軽快にはおれて、きちんと見える、仕事向き格上げコート 五選
Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.仕事コートの大本命、グレーの
ヘリンボーンは華ありデザインで
立体的にデザインされた、ゆとりのあるシルエットや、襟やポケットのディテールにこだわった、アストラットのヘリンボーン柄のツイードコート。前ボタンのないガウンタイプで、顔まわりをすっきりと見せる大きな襟は、女性らしいムードで着こなせる。

コート¥120,000/アストラット 青山店(アストラット) ワンピース¥159,000(バンフォード)・ストール¥11,000(アリュード)/以上三喜商事 ピアス¥370,000・リング¥295,000/ダミアーニ 銀座タワー(ダミアーニ) バッグ¥236,000/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥80,000/ジミー チュウ
2.白ほど派手すぎず、凛とした印象。
ビジネスにはオフホワイトが正解
秋から真冬まで着られる、起毛感のある麻混のコットンウール素材。オーバーサイズなので、ざっくりとはおってメンズっぽく着てもよし、付属の黒のレザーベルトをきゅっと巻けば、エレガントな印象にも装える。

コート¥220,000/ブラミンク タートルニット¥27,000/アストラット 青山店(アストラット) パンツ¥50,000/コロネット(ボリオリ) ストール¥49,000(ジェーン・カー)・ピアス¥27,000(イオッセリアーニ)/以上アッシュ・ペー・フランス メガネ¥27,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ベルト¥14,000/アマン(アンボワーズ)
3.リラックスフィットな、
美シルエットで魅せる端正コート
ポロ ラルフ ローレンの秋のテーマカラーであるグレーのヘリンボーン。共布ベルトつきのオープンフロント型で、なだらかにシェイプされたシルエットが美しい。やや広めのシャープなラペルがきりっとした印象なので、大事なプレゼンや学会など、ここぞという場面で着映えする一品。

コート¥105,000・プルオーバー¥26,000・パンツ¥34,000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン) ピアス¥156,000・リング(大)¥163,000・(小)¥106,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)バッグ¥201,000・靴¥82,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)
4.一枚あると便利なチェスターはメンズなディテールが肝
よりスマートな印象にアップデートされた定番コート。ふっくら軽いウール地はカシミヤのように柔らか。内側の胸ポケットや腰のフラップポケットなど、メンズライクなつくりが、ビジネススタイルにさらなる信頼感を添える。

コート¥79,000/リンク・セオリー・ジャパン(セオリー リュクス)
5.ビジネスシーンで役立つ機能満載の3WAYコート
希少なホワイトカシミヤを使用。ベルトを締めてガウン風に着たり、寒いときは前ボタンを上までとめたりと3パターンで着られる。腰ポケットはパスポートなどが入れられるようジッパーがつき、左右の内胸にも2つのポケットが。

コート¥180,000/SANYO SHOKAI(ポール・スチュアート)
eclat1月号掲載 撮影/熊澤 透(impress+/モデル) 坂根綾子(静物) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/青木貴子(WHITEBOX) モデル/生方ななえ 取材・文/新田幸子
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND