大人の体をきれいに見せる、こだわり満載のカシミヤニット

Web eclat
一枚で着られる絶妙なVあきや、裾をインしなくてもバランスよく着こなせる絶妙な前後差のあるシルエットなど、大人の女性を美しく見せるディテール満載の上質ニット。「とにかく体がきれいに見えること。エクラ世代の服選びには、不可欠な条件です」。(富岡さん)
パールネックレス(参考商品)/SANYO SHOKAI (マッキントッシュ ロンドン)

大人をきれいに見せる美シルエット ウールカシミヤニット

深すぎず、浅すぎずの絶妙なVネックと、裾に前後差をつけたコクーンぎみのシルエットが特徴のニット。コーディネートしやすい白とネイビーの2色展開。
【ここがポイント】
・インナーなしで一枚で着られる絶妙なVあき。合わせるアクセサリーしだいで、さまざまなテイストが楽しめる
・前裾は、タックインしなくてもバランスよく見えるよう丈感を調整。後ろ裾は、さりげなくヒップをカバー
撮影/伊藤彰紀(aosora/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア/左右田実樹 メイク/佐々木貞江 スタイリスト/池田奈加子 モデル/富岡佳子 取材・文/磯部安伽 撮影協力/バックグラウンズファクトリー
関連記事
  • 実は意外と、“普通”や“地味”に陥りやすいスカートスタイル。それぞれのテイストに合った素材とシルエットを吟味して、着映え力の高い女っぷりスタイルを目ざして!■フェミニン派のための「着映えスカート」→とろみプリーツスカート フェミニン派が得意とするスカート スタイルでこそ、人と差をつけたいところ。どこかスマートさが備わった とろみ素材のプリーツが、フェミニン派の正解! 控えめな配色とアクセ使いで、ハンサムフェミニンを追求フェミニンさを強調するプリントスカートは、モノトーンを選ぶことが必須条件に。コーディネートもシックな色みを心がけて、ハンサムフェミニンなスカートスタイルを満喫したい。あえてアクセサリーを控えるのが、大人のフェミニンをさらに洗練させる秘けつ。スカート¥49,000/アングローバル(イレーヴ) コート¥120,000/ebure ニット¥18,000/プラージュ 代官山店(プラージュ) ストール¥40,000/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥38,000/ティーアンドエル(トフ アンド ロードストーン) 靴¥69,000/アマン(ペリーコ)■シンプル派のための「着映えスカート」→ウールフレアスカート 立体的なフォルムが特徴の、ウールのフレアスカート。シンプル派の要は、このひとさじの甘さにあり! 黒が多めのコーディネートで、シンプル派らしい仕上がりにフレアスカートがもつ甘さをバランスよく 取り入れるために、ハードなライダースジャケットをオン。全身のブラック率を上げて、シンプル派らしく仕上げて。スカート¥113,000/マディソンブルー(マディソンブルー) ジャケット¥158,000/アー・ペー・セー・カスタマーサービス(アー・ペー・セー) ニット¥34,000/ドゥロワー 青山店(ドゥロワー) サングラス¥30,000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー(オリバーピープルズ) バッグ¥320,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥99,000/シジェーム ギンザ(アクアズーラ)■カジュアル派のための「着映えスカート」→ニットタイトスカートニット素材のタイトスカートは、まさに女っぷりという言葉がふさわしい。ブルゾンを加えるのがカジュアル派らしいカジュアルに着こなしたい、とびきり女らしいニットスカート女らしいシルエットが手に入るニットタイトとヒール靴のコーディネートが、スタイルアップを保証して。リブ編みかつ厚みとハリ感のある素材を選べば、体のラインも気にならないはず。人気急上昇中のフードつきブルゾンをさらりとはおって、あくまでもカジュアルに着地させて。スカート¥19,000・ニット¥15,000/ユナイテッドアローズ 丸の内店(ユナイテッドアローズ) ジャケット¥72,000(レミ リーフ)・バッグ¥112,000(ザンケッティ)/アパルトモン  青山店 靴¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE/人物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini./ブレンダ分) 森ユキオ(ROI/蛯原友里分) ヘア/左右田実樹(SHIHO分) メイク/AIKO ONO(angle/SHIHO分) スタイリスト/村山佳世子(ブレンダ分)徳原文子(SHIHO・蛯原友里分) モデル/ブレンダ SHIHO 蛯原友里 取材・文/磯部安伽マリソル 本誌では、「ブレンダシンプル」「SHIHOカジュアル」「蛯原フェミニン」と分類してこの“女っぷり”3大スタイルを大検証!
  • トラッドなパンツコーデにラベンダー色を投入してコートを脱いでも完璧!主役カラーのコートときれい色のニット、この2つが揃えば”着ても脱いでもおしゃれ”な上級コーデが完成する♪ 白シャツ×チェック柄パンツの真面目トラッドには、ゆるっと着られるラベンダー色のニットベストで明るく優しげなニュアンスを。外出時には感度高めなグリーンのチェスターコートをはおって颯爽と。お仕事バッグの他に赤×ゴールドのミニバッグを持ってけば、アフター6も華やかさ3割増し!コート¥27000/ジャーナル スタンダード レリューム ルミネ新宿店 ベスト¥19000/TOMORROWLAND(BALLSEY) シャツ¥28000/ボウルズ(ハイク) パンツ¥39000/グッドスタンディング(リノ) 靴¥35000/FUN Inc.(チェンバー) バッグ¥23000・イヤリング¥5500/デミルクス ビームス 新宿佐藤栞里の【今日のコーデ】をもっと見る>> ♡1月号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/峠 雄三 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/石上美津江
  • よく覗くお店で気になって気になって・・・手に取った物はどうやらバッグで(笑)美女組先輩のインスタやブログで目にしたことがある「TSURU by MARIKOOIKAWA」さんとのコラボ商品でした!!動物的丸っこさ(笑)華奢な紐の巾着バッグでした♡TSURU by MARIKOOIKAWAさて、大物コートの後はプチプラと言っていいかな? ここ最近の「え!思ったよりプチなプライスやん!!」と思った (エコ)ファー小物についてです。 よく覗くお店、ステュディオス。 私にはちょっと若いかなとか思いながらもついつい足が向きます。 個性的なセレクトに惹かれてしまうんです。 お店の一番高い位置にある陳列棚に、黒とグレージュのモコモコした 丸っこいものが並んでいて「あれは何?かわいい・・・。」と気になっていた物を 先日ついに手に取ってしまいました。 予想通り、鞄ではありましたが、全貌を目にしたのは初めて。 なんともかわいい、華奢な紐で絞った巾着バッグでした。 そしてマリソル美女組の先輩達が度々インスタやブログで取り上げている TSURU by MARIKOOIKAWAさんとのコラボ、ステュディオス別注商品でした。 私が思っているTSURU・・・のイメージと違って、1万円を切ったプチプラ! 定価8000円ほどだったのが意外です。 ステュディオスとの別注でエコファーだからのこのお値段♡ エコにしてもこのお値段?なかわいさです(* ´艸`)ライダースにブルゾン☆そしてやっぱり!ハードめの黒に合わせて使いたいです☆ 抜けと言うか、柔らかさプラスで。 お洋服や靴が私には女性らしさが悲しいかな似合わなくって( ノД`) でも皆さんが好きなブランドがこんな形で使えて嬉しい(笑) クラッチ使いかなー。荷物多めな私、華奢な紐を思うと巾着よりクラッチ使いかな(笑) 小脇にモコモコを抱えたいです。左は去年のアローズの物です。ファーバッグの季節ですね! 左の物は淡い色目のアウターに締め色で合わせてます。 寒くて引きこもり、縮こまってしまいそうですが(笑) 冬しかできないオシャレを楽しもうって思うと外出も楽しい♡ 余談ですが、エクラ華組の成田千恵さんがステュディオスの すごくかわいいエコファージャケットをコーディネートされてました! ブランド&エコファー使いににんまり(* ´艸`) 今年は私も晩秋辺りからエコファージャケット、活躍させてます♡ 今はインナーダウン仕込みですが(;・∀・)美女組No.142 yoccoのブログ
  • 女性誌「エクラ」編集長のオサニャイの愛猫、アメショー4歳の「アラン」の毎日。同じ日付けの3枚の写真のアラン。2018,2017,2016年。 どれもかわいいね!(←親バカ)。@alain_cat
  • エクラ1月号で特集されている「グレージュ」ファッション。 憧れのカラーではあるけれど、なかなかトライできないカラーでした・・・ビジュアルプロモーターとして、お客様のファッションコンサルをさせて頂く中で大切なカラー。 120枚のドレープから肌なじみの合うカラーを導き出し、お客様のイメージをよりアップさせるのですが、そんな私がトライしにくい理由は、肌なじみが悪いから(汗) 肌にはイエローベース(黄みがかった肌)とブルーベース(青みがかった肌)とベースカラーが分かれるのですが、私はイエローベース。 まさにこの「グレージュ」はブルーベースの方の方がお似合いになる色なので 私が身につけると、顔色が悪くなり、老けて見えてしまう色なのです(;^_^A けれど、そんな私が「これならいけるかも…」と思って購入したのが、 セオリーのエコファーブルゾン。 ほどよい光沢感があるエコファーは、 顔周りに身につけてもレフ版のように華やかに見せてくれるので それほど顔写りが悪くは見えないのです。 けれど、中のトップスの色は明るめにする方が より顔写りはよくなります。    ちょっとわかりにくいですが、さりげなくピアスもグレージュをとりいれてみました。 この揺れるピアスは、割と使いやすいんです。 グレージュが苦手な方は、こんな感じで靴やバック、アクセサリーなど ポイントであわせてみるものいいかもしれませんね。 また別のコーデでとして、1年ほど前にADOREで購入したワイドパンツを 流行色のパープルと合わせてみました。 白レースのトップスと、とろみ感のあるグレージュのワイドパンツだけだとぼやけてしまうので 以前エストネーションで購入したロングカーデガンを合わせると、 全体的に引き締まります! やはりどこかにカラーを取り入れるのが、私流。 苦手なカラーも、顔から離れたところから、または面積を小さくして取り入れると 無理なくトライできますよ! 新たな自分の発見があるかも・・・なので 気になるカラーがあったら、臆せず身につけてみて下さいね。 華組 相原悠希ブログ
  • 今年もマリソル美女組キックオフ会に参加させて頂きました。新メンバーも加入でますます盛り上がることと楽しみです。 石田編集長、塩谷副編集長、編集部の皆様、オンラインの皆様、ステキなレストランでのランチ会ありがとうございました。 2019年もどうぞよろしくお願いいたします。仲良し同期で、乾杯!!サイコーに楽しいひとときでした。ネイビーのラメのニットは、後ろリボンがお気に入り。 ユナイテッドアローズ六本木ヒルズ店で購入しました。コムデギャルソン 美女組No.110あんまきのブログ
  • 今季出していないブランドはないというくらい、どの秋冬展示会でも必ず見かけたのがチェック柄アイテム。アラフォーに似合うチェックとその着こなしをチェック柄ファッションコーデ記事ランキングでチェックして。【1位】秋シーズンの始まり。まずチェックしたい、今季のトレンドはチェック! ザ・トラッドなタータンチェック柄パンツも、色鮮やかなブルーで鮮度アップ。▶チェック柄が大ブレイク!注目はブラウンor 濃いめカラー【2位】アラフォーに似合うチェックとその着こなしを検証! 「チェックパンツといえばグレンチェックが主流ですが、今季はこんなブロックチェックもよく見ます。ハイウエストやテーパードシルエットなど、女性ならではのシルエットを選ぶのも、"おじさん見え回避"の秘けつかと」(編集カゲモン)。ボリューム袖ブラウスと合わせてシンプルに。▶秋の気分を味わうなら、まずはトレンドの「チェック」アイテムを投入して!【3位】チェック柄コートはアラフォーに似合うデザイン選びが重要 「一枚は欲しいと思っていたチェック柄コート。リバーシブルだからチェックを全面にしたり、袖口からのぞかせたりと、使い勝手もよさそう」▶おしゃれプロがさっそくキープ!今季注目の「チェック柄」人気はコートにも来ていた!【4位】ロングコートを長く素敵に着こなす! タイツとぐるぐる巻いたストールでおしゃれに肌の露出をセーブ。そのぶんスカートは薄手の淡いグレーを選び、軽やかな抜け感を出して。▶冬の主役アイテム「ロングコート」を長~く素敵に着こなす! 3ヵ月着回しプラン【5位】チェック柄パンツは、"メンズライクに着ない"のがこの秋の新常識 細リブの繊細さがブラウンチェックを引き立てて。上半身のラインをきれいに見せるリブトップスを、ブラウンのチェックパンツにイン。×スモーキーグリーンの配色も上品。▶アラフォーのための「ハイテクスニーカー×通勤服」着こなし実例【6位】チェック柄のタイトスカートでつくる好感度通勤コーデ 比較的新しいクライアントさんを訪問する時は、シャツ×タイトスカート×メガネでいつもより端正なキャリアファッションを意識。▶きちんと感も華やかさも兼ね備えた「チェック柄のタイトスカート」でつくる好感度通勤コーデ【7位】ダークトーンの着こなしにチェック柄ストールで体温調整 落ち着いたダークトーンの着こなしをブラックデニムできれいめにはずしてみる。