今こそ欲しい!3大人気カラーのバレエシューズ

Web eclat

今、欲しいのはベーシックカラー3色

黒以外のバレエシューズを選ぶなら、大人はベーシックな色でシックに。なかでも、シルバー、ブラウン、白が3大人気カラー。

1/3

2/3

3/3

1.SILVER(シルバー)
気負わず履くシルバーの靴で足もとに軽さとモダンさを

クールな輝きのシルバー靴も、バレエシューズなら気軽に楽しめる。グレーのグラデーションになじませ、足もとから軽快に。靴(0.5)¥30,000/マルティニーク ルコント ルミネ新宿店(ポルセリ) シャツ¥33,000(フィナモレ)・サングラス¥20,000(レイバン)/以上essenceof ANAYI パンツ¥36,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) 帽子¥28,000/アパルトモン 神戸店(ジャネッサレオネ) バングル¥89,000/フレームワーク 自由が丘店(ジジ) バッグ¥53,000/アルアバイル(ドラゴン)
2.BROWN
鮮度の高いまろやかブラウン。ちょこっとヒールですっきりと

合わせる小物しだいで印象が変わる、シンプルなシャツワンピースにバレエシューズでフレンチシックな香りづけ。肌なじみよく合わせやすいまろやかなブラウンが、着こなしをぐっと今年らしく、優しいイメージに導く。少しだけヒールがあるのも、大人に似合うポイント。
靴(2)¥37,000/ザ・グランドインク(ロランス) ワンピース¥59,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) ピアス¥4,500/アルアバイル バッグ¥19,000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン)
3.WHITE(ホワイト)
クリーンな白を効かせる発想。甲深バレエで優しげな女性像に

靴で一点白をさすだけで、足もとに抜け感が出る。目をひくピンクの主役スカートも、白いバレエシューズ、しかも甲深なら柔らかく飾らないムード。靴(0.5)¥23,000/フラッパーズ(スペルタ) ニット¥28,000/メイデン・カンパニー(アンデルセン-アンデルセン) スカート¥29,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ラヴァンチュール マルティニーク)イヤリング¥10,000/フレームワーク 自由が丘店(ニニ) バッグ¥49,000/essence of ANAY(I メゾン ボワネ)

スタイリスト 大草直子さん

’72年生まれのエクラ世代。雑誌の編集に携わったのち独立し、ファッション誌やカタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業も。著書『大草直子のSTYLING & IDEA』(講談社)ほか多数。

【あわせて読みたいおすすめ記事はこちら】
ほどよいかわいげと、シーンを選ばない使い勝手のよさで、今また人気が再燃中のバレエシューズ。スタイリストの大草直子さんが信頼を置く「黒のバレエシューズ」の魅力をご紹介します。朝も、昼も、夜も、50代のファッションのあらゆるシーンにしっくりハマる黒のバレエシューズのコーディネート力も検証!
ほどよいこなれ感を演出するカジュアルなスニーカーが定番となった今、次なる一足は“抜け感サンダル”。スリッパやストラップ、ウエッジソールなど疲れない履き心地はもちろん、着こなしを素敵に仕上げてくれる一足を手に入れて。
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/LIZA 取材・文/東原妙子 ※靴の( )内の数字はヒールの高さを表し、単位は㎝です。
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND