エクラ7月号、本日発売です!

Web eclat
 ある日の会議のこと。
「Tシャツって結局一年経つとくたっとして来て、去年あんなに素敵に見えていた一枚でも今年はなんだか上がらない、ということありませんか?」と編集A。
「考えてみたら私、去年白Tの特集を担当したのに、実は夏が終わってみたら黒Tばかり着ていたことに気が付いて。今年は黒Tに絞ってやりましょう」と編集C。
「いやいや、なんだかんだいって白Tははずせないんじゃない? 一番便利だし、エクラ世代は白を利かせると素敵に見えるし」と編集D。
「大人はカーキを買い足すと、今年はすごくしゃれて見えると思うんですけど・・・。1色だったら絶対、カーキ!」と編集E。
というわけで会議の盛り上がりそのままに、スタッフの意見をすべて取り入れて(笑)、
エクラ7月号の大特集は「大人のための白T、黒T、カーキT」でいくことに! 
 さらに、梅雨時に合わせて、悩み多きヘア対策をあの手この手で考えた「美髪エクラ」という特集も強力プッシュ。これまた会議で熱く盛り上がったテーマです。本誌より少しだけ小さいサイズにしてあるので、すぐにページが見つかります。
 そしてそして、歌舞伎俳優の尾上右近さんを追いかけて第三弾!のインタビュー。
新しい挑戦となる現代劇のお話は誌面で、プライベートのお話はWebエクラ(本日9時半公開)でという贅沢な二本立て。会えば会うほどその魅力に引き込まれてしまう右近さん。小さな会議室での撮影でしたが、カメラの前の椅子に座った途端、圧倒的な世界がそこに出来上がり室温が3度上がったかと思うほど。
 2PMのチャンソンさんのページも、その美しさに思わずため息・・・。
撮影が終わった後に、カメラマンとフラワーアーティストの方がお互いを称え、ガシッと握手をしていたのが印象的でした!

エクラ7月号は、これからの暑い季節にぴったりの熱量で出来上がりました。
お気に入りのファッション・美容法・人・作品などに出会っていただけたら幸いです。

今月号もよろしくお願いいたします!

以上、編集長Sでした。

関連記事
  • 最終章の全米放送を2019年4月14日(現地時間)に控えた、米ドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」。エミー賞の最高賞にも輝いた人気作品の舞台裏を、出演女優が告白。耳を疑うほど厳しい役作りが、ファンの間で話題になった。 「ゲーム・オブ・スローンズ」名物の“鉄の玉座”に腰かける、女優のソフィー・ターナー(22)。Photo:GettyImages 米「InStyle」誌のインタビューに答えて、人気ドラマの知られざる舞台裏について告白したのは、同作でサンサ・スターク役を演じる女優のソフィー・ターナー(22)。役作りのために髪を洗わずに過ごすよう指示を受け、2年ほどは脂ぎったベトベトの髪で過ごす羽目になったのだという。 サンサ・スタークを演じたソフィーは、役作りのためにシャンプーを禁止されたことを告白。Photo:amanaimages ソフィーは、頭が痒くて不快な思いをしたことや、小道具の人工雪が脂ぎった髪に張り付いて、汚らしかったというエピソードも明かした。ちなみに、シリーズも最終章に差し掛かった現在では、かつらが用意されたことでシャンプーができるようになったそう。 聞くだけで頭が痒くなるようなエピソードを明かしたソフィー。現在はかつらが用意され、シャンプーも許されているそう。Photo:Getty Images さらに、もともとは明るいブロンドの髪を、役作りのために何度も赤毛に染めたことで、髪がボロボロに。ベリーショートにすることも余儀無くされたというソフィー。痒みに耐え髪を犠牲にして熱演したサンサの運命を、最終章でしっかりと見届けたい。 プライベートでは、元ジョナス・ブラザーズのジョー・ジョナスと交際中。Photo:GettyImages キム・カーダシアンはあえて洗わないことを選択! >>I am 髪洗わーなシアン >>フランス女優の髪が美しいのは「週に2回しか髪を洗わないから」
  • エクラ2018年10月号で特集した小冊子。ぜひあなたのスマホやタブレットに。他の画像を見る女性誌「eclat」(エクラ)で毎年大好評の京都特集。2018年10月号のブックインブックを電子書籍化! テーマは「このためだけに行く」京都の名店、新店。 ふと、その店の味を思い出しただけで、急に「京都行きたい熱」が高まる。ほかに特別な目的を作らず、あの一皿をいただくためだけに京都へ駆け込みたくなる。……そんな、京都へのパワフルなモチベーションとなりうるお店を、厳選してご紹介します。 お店を推薦してくださったのは、料理家の松田美智子さんや青山有紀さん、栗原友さん、ウー・ウェンさん、作家の角田光代さんや青木奈緒さんほかの方々。 紹介している飲食店は、全部で41軒。それぞれ電話番号/住所/営業時間/定休日の記載があるほか、巻末には地図も6ページついていて、迷わずお店にたどりつけます。 開けば、京都に行きたくてワクワクすること確実の特集です! ※『eclat 2018年10月号』(2018年9月1日発売)掲載のブックインブックを再録したデジタルブックになります。 ※掲載の情報は上記底本発売時点のものです。ご購入された時期により、掲載の情報と一部異なる場合がございますので、ご了承ください。 Part1 予約をとったら旅に出る「絶対の名店」 Part2 夢に出てくる「あの店のあの一品」 Part3 私のひそかな楽しみ「ひとりでも行く店」 Part4 旅のごほうびは、「絶品甘味」 Part5 京都人が太鼓判。「すぐに行きたい新店が続々と!」 Part6 買わないと帰れません!「自分へのマスト手みやげ」各電子書店へのリンクはこちらから>>>
  • トレンド感はもちろん、着心地の良さ、着回し力、スタイルアップも! “今、こんな服が着たい”を必ず満たしてくれると評判の、エクラのオリジナルレーベル『E by éclat』。中でも、とくに人気が高かったアイテムがさらに進化して再登場! 毎日のコーディネートに役立つ、買って大満足間違いなしのアイテムをチェックして。「403枚売れ!」コクーンニットワンピース3週連続ランキング1位の美人ニットワンピース 10月号で大好評だったコクーンニットワンピースが、冬仕様の暖かなウール混素材で再登場。継ぎ目なく編み上げたホールガーメント製法で、体型を拾わないコクーンシルエットと小顔効果の高い深Vネック。アウターインにももたつかないから、この時期きっと重宝。 E by eclat コクーンニットワンピース ¥19,000+税>>ネックレス¥130,000/KAORU 伊勢丹新宿本店 スカーフ¥7,800(マニプリ)・バッグ¥16,000(メゾン ヴァンサン) /以上フラッパーズ タイツ¥4,200/ステッラ(ピエール マントゥー) 靴¥45,000/コール ハーン ジャパン「2480枚売れ!」ボトルネックニット今季700枚、累計2500枚に迫る記録的ベストセラー発売後2カ月たってもなお売上1位の大人気ボトルネックニット。新色2色は、冬の着こなしに映えつつ春まで長く活躍。フェイスラインを包むような絶妙な立ち上がりのネックと、ゆるっとオフボディのシルエット、前後差のある裾で、シンプルながら差がつく一枚。E by eclat ボトルネックニット ¥16,000+税>>パンツ¥26,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) ピアス¥3,695/アビステ バッグ¥44,000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) 靴¥44,000/フラッパーズ(ネブローニ)「443枚売れ!」深Vネックトップス、「201枚売れ!」大人フレアスカート”大人にちょうどいい華”のあるコクーンブラウスが大人気大人気コクーンブラウスの素材感を一新! ゆるやかなシルエットと女らしく抜け感があるVネックのデザインは生かしつつ、表は華やかな起毛感のあるシャギー素材、肌に触れる内側は綿ジャージーのダブルフェイス仕立てに。着映えと着心地のよさをあわせもつ一枚が完成。スカートは広がりすぎないフレア感が大人っぽくて好評 腰まわりはほどよいゆとり、裾に向かって自然に広がる絶妙なシルエット。好評の膝下丈フレアスカートを、ストレッチサテンのツヤ感でほどよい華のある旬のムードに更新。シャギートップスやニットに合わせれば、洗練された異素材ミックスコーディネートが即完成。E by eclat Vネックシャギートップス ¥16,000+税>>E by eclat 艶とろフレアスカート ¥15,000+税>>ピアス(片耳)¥89,500/チェリーブラウン バッグ¥69,000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) タイツ¥4,200/ステッラ(ピエールマントゥー)撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) ヘア&メイク/森ユキオ(ROI) スタイリスト/室井由美子 地曳いく子 モデル/生方ななえ
  • 1回受けたら虜になる!ともっぱらの噂。CPコスメティクスの化粧品を使ったCPサロンのフェイシャルエステが気持ちよすぎたので詳細レポートしちゃいます。たった60分で見違えるような肌に。これは体験しなきゃ損です!何度か誌面でもオンラインでもご紹介しているCPサロンのエステ。取材に立ち会って、トリートメントを受けている皆さんの気持ち良さそうな表情を見るたびに「いいなぁ~、めちゃくちゃ気持ち良さそうだな~」と、羨ましく思っていました。だって、そばで拝見していると肌が明るく、清らかになっていく様子が手に取るように分かるんです。こんなアリーナ席で“見るだけ”はツライ!ということで、実際に体験させて頂くチャンスを頂きました! 嬉しすぎて気持ち良すぎたメニューの一部始終、実況しちゃいます。まずはカウンセリングから。スタッフさんが今の肌悩みをじっくり聞いてくれます。実際に肌に触れ、現在の状態をチェック。一人ひとりにぴったりのトリートメントを導き出すとともに、頼もしいスキンケアアドバイスも。私、肌は丈夫なのですが、どうも皮膚が薄いらしい。それも即座に言い当てられました。日常的に使っている化粧品もカウンセリングシートに記入。美容液にオイルにマスクに……がっつり書いて、ありのままを告白。全てを把握してくださるからこそ、自分の肌を安心して委ねられるんです。さて、お待ちかねのエステがスタート。まずはデコルテや頭部をマッサージしてくれるプレトリートメントから。頭皮のプッシングだけでもう極楽気分! リラックスすることも、エステの効果を存分に引き出す秘訣ですからね。スチームをあてて、余分な角質を柔らかくしながらクレンジングがスタート。まずはハンドクレンジングでメイクアップや汚れを丁寧に浮かせてオフ。つまみ上げているような指先に注目してください! この技で、表面だけではなく内側の滞りも解消。これぞCPエステの醍醐味。自分では決してできないケアです。次は天然素材で肌当たりのいいブラシによるクレンジング。これで古い角質や、細かい汚れをとことんからめ取ってくれます。クレンジングの締めはガラス管による吸引。毛穴に詰まった汚れまで徹底的に取り除くことで、真からクリアな肌を目指せます。リズミカルに「キュッ・ポン♪」と響く音や軽快なタッチが心地いい。この振動も血行促進を促してくれるとか。CPエステは、この3段階の丁寧なクレンジングがキモなんです。エステ開始直後と比べて、肌がかなりトーンアップしているのにもご注目を。肌がまっさらクリーンになったら、マッサージに突入。指先を駆使して、優しいけれど心地よさがしっかり届く手わざに、もう夢心地。こんな風にぐーっと引き上げるマッサージも。この時点で、私はもう意識がどこかに行ってしまっています(笑)。クライマックスのフェイシャルマスクは、ぴったりひんやり。うるおいをぐーっと押し込んでくれるようなプレス感を楽しみながら、エステの余韻を噛み締めて。 マスクを外し、化粧水と乳液で“お仕上げ”すると、エステ前とは段違いの明るい肌に。その変貌っぷりに、エステの一部始終をカメラに収めてくれたプロデューサーTも驚愕していました。自分的な実感としては、やはり徹底的に汚れを取り去ったためか、手触りツルン&中身がみっちり詰まったモチモチ肌に!このエステ体験は昼下がりだったのでメイクをして仕事に戻ったのですが、その後はびっくりするほどメイク崩れも起こさず、快適に過ごせました。CPコスメティクスのメイクブランド「サティシェ」の春新色を使ったメイクアップアドバイスも受けられて大満足!  ちなみに2月1日(金)発売、フルリニューアルしてのお目見えです。 ここまででおよそ60分、エステで使う化粧品をボトルキープしておけば、会員価格は1回¥2000~3000! 肌をメンテナンスして、メイクも更新できる。こんな至れり尽くせりのサロンって、なかなかないと思います。で、ホームケアもカウンセリングでお勧めされた「ソワーニュ フィエルテ」をメインに、美白ライン「ソワーニュ ホワイトシフト」を挟み込む“重ね美白”を実践中。実はエステ後、プロデューサーTが仕上がりのすっぴん肌も撮ってくれていたのですが、肌全体が明るくなった分、シミ&ソバカスが激しく目立ってヒドイ有様だったので……ここに載せられませんでした。その衝撃を胸に、今年は美白に注力しようと誓った次第です。というわけで「ソワーニュ ホワイトシフト」の美白美容液、メラノクリスタルエッセンス a(30mL ¥13500)が目下のお気に入り。加齢による潜んだシミや、ハリ対策も見据えたアラフォーにぴったりの美白です。軽いテクスチャーで季節を問わず使え、全顔も重ねづけも自在。ケアをスタートして半月ほど経った今では、随分と肌のにごり感も払拭されたような。丁寧なカウンセリングとエステで、自分の肌をもっと知って愛せるようになるCPサロン。時間がないのに悩みは増える一方のアラフォーは、味方につけないと損ですよ!●「CPコスメティクス」公式サイトはこちら WEB美容エディター 原田千裕 ちょっとやそっとじゃ揺るがないのが自慢だった鋼鉄の肌に明らかな陰りが……ということで、アンチエイジングにフルスロットル中! そんな日々の中でキャッチした、アラフォー向けの“マーヴェラス”な美容トピックスをシェア。コスメも男性もお酒も“ディープで濃いめ”が好み。 イラスト/ユリコフ・カワヒロ
  • 「これがあれば素敵」とわかる、トレンド傾向や旬のアイテムを編集部がキャッチ! この冬トレンドのワーク風ショートブーツ。足もとに新鮮なバランスを生む、バックル使いやボリューム感に注目!1.ヴィオレッタ(ブランド勤務・ミラノ)ブルーグレーのトレンチコートはエイソスのもの。サングラスとバッグ、ブーツはジミー チュウ。コートとブーツの間の素肌を見せて、ヘルシーかつカジュアルな抜け感を強調。ゴールドのホールがシンプルなブーツのさりげないアクセントに。2.マリア(モデル兼カメラマン・ミラノ)ヒール使いでハードさが軽減。3.ランプリーニ(エンジニア・ミラノ)バックルとスタッズのゴールドが華やかなブーツはクロエのもの。他の画像を見るeclat2月号掲載 [パリ]撮影/Mari Shimmura コーディネート/Mami Okamoto [ミラノ]撮影/Marco Bertoli コーディネート/Akane Takadama 取材・文/松井陽子
  • 生き生きとした作品のパワーが会場に充満! 多彩な表現活動を展開する大宮エリーの画家としての個展が、2019年1月27日(日)まで、代官山ヒルサイドテラスにて開催されている。 マウント・シャスタでの体験から生まれた「楽園」のインスタレーション。大宮による手書きの紹介文には「是非パワーチャージを! 心の浄化を!」と書かれている。作家として、またラジオのパーソナリティーやテレビ番組の司会、舞台の脚本・演出を手がけるなど、幅広い活動で知られる大宮。’12年に、来場者が参加して作品が完成するという体験型の個展を始めた彼女は、その後も順調に画家としてのキャリアも重ねてきた。2016年には美術館での初めての個展「シンシアリー・ユアーズ—親愛なる あなたの 大宮エリーより」を十和田市現代美術館で開催。絵画作品だけでなく、写真作品にも挑戦している。 とある未亡人の椅子「ちょっと座るのに便利。靴を履くときなど」 2018 ©Ellie Omiya, courtesy of Tomio Koyama Gallery  本展は、代官山ヒルサイドテラスでの個展としては’15年の「emotional journey」以来となるもの。一番大きなスペースには、世界屈指のパワースポットとして知られるカリフォルニア州のマウント・シャスタを訪れ「ああ、天国ってきっとこういうところなんだ、というリアルな楽園をまのあたりにした」という彼女が、「みなさんをあの美しい美しい楽園に、お連れできないか」と考えて作り上げたという、絵画作品、写真作品、インスタレーションで構成される展示が。ピクニックができそうな、花や緑の絵が床にまで広げられた空間には、彼女が現地で得た幸せな“気”が満ちている。また、今回は「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2018」のために制作した41点の新作からなる「とある未亡人の館」も東京で初公開。「最愛の人を失ったとある未亡人がその美しき日々を振り返る」というテーマで描かれた作品で構成される空間に足を踏み入れると、物語の世界に放り込まれたような、不思議な感覚に包まれる。2月には初めての絵本『虹のくじら』(美術出版社)の発売が控える大宮。溢れる表現欲求を次々に形にしていく大宮の、幸せなエネルギーに触れてみて。大宮エリー「Beautiful Days 〜美しき日々」会期:〜2019年1月27日(日)会場: 代官山ヒルサイドテラス ヒルサイドフォーラム(東京都渋谷区猿楽町18-8 ヒルサイドテラスF棟1階)時間:11:00〜19:00(入館は閉館30分前まで/最終日17:00終了)休館日:1月21日(月)入場料:¥500問い合わせ:03-6459-4030(小山登美夫ギャラリー)http://hillsideterrace.com/ text : Shiyo Yamashita
  • おなじみの湯豆腐に花椒と八角を効かせることで、辛味と香りを楽しめる“豆腐とニラのスパイス湯豆腐鍋”のレシピを料理家の冷水さんがご提案。“香り豊かな、和み鍋”香草やスパイス、和の薬味使いに、目からウロコのアイデアが満載。「シンプルな鍋も、スパイシーな辛味やさわやかな香りなどで目新しい味わいに。最後のスープまでおいしくいただけることを心がけています」(冷水さん)。冷水さんのセルフスタイリングでご紹介。>>冷水さんの鍋THEORYはこちら豆腐とニラのスパイス湯豆腐おなじみの湯豆腐に花椒と八角を効かせ、辛味と香りを楽しんで。ごまダレや腐乳をつけると味のアクセントに。材料(2~3人分)豆腐...........................1丁 ニラ..........................1/2束 塩.............................少々 A 水............................400㎖ 昆布.........................10㎝角1枚 八角.........................2 個 花椒........................小さじ1 ごまダレ 白ごまペースト.........大さじ3 砂糖.......................小さじ2 薄口しょうゆ............小さじ2 長ねぎのみじん切り...小さじ2 腐乳......................適量 作り方1.鍋にAを入れて弱火にかけ、ゆっくり煮出す。ニラは5〜8㎜幅に切る。 2.ごまダレの材料をすべて混ぜ合わせ、腐乳とともに小さな器に入れる(好みで腐乳を溶かしても)。 3.1の鍋に豆腐を丸ごと入れて塩を加え、ふたをして弱火で豆腐の中までよく温める。ニラを加えて再びふたをし、火を止めて蒸らす。 4.スプーンなどで豆腐をくずしながら取り分け、ごまダレ、腐乳をつけていただく。鍋奉行ポイント花椒は最近ブームの「しびれ鍋」に使われる、辛味とさわやかな香りをもつスパイス。エキゾチックな香りの八角と合わせて、湯豆腐の湯に加えて香りをつける。教えてくれたのは……料理家 冷水希三子さん 雑誌、書籍、広告などで活躍する料理家。京町家ホテルの朝食のプロデュースなども。センスのいいスタイリングも人気。http://kimiko-hiyamizu.com/>>「絶品鍋レシピ28days」をもっと見る撮影/伊藤徹也 取材・文/海出正子 ※エクラ2019年2月号別冊掲載
  • マンネリ化しがちな素材や味の組み合わせも、ちょっとしたアイデアで新鮮な鍋に! 料理家・ウー・ウェンさんが提案する、2~3種類の野菜を組み合わせた鍋レシピを大公開。2〜3品の素材で作るシンプル鍋「家庭のごはん作りでは、味はもちろん、栄養価も大切。鍋なら、タンパク質に野菜2〜3 種類を組み合わせれば完璧ですね」(ウーさん)。食材の味ひとつひとつがきわだち、食材から出るだしの味でおいしく仕上がる。【ウーさんの鍋THEORY1】タンパク質1種類+野菜1〜2種類が基本鍋だけで必要な栄養をとれるよう、肉や魚介、豆腐などのタンパク質に、野菜は1〜2種類で組み立てる。タンパク質の倍量の野菜が基本バランス!【ウーさんの鍋THEORY2】だしは使わず素材の味を引き出す素材の味をしっかり引き出すから、だしは不要。そのために「調味料は控えめ」がポイント。家のごはんは、「薄味」のほうがおいしく、飽きずにたくさん食べられる。【ウーさんの鍋THEORY3】素材の切り方しだいで、10〜20分で完成!細切りにしたり、繊維に沿って切ったり、おろしたり──すぐに火が入るように、切り方に工夫を。これが食感の違いにもなり、味や口当たりの楽しさにつながる。厚揚げのマーボー鍋 厚揚げでボリューム感とうま味を。とろりとした長いもの食感が加わって、しびれるおいしさの大人鍋。 【材料(2人分)】 厚揚げ..................1枚 長いも.................150g 生しいたけ...........6 枚 赤とうがらし(粗挽き) ........................大さじ1 しょうゆ.............大さじ1/2 味噌...................大さじ1 花椒...................小さじ1/2 水.....................2カップ ごま油................大さじ1 【作り方】 1.厚揚げは4等分にする。生しいたけは石づきをとり、半分に切る。 2.長いもの皮をむき、すりおろす。 3.花椒はフライパンで黒くなるまで空煎りし、すり鉢などですりつぶす。 4.鍋にごま油と赤とうがらしを入れて中火にかけ、香りがたったら、味噌、しょうゆ、水を加えて煮立てる。 5.1を加え、7〜8分煮て、2を流し入れる。花椒をふる。 【親奉行ポイント】 花椒(ホアジャオ)は使うたびに、空煎りしてからつぶすと、香りが増す。フライパンなどに花椒を入れて中火にかけ、黒っぽくなるまで空煎りし、粗熱がとれたら、すりつぶす。豚肉とかぶの鍋 肉のうま味を味わいたいから豚肉は厚切りを。かぶは葉も実も丸ごと使って。塩とこしょうだけで優しい仕上がりに。 【材料(2人分)】 豚肉(しょうが焼き用)..................6枚 かぶ...........................................4 個 黒粒こしょう................................15粒 粗塩...........................................小さじ1/3 酒..............................................大さじ2 水..............................................2カップ 太白ごま油...................................大さじ1 【作り方】 1.かぶの葉は5㎜長さに切り、実は皮ごと繊維に沿って薄切りにする。粒こしょうは粗くつぶす。 2.鍋に太白ごま油を入れて中火で熱し、豚肉を両面焼く。色が変わったら、かぶの葉を入れて炒める。香りがたったら、酒、こしょうを加えてざっと合わせ、水を注ぎ入れ、ふたをして弱火で5分煮る。 3.2 にかぶの実を加えて2 〜3分煮て、粗塩で味をととのえる。 【親奉行ポイント】 かぶは丸ごと全部使う。実を薄くスライスすれば、すぐに煮上がる。葉は細かく刻んで、さっと火を通す。薄切りのかぶの優しい甘味がしみじみと味わえる。牛肉と玉ねぎ、ごぼうの鍋 牛肉と相性のよい2種類の野菜を取り合わせ、オイスターソースでコクとうま味をプラス。ひと鍋で満足感を味わえる! 【材料(2人分)】 牛肉(すき焼き用)...................................200g 玉ねぎ...................................................1個 ごぼう....................................................1/2本 酒.........................................................1/2カップ 水........................................................2カップ オイスターソース....................................大さじ1½ こしょう...............................................少々 太白ごま油............................................大さじ1ラダ油大さじ1 【作り方】 1.玉ねぎの皮をむき、1㎝幅の輪切りにする。 2.ごぼうはささがきにする。 3.鍋に太白ごま油と玉ねぎ、ごぼうを入れて香りがたつまで炒める。牛肉を加え、炒め合わせる。酒、オイスターソースを加えて水を注いで煮立たせる。 4.弱火にしてふたをし、5分煮てこしょうをふる。 【親奉行ポイント】 鍋には珍しい、オイスターソース使い。カキから抽出されたコクがプラスされておすすめ! ただし、素材の味を消さないよう、量は控えめに!他の画像を見る>>「絶品鍋レシピ28days」をもっと見る撮影/三木麻奈 スタイリスト/大畑純子 ※エクラ2019年2月号別冊掲載
関連キーワード

RECOMMEND