コートを脱いでもステキ! シーン別“2層式”しゃれ見えコーデ

Web eclat

@Party パーティ

エコファーコート×レースワンピース

おしゃれに気合が入る場面こそ、ほどよい抜け感が大事。会場で“エレガント” を意識したら“コートはカジュアル”にはずしたい。
短め丈のエコダッフルで、こなれたカジュアル感を演出
ドレスアップをエコファーに替えるだけで、抜け感もコート選びのセンスも伝わり一挙両得! 質感はしっとりつややかで、華やかさも十分。ショート丈だからバランスよく着こなせる。

コート¥163,000 /ゴールデン グース デラックス ブランド 青山(ゴールデン グース デラックス ブランド) ワンピース¥180,000/ランバン コレクション バッグ¥64,000/アマン(エレメ)

⇒ コートを脱いだら……

フェミニンなワンピースで意外性を楽しんで
素材の繊細な美しさがストレートに伝わる、すっきりIライン。首もとには黒のグログランリボンをあしらい、七分袖とすそのスカラップカットから肌の透け感を見せることで、媚びない女らしさが。カジュアルなコートとのギャップが大きいほど、会場映えを約束!

ワンピース¥180,000/ランバン コレクション バッグ¥64,000/アマン(エレメ)

@Lunch 友人とランチ

シャギーコート×オーバーサイズニット+パンツ

レストランへは“上質なコート”をアピールしつつ、席では“トップスに旬を感じる”きれいめカジュアルでリラックス。
上品リッチなシャギーコートは、すっきりワントーンで
シャギーモヘアのドロップショルダーは、はおるだけで主役級の存在感。ワントーンコーデが女らしさを底上げ。

コート¥140,000(アンスクリア)・バッグ¥45,000(ペリーコ)/以上アマン ニット¥78,000 /ebure パンツ¥31,000 /フレームワーク 自由が丘店(インコテックス) ピアス¥14,000 /マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(アントンヒュニス) 靴¥67,000 /ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ニナ リッチ)

⇒ コートを脱いだら……

オーバーサイズニットは、パンツでシンプルに
トップスにポイントをつくると、着席スタイルに華を添え、友人との会話もはずむ。コートと同じキャメルのタートルは、ゆったりとしたトレンドのサイズ感。きれいにまとまるオフホワイトのセンタープレスパンツにフラットシューズで、脱カジュアルな着こなしを。

ニット¥78,000 /ebure パンツ¥31,000 /フレームワーク 自由が丘店(インコテックス) ピアス¥14,000 /マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(アントンヒュニス)

@Driving ドライブ

ダウン×ニットワンピース

暖房のきく車内では“ラクちん&しわが気にならない”ニットやカットソーで。コートは保温力と軽さの“機能性とスマート見え”を兼ね備えたダウンを。
スマートな本格派ダウンはワンピースとの相性も抜群!
旬ブランドのダウンは、キルトステッチを施していないマットなツイル素材。ニットのワンピースに無造作にはおるように。

ダウン¥98,000 /エクラプレミアム通販(ピレネックス/申込コード 324735) ニットワンピース¥28,000/キャバン 代官山店(キャバン)バッグ¥43,000/サザビーリーグ(ステートオブ エスケープ) 靴¥109,000/ゴールデン グース デラックス ブランド 青山(ゴールデン グース デラックス ブランド)

⇒ コートを脱いだら……

カッティングのきれいなニットワンピで、脱いでも素敵
アウトドア感のあるダウンの下にはフェミニンなチャコールグレーのニットワンピースで、意外な組み合わせがしゃれ見えのポイント。上半身からすそに向かってフレアを描くメリハリのあるシルエットは、足さばきがよく運転にも最適。

ニットワンピース¥28,000/キャバン 代官山店(キャバン) サングラス¥30,000/モスコット トウキョウ(モスコット)

@Shopping ショッピング

ガウンコート×ロングジレ+デニム

感度の高いショップめぐりには“トレンドと動きやすい定番”の組み合わせで。コート姿はもちろん、脱いでもおしゃれ、を意識。
ガウンとデニムの黄金コンビ。パンプスでさっそうと
ライトグレーはヘリンボーン、ダークグレーは千鳥柄と、2つの素材を接結したダブルフェイス仕立てのコートは、細身デニムと好相性。グリーンのパンプスでコーデが華やぐ。

ジレつきコート¥130,000・ニット¥29,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) デニム¥39,000 /ロンハーマン(リダン) バッグ¥159,000 / J & M デヴィッドソン 青山店(J & M デヴィッドソン) 靴¥68,000 /フレームワーク 自由が丘店(ネブローニ)

⇒ コートを脱いだら……

コートとおそろいのロングジレで、キャッチーに
コートとセットアップのジレで、シックなムードのある着こなしに。着流し風にはおっても、共布ベルトでウエストをマークしても。リバーシブルの力を活かして幾通りにも楽しんで。

ジレつきコート¥130,000・ニット¥29,000/ドレステリア 銀座店(ドレステリア) デニム¥39,000 /ロンハーマン(リダン) 
撮影/金谷章平 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 田沢美亜 取材・文/向井真樹 ※エクラ12月号掲載
関連記事
  • 都内ならどこでも自転車移動。あれ? なんだかギアの調子が悪い。愛車を携え、メンテナンスにせっかく出かけるなら、白と淡グレーのグラデーションで冬カジュアルを満喫! 首まわりを温めるタートルのレイヤードや気持ちまでやわらぐボアアウターに包まれて、寒さのなかの自転車移動も涼しい表情。愛車を修理する間、カフェでひと息。こんな風にゆったり過ごす休日は久しぶりかも。なんだかすごく癒された気がする♡パンツ¥34000/セオリー  ハイネックカットソー¥10000/スローン ボーダートップス¥11000/ゲストリスト(ルミノア) ボアブルゾン¥28000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー)  リュック¥8300/アーバンリサーチ 渋谷ヒカリエ シンクス店(アーバンリサーチ) スニーカー¥5800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース) ピアス¥3500/アビステ ニット帽¥6400/カシラ ショールーム(カシラ) ストール¥28000/セオリー リュクス【今月のPROFILE】〝辛め〟ゆる華通勤OLの花 広告会社勤務で、企画やコピーを手がけるプランナー。外回りが多く、仕事柄トレンドにも敏感。休日もアクティブに過ごすのが好き。辛めの洗練スタイルが定番。ネコ好きで現在彼氏募集中。 明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【グレーセンタープレスパンツ】 クールなアイスグレーが辛口スタイルにぴったり。¥34000/セオリー 【ゆる感ボーダートップス】 ほどよいルーズ感が今どき。柄でのアクセントづけにも重宝。¥11000/ゲストリスト(ルミノア)【ホワイトハイネックカットソー】 シンプルなタートルカットソーは、今季らしい重ね着のインナーとしても大活躍。レフ板効果のあるクリアな白を。¥10000/スローン 【ホワイトボアブルゾン】 モコモコのボアが可愛げ足しに作用。ボトムを選ばないショート丈も◎。¥28000/スタニングルアー 青山店(スタニングルアー) 「今月のおすすめパンツ着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪【関連商品】GALLARDAGALANTE パイピングボアコート【オンラインストア限定商品】 ¥25200(¥28000の10%オフ)+税【関連商品】suadeo ソフトサーモ美脚パンツ ¥8400(¥12000の30%オフ)+税撮影/倉本ゴリ〈Pygmy Company〉(人)、SHINTARO(物)ヘア&メイク/犬木 愛〈AGEE〉 スタイリスト/室井由美子 モデル/松島 花 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
  • 家の近くのカフェでまったり。読みかけの小説持っていこここのところバタバタしていたから、今日は自分のための一日にするって決めた! まったり過ごしたいから、スニーカーに合わせたカジュアルスタイルに。大人っぽくネイビー&ベージュに仕上げて小物で可愛げをプラス。近所のカフェで大好物のケーキを食べつつ、大好きな作家の本を読んで幸せ~! こういうなんでもない一日こそ、意外と大事だなって思ったり。スカート¥34000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエムクラス) タートルネックニット¥30000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) モッズコート¥22000/プラステ ニット帽¥8400/カシラショールーム(カシラ) レギンス¥20000/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエム クラス) スニーカー¥24000/ハイブリッジ インターナショナル(エーエムビー) バッグ¥185000/ジミー チュウ メガネ¥33000/アイヴァン PR(アイヴァン) ネックレス¥78000/エフ・ディ・シィ・プロダクツ(4℃)【今月のPROFILE】〝甘め〟ゆる華通勤OLの絵美里 丸の内に本社のある家電メーカーでマーケティングを担当。顧客ニーズの予見や販促資料作成などをこなす多忙な日々。可愛げのある上品フェミニンが好み。大の犬好きで彼氏あり。明日のコーデ写真一覧へ>>明日のおすすめ着回しアイテム【ベージュタイトスカート】 定番のベージュも、ミルクティーのようなまろやかな色みが甘めスタイルにマッチ。¥34000/ミューズ ドゥドゥーズィエム クラス 丸の内店(ドゥーズィエムクラス) 【黒タートルネックニット】 プレーンなハイゲージのタートルニットは着回しの名手。ロングスパンで着られる上質素材を選びたい。¥30000/リーミルズ エージェンシー(ジョン スメドレー) 【フードつきモッズコート】 リュクス感のあるファーつきならラフすぎない。フードは取り外し可能。¥22000/プラステ「今月のおすすめスカート着回しアイテム」まとめはこちらから>>関連アイテムをこちらで買えます! 画面をタップ♪【関連商品】MACKINTOSH PHILOSOPHY 【はっ水】メモリータフタモッズコート ¥49,000+税【関連商品】ICB 【ストレッチ機能】Stretch Twill タイトスカート ¥9500(¥19000の50%オフ)+税撮影/SHINTARO スタイリスト/室井由美子 取材/榎本洋子 文/衛藤理絵 
  • トレンド感はもちろん、着心地の良さ、着回し力、スタイルアップも! “今、こんな服が着たい”を必ず満たしてくれると評判の、エクラのオリジナルレーベル『E by éclat』。中でも、とくに人気が高かったアイテムがさらに進化して再登場! 毎日のコーディネートに役立つ、買って大満足間違いなしのアイテムをチェックして。「403枚売れ!」コクーンニットワンピース3週連続ランキング1位の美人ニットワンピース 10月号で大好評だったコクーンニットワンピースが、冬仕様の暖かなウール混素材で再登場。継ぎ目なく編み上げたホールガーメント製法で、体型を拾わないコクーンシルエットと小顔効果の高い深Vネック。アウターインにももたつかないから、この時期きっと重宝。 E by eclat コクーンニットワンピース ¥19,000+税>>ネックレス¥130,000/KAORU 伊勢丹新宿本店 スカーフ¥7,800(マニプリ)・バッグ¥16,000(メゾン ヴァンサン) /以上フラッパーズ タイツ¥4,200/ステッラ(ピエール マントゥー) 靴¥45,000/コール ハーン ジャパン「2480枚売れ!」ボトルネックニット今季700枚、累計2500枚に迫る記録的ベストセラー発売後2カ月たってもなお売上1位の大人気ボトルネックニット。新色2色は、冬の着こなしに映えつつ春まで長く活躍。フェイスラインを包むような絶妙な立ち上がりのネックと、ゆるっとオフボディのシルエット、前後差のある裾で、シンプルながら差がつく一枚。E by eclat ボトルネックニット ¥16,000+税>>パンツ¥26,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) ピアス¥3,695/アビステ バッグ¥44,000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)「443枚売れ!」深Vネックトップス、「201枚売れ!」大人フレアスカート”大人にちょうどいい華”のあるコクーンブラウスが大人気大人気コクーンブラウスの素材感を一新! ゆるやかなシルエットと女らしく抜け感があるVネックのデザインは生かしつつ、表は華やかな起毛感のあるシャギー素材、肌に触れる内側は綿ジャージーのダブルフェイス仕立てに。着映えと着心地のよさをあわせもつ一枚が完成。スカートは広がりすぎないフレア感が大人っぽくて好評 腰まわりはほどよいゆとり、裾に向かって自然に広がる絶妙なシルエット。好評の膝下丈フレアスカートを、ストレッチサテンのツヤ感でほどよい華のある旬のムードに更新。シャギートップスやニットに合わせれば、洗練された異素材ミックスコーディネートが即完成。E by eclat Vネックシャギートップス ¥16,000+税>>E by eclat 艶とろフレアスカート ¥15,000+税>>ピアス(片耳)¥89,500/チェリーブラウン バッグ¥69,000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) タイツ¥4,200/ステッラ(ピエールマントゥー)撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) ヘア&メイク/森ユキオ(ROI) スタイリスト/室井由美子 地曳いく子 モデル/生方ななえ
  • エクラ2018年10月号で特集した小冊子。ぜひあなたのスマホやタブレットに。他の画像を見る女性誌「eclat」(エクラ)で毎年大好評の京都特集。2018年10月号のブックインブックを電子書籍化! テーマは「このためだけに行く」京都の名店、新店。 ふと、その店の味を思い出しただけで、急に「京都行きたい熱」が高まる。ほかに特別な目的を作らず、あの一皿をいただくためだけに京都へ駆け込みたくなる。……そんな、京都へのパワフルなモチベーションとなりうるお店を、厳選してご紹介します。 お店を推薦してくださったのは、料理家の松田美智子さんや青山有紀さん、栗原友さん、ウー・ウェンさん、作家の角田光代さんや青木奈緒さんほかの方々。 紹介している飲食店は、全部で41軒。それぞれ電話番号/住所/営業時間/定休日の記載があるほか、巻末には地図も6ページついていて、迷わずお店にたどりつけます。 開けば、京都に行きたくてワクワクすること確実の特集です! ※『eclat 2018年10月号』(2018年9月1日発売)掲載のブックインブックを再録したデジタルブックになります。 ※掲載の情報は上記底本発売時点のものです。ご購入された時期により、掲載の情報と一部異なる場合がございますので、ご了承ください。 Part1 予約をとったら旅に出る「絶対の名店」 Part2 夢に出てくる「あの店のあの一品」 Part3 私のひそかな楽しみ「ひとりでも行く店」 Part4 旅のごほうびは、「絶品甘味」 Part5 京都人が太鼓判。「すぐに行きたい新店が続々と!」 Part6 買わないと帰れません!「自分へのマスト手みやげ」各電子書店へのリンクはこちらから>>>
  • 『ケイト・スペード ニューヨーク』が、新クリエイティブディレクターであるニコラ・グラスの初コレクションを発売します。日本は、世界に先駆けて1/23(水)から発売開始! 彼女の描き出す、新生『ケイト・スペード ニューヨーク』をご堪能あれ♡ニコラ・グラスが掲げるブランドコンセプトは「optimistic femininity(楽観的な女性らしさ)」。この世界観を表現するために迎えられたヒロインは、海外ドラマ『ストレンジャー・シングス』でおなじみのサディ・シンクと、ファッションアイコンとしても注目の女優ジュリア・ガーナー、そして映画『ビール・ストリートの恋人たち』で初主演を果たしたキキ・レーンの3人。この3人が出演するキャンペーンビジュアルは、キュートなカラーやハッピーなモチーフでいっぱい! ブランドの創業以来、数多くのキービジュアルを手がけてきたティム・ウォーカー氏が撮影しています。そしてどのアイテムにも共通するのが「スペード」。柄やモチーフとして、スペードのマークが数多く用いられています。どんな風にデザインされているのか、さっそくアイテムをチェックしましょう!nicola twistlock medium flap shoulder in rococo pink ¥60000 クロスボディバッグの「ニコラ」は、丸みのあるシルエットとなめらかなレザーでシーンを選ばず使えそう。