どのシーンでも活躍するワンピースで大人の「素敵」を格上げ 五選
Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.懐かしのアーティストの来日ライブへ。ラメできらめいて!
休暇のおわりはライブに。ジャージーのラップワンピースは、たっぷりちりばめたラメが今どきのかっこよさ。日射しにも照明にも映えるはず。合わせるのは鉄板のライダースジャケット。

ワンピース¥65,000/ブラミンク レザージャケット¥120,000/アストラット 新宿店(アストラット) 帽子¥67,000/スーパー エー マーケット(メゾン ミッシェル) ブレスレット(手先)¥17,000・(腕側)¥19,000/ティアラ(フィリップ オーディベール) バッグ¥32,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(サンティ)
2.歌舞伎座には小紋風のドットで上品スタイル
シルクコットンのドロストタイプは白いスタンドカラーが清楚な印象。着心地はラクなのにきちんと見えるのが、長時間の観劇にぴったり。仕事からそのまま夜の予定になることも多いから、着るだけで華があるプリントワンピースは使い勝手がいい。

ワンピース¥68,000(ティー マット マサキ パリ)・靴¥169,000(エドワード・グリーン)/以上ドゥロワー 青山店 ジャケット¥118,000/マディソンブルー イヤリング¥12,000/ドレステリア 銀座店(ドミニク ドヌーヴ) バッグ¥429,000/モワナ メゾン GINZA SIX(モワナ)
3.趣味の陶芸教室に。パンツと合わせる最新カジュアルを
張りのある裏地との2枚重ねでふわりと広がる花柄のAライン。パンツとのレイヤードが再び人気の予感。パリ気分の着こなしを。

ワンピース¥18,900/マーコート(ミズイロインド) デニムジャケット¥28,000/アングローバルショップ 表参道(タナカ) パンツ¥28,000/サザビーリーグ(マザー) 帽子¥19,000(ローラ ハット)・靴¥24,000(スペルタ)/以上ヴェルメイユ パー イエナ 名古屋店 ネックレス¥135,000/ドゥロワー 青山店(グーセンス) バッグ¥38,000/ラヴァンチュール マルティニーク(ヴァジック)
4.水曜日は映画デー。コットンシルクのくるぶし丈で
潔いVネックでネイビーに抜け感があり、リラックス度もアップ。いつでもちょっとおしゃれしていたいエクラ世代の気持ちにマッチ。こちらもコンシャスなのに着心地はラクなベルトで締めるタイプ。

ワンピース(共布ベルトつき)¥86,500/ドレステリア 京都店(セヤ) 帽子¥13,000/ドレステリア 銀座店(ソルバッティ) イヤリング¥9,500/マルティニーク丸ノ内(ドミニク ドゥネーブ) バッグ¥178,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥44,000/ヴェルメイユ パー イエナ 名古屋店(ネブローニ)
5.働く日もロング丈。シックなニットなら上品
ぎゅっと編み目の詰まった上質ニットは辛口のテラコッタ。クルーネックにちょっとすそ広がりのロング丈は凛々しくスマートな雰囲気。前後にセンターシームがあり、シャキッと見せてくれるのがいいところ。抑制の効いたデザインは、仕事現場でも好印象。まじめなジャケットより、スポーティなブルゾンタイプのほうがワンピースの魅力がきわだつのでおすすめ。

ワンピース¥33,000・ジャケット¥48,000/アングローバル(イレーヴ) バッグ¥30,000/ロンハーマン(ヤング オルセン ザ ドライグッズ ストア) 靴¥33,000/エストネーション(チェンバー)
eclat5月号掲載 撮影/金谷章平(モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 構成・文/宮崎桃代 撮影協力/博多天麩羅 きんのたかお 南青山店
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND