暖かくて心地いいものだけ身につけて。大人の女子旅スタイル 五選

Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.コートが主役のモノトーンスタイルで地元の美術館へ
ふらっと美術館に立ち寄るのも旅のお楽しみのひとつ。そのためにはアクティブに動きたいときとは別に、旬を感じるきれいめコートを持参するのが大人のたしなみ。歯切れのいいウインドーペンチェックを、裏地なしのリバー仕立てにしたゆったりシルエットは、ストレスフリーの軽い着心地。シャツからローゲージニットまで、インナーを気にせず重ね着が楽しめる。

コート¥90,000・シャツ¥29,000・パンツ¥23,000・バッグ¥65,000(4点ともマッキントッシュ ロンドン)・靴¥79,000(マッキントッシュ ロンドン×トリッカーズ)/以上SANYO SHOKAI
2.旅の相棒はやっぱりダウン。
コーディネートを選ばないロング丈を
微光沢のあるシャンブレー生地を使い、カジュアルになりすぎない大人のダウンを実現。ステッチのピッチを絶妙に変えることでスタイルアップもかなう。1mの着丈はスカートにもパンツにも合わせやすい。

コート¥79,000・ニット¥29,000・パンツ¥26,000/ルック(スキャパ) ピアス¥18,000/ストラスブルゴ(MARIA BLACK) サングラス¥48,000/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) バッグ¥165,000/ハンティング・ワールド帝国ホテル店(ハンティング・ワールド) 靴¥45,000/FUN inc.(チェンバー)
3.おしゃれと実用を兼ねる時計は
上品ピンクでスタイルを格上げ
袖口から見え隠れする時計も旅のおしゃれの肝に。パール仕上げを施した淡ピンクレザーのベルトに、ケースのダイヤとピンクサファイアのリュウズが輝く上品モデルは、着こなしをフェミニンに導く。付属にステンレススチールのブレスレットも。

時計「クレドール リネアルクス GSAS929」(ステンレススチール×ダイヤモンド×ピンクサファイア)¥580,000/セイコーウオッチ(クレドール) ストール¥35,000/アイネックス(アソース メレ) カットソー¥13,000/ストラスブルゴ(ハイアリン)
4.新鮮なシルエットを楽しむ
ドロップショルダーダウン
撥水性と軽量性に優れた素材、ナイロンウルトラライトのダウンに、ドロップショルダーが登場。インナーを選ばずカジュアルからフェミニンまでをカバーする汎用性が早くも話題。ファーとフードはそれぞれ取りはずし可。コクのあるブラウンに黒のフォックスファーがとびきりシック。

コート¥173,000/ヘルノ・ジャパン(ヘルノ) ニット¥35,000/ドローイング ナンバーズ 南青山店(ドローイング ナンバーズ) パンツ¥53,000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス)
5.リラックスのためのルームグッズも忘れずに
ほどよく空気を含んだオーガニックコットンのロングローブは肌ざわり抜群。ソフトレザーのバレエシューズや好きな香りのミストも持参したい。このミスト、オーガニックの精油と水だけでできていて、肌やボディはもちろん、空気の浄化やリネンスプレーとして使っても。旅先でも小さな心遣いで豊かな気持ちに。

ローブ¥28,000・ミスト 各¥1,800/スキンアウェア(スキンアウェア) 靴¥24,000/フラッパーズ(スペルタ)
eclat12月号掲載 撮影/三宮幹史 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/池田メグミ モデル/富岡佳子 取材・文/向井真樹
関連記事
  • 現在発売中のエクラ5月号では、着るだけで素敵になれる「進化したシャツ」の大特集を掲載。アウターなしでも出かけられる日が増えてきた今、エクラ華組ブロガーたちが春のシャツコーデを大公開! 一枚で着映えて体型カバーもかなう、大人にうれしい最旬のシャツとは? 愛用ブランドからプチプラブランドまで上手に取り入れた、彼女たちの着こなしをぜひ参考にして。1.『GU』のシャツワンピースで気になる体型もカバー (佐藤綾子さん)ロングシャツにレギンスを重ね、昨年から人気のレイヤードを披露してくれた佐藤さん。 「爽やかな白地でデザインもゆったり。気になるお腹や体型もカバーしてくれます。そしてお値段なんと1990円! コスパ良すぎです。他にブルーベース、ベージュベースもありましたよ。 同じく『GU』のグレーのリブレギンスを合わせて柔らかい雰囲気に。シルバーのバッグ、パープルのパンプスで少しきれいめにしてみました」2素敵オーラを倍増させる変わりデザインシャツ (鈴木たま江さん)アレンジされたものをセレクトしたり、素材やボタンにこだわったりと、実はシャツに目がないという鈴木さん。 「髪はショートで首回りは貧相…なので、スタンダードな形のシャツはマニッシュになり過ぎて自分には似合わないと思ってるんです。そんな思いで選ぶシャツは欠点をカバーしてくれて、おまけに見栄えのするもの。今のお気に入りは、スカーフの様に首元に結ぶリボンとオープンショルダーが特徴的な『BRINBLLO CUCINELLI』のシャツ。カチッと決めすぎない様にパンツとバッグはデニム素材にしてちょっぴりラフに!」3.『ZARA』の白シャツはゆったりサイズを重視 (近藤和子さん)近藤さんが暖かくなったら真っ先に着たいと思っていた『ZARA』の白シャツは、各サイズを試着してセレクト。ふんわり&ゆったり感を重視し、Mサイズを購入したのだそう。 「まだ寒い季節のうちに購入しておいたシャツ。今年はゆったりした長めの丈なものを選びました。シンプルすぎるほどの白シャツなので、胸元や手元はシルバーでキラキラとさせて。 小物も今年の春先に購入した、ロエベの籠バッグ。靴はエクラ別注のペリーコで、スタッズ付きの白にしました」他の画像を見る※写真・本文は本人ブログより抜粋
  • 人生で最も豊かに輝く年代の50代。そんな50代にさらに輝きを添える、大人にこそふさわしいウォッチをお披露目。PATEK PHILIPPE(パテック フィリップ)「カラトラバ」ベゼルに輝くバゲットカットのダイヤモンドが、ネイビー文字盤を美しく演出する希少モデル 名品「カラトラバ」のベゼルをバゲットカットダイヤモンドが取り巻くラグジュアリーモデル。ギヨシェ彫りによって深い青をたたえた文字盤、同色のサテンストラップとのコントラストが印象的。尾錠にもバゲットカットダイヤモンドがあしらわれた究極の一本だ。 時計「カラトラバ」(33㎜径、WG×D[約1.21cts]、手巻き、サテンストラップ)¥4,700,000/パテック フィリップ ジャパン・インフォメーションセンター(パテック フィリップ) シャツ¥98,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ)PIAGET(ピアジェ)「エクストリームリー・レディ」伝統の金細工技術を極めたゴールドブレスレットは、至福のつけ心地 横長のオーバル形のケースには、24個のダイヤモンドが。伝統的な金細工の技法が生み出した美しいブレスレットは、つけた瞬間に思わずため息が出てしまうほどのしなやかな装着感。記念日にふさわしい洗練を極めたジュエリーウォッチだ。 時計「エクストリームリー・レディ」(27×22㎜、WG×D[約1.46cts]、クォーツ)¥6,500,000/ピアジェ コンタクトセンター(ピアジェ)A. LANGE & SÖHNE(A.ランゲ&ゾーネ)「サクソニア」香りたつような機能美の粋。大人の手もとにふさわしい、手巻き時計の名品 彫金されたテンプ受けなど、搭載されたムーブメント自体がジュエリー級といわれる名品。存在感のあるマザーオブパールの文字盤は柔らかな虹色に輝き、繊細なピンクゴールドの針とインデックスが優雅さをいっそうきわだたせる。グレーのストラップも大人向き。 時計「サクソニア」(35㎜径、PG、手巻き、MOP文字盤、アリゲーターストラップ)¥1,880,000/A.ランゲ&ゾーネ撮影/生田昌士(hannah) ヘア/GO UTSUGI(PARKS) メイク/中野 賢 スタイリスト/伊藤美佐季 モデル/富岡佳子 取材・文/大野智子 ※略号は以下の通り。YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、PT=プラチナ、D=ダイヤモンド、MOP=マザーオブパール。 ※エクラ5月号掲載
  • 東京は今まさに、"鮨バブル"。実力店が群雄割拠する時代。あらゆる美食に通じながら「今、自腹で行きたいと思うのは、一も二もなくお鮨!」と話すN山さんに、大人の女性が心から満足できる店を指南いただきます。教えてくれたのはこの方 N山K子。外資系金融企業に勤める美食家。鮨をこよなく愛し、月に2回以上の鮨屋通いを欠かさない。特に好きな鮨だねは貝類。日本酒、ブルゴーニュ好き。1.何もかもが極上! 唯一無二の初音劇場『初音鮨』カウンターはウォールナット材のL字形。インテリアは鮨屋らしからぬモダンさである。大将の中治勝さんが登場しゲストの前で酢めしをきり終えると、超豪華素材のオンパレード、「初音劇場」の始まりだ。 「大将と女将さんのかけ合いから、一貫ずつの出し方まで、すべてが唯一無二のエンターテインメント。お鮨を食べ慣れた目上のかたをお連れしても必ず喜ばれます」と、N山さん。マグロは下田産や銚子産、その日の一番をかたまりから切り出し、約35℃のしょうゆでヅケに。松葉ガニや伊勢エビは生きたままの姿を見せてから調理し、ウニは産地もブランドもわかる箱ごと、まずカウンターへ。「嘘偽りいっさいなし」とすべてをゲストの前で行うのがスタイル。中治さんの軽妙な口上に終始ゲストがわき、女将のみえ子さんのおっとりした合いの手に、また笑いが起こる。  極上素材と真心のもてなしが織りなす“鮨ライブ”は、「満足感」をはるかに超えた感動体験だ。’18年11月、改装を経てリニューアルオープン。内装設計は『大浦比呂志創作デザイン研究所』による。現在、勝さんとみえ子さんの愛娘、睦さんも若女将として活躍松葉ガニのほぐし身とカニ味噌のリゾット。生きた状態を見せてから15分蒸し、スタッフ総がかりでカウンターでほぐし身にエゾバフンウニ、紫ウニの小丼他の画像を見る東京都大田区西蒲田5の20の2 ☎03・3731・2403 15:00~、17:00~、19:00~(3部制) ㊡水・木・日曜、祝日 ※コース¥48,600(税込)~ (事前決済または現金のみ)2.ウニにマグロは鮨の華。銘醸ワインとともに『鮨 尚充』毎日営業直前に剃り上げるピカピカの坊主頭に、エルメスのスカーフのねじり鉢巻き。カウンターにはルイ・ヴィトンのネタケースが鎮座する。ムードはかなりイケイケだが、店主の安田尚充さんは16歳から自由が丘『鮨幸』一軒で14年間もの長きにわたり修業。親方も公認の独立時からのゲストに愛され続け、「お陰さまで、開業から8年、毎日満席です」と、話す笑顔はすこぶるさわやかだ。 「華やかさがあり、スタッフも充実していて大将を筆頭にサービスもきめこまやか。プライベートではもちろん、接待にもいい店です」と、N山さん。  鮨だねで力を入れるのは、一も二もなくウニ、そしてマグロ。逸品つまみとにぎりを織り交ぜたコースのハイライトとしてそれぞれを2、3貫ずつ出し、味の違いを楽しませる。ワインはシャンパーニュ、ブルゴーニュを中心に自然派からグランヴァンまで、ツボを押さえたセレクト。  気分がアガる、そしてご主人と鮨から確実にパワーをもらえる。心から楽しめる上質なワクワクがある鮨店である。ゴージャスなアイテムを配しつつ、品のある空間。器や花のしつらえにもセンスがにじむ熊本県天草産の紫ウニ。小粒でしっかりとした磯の香りがある赤身のヅケ。マグロは高級鮨店、割烹御用達の仲卸『やま幸』から他の画像を見る東京都目黒区青葉台1の28の2 ☎03・3712・6999 18:00~、21:00~(2回制)、土曜のみ昼営業12:00~ ㊡日曜、祝日 ※コース¥23,000~。予約は予約サイト「OMAKASE」で3.基礎と発想力で勝負。人気沸騰中の新店『鮨 由う』「にぎりの一貫目は春子(カスゴ)と決めています」と、尾崎淳さん。春子は鯛の稚魚の総称だが、身が軟らかい血鯛の稚魚を使用。軽い昆布締めで、みずみずしいうま味を存分に楽しませる。脂ののった高級魚は鮨の花形だが、「小さな魚に手間をかけて味をつくる」のが身上。長く修業した鎌倉『以ず美』で覚えた仕事だ。そんな職人気質のきまじめさは内に秘め、ゲストの前では徹底したエンターテイナーに。 オリジナルの「プリン巻き」は、提供時のパフォーマンスも含めた“名物”。N山さんも「個室もあり、鮨ビギナーの友人たちとの女子会にもよさそう」と、次の訪問の機会をねらっているところ。4名までの個室あり対馬産のブランドのどぐろ「紅瞳」は脂のりが段違い。焼いて酢めしの上にのせてペースト状にしたあん肝を酢めしと合わせ、すいかの奈良漬け、きゅうりと巻いた「プリン巻き」。尾崎さんのパフォーマンスは、店を訪れてのお楽しみ他の画像を見る東京都港区六本木4の5の11 ランド六本木ビルB1 ☎03・3404・1134 17:30~、20:15~(2部制) ㊡日曜、祝日 ※おまかせコース ¥20,000~。5月、系列店が広尾に4.知識と技で極める味。春は貝もいろいろ『すし匠まさ』つまみとにぎりが交互に出るスタイルは、修業先『すし匠』を踏襲するが、驚くのは50を軽く超えるという品数。数もさることながら、ひと口の酒肴にいたるまでこまやかな仕事が施されていて、扱う魚種も幅広い。ふだんは鮨屋でも「食事と会話を楽しむ派」のN山さんだが、ここでは岡正勝さんの熱に引き込まれ、ついつい魚の話に没頭してしまうのだとか。「知識や経験値にかかわらず誰にでもわかりやすい説明で、カウンターに一体感が生まれるんです」とも。  酢締めや塩締めは、魚の状態に応じて1分刻みで時間を決め、ほかの職人が使わないような部位も、炙るなどして酒好きが喜ぶ一品に。春はツブに北寄と、貝類にも力を入れ、卵巣や白子つきの希少なものも登場する。食後はさすがにおなかいっぱいになるが、メリハリのある鮨だねとまろやかなうま味のある酢めしが一体になった小ぶりなにぎりは、永遠に食べ続けられそうな錯覚に陥るほど!7席のみの、こぢんまりとした店で「隣のお客との会話も自然に始まる」と、N山さん。白木のカウンターがすがすがしいカワハギと肝のにぎり。肝の味の安定感を求め、カワハギだけはあえて養殖を使う和辛子をのせたカツオのヅケ他の画像を見る東京都港区西麻布4の1の15 セブン西麻布B1 ☎03・3499・9178 18:00~24:00 (日曜・祝日~23:00) ㊡月曜(不定休あり) ※コース¥25,000~5.職人の人柄が表れた、誠実で食べ疲れない鮨『鮨 てる』価格で鮨店を選ばないN山さんだが、「味と居心地に満足した店が、結果的にリーズナブルだった」と絶賛するのが『鮨 てる』。食材の派手さやパフォーマンス勝負ではなく、魚は定番を中心に、つまみで季節感を添えて。奇をてらわないぶん、仕事がまっすぐ味に出る。薬味の香りの効かせ方が秀逸なつまみ、粒の立ったまろやかな酢めしと鮨だねの食感が織りなす、咀嚼してうまいにぎり。宮﨑智弘さんが夫婦ふたりで切り盛りする店だが、アットホームとは一線を画す、凛とした空気も心地よい。 ちまたの鮨バブルなどどこ吹く風、路地裏で静かに味を知る大人を引き寄せている。カウンターにはハンス・ウェグナーの椅子。器使いにも夫妻のセンスを感じるお造り。鯛は2日間寝かせて落ち着かせ、アイナメは食感を損なわないよう朝締めのものを提供コースはつまみに始まり、にぎりに移行するスタイル。にぎりは約10貫。アナゴは、口の中で酢めしの粒の間に溶け入り、一体になるような軟らかさ他の画像を見る東京都新宿区荒木町7 ☎03・5379・8138 17:30~23:00 ㊡日曜、祝日 ※予算¥15,000~¥20,000。 予約は2カ月先までの分を常時受け付けているeclat5月号掲載 撮影/海老原俊之 牧田健太郎 取材・文/佐々木ケイ
  • 人生で最も豊かに輝く年代の50代。そんな50代にこそ贈りたい、大人にふさわしい品格を宿す“ジュエリー”を厳選してお届け。TIFFANY & CO.(ティファニー)「イエローダイアモンド」憧れのステートメントジュエリー、イエローダイヤモンドをさりげなく耳もとに飾る喜び 希少価値の高いイエローダイヤモンドは、いつかはつけたい宝石のひとつ。柔らかなクッションカットのピアスは、左右合計で2.14cts。50石のホワイトダイヤモンドがセンターストーンをぐるりと囲むデザインには、えも言われぬクラス感が漂う。 ピアス(PT×YG×イエローD×ホワイトD)¥5,564,000 ※カラット数により価格が異なります/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ドレス¥105,000/ドゥロワー 青山店(イサ アーフェン)VAN CLEEF & ARPELS(ヴァン クリーフ&アーペル)「ブトン ドール」大胆な素材の組み合わせ、グラフィカルなデザイン、大人こそ楽しめる極上の遊び心 ピンクゴールドにマザーオブパールとカーネリアンの赤、イエローゴールドにオニキスの黒とクリソプレーズの緑。一本でも華やか、重ねればさらに楽しく。 ブレスレット「ブトン ドール」〈上から〉(PG×MOP×カーネリアン×D)¥5,100,000・(YG×クリソプレーズ×オニキス×D)¥5,350,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル) ワンピース ¥59,000/コロネット(エアロン)BOUCHERON(ブシュロン)「セルパンボエム」これまで以上に、より贅沢に、豊かに! 優雅なカラーストーンで表現した存在感のあるドロップモチーフ ヘビの頭部を象徴するドロップモチーフがオーバーサイズになり、さらに大胆になったリング。ゴールドのビーズで囲まれたセンターのシトリンが、ブリオレットカットのパビリオンによって内側から優雅にきらめく様は見事。鱗状の彫金は、大人にふさわしいツヤ感を演出する。 リング「セルパンボエム」(YG×シトリン)¥930,000/ブシュロン カスタマーサービス(ブシュロン) オールインワン¥35,000 /エストネーション(オズマー)MIKIMOTO(ミキモト)「バロックパールのネックレス」これからのデコルテに必要なのは、ひとつとして同じ形がないバロックパールの個性 落ち着いたシルバー系の光沢が新鮮な白蝶真珠バロックの、約13~17㎜の個性的かつ美しい珠を厳選したネックレス。コンサバティブになりすぎず、カジュアルにも合わせやすいレングスも魅力。 ネックレス(約65㎝・WG×白蝶真珠バロック)¥4,500,000/ミキモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト) シャツドレス¥278,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ) BUCCELLATI(ブチェラッティ)「彫金のブレスレット」芸術的な感性と精緻な細工。古今東西の女性があこがれた「宝飾の魔術師」の技を手もとに 金属の冷たさを感じさせず、まるでシルクのようにしっとりと輝く芸術的なブレスレット。刺繡のような精緻な彫りは、卓越した職人技だからこそ。印象的に配されたダイヤモンドの輝きとともに、うっとりするような上質感をたたえている。開く部分の境目が目立たないのもメゾンの美学。 ブレスレット〈上から〉(YG×WG×D)¥2,050,000・(WG×D)¥2,400,000・(YG×WG×D)¥2,400,000/和光(ブチェラッティ)GRAFF(グラフ)「ファンシーシェイプのエタニティリング」極上のファンシーシェイプをフルエタニティで堪能するという贅沢 アニバーサリーにふさわしく、かつ毎日つけられるのがエタニティリング。なかでも50代の女性におすすめなのが、高貴な輝きを放つファンシーシェイプのダイヤモンド。ハイジュエラーの熟練職人が丹精こめてカットした逸品からお気に入りの一本を。 リング〈上から〉エメラルドカット(PT×D[3.76cts])¥3,009,259・ハートシェイプ(PT×D[4.18cts])¥3,842,593・プリンセスカット(WG×D[5.45cts])¥5,046,296/グラフダイヤモンズジャパン(グラフ)撮影/生田昌士(hannah) ヘア/GO UTSUGI(PARKS) メイク/中野 賢 スタイリスト/伊藤美佐季 モデル/富岡佳子 取材・文/大野智子 ※略号は以下の通り。YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、PT=プラチナ、D=ダイヤモンド、MOP=マザーオブパール。 ※エクラ5月号掲載
  • 履き心地よく美脚見えする、今季らしいポインテッドトゥタイプが集結! スーツの色が軽やかになる春、足もとも明るいトーンのグレーが必要不可欠に。働く50代に支持されるブランドの名品パンプスをチェック。1.ペリーコシャープなラインが特徴的な、ペリーコのポインテッドトゥの新シリーズ「テミ」。すそ広がりのフレンチヒールは8㎝とは思えない安定感。汎用性の高いライトグレーは春から夏にかけてずっと活躍。靴(H8)¥48,000/アマン(ペリーコ) ジャケット¥352,000・ブラウス¥58,000・パンツ¥75,000/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) ピアス¥80,000・リング¥64,000/ダミアーニ 銀座タワー(ダミアーニ) スカーフ¥15,000/トゥモローランド(マニプリ) バッグ¥199,000/トッズ・ジャパン(トッズ)2.マノロ ブラニクかかとのカットワークや細ヒールが美しい、モダンアートのような一品は、ドレスアップの仕上げに。靴(H9)¥115,000/ブルーベル・ジャパン(マノロ ブラニク)3.バリーごくシンプルなポインテッドトゥに、かかとのゴールド使いがアクセントに。きめが細かく柔らかなキッドスエード製。靴(H5.5)¥60,000/バリー 銀座店(バリー)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/戸野塚かおる モデル/生方ななえ 取材・文/新田幸子 撮影協力/UTUWA ※本文中の( )内の数字は編集部で計測。H=ヒールの高さを表し、単位は㎝です。 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。
  • ゆるっとしたロングシャツ×細身レギンスパンツで縦長ラインを作って※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます最近かかとをあげるだけダイエットのおかげか痩せたような気が。さらにスリムに見せるべく、トップスをロングシャツにして縦長ラインを強調してみる。ブラウン×黒のダーク配色なら視覚的な引き締め効果が期待できそう。老け見えを防ぐために、ヌーディサンダル、袖のロールアップといった上品肌見せのテクニックで軽やかさを出すのを忘れずに。パンツ¥26,000/SANYO SHOKAI カスタマーサポート(マッキントッシュ ロンドン) シャツ¥29,000/アパルトモン 青山店(リジエール) 帽子¥27,000/アマン(アルテサーノ) バッグ¥32,000/コード(ヴァジック) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/福田亜矢子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼ファッションまとめ記事もチェック
  • 「この春は、パンチのある小物を選ぶのがおすすめです。シンプルな着こなしに存在感のある靴やバッグを合わせると、一気に今年らしさが宿ります」と、スタイリストの村山佳世子さん。自身がこの春に購入したものと共に、村山スタイルに欠かせない最新靴&バッグをご紹介。1.村山佳世子の“私的”春アイテム❶「ピンク、グリーン、ブルーの3枚パックTに、代々木上原のセレクトショップ、ペールジュートでひと目惚れ。きれい色をあまり着ない私にとっては、スモーキーカラーのTシャツがちょうどいい」 ❷「たくさん持っているのに、毎シーズンついつい買い足してしまう大好きなかごバッグ。昨年買いそびれたロエベのかごバッグを、この春、手に入れました。ころんとしたかわいいフォルムがお気に入り」 ❸「流行の兆しを見せるハーフパンツ。膝丈の黒なら気負いなくはけるかなと思いシンメのグルカタイプを購入しました。サイズは29。わざとワンサイズアップして、ゆるめシルエットを楽しみます」 ❹「ロエベは、昨シーズンくらいから気になっているブランドです。細身のシルエットとリネン混のラフな素材感が気に入ったカジュアルパンツ。シンプルなトップスとの着こなしも様になる一本です」 ❺「スニーカーは、スポーツメーカーの一足を選びました。少し厚底のモノトーン。デニムスタイルからスカートスタイルまで、どんな着こなしにも合う着回し力と、ほどよいモード感が自慢です」 ❻「今シーズン、白トップスを着るなら、断然サーマルが気分です。素材にニュアンスがあるので、カジュアルボトムとのワンツーコーデもどこか特別感のある雰囲気に。ハイクのロングスリーブを購入」すべて本人私物2.DADスニーカー「ダッド(=お父さん)とネーミングされた、ボリューム感満点のハイテク系厚底スニーカー。ちょっと派手すぎるかな? と思うくらいのものが、今っぽさの決め手に」 ❶フリンジ状のトリミングが特徴的なシルバースニーカーは、見た目のボリューム感をいい意味で裏切る、軽さにも注目したい。 ❷この春、スポーティなメッシュスニーカーを買い足すなら、きれい色で決まり!  ❸スタッズ使いと赤のソールで、存在感たっぷりに仕上がったソックススニーカー。 ❹ボリューム感のあるデザインと上品なピンクベージュのスエード素材のバランスが絶妙。❶¥83,000/トッズ・ジャパン(トッズ) ❷¥77,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ❸¥149,000/クリスチャンルブタン ジャパン(クリスチャン ルブタン) ❹¥53,000/ブッテロ トーキョー(ブッテロ)3.モード系サンダル「毎年買い足したいサンダル。今季は、リボンやストラップつき、色柄に特徴のあるものなど、いつもより“クセ”のあるタイプで遊びを取り入れてみて。着こなしの鮮度が上昇します」 ❶太めのアンクルリボンとメッシュのボディがモード顔。 ❷アンティーク加工されたレザーがニュアンス満点のブロンズサンダル。ビジューボタンがとびきりキュート。 ❸太めのメタリックヒールとベルトストラップがデザインのポイントに。 ❹レオパード柄部分はサテン、ストラップはスエードと、素材のミックス感もとびきりラグジュアリーな一足。ウエッジソールならハイヒールでも安定感あり。❶¥114,000/カオス丸の内(ジルサンダー) ❷¥86,000(ロシャス)/ドゥロワー 丸の内店 ❸¥76,000(クレジュリー)/ドゥロワー 丸の内店 ❹¥109,000/ジャンヴィト ロッシ ジャパン(ジャンヴィト ロッシ)他の画像を見るeclat5月号掲載 撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/村山佳世子 取材・文/磯部安伽
  • 村山佳世子、春のミニマム・ワードローブ発表!撮影は毎回晴れる日ばかりでは無くこんな悪天候の日もあります。 この日は雨で大荒れの海!! グレイッシュなトーンで私は嫌いではないのですが海岸を歩いていたらいきなり波にのまれました。笑焦って埋まっていくスニーカーを救出中のところもパパラッチされていました。
関連キーワード

RECOMMEND