しかも、ハートのモチーフをクルッと回すと……nicola twistlock medium flap shoulder in roasted fig/rococo pink ¥60000 ハートがスペードにぴたっとハマるんです! バッグを開けるたびにウキウキしちゃいそう。ストロベリーチョコみたいなバイカラーにもキュン❤︎nicola twistlock medium flap shoulder in deep evergreen/black ¥60000 深みのあるグリーンには、ブラックのハートが。nicola twistlock medium flap shoulder in roasted fig ¥53000 スペードモチーフが控えめなタイプもラインアップ。トラッドなスタイルにも似合いそう!dorie medium bucket in chartreuse ¥60000 バケツ型バッグの「ドリー」は、よく見るとたくさんのスペードを編み込んであるっ! ピンクのインナーバッグは取り外し可能なので、他の巾着を使ったり、あえて中身を見せても可愛い❤︎dorie medium bucket in hot chili ¥60000 鮮やかカラーでリゾートスタイルにもぴったり! でもハンドクラフトタッチのレザー素材なので、きちんと感はキープ。dorie medium bucket in evergreen ¥60000 インナーバッグを使えば、オールシーズン持てそう。イメージビジュアルで着ている、同じく春コレクションのワンピースとも相性バツグン❤︎各ショップでは、コレクションの発売を記念したイベントが行われます。1/25(金)・26(土)の2日間は、『ケイト・スペード ニューヨーク 銀座店』でニコラ・グラスがディレクションしたストアデザイン体験ができるんだって! さらにフォトブースが登場したり、ケータリングが提供されたりとパーティ気分でショッピングを楽しめます♡ 2/9(土)・10(日)には、一部店舗でドリンクサービスが実施されるそう。ニコラ・グラスの初コレクション、手に取ったら春が待ちきれなくなっちゃいそう! さらに進化した『ケイト・スペード ニューヨーク』から目が離せません♬▶︎▶︎『ケイト・スペード ニューヨーク』公式サイトはこちら
  • トレンド財布はサイズと機能が重要なんだって♡春に新調するお財布は「春財布=張る財布」として、金運アップにもなるらしい♡ 毎日使うものだもの、“おしゃれなだけ”じゃないもの限定! お気に入りのミニバッグにもちゃんと入って、収納力もあって、気分が上がるデザインのものだけ集めました!ミディアムサイズ 大きすぎず小さすぎないサイズ。安心感のある収納力“結局いちばん使いやすい”と今、人気上昇中! (右から)・¥23000/アニエスベー(アニエスベー ボヤージュ)・¥23000/AJIOKA.(Epoi)・¥18000/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス)表はブラウン、中はネイビーという意外性のあるシックな色合わせがおしゃれ。 (10×10.5×2/札入れ1、小銭入れ1、カード入れ5)¥23000/アニエスベー(アニエスベー ボヤージュ)鮮やかなパープルに揺れるタッセルでアクセントをプラス。仕切りのあるコインケースが使いやすくて便利。 (9.5×10/札入れ2、小銭入れ1、カード入れ6、ポケット1)¥23000/AJIOKA.(Epoi)お札入れやカードケースにカラフルな色をのぞかせた、目にも楽しいデザイン。コインケースはがばっと大きく口が開く仕立てに。 (9.5×10×1/札入れ1、小銭入れ1、カード入れ6)¥18000/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス)名刺サイズ お札や小銭、カードもすっぽり。見た目を超えた収納力に驚き! (右から)・¥9000/ジュエルナローズ 東急プラザ 表参道原宿店 ・¥16000/T&L(トフ アンド ロードストーン) ・¥15000/ウエニ貿易(ペッレ モルビダ)ちょっぴり主張の強いメタリックゴールドもこのサイズならトライしやすい。ライニングは一面華やかなピンクに。 (7.5×9.5×1/札入れ1、小銭入れ1、カード入れ3)¥9000/ジュエルナローズ 東急プラザ 表参道原宿店タイルのようなしっとりとしたテクスチャーが新鮮。アーモンド形の留め具もキュートな印象。 (7×9.5×2.5/札入れ1、小銭入れ1、カード入れ3)¥16000/T&L(トフ アンド ロードストーン)シュリンク風の型押しレザーは、くたっとしたやわらかな質感でなじみよし。お札を仕分けして収納可能。 (7.5×9.5×2.7/札入れ2、小銭入れ1、カード入れ3、ポケット1)¥15000/ウエニ貿易(ペッレ モルビダ)がまぐち がばっと開くから出し入れラクラク♬ 【上】メタリックシルバーに加工を施し、ヴィンテージのような風合いに。ミニクラッチにもなるサイズ感だけに、収納力も申し分なし。¥15000/レイジースーザン 新宿ミロード店(レイジースーザン)  【下】やわらかなピンクベージュとマットなゴールド金具の調和が上品なムードを醸しだして。¥12000/ウエニ貿易(フィル)【右】(11×21.5×2/札入れ4、小銭入れ1、カード入れ13)¥15000/レイジースーザン 新宿ミロード店(レイジースーザン) 【左】(10×22×3/札入れ4、小銭入れ1、カード入れ12)¥12000/ウエニ貿易(フィル)バッグ型 お財布とバッグが一体化。これひとつで身軽にお出かけ! 【右】フロントのスナップボタンは2段式になっているから、容量によってフラップを閉める位置を変えられる。¥38000/AJIOKA.(Epoi) 【左】スマートフォンまですっぽり収まる大容量。取りはずせるカードケースは10枚のカードを収納可能。¥10000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店(マッキントッシュ フィロソフィー)【右】(11.5×20×4.5/札入れ1、小銭入れ1、カード入れ8、ポケット6)¥38000/AJIOKA.(Epoi) 【左】(12×20×1/札入れ1、小銭入れ1、カード入れ9、ポケット3、着脱式カードケースつき)¥10000/マッキントッシュ フィロソフィー 新丸ビル店(マッキントッシュ フィロソフィー) ♡2月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 原文/野崎久実子 撮影/坂田幸一 スタイリスト/辻村真理 撮影協力/アワビーズ UTUWA TITLES ●本文中( )内の数字は財布のサイズ(縦×横×マチ〈単位は㎝〉)と財布のスペックを表しています
  • いつものシャツを花柄に変えて、ちょっぴりよそゆきな甘めフレンチカジュアルにトライ明日は大寒なので味噌作りに最適な日! 意外と力仕事なので動きやすいデニムコーデで。とはいえ、よそ様のお家にあがるのだから少しは華やかさも添えたいところ。黒ベースにパラパラと散った花柄シャツならゆるっとした可愛さを演出できそう。少し太めのデニムとスエードのフラット靴、かごバッグ、とジェーン・バーキンみたいなフレンチカジュアルを意識して、友人宅のインターホンを押してみる。シャツ¥18,000/フラッパーズ(サクレクール) ブルゾン¥78,000/レリタージュ マルティニーク デニムパンツ¥36,000/マディソンブルー かごバッグ¥13,800(マルシェ)・バレエシューズ¥24,000(スペルタ)・バングル¥56,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ撮影/坂根綾子 スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼デニムコーデをもっと見る
  • 「これがあれば素敵」とわかる、トレンド傾向や旬のアイテムを編集部がキャッチ! この冬トレンドのワーク風ショートブーツ。足もとに新鮮なバランスを生む、バックル使いやボリューム感に注目!1.ヴィオレッタ(ブランド勤務・ミラノ)ブルーグレーのトレンチコートはエイソスのもの。サングラスとバッグ、ブーツはジミー チュウ。コートとブーツの間の素肌を見せて、ヘルシーかつカジュアルな抜け感を強調。ゴールドのホールがシンプルなブーツのさりげないアクセントに。2.マリア(モデル兼カメラマン・ミラノ)ヒール使いでハードさが軽減。3.ランプリーニ(エンジニア・ミラノ)バックルとスタッズのゴールドが華やかなブーツはクロエのもの。他の画像を見るeclat2月号掲載 [パリ]撮影/Mari Shimmura コーディネート/Mami Okamoto [ミラノ]撮影/Marco Bertoli コーディネート/Akane Takadama 取材・文/松井陽子
関連キーワード

RECOMMEND