これぞ!うちの「パーフェクトコート」 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.ドゥーズィエム クラス
ダブルフェイスコクーンコート
「身長や体型に関係なく、誰が着ても似合うコートがあるみたい」「オンにもオフにも、シーンを選ばずにきれいめな着こなしができるらしい」……。スタッフの間でも噂になり、今回の紹介にこぎつけた元祖「パーフェクトコート」がこちら!
 そもそも、このコートがデビューしたのは昨年。入荷前からブランドスタッフ全員が口をそろえて“パーフェクト”と呼んだことが名前の由来。プレスの佐藤麻理奈さんいわく「パターン、シルエット、素材、縫製とどこをとっても完璧で、大切に長く着ていただきたい自信作です。昨年は入荷と同時に完売。ウェブサイトや口コミでも噂が広まって店頭では試着待ち、買い逃したかたからは問い合わせが殺到しました」
 丸みのあるゆったりとしたシルエットははおるだけでニュアンスが醸し出され、憧れのこなれ感がまとえるところもパーフェクトたるゆえん。細く長く毛羽の少ないウールと極細のアンゴラをブレンド。そこに化学繊維を少量加えたなめらかなダブルフェイスには、シルエットを保つためのブランドの創意工夫がこめられている。

シンプルなコーディネートに上質素材のとろみと一重仕立ての軽快さが映える。右ページで紹介した黒のほかにネイビーも。★コート¥74,000/エクラプレミアム通販(ドゥーズィエム クラス/申込コード 330734) ニット¥11,000/ゲストリスト(ステートオブマインド) パンツ¥16,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ヴェルメイユ パー イエナ) ピアス¥77,000/ストラスブルゴ(サイモン アルカンタラ) バッグ¥101,000/アパルトモン 青山店(ザンケッティ)
2.エブール
上質フェミニンコート
コート10型からブランドを潔くスタートさせ、3回目の秋冬を迎えた「エブール」。デビューを目前に控えた初夏に、初の試みとして行われたそのコートの受注会で予想を上回るオーダーが入ったことや、購入したお客さまからの“買ってよかった。ぜひもう一着!”“今年は迷わずに絶対買います”といううれしい声が続々と届いたことがはずみとなって、コートはブランドのアイコンにまで成長した。
「ディレクターの酒井は“ひとついいものを持っていたら、よけいな買い物はしなくていい”といいます。それがよく表れているのがコート。厳選した上質な素材を、形に見合ったバランスのいいシルエットに仕立てることで来年も、また次の年も、と自然と手がのびる、そんな一着に仕上げています」と、プレスの泉有紀さん。
 紹介する4着のコートは、デザインも素材も印象もさまざま。それでいて袖を通した姿がふっと目に浮かんで、そのどれもがとびきりエレガントな女性像を描き出す。“大人でよかった!”と、心から喜ぶことができるコートに必ず出会える。

希少価値の高いアルパカは毛足が長くモヘアに似た光沢感。ブランドが惚れ込み毎回コートをつくるという素材を、デザインを削ぎ落とした女性らしいフォルムで。コート¥105,000・カーディガン¥32,000・パンツ¥42,000/ebure ネックレス¥62,000/ストラスブルゴ(ソフィー ブハイ) バッグ¥128,000/J&Mデヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥77,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
3.ブラミンク
配色ダブルフェイスコート
ブランドコンセプトやシーズンテーマをあえて設けず、“現代を生きる女性にふさわしい服とは?”という、洋服にとっての命題を追い続けるディレクター兼デザイナーの吉武味早子さん。おしゃれプロと呼ばれる人たちにも彼女のファンは多く、シーズンに先駆けて行われる展示会はいつも大盛況。その会場で今季、誰もが立ち止まっては眺めて写真に収めていたのが、このカシミヤのダブルフェイスコート。今回の撮影スタッフたちも、口々に“素敵すぎる!”とため息をついた逸品だ。
 「カシミヤ、ウール、アンゴラをミックスしたオリジナル素材の豊かさを大事にして、デザインで主張するのではなくシルエットの美しさを大切にしました」と、プレス担当者はいう。
 肩から袖にかけてのラインを身頃に合わせて丸みをもたせた女性らしいシルエットには、極上のシンプリシティと品格が漂う。そして一番の魅力は、ダブルフェイス生地の裏側を淡いピンクの配色にしていること。フロントから、袖口から見え隠れするたびにドキッとさせる、女冥利につきるコートと呼びたくなる。

装飾をすべて削ぎ落とした潔いノーカラーが、乾いた砂のようなベージュと淡いピンクを引き立てる。見た目でも着心地のよさでも気分が上がるコートは、オリジナルツイードのスカートでピンクをリンクさせて。コート¥420,000・タートルニット¥82,000・スカート¥120,000/ブラミンク バッグ¥150,000/ゲストリスト(ハウント代官山/ザンチェッティ) 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)
4.オーラリー
ロングピーコート
多くのデザイナーがデザイン先行で服づくりを進める中で、デザイナー、岩井良太さんは“生地ありき”のユニークな考え方で「オーラリー」を立ち上げて4年目を迎えた。世界中から厳選した原料と日本屈指の生産背景からできあがる生地の風合いや落ち感、軽さをひとつひとつ手で触れて確かめたうえで、素材の個性が最も生きる服づくりを続けている。
 昨年登場したロング丈のピーコートは、発売と同時に評判となり完売。“今年もつくってほしい”という多くの声に応えて今季の発売が決定したという。オーセンティックなデザインをきわだてているのがやはり素材。
「なめらかな肌ざわりと光沢感から“カシミヤですか?”とたずねられることもしばしば。そのままでは柔らかすぎて織れないほど上質な極細ウール糸に水溶性の素材を巻き、強度をつけたあとに洗い流して二重織りにし、最後に起毛加工を施しているんです、と答えると皆さん驚かれますね」と、笑うプレスの新井カナエさん。気の遠くなる工程からできあがったピーコートの着心地、ぜひ確かめてみたい。

ピーコートで思いきったこの丈感にも絶賛の声が。今季はきれい色のニットを効かせて楽しみたい。コート¥87,000・ニット¥27,000・パンツ¥34,000/オーラリー ピアス¥13,000/プラージュ 代官山店(リジー フォーチュネイト) サングラス¥47,000/ロンハーマン(ケイト ヤング フォー トゥーラ) バッグ¥41,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(オーウェンバリー) 靴¥62,000/ブリティッシュメイド 銀座店(ジョセフ チーニー)
5.マディソンブルー
ウールトレンチコート
体型や姿勢、肌や髪の質感、体から感じられるパワーの変化を感じはじめたエクラ世代にとって、“ずっと好きだったカジュアルを大人になったからといってあきめなくていい!” そう思わせてくれたのが、’14年にデビューした「マディソンブルー」。
 数ある伝説的なアイテムの中でも特に定評のあるコート。パールボタンが並んだチェスターは、発表されて5年がたった今でも発売されるとまたたく間に売り切れてしまうという。
 今季イチ押しのコートの魅力をプレスの高橋薫さんは「このトレンチは、ウール100%の接結素材に縮絨加工と洗いをかけた極上のメルトンを、熟練した職人が手まつりで仕上げています。昨年はメンズも着られるサイジングが好評でしたが、今シーズンはコンシャスに着られる、ひとつ下のサイズもつくりました」とのこと。
 もともとは軍用コートが発祥のトレンチ。やや無骨な細部もブランドの手にかかればたちまち洗練さをまとい、素材とサイズバランスの相乗効果でブラッシュアップ。すでに持っているトレンチでも、これは欲しくなる。

ブラウンのタートルニットにコートと同色の揺れるラップスカートのコンサバティブな着こなしも新鮮。トレンチは無造作にはおるほど素敵。★コート¥215,000/エクラプレミアム通販(マディソンブルー/申込コード 324710) ニット¥22,000/アトリエ ニノン(ラスパイユ) スカート¥45,000/ebure ピアス¥7,000/プラージュ 代官山店(イケレレ) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)
eclat12月号掲載 撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 ゆうき 取材・文/向井真樹 ※★マークのついた商品はエクラプレミアム通販 (https://flagshop.jp/eclat/)で購入できます。
関連記事
  • イメージを底上げしてくれて、どんな色もテイストも受け入れてくれる夏グレージュは、アラフィーの強い味方。ぐっとおしゃれに見せてくれる頼れるアイテムを厳選。ぐっとおしゃれに、夏らしくなる、頼れる夏グレージュのコーデをご紹介。1.たっぷりのボリュームも重くならない。 溶け込むグレージュで上品に フロントにタックを入れたパンツも淡い色で夏仕様。ブルーのレースという個性的なトップスも受け入れてくれる。 ウエストゴムのパンツ(共布ベルトつき)¥59,000(トム)・靴¥27,500(ペリーコ サニー)/以上トゥモローランド カーディガン¥32,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ブラウス¥48,000・チューブトップ¥9,000/サードマガジン ピアス¥13,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥265,000/ジミー チュウ2.スポーティなパンツこそ グレージュでおしゃれ度アップ センタープレスのパンツは黒だと重く、白は避けたい。グレージュならベーシックカラー同様の使いやすさで、そのうえちょっと上級っぽく見える。パーカも街カジュアルに。 パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) パーカ¥36,000/キャバン代官山店(キャバン) カットソー¥6,800/スローン メガネ¥48,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ディータ) ネックレス¥13,500/チェリーブラウン バッグ¥37,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)3.合わせる色を選ばずシックに 決まるグレージュニット ざっくりとした編み地のほどよい重みで、しっとりと体を包み込むコットンニット。しかも色の受け入れ力に長けたグレージュなら、頼れるアウターに。長い丈はワンピースはもちろん、パンツやスカートにもグッドバランス。 カーディガン(ベルトつき)¥45,000/ebure ワンピース(ベルトつき)¥27,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィムガゼット) ピアス¥28,000/カオス丸の内(ホリー ライアン) バングル¥39,000/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥128,000 /エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥159,000/ドゥロワー 青山店(エドワード・グリーン)他の画像を見る撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 ゆうき 構成・文/宮崎桃代 ※eclat7月号掲載
  • Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、色数の少ないスカーフを使ったシックなスタイルをご提案。メソッド:ゴージャスすぎない本物志向の小物使いでさりげなく大人の風格をカジュアルなTシャツにゴージャスな小物はトゥーマッチ。上質だけどTシャツになじむデザインをさらりとつけて。色数の少ないスカーフをさらり。大げさにしないのがコツ「華やかで大判のものはゴージャスになってしまうので、細めのサイズ感と色数の少ない柄ものを気負いなく巻いてシックになじませて」(村山さん)。 Tシャツ¥17,700/ヴィンス 表参道店(ヴィンス) スカーフ¥16,000/アマン(アルテア) スカート¥18,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ピアス¥18,000/アッシュ・ペー・フランス(イオッセリアーニ) 靴¥43,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • 白シャツとスカートで作るワンツーコーデに引き締め役のネイビーをプラスして※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます今や定番となったカーディガンの肩がけスタイル。外に出ればじりじりとした陽射しから守ってくれたり、オフィスに戻って冷房で肩が冷えたりするのをさりげなくカバーしてくれたりとアラフォーの身体を優しく労ってくれる。スタイリング全体のきかせになる濃いめ色を選んでおけば、はおっても肩がけしても全体を引き締めてくれる。カーディガン¥19,000・シャツ¥23,000・スカート¥21,000/マルティニーク丸ノ内(マルティニーク) バッグ¥145,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ザンケッティ) パンプス¥78,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ニナ リッチ) パールピアス¥18,000/デ・プレ(ビョーグ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • いつの時代の話でも、どんな国のものでも、どこか他人事とは思えないのが家族小説のおもしろさ。今回は家族の物語が大好きという江國香織さんに、たくさんの候補の中から選りすぐりを紹介していただいた。1.『野鴨』 庄野さんのご家庭をモデルにしたシリーズの一冊。冴えた視線と厳選した言葉で、穏やかな日常や楽しいエピソードが描かれています。一度庄野さんのご自宅にうかがったときは、小説そのままで感動しました! 庄野潤三 講談社文芸文庫 ¥1,4002.『波』 作者はスリランカの大津波でふたりの息子と夫と両親を失う。あまりにつらい状況ですべてにNOといいたくなるが、時間をかけて個人でぽつんといることを受け入れていく。家族とは人間とはと、考えさせられます。 ソナーリ・デラニヤガラ 佐藤澄子/訳 新潮社 ¥2,0003.『ある家族の会話』 イタリアの女流作家の自伝的小説。背景にあるのはファシズムが迫る時代ですが、家族の中で語られる本当か嘘かわからない一族の話の豊かさといったら! その家庭でしか通じない言葉や話があることの幸せを感じます。 ナタリア・ギンズブルグ 須賀敦子/訳 白水Uブックス ¥1,000他の画像を見る撮影/古谷 勝 取材・文/山本圭子 撮影協力/アワビーズ ※eclat7月号掲載
  • アラフィーが、Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツに合わせたい小物をピックアップ。メソッド2:ゴージャスすぎない本物志向の小物使いでさりげなく大人の風格をカジュアルなTシャツにゴージャスな小物はトゥーマッチ。上質だけどTシャツになじむデザインをさらりとつけて。ボーダーと相性抜群のパール。小玉で短いものをさりげなく「定番のコンパクトな黒×白のボーダーTシャツにパールを小さく効かせる、そんなフレンチレトロな雰囲気がかわいくて。パールは小玉、襟ぐりの内側に収まるぐらいの短さでカジュアルに楽しみたい」(村山さん)。 Tシャツ¥9,000/アニエスベー パールピアス¥161,000・パールネックレス¥348,000/TASAKI パンツ¥38,000/アングローバル(マーガレット・ハウエル) バッグ¥415,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • 暑くるしい季節は、家での時間を少しでも快適に過ごすため、麻を効果的に暮らしにプラスしてみるのはいかが? 触り心地が涼しくなるだけで、ぐっと居心地がよくなり、部屋の温度さえひんやり感じられるはず。1.ベッドリネンはさわやかな白。 スローとクッションでさし色をプラス 「夏は、真っ白なベッドリネンで。麻のデュべカバー(かけ布団用カバー)に布団を入れず、カバーを肌がけがわりにして眠ります」。適度な重みが心地よい眠りへと誘い、サラリとした肌ざわりと抜群の吸水性でさわやかな寝心地。 プリーツ デュべカバー ピュアホワイト(麻100%、シングルサイズ150×210㎝〜)¥36,300 〜・ピュアホワイト ボックスシーツ(麻100%、シングルサイズ100×200㎝〜)¥17,600 〜・プリーツ ピローケース ピュアホワイト(麻100%、50×70㎝、ふち5㎝)各¥7,700・シェル クッション(中材込、生地 麻100%、刺繡 ポリエステル、45×45㎝)各¥16,000・ネリンガスロー アイスグレー(麻100%、150×230㎝)¥24,200 /リネン&デコール2.室内側カーテンは 透け感のあるクールカラーを 窓辺には2種類の麻のカーテン、室内側に透け感のあるネイビー、窓側には透け感のあまりない白&トープを。「日中は手前だけを引いています。落ち着いたネイビーは夏の強い日射しを遮り、見た目も涼やかに感じられます」。 すべて私物3.クロスは明るめのグレー。 ランナーの横使いを夏のもてなしに 「ランナーを横に使う『ブリッジ』という敷き方ならフォーマルすぎず、軽やかなおもてなしができます」。ランナー、ナプキンなどクロスは明るめのグレーでまとめ、ガラスや籐を合わせて、カジュアルで大人な夏のテーブルに。 ランナー(参考商品)・リモージュ ナプキン(麻100%、47×47㎝)¥1,540・ブルージュ キッチンタオル(麻100%、45×70㎝)¥1,870 /リネン&デコール その他/私物他の画像を見るリネンを指南してくれたのは…… LINEN & DECOR代表 菊川博子さん LINEN & DECORではオリジナルの麻商品を中心に、暮らしを豊かに、美しくする商品を提案する。 https://www.linenanddecor.net撮影/川上輝明(bean) スタイリスト/石山とみ子 菊川博子 取材・文/鈴木奈代 撮影協力/ FILE(http://file-g.com) ※eclat7月号掲載
  • Tシャツをカジュアルになりすぎず、素敵に着こなすコツは“きれいめ合わせ”にあり。アラフィー世代から絶大な支持を得るスタイリスト・村山佳世子さんが、Tシャツのラフさを中和する逸品ボトムをご紹介。メソッド1:合わせるボトムはニュアンスのある色と素材で女っぽさを意識する光沢や透け、ドライな質感といったニュアンスのある素材を取り入れて、Tシャツのラフさを中和。カジュアルすぎないほどよい緊張感が心地いい「リネンのハイウエストのマキシスカートとの合わせで、クルーネックのベーシックなTシャツがぐっときれいめに。今季大人気のリネンアイテムはTシャツ合わせに大活躍。ドライな質感が今どきだから、トレンド感のあるスタイルに見せるのに重宝します」(村山さん)。 Tシャツ¥5,000/ユナイト ナイン(カラフル スタンダード) スカート¥47,000/カオス丸の内(カオス) 手に持ったカーディガン¥31,000/スローン ピアス¥247,000/TASAKI バッグ¥318,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥27,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)【Profile】 村山佳世子 シンプルで洗練されたスタイリングにファン続出のトップスタイリスト。『一生もののおしゃれが身につく10のルール100のコーディネート』(集英社)を上梓し大ヒット中。>>「大人のTシャツ“きれいめ合わせ”」はこちらから撮影/菊地 哲 ヘア/ EIJI SATO メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ ※エクラ7月号掲載
  • 難しいTシャツ選び。今年はロゴTが欲しい! エクラ世代のTシャツは、選び方を間違うと部屋着っぽくてだらしなく見えてしまう。 そんな難しいTシャツ選びですが、良いものがあれば今年こそロゴTを着てみたい。 そんなとき armoire caprise で、ロゴが小さく、プリントではなく刺繍になっているロゴTを発見。 シルエットもとてもきれいで、まずは白のロゴTと決めていたので即決でした。Whim Gazette のリネンマキシスカート、enrecreのウォレットバッグ、ipanemaのビーサンに 鮮やかなオレンジのNALIのビーズネックレスとピアスを合わせてみました。もう一枚は、DOUBLE STANDARD CLOTHINGのほぼノースリーブロゴT。ビッグシルエットで 丈も長め、体型もカバーできるきれい見えTシャツです。「D」がインパクトのあるロゴですが、 形もきれいでこちらもシンプル。ジレにワイドパンツという私の定番コーデです。ジレを脱ぐとこんな感じでこちらも一枚で形がキマる!ロゴT初心者はまずシンプルに。 無地とは違った遊び心が結構いいかも!バリエーションも楽しめそうなロゴTにすっかり ハマっちゃいました。 エクラ7月号のを参考に、さらっと着られる「きれい見えTシャツ」を探してみては いかがでしょうか。華組 沢辺史ブログ
関連キーワード

RECOMMEND