5時間のディナーを愉しむ、スターシェフのオーベルジュへ【大人の食欲と好奇心を満たす、カナダ/プリンス・エドワード島①】

Web eclat
カナダの東端にあるプリンス・エドワード島。愛媛県とほぼ同じ面積で、一島でプリンス・エドワード・アイランド州を成す。
カナダの東端にあるプリンス・エドワード島。愛媛県とほぼ同じ面積で、一島でプリンス・エドワード・アイランド州を成す。
どこまでも続く畑と青い海、そして舗装されていない赤土の道……。そんな風景が郷愁を誘うプリンス・エドワード島。L.M.モンゴメリの小説「赤毛のアン」の舞台として知られるここは、「カナダのフードアイランド」の異名を持つほどの、食の宝庫でもある。

食を目当てにこの島を訪れるツーリストたちが選ぶホテルといえば、「ジ・イン・アット・ベイ・フォーチューン」。カナダのスターシェフ、マイケル・スミスがオーナーを務めるオーベルジュだ。

滞在のハイライトは、もちろんディナー。ファームツアー(農場見学)、オイスターアワー(庭のグリルと屋内の牡蠣ブッフェを食べ歩く)、フィースト(ダイニングでのコース料理)の3部からなり、トータルすると約5時間! まさに、「食の旅」への誘いだ。

料理を生み出すのは、スターシェフ、マイケル・スミスに憧れカナダ中からここにやってきた、志の高い若き料理人たち。
料理を生み出すのは、スターシェフ、マイケル・スミスに憧れカナダ中からここにやってきた、志の高い若き料理人たち。
ファームツアーでは、オーガニック野菜やハーブの畑、人間と同じ食材を食べてすくすくと子豚が育つ農場を見て廻る。シェフの丁寧なガイドに、料理への期待も思わず高まる時間だ。

続いてオイスターアワー。室内のブッフェで牡蠣三昧、屋外のグリルでタコスやソーセージなど、好きなドリンクを片手に食べ歩くのが楽しい。でも、ここでお腹をいっぱいにするわけにはいかない。

オイスターアワーを終えたら、いよいよフィースト(宴)と呼ばれるコース料理のスタート。クリーミーなメープルバターとともに食べる釜焼きの天然酵母パンに始まり、自家製ベーコンやムール貝など具だくさんのシーフードチャウダー、ラディッシュのソースと若芽を添えたオーブン焼きのロブスター・・・・・・と、一皿一皿が食べごたえあり。盛り付けもユニークで、サーブされるたびテーブルで「おおっ!」と歓声が上がる。

なかでも、野菜料理はインパクト大。「ハーベスト・ボウル」と名付けられた一方には土の上で採れた野菜が、「アース・プレート」と名付けられたもう一方には土の下で採れた野菜のピューレを載せるという、みごとな演出に驚かされる。

これだけ食べても、翌朝の朝食もしっかりと食べたくなるのは、おいしいだけでなく、どんな料理に仕上げられているのか、興味を誘われるから。この宿を訪れるなら、とにかくお腹を空かせて、体調を万全にしていくことが鉄則。食べ終えた頃にはきっと、島の恵みに感謝しているはずだ。

1/8

2/8

3/8

4/8

5/8

6/8

7/8

8/8

見た目にも惹きつけられるサラダ。一方には土の上で採れた野菜が、もう一方には土の下で採れた野菜のピューレが。
庭で育つのは、野菜やハーブ、そしてレストランで余った食材を食べて育つ「ハッピー・ピッグ」と呼ばれる子豚たち。秋には、おいしいソーセージになってしまうけれど……。
ブッフェで思う存分に食べられる牡蠣は、シェフが漁師の船に同乗して選んだもの。
ドリンク片手に、屋外にあるグリルコーナーを食べ歩き。焼き立てのソーセージがおいしい!
着席のコース料理は、「ブレッド・ツリー」と名付けられたメニューからスタート。
島の東海岸でとれた牡蠣や貝がたっぷり入ったシーフードチャウダー。海岸に漂着するものを木のプレートに乗せた演出もユニーク。
天窓から優しく光が差し込むスイートルーム。夜は静かな環境でぐっすり眠って。
前の晩にたくさん食べてもなお食欲が湧いてしまう、豪華な朝食。焼き立てパンやホームメイドのスムージーに大満足。
【オーベルジュ情報】
ジ・イン・アット・ベイ・フォーチューン
The Inn At Bay Fortune

758 Route 310, Fortune Bridge, PE
電話番号 902-687-3745
撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/プリンス・エドワード島州政府観光局、エア・カナダ
関連記事
  • 数々の映画撮影の舞台ともなった由緒ある横浜のホテル「ホテル ニューグランド」が、6月2日の記念すべき“ローズの日”に、「ローズウェディングプレミアムBIGフェア」を開催する。 フェア当日は、地上70mに位置するスカイチャペルで模擬挙式を披露。眼前に広がるベイブリッジやみなとみらいなど、空と海が溶け合うパノラマビューへと続くバージンロードを体感できる。 またバラを使用した、豪華なローズウェディングメニューの試食会もあり。味はもちろんフォトジェニックな見た目にも注目したい。 美しいバラが咲き誇る中庭では、プロのカメラマンによる写真撮影も体験できる。ムードあるクラシックなホテルを背景に、まるで映画のワンシーンような1枚が撮れそうだ。しかも出来上がった写真はプレゼントしてくれるそう。 さらに、フェア限定のスペシャルな成約特典もあり。挙式当日はバラをふんだんにあしらった生ウェディングケーキを、ゲスト全員分サービスしてくれるとか! バラが見頃のこの時期に開催するローズウェディングフェア。レストラン「ル・ノルマンディ」でも、先着4組限定のローズウェディングハーフコースの無料試食会も同時開催している。洗練された空間で、バラをイメージした気品あふれる新作コース料理と、ソムリエによるワインの素敵なマリアージュを堪能できる。 1927年の開業以来、国内外のセレブリティに愛されてきたヨーロピアンムードなホテルは、ローズとの相性も抜群! ここでしか叶えられない優雅なウェディングを体験してみては。 ローズウェディングプレミアムBIGフェア日時:2019年6月2日(日)①10:00〜12:30、②15:00〜17:30場所:神奈川県横浜市中区山下町10番地*完全予約制(予約はHPの予約サイトより) ローズウェディングハーフコース無料試食付レストランウェディングフェア日時:2019年6月2日(日)16:30〜20:00*先着4組限定*完全予約制(予約はHPの予約サイトより) ホテル ニューグランド(ホテル ニューグランド・ウェディングデスク)https://www.hotel-newgrand.co.jp/wedplan/045-223-1122
  • 今月のMOREの付録はPAULとコラボ!MORE6月号の付録はパン屋さんPAULコラボの保冷バッグでした! デザインがシンプルかわいいと周りにも好評です。 心配でしたが、コンパクトなのに愛用のココポット(底広め)もそのまま入れられる頼もしい存在! 突然ですが、PAULのオススメパン、教えますPAULといえば、フランスで朝一並んで食べた!という友人がいるほど人気のパン屋さん。 わたしはフランスに行ったことはありませんが、実家でよく食べていたので馴染みの深いパン屋さんです。わたしのお気に入りのパンを(勝手に)紹介します。 ◆クロワッサン(たぶん)1番人気!フランスでおいしすぎた!との声多数。わたしもPAULの中では1番食べているのがクロワッサンだと思います。 バターたっぷりで、そのまま食べるとしっとり。焼き直すとちょっとサクッとなるのでお好みで。◆カヌレ皆さんが知っているカヌレより、大きくないですか、、? わたしは先にこちらを知っていたので、ほかのお店で見たとき、その小ささに驚きました。笑 中はしっとり、外側はちょっぴり大人の味です。◆パルミエ顔ほどの大きさのパルミエは、インスタ映えとしても人気なようです。 源●パイ大好きなので、嫌いなわけがない。笑 チョココーティングされたものもおいしいですよ◎付録もパンも要チェック!まだ本誌をゲットしていない方は、次号が出るまでに急いで! パンをまだ食べたことがない方は、ぜひ一度ご賞味あれ。モアハピ部 No.395 みそのブログ
  • from NORMANDY Caroline Marolleau & Arthur Delaire 春が訪れつつある3月初旬。約2年半の交際を経て、ノルマンディー地方のマナーハウスで式を挙げたアーサーとキャロリン。結婚式の準備にかけたのは2~3 カ月。「準備にストレスを感じたくなかったから、もともと知っていて食事がおいしいこの場所で即決。私たちは親族もたくさんいるので、自分たちじゃなく、招待する親族や友人たちをもてなすというコンセプトで、自分たちがみんなをどれだけ愛しているかを表現したんです」。挙式とアペロ、ノルマンディー名物のカキをはじめシーフードをメインにしたディナーの後は、朝までDJダンスパーティ。映像・音楽関係の仕事をしている彼ららしく、そしてパーティ大好きなフランス人らしいウェディングを堪能した。 挙式とパーティの会場は、ノルマンディーの海辺にあるクラシカルなマナーハウスを貸し切ってブライズメイドたちの衣装も白! 理由は「みんなで愛を分かち合い、みんなが主役となれるような楽しい夜を過ごしたいと思った」からフランスに春を告げるミモザのブーケは新婦が自ら調達&デコレーション。豪快にブーケトス!ドレスはミレーユ・ダルクが映画の中で着ていたバックレスドレスがイメージ。踊りやすいよう丈は短め。新郎はロンドン・サヴィルロウの老舗でスーツを仕立てたそうディナーは長テーブルを4 列並べて新郎新婦も一緒に。新鮮な食材だけを使い洗練されたおいしい料理を提供してくれるレストラン。ワインはボルドー出身の新郎の友人たちが手配新婦と総勢6名のブライズメイドはお揃いのチームブルゾンを作ってまずは温水プールでシャンパンを楽しんでからパーティの準備を開始
  • アンジェラ・へスターマン(ブロードウェイのステージマネージャー)&ブレンダン・マクマホン(演劇学科教授) from CRETE Angela Hesterman & Brendan McMahon NYでともに演劇関連の仕事をしているアンジェラとブレンダンが出会ったのは、オフブロードウェイの劇場。5 年の交際ののち、結婚を決めたふたりが選んだのはギリシャのクレタ島。海に突き出した岩の道の先にある白亜の小さなチャペルで挙式した。披露パーティはクレタ島・マルガリットで。「友人の家族が経営しているレストランが、伝統的なギリシャ料理であるヤギのロースト、エスカルゴ、地元のワインなどを用意してくれました」と、挙式だけでなく食事もギリシャスタイルというこだわりよう。地元のバンドがギリシャの音楽を演奏し、ダンスも盛り上がったそう。大きなオリーブの木の下で、笑顔があふれる忘れられない夜となった。 岩で造られたチャペルまでの道を、手を取り合って。新婦のドレスはBHLDN、ジュエリーは家族のものをまとったファーストダンスは地元のバンドが演奏する音楽とともにファーストダンスは地元のバンドが演奏する音楽とともにウェディングケーキは地元の名店のチョコレートケーキを選択。オリーブの木の下でのディナーは、キャンドルとリボンでデコレート式の後には、これからのふたりを想い大きなランタンに火を灯して飛ばすセレモニーを10人のゲストを招いた、くつろいだパーティブーケはナチュラルなムードを意識。花嫁のウェディングリングはマンハッタンのアンティークショップで購入。「まるで私たちのために用意されたかのように、サイズもぴったりでした」
  • アンナ・ボスケーロ(スタジオマネージャー)&ルーカス・フローレス・ピラン(ディレクター・フォトグラファー) from NY Anna Boschiero & Lucas Flores Piran 友人が主催したパーティで初めて会ったふたり(でもそのときは新郎の友人が新婦に先に声をかけたため、新郎は一緒に来ていた新婦のお母さまとずっと話をする羽目になったそう!)。その後仲を深め、バカンスで行ったサントリーニ島でロマンティックなプロポーズ。実は、NY市庁舎で結婚をしようと思いついたのはなんと式の数日前。挙式の申請をすると日時を指定されるので、その後家族や友人に声をかけ、当日は15人ほどが集まった。「リラックスしたムードで楽しかったです。宣誓をしたあと、近くのバーで乾杯をしました。でもなんとボトルのシャンパンを置いてない店で! 記念すべき日なのに、缶のシャンパンで乾杯したんです(笑)」 式後のディナーは「オデオン」、アフターパーティは「イヴス」で市庁舎で指輪の交換。リングはお揃いの「ティファニー」新婦のドレスはアレキサンダー ワン、新郎のスーツはメゾンマルジェラ、バーバリーのシャツ&グッチのネクタイとモードな装い
  • from FRANCIACORTA Lidia Dal Tio & Simone Venturini 「友人の誕生日パーティで意気投合。すぐデートの約束を交わしたの」というふたりは、カナダ出身のリディアの家族や友人たちが参加しやすいようにと、夏のバカンスシーズンでの野外ウェディングを選んだ。「国内外から71名のゲストとたっぷり時間を過ごしたかったので、親密感があり心地よい雰囲気をつくり出せそうなこの会場がすぐ気に入りました」。ラグジュアリーブランドで働く彼女が出張先のロスで購入したドレスは、シフォン素材、レースのディテールが美しいバックコンシャスなデザインだ。「私とパパ、彼とママがペアになってダンスするシーンが感動的でした」。パーティは盛り上がり真夜中にミニハンバーガーとグルメポップコーンが登場すると会場がさらに沸いた。 PHOTO:Paolo Poce & Lorenzo Passone ゲストとともにセレモニー、披露宴、アフターディナーパーティをひとつの場所で大切な家族のウェディングストーリーをモノクロ写真で飾ったウェルカムスペース北イタリアのフランチャコルタは最上級スパークリングワインで有名。ディナーは地元の食材をベースにした料理とワインのペアリングを
  • from VERONA Francesca Perinoni & Andrea Zanibellato ヴェローナ出身のふたりがウェディングの舞台に選んだ場所は、市街から車で20分とかからない距離にある、美しいぶどう畑の広がるヴァルポリチェッラ。小高い丘の上に立つ1700年代のヴィラは、緑豊かな広い敷地にプライベートの小さな教会も。「ここに約150名を招いてセレモニーとアペリティフと晩餐会を行いました。樹齢数百年の木々に囲まれた素晴らしいロケーションで、忘れられない一日を家族や友人たちと過ごしたかったから」というフランチェスカは可憐なレース使いがノスタルジックなドレスが印象的。「何着も試した後、このドレスを着た瞬間に不思議とこれ! と感じられドキドキしました。ドレスが私を選んでくれたようです」 映画の舞台のような美しい18世紀のヴィラの庭園で永遠の愛を誓うメニューは野菜のプリモ2 皿と肉料理のメインディッシュセレモニーの後はアペリティフの時間。大切な人たちとワインで乾杯しながらチーズやフルーツを楽しんでロマンティックな夕暮れ時の晩餐会。テーブルの中央には、白でまとめた素朴で可憐なアレンジメントをセッティング。「ゲストの多くはふたりの出会いのきっかけをつくり、恋愛を応援してくれた同世代の友人たち。なるべく堅苦しくないディナーを心がけました」ヴィラの前で、ロマンティックなキスを。「ある夏、友人を通じて出会いお互いひと目惚れ。10年の歳月を一緒に成長してきました。私たちは恋人でもありそれぞれを人生の同志だとも思っています」テニスコートで行なった晩餐会。会場にはバーテンダーの姿も。「カクテルがおいしいと評判のヴェローナの名店に声をかけました」家族の伝統で新郎が選びプレゼントしたブーケ
  • Bondyエクラ編集部の周辺グルメといえば最愛のカレー♡ 今回は人気の欧風カレーに決まりました! ペロリでした。
関連キーワード

RECOMMEND