「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

Web eclat

1.LEVI’S

1/2

2/2

腰から足首まで包み込むハイライズデニムがあれば、トレンチとの組み合わせも無難にならず抜群に今っぽい。淡いピンクのボウタイブラウスで女らしく、足もとはシルバーのブーティでエッジを効かせて。振り幅の広いミックステイストを、デニムがほどよく中和して受けとめてくれる。
デニム¥20,000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス®メイド アンド クラフテッド®) トレンチコート¥79,000/アングローバル(イレーヴ) ブラウス¥24,000/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション) バッグ¥460,000
/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥55,000/CPRトウキョウ(レフラー ランダル)

2.YANUK

1/2

2/2

レースジャケットのきれいめ感と、ウォッシュ加工を施したブラックデニムの組み合わせは、リュクスな大人のムードとラフなこなれ感が絶妙バランス。ホールド力があるのに肉感を拾いすぎないストレッチ性、また、膝とすそに少しゆとりのあるシルエットが、脚を細くまっすぐに見せてくれる。
デニム¥23,000/カイタックインターナショナル(ヤヌーク) ジャケット¥130,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) ブラウス¥18,000/トゥモローランド(バッカ) ピアス(右耳)¥18,500・ネックレス¥110,000・ブレスレット¥45,000/アイワ(カラットアー) バッグ¥24,000/CPRトウキョウ(レフラー ランダル) 靴¥73,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

3.RE/DONE

1/2

2/2

メンズライクなアイテムと合わせたカジュアルな着こなしでこそ、ラフになりすぎないブラックが頼りに。なかでも絶妙に力が抜けた色落ち加減と加工で話題のブランド「リダン」がしゃれている。ヴィンテージリーバイスを手作業でカスタム加工するため、一本ずつ表情が違うのも魅力。
デニム¥40,000/エディション 表参道ヒルズ店(リダン) ブルゾン¥48,000/アングローバル(イレーヴ) カットソー¥10,000/サンスペル 表参道店(サンスペル)ピアス¥25,000/ブランイリス伊勢丹新宿店 バッグ¥49,000/ステディ スタディ(リュニフォーム) 靴¥72,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(マルティニアーノ)

4.RED CARD

1/2

2/2

大人気の「Anniversary 25th」とスタイリスト・村山佳世子さんがコラボしたブラックデニムは、黒の色調を濃くしつつ、ひげやアタリをさりげなく施し立体的に仕上げて。スニーカーなどフラットシューズでもバランスよくはきこなせるシルエットがうれしい。
デニム¥19,000/エクラプレミアム通販(レッドカード) カーディガン¥48,000・タートルニット¥38,000・ベルト¥16,000/ヨシエ イナバ サングラス¥45,000/ファブ(ティエリー ラスリー) ピアス¥38,000/ブランイリス伊勢丹新宿店バッグ¥112,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

5.DSQUARED2

1/2

2/2

フォーマルスタイルではやぼになりかねない気軽なパーティには、洗練されたたたずまいとこなれ感が両立する、美脚力抜群のブラックデニムでクールに装いたい。ポイントはデニム以外もブラックで統一し、ワントーンにまとめること。控えめながらラメを施したタンクトップでパーティらしい華やぎもプラスして。強く主張はしないけれど、ブラックデニムでなければ表現できない抜け感が抜群におしゃれ。
デニム¥49,000・ジャケット¥164,000・トップス¥69,000・靴(参考商品)/ディースクエアード 東京(ディースクエアード) リング¥86,000/ブランイリス伊勢丹新宿店 バッグ¥27,000/ショールーム セッション(ポティオール)
eclat3月号掲載 撮影/水野美隆(zecca/モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/小澤麻衣(mod’s hair) スタイリスト/森 慶子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ
関連記事
  • パープル、グリーン、マスタードにオレンジ……旬のきれい色同士をミックスしたもん勝ち! 1枚で決まる柄アイテムも味方につけて♪ヴィンテージ感のあるミックスツイード レディ度満点のハイネックブラウス×ミックスツイードのミニスカ。ロングブーツですらりとバランスよく見せて。 ブラウス¥8800/リリー ブラウン スカート¥9800/ビームス ウィメン 原宿(レイ ビームス) イヤリング¥5000/アビステ ブルーチェーンバッグ¥4900/キャセリーニ ブーツ¥40000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)パープル&グリーンは大人っぽくて華やか ストライプのプリーツスカートときかせたブラック小物でシャープな印象に。 ニット¥18000/SANYO SHOKAI(ブルーレーベル・クレストブリッジ) スカート¥9800/RD ルージュ ディアマン イヤリング¥1800/お世話や(Osewaya) バッグ(スカーフつき)¥7900/キャセリーニ 靴¥6389/ダブルエー(オリエンタルトラフィック)マルチボーダー×ミニのツィギースタイル ニーハイブーツを合わせて、アイコニックなモデルのスタイルを、今っぽくアップデート! ニット¥2500/merlot ミニスカート¥7990/REDYAZEL ルミネエスト新宿店 キャスケット¥6600/override明治通り店 バッグ¥30000/ADINA MUSE SHIBUYA(アディナ ミューズ) ロングブーツ¥10900/RANDAチェックが主役の秋色コーデにターコイズを差して 秋色が"ほっこり"じゃなくてスタイリッシュに見えるのは、チェックとバッグに反対色を使っているから。 ニット¥2990/アース ミュージック&エコロジー 東京ソラマチ(アース ミュージック&エコロジー ナチュラルレーベル) スカート¥6500/dazzlin イヤリング¥6750/アビステ スカーフつきバッグ¥7900/キャセリーニ ▼ 関連記事もチェック!モデル/鈴木友菜 西野七瀬 撮影/東京祐(tokyojork) ヘア&メイク/北原果 スタイリスト/松尾正美 構成・原文/久保田梓美 web構成/篠有紀 web編成/ビーワークス
  • ブラウンのトップスに同系色チェックが映えて通勤時もちゃんとおしゃれ♡リブトップスとフレアスカート、そんな愛着のあるワンツーコーデをブラウン×パープルのおしゃれ配色で鮮度抜群に! さらにトップスと同じ茶系チェックの大判ストールをふんわり巻けば、通勤中もおしゃれにぬかりなし。顔回りにやわらかなニュアンスが出せるし、無地コーデのアクセントにもなるから。朝晩が冷え込んできたら、バッグの色とお揃いのグレイのコートをはおってもいいかも♪スカート¥4990/キャン(テチチ) カットソー¥15000/TOMORROWLAND(ヤング アンド オルセン) 靴¥26000/ドゥエ パッシ ペル ウォッシュ ルミネ横浜店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥36000/コード(ヴァジック) イヤリング¥1300/お世話や(LIMITED NUMBER) ストール¥3694/ザラ・ジャパン 時計¥21000/ピークス(ロゼモン)土屋巴瑞季の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/森脇裕介 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/土屋巴瑞季 スタイリスト/大平典子
  • 「atelier painkiller」のセットアップを着込んでショー会場に参上! “ワイルド”テーマに合わせてプレゼントの花もほぼ草 マスイユウの2019年春夏シーズンがまもなく終了する。皆様はパリに始まり、東京で終わりだと思いますが、新興国もカバーしているのでトビリシ(近日公開)や台湾のトレードショーと地方巡業は続く。この12月に初の『台北・ファッション・ウィーク』が開催され、ファッションウィークのない月はない、という感じだ。 実はそんな'19年春夏ファッション月間のスタートを切ったのがバンコクだった(とはいえ、タイは“See Now Buy Now”なのでシーズン的には'18年秋冬なのだが)。基本的にコマーシャルなのだが、これが可愛いうえに面白い。本日はタイのコレクションブランドをご紹介します! タイには3月頭に1つ、8月末に1つ違うオーガナイザーによるファッションウィークがある。今回は“V●●●E(競合誌の名前だしたら怒られそう)Fashion Week Bangkok”についてです! セレブ御用達ブランドが10周年! お盆前に数日バンコクを訪れることになった。実は友人のブランド「Asava」が10周年の記念ショーを開催するという。Polpat Asavapraph(ポンパット・アッサワプラパー)は名実ともにタイで最も影響力のあるデザイナー。多くのセレブのレッドカーペットドレスを手掛けるほか、タイで異常なまでの人気を誇るミスユニバースのファイナルガウンを担当。実はただいまテレビのメンズモデル発掘番組『the facemen tahiland』にも出演中で、誰もが彼を知っている。ちなみにセカンドラインの「ASV」は8月末のファッションウィークに参加。  ASAVA特注のオーガンザケープで出席。(中)実は日本人とのハーフ。デザイナーのPolpat。(右)競合誌の編集長、Duong タイのキム・カーダシアンって!? フィナーレは“ヴァタニカ”マンションから浮気男が裸で追い出されるシナリオもう1人テレビで人気を博しているデザイナーがいる。それは「Vtanika」。最近「This is me Vatanika」と言うリアリティTVで、タイのキム・カーダシアン的存在になりつつある。コレクションは基本お色気系なのだが、毎回面白い演出で魅せる。ドラマ仕立ての冒頭シーンは(多少過激な演出もあるので?)自己責任で、こちらから映像 もどうぞ! 最後は“ヴァタニカ”マネーの桜吹雪の中、デザイナーが登場 タイのイケメンセレブが集まるショー フロントローにタイのイケメンたちが並ぶ、メンズの「Atelier Painkiller」。ちょっとしたオシャレ一家で、デザインを担当するのは妹のSiriorn、兄のMoは以前紹介した「Greyhound Cafe」や現地ブランドのブティックのインテリアを手掛ける建築家。もう1人の兄Oはイラストレーターで、日本でもお馴染み「Sretsis」のプリントも描き下ろす。女子でも着られそうなアイテムもあるので要チェック。ちなみにSiriornはマスイのストリート“フード”ファイター友で、よく地方旅に同行してくれている。 そのほかにも気になるブランドがランウェイに登場! どれも要チェック。お見逃しなく! タイのマックィーン?強烈ショーでフィナーレ! View this post on Instagram ☆Dramatic ending of #EFWAW18 by @prapakas !!! Yu’d like to congrats to hardworking @ellethailandofficial & @superzona! #LOVE ‍♀️ ‍♂️ ‍♀️ ‍♂️ ‍♀️ ‍♂️ ‍♀️ ‍♂️ ‍♀️ ‍♂️ ‍♀️ ‍♂️ ‍♀️ ‍♂️ ‍♀️ ‍♂️ #hook #SeeYouAtTheTent Yu Masuiさん(@yumasui)がシェアした投稿 - 2018年 9月月3日午前5時16分PDT そんなファッションウィークを締めくくったのは現地の鬼才「hook」だった。ま~どの国へ行ってもこの手のドラマチックなデザイナーは1人はいるもの。 マスイびっくり㊙︎報告 気になる新人、Shone Puipiaって? コマーシャルな印象の強いタイのファッションにクリエイティブなニューカマーが登場!「Shone Puipia」はアントワープのロイヤル・アカデミー・オブ・アートを卒業、デビューコレクションではシルクのヘリテージブランド「Jim Thompson」とコラボしている。また、学生時代の友人とジェンダーレス靴ブランド「adult」もスタート、なんとサイズ展開はeu36~46! ▲Shone Puipia ▲adult 「Orkley」のサングラスを使った「landmee」のパンチの効いたスタイリング。ロンドンをベースにするスタイリストのケイティちゃんによるものパリで建築とファッションを勉強したデザイナーデュオ「Vinn Patararin」。レーザーカットがシグネチャで、モダンなガーメントに装飾性をプラス「Kloset」は“kawaii”系の代表的なブランドの1つ。実はタイの人はフリルやフローラルなどの女子力高いデザインが好み!
  • とある週末に、ゆったり箱根に行ってきました(^^) 今の時期らしい山茶花の花が咲き乱れてとてもとても綺麗だったので、その花の下で温泉コーディネート☆コートはフェイクのボアコート。 モコモコしていて、暖かいのです。 リバーシブルなので、モコモコを中にすることもできて、気分で入れ替えしてます。 久しぶりにミニスカートがはきたくなって、D-Holicのプチプラスカートを投入!! 足元は沢山歩く予定だったのでフラットで、でもトラディショナルなローファーを。 グッチのローファーは2代目ですが、やっぱり使いやすくて茶色も欲しいなと思ってます。coat. 集英社flag shop original tops.ドレステリア skirt.D-Holic shoes.GUCCI bag.valextra山茶花のビビッドなマゼンダピンクと緑な葉のコントラストが好き。 温泉はゆったりのんびりして、冬を満喫できました! はぁーまたすぐ行きたいなぁ(^^)スーパーバイラーズ 鈴木 園子のBlog
  • きらめく才能が集まり、ますます進化を遂げる声優界。なかでも話題沸騰中の音楽朗読劇「READING HIGH」第三作『シェーヴルノート』から、梶裕貴さん、梅原裕一郎さんというお二人のスター声優がSPUR誌面に降臨します! そもそも声の表現を第一義とするお二人に、ファッション・ポートレートを撮らせていただき、さらにご自身がまとった服を「朗読するとしたらどんな声でしますか?」と無茶苦茶なクエスチョンに答えていただきました。 ですがお二人とも、流石アーティストでした。服のムードを瞬時に察知し、カメラの前に立つ姿に、スタッフ一同息を飲みました。さらに、「朗読するとしたら……」の問いに対するお二人の答えが秀逸なのです! ぜひ誌面でご確認ください。 梶裕貴さんはフォトグラファーやスタイリストなど各スタッフが連携して一つのビジュアルを作り出すファッションシューティングのプロセスに、ご自身の仕事を重ね合わせていらっしゃいました。一つ一つの質問に真っすぐ答えてくださる姿に、梶さん演じるヒーロー像が重なります。 梅原裕一郎さんは子供のころから読書が好きというエピソードが物語るように、もの静かな中に知性がキラリと光る方でした。とつとつとした語りの中に突如ユーモアあふれるボキャブラリーを繰り出すので、スタッフは何度も爆笑してしまいました。 礼儀正しく紳士的なお二人のおかげで取材は終始なごやかに進みましたが、上がってきた写真はド迫力。こちらは、本誌のアザーカットから。 梶裕貴さんがまとったのは「ブレス」のマント型ジャケット。90年代よりコンセプチュアルな服作りでモードラバーを魅了するブランドです。 梅原裕一郎さんがまとったのは、反骨精神溢れる服作りで世界を動かしてきた「ヨウジヤマモト」。 一筋縄ではいかない強いデザインの服を着ていただきましたが、梶さんも梅原さんもそれを自分のものとしてこなす強い個性をお持ちでした。人間の闇と光を描き出す『シェーヴルノート』とリンクしたダークな世界観に佇む二人。自らの仕事と真摯に、真剣に対峙してきたからこそ醸し出せるこの存在感を、ぜひ目撃してください! photography:Takemi Yabuki SPUR2019年2月号のご購入はこちらから! Amazonで購入する(外部サイト) 楽天ブックスで購入する(外部サイト) セブンネットショッピングで購入する(外部サイト)
  • 11月2日(金)の登場以来、大きな反響を巻き起こしている「シャネル N°5」の赤い限定ボトル。時を超えて愛されてきた伝説的なボトルが赤に染まるのは、史上初めてのこと! そしてこの冬、「シャネル N°5」が渋谷と銀座を皮切りに、全国各地をジャック。ドラマティックな赤いボトルが、ホリデーシーズンの街を華やかに彩るよ♡©CHANEL 渋谷  開催中〜12月14日(金)©CHANEL渋谷では、スクランブル交差点を取り囲む多くのビルの壁面に、赤いボトルの広告ビジュアルが! さらに渋谷駅前の屋外ビジョンで、TV未公開の限定レッドボトルロングバージョンのムービーも同時上映されるよ。圧巻のスケールを、ぜひ自分の目でチェックして!©CHANEL 銀座  開催中〜12月28日(金)©CHANEL銀座中央通りでは、向かい合うシャネル銀座ビルと松屋銀座の壁面で、夜間LEDによる限定ボトルを象徴する赤い空間を演出。イルミネーションで賑わう街を、ひときわ幻想的な雰囲気に♡©CHANEL屋外キャンペーンは、12月9日(日)まで、札幌・名古屋・大阪・福岡でも開催。さらに全国のバス停でも広告ビジュアルが掲示されるよ。彼や友達を誘って、シャネルの赤いボトルに染まる街へ出かけてみて。 シャネル N°5 屋外広告キャンペーン <開催中> 東京 渋谷 〜12月14日(金) 東京 銀座 〜12月28日(金) 札幌、名古屋、大阪、福岡 〜12月9日(日) ※全国のバス停でも、以下の期間で広告を掲示 <開催中> 札幌、横浜、名古屋、大阪、神戸(計734ヵ所) 〜12月9日(日) 東京 〜12月23日(日)▶シャネル オフィシャルサイト▶今だけ!non-no Buzz掲載限定品 記事一覧
  • 今年もやってきました! 去年は品薄でなかなか手に入りづらかった、ハーゲンダッツのコーンアイス 今年はチョコレートマカダミア味で登場ですサクサクワッフルコーンと、濃厚なチョコレートコーティング、チョコアイスの組み合わせが絶妙で、美味しい一品になっています♪ 東京・千葉以外では12/11以降に順次発売とのことなので、 ご興味のある方はぜひ! セブンスイーツアンバサダーの方は30円引きになるクーポンがあるので、そちらをご利用になるのをお忘れなく!!(私はすっかり忘れてました...泣)モアハピ部 No.674 にゃんこ のブログ
  • 職場の働き方改革で服はほぼ自由。今日は内勤業務なのでカジュアルコーデにしてみました。週末からグッと気温が低くなり ベットからなかなか出られない季節になりました。 時間がない朝のコーディネートのボトムスは、 8割がた黒パンツかデニム。 トップスにキレイな色のニットをあわせれば、 様になるし、可愛いし、気分も上がる♪通勤服tops/ESTNATION Inner/UNIQLO bottoms/PLUST grasses/PRADA赤ニットにボーダーのインナーインナーにボーダーを入れて、 アクセント付け。 この黒×白のUNIQLOのヒートテックは 可愛いし暖かいのでオススメです。 ユニクロのヒートテック伊達眼鏡です。 職場でのメイクは薄めなので、 メガネで隠していきます。伊達眼鏡そういえば、 大好きなブランドATON(エイトン)の路面店が 表参道にグランドーオープンしました。 素材にこだわった名品のニットが発売されているらしいので ニット好きの私としては 実物をチェックに行きたいと思います。美女組No.153 エリス宏美のブログ
関連キーワード

RECOMMEND