一枚で絵になる、主役級の「白ニット」 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.一枚で今っぽさ抜群なのは、白!
清潔感のある美しさで視線を集めるホワイトと、ドロップショルダーのゆったりと優しげなムードが主役感たっぷりな本命。目の詰まった肉厚感のある上質カシミヤは、軽く柔らかな着心地で抜群に暖かい。白いタートルが肌映えもアップしてくれる。

ニット¥83,000/ドゥロワー 日本橋店(ドゥロワー) パンツ¥31,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(インコテックス) ピアス¥54,000/プラージュ 代官山店(ソフィー ブハイ)
2.シンプルコーデでこそ映える
色気とラフさの絶妙バランス
襟を抜いて着られるよう、後ろの襟ぐりが少し下がったデザインと、全体のルーズなシルエットが女っぽいVネックニット。デコルテから首にかけてのラインは、どの角度から見ても美しく見えるよう計算されて。全体はあぜ編みになっているのでラフでカジュアルなムード。パンツと合わせて軽やかに着こなしたい。

ニット¥32,000/ebure パンツ¥62,000/マディソンブルー イヤリング¥9,500/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)
3.上品な色気を感じさせる
白を基調としたワントーン
顔を少し埋もれさせるぐらい高さのある厚みのあるタートルが、ぐっとかわいらしいムードをつくってくれる。全体がビッグシルエットになっているので、横から見た姿もおしゃれ。エクラ世代の気になる体型悩みをカバーしてくれる長め丈もうれしい。ライトピンクのパンツと合わせて、全体を淡いワントーンでコーディネート。

ニット¥36,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥25,000/サードマガジン 帽子¥38,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジェームス ロック&コー) ストール¥35,000/ebure バッグ¥58,000/ロンハーマン(OAD) 靴¥46,000/プラージュ 代官山店(ペリーコ)
4.白のもつ柔らかなニュアンスが
定番クルーネックを見違えさせる
一見ベーシックなクルーネックニットながら、立体感のあるシルエットが今どき。ミドルゲージの長すぎず短すぎずの着丈は、ボトムインすることもできる絶妙丈。最も着回し力高く、合わせるテイストも選ばない一枚。

ニット¥23,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥17,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ピアス¥13,800/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ルーカス ジャック) バッグ¥35,000/ティーアンドエル(トフ アンド ロードストーン)
5.相反する素材の対比と色使いで
かわいげモヘアを大人っぽく着る
ふわふわのモヘアニットの軽やかで暖かな質感と、カーキのサテンスカートのつややかさの対比が、かっこよさとエレガントさを両立し、素敵な大人の女性像を体現。ざっくりとした編み地の肩が落ちたルーズ感、少しすそがたるむやや長めの着丈など、すべてがパーフェクトなたたずまいに。

ニット¥42,000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ピアス¥7,000(イケレレ)・靴¥42,000(ファビオ ルスコーニ)/以上プラージュ 代官山店 バッグ¥27,000/オデット エ オディール新宿店(リアヌマ)
eclat12月号掲載 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 田沢美亜 取材・文/坪田あさみ
関連記事
  • コーディネートの仕上げにプラスするミニショルダーとスニーカー。確かに、軽やかで小粋な着こなしになるのがうれしい。街できわだつおしゃれな大人の、こなれ上手なスタイルを実践。1.何げないように見えたら成功。 定番の着こなしになじませる白いミニバッグと白いスニーカー。どんな服にもマッチするのがこの組み合わせ。白は合わせる色も選ばず、トーンアップしてくれる。だから、ちょっとグレード感のあるものをチョイスしたい。デニムがぐっときれいめに。バッグ「ダブルT バッグ」(縦21×横17×マチ14㎝)¥166,000・スニーカー¥88,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ジャケット¥69,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(カバナ) ニット¥21,000/アストラット 新宿店(アストラット) デニム¥32,000/アパルトモン 青山店(3×1) サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥48,000・バングル¥98,000/エーピー ストゥディオ グランフロント オオサカ(ソフィー ブハイ)2.小さなバッグは効かせ色に。 春色のアクセントが軽快ミニショルダーのサイズ感は鮮やかな色を着こなしに取り入れるのにちょうどいい。そうなるとスニーカーは格ある白が装いを底上げするのに有効。バッグ「ミニダッフルバッグ」(縦17×横21×マチ17㎝)¥68,000/イーストランド(マンサー・ガブリエル) スニーカー「ロートップ」¥69,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ) コート¥42,000/アストラット 新宿店(アストラット) パンツ¥49,000/ユナイテッドアローズ 日本橋店(アンスクリア) イヤリング¥22,000/シジェーム ギンザ(ルーチェ マッキア)3.大人ピンクの足もとなら、 なんだか弾むように歩きたくなる春だもの、色のスニーカーも見逃せない。ただし本気のスポーツ系はアクティブすぎて、むずかしい。ラグジュアリーに仕上がった大人のブランドがしっくりくる。バッグはニュアンスあるグレー。ソフトな感触が体になじんで心地いい。バッグ「ポスティーナ」(縦14.5×横19×マチ9㎝)¥60,000/ストラスブルゴ(ザネラート) スニーカー「TREK COMET」¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ニット¥23,000/サードマガジン(サードマガジン) パンツ¥35,000/ユナイテッドアローズ アトレ恵比寿 ウィメンズストア(チノ) ピアス¥27,000/アッシュ・ペー・フランス(ウッターズ・アンド・ヘンドリックス)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/野口貴司(San・Drago) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/村山佳世子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/フリッツ・ハンセン 青山本店 COUNTRY HARVEST
  • この春らしい、カーディガン×タイトスカートのニットアップ。カーディガンは、前を閉めれば一枚でも着られる形を厳選。トップスにもはおりにも使えて、着こなしの幅がぐんと広がる。色や編み模様もセレクトのポイント。1.肌なじみのよいカラーならヘルシーな色気を装えるシンプルなリブニットは、色選びへのこだわりがはずせないポイントに。アッシュ系の色みを含んだ明度の高いカーキは、素肌なじみもよく、タイトシルエットでもヘルシーに着こなせる大人にこそ心強い色。デコルテのあきや、フロントのスリットが、さりげないフェミニンさを導いて。カーディガン¥18,000・スカート¥19,000/カオス丸の内(カオス) ピアス(片耳)¥32,000/ショールーム セッション(ヒロタカ) バングル¥67,000/デ・プレ(アリアナ ボウサード) バッグ¥172,000・靴¥98,000/ジミー チュウ2.カジュアルに着られるハイゲージの黒ニット柔らかい風合いの薄手のハイゲージニットだから黒でも軽やかな印象に。小物は大人っぽいテイストでまとめて。カーディガン¥19,000・スカート¥19,000/インターリブ(サクラ) Tシャツ¥9,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン)4連バングル¥9,000/ココシュニック オンキッチュ 有楽町マルイ店(マージョリー・ベア) バッグ¥104,000/ドレステリア 銀座店(エムツーマレティエ) 靴¥29,000/ベイジュ(ピッピシック)3.杢グレーに白シャツを合わせて清潔感をキープ気になるボディラインも、長め丈のカーディガン合わせで素敵に解消。インしたシャツが立体感を加え、シンプルながら奥行き感のある着こなしに。カーディガン¥36,000・スカート¥32,000(ともにデミリー)・シャツ¥32,000(フランク&アイリーン)/以上サザビーリーグ チョーカー¥114,000/ストラスブルゴ(ソフィー ブハイ) バッグ¥148,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥24,000/ハイブリッジ インターナショナル(Amb)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/菊地 哲(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/ゆうき 取材・文/松井陽子
  • フェミニンなレースやきれい色など、明るくウキウキとしたアイテムが増える春。そんな中でも、私たちの着こなしをきりっとクールに、上品なムードに仕上げるために欠かせない「軸」となるアイテムといえば「パンツ」! 2019年は種類も着こなしのバリエもより豊かになった「パンツ」を主役に、春のおしゃれをもっともっと楽しんで。【目次】 1. アラフォーにおすすめのワイドパンツコーデ 2. アラフォーにおすすめのとろみパンツコーデ 3. アラフォーにおすすめのきれい色パンツコーデ 4. アラフォーにおすすめのクロップドパンツコーデ 5. アラフォーにおすすめのワークパンツコーデ ※商品は販売を終了している場合がありますアラフォーにおすすめのワイドパンツコーデ仕事帰りの時間を利用して勉強することに。学びの日には、締めつけ感のないカットソー&ワイドパンツで身体をリラックスさせて吸収したい。ボーダートップスも上質なものだし、パンツもしっかりウエストがマークされているから、ルーズに見えないので、オフィスでもきれいに着こなせる。 カットソー¥14,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) ワイドパンツ¥33,000/ebure ストール¥53,000/ebure(ファリエロサルティ) イヤリング¥15,700/シップス 有楽町店(ラダ) バッグ¥140,000/ジミー チュウ 靴¥89,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶アラフォーにおすすめの洒落感のあるゆるコーデでリラックスオフィスで安定感のある上司としてふさわしい色合いの黒×ベージュ。たっぷり余裕のある太めのワイドパンツや透けるブラウスのコンビなど、お堅く見えないように形や素材感で工夫をしてみて。女子ウケも期待するなら、シルバーバッグやレオパード靴など、スパイス小物をきかせてみるのも有効。 ロングカーディガン¥28,000/ボウルズ(ハイク) シフォンブラウス¥18,000/デ・プレ(デ・プレ) ワイドパンツ¥33,000/ebure ピアス¥2,300/ジューシーロック バッグ¥140,000/ジミー チュウ 靴¥19,000/TOMORROWLAND 時計¥600,000/セイコーウオッチ(グランドセイコー)▶頑張らないのに魅力的に見える黒×ベージュコーデの詳細はこちら仕事運があがる赤を効果的にチラ見せしたジャケット&パンツのセットアップコーデ。動きまわ日は、ヒールではなくここはスニーカーをチョイスして。光沢のある素材感とフラットな金ボタンで華やかできちんとしたカジュアル通勤コーデの完成。 ジャケット¥65,000・パンツ¥33,000/レリタージュ マルティニーク(レリタージュ マルティニーク) ニット¥17,000/マルティニークルコント梅田(マルティニーク) ピアス¥23,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥10,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ラヴァンチュール マルティニーク) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)▶ジャケットありのカジュアル通勤コーデの詳細はこちら長時間のミーティングが続く日には、座りっぱなしでもシワになりにくい素材のパンツがかなり重宝。エムセブンデイズのワイドパンツはウエストボタンのポイントが上なので腰位置が高く、さらに上からまっすぐ入ったセンタープレスが脚をすっきり長く見せてくれる。シワになりにくいきれいめ素材も魅力。 シルク100%プルオーバー¥27,000(サクラ)・パンツ¥16,000(エムセブンデイズ)・ショルダーつき2WAYバッグ【CHERRY】¥19,000(ジャンニ キアリーニ)・シューズ【TUTTI ANELLI FLAT】¥50,000(ペリーコ)/SHOP Marisol▶きれい色ニット&ワイドパンツコーデの詳細はこちら以前から興味のあったファッションのひとつでもあるアスレジャー(アスレチック=運動競技、とレジャー=余暇、を組み合わせた造語)コーデ。いつものファッションにスポーツテイストをミックスするものだけれど、アラフォーが実践するのにやや抵抗が。でも大丈夫! 実はチノ素材ならトレンドの艶素材ジャケットもこなれた感じに仕上げてくれる。できればショート丈でワイドパンツを選べば美しいラインを強調しつつ、重心を引き上げるのもバランスがよく見える。 パンツ¥32,000/アングローバル(イレーヴ) ブルゾン¥69,000/F.E.N.(デュベティカ) カットソー¥9,500/スローン バッグ¥156,000/カオス丸の内(ザンケッティ) 靴¥69,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶スポーツテイストをミックスしたワイドパンツコーデの詳細はこちら最近インスタでおしゃれな人がよく身につけているナバホパール。ずっと気になっていたこともあり、たまたま連休中にお店で出会ってしまいお買い上げ。想像以上に可愛くて大満足で、その長めの二連ネックレスも、ネイビーニットの上に連なれば、定番ニット×チノワイドパンツのベーシックコーデでもクールな輝きを放ってくれる。 ニット¥29,000/リーミルズ エージェンシー(ジョンスメドレー) ネックレス¥250,000/ロンハーマン(タナーズ インディアン アーツ) パンツ¥30,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥13,800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥67,000/エイチ ビューティ&ユース(ポールアンドリュー)▶定番ニット×チノワイドパンツの詳細はこちら▲【アラフォー向けのパンツーコーデ】トップに戻る アラフォーにおすすめのきれい色パンツコーデ鮮やかで美しく周りから注目されること間違いなしのイエローパンツ。自分に似合うか一瞬ひるみそうになるけれど、実はキャメルベージュを合わせることで案外それほど抵抗せずにはきこなせるもの。例えば膝が隠れる長め丈のカーディガンなら、ボトムの分量調整に有効で、歩くたびにちらりちらりと覗く効かせ色となって、最高にさりげないおしゃれなパンツコーデの完成。 カーディガン¥28,000・ニット¥24,000/アングローバル(イレーヴ) パンツ¥16,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) イヤリング¥9,500(ドミニク ドゥヌーヴ)・ネックレス¥23,000(ヘレナ ローナー)/ヴェルメイユ パー イエナ日本橋店 帽子(別注)¥19,000/ロンハーマン(キジマ タカユキ) バッグ¥157,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥54,000/アマン(ペリーコ)▶ビビッドイエローのとろみパンツコーデの詳細はこちら引き続き人気のテクニック“前だけIN”で着こなす春のワンツーコーデにはきれい色を盛り込んで。ひときわ鮮やかな、パープルのくるぶし丈ワイドパンツに、赤みのないサンドベージュと合わせてしまえば、簡単に色を取り込める。さりげなく露出されるデコルテやくるぶしで女性らしさを滲ませて。 ニット¥24,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス  丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥19,000/TOMORROWLAND(ボールジィ) サングラス¥44,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(アイヴァン) ネックレス¥33,000/RHC ロンハーマン(RHC) バッグ¥53,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(メゾン ボワネ) 靴¥49,000/アマン(ペリーコ)▶濃密パープルカラーのパンツコーデの詳細はこちら今季大注目のカラーパンツで勢いをつけて。こんな鮮やかなフューシャピンクのタックパンツにトライする日も、ベージュジャケットのきれいめ感と中和力が、やりすぎない感じを出してくれる。 ジャケット¥46,000・パンツ¥32,000/デザインワークス ドゥ・コート六本木ヒルズ店(デザインワークス) カットソー¥13,000/ドレステリア 京都店(ドレステリア) パンツ¥53,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) ピアス¥4,000/ビームス ハウス丸の内(デミルクスビームス) バッグ¥6,300/アダム エ ロペ(アダム エ ロペ) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)▶パッと目をひく流行のカラーパンツコーデの詳細はこちらお地味な色味にならないように、彩度をおさえたカラーパンツと素材のまろやかさを合わせてみる。正統派トレンチのかっちり感と、首もとのスカーフやスクエアボストンなどエッジのきいた小物づかいが全体を引き締めてON仕様に。 パンツ¥18,000/デ・プレ 丸の内店(デ・プレ) トレンチコート¥79,000/トラディショナル ウェザーウェア 青山ウィメンズ店(トラディショナル ウェザーウェア) タートルニット¥23,000/八木通商(ルトロワ) サングラス¥19,000/ロンハーマン スカーフ¥39,000/ヴァルカナイズ・ロンドン(ジェーン・カー) バッグ¥158,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥52,000/アマン(ペリーコ)▶ハンサムトレンチコートにフェミニン色パンツコーデの詳細はこちらパッと目につく華やかなエメラルドグリーンのパンツ、いつもなら無難なネイビーを合わせていたけれど、ネイビーの代わりにカーキを投入すれば、落ち着いたしゃれ感がかけ合わされて、一気にアクティブで都会的なイメージに。イヤリングや靴もカーキでそろえて。 シャツ¥39,000/マディソンブルー バレエシューズ¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス) パンツ¥43,000/ドゥロワー 丸の内店(ドゥロワー) イヤリング¥10,000/マルティニーク二子玉川(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥44,000/フレームワーク ルミネ新宿店(オリヴィーヴ)▶エメラルドグリーンのパンツコーデ 詳細はこちら▲【アラフォー向けのパンツーコーデ】トップに戻る アラフォーにおすすめのクロップドパンツコーデグレーのクロップドパンツもブラウンのリブカーディガンも地味色かつ細めのシルエットだから、下に白Tシャツをはさむことでぐっとこなれた印象になる。シルバー小物で輝きを添えれば、地味すぎるコーデを回避できる。 カーディガン¥¥23,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) Tシャツ¥7,800/スローン パンツ¥21,000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)バングル¥6,500/ジューシーロック 靴¥49,000/アマン(ペリーコ) バッグ¥686,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) サングラス¥52,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285)▶白Tシャツ×グレーパンツのカジュアルコーデの詳細はこちら▲【アラフォー向けのパンツーコーデ】トップに戻る アラフォーにおすすめのワークパンツコーデ春先は透け感のあるシースルーのトップスやヒールパンプスなどを合わせていつもと雰囲気を変えてみては? イタリア空軍のパンツを忠実に再現したユニセックスな印象のティッカの復活カーゴパンツには、こういった艶ありアイテムを合わせることで、より女性らしさを演出できる。 パンツ¥26,000/ティッカ ニット¥28,000/カオス丸の内(カオス) インに着たカットソー¥9,000/マスターピースショールーム(サイ) スカーフ¥19,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥48,000/ビームス ハウス 丸の内(ペリーコ)▶ティッカの復活カーゴパンツコーデの詳細はこちらはき込むことで楽しめる、アタリによる経年変化も。カジュアルな生地を使いながら、センタープレス入りのラインがきれいめ服をうまく受け止めてくれる。 パンツ¥19,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(マルティニーク) カーディガン¥24,000/スローン ニット¥11,000/マスターピースショールーム(サイ) ピアス¥12,000/ティアラ(ルーカス ジャック) メガネ¥31,000/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥563,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ) 靴¥69,000/セルジオ ロッシカスタマーサービス(セルジオ ロッシ)▶スリムなベイカーパンツコーデの詳細はこちらデニムにもワークパンツにも定評のあるザ シンゾーンのベストセラーのベイカーパンツ。ほどよいハイウエストで、フロントの縦長ポケットとヒップのフラップポケットが腰まわりを絶 妙にカモフラージュしてくれるとファン続出。少しロールアップして足首をのぞかせてもきれい。 パンツ¥19,000/シンゾーン ルミネ有楽町店(ザ シンゾーン) ブラウス¥19,000/コントワー・デ・コトニエ ジャパン(コントワー・デ・コトニエ) バッグ¥345,000/エイチ アイ  ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥19,000/ビームス ハウス 丸の内(デミルクス ビームス)▶ベストセラーのベイカーパンツコーデの詳細はこちら特徴的なカーゴポケットとディテールにミリタリーっぽさを残しつつ、フラップ位置や膝のタックの分量を細かく整えることで大人の女性向きの仕上がりに。膝下から少しテーパードがきいたシルエットや柔らかいオリジナルのバックサテン素材もはきやすく、バランスを取りやすい。ユニセックスでそろう、豊富なサイズ展開はマディソンブルーならでは。 パンツ¥62,000/マディソンブルー Vニット¥27,000/エンフォルド バッグ¥45,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥75,000/ビームス ハウス 丸の内(ニナ リッチ)▶ヒールパンプスで楽しむ大人のホワイトカーゴコーデの詳細はこちらアメリカ軍が採用していた、硬派なフィールドパンツから着想。現代の女性に似合う一本に。ハイウエストで腰まわりを強調しつつ、あえてやや大きめをゆるっとはくのが今年の気分。カーゴビギナーはカジュアルにまとめず、まずは白ブラウスやかごバッグなど、甘めのアイテムをミックスするのが成功のカギ。 パンツ¥29,000/ボウルズ(ハイク) ブラウス¥18,000/カレンソロジー青山(カレンソロジー) バッグ¥16,000/ビームス ハウス 丸の内(ヴィオラドーロ) ピアス¥10,000(ソコ)・靴¥44,000(ネブローニ)/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店▶アーミーパンツコーデの詳細はこちら▲【アラフォー向けのパンツーコーデ】トップに戻る
  • 現在発売中のエクラ5月号では、着るだけで素敵になれる「進化したシャツ」の大特集を掲載。アウターなしでも出かけられる日が増えてきた今、エクラ華組ブロガーたちが春のシャツコーデを大公開! 一枚で着映えて体型カバーもかなう、大人にうれしい最旬のシャツとは? 愛用ブランドからプチプラブランドまで上手に取り入れた、彼女たちの着こなしをぜひ参考にして。1.『GU』のシャツワンピースで気になる体型もカバー (佐藤綾子さん)ロングシャツにレギンスを重ね、昨年から人気のレイヤードを披露してくれた佐藤さん。 「爽やかな白地でデザインもゆったり。気になるお腹や体型もカバーしてくれます。そしてお値段なんと1990円! コスパ良すぎです。他にブルーベース、ベージュベースもありましたよ。 同じく『GU』のグレーのリブレギンスを合わせて柔らかい雰囲気に。シルバーのバッグ、パープルのパンプスで少しきれいめにしてみました」2.素敵オーラを倍増させる変わりデザインシャツ (鈴木たま江さん)アレンジされたものをセレクトしたり、素材やボタンにこだわったりと、実はシャツに目がないという鈴木さん。 「髪はショートで首回りは貧相…なので、スタンダードな形のシャツはマニッシュになり過ぎて自分には似合わないと思ってるんです。そんな思いで選ぶシャツは欠点をカバーしてくれて、おまけに見栄えのするもの。今のお気に入りは、スカーフの様に首元に結ぶリボンとオープンショルダーが特徴的な『Brunello Cucinelli』のシャツ。カチッと決めすぎない様にパンツとバッグはデニム素材にしてちょっぴりラフに!」3.『ZARA』の白シャツはゆったりサイズを重視 (近藤和子さん)近藤さんが暖かくなったら真っ先に着たいと思っていた『ZARA』の白シャツは、各サイズを試着してセレクト。ふんわり&ゆったり感を重視し、Mサイズを購入したのだそう。 「まだ寒い季節のうちに購入しておいたシャツ。今年はゆったりした長めの丈なものを選びました。シンプルすぎるほどの白シャツなので、胸元や手元はシルバーでキラキラとさせて。 小物も今年の春先に購入した、ロエベの籠バッグ。靴はエクラ別注のペリーコで、スタッズ付きの白にしました」他の画像を見る※写真・本文は本人ブログより抜粋
  • 東京は今まさに、"鮨バブル"。実力店が群雄割拠する時代。あらゆる美食に通じながら「今、自腹で行きたいと思うのは、一も二もなくお鮨!」と話すN山さんに、大人の女性が心から満足できる店を指南いただきます。教えてくれたのはこの方 N山K子。外資系金融企業に勤める美食家。鮨をこよなく愛し、月に2回以上の鮨屋通いを欠かさない。特に好きな鮨だねは貝類。日本酒、ブルゴーニュ好き。1.何もかもが極上! 唯一無二の初音劇場『初音鮨』カウンターはウォールナット材のL字形。インテリアは鮨屋らしからぬモダンさである。大将の中治勝さんが登場しゲストの前で酢めしをきり終えると、超豪華素材のオンパレード、「初音劇場」の始まりだ。 「大将と女将さんのかけ合いから、一貫ずつの出し方まで、すべてが唯一無二のエンターテインメント。お鮨を食べ慣れた目上のかたをお連れしても必ず喜ばれます」と、N山さん。マグロは下田産や銚子産、その日の一番をかたまりから切り出し、約35℃のしょうゆでヅケに。松葉ガニや伊勢エビは生きたままの姿を見せてから調理し、ウニは産地もブランドもわかる箱ごと、まずカウンターへ。「嘘偽りいっさいなし」とすべてをゲストの前で行うのがスタイル。中治さんの軽妙な口上に終始ゲストがわき、女将のみえ子さんのおっとりした合いの手に、また笑いが起こる。  極上素材と真心のもてなしが織りなす“鮨ライブ”は、「満足感」をはるかに超えた感動体験だ。’18年11月、改装を経てリニューアルオープン。内装設計は『大浦比呂志創作デザイン研究所』による。現在、勝さんとみえ子さんの愛娘、睦さんも若女将として活躍松葉ガニのほぐし身とカニ味噌のリゾット。生きた状態を見せてから15分蒸し、スタッフ総がかりでカウンターでほぐし身にエゾバフンウニ、紫ウニの小丼他の画像を見る東京都大田区西蒲田5の20の2 ☎03・3731・2403 15:00~、17:00~、19:00~(3部制) ㊡水・木・日曜、祝日 ※コース¥48,600(税込)~ (事前決済または現金のみ)2.ウニにマグロは鮨の華。銘醸ワインとともに『鮨 尚充』毎日営業直前に剃り上げるピカピカの坊主頭に、エルメスのスカーフのねじり鉢巻き。カウンターにはルイ・ヴィトンのネタケースが鎮座する。ムードはかなりイケイケだが、店主の安田尚充さんは16歳から自由が丘『鮨幸』一軒で14年間もの長きにわたり修業。親方も公認の独立時からのゲストに愛され続け、「お陰さまで、開業から8年、毎日満席です」と、話す笑顔はすこぶるさわやかだ。 「華やかさがあり、スタッフも充実していて大将を筆頭にサービスもきめこまやか。プライベートではもちろん、接待にもいい店です」と、N山さん。  鮨だねで力を入れるのは、一も二もなくウニ、そしてマグロ。逸品つまみとにぎりを織り交ぜたコースのハイライトとしてそれぞれを2、3貫ずつ出し、味の違いを楽しませる。ワインはシャンパーニュ、ブルゴーニュを中心に自然派からグランヴァンまで、ツボを押さえたセレクト。  気分がアガる、そしてご主人と鮨から確実にパワーをもらえる。心から楽しめる上質なワクワクがある鮨店である。ゴージャスなアイテムを配しつつ、品のある空間。器や花のしつらえにもセンスがにじむ熊本県天草産の紫ウニ。小粒でしっかりとした磯の香りがある赤身のヅケ。マグロは高級鮨店、割烹御用達の仲卸『やま幸』から他の画像を見る東京都目黒区青葉台1の28の2 ☎03・3712・6999 18:00~、21:00~(2回制)、土曜のみ昼営業12:00~ ㊡日曜、祝日 ※コース¥23,000~。予約は予約サイト「OMAKASE」で3.基礎と発想力で勝負。人気沸騰中の新店『鮨 由う』「にぎりの一貫目は春子(カスゴ)と決めています」と、尾崎淳さん。春子は鯛の稚魚の総称だが、身が軟らかい血鯛の稚魚を使用。軽い昆布締めで、みずみずしいうま味を存分に楽しませる。脂ののった高級魚は鮨の花形だが、「小さな魚に手間をかけて味をつくる」のが身上。長く修業した鎌倉『以ず美』で覚えた仕事だ。そんな職人気質のきまじめさは内に秘め、ゲストの前では徹底したエンターテイナーに。 オリジナルの「プリン巻き」は、提供時のパフォーマンスも含めた“名物”。N山さんも「個室もあり、鮨ビギナーの友人たちとの女子会にもよさそう」と、次の訪問の機会をねらっているところ。4名までの個室あり対馬産のブランドのどぐろ「紅瞳」は脂のりが段違い。焼いて酢めしの上にのせてペースト状にしたあん肝を酢めしと合わせ、すいかの奈良漬け、きゅうりと巻いた「プリン巻き」。尾崎さんのパフォーマンスは、店を訪れてのお楽しみ他の画像を見る東京都港区六本木4の5の11 ランド六本木ビルB1 ☎03・3404・1134 17:30~、20:15~(2部制) ㊡日曜、祝日 ※おまかせコース ¥20,000~。5月、系列店が広尾に4.知識と技で極める味。春は貝もいろいろ『すし匠まさ』つまみとにぎりが交互に出るスタイルは、修業先『すし匠』を踏襲するが、驚くのは50を軽く超えるという品数。数もさることながら、ひと口の酒肴にいたるまでこまやかな仕事が施されていて、扱う魚種も幅広い。ふだんは鮨屋でも「食事と会話を楽しむ派」のN山さんだが、ここでは岡正勝さんの熱に引き込まれ、ついつい魚の話に没頭してしまうのだとか。「知識や経験値にかかわらず誰にでもわかりやすい説明で、カウンターに一体感が生まれるんです」とも。  酢締めや塩締めは、魚の状態に応じて1分刻みで時間を決め、ほかの職人が使わないような部位も、炙るなどして酒好きが喜ぶ一品に。春はツブに北寄と、貝類にも力を入れ、卵巣や白子つきの希少なものも登場する。食後はさすがにおなかいっぱいになるが、メリハリのある鮨だねとまろやかなうま味のある酢めしが一体になった小ぶりなにぎりは、永遠に食べ続けられそうな錯覚に陥るほど!7席のみの、こぢんまりとした店で「隣のお客との会話も自然に始まる」と、N山さん。白木のカウンターがすがすがしいカワハギと肝のにぎり。肝の味の安定感を求め、カワハギだけはあえて養殖を使う和辛子をのせたカツオのヅケ他の画像を見る東京都港区西麻布4の1の15 セブン西麻布B1 ☎03・3499・9178 18:00~24:00 (日曜・祝日~23:00) ㊡月曜(不定休あり) ※コース¥25,000~5.職人の人柄が表れた、誠実で食べ疲れない鮨『鮨 てる』価格で鮨店を選ばないN山さんだが、「味と居心地に満足した店が、結果的にリーズナブルだった」と絶賛するのが『鮨 てる』。食材の派手さやパフォーマンス勝負ではなく、魚は定番を中心に、つまみで季節感を添えて。奇をてらわないぶん、仕事がまっすぐ味に出る。薬味の香りの効かせ方が秀逸なつまみ、粒の立ったまろやかな酢めしと鮨だねの食感が織りなす、咀嚼してうまいにぎり。宮﨑智弘さんが夫婦ふたりで切り盛りする店だが、アットホームとは一線を画す、凛とした空気も心地よい。 ちまたの鮨バブルなどどこ吹く風、路地裏で静かに味を知る大人を引き寄せている。カウンターにはハンス・ウェグナーの椅子。器使いにも夫妻のセンスを感じるお造り。鯛は2日間寝かせて落ち着かせ、アイナメは食感を損なわないよう朝締めのものを提供コースはつまみに始まり、にぎりに移行するスタイル。にぎりは約10貫。アナゴは、口の中で酢めしの粒の間に溶け入り、一体になるような軟らかさ他の画像を見る東京都新宿区荒木町7 ☎03・5379・8138 17:30~23:00 ㊡日曜、祝日 ※予算¥15,000~¥20,000。 予約は2カ月先までの分を常時受け付けているeclat5月号掲載 撮影/海老原俊之 牧田健太郎 取材・文/佐々木ケイ
  • 春旅を軽やかに楽しむのに欲しいのは本当に役立つ洋服や小物。旅好きアラフィー世代が、旅先でのドレスアップシーンにも重宝する旅小物をご紹介。これがあれば、自信を持ってディナーに臨めます!レストランでライター・大野智子さん推薦「ザネラートのバッグ」パスポートもスマホも入り2WAYで持てて便利 「ショルダーバッグに、チェーンストラップをはずせばクラッチとしても使えるから、旅先のレストランやバーに便利。柔らかなレザーも心地よく、小さいながらポケットも充実していて整理しやすいのも旅におすすめ」。 ★ウォレットバッグ(H12.5×W24×D4)¥59,000/エクラプレミアム通販(ザネラート)ザラネートはエクラプレミアムからご購入いただけます!購入はこちら>編集SH推薦「MOY Parisのピアス」軽いコットンパールだから旅には複数持参して 「コットンパールだから気軽に持っていけ、豊富なカラーバリエも魅力。ラインストーン側を前にしても後ろにしても素敵。リゾート地でも、とてもつけ映えして友人にも大好評」。 コットンパールピアス(アクア、ゴールド、ラベンダー)各組¥6,700/OTOMO SARL(モイ パリ) ★ホワイト、グレージュ、ブルーはエクラ通販で販売中モイ パリはエクラプレミアムからご購入いただけます!購入はこちら>室長M推薦「ヨーコ チャン エッセンスのブラウス」旅先のドレスアップでも手抜き感なく美しい 「定番のプルオーバーブラウスはとっても美しいのにしわにならず、旅先のドレスアップでも手を抜いた感じにならないので、真夏以外はスリーシーズン重宝しています。着丈に前後差があり、後ろできれいなすそ広がりになるので、一枚でも安心感あり」。 ブラウス¥37,000/YOKO CHAN(ヨーコチャン エッセンス)スタイリスト・伊藤ゆみさん推薦「エブールのコットンリブニット」たたんでもしわにならない旅ドレスはニットが一番 「旅先でもドレスアップの洋服は必ず持参しますが、たたんでもしわになりにくい、着ていて疲れない、が絶対条件。ニット素材ならしわの心配がなく、さらに軽く着心地も抜群でノンストレス。きれいなシルエットなのにリラックスして着用できるので重宝します」。 ニットワンピース¥28,000/ebureライター・向井真樹さん推薦「バレナ ベネツィアのリネンジャケット」軽いのにきちんと見え!一枚あれば助かるジャケット 「イタリア製のガーゼのような軽い素材。さらに、裏地も芯地も使っていないからカーディガン感覚ではおれるジャケット。カジュアルなワンピースやカットソーでもこれをはおるだけで、自信をもってディナーに臨めます」。 