エクラ世代スタッフが推薦! 一番の「私的お気に入りブランド」 五選

Web eclat

1.エディター&ライター 向井真樹さん推薦『カオス』

素材やディテールにこだわるオリジナルと、国内外で買い付けたアイテムが共存。大人のための上質な日常着がそろう。

素材愛と服への思いがひしひしと伝わってくる、背景のある服

 展示会に並んだグレーとオフホワイトのニットバリエーションや、繊細な刺繡を惜しげもなく使ったブラウスに釘付けだった私に声をかけてくれたディレクターの櫛部美佐子さん。

素材のこと、デザインへの思い、工場とのやりとり話にグイグイ引き込まれ「熱い思いをもつ人のつくる、背景のある服を着たい」と共感。その後届いたニット。希少な素材感が私の着こなしを確実に格上げしてくれています。
シャツ¥38,000・ニット(アンサンブル)¥39,000・パンツ¥36,000/カオス 表参道(カオス) リング¥36,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バッグ¥35,000/オルサ(オルセット) 靴¥39,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)
むかい まき●エクラをはじめ、雑誌やウェブサイトでファッションや暮らしまわりのページを担当。

2.エディター&ライター 新田幸子さん推薦『リュンヌ』

素材、仕様、立体裁断にこだわったパンツは、知る人ぞ知る存在。ハンサムなおしゃれが好きな人、必見。

おしゃれスタッフがこぞって購入したその理由に納得!

「美脚パンツ」企画の常連。黒パンツだけでも定番とシーズンモデル合わせて8型もあることを知り、タキシードパンツを予約。

大雨の日、道に迷いながらもアトリエにたどりつき、デザイナーの前沢祐子さんからすそ上げのレクチャーを受けたあとにはいたパンツは、美しさとモードが香る私のツボ。生地の重さの落ち感でスタイルアップする、噂どおりのはき心地。思わずそのまま打ち合わせに向かいました(笑)。
トリアセテートダブルクロスという肌ざわり抜群でしわになりにくいストレッチ性のある上質素材を採用。同素材のジャケット¥100,000・ニット¥38,000・パンツ¥45,000/ラトリエ・エム(リュンヌ) ピアス¥22,000・リング¥24,000/ブランイリス伊勢丹新宿店(ブランイリス) バッグ¥28,000/シジェーム ギンザ(ポンタタ) 靴¥80,000/ヒラオインク(クレジュリー)
にった さちこ●出版社で数々の女性誌の編集に携わりフリーに。女性誌のファッション企画で活躍中。

3.ヘア&メイクアップアーティスト 野田智子さん推薦『サイ』

クラシックな英国式のテーラリングをベースに、スタンダードなアイテムに新たな機能と価値をプラス。その着心地にファンが多い。

クロゼットの中のコートのほとんどが色・形違いのサイです

 ブランド初の展示会にうかがって以来、トラッドテイストを貫いたいい意味での質実剛健ぶりの大ファン。気づいたらクロゼットやトランクルームに並ぶ冬物のコートの大半が『サイ』。この取材を受けたことで改めて、身近な存在としておしゃれを支えてくれていたのだと自覚しました。

 なぜそこまで……といわれれば、その理由はなんといっても着心地のよさ。
冬の撮影ではコートを着たままヘアメイクをすることがありますが、腕の上げ下ろしや立ったり座ったり、動きまわってもストレス知らずで、型くずれや生地の傷みもほとんどないから驚き。

手持ちのチェスターやダッフル、ピーコートのほとんどがネイビーとキャメル。仕事でもプライベートでも、きれいめを意識した着こなしにしっくりくるコートは、これからも大切にします。
丈や色をマイナーチェンジしながらつくり続ける、不動の人気を誇るカシミヤ混メルトンのチェスターコート。すっきり細身の腕まわりでも着心地抜群なのは、ブランドならではのパターンワークの集大成。コート¥94,000・パンツ¥36,000(ともにサイベーシックス)・シャツ¥42,000(サイ)/以上マスターピースショールーム バッグ¥30,000/コード(ヴァジック) 靴¥38,000/ファビオ ルスコーニ 六本木店(ファビオ ルスコーニ)
のだ ともこ●多くのモデルや女優、スタッフから信頼が厚く、その人柄のよさでも不動の人気を誇る。

4.エディター&ライター 大野智子さん推薦『スローン』

自分たちが着ていて心地よい物づくりを、とのコンセプトが響くニットブランド。ユニセックスなサイズ展開も心憎い。

ユニセックスなオーセンティックさがトラッド好きに響く

 スタイリスト絶賛の『スローン』。デビュー当時から大人気だったために購入のタイミングを逃した私は、エクラのニット企画で撮影したローゲージのアラン編みニットにひと目惚れ。

男性ファッション誌に携わっていたこともあって、メンズサイズを小粋に着こなすモデルの田沢美亜さんを見て購入を決心。ニットを愛する人たちが上質な素材を使い、良心的な価格帯で提供するその真摯な姿勢にも共感しました。
品質の高さで名高い「ロロ・ピアーナ」社のカシミヤ糸を使用したシリーズ。シンプルなデザインながら、襟のあきや高さ、袖リブのテンションなどこだわりが満載。クルーネックニット各¥42,000・タートルニット 各¥44,000/スローン
おおの ともこ●ファッションから宝飾品まで、幅広い知識と情報から本質をとらえた誌面づくりが評判。

5.副編U推薦『エッセン. ロートレアモン』

デニム、Tシャツ、ライダースなどのベーシック服を大人のために再構築。日常に自然に取り入れられるモード感ある服を提案。

ベーシックが基本の辛口な女らしさがジャストフィット

 大人のためのベーシック服はいろいろと登場しているけれども、私の場合、それがフェミニン寄りだと似合わないんです。でも、ここの服はちょっとだけ辛口。そして大人の体がきれいに見える優しいデザインも魅力。

決してキャッチーすぎるデザインではないのに「それどこの服?」とよく聞かれます。ふだん着として取り入れやすく、見栄えもするから大事にしたくなる。プライスもほどよく、頻繁に頼っています。
下着が見えないギリギリのカッティングのニット、コンサバすぎないタイト、ウールジャージーのリラックス感がうれしいきれいめコートと、おしゃれな機能性は必見。ニット¥24,000・スカート¥32,000・コート¥52,000/エッセン.ロートレアモン
ふくへん ゆー●カジュアルベーシック派ながら、女らしさやきれいめを意識した着こなしを心がける。
eclat11月号掲載 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/小川ゆう子 モデル/生方ななえ 取材・文/向井真樹
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND