スタイリスト池田奈加子が提案“雰囲気ある大人”へ導く、おしゃれセオリー4

Web eclat

1/4

2/4

3/4

4/4

1.ロングコートは上質な色と素材を"まとう感覚"で
秋冬のおしゃれを左右するアウター。特に大きな面積を占めるロングコートは、着る人自身を印象づけてしまうものだからこそ、究極の一着に出会いたい。うっとりするほどなめらかで上質な素材感、 優しいミルクティー色の極上コートは、 着る人を美しく包み、優雅なオーラを醸し出す。「そして大人のコートは、かっちり着るよりゆるやかに、まとうように着るのが素敵。 体のラインを強調しないだけでなく、 大人の余裕やムードがそこに宿ります」(池田さん)。

コートは肌映りのいいミルクティーベージュ。保温・柔軟性に優れたメルトンで最後はすべて手縫い仕上げ。このしなやかさは格別! ボトムはマディソンブルーのシンボルであるタイトスカートを鮮やかな赤で。コートの裾から見えたときのバランスがとても美しい。

バッグ¥47,000・靴¥46,000/アマン(ペリーコ)


MADISONBLUE ウールトレンチコート ¥215,000+税>>

MADISONBLUE ウールカシミヤスカート ¥72,000+税>>


MADISONBLUE カシミヤ混スウェット ¥57,000+税>>
2.レザーやパールがもつ艶っぽさを味方に
「大人になるとどうしても肌や表情からはつらつさが失われてしまうもの。 だからこそ、装いに "艶" をまとうことが有効なんです」と池田さん。これみよがしの光りものより、大人には本物がもつ "上質でほどよい艶" こそが効果的。ライダースジャケットの光沢感となめらかさは選びぬかれた極上レザーならではのもの。耳もとで上品に揺れるイヤリングの白には、肌をトーンアップして見せる "レフ板効果" も。

ライダースは上質な革のみを厳選し、熟練職人が一着ずつつくり上げるイタリアのレザーブランドのもの。最高級ナッパを使用しハードな装飾を排したノーカラーデザインは、しなやかで柔らかい着心地。ゴールドの金具も女性らしい印象。イヤリングは「どんな装いにも合うし、よくほめていただくんです」と池田さん自身も愛用のドナテラ・ペリーニのもの。今回エクラ限定デザインとして、多面カットが施された乳白色のムーンストーンと横オーバル型の淡水パールをひとつひとつ真鍮ワイヤーでつなぎ合わせて製作。


CINQUANTA ノーカラーライダース ¥138,000+税>>

池田奈加子×donatella pellini ムーンストーンx淡水パールイヤリング ¥18,000+税>>


Drawing Numbers グレンチェックワイドパンツ ¥32,000+税>>
3.質感の違うワントーンで着こなしに奥行きを
ワントーンは今や大人の王道スタイリング。 ただ、素材に重量感が出がちな秋冬には重たくメリハリに欠けて見える危険も。「ワントーンを洗練させるポイントは、素材感の違うアイテムを合わせること。例えばこんなふうに、毛足の長いニットには艶やかな光沢感のあるスカートを。異なる質感をていねいに重ねることで、ワントーンに奥行きが生まれます」(池田さん)。 グレイッシュなライトブルーでつくる "大人のカラーワントーン" にもトライしたい。

ゆるやかに体を包むシルエットとシックな色出しが大人っぽいアルパカニット。身頃とサイドの編み方を替えてニュアンスを。スカートは動くたびにきれいに揺れるアシンメトリーなシルエット。高級感ある光沢をまとい着映え度も高い一枚は、ドレッシーにもカジュアルに。

タイツ・靴/スタイリスト私物


ELIN アルパカルーズニット ¥43,000+税>>

ELIN アシンメトリースカート ¥39,000+税>>


池田奈加子×donatella pellini ムーンストーンx淡水パールイヤリング ¥18,000+税>>
4. マニッシュ服には "フェミニン足し" がマスト
この秋気になるチェック柄のワイドパンツ。 でも、全身をマニッシュにしてしまうとあかぬけず、 ともすれば "おじさん" 風に……!? 「大人の女性がマニッシュなアイテムを着るときは、必ず正反対のフェミニンな要素をプラスするのがコツ。優しさや抜け感が出て、女性ならではの洗練された着こなしに」と池田さん。ふんわりリュクスなカシミヤカーディガンからデリケートで美しいレースをのぞかせて、ハンサムなのに女らしい大人の甘辛スタイルに。

ニットは糸起毛した100%カシミヤを手編みで編み上げた、ふわっふわの極上の風合いと軽さが魅力。襟を抜いてまとうように着ると今どきに。合わせたのは、身長や体型を問わずきれいにはける!と噂のブランドの人気定番パンツ。吟味されたワイドストレートシルエットと、ほどよいタック&センタープレスが、脚長&着やせ効果を発揮。今年らしいグレンチェック柄にも注目。

バッグ¥85,000(トマジーニ)・靴¥ 75,000(ニナ リッチ)/以上ドローイング ナンバーズ 南青山店


Drawing Numbers ハンドカシミヤカーディガン ¥62,000+税>>

Drawing Numbers グレンチェックワイドパンツ ¥32,000+税>>


Drawing Numbers リバーレースキャミ ¥16,000+税>>
撮影/酒井貴生(aosora) ヘア&メイク/森ユキオ(ROI) スタイリスト/池田奈加子 モデル/富岡佳子 取材・文/大野智子 撮影協力/丸の内仲通りビル、三菱地所
関連記事
  • 1回受けたら虜になる!ともっぱらの噂。CPコスメティクスの化粧品を使ったCPサロンのフェイシャルエステが気持ちよすぎたので詳細レポートしちゃいます。たった60分で見違えるような肌に。これは体験しなきゃ損です!何度か誌面でもオンラインでもご紹介しているCPサロンのエステ。取材に立ち会って、トリートメントを受けている皆さんの気持ち良さそうな表情を見るたびに「いいなぁ~、めちゃくちゃ気持ち良さそうだな~」と、羨ましく思っていました。だって、そばで拝見していると肌が明るく、清らかになっていく様子が手に取るように分かるんです。こんなアリーナ席で“見るだけ”はツライ!ということで、実際に体験させて頂くチャンスを頂きました! 嬉しすぎて気持ち良すぎたメニューの一部始終、実況しちゃいます。まずはカウンセリングから。スタッフさんが今の肌悩みをじっくり聞いてくれます。実際に肌に触れ、現在の状態をチェック。一人ひとりにぴったりのトリートメントを導き出すとともに、頼もしいスキンケアアドバイスも。私、肌は丈夫なのですが、どうも皮膚が薄いらしい。それも即座に言い当てられました。日常的に使っている化粧品もカウンセリングシートに記入。美容液にオイルにマスクに……がっつり書いて、ありのままを告白。全てを把握してくださるからこそ、自分の肌を安心して委ねられるんです。さて、お待ちかねのエステがスタート。まずはデコルテや頭部をマッサージしてくれるプレトリートメントから。頭皮のプッシングだけでもう極楽気分! リラックスすることも、エステの効果を存分に引き出す秘訣ですからね。スチームをあてて、余分な角質を柔らかくしながらクレンジングがスタート。まずはハンドクレンジングでメイクアップや汚れを丁寧に浮かせてオフ。つまみ上げているような指先に注目してください! この技で、表面だけではなく内側の滞りも解消。これぞCPエステの醍醐味。自分では決してできないケアです。次は天然素材で肌当たりのいいブラシによるクレンジング。これで古い角質や、細かい汚れをとことんからめ取ってくれます。クレンジングの締めはガラス管による吸引。毛穴に詰まった汚れまで徹底的に取り除くことで、真からクリアな肌を目指せます。リズミカルに「キュッ・ポン♪」と響く音や軽快なタッチが心地いい。この振動も血行促進を促してくれるとか。CPエステは、この3段階の丁寧なクレンジングがキモなんです。エステ開始直後と比べて、肌がかなりトーンアップしているのにもご注目を。肌がまっさらクリーンになったら、マッサージに突入。指先を駆使して、優しいけれど心地よさがしっかり届く手わざに、もう夢心地。こんな風にぐーっと引き上げるマッサージも。この時点で、私はもう意識がどこかに行ってしまっています(笑)。クライマックスのフェイシャルマスクは、ぴったりひんやり。うるおいをぐーっと押し込んでくれるようなプレス感を楽しみながら、エステの余韻を噛み締めて。 マスクを外し、化粧水と乳液で“お仕上げ”すると、エステ前とは段違いの明るい肌に。その変貌っぷりに、エステの一部始終をカメラに収めてくれたプロデューサーTも驚愕していました。自分的な実感としては、やはり徹底的に汚れを取り去ったためか、手触りツルン&中身がみっちり詰まったモチモチ肌に!このエステ体験は昼下がりだったのでメイクをして仕事に戻ったのですが、その後はびっくりするほどメイク崩れも起こさず、快適に過ごせました。CPコスメティクスのメイクブランド「サティシェ」の春新色を使ったメイクアップアドバイスも受けられて大満足!  ちなみに2月1日(金)発売、フルリニューアルしてのお目見えです。 ここまででおよそ60分、エステで使う化粧品をボトルキープしておけば、会員価格は1回¥2000~3000! 肌をメンテナンスして、メイクも更新できる。こんな至れり尽くせりのサロンって、なかなかないと思います。で、ホームケアもカウンセリングでお勧めされた「ソワーニュ フィエルテ」をメインに、美白ライン「ソワーニュ ホワイトシフト」を挟み込む“重ね美白”を実践中。実はエステ後、プロデューサーTが仕上がりのすっぴん肌も撮ってくれていたのですが、肌全体が明るくなった分、シミ&ソバカスが激しく目立ってヒドイ有様だったので……ここに載せられませんでした。その衝撃を胸に、今年は美白に注力しようと誓った次第です。というわけで「ソワーニュ ホワイトシフト」の美白美容液、メラノクリスタルエッセンス a(30mL ¥13500)が目下のお気に入り。加齢による潜んだシミや、ハリ対策も見据えたアラフォーにぴったりの美白です。軽いテクスチャーで季節を問わず使え、全顔も重ねづけも自在。ケアをスタートして半月ほど経った今では、随分と肌のにごり感も払拭されたような。丁寧なカウンセリングとエステで、自分の肌をもっと知って愛せるようになるCPサロン。時間がないのに悩みは増える一方のアラフォーは、味方につけないと損ですよ!●「CPコスメティクス」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • コーディネートのマンネリには、旬を先取りするアイテムを投入! 春まで使えるきれい色アイテムをご紹介。ラベンダーのタートルネックニットは、適度なボリューム感が顔まわりを可愛らしく演出してくれる。後ろ下がりになった裾もポイント。 やわらかタートルネックニット¥16,000/エムセブンデイズサックスブルーのノーカラーコートは軽くしなやかな素材。肌寒い春先まで重宝すること間違いなし。膝が隠れる長めの丈も今年らしい。 ウール混ノーカラーコート¥29,000/エムセブンデイズラベンダーのコーデュロイパンツは、フロントが斜めに留まるデザイン。ワイド具合もちょうどよく、しなやかな履き心地だ。 ワイドフィットコーデュロイパンツ¥28,000/カレンテージ撮影/坂根 綾子 スタイリスト/徳原文子 取材・文/発田美穂
  • いつものシャツを花柄に変えて、ちょっぴりよそゆきな甘めフレンチカジュアルにトライ明日は大寒なので味噌作りに最適な日! 意外と力仕事なので動きやすいデニムコーデで。とはいえ、よそ様のお家にあがるのだから少しは華やかさも添えたいところ。黒ベースにパラパラと散った花柄シャツならゆるっとした可愛さを演出できそう。少し太めのデニムとスエードのフラット靴、かごバッグ、とジェーン・バーキンみたいなフレンチカジュアルを意識して、友人宅のインターホンを押してみる。シャツ¥18,000/フラッパーズ(サクレクール) ブルゾン¥78,000/レリタージュ マルティニーク デニムパンツ¥36,000/マディソンブルー かごバッグ¥13,800(マルシェ)・バレエシューズ¥24,000(スペルタ)・バングル¥56,000(シンパシー オブ ソウル スタイル)/フラッパーズ撮影/坂根綾子 スタイリスト/松村純子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼デニムコーデをもっと見る
  • 末端まで潤いのあるオンナでいたい人必見! BBB(バイラビューティブレインズ)に潤いたっぷりの足でいるためのケア方法を教えてもらいました。【Foot】塗って・はいて・ガッツリ保湿!美容家 小林ひろ美/LA CARPE代表 新井ミホ 「塗ったらはく、はいたら塗る」 靴下を重ねて保湿&保温。(右から)「はいたまま眠れる、通気性のいいオーガニックコットンの靴下」(新井さん)。nanadecor スリーピーソックス¥2200/サロン ド ナナデェコール(ジュリエット) 「婦人科系のツボが集まるくるぶしに冷えは厳禁。かかとがじんわり汗ばむ、ウェットスーツ素材のかかとソックスを愛用してます」(小林さん)。ピュビケア ツルふわかかとソックス¥4200/ピュビケア美容ジャーナリスト 小田ユイコ 「タイツは潤い泥棒」 お風呂上がりだけでなく、タイツをはく前にもマッサージ塗り。「のびがよく、すじムラにならずにシュッと浸透するのに、しっかり潤う」。プロハイププラス ボディクリーム 280g ¥2700/ニッピコラーゲン化粧品美容ジャーナリスト 鵜飼香子 「かかと保湿に色気はいらない!」 かかとケアは質実剛健の実力重視。「どんなカサカサかかとも、しっとりつるつるになるロコベースには、家族一同絶大な信頼を置いています」。ロコベースリペア かかとケアバーム 10g ¥1400/第一三共ヘルスケア撮影/さとうしんすけ 取材・原文/長田杏奈 ※2019年BAILA2月号掲載
  • 日々さまざまな情報を更新している「DAILY MORE」のビューティ記事。人気のあった記事を見れば、キレイの法則が分かっちゃうかも? ということで、1/12(土)~1/18(金)のビューティ人気ランキングを発表しちゃいます!※記事発信時点での情報のため、入手困難な場合や、販売・セール・イベント等が終了している場合があります。♡第3位♡『SUQQU』の顔筋マッサージ 第3位、『SUQQU』直伝!「夜の1分」顔筋マッサージはもうトライした? ポイントを押さえしっかり行えば、夜1分で小顔が叶っちゃう♡ ▶︎▶︎顔全体がすっきり!♡第2位♡"大好きブランド"の名品で、会社メイクを格上げ! 第2位は、【平成最後のベストコスメ祭】会社メイク部門の全9商品をお届け♡ 見事大賞に輝いたのは、「シャネル」のあのアイテム! ▶︎▶︎美プロがおすすめ!♡第1位♡あらゆる肌悩みに頼れる! スキンケアのおすすめ 第1位は、【平成最後のベストコスメ祭】スキンケア部門の受賞アイテム発表記事☆ クレンジングから仕上げのクリームまで、名品of名品をしっかりチェック。 ▶︎▶︎肌悩みとおさらば!あなたのお気に入り記事は入ってた? DAILY MOREでは、毎日みんなが気になるビューティ情報を更新中。いつもチェックして、キレイのアンテナ張っておいてね♬⇒先週までのビューティランキングはここからチェック
  • 「これがあれば素敵」とわかる、トレンド傾向や旬のアイテムを編集部がキャッチ! この冬トレンドのワーク風ショートブーツ。足もとに新鮮なバランスを生む、バックル使いやボリューム感に注目!1.ヴィオレッタ(ブランド勤務・ミラノ)ブルーグレーのトレンチコートはエイソスのもの。サングラスとバッグ、ブーツはジミー チュウ。コートとブーツの間の素肌を見せて、ヘルシーかつカジュアルな抜け感を強調。ゴールドのホールがシンプルなブーツのさりげないアクセントに。2.マリア(モデル兼カメラマン・ミラノ)ヒール使いでハードさが軽減。3.ランプリーニ(エンジニア・ミラノ)バックルとスタッズのゴールドが華やかなブーツはクロエのもの。他の画像を見るeclat2月号掲載 [パリ]撮影/Mari Shimmura コーディネート/Mami Okamoto [ミラノ]撮影/Marco Bertoli コーディネート/Akane Takadama 取材・文/松井陽子
  • 年も明け、次に気になるのは春アイテムですよね。淡い色づかいで春を意識したコーデをご提案します。冬コーデの鮮度を上げてくれるのは、淡いトーンのスタイル。 羽織っていると必ずほめてもらえる、きれい色コート。 まずはこのコートからコーディネートを考えました。 次に、このコートに合いそう!と思ったカゴバッグ。 冬に持つカゴバッグの合わせ方のポイントは素材と配色にあり! レザーMIXならカゴでもきちんと感!オールシーズン使えます。カゴバッグを持つと程よい抜け感をつくってくれるので、デニムを合わせて大人の甘カジュアルに仕上げます。 コートのサックスブルーを邪魔しないように他のアイテムは色ものを使わず、ベーシックな馴染ませ色で。 ブルーの薄色デニムも良かったのですが、いざ合わせてみるとやはりこのシルバーグレーのデニムがしっくり。淡いトーンで揃えたかったので、黒は封印。 足元は白ソックスにモカベージュのパンプスできれいめカジュアルに。 以前のブログにも書いたように、ブルー×ブラウンは相性の良い組み合わせ。 バッグの上に乗せたモカブラウンのカシミアストールも色味がぴったりでした。 もちろん外ではぐるぐるっと首に巻いて防寒!knit Mila Owen denim upper hights coat The Virgnia pumps PELLICO bag LOEWE昨日は美女組No.162 yasukoさん、No.165 Marikoさん、No.167 hirokoさんと、俺のビストロ&Bakeryで新年会でした。(写真はスライドしてね)★俺のビストロ&Bakery俺の泡 ロゼで乾杯デザートと思いきやアミューズに登場したチーズクレームブリュレてんこ盛りのグリーンサラダ他の画像を見るお店を出た後は近くのカフェヘ。 深夜までオープンしているので、夜カフェにぴったり。★Le Premier Cafe ル・プルミエ・カフェ店内は珈琲豆の良い香りが漂っていて、薄暗い雰囲気と合わさってまるで異空間にいるような錯覚に。コーヒーをオーダーしたかったけど、夜遅かったのでハニーカフェコンレーチェを。 グラスに入っておしゃれ! ハチミツ入りで冷えた体が温まりました。美女組No.161 愛のブログ
  • ニット¥4000/シティーヒル(マジェスティックレゴン) スカート¥11000/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 イヤリング¥1945/アビステ バッグ¥11000/Noela ショートブーツ¥6900/REZOYハイウエストで脚長、ベルト付きでくびれ、アシンメトリーな裾ラインでふくらはぎやせと、スタイルアップポイント満載の着やせスカート。チェック&ボタン付きのトレンドもしっかり押さえてあるのがポイント高い。白のちょいゆるニットをインして甘めに着こなし!モデル/山田愛奈 撮影/田村昌裕(FREAKS)  ヘア&メイク/河嶋希(io)  スタイリスト/松尾正美 文/鈴木絵都子  ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。明日のコーデに迷ったら… \non-noお天気コーデをチェック/ ▶ショートブーツコーデ記事一覧はコチラ
関連キーワード

RECOMMEND