2018年上半期“NEWS”なベストコスメ 五選
Web eclat
最新美容ニュースハンターの皆さま 美容ジャーナリスト 倉田真由美さん、美容ジャーナリスト 小田ユイコさん、美容家/美・ファイン研究所 小林ひろ美さん、ヘア&メイクアップアーティスト 千吉良恵子さん、美容ライター 中島 彩さん、美容エディター 巽 香さん、エクラ副編集長 O

1.ゆるみ、たるみをあきらめなくていい時代がやってきた!

老けた見た目印象を瞬時に晴らしながら、土台から顔だちまでも変えていく。複合的なアプローチで「年齢感を醸し出す"骨格やせ"による輪郭のゆるみ、たるみをフォロー。本格的にすっきりとした若々しい面だちをつくる美容液の誕生は、大人に朗報!」(倉田さん)。

(右)エスティ ローダー パーフェクショニストプロ F+L セラム

「瞬時につるん。肌がパン!としてハリの手応えがすごい」(小田さん)。「肌表面もなめらかに整うから、きれいに光を反射してよりリフトアップして見せる」(倉田さん)。「きゅっと小顔印象に。『なんかした?』『やせた?』と聞かれる人が続出」(中島さん)。美容皮膚科学に着想を得たアプローチでリフティングに挑む。パワフルな有用成分を配合し、3日でふっくら、2週間ですっきりした顔だちへ。30㎖ ¥11,000

(左)クレ・ド・ポー ボーテ セラムラフェルミサンS

「即効性を実感! ハリもなめらかさもツヤもかなう」(小林)。「顔にある影まで飛ばし、あらゆる方向から美肌に導く」(小林)。「肌に厚みが出て、肌色から明るくなるよう」(小田)。見た目のハリ感を左右する均一感、透明感、毛穴に働きかけながら、肌密度をアップ。目の下や口もとにもハリを与え、すっきり引き締まったフェイスラインに。40g(医薬部外品)¥30,000/資生堂インターナショナル

2.「美白コスメは効きにくい」を本気で覆す美容液が続々!

メラニンをつくるメラノサイト内だけでなく、もっと広い視野で「シミの原因」を追求する最新美白。「何が起きてもシミが濃くなるのがエクラ世代。原因の異なるシミをすべて消し去るには、多方向から働きかけることが必要」(小田)。効く理由はまさにそこに!

(右)資生堂 HAKU メラノフォーカスV

「血管を正せばシミも消える!! 白さの質を極めるアプローチ」(倉田)。シミ部位の肌特有の状態として、今回は毛細血管のネットワーク異常を発見。独自の美白有効成分2種のW配合に加え、そこに対応する新成分を配合。「これまでの最速で結果が。進化するたびに新アプローチを加え、さまざまなシミに対応」(小田)。「もう待てない大人のシミにこそ!」(中島)。45g(医薬部外品)¥10,000(編集部調べ)

(中)ポーラ ホワイトショット CXS

(左)ポーラ ホワイトショット SXS

「色ムラ悩みが深い人にこそ! すばやく目に見える手応えを」(巽)。「大きなシミが薄く分裂していくのを目の当たりにし、がぜんやる気に。2つ併用すれば、肌色が冴えていく」(巽)。ストレスや加齢により、メラノサイトの「移動」が停滞してシミやくすみの原因に。そんな新知見に基づきパワーアップ。CXSはすっと浸透して透明感を与え、SXSはシミにピタッととどまる。(右)25㎖(医薬部外品)¥15,000・(左)20g(医薬部外品)¥12,000

3.気持ちがアガる最高峰クリームこそ投資する価値がある!

その感触や香りに、使う喜びを満喫できるラグジュアリーなクリーム。希少な成分と先進技術を凝縮しているのはもちろん、「揺らがない肌とはオイルリッチなツヤ肌。だから年齢を重ねるほど、栄養豊富で極上のオイルたっぷりのクリームを使わなくては」(小田)。

(右)シャネル サブリマージュ レクストレ ドゥ クレーム

「夜に使えば朝には答えが! 守られている感がハンパない」(中島)。「未体験のうっとり感が味わえるテクスチャー。肌が喜んでいるのを実感でき、密度が詰まったつやっぽい肌になる」(巽)。並はずれた力を秘めたヴァニラ プラニフォリアの花、葉、果実から得られる有用成分を惜しみなく閉じ込めて。再生、修復、保護作用に優れ、いきいきと輝く幸福なベストコンディション肌へと導く。50g ¥63,000

(中右)エスティ ローダー リニュートリィブ UR ホワイト クリーム

「感触、香り、確かな手応え。女性の喜ばせ方を熟知!」(小田)。「肌にとろけてぴたっと収まり、保湿感が高いのに、ベタつかないから朝クリームにも。"上がる"香りはさすがフレグランスも手がけるブランド」(小田)。2種類の花のパワーと、先進の美白&エイジングケア テクノロジーが出会う。美白、集中保湿、肌バリアの保護、そしてハリを高める効果を発揮。48g(医薬部外品)¥36,000

(中左)ラ・プレリー イルミネーティング クレーム エクストラ オーディネア

「肌悩みに根こそぎアプローチ。明度、ツヤ、女っぷりも上がる」(倉田)。ワントーン明るい澄み肌に導く、革新的な新成分を配合。肌が求めるものを繊細にブレンドしたセルラーコンプレックスやゴールデンキャビアエキスなど、信頼の独自成分との組み合わせで、ハリにあふれて均一で、ライトに照らされたかのような輝き肌に。「さすがキャビアの底力を感じる!」(中島)。60㎖ ¥77,900/ラ・プレリージャパン

(左)ゲラン オーキデ アンペリアル ザ アイ & リップ

「全体の印象を左右する目もとをピン!としてクリアに」(小林)。「計算しつくされたテクスチャーもさすが優秀」(小林)。伝説の花、オーキッドが秘めた驚異的な生命力を肌に。昨年「細胞の呼吸」に着目して採用した新テクノロジーを、パーツケアにも。各部位用の新成分もプラス。「目もとを引き締め、縦じわの目立たない唇に。ひとつで2役なので旅行コスメにも○」(副編O)。15㎖ ¥23,500

4.メイク直ししながら防御力も更新できる、新世代UVが登場!

最高値の紫外線ブロック力や、大気汚染からも守るのはもはやあたりまえ。そこにどんな「付加価値」があるかが評価を分ける、今季のUVプロテクター。選ばれた3品は、どれもメイクを落とすことなく、むしろくずれを修復しながら塗り直しができるのが高ポイント!

(右)ランコム UV エクスペール トーン アップ

「"美人UV"に偽りなし!ひと塗りで肌があかぬける」(巽)。いち早くロング UVAやブルーライト、大気汚染、酸化ストレスにも対応し、支持されてきた都市型UVに、今年は肌のトーンアップ効果をプラス。「半顔に塗ってみたら、もう半顔と別人かと思うほど肌が明るく」(中島)。「目のまわりのメイクくずれに、これをなじませるとくすみまでも解消」(小田)。SPF50+・PA++++ 30㎖ ¥5,800

(中)資生堂 クリアスティック UV プロテクター

「鉄壁の守りを固めながら無色透明で使い勝手抜群!」(倉田)。手を汚さずに直接塗れて、いつでもどこでも、メイクの上からでも使える透明スティックタイプ。首すじに塗っても服につく心配無用だし、汗に触れると防御膜が強くなる機能も搭載。「さらに気になる汗のニオイをいい匂いに変換してくれる、革命的なアイテム!」(小林)。SPF50+・PA++++ 15g ¥2,800/資生堂インターナショナル

(左)カネボウ化粧品 アリィー エクストラUV BBジェル

「肌トーンが整い、水にも汗にも強い。スポーツ好きは必携!」(小田)。服や手による「こすれ」で、UVがムラ落ちするのを防ぐ機能も。みずみずしいのにフィット感が高く、くずれにくい。「ナチュラルな仕上がりながら確実に肌トーンが明るくなり、塗り重ねてもきれいだから、スポーツしない人の日常使いにも」(小田)。保湿力があるのもうれしいところ。SPF50+・PA++++ 30g ¥1,600(編集部調べ)

5.みずみずしいツヤ肌が持続。夕方に真価がわかるファンデーション

(右)ラ・プレリー SC エッセンス-イン-ファンデーション

「エイジングケアメイクがかなう大人のためのクッションファンデ」(倉田)。「重ねればカバー力も出て、クッションのもの足りなさを払拭」(倉田)。「スキンキャビア入りなんて贅沢すぎる」(中島)。独自のエイジングケア成分を美容液並みに詰め込み、つけている間中ファーミング。薄づきながら肌悩みを光で飛ばし、なめらかなツヤ肌に。SPF25・PA+++ 全6色 各15㎖×2(レフィルつき)¥22,200/ラ・プレリージャパン

(上)カネボウ化粧品 ルナソル グロウイング ウォータリーオイルリクイド

「薄膜なのにちゃんとカバー。カサカサ感もいっさい見せない」(千吉良)。「薄づきでつややかなファンデーションが多い今。でも塗りたてがきれいなのはあたりまえ。これは夕方にしわっぽくヨレたりすることもなく、潤いある肌が持続。おしゃれ好きでメイク感を出したくない人におすすめ!」(千吉良)。オイルを操り、スキンケア後のような水ツヤ肌に。SPF25・PA++ 全4色(クリアCL除く)各30㎖ ¥5,000

(下)ディオール プレステージ ル クッション タン ドゥ ローズ

「カバー力を備え、血色をオン。大人肌が求める全部がここに」(小田)。「クッションならではのみずみずしいツヤ仕上がりなのに、驚くほど肌のアラが消える。使わない理由が見当たらない」(巽)。いきいきとしてほのかな血色を感じる肌に見せ、ローズの花びら500枚分の独自のスキンケア成分が、素肌までもバラ色に。SPF50・PA+++ 全5色 各15g ¥12,000/パルファン・クリスチャン・ディオール
eclat7月号掲載 撮影/西原秀岳(TENT) スタイリスト/山本瑶奈 構成・文/巽 香
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND