暖かくて心地いいものだけ身につけて。大人の女子旅スタイル 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.コートが主役のモノトーンスタイルで地元の美術館へ
ふらっと美術館に立ち寄るのも旅のお楽しみのひとつ。そのためにはアクティブに動きたいときとは別に、旬を感じるきれいめコートを持参するのが大人のたしなみ。歯切れのいいウインドーペンチェックを、裏地なしのリバー仕立てにしたゆったりシルエットは、ストレスフリーの軽い着心地。シャツからローゲージニットまで、インナーを気にせず重ね着が楽しめる。

コート¥90,000・シャツ¥29,000・パンツ¥23,000・バッグ¥65,000(4点ともマッキントッシュ ロンドン)・靴¥79,000(マッキントッシュ ロンドン×トリッカーズ)/以上SANYO SHOKAI
2.旅の相棒はやっぱりダウン。
コーディネートを選ばないロング丈を
微光沢のあるシャンブレー生地を使い、カジュアルになりすぎない大人のダウンを実現。ステッチのピッチを絶妙に変えることでスタイルアップもかなう。1mの着丈はスカートにもパンツにも合わせやすい。

コート¥79,000・ニット¥29,000・パンツ¥26,000/ルック(スキャパ) ピアス¥18,000/ストラスブルゴ(MARIA BLACK) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥165,000/ハンティング・ワールド帝国ホテル店(ハンティング・ワールド) 靴¥45,000/FUN inc.(チェンバー)
3.おしゃれと実用を兼ねる時計は
上品ピンクでスタイルを格上げ
袖口から見え隠れする時計も旅のおしゃれの肝に。パール仕上げを施した淡ピンクレザーのベルトに、ケースのダイヤとピンクサファイアのリュウズが輝く上品モデルは、着こなしをフェミニンに導く。付属にステンレススチールのブレスレットも。

時計「クレドール リネアルクス GSAS929」(ステンレススチール×ダイヤモンド×ピンクサファイア)¥580,000/セイコーウオッチ(クレドール) ストール¥35,000/アイネックス(アソース メレ) カットソー¥13,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)
4.新鮮なシルエットを楽しむ
ドロップショルダーダウン
撥水性と軽量性に優れた素材、ナイロンウルトラライトのダウンに、ドロップショルダーが登場。インナーを選ばずカジュアルからフェミニンまでをカバーする汎用性が早くも話題。ファーとフードはそれぞれ取りはずし可。コクのあるブラウンに黒のフォックスファーがとびきりシック。

コート¥173,000/ヘルノ・ジャパン(ヘルノ) ニット¥35,000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(ドローイング ナンバーズ) パンツ¥53,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス)
5.リラックスのためのルームグッズも忘れずに
ほどよく空気を含んだオーガニックコットンのロングローブは肌ざわり抜群。ソフトレザーのバレエシューズや好きな香りのミストも持参したい。このミスト、オーガニックの精油と水だけでできていて、肌やボディはもちろん、空気の浄化やリネンスプレーとして使っても。旅先でも小さな心遣いで豊かな気持ちに。

ローブ¥28,000・ミスト 各¥1,800/スキンアウェア(スキンアウェア) 靴¥24,000/フラッパーズ(スペルタ)
eclat12月号掲載 撮影/三宮幹史 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/池田メグミ モデル/富岡佳子 取材・文/向井真樹
関連記事
  • 心地よく着られ、どんなシーンにも似合うワンピースがあれば夏はもっと楽しくなるはず。この度、エクラプレミアムでワンピースを知りつくした池田奈加子さんと渾身のコラボレートが実現。1枚で着られて涼しく、カジュアルすぎずどんな場所にも着ていきやすい、心地よい究極のワンピを。1.全方位どこから見ても美しい、 ラクときれいが両立する細見えワンピース 夏になると無性に着たくなるブルーのワンピース。着ていてラクなのに、それ一枚着るだけで細見えがかなうのがこれ。Vネックのあきを徹底的に研究し、どんな体型の人が着ても首もとがすっきり見える形に。袖は、気になる二の腕の太い部分を自然に隠し、ちょっぴり甘さを加えて女らしく仕上げました。また、最大のポイントは後ろ姿の美しさ。前後差のあるシルエットで、前から見ると軽やか、後ろから見るとほっそり、を実現しました。 池田奈加子×divka Vネックワンピース¥33,000/エクラプレミアム通販 靴¥27,500/エクラプレミアム通販(ペリーコ サニー×エクラ) イヤリング¥22,000/ドレスアンレーヴ(1DKジュエリーワークス) バッグ¥34,000/アマン(アルテサーノ)2.品のいい立ち姿を約束してくれる 優雅なドレープが魅力 このワンピースはひと言でいうと、"Tシャツのように毎日着たくなるようなワンピース"。大人の毎日にふさわしく、カジュアルすぎにならないよう、落ち感のある素材にドレープを入れ、ほどよい華やかさもプラス。スニーカーを合わせればカジュアルに、ジュエリーを合わせればドレスアップもできる、そんな万能な一枚に仕上げました。深い漆黒のブラックと、大人の顔色をきれいに見せてくれるオリーブの自信の2色展開です。 池田奈加子×divka ドレープワンピース¥29,000/エクラプレミアム通販 バッグ¥23,000/エクラプレミア ム通販 ブレスレット/スタイリスト私物3.腕をすっきりと見せるアームホールとネックラインで、 心地よくスタイルアップ どうしても着心地のいいリネンのロングワンピースが欲しくて、素材にこだわるaoとコラボしました。使い込むほどに柔らかくなるリネン100%のダブルガーゼを使用したノースリーブのワンピースは、自然な色合いと洗いじわがなんとも魅力的。腕をすっきりと見せるアームホールとネックラインで、年代を問わず着用できるデザインに仕上げました。また上からシャツやニットを重ねても決まるので、3シーズン着ていただけると思います。 池田奈加子×ao daikanyama リネンダブルガーゼロングワンピース¥24,000/エクラプレミアム通販 帽子¥29,000(アルテサーノ)・靴¥22,000(マウロ・デ・バーリ)/以上アマン イヤリング¥30,000・ブレスレット¥30,000/三越日本橋本店 本館3Fミグジュアリー(ドナテラ・ペリーニ)他の画像を見る撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE ) ヘア&メイク/吉岡美幸 スタイリスト/池田奈加子 モデル/田沢美亜 取材・文/大野智子 ※eclat7月号掲載
  • 大好評のようです♡今月のカバーがとても好評のようで、ファッションアイテムのお問い合わせも多数だそうです。 嬉しいご報告です!!衣装とバッグは全て「ロエベ」で、時計は「ロレックス」もう片方の腕には「コディサンダーソン」のバングルの合わせです。今後の表紙も衣装以外にアクセサリーや時計までも是非とも楽しみにしていて下さいね!
  • イメージを底上げしてくれて、どんな色もテイストも受け入れてくれる夏グレージュは、アラフィーの強い味方。ぐっとおしゃれに見せてくれる頼れるアイテムを厳選。ぐっとおしゃれに、夏らしくなる、頼れる夏グレージュのコーデをご紹介。1.たっぷりのボリュームも重くならない。 溶け込むグレージュで上品に フロントにタックを入れたパンツも淡い色で夏仕様。ブルーのレースという個性的なトップスも受け入れてくれる。 ウエストゴムのパンツ(共布ベルトつき)¥59,000(トム)・靴¥27,500(ペリーコ サニー)/以上トゥモローランド カーディガン¥32,000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) ブラウス¥48,000・チューブトップ¥9,000/サードマガジン ピアス¥13,000/ラヴァンチュール マルティニーク(フィリップ オーディベール) ブレスレット¥22,000/ヴェルメイユ パー イエナ 日本橋店(ラバー) バッグ¥265,000/ジミー チュウ2.スポーティなパンツこそ グレージュでおしゃれ度アップ センタープレスのパンツは黒だと重く、白は避けたい。グレージュならベーシックカラー同様の使いやすさで、そのうえちょっと上級っぽく見える。パーカも街カジュアルに。 パンツ¥26,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリーリュクス) パーカ¥36,000/キャバン代官山店(キャバン) カットソー¥6,800/スローン メガネ¥48,000/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ディータ) ネックレス¥13,500/チェリーブラウン バッグ¥37,000/ジャンニ キアリーニ 銀座店(ジャンニ キアリーニ) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)3.合わせる色を選ばずシックに 決まるグレージュニット ざっくりとした編み地のほどよい重みで、しっとりと体を包み込むコットンニット。しかも色の受け入れ力に長けたグレージュなら、頼れるアウターに。長い丈はワンピースはもちろん、パンツやスカートにもグッドバランス。 カーディガン(ベルトつき)¥45,000/ebure ワンピース(ベルトつき)¥27,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィムガゼット) ピアス¥28,000/カオス丸の内(ホリー ライアン) バングル¥39,000/セシル・エ・ジャンヌ バッグ¥128,000 /エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥159,000/ドゥロワー 青山店(エドワード・グリーン)他の画像を見る撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 ゆうき 構成・文/宮崎桃代 ※eclat7月号掲載
  • いつの時代の話でも、どんな国のものでも、どこか他人事とは思えないのが家族小説のおもしろさ。今回は家族の物語が大好きという江國香織さんに、たくさんの候補の中から選りすぐりを紹介していただいた。1.『野鴨』 庄野さんのご家庭をモデルにしたシリーズの一冊。冴えた視線と厳選した言葉で、穏やかな日常や楽しいエピソードが描かれています。一度庄野さんのご自宅にうかがったときは、小説そのままで感動しました! 庄野潤三 講談社文芸文庫 ¥1,4002.『波』 作者はスリランカの大津波でふたりの息子と夫と両親を失う。あまりにつらい状況ですべてにNOといいたくなるが、時間をかけて個人でぽつんといることを受け入れていく。家族とは人間とはと、考えさせられます。 ソナーリ・デラニヤガラ 佐藤澄子/訳 新潮社 ¥2,0003.『ある家族の会話』 イタリアの女流作家の自伝的小説。背景にあるのはファシズムが迫る時代ですが、家族の中で語られる本当か嘘かわからない一族の話の豊かさといったら! その家庭でしか通じない言葉や話があることの幸せを感じます。 ナタリア・ギンズブルグ 須賀敦子/訳 白水Uブックス ¥1,000他の画像を見る撮影/古谷 勝 取材・文/山本圭子 撮影協力/アワビーズ ※eclat7月号掲載
  • 偶然のようで必然20代の頃にフランスはパリに住んだことがあります。 当時、入学した語学学校で私よりも先に座っていた日本人らしき女子のお隣にピン!ときてつかさずお隣に座りました。 その頃からのご縁が続き今もたまに会っています。 類は友を呼ぶ…なんですかね?! この日のランチは、その頃を懐かしむかのようにそば粉のクレープとお互いお供にはもちろん迷わずシードルを選んでました。毎回、ランチだけでは話が尽きないのでスイーツまで行きます。 この日は、奇跡のパンケーキ! 私が前から気になっていた行列店です。行列も恰好のおしゃべりタイムだから♡
  • 暑くるしい季節は、家での時間を少しでも快適に過ごすため、麻を効果的に暮らしにプラスしてみるのはいかが? 触り心地が涼しくなるだけで、ぐっと居心地がよくなり、部屋の温度さえひんやり感じられるはず。1.ベッドリネンはさわやかな白。 スローとクッションでさし色をプラス 「夏は、真っ白なベッドリネンで。麻のデュべカバー(かけ布団用カバー)に布団を入れず、カバーを肌がけがわりにして眠ります」。適度な重みが心地よい眠りへと誘い、サラリとした肌ざわりと抜群の吸水性でさわやかな寝心地。 プリーツ デュべカバー ピュアホワイト(麻100%、シングルサイズ150×210㎝〜)¥36,300 〜・ピュアホワイト ボックスシーツ(麻100%、シングルサイズ100×200㎝〜)¥17,600 〜・プリーツ ピローケース ピュアホワイト(麻100%、50×70㎝、ふち5㎝)各¥7,700・シェル クッション(中材込、生地 麻100%、刺繡 ポリエステル、45×45㎝)各¥16,000・ネリンガスロー アイスグレー(麻100%、150×230㎝)¥24,200 /リネン&デコール2.室内側カーテンは 透け感のあるクールカラーを 窓辺には2種類の麻のカーテン、室内側に透け感のあるネイビー、窓側には透け感のあまりない白&トープを。「日中は手前だけを引いています。落ち着いたネイビーは夏の強い日射しを遮り、見た目も涼やかに感じられます」。 すべて私物3.クロスは明るめのグレー。 ランナーの横使いを夏のもてなしに 「ランナーを横に使う『ブリッジ』という敷き方ならフォーマルすぎず、軽やかなおもてなしができます」。ランナー、ナプキンなどクロスは明るめのグレーでまとめ、ガラスや籐を合わせて、カジュアルで大人な夏のテーブルに。 ランナー(参考商品)・リモージュ ナプキン(麻100%、47×47㎝)¥1,540・ブルージュ キッチンタオル(麻100%、45×70㎝)¥1,870 /リネン&デコール その他/私物他の画像を見るリネンを指南してくれたのは…… LINEN & DECOR代表 菊川博子さん LINEN & DECORではオリジナルの麻商品を中心に、暮らしを豊かに、美しくする商品を提案する。 https://www.linenanddecor.net撮影/川上輝明(bean) スタイリスト/石山とみ子 菊川博子 取材・文/鈴木奈代 撮影協力/ FILE(http://file-g.com) ※eclat7月号掲載
  • 結婚後初かな?!長い間スチームが壊れているであろうと思いながらも何となく使えていたので思い切れなかったのですがやっと買い換えました。 以前からアイロンを新調する時には、LIVING MOTIFで!!と思っていたので念願叶って嬉しいです。 アイロンって1度購入するとかなり長い間共にするので機能も見た目も重視したくて… まずは白シャツから使いたいな♡
  • エクラ世代から支持されているボブスタイル。短いから手入れが楽というだけでなく、夏の”涼感”も演出。涼感ボブの中でも髪質悩みに応えてくれるボブを「雰囲気出しボブ」と命名。人気美容師提案の髪質改善スタイルをご紹介。1.面をキープしたカットと透明感カラーで艶ボブにフロントにいくほど長さのある"前下がり" フォルムで、顔まわりの「面」を強調するシルエットに。面があることでツヤが出やすくなる。また髪色はハチミツベージュに。透明感と輝きを与えられ、白髪カバーもかなえられる。毛先のカットラインもまっすぐ風に。全体を重めに見せるのも髪のパサつきを抑え、ツヤを与えられる工夫。重くなりすぎないよう、内側で毛量調整を。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/野口尊さん(ROI) モデル/松田順子さん[45歳・主婦]】 ニット¥16,000/ドロワット・ロートレアモン ネックレス¥34,000/エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山 有楽町マルイ店(エル・エー・エイチ・ヴァンドーム青山)2.顔まわりのほどよいレイヤーでうねりをカムフラージュうねりは無理やりまっすぐに伸ばすよりも、ゆるやかな毛流れのようにまわりと同化させてしまうのが得策。うねりが出現している顔まわりとハチ上の髪にレイヤーを入れて、後ろへ流しやすい毛束をつくることで解消! ボブの毛先全体に1カールのパーマをプラス。丸みのあるフォルムのほうがうねりが目立ちにくく、毛流れもつくりやすい。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/榊原章哲さん(Garland) モデル/福島久美子さん(オンラインショップ経営・51歳)】 ブラウス¥32,000/フィルム(ディーネロ) イヤリング¥9,000/プラス ヴァンドーム そごう横浜店(プラス ヴァンドーム)3.こめかみに毛束をつくりふんわり前髪にチェンジこめかみの位置にひとすじの短い毛束をつくる。それが支柱となり、立ち上げた前髪がつぶれるのをカバー。短い毛束をつくってもボブならわざとらしくならず、全体フォルムになじむので、お悩み解消とおしゃれヘアを両立。グラデーションカットで丸みを出しやすいボブに。さらに毛先1カールのパーマでブローが簡単。丸み毛先が重なることで、全体もつぶれにくく。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/CHIEさん(PearL) モデル/浅野花英さん(看護師・43歳)】 ワンピース¥35,000/フローレント ネックレス¥10,000/アンテプリマ そごう横浜店 アクセサリー(アンテプリマ)4.うねりを利用した曲線フォルムで柔らか印象硬い髪質はうねりが寝ぐせ風に見えがち。そこでうねりを"曲線" と解釈し、全体をレイヤーと毛量調整で曲線フォルムに調整。パーマをかけずとも硬い髪質を軟らかく見せる効果があり、外ハネ毛先が自然に収まる。硬い髪が広がらないように前髪&レングスは長めボブに設定。中間を根元から間引き、空間をつくることで軽さも生まれる。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/masatoさん(marr自由が丘) モデル/鈴木ゆう子さん(人材育成コンサルタント・45歳)】 カットソー¥14,000/ゲストリスト(ルミノア) ピアス¥2,800/フィービィー プラス(フィービィー)5.まとまる毛先の秘密は襟足の内側での毛量調整広がりやすい毛先の内側を間引いて毛量調整を。くるっと内巻きにしやすくカットすると、収まりがよくなり広がりを予防。ボリュームが出にくいトップと毛先の落差をなくし、1カールのブローだけでセットが完了できる。毛先の収まりがいいぶん、フロントは動かしやすくするため軽めに調整。ワックスで毛束を流したり、束感をつくることで今っぽい抜け感が生まれる。>>「いいことづくめの涼感ボブ」はこちらから【担当/杉山由夏さん(broocH) モデル/奥野里絵さん(主婦・51歳)】 ブラウス¥14,000/ファスサンファール(ブラーミン) イヤリング¥12,000/アンテプリマ そごう横浜店 アクセサリー(アンテプリマ)撮影/岩谷優一(vale.) メイク/広瀬あつこ 藤本 希(Cheek One) スタイリスト/程野祐子 取材・文/松井美千代 ※eclat7月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND