今だからこそ楽しめる新ベーシック服に挑戦! 亜希の冬支度 五選
Web eclat

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.大好きなスポーツアイテムをデイリー服にも投入する
「ここ何年かスポーツアイテムにハマっています。とはいえ、全身スポーツテイストはカジュアルすぎ。思いきってデイリー服に投入したほうが、大人は素敵かなと思っての挑戦です。例えば白のパーカを、ロングタイトとヒールブーツで女らしく仕上げてみました」

キャンバス地風のコットン素材を使用したプルオーバータイプの白パーカ。小さめのフードが顔まわりにキュートな雰囲気を加味して。ロングタイトをはじめ、きれいめのパンツなどとの相性も抜群の一枚。

パーカ¥49,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) インナー¥34,000・スカート¥39,000/マディソンブルー 靴¥50,000/ショールーム セッション(エクストローディナリージェーン)
2.思いきって、人生初の白いコートにチャレンジ!
「真っ白のコートを着るのは、実は人生初。でも、選んだのはエレガントなタイプではなく、カジュアルなダッフルコート。白のダッフルなら、ほどよく上品でほどよくラフで。いわゆる、"Jマダム"の気分を、映してくれると思うんです」

白のコートのボトムに選んだのは、同じく白のパンツ。グリーンのニットや茶系のバッグと靴を加えて、鮮度の高いトラッドスタイルを完成。

コート¥92,000/ビューティフル ピープル 青山店(ビューティフル ピープル) ニット¥39,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) シャツ¥28,000/マインド(マインデニム) パンツ¥36,000/ヴァリアス ショールーム(エイトン) バッグ¥81,000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー) 靴¥41,500/レッド・ウィング・ジャパン(レッド・ウィング)
3.本格派メンズブーツの適齢期が到来!
「昔から憧れていたレッド・ウィング。でも、若いころはこのメンズライクな感じが、私にはなぜかフィットせず、なかなかトライできなかったんです。やっと、レッド・ウィング適齢期になりました」

ワークブーツのスタイルを変えたといわれる、レッド・ウィングの8インチ丈ブーツ。カジュアル素材のマキシワンピースにさらりと合わせるだけで、どこかリッチ感のある着こなしを演出する。

靴¥42,500/レッド・ウィング・ジャパン(レッド・ウィング) ワンピース¥61,000/マディソンブルー ストール¥52,000/ドゥロワー 青山店(ジョシュア エリス)リング¥16,000/ショールーム セッション(マリア ブラック)
4.強めのピンクボトムで冬でも元気いっぱい!
「"フェミニン"や"甘い"といったイメージがあるピンクは、今まではあまりトライしなかった色。でも今季、ぱっと目についたのがこの強いピンク。従来のイメージを払拭する、元気いっぱいのピンクボトムで、女度も元気度も上げていきたい」

足首が見える丈感で着こなしやすく仕上がった、ガウチョタイプのピンクのパンツ。袖に透け感がある素材を使用したボウタイつきのデニムシャツをインして、きれいめな着こなしを堪能したい。

パンツ¥65,000(ドゥロワー)・靴¥149,000(ニナリッチ)/以上ドゥロワー 青山店ブラウス¥32,000/マインド(マインデニム) ジャケット¥35,000/アンルート 二子玉川(アンルート)
5.ニットといえばVだった私。今、タートルが気になる
「アラフォーまでは、Vネックが大好きで、チラッと胸もとが見えるくらいがセクシーだと思っていたんです(笑)。年々、脱V志向が高まり、今年の一枚はタートルネックに決まり。胸もとを隠すくらいが、女らしさが出るんじゃないかな」

モノトーンのメランジ感で、シンプルな中にも華やかさを演出するタートルニットは、長めの丈感と、親指を入れると甲まで隠れる袖口のデザインが特徴の一枚。体に絶妙にフィットするリブ感が、大人の体を最大限に美しく見せて。

ニット¥21,000/アンルート 二子玉川(アンフィル) パンツ¥42,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) リング¥148,000/ショールーム セッション(マリハ)
eclat12月号掲載 撮影/金谷章平 ヘア/hanjee(SIGNO) メイク/佐々木貞江 モデル・スタイリング/亜希 スタイリング協力/土田麻美 取材・文/磯部安伽
SHARE
この記事が気に入ったらシェアしよう!

RECOMMEND