「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選
Web eclat

1.LEVI’S

1/2

2/2

腰から足首まで包み込むハイライズデニムがあれば、トレンチとの組み合わせも無難にならず抜群に今っぽい。淡いピンクのボウタイブラウスで女らしく、足もとはシルバーのブーティでエッジを効かせて。振り幅の広いミックステイストを、デニムがほどよく中和して受けとめてくれる。
デニム¥20,000/リーバイ・ストラウス ジャパン(リーバイス®メイド アンド クラフテッド®) トレンチコート¥79,000/アングローバル(イレーヴ) ブラウス¥24,000/トゥモローランド(トゥモローランド コレクション) バッグ¥460,000
/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥55,000/CPRトウキョウ(レフラー ランダル)

2.YANUK

1/2

2/2

レースジャケットのきれいめ感と、ウォッシュ加工を施したブラックデニムの組み合わせは、リュクスな大人のムードとラフなこなれ感が絶妙バランス。ホールド力があるのに肉感を拾いすぎないストレッチ性、また、膝とすそに少しゆとりのあるシルエットが、脚を細くまっすぐに見せてくれる。
デニム¥23,000/カイタックインターナショナル(ヤヌーク) ジャケット¥130,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) ブラウス¥18,000/トゥモローランド(バッカ) ピアス(右耳)¥18,500・ネックレス¥110,000・ブレスレット¥45,000/アイワ(カラットアー) バッグ¥24,000/CPRトウキョウ(レフラー ランダル) 靴¥73,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

3.RE/DONE

1/2

2/2

メンズライクなアイテムと合わせたカジュアルな着こなしでこそ、ラフになりすぎないブラックが頼りに。なかでも絶妙に力が抜けた色落ち加減と加工で話題のブランド「リダン」がしゃれている。ヴィンテージリーバイスを手作業でカスタム加工するため、一本ずつ表情が違うのも魅力。
デニム¥40,000/エディション 表参道ヒルズ店(リダン) ブルゾン¥48,000/アングローバル(イレーヴ) カットソー¥10,000/サンスペル 表参道店(サンスペル)ピアス¥25,000/ブランイリス伊勢丹新宿店 バッグ¥49,000/ステディ スタディ(リュニフォーム) 靴¥72,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(マルティニアーノ)

4.RED CARD

1/2

2/2

大人気の「Anniversary 25th」とスタイリスト・村山佳世子さんがコラボしたブラックデニムは、黒の色調を濃くしつつ、ひげやアタリをさりげなく施し立体的に仕上げて。スニーカーなどフラットシューズでもバランスよくはきこなせるシルエットがうれしい。
デニム¥19,000/エクラプレミアム通販(レッドカード) カーディガン¥48,000・タートルニット¥38,000・ベルト¥16,000/ヨシエ イナバ サングラス¥45,000/ファブ(ティエリー ラスリー) ピアス¥38,000/ブランイリス伊勢丹新宿店バッグ¥112,000/グローブ・トロッター 銀座(グローブ・トロッター) 靴¥5,800/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)

5.DSQUARED2

1/2

2/2

フォーマルスタイルではやぼになりかねない気軽なパーティには、洗練されたたたずまいとこなれ感が両立する、美脚力抜群のブラックデニムでクールに装いたい。ポイントはデニム以外もブラックで統一し、ワントーンにまとめること。控えめながらラメを施したタンクトップでパーティらしい華やぎもプラスして。強く主張はしないけれど、ブラックデニムでなければ表現できない抜け感が抜群におしゃれ。
デニム¥49,000・ジャケット¥164,000・トップス¥69,000・靴(参考商品)/ディースクエアード 東京(ディースクエアード) リング¥86,000/ブランイリス伊勢丹新宿店 バッグ¥27,000/ショールーム セッション(ポティオール)
eclat3月号掲載 撮影/水野美隆(zecca/モデル) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/小澤麻衣(mod’s hair) スタイリスト/森 慶子 モデル/田沢美亜 取材・文/坪田あさみ
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND