む、人気のトリートメント。温めた桜色のローズクォーツとエッセンシャルオイルを用いて行う、流れるリズムと軽いタッチが心地よく、深いリラクゼーションへと導いてくれる。桜の世界観を味わえるトリートメント。東京都港区赤坂9の7の1東京ミッドタウン46F ☎03・6434・8813(7:00〜22:00) SAKURA(120分)¥57,000(税・サ別) http://www.ritz-carlton.jp/spa_fitness/eclat5月号掲載 撮影/GOURMET 上原ゆふ子 取材・文/GOURMET 北村美香 HOTEL 坪田三千代
  • シハラから新コレクション「ボンド」が登場。グラフィカルなデザインで、モードラバーからの支持も厚いシハラのジュエリー。今回新たに仲間入りを果たしたのは、パズルのように組み合わせることができるリング。5つのデザインのリングは、それぞれマットな質感のゴールド、そしてゴールドの地金にパヴェダイヤをセットした2種類で展開される。 一見複雑なデザインに見えるリングは、実はオープンシェイプのリングを4つ重ねたスタイリング。シンプルなデザインだからこそ、スタッキングで個性を発揮することができる。 単体使いでも個性的な「ボンド」コレクションのリング。よりパーソナルにスタイリングするなら、組み合わせがおすすめ。オープンデザインのリングを、シンプルな地金とパヴェダイヤに合わせて。シンプルなデザインのものなら、あえてパーツを組み合わせず、重ねづけしても。アイデア次第で幾通りにも楽しむことができる、珠玉のエブリデージュエリーを是非チェックして。 シハラ ラボhttp://www.shihara.com/03-3486-1922 text: Shunsuke Okabe
  • 季節の変わり目、シューズクロゼットにあれば必ず活躍する3足はこれ。抜け感も、カジュアルもモードもクリアする頼れる3足で、「今日合わせる靴」に、もう悩まない。1.服の色を選ばず肌になじむ「茶サンダル」素足となじみつつ美しい存在感ある茶のサンダル。色を効かせる装いには、足もとはさりげないぐらいがちょうどいい。靴(ヒール高5㎝)¥92,000/トッズ・ジャパン(トッズ) トップス¥15,000(ウィム ガゼット)・ストール¥27,500(アソースメレ)/以上ウィム ガゼット 青山店 パンツ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) ピアス¥32,000/アガット バッグ¥14,000/フラッパーズ(マニプリ)2.どんな装いも清潔感ある印象「白スニーカー」足もとを白にすると、ダークカラーが涼しくクリーンに。同じネイビーの服も軽快。靴「ヴレイ」¥58,000/バリー 銀座店(バリー) トップス¥15,000(ウィム ガゼット)/ウィム ガゼット 青山店 パンツ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) バッグ¥82,000/アパルトモン 青山店(ジウリア マレスカ) ピアス¥26,000/エスケーパーズ(クレッシオーニ) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バングル¥15,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ソコ)3.無難な着こなしがしゃれて見える「銀の靴」銀の靴なら、同じ服もちょっとモダンなイメージに。靴(ヒール高0.8㎝)¥25,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ) トップス¥15,000(ウィム ガゼット)/ウィム ガゼット 青山店 パンツ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス) 帽子¥70,000/CA4LA ショールーム(カシラ) ピアス¥100,000(ウノアエレ)・バングル¥17,000(ワンエーアールバイウノアエレ)/以上ウノアエレ ジャパン ネックレス¥55,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ウルサ メジャー) バッグ¥42,000/アマン(ペリーコ)他の画像を見るeclat6月号掲載(4月30日発売) 撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/望月律子(KIND) モデル/LIZA 構成・文/宮崎桃代 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
  • 初夏から夏、私たちに必要なのは、女らしい雰囲気も、今どきのリラックスした空気感も、まとうだけで感じさせてくれる、"素敵な雰囲気の漂う"ワンピース。さらりと一枚で着られるものから、今年らしいレイヤードが楽しめるシャツタイプまで、アラフィーにうれしいデザインが目白押し。今季は、きっと何枚も欲しくなるはず!1.異素材のショートブルゾンとカゴバッグで軽やかにマキシ丈の優雅さに、カゴバッグやスエード素材のスポーティなブルゾンをミックスして、リッチな軽やかさをプラス。そのカジュアル感が、今どきのムードに導いてくれる。ワンピース(インナーつき)¥225,000・ショートブルゾン¥188,000/アオイ(ファビアナフィリッピ) バングル¥48,000・ブレスレット¥94,000/エドストローム オフィス(オール ブルース) バッグ¥20,000/ドゥロワー 青山店(ア・ポワン)2.エッジの効いたディテールでピュアな白も大人っぽくエターナルな美しさがきわだつ、純白のワンピース。ラグランスリーブや、切りっぱなしの首もととすそなど、エッジの効いたディテールがさりげないアクセントになって、洗練されたムードを演出。ワンピース¥383,000/コロネット(ニナ リッチ) リング¥190,000/ローリー・ロドキン銀座店(ローリー・ロドキン) 靴¥110,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン) ピアス/モデル私物3.クリーンな白バッグ、輝くシルバー靴でヘルシーにウエストとバックスタイルにあしらわれた切り替えがつくる立体的なフォルムを、着慣れたネイビーとミニマルなデザインでリアルクローズに。つややかで華のある素材感を、シンプルなTシャツワンピースの延長線上でカジュアルダウンして着こなすのがポイント。ワンピース¥115,000・バッグ¥81,000・靴¥84,000(3点ともスポーツマックス)・サングラス¥31,000(マックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパン他の画像を見るeclat6月号掲載(4月30日発売) 撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/池田奈加子 モデル/富岡佳子 取材・文/松井陽子 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
  • 今年の春夏ファッションは、ビッグショルダーなどボリューム感のあるスタイルに、大きめサイズのバッグを合わせる、ボリュームスタイル×ボリュームバッグが旬! しゃれ感が一層盛り上がる「でかバッグ」9選をお届けします。FURLA(フルラ)トップハンドルの上品デザインでも、今どきなラージサイズならどんな着こなしも旬度UP! やわらかベージュで女らしく。(28×34×11)¥78000/フルラ ジャパン(フルラ)FABIA(ファビア)リアルに役立つ機能派ラージトート 中央にファスナーつきの仕切りがあり中身が整理しやすく、通勤にも使いやすい。〝そうは見えない〞 4ケタ価格!(23×37.5×15)¥7996/オットージャパン(ファビア)ADINA MUSE(アディナ ミューズ)ランタンバッグもでかいのがイイ 持つだけでセンスよく見えるビッグなサークル型のショルダー。夏っぽさが香るラタン素材も魅力。(36×36×7)¥25000/アディナ ミューズ 渋谷(アディナ ミューズ)A VACATION(ア ヴァケーション)インナーのトライバル柄バッグは、PVCバッグから取り外し可能。 3wayで使えて休日はもちろんバカンスにもぴったり。(32.5×37×20)¥53000/アマン(ア ヴァケーション)DANSE LENTE(ダンス レンテ)プレーンなカーフレザーのバケツ型。今っぽいボリュームがありつつどこかフェミニンな印象に。(28×20×22.5)¥58000/エストネーシ ョン(ダンス レンテ)STATE OF ESCAPE(ステイト オブ エスケープ)ネオプレン素材が人気のビッグライトトートは、夏らしいブライトカラーを選んで。ポーチつき。(29×38×24)¥39000/ロンハーマン (ステート オブ エスケープ)YOUNG&OLSEN The DRYGOODS STORE(ヤング&オルセン ザ ドライグッズ ストア)くたくたレザーがこなれを約束 上質な一枚革のホワイトトート。超シンプルなデザインだからこそ、しゃれ感満点。(46×40×14)¥34000/ロンハーマン(ヤング&オルセン ザ ドライグッズ ストア)agnès b. (アニエスベー)ギンガムチェックのラフィア素材でフレンチムードを楽しんで。軽やかに持てるショッピングトート。(37.5×39×10)¥10000 (4月下旬発売)/アニエスベー BELLMER(ベルメール)潔いくらいにシンプルなブラックトート。くたっとラフに持つだけで、全身を今っぽいバランスに仕上げてくれる。(33×56×18)¥55000/エフユーエヌ(ベルメール)撮影/さとうしんすけ(p.88~p.89) スタイリスト/高橋美帆 文/久保田梓美 ※( )内の数字は(高さ×幅×マチ)で単位は㎝です  ※BAILA2019年5月号掲載
  • ミラノやパリのスナップでも、街でおしゃれな人が実践しているコーディネート。ミニショルダーとスニーカーなら、街スタイルがぐっと小粋にしゃれて見える。品よくかっこよく着こなすために選ぶべきは、見るからにパワーのあるブランド系。カジュアルに格をプラスしつつ、こなれて見えるから、初心者だって大丈夫!1.ダブルGやウェブ ストライプ。 アイコンをさりげなくブランドの威力を強調するなら、わかりやすいアイコンを選ぶのも賢いテク。モチーフやグリーンとレッドのウェブ ストライプで。(右から)3匹の子豚の刺繡で愛嬌たっぷり。スニーカー「エース」¥94,000・コンパクトながら3層式で収納上手。黒バッグ「GGマーモント」(縦10×横19×マチ8㎝)¥150,000・ラウンド型はそれだけで遊び心満点。白バッグ「GGマーモント」(縦18.5×横18.5×マチ6.5㎝)¥143,000/グッチ ジャパン(グッチ)2.バッグは小さく、足もとは大きく。 ギャップがあるほどおもしろい!休日に父親が履いているようなサイズ感の"DAD"スニーカー。大人がこなすなら、もはやパイオニアの風格さえ漂うものを。グレーとライラックにオレンジを少量効かせた配色が絶妙。バッグはとても小さなサイズがとにかく愛らしい。ステンシルペイントのロゴがきわだつデザインを、ストラップで斜めがけして。バッグ「ヴィル トップ ハンドル XXS」(縦15×横19×マチ6㎝)¥185,000・スニーカー「トラック」¥105,000(予定価格)/バレンシアガ ジャパン(バレンシアガ)3.人気再燃。装いをスマートに 引き締めるクールな雰囲気華奢なチェーンストラップにフラップ式のミニサイズ。ドレスアップの場面に似合うバッグも、今なら断然カジュアルに合わせるのがいい。スニーカーはホワイトレザーで控えめにするか、ゴールド&シルバーのコンビネーションで攻めるか、お好みしだい。どちらも人気モデルの新作ゆえ、使いやすさはお墨付き。バッグ「GO LOGO ESCAPE」(縦12×横16×マチ5㎝)¥123,000・スニーカー(左)「BOUNCE」¥101,000・(右)「NET」¥81,000/ヴァレンティノ インフォメーションデスク(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/西原秀岳(TENT) スタイリスト/村山佳世子 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
  • お天気よい日は、都会を離れて、大好きな海へ!クルーザーを眺めつつ・・自然を感じる場所へ(^^♪先日、お天気もよく、夫婦で鎌倉~逗子へ(^^♪ お仕事がお互いに忙しいと、ついつい・・お酒を飲みがちになりますが(笑)、 40代になってからは、自然と触れることを大切に意識しています。 逗子のマリーナにある、ロンハーマンは、とっても大好きな場所。 海が大好きな私は、とてもテンションが上がります♪ マリーナ横には、開放的なデッキがあり、外でCafeも気持ちいい! ちょうど今は、暑すぎず、風を感じながらビールも最高なはず!! これからのGW、良さそうです! ランチして、ショッピング~。 スタッフの方も海好きの方が多く、とっても感じが良いのも魅力の1つですよね☆ そう!!アイスコーヒーのストローは、紙ストローでした!環境を考えているところに好感度UP♡帰りは、新鮮な鎌倉野菜を買いに、鎌倉駅近くの農協へ♪ 今は、フレッシュなハーブが沢山ありました!しかもお得! レモンバームとカモミールをGET! フレッシュものは、とても風味よく美味しい~ ⇒新鮮ハーブ+お湯を注いで、色が変わると飲み頃です。 新鮮なハーブティーを楽しんだ後は、ドライハーブにしてゆっくり楽しもうと思います(#^^#) カモミール・・・ 心身をリラックスしてくれたり、不眠に◎ 夜の寝る前にオススメ♪妊婦さん、キク科アレルギーの方はお控えくださいね。 レモンバーム・・・ 気分を上げてくれるので、雨の日やストレスが多い時に(#^^#) お酒とカフェイン大好きな私ですが(;'∀') 40代になり、自分の為に健康なものを取り入れると、穏やかなマインドに変わってきたように感じています。 色んなかたちで、自然と触れ合うことは、やっぱり大切ですね! いつも最後までお読みくださりありがとうございます。 かっきー 【Ron Herman】 HPはこちら♪美女組No.136 かっきーのブログ
  • ジャストエクラ世代の編集部スタッフの"ひと目惚れ"したアイテムをピックアップ。今月は、夏ファッションに欠かせない小物アイテムがずらり!1.グッチの「グッチ ズゥミ」チェーンバッグポップなイチゴプリントがかわいいミニバッグは、ホースビットやマリナチェーンストラップのアクセントで大人仕上げに。斜めがけにして楽しみたいです!(副編集長K藤)(縦11×横18.5×マチ3.5㎝)¥245,000/グッチ ジャパン(グッチ)2.サルヴァトーレ フェラガモのかごバッグ上質なレザーやガンチーニのアクセントで、カジュアルに見えがちなかごバッグが、きれいめなスタイルにも似合う大人のムードに!(編集長O)(縦20×横18×マチ17㎝)¥270,000/フェラガモ・ジャパン(サルヴァトーレ フェラガモ)3.ロエベの「ミニ ゲート バッグ」ミニショルダーには目がないのですが、このラフィア使い&かわいらしい半月形も夏のスタメンにしたい! ライトブルーもさし色に◎。(副編集長U)(縦12.5×横15×マチ8㎝)¥133,000/ロエベ ジャパン カスタマーサービス(ロエベ)他の画像を見る>>「今月のこれ欲しい!」はこちらからeclat4・5月号掲載 撮影/山口惠史 スタイリスト/小川夢乃
関連キーワード

RECOMMEND