一枚で絵になる、主役級の「白ニット」 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.一枚で今っぽさ抜群なのは、白!
清潔感のある美しさで視線を集めるホワイトと、ドロップショルダーのゆったりと優しげなムードが主役感たっぷりな本命。目の詰まった肉厚感のある上質カシミヤは、軽く柔らかな着心地で抜群に暖かい。白いタートルが肌映えもアップしてくれる。

ニット¥83,000/ドゥロワー 日本橋店(ドゥロワー) パンツ¥31,000/ユナイテッドアローズ 原宿本店(インコテックス) ピアス¥54,000/プラージュ 代官山店(ソフィー ブハイ)
2.シンプルコーデでこそ映える
色気とラフさの絶妙バランス
襟を抜いて着られるよう、後ろの襟ぐりが少し下がったデザインと、全体のルーズなシルエットが女っぽいVネックニット。デコルテから首にかけてのラインは、どの角度から見ても美しく見えるよう計算されて。全体はあぜ編みになっているのでラフでカジュアルなムード。パンツと合わせて軽やかに着こなしたい。

ニット¥32,000/ebure パンツ¥62,000/マディソンブルー イヤリング¥9,500/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥345,000/エイチ アイ ティー(ロウナー ロンドン) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)
3.上品な色気を感じさせる
白を基調としたワントーン
顔を少し埋もれさせるぐらい高さのある厚みのあるタートルが、ぐっとかわいらしいムードをつくってくれる。全体がビッグシルエットになっているので、横から見た姿もおしゃれ。エクラ世代の気になる体型悩みをカバーしてくれる長め丈もうれしい。ライトピンクのパンツと合わせて、全体を淡いワントーンでコーディネート。

ニット¥36,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) パンツ¥25,000/サードマガジン 帽子¥38,000/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店(ジェームス ロック&コー) ストール¥35,000/ebure バッグ¥58,000/ロンハーマン(OAD) 靴¥46,000/プラージュ 代官山店(ペリーコ)
4.白のもつ柔らかなニュアンスが
定番クルーネックを見違えさせる
一見ベーシックなクルーネックニットながら、立体感のあるシルエットが今どき。ミドルゲージの長すぎず短すぎずの着丈は、ボトムインすることもできる絶妙丈。最も着回し力高く、合わせるテイストも選ばない一枚。

ニット¥23,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) スカート¥17,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ピアス¥13,800/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ルーカス ジャック) バッグ¥35,000/ティーアンドエル(トフ アンド ロードストーン)
5.相反する素材の対比と色使いで
かわいげモヘアを大人っぽく着る
ふわふわのモヘアニットの軽やかで暖かな質感と、カーキのサテンスカートのつややかさの対比が、かっこよさとエレガントさを両立し、素敵な大人の女性像を体現。ざっくりとした編み地の肩が落ちたルーズ感、少しすそがたるむやや長めの着丈など、すべてがパーフェクトなたたずまいに。

ニット¥42,000/アングローバル(イレーヴ) スカート¥18,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(ユナイテッドアローズ) ピアス¥7,000(イケレレ)・靴¥42,000(ファビオ ルスコーニ)/以上プラージュ 代官山店 バッグ¥27,000/オデット エ オディール新宿店(リアヌマ)
eclat12月号掲載 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 田沢美亜 取材・文/坪田あさみ
関連記事
  • ほっそり縦長感を強調するシルエットとシックな黒のワンピースで女らしく 黒の引き締め効果と縦長シルエットのおかげで、自然とほっそり着こなせる大活躍の黒ニットワンピース。羽織ったスエード素材のジャケットのボタンを全部はずして、中のワンピースを見せることで、さらに縦長感を強調して。ジャケットのブルー以外はすべてブラックの小物を合わせて、シンプルだけど上級者感の漂う着こなしに挑戦。色が少なくてもストールで華やかさを、靴とバッグできちんと感を醸し出してくれる。ワンピース¥23,000/アングローバル(イレーヴ) レザージャケット¥220,000/マディソンブルー ストール¥40,000(ドゥース グロアー)・ブレスレット¥40,000(ラバー)/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店 バッグ¥50,000/TOMORROWLAND(スタウド) 靴¥28,000/エリオポール代官山(ファビオ ルスコーニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ワンピースコーデをもっと見る
  • 一日中資料探し。コピーのイメージをふくらませて資料探しする日は、パンツルックで動きやすく。モノトーンにまとめたコーデは、簡単にイイ女風に見えてお気に入り。今日はシャツ×タートルの重ね着で、ジャケットの中に変化を加えてみた。いつもの服が新鮮に見えて、なんだか気分が上がってきた! これならいいキャッチコピーが降りてくるかも……。資料を見ながら頭をひねっていたら、ふと気になる後輩男子のことが思い浮かんで。思いついた案、彼に見てもらおうかな。意外と斬新な視点を持っている宮沢くんなら、いいアドバイスしてくれるかも!シャツ¥26000/ガリャルダガランテ 表参道店(ヘリテノーム) タートルネックニット¥9800/ヒューマンウーマン パンツ¥17000/フレイ アイディー ルミネ新宿2 店(フレイ アイディー) ジャケット¥135000/マディソンブルー 時計¥55500/スワロフスキー・ジャパン(スワロフスキー・ウォッチ) メガネ¥33000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥39000/ガリャルダガランテ 表参道店(アヴァケーション) 靴下¥1000/タビオ 靴¥41000/ザ・グランドインク(ロランス)〝辛め〟ゆる華通勤OLの花 【今月のPROFILE】コピーや企画を手がける、青山の広告代理店勤務の広告プランナー。週の大半は打ち合わせで外出。仕事はタブレットで効率化を計っを計っている。自転車好きでアクティブなタイプ。辛めシンプルがおしゃれの信条だが、甘いスイーツが大好き♡ 最近同じ職場の後輩男子が気になり始めている。 明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム「今月のおすすめの着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 気になる商品の画像をタップ♪【関連商品】MACKINTOSH PHILOSOPHY 【ウォッシャブル】コンパクトサテンストレッチ ブラウス ¥10,000 (¥15,000の34%オフ、12月9日現在)+税【関連商品】NOLLEY’S [新色追加]天竺タートルネックプルオーバーニット ¥7,100(¥8,800の20%オフ、12月9日現在)+税撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/河嶋 希〈io〉 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/松島 花 取材・原文/陶山真知子 文/衛藤理絵
  • スイーツにお酒……と手みやげに頭を悩ますこの季節。今年は世界にひとつのブーケはいかが? エクラスタッフやおしゃれなかたたちが「ここぞ」というときに頼りにしているとっておきの人気フローリストをご紹介。予算は¥8,000。シャンパン1本分の予算で、こんなにドラマチックで素敵な手みやげに。1.ウヴル華やかなシーズンにぴったりな心浮き立つブーケは、3種のバラ、2種のダリアなどパッと目をひくピンクの濃淡に、さし色のシックなボルドーのアレンジ。センスあふれる色の合わせ、自然なグラデーションによる立体感のある美しいブーケが話題の注目店。トレンドに敏感な女性が集うホームパーティなどに持参すれば、会話も広がりそう。東京都品川区上大崎3の10の8 ☎︎03・6721・6779 www.oeuvre-tokyo.com 営業日・時間はインスタグラム(oeuvre_tokyo)参照。オーダー(¥5,000〜)は 1週間前までに。2.マコトオクドミモダンでスタイリッシュな東京スタイルのブーケは、シンプル&シックなインテリアの家や、男性への手みやげにもぴったり。写真はサンダーソニア、ケイトウ、カラー、バラなど黄色の濃淡を組み合わせたハッピーな気持ちになれる鮮やかなブーケ。折り紙のような凝ったラッピングまでもがおしゃれと評判。☎︎03・6276・5225 www.makotookudomi.com オーダーは、事前にメールもしくは電話にて。3.ザ リトルショップ オブ フラワーズ / アトリエ野原から摘んだままのような空気感をもつ、きれいにまとまりすぎないアレンジが魅力。ダリアやエキナセア、ブルーベリーの葉などを合わせた写真のブーケは、木のぬくもりあふれるナチュラルなインテリアや、和の空間にも合いそう。依頼時には贈るかたの好きな映画などを伝えるのも、イメージソースに役立つとか。ニ他の画像を見るeclat1月号掲載 撮影/三木麻奈 スタイリスト/石山とみ子 取材・文/鈴木奈代 ※掲載したブーケは予算¥8,000で製作。季節や仕入れ状況により同じ花材がそろわない場合があります。
  • 黒タイトのシャープさで、ラフに見えがちなコーデをブラッシュアップパーカ&デニムのカジュアルなレイヤードが、黒タイトスカートのおかげでぐっと色っぽい表情に。レース素材のバッグや赤パンプスといったインパクト小物も、シックな黒をベースにすれば違和感なくすんなりなじむ。スカート¥17,000/エリオポール代官山(エリオポール) ジャケット¥34,000/ボウルズ(ハイク) パーカ¥26,000/ヴァリアスショールーム(エイトン) シャツ¥39,000/マディソンブルー バッグ¥28,000/エストネーション(ラドロー) 靴¥40,000/ザ・グランドインク(ロランス)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼休日コーデをもっと見る
  • 鯛、ふぐ、松阪牛……豪華食材の鍋があれば、温かな湯気とともに盛り上がること間違いなし! 名料亭や名宿なら味はお墨付き! その中から厳選してご紹介。1.美濃吉本店 竹茂楼 (京都) 特選 鯛かぶらこの時期、身が締まりうま味を増した明石の鯛とほの甘く軟らかな聖護院かぶらの取り合わせ。大ぶりに切られて味のしみたかぶらとだし汁は、京都の名料亭ならではの雅味。鍋にだし汁をはり、鯛とかぶらを入れてあつあつになったら、京水菜を加え、柚子皮をたっぷりのせてどうぞ。冬の京都の美味が詰まったセット。2〜3人前 ¥10,500(税込) ☎︎075・771・4185 http://www.takeshigero-otoriyose.com2.松阪肉元祖 和田金 (三重) すき焼き用上肉明治初期創業の松阪牛の老舗。看板料理のすき焼きは肉好き垂涎の美味。広大な自社牧場で松阪牛を丹念に育て、質の高い牛肉を常に提供している。すき焼き用の肉はやや厚めにスライスするのが和田金流。力強くキレのよいうま味を存分に感じられ、舌の上でとろけるよう。「焼きかげんはさっと」がおいしくいただくコツ。600g¥12,200 ☎︎0598・21・3291 https://www.wadakin-bestbeef.jp3.大正屋 (佐賀) とろける湯どうふ佐賀・嬉野温泉の温泉水で湯豆腐をすると、とろけるような豆腐ができあがる。ご当地だけで楽しめるものだった名物を老舗旅館『大正屋』が持ち帰り用に開発したのが、低農薬の大豆「ふくゆたか」と本にがりで作った豆腐と調理水、豆乳、ごましょうゆ入りのセット。とろ〜りとろけるクリーミーな湯豆腐はほかでは味わえない。3丁入り¥2,700(税込) ◾️0120・102890 http://yudoufu.jp他の画像を見るテーマのあるおもてなし 記事一覧eclat1月号掲載 撮影/三木麻奈 スタイリスト/肱岡香子 調理/久保田加奈子 取材・文/北村美香
  • 首の金ボタンが可愛い❤️プチプラ白ニット白ニットから少し話が逸れますが 今日から新メンバーさんも加わったので、 改めて私も自己紹介を… 私は美女組に参加させていただいてから7年目になります。 どうしてかんちゃんというニックネームなの? と聞かれますが、私の旧姓が「かねこ」で、頭文字をとって「かんちゃん」と呼ばれるようになったのが小学校3年生の頃… そこから、年を重ねても かんちゃん と呼ばれることが多いのでそのままマリソルでもニックネームとして使っています。 もういい歳して かんちゃん ってね…なんて思う方もいらっしゃるとは思いますが、あと1年活動させていただくこととなりました。 どうぞよろしくお願い致します。 白ニットにデニムは大好きなレッドカード上下zaraのコーディネート サルトルのロングブーツで高見え少し前に購入した zaraの白ニット 期間限定価格で2,990円のお買い得商品 ラスト1点という嬉しいお買い物でした(*^^*) 首に金ボタンがついていてざっくり感も可愛い ボトルネックで暖かさもバッチリ! 定番のデニムから今季流行のレオパード柄スカートと何にでも合わせやすい❤️ 白い服って汚しやすい(>_
  • 今回は50歳を目前に、自分の「好き」がつまった原点を追求。日常のカジュアルスタイルだけでなく、いつもより正装が必要なシーンでの着こなしも素敵! という噂を聞きつけて、富岡さんにドレスアップスタイルの提案をリクエスト。富岡さんの最新ヘアスタイルにも注目!1.理想は“ノンシャラン”。ブルーデニムに無造作に、 ブラウスとネックレスを合わせて「フランス語で"無頓着"を意味するノンシャラン。自由気ままだけれど軸がある、そんなスタイルを常に目標にしています。ラフなデニムにこそ、女らしいツヤブラウスやネックレスを無造作に」。BLOUSE : Vince DENIM : MOTHER INITIAL NECKLACE : CÉLINE EARRINGS/LONG NECKLACE/ SHORT NECKLACE : hum RING (RIGHT(both)) : Hirotaka RING (LEFT) : UNKNOWN BAG : elleme2.コートは、"いいもの"を着たい。マックスマーラの エコファーは、まさに、"いいもの"「基本的にカジュアルなアイテムが好きなので、コートは、コーディネートを格上げしてくれるものを選びたいと思っています。格式高いマックスマーラのコート、しかも、時代を映す鏡のようなアイテムであるエコファー。この一枚を見た瞬間に、ぐっときました。この日は、カーキのシンプルニット×グリーンのクロップトパンツから続く、ブラウン系へのグラデーションコーデをつくってみました」。すべて本人私物。COAT : MaxMara KNIT : SLOANE PANTS : THE STORE by C' EARRINGS : CÉLINE RING (LEFT) : UNKNOWN BAG : HERMÈS SHOES : ZARA3.ふだんも着られる黒のワンピースを、 ストッキングと羽根バッグでドレスアップ仕様に「おしゃれ感ときちんと感を両立してくれる、チャコールグレーのストッキング。デニールは15〜20が最適です。ふだんも着られる黒ワンピースに羽根つきのバッグを持って、ドレスアップらしい雰囲気を演出します」。ONE-PIECE : CINOH EARRINGS : little DARLIN' RING(LEFT) : HARRY WINSTON RING(RIGHT) : TOMWOOD BAG : MICHAEL KORS STOCKINGS : Pierre Mantoux SHOES : PELLICO他の画像を見る富岡佳子プライベート・スタイル 記事一覧eclat1月号掲載 撮影/長山一樹(S-14) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリング協力/村山佳世子 モデル/富岡佳子 取材・文/磯部安伽
  • 画像クリックで元記事へリンクします!
関連キーワード

RECOMMEND