ブーツも脱ぎ履きしやすいアンクルブーツをチョイス。▶早起きしたらピクニック気分で秋かご持って新名所の豊洲市場見学へ【2018/10/13コーデ】【8位】人気ブランドから誕生した新ブランドがブームの予感 やや地厚な生地を採用し、メンズライクな雰囲気のグレンチェックのダブルジャケット。ビッグシルエットだからこそ、金ボタンでシャープさとメリハリを。ハイウエストパンツとセットアップで着ても今っぽい。▶この秋、人気ブランドから誕生した新ブランド2つを要チェック!【9位】秋らしいブリティッシュテイストコーデ 秋らしいチェックパンツに艶ブラウスを投入すればマニッシュになりすぎず、大人の女らしさが香る着こなしに。▶男友達と野球観戦&ディナーへは秋らしいブリティッシュテイストで【2018/9/30コーデ】【10位】可愛らしさ満点のビッグシルエットなコートには細身パンツが相性抜群! 女性らしく今どき感のあるドロップショルダーのコートは、赤をきかせたマニッシュなチェック柄が印象的。合わせるぺたんこ靴にはこのコートの色から拾った赤で。▶ふんわりと広がるフェミニンなテントシルエットコートで公園デートに【2018/11/3コーデ】【11位】ロングカーディガンと合わせてチェック柄ワンピースを大人っぽく着こなす キャメル色のリブニットカーディガンなら、ほっこり見えがちな大きめチェック柄のシャツワンピースを大人っぽくスッキリとみせてくれる。着こなしポイントはワンピースの袖はニットと一緒にまくり、柄をチラ見せして大人の可愛げを。▶人気復活ロングブーツには長め丈のカーデ×ワンピースでバランスよく【2018/10/20コーデ】【12位】ギンガムチェック柄スカート×Gジャンコーデ オフィスでは浮きそうなギンガムチェック柄でも休日ならリゾートライクに楽しめる。▶週末はボランティア活動。カジュアルに参加できるからこそ継続できる【2018/8/25コーデ】【13位】モダンなチェック柄で秋コーデを満喫 すその切りっぱなしデザインが真面目なチェック柄にラフさを追加して、カジュアルな印象に。合わせるトップスによって印象を変えてくれるから何かと重宝するタイトスカートで、マンネリ打破して。▶チェック柄を攻略するにはその中の1色をトップスに取り入れること【2018/8/21コーデ】【14位】チェック柄タイトスカート×ボルドー色ニットコーデ ボルドー色ニットをチェック柄のタイトスカートとショートブーツでシックにまとめるなら、ファーバッグで可愛らしさを出してもバランスが良さそう。▶そろそろ解禁させたいファー小物。秋冬ワンツーコーデのアクセントに【2018/11/1コーデ】 【15位】グレンチェック柄ジャケット×黒パンツコーデ ブリティッシュトラッドの代表グレンチェックのWダブルジャケットに、黒の細身くるぶし丈パンツでフェミニンシックに好印象をものにして。▶うっかり忘れるところだった運転免許の更新。指定警察署へ駆け込んで【2018/9/27コーデ】【16位】チェック柄と合わせてトレンチコートをブリティッシュに着る トレンチコートとチェックパンツという一見メンズライクな組み合わせを、ヒールパンプスと上質なバニティ型バッグで女らしく仕上げて。▶「トレンチコーデ」をもっと今年らしく素敵にアップデートする7つのアイデア【前編】【17位】チェック柄を着こなすためにこんな工夫をしてます 足もとは絶対ヒール! バッグもレディライクなものを。上半身は、得意なテーラードジャケットを合わせて、より似合うように工夫してみました。(美女組No.141 カキノキのブログより)▶チェックが苦手な人がチェック柄を着こなすには?【18位】ここ数年集めているカシミヤチェックストール、今年はずっと気になっていたイエローを 今年は癖のあるイエローが、アシンメトリーなチェック柄で緩和されたジョシュアに決めました!巻いた時に柄の出方が左右異なる計算されたデザイン。巻き方次第でイエローが目だって出たり、ネイビーやグレーっぽい落ち着いたカラーが顔周りに来たりと絶妙な配色です。大人っぽいのにかわいさもあり♡(美女組No.142 yoccoのブログより)▶今年のチェックストールはUA別注ジョシュアのイエローに決めました!【19位】女性らしさを感じさせるチェック柄タイトスカートが今年の気分 よく見るとチェック柄をバイアスで合わせて子供っぽくならないように配慮されたデザインが秀逸のスカート。脇ファスナーなので着脱がしやすく、実はストレッチがきいているからタイトスカートにもかかわらず動きやすさもパーフェクト。▶ブリティッシュ気分に浸れるチェック柄にはざっくりニットが好相性【2018/11/16コーデ】【20位】この秋は、はおりものもチェック気分! 写真右はスタイリスト松村純子さんのZARAのビッグジャケット。写真左は編集K松のCINOHのロングトレンチコート。▶この秋冬は、はおりものもチェック気分です♡※2018年8月1日~2018年11月30日集計
  • 7年目を迎えた、地元でも愛される島のリゾート。夏ではなく、冬にも旅する価値がある!アクティビティ「朝の静けさ 水牛車観光」では、まだ人の少ない朝の時間帯に、水牛車で島をひとめぐり。星のや竹富島の宿泊者限定。農業を営む人が減っている竹富島で、この島ならではの畑文化を継承すべく活動している長老、前本隆一さん。島に伝わる白、橙、紫の3種類の芋を、その場で割って見せてくれた。本当に色が違う!島の農作物について説明してくれる前本さん。星のや竹富島はその思いに共鳴して、施設内の畑で島特有の作物を継承するプロジェクトを2017年からスタートした。他の画像を見る *  *  *  *  *   時を経るごとに素敵になるリゾートホテルって、ありそうで、そうは多くないもの。 開業から6年がたち、ますます人気の「星のや竹富島」を取材したライター、ジャーナリストたちがそろって口にした言葉が印象的でした。「オープンの時より、さらに、ずっと魅力を増していますね」。 サンゴの石垣に、赤い瓦の低い屋根。それらの家々をつなぐ白い砂の道。ずっと竹富島に息づいてきた人々の暮らしをそのままに、「離島の集落に滞在する」をテーマとしてできた星のや竹富島。エクラ読者のみなさんにも、泊ったことがある方は多いかもしれません。2012年のオープン後、家々のまわりの植物はすくすくと育って生い茂り、石垣もいい感じに風合いを増して、まるで本当の集落のように、より島に根差したリゾートとなりました。 そんな星のや竹富島が、この冬、提案するのは「島テロワール」。 竹富島でうまれた、竹富島にしかない味わいを満喫しながら、島の食文化にも興味深く触れる。単なる「美食」とはまた違った食体験は、なんとも知的好奇心を刺激するもの。そして、島の食材たちが蓄えたパワーが身体のすみずみまで染みていくように、健やかな心地よさをも体感することができます。 外のテラスで食前酒をいただく「島風(しまかじ)アペロ」から始まるディナー。冬こそが一番おいしいといわれる芋や、島では冬に旬を迎えるハーブ、野菜。そして島の特産品でもある車海老などを、全10皿。沖縄というとどうしても夏のイメージが強いけれど、冬には冬の「旅に出る理由」があるな……とうならされるコースです。プールの向こうから昇る朝日に出会えたラッキーな1枚。プールはリゾートの中心部、少し低くなった場所にあり、ここからさえぎるもののない夜空を見上げるのも素敵。朝食も島テロワールの特別メニュー。ハンダマや長命草といった命草たっぷりのサラダ。5種類あるドレッシングも、長命草やタンカン、山羊チーズのシーザードレッシングなど選ぶのが楽しい。ラウンジで自由にいただけるお茶も、月桃やフーチバ、グァバ、センダン草など興味深い。他の画像を見る *  *  *  *  *   快適なベッドでぐっすり眠ったあと、夏よりも遅い冬の朝日に迎えられながらいただく朝食は、その澄み切った空気もごちそう。島の野菜をたっぷりといただきましょう。 そのあとは、まだ人の少ない朝の時間帯に水牛車で島をめぐるもよし。スパを楽しんだり、ミンサー織りや民具づくりを習ってさらに島の文化に触れるもよし。海風も心地よい季節なので、ハンモックでうたたねしたりも……。もう最高ですね。 日常の忙しさを忘れて、身も心も島時間にゆだねるなら、大人世代にとってはむしろ冬こそが、ベストシーズンかもしれません。「島テロワール」 期間/2018年12月10日~2019年3月3日 料金/12,000円(税・サ別) 要予約。予約は星のや竹富島公式ホームページにて、夕食付の宿泊プランを選択。 島の散歩中に見つけたかわいいシーサー!星のや竹富島 https://hoshinoya.com/taketomijima/沖縄県八重山郡竹富町竹富 ☎0570・073・066(星のや総合予約) アクセス/石垣港よりフェリーで約10分。竹富港より送迎あり。 料金/1室1泊51,600円から(税・サ別、食事別)※通常は2泊より「沖縄」の記事をもっと読む>>>取材・文/本誌編集部
関連キーワード

RECOMMEND