リネンジャケット¥76,000/ジャーナル スタンダード ラックス 表参道店(バレナ ベネツィア)スタイリスト・伊藤ゆみさん推薦「ロランスのパンプス」華やか素材のローヒールなら疲れないのに美しい 「旅先でのドレスアップはハイヒールもいいけれど、スーツケースでかさばるのが難点。このローヒールパンプスはそんな心配もなく繊細なチュール素材でフラットシューズなのにヒールを履いているような華やかさも醸し出してくれて◎」。 チュールフラットシューズ 各¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)撮影/木村 慎 スタイリスト/伊藤ゆみ 取材・文/大野智子 撮影協力/アワビーズ UTUWA ※バッグのサイズ表記はH =縦、W=横、D=マチを表し、単位は㎝です。★マークの商品は、エクラプレミアム通販(https://flagshop.jp/eclat/)で購入できます。 ※エクラ5月号掲載
  • 履き心地よく美脚見えする、今季らしいポインテッドトゥタイプが集結! スーツの色が軽やかになる春、足もとも明るいトーンのグレーが必要不可欠に。働く50代に支持されるブランドの名品パンプスをチェック。1.ペリーコシャープなラインが特徴的な、ペリーコのポインテッドトゥの新シリーズ「テミ」。すそ広がりのフレンチヒールは8㎝とは思えない安定感。汎用性の高いライトグレーは春から夏にかけてずっと活躍。靴(H8)¥48,000/アマン(ペリーコ) ジャケット¥352,000・ブラウス¥58,000・パンツ¥75,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) ピアス¥80,000・リング¥64,000/ダミアーニ 銀座タワー(ダミアーニ) スカーフ¥15,000/トゥモローランド(マニプリ) バッグ¥199,000/トッズ・ジャパン(トッズ)2.マノロ ブラニクかかとのカットワークや細ヒールが美しい、モダンアートのような一品は、ドレスアップの仕上げに。靴(H9)¥115,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)3.バリーごくシンプルなポインテッドトゥに、かかとのゴールド使いがアクセントに。きめが細かく柔らかなキッドスエード製。靴(H5.5)¥60,000/バリー 銀座店(バリー)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/戸野塚かおる モデル/生方ななえ 取材・文/新田幸子 撮影協力/UTUWA ※本文中の( )内の数字は編集部で計測。H=ヒールの高さを表し、単位は㎝です。 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
  • 今どきのこなれた着こなしの足元には抜け感が必須! そこでBAILAが提案するのが春から取り入れるサンダルです。人気復活のミュール、華奢な女らしさを引き立てるストラップタイプ、ますます人気が高まるスポサンまで、主役級のレディースサンダル3タイプをお届け。もちろん夏のスタイリングにもハマるから、いつもより早めに手に入れて夏まで長く楽しむのが正解です!<目次> 1.足元に大人の可愛げを添える「ミュール」 2.華奢な女らしさを引き立てる「ストラップサンダル」 3.ますます人気が高まる「進化系スポサン」1.足元に大人の可愛げを添える「ミュール」深めのVカットとスエードで肌もつやっぽく! 甲の肌感がきれいに映える、大胆なカッティングが魅力。コーディネートを引き締めるブラックもスエードなら辛すぎない。上品で女性らしい印象に仕上げてくれる。(6)¥ 31000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)旬なベージュカラーはコルク柄でしゃれ感を底上げ。華やかな色にもよくなじむニュートラルな柄だから、合わせを選ばず使いやすい。シュークロゼットの1軍になること間違いなし! (4)¥ 20000/エヌティ 伊勢丹新宿店(エヌティ)モノトーンながらチェック柄のメッシュとアクセントのリボンでフェミニンに履ける。シャープなつま先で足もとがスタイリッシュに。(4)¥ 27000/オデット エ オディール 新宿店(ファビオルスコーニ フォー オデット エ オディール) さりげなく素肌がのぞくメッシュは、見ているだけでどこか涼しげ。甲が深いアッパーとポインテッドトゥ、高めのピンヒールで足幅までもすらっと見えて美脚効果も。(7)¥ 24000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ ビアン)目を引くモチーフも素材感でこなれさせて アイキャッチーで華やかなビジューモチーフをジュート素材と合わせてナチュラルに。フリンジ仕上げのラフなヒールで遊び心も。デイリーだけでなくオケージョンシーンでも活躍しそう。(5)¥ 35000/ベイジュ(ピッピシック)ニュアンスブルーで雰囲気のある足もとを演出 細ひもを重ねた繊細なデザイン。スクエアトゥとチャンキーヒールでこなれ感を足し算。サンダル(5.5)¥ 18000/オデット エ オディール 新宿店(オデット エ オディール) スカート¥ 17000/ルーニィ ジャケット¥46000/バブアー 渋谷店(バブアー)トレンドのPVC素材は足もとにも♡ ビビッドな赤もビニール地と合わせれば気負わない。透ける肌感で着こなしを軽やかに。サンダル(6)¥ 11000/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ) パンツ¥37000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ポマンデール)メタリックシルバーはグレー感覚で気軽に取り入れられる万能カラー。キラッと輝くラメ感で素肌までつややかに見せてくれる。甲のくしゅっとした結び目ときゃしゃなヒールで女っぷりも上昇。(4)¥ 67000/ロンハーマン(マリ ジウディセリ)なめらかな曲線とパープルで大人の色気を醸す 甲のクロスデザインとヒールとソールの絶妙な曲線がたまらなく女っぽい。加えてスエードのパープルで色っぽさをもうひと盛り。デニムやワイドパンツに合わせてバランスよく履きたい。(5)¥ 48000/アマン(ペリーコ)色・形・素材、どれをとっても今年らしい! トレンド感がぎゅっと詰まった一足 肌なじみのいいベージュとリネンのかけ合わせで、抜けのある足もとがかなう。甲をホールドしてくれるデザインと安定感のあるチャンキーヒールで歩きやすさも抜群。(5)¥ 48000(ペリーコ)2.華奢な女らしさを引き立てる「ストラップサンダル」ベーシック服とも好相性なレオパード柄 ぴりりとアクセントを添えるレオパード柄。きゃしゃなシルエットと相まって女っぷりを引き上げてくれる。ホールド力のあるアンクルストラップで安定感も◎。(6)¥ 9800/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ)スクエア型のトゥとモチーフが都会的。白ソックスとのコントラストを楽しんで。サンダル(5)¥ 29000/オデット エ オディール 新宿店(マリサ レイ) パンツ¥23000/フレイ アイディー ルミネ新宿 2店(フレイ アイディー) 靴下¥ 1200/タビオ“透明”は今シーズンの注目素材。ヒールに加われば、定番のフォルムもきかせアイテムに大変身。コンサバな着こなしのときこそハズし役に。リネンで季節感も加味して。(5)¥ 15000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店(ピシェ アバハウス) しっとりとした質感のコルクのウェッジヒールとクリアなPVCの異素材ミックスが新しい。きれいめにもカジュアルにも振れる。太めのバックストラップで脱ぎ履きもストレスフリー。(3)¥ 17000/エヌティ 伊勢丹新宿店(エヌティ)夏らしいジュート素材とブラウンPVCで差をつけて 肌によくなじむブラウンがかったPVC素材。女性らしい透け感がありながら、カジュアルシーンにも浮かない万能さで普段使いにちょうどいい。ジュートソールで夏らしさもひと盛りして。(3)¥ 25000/アマン(ナノ・ユニバース×ペリーコ サニー)甲部分の細いラインのデザインが女性らしい。かかとでクロスするストラップ仕様は足首がほっそり見えるうれしい効果も。発色のいいピンクでこれからの季節にぴったり。(6)¥ 14000/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店(ル タロン グリーズ) さりげないチュール使いで大人の抜け感 コーディネートにぱっと華やぎを添えるフレッシュなイエロー。スエードのやさしげな質感とチュールのやわらかい透け感をプラスして今年顔に。ヒールがなくても上品に決まる。(2)¥ 15000/ダイアナ 銀座本店(タラントン by ダイアナ)スパイシーなパイソン柄はきゃしゃな細ストラップで取り入れれば、くどくならない。シンプルなスタイリングにちょこんと加えるのが今っぽい。大人の甘辛ミックススタイルにも効果的。(1.2)¥35000/エイチ ビューティ&ユース(カジェック) 足もとに軽やかさを運ぶヘルシーな肌感フラット♡ 肌感の多さとオフホワイトのストラップではだしのような軽やかさ。スクエアトゥならフラットでも洗練された印象に。サンダル(1)¥ 43000(ネブローニ)・ストール¥12000(エリンカ)/フラッパーズ パンツ¥14000/ドロシーズ丸みのあるストラップと歩くたびに揺れるリボンが女性らしい さし色にもなる、肌映えのいいオレンジ。 足首にアクセントをつけることで、着こなしにメリハリが。後ろジップで脱ぎ履きもしやすい。(7)¥ 35000/エフユーエヌ(チェンバー)3. ますます人気が高まる「進化系スポサン」ベルトのボリューム感で足がきゃしゃ見え! フェミニンなワンピースにガツンと合わせて履きたい。ベルト部分はどこも調整可能で好みのフィット感がかなう。(3.5)¥ 14000/フレイ アイディー ルミネ新宿 2店(フレイ アイディー×スイコック) 感度高めなビタミンカラーを足もとにきかせて コーディネートのさし色になるジューシーな朱赤。ソールのホワイトとのコントラストもアクセントに。シンプルだからカジュアルにもフェミニンにも合う名手。(2+ソール2)¥30000 /ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)ボリューミーな存在感がなんともアイコニック! ふわふわのファーとロゴの入ったバックストラップで個性をアピールして。クッション性・軽量性・柔軟性に優れたソールで一日中履いても疲れ知らず。(3.5)¥15000/デッカーズジャパン(アグⓇ)ネイルカラーが映えるクリーンなホワイトレザー リラクシーなスリッパ型にウエスタン調のレザーデザインをピリッときかせて感度高く。足の裏にぴったりフィットするソールで履き心地も申し分ない。サンダル(1.5)¥ 38000/ベイジュ(ピッピシック) パンツ¥32000/サザビーリーグ(マザー)甲のチェック柄と親指だけホールドするアシンメトリーなデザインがしゃれ感高め。履くだけでTシャツとデニムのワンツーコーデも鮮度よく。厚手のソールでフラットでも脚がすらり!(4)¥ 25000/ハイブリッジ インターナショナル(Amb) ストラップまでEVA仕様! 新感覚の履き心地♡ 定番〝ハリケーン〞の新作はソールとストラップのつなぎ目がない、甲の肌当たりまで考えられたすぐれモノ。水に浮くほど軽く、タウンユースはもちろんレジャーシーンでも大活躍間違いなし!(2.5)¥ 4800/デッカーズジャパン(テバ)ころんとしたシルエットに抜群の存在感を放つ、ベージュ、黒、紫、水色の4色使い。ポップなカラーブロックでも、肌になじむベージュでまとめているから服に合わせやすい。(3)¥15000/エミ ニュウマン新宿店(スイコック×エミ)軽やかなシンプルレザーで上品なラフさをプラス 手ざわりがなめらかなベビーカーフレザーと黒ラバーソールで高級感が漂う。カジュアルさのなかにもリュクス感を忘れない一足。品のいいブラウンでどんな着こなしにもマッチ。(2+ソール2)¥ 40000/ザ・グランドインク(ロランス)鮮やかなブルーとカラーブロックソールが特徴的。バックストラップと面ファスナーで着脱も楽々。サンダル(4)¥ 14500/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) スカート¥16000/フレイ アイディー ルミネ新宿 2店(フレイ アイディー) 靴下¥ 1200/タビオ
関連キーワード

RECOMMEND