神話の島、済州島。ジェジュ・シンワ・ワールド・マリオット・リゾートで癒される!①

Web eclat
リゾート内の韓国料理、済州膳(チェジュソン)でジャガイモのビビンバとウニ入りワカメスープ。見目麗しく美味!
リゾート内の韓国料理、済州膳(チェジュソン)でジャガイモのビビンバとウニ入りワカメスープ。見目麗しく美味!
 私の初韓国は、15年ほどまえ取材で訪れた済州島だった。辛いものもニンニクも得意ではなく不安だったが、案内役の地元のタクシー運転手さんが行きつけの店を紹介してくださり、これが大正解。郷土料理の太刀魚などの焼き魚、甘鯛の干物、ウニ入りのわかめスープ、黒豚の炭火焼きなど、目から鱗の美味しさにすっかり魅了された思い出がある。成田からわずか2時間半のフライトだが、韓国いちのハルラ山も壮大で、自然豊かなリゾートというのもいい。

 韓国でいちばん好きなこのデスティネーション、2年まえ夏に2度再訪し、その変わらぬ島の味覚と美しい景観を満喫。今回が4度目の済州島旅となった。取材でもプライベートでも幾度となく韓国各地を旅しているが、やはり、この済州島の魅力は格別。ハイシーズンの夏より過ごしやすい秋にも、そして特産の柑橘類が最盛を迎え、鍋が美味しくなるる冬にも、何度でも来たい神話の島だ。

 今回の旅の目的は、今年1月にオープンして話題の、ジェジュ・シンワ・ワールド・マリオット・リゾートのホテルステイ。ホテルにスパやサウナはもちろんカジノもあるほか、神話ワールドには、アミューズメントパーク、BIGBANGらが所属する大手芸能事務所YGのYGリパブリックのカフェ、レストラン、ボーリング場など娯楽施設が充実。なかでも渋谷にも今年オープンして人気のサムゴリプジュッカンで、済州黒豚の五枚肉や肩ロースの炭火焼きはマスト!分厚い熟成豚は塩で食べても、済州島ならではのアンチョビソースをつけてもまた美味!食後は向かいのカフェでコーヒーもよし、ボーリングも楽しい。
  • マリオット・リゾートのデラックスキング。広さがあり快適
    マリオット・リゾートのデラックスキング。広さがあり快適
  • 吹き抜けのロビー。階下にカジノやショップがある
    吹き抜けのロビー。階下にカジノやショップがある
  • 屋外プールは夏のみ、屋内にも25メートルプールが
    屋外プールは夏のみ、屋内にも25メートルプールが
  • 落ち着くロービー階のジ・アイレットラウンジとボンボンデリ
    落ち着くロービー階のジ・アイレットラウンジとボンボンデリ
  • アフタヌーンティのデザートも宝石のよう
    アフタヌーンティのデザートも宝石のよう
  • アフタヌーンティのビュッフェにはミニバーガーも
    アフタヌーンティのビュッフェにはミニバーガーも

 ホテルから徒歩5分以内にショップやこの娯楽施設、レストランがあるので家族旅行にも最適だ。モシルクラブハウスでのボディマッサージも1日を締めくくるご褒美にぜひ予約して。

 宿泊したデラックスキングのゲストルームは、広さ37.8㎡、天井高2.8m、とかなりスペーシャス。新しいだけに、部屋の照明調節、テレビなど最新の使い勝手の良さ、アメニティはオレンジとタンジェリンの香りのTHANN、無駄のない、明るい印象のシンプルモダンなレイアウトとインテリアも非の打ち所がない。部屋数は486室、来年には572室に増えるそうだ。歴史ある、そして常に進化するマリオットならではのおもてなしがまた素晴らしく、感心しっぱなし。スタッフも丁寧に質問に答えてくれるなど温かく、日本語を話せる方もいて安心だ。ホテルにいるだけでも癒されるが、島の観光の起点にもいいロケーションなので初めての済州島旅行にもうってつけだ。
  • スイートルームからの夕景。海も望める
    スイートルームからの夕景。海も望める
  • 韓国料理の済州膳には半個室もある
    韓国料理の済州膳には半個室もある
  • 済州膳のデザートの栗きんとん!伝統茶とともに
    済州膳のデザートの栗きんとん!伝統茶とともに
  • 牛島(ウド)の特産品ピーナッツのタルト
    牛島(ウド)の特産品ピーナッツのタルト
  • フェイスマスクのサービスは韓国ならでは!
    フェイスマスクのサービスは韓国ならでは!
  • 済州島は甘いにんじんの産地としても知られている
    済州島は甘いにんじんの産地としても知られている

1/12

2/12

3/12

4/12

5/12

6/12

7/12

8/12

9/12

10/12

11/12

12/12

朝食ビュッフェのわかめスープがコンソメのよう
季節の完熟柿まであり感激!!見晴らしのいいSky on 5 Grillで
朝食には、その場で茹で上げてくれるフォーまである!
老若男女が遊ぶ、神話ワールドテーマパーク
神話ウォーターパークの屋内施設は夏以外も楽しめる
YG REPUBLICにはカフェやレストラン、娯楽施設が
サムゴリプジュッカンでは、済州島の黒豚を炭火で
モクサルという首の周りのロースは旨味たっぷり!!
済州島のクラフトビールウィットエールもお勧め
本格的な辛さのチゲも後を引く、と人気
YGが経営するオギョプサル(五枚肉)の人気店
ボーリング場、ビリヤード場、ゲームセンターも
撮影・取材・文/桂まり
関連記事
  • 今回はシンガポールを起点にペナン島、プーケットにも寄港する旅。寄港先での街歩きや観光も、クルーズ船の旅の醍醐味!エレファントトレッキングは、プーケット島の人気オプショナルツアー。3泊4日の「ゲンティン ドリーム」は、1度の旅で3か国を巡る。起点のシンガポール、2日目、3日目にそれぞれ寄港するペナン島(マレーシア)、プーケット島(タイ)、いずれも人気のデスティネーションだ。 クルーズの一番のメリットといえば、洋上ライフを楽しんでいる間に次の港に到着すること。移動の疲れもなく、時間を有意義に使うことができるから、寄港地では思いきり街を満喫したい。 寄港地で頼りになるのが、有料のオプショナルツアー。アウトドアにショッピングに世界遺産散策と、その内容は豊富なので、自分にぴったりのものが見つかるはず。 このクルーズのひとつ目の寄港地はペナン島。停泊する港は中心部、ジョージタウンにあり、徒歩だけでも十分に街を散策することができる。ここではオプショナルツアーに参加せず、プラナカン文化が息づくカラフルな旧市街を気ままに歩いてみるのもよさそう。 ペナン島に到着。下船すると、民族衣装をまとった女性たちが華やかにお出迎え。ペナン島の港は街の中心部。船を一歩出れば、そこは外国。3日目の朝は、プーケット島のパトンビーチに到着。広大なプーケットを効率よく巡るなら、オプショナルツアーに参加するのもおすすめ。もちろん、おひとり様参加もOK。家族連れや友だちとの旅でも、寄港地だけ別行動できるのは、クルーズ船の便利なところ。たった一人でも、治安を心配したりすることなく歩けるのは嬉しい。「ゲンティン ドリーム」がシンガポールを出発・到着するのは夕刻。乗下船の前後にシンガポール観光も可能。シンガポールの街中にある風水スポット「富の噴水」で、これから始まる船旅の無事を祈願。ローカルの雰囲気を楽しみながら、ペナン島・ジョージタウンを散策。他の画像を見る *   *   * 下船するときに思わず感動してしまうのは、出入国手続きがとても簡単なこと。一般的に、クルーズでは船が乗客に代わって事前に出入国手続きをする仕組みになっているため、イミグレーションで長い列に並ぶ煩わしさがない。歩きすぎてヘトヘトになったら、即、部屋のベッドに直行! これは飛行機で出入国する際との大きな違い。 1度の旅で何度もおいしい、クルーズの旅。それを短い日程で可能にする「ゲンティン ドリーム」は、忙しい女性のわがままな希望を叶えてくれる。 「ファイブ・フット・ウェイ」と呼ばれる屋根付きの歩行者専用通路が連なるジョージタウン。世界遺産にも登録されている。 寄港地でローカルビールを飲むのも楽しみ。問い合わせ/ ゲンティンクルーズライン ☎03・6403・5188<<< ずっと船にいても飽きない理由【連載第5回】写真/織田桂子 取材・文/芹澤和美
  • "今"のニーズにこたえるべく進化した客船は、中で観られるさまざまなエンタメにも最新技術がふんだんに。予約はアプリで完了するというのも、なんとも気軽!思わず息をのむような演出も(「SONIO」)。専属パフォーマンスによるシグネチャーショーが圧巻(「SONIO」)。「オールディーズのダンスにマジックにコメディ。クルーズのショーなんて、どこも同じ」と思っていると、「ゲンティン ドリーム」では度肝を抜かれるはず。最新設備を備えたシアターで連日繰り広げられるのは、ハイクオリティーなオリジナルのステージだ。 なかでも、専属のシンガーやダンサーによるシグネチャーショーの「SONIO」は必見。巨大なLEDスクリーンに映し出される3D映像とパフォーマーたちのアクロバチックなダンスのコラボは、美しくもあり、刺激的でもあり。 中国の伝統を取り入れたあでやかなパフォーマンスにうっとり(「China’s Got Talent」)。セリフはほとんどないので、言葉の壁はなし。テンポよく進むステージにいつしか引き込まれ、1時間ほどのステージの終演には、「もう終わり?」と感じてしまうほど。 人気公開オーディション番組をステージに再現した「China’s Got Talent」は、香港に拠点を置くクルーズブランドならではのユニークなショー。ただ華やかというだけではなく、パフォーマーのたぐいまれな才能に、思わず目がくぎ付けになる。 テンポよく進む、最新技術を駆使した演出とパフォーマンス(「SONIO」)。ときには、世界的に有名なアーティストのコンサートが開かれることも。シアターで何が行われるかは、前日の夜までに客室に届けられる船内新聞で要チェック。興味があるプログラムを見つけたら、即、アプリで簡単に予約ができるのも、この船の機能的なところ。 ショーはすべて、インクルーシブ。「ステージ三昧したくて、2泊3日のクルーズへ」。そんな旅も、「ゲンティン ドリーム」なら十分にあり。実際、ショーを楽しみにリピートしているゲストも多いのだとか。 シアターだけでなく、船内のパブリックスペースでもショーが行われる。問い合わせ/ ゲンティンクルーズライン ☎03・6403・5188 <<< クルーズ船での「ちょっと一杯」は最高!【連載第4回】写真/織田桂子 取材・文/芹澤和美
関連キーワード

RECOMMEND