5時間のディナーを愉しむ、スターシェフのオーベルジュへ【大人の食欲と好奇心を満たす、カナダ/プリンス・エドワード島①】

Web eclat
カナダの東端にあるプリンス・エドワード島。愛媛県とほぼ同じ面積で、一島でプリンス・エドワード・アイランド州を成す。
カナダの東端にあるプリンス・エドワード島。愛媛県とほぼ同じ面積で、一島でプリンス・エドワード・アイランド州を成す。
どこまでも続く畑と青い海、そして舗装されていない赤土の道……。そんな風景が郷愁を誘うプリンス・エドワード島。L.M.モンゴメリの小説「赤毛のアン」の舞台として知られるここは、「カナダのフードアイランド」の異名を持つほどの、食の宝庫でもある。

食を目当てにこの島を訪れるツーリストたちが選ぶホテルといえば、「ジ・イン・アット・ベイ・フォーチューン」。カナダのスターシェフ、マイケル・スミスがオーナーを務めるオーベルジュだ。

滞在のハイライトは、もちろんディナー。ファームツアー(農場見学)、オイスターアワー(庭のグリルと屋内の牡蠣ブッフェを食べ歩く)、フィースト(ダイニングでのコース料理)の3部からなり、トータルすると約5時間! まさに、「食の旅」への誘いだ。

料理を生み出すのは、スターシェフ、マイケル・スミスに憧れカナダ中からここにやってきた、志の高い若き料理人たち。
料理を生み出すのは、スターシェフ、マイケル・スミスに憧れカナダ中からここにやってきた、志の高い若き料理人たち。
ファームツアーでは、オーガニック野菜やハーブの畑、人間と同じ食材を食べてすくすくと子豚が育つ農場を見て廻る。シェフの丁寧なガイドに、料理への期待も思わず高まる時間だ。

続いてオイスターアワー。室内のブッフェで牡蠣三昧、屋外のグリルでタコスやソーセージなど、好きなドリンクを片手に食べ歩くのが楽しい。でも、ここでお腹をいっぱいにするわけにはいかない。

オイスターアワーを終えたら、いよいよフィースト(宴)と呼ばれるコース料理のスタート。クリーミーなメープルバターとともに食べる釜焼きの天然酵母パンに始まり、自家製ベーコンやムール貝など具だくさんのシーフードチャウダー、ラディッシュのソースと若芽を添えたオーブン焼きのロブスター・・・・・・と、一皿一皿が食べごたえあり。盛り付けもユニークで、サーブされるたびテーブルで「おおっ!」と歓声が上がる。

なかでも、野菜料理はインパクト大。「ハーベスト・ボウル」と名付けられた一方には土の上で採れた野菜が、「アース・プレート」と名付けられたもう一方には土の下で採れた野菜のピューレを載せるという、みごとな演出に驚かされる。

これだけ食べても、翌朝の朝食もしっかりと食べたくなるのは、おいしいだけでなく、どんな料理に仕上げられているのか、興味を誘われるから。この宿を訪れるなら、とにかくお腹を空かせて、体調を万全にしていくことが鉄則。食べ終えた頃にはきっと、島の恵みに感謝しているはずだ。

1/8

2/8

3/8

4/8

5/8

6/8

7/8

8/8

見た目にも惹きつけられるサラダ。一方には土の上で採れた野菜が、もう一方には土の下で採れた野菜のピューレが。
庭で育つのは、野菜やハーブ、そしてレストランで余った食材を食べて育つ「ハッピー・ピッグ」と呼ばれる子豚たち。秋には、おいしいソーセージになってしまうけれど……。
ブッフェで思う存分に食べられる牡蠣は、シェフが漁師の船に同乗して選んだもの。
ドリンク片手に、屋外にあるグリルコーナーを食べ歩き。焼き立てのソーセージがおいしい!
着席のコース料理は、「ブレッド・ツリー」と名付けられたメニューからスタート。
島の東海岸でとれた牡蠣や貝がたっぷり入ったシーフードチャウダー。海岸に漂着するものを木のプレートに乗せた演出もユニーク。
天窓から優しく光が差し込むスイートルーム。夜は静かな環境でぐっすり眠って。
前の晩にたくさん食べてもなお食欲が湧いてしまう、豪華な朝食。焼き立てパンやホームメイドのスムージーに大満足。
【オーベルジュ情報】
ジ・イン・アット・ベイ・フォーチューン
The Inn At Bay Fortune

758 Route 310, Fortune Bridge, PE
電話番号 902-687-3745
撮影/織田桂子 取材・文/芹澤和美 取材協力/プリンス・エドワード島州政府観光局、エア・カナダ
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND