「飲んで出す」ことで、ストレス軽減&便秘解消に【排出力強化レッスン】

Web eclat
教えてくれたのは…
松倉クリニック 表参道 田路めぐみ先生

松倉クリニック 表参道 田路めぐみ先生

形成外科専門医、日本抗加齢医学会専門医。栄養やホルモンの観点からも診療。患者の状態に合わせた柔軟な治療が得意。

https://www.matsukura-clinic.com/

まいこホリスティック スキンクリニック 山崎まいこ先生

まいこホリスティック スキンクリニック 山崎まいこ先生

まいこホリスティックスキンクリニック院長。栄養素の消化・吸収と腸内環境にまで着目した酵素栄養学を修得し、
ホリスティック医療を行う。https://mhs-cl.com/
植物療法士 森田敦子先生

植物療法士 森田敦子先生

日本における植物療法の第一人者。フランスのパリ13大学で植物薬理学を学んだのち、日本に植物療法を広めながら、商品開発や産前産後から介護までさまざまな分野で活躍。

【飲んで出す】

排出環境を整える&促すインナーケアを味方に!

まず、手軽かつ効果的な排出アプローチが、ハーブティーやサプリメントなどのインナーケア。「発酵系や食物繊維、また体を温める食材を積極的にとる食生活を心がけることはもちろん大切。ですが、手軽にできるのはいつも飲んでいるコーヒーやお茶のかわりに、排出環境を整えたり、排出そのものを促すハーブティーやハーブチンキなどをとること。めぐり、代謝、免疫のアップや、排出を促す植物エキスは、海外で薬草として使われているものも多く、体調に合わせて選べば、自分の健康や肌状態もうまくコントロールできます」(森田敦子先生)。

ストレスフルな生活を送っている人は《免疫UP》

ストレスを感じると、代謝や免疫を促すホルモン、コレチゾールの分泌が乱れてしまうという。「風邪もひきやすくなりますし、腸内環境も悪化。お味噌汁やお漬け物など酵素の多い食事や、免疫を上げるエキナセアなどのハーブティーを飲むよう心がけて」(森田敦子先生)。

(右)コップ1杯に小さじ1を混ぜて飲用。
エルボリステリア タンチュメール エキナセア 100g ¥2,808/コスメキッチン

(左)「わが家で10年以上頼りにしている、微生物の酵素サプリ。胃腸も丈夫に」(美容家 小林ひろ美さん)。自然界の微生物が作り出すビタミン、ミネラルなどがひと粒に。
三寿 60粒入り¥6,100/ティーエフケイ

便秘や宿便、むくみが気になる人は《デトックス力UP》

最近、美容のプロたちの間で注目されているのが、ビタミンや酵素などの栄養素と、排出力を高める クロロフィルなどを含んだ藍藻類「ブルーグリーン アルジー」。また古くから解毒系の薬草として親しまれてきた、ネトルやたんぽぽなどのハーブティーをお茶がわりにとるのも◎。

(右)排出力とともに胃の働きも活性化。
ゾネントア ネトルティー 18袋入り¥972/コスメキッチン

(中)ブルーグリーンアルジーをパウダー化。効きが早く、腸の動きが活発に。

E3Live オリジナル パウダー 50g ¥11,880/E3Live Japan

(左)「ノンカフェインながらコーヒーのような風味」(森田敦子先生)。
たんぽぽ・インスタント 葉酸と鉄 40g ¥1,944/生活の木

デトックス点滴なら効果がスピーディ

松倉クリニック表参道の「疲労回復+デトックス点滴」は、αリポ酸や解毒作用もあるタチオンでデトックス成分と、ビタミンCやビタミンB群、プラセンタ、アミノ酸などの疲労回復成分がイン。老廃物を排出しつつ、疲れた体も底上げできる施術に。

松倉クリニック表参道
疲労回復+デトックス点滴1回(60分)¥19,800
●東京都渋谷区神宮前4の11の6表参道千代田ビル9F
☎03・5414・3600
https://www.matsukura-clinic.com/

日々、人間が活動するために水分や食事を体に取り入れ、エネルギーに変えていく代謝。実は、その際に生じた不要なものが体内に居座り、不調を招いているそう。なぜ、うまく排出できないのか、その原因を徹底解明。
気持ちも体もどんより重だるく、体も肌も不調ぎみという人は要注意! 実は、女性ホルモンの分泌や代謝が低下しがちなエクラ世代は、いわば毒素ともいえる老廃物が体内にたまって不調を招きがち。与えることよりも“出す力”を強化して、健やかな体を目指そう!
閉経を迎えるアラフィー世代。もうそろそろかも……という人は、“閉経したら、何が変わるの?”と不安でいっぱいなのでは。そこで、閉経経験者のリアルな声とともに、閉経の基礎知識から、前後に起こる不調の対策などまで詳しく解説!
昼間は仕事や家事をアクティブにこなしているのに、夕方になると途端にガックリ落ちるエクラ世代の女性が増えている。これって単なる更年期? 今ひとつ原因がはっきりしない「夕方のツラさ」を徹底検証、解決策を探る!
撮影/久々江満(物) 山下みどり(取材) 取材・文/中島 彩 ※エクラ2022年2月号掲載
関連記事
  • 気になるけど聞きづらい、カラダ、恋愛、エッチについて、ノンノ読者のリアルデータを集計! SHELLYさんへの恋愛や性に関する悩み相談もたっぷり掲載。 PART1 BODY・LOVE・SEX etc.…ノンノ読者のリアルデータまとめ 私って平均的? 同世代のみんなはどんな感じ? アンケート結果をもとに自分を見つめ直してみて。 2021年11月24日~27日、non-no LINE会員にアンケート調査、127人が回答。カラダ まずはカラダについて。ちょっとしたことで「私って大丈夫?」「これって変?」と不安になることが多いカラダのこと。意外とみんな同じことで悩んだり、気にしていたりするのかも。Q 自分のカラダのコンプレックスは? 1位  胸 28% 2位  お腹 24% 3位  顔 17% 脚 15%、お尻 5%、腕 2%、身長 2%、その他 7%…上半身にコンプレックスを持っている人が約7割。お腹は「ぷよぷよしている」「クビレがない」「下腹部が出ている」こと、顔は「目の大きさ」「鼻の頭が大きい」「人中の長さ」など理由はさまざま。その他は「背中」や「骨盤」「全身」との回答も。Q 胸のサイズは?胸がコンプレックス第1位! ノンノ読者はB~Dカップの子が約70%と多数。「小さい」などのサイズに対する悩みに加え、左右非対称なことや乳頭の形を気にしている子も。Q 脱毛サロンに通っている?通っていない人のうち40%が「興味がある」と回答し、脱毛への関心が高いことが判明。また、「以前通っていて、完了した」という人も2%いたよ。脱毛はノンノ世代にとって重要度が高いものになっているみたい。「通っていないし、今後通う予定もない」との回答はわずか1%という結果でした。Q 美容or医療どっち?美容脱毛のほうが比較的料金が安いためか、選ぶ人が多い傾向。また、脱毛している箇所は、72%の人が「全身」を選択。部分脱毛では、「ワキ」か「V・I・O」が多く、この二つをセットで施術している人も多め。それ以外では、「膝下」「腕」と、洋服から見える箇所を選んでいたよ。Q 脱毛サロンに通っている子は、V・I・O脱毛している?V・I・Oを未処理の子は、施術中にデリケートゾーンを見せるのを「恥ずかしくないの?」と思いがち。だけど、脱毛サロンに通っている人の約9割がV・I・O脱毛のプランも選択しているとの結果が。自分で整えるのが難しい箇所だからこそ、プロにお任せしたいと考えている人も多いもよう。Q どんな形に整えている?Vラインの脱毛は「自然に整える程度」が特に多く、次に「無毛」「逆三角形」が続く結果に。I・Oラインはともに「無毛」が約半数と人気。そして、脱毛サロンに通った経験がある人で、V・I・Oがつるつるな人が36%もいることも判明。今は、生理中などの衛生面も考えて、毛がないことに、特に抵抗感がない人も増えているよう。V・I・O脱毛に興味がある人は、自分はどうしたいのか考えて判断を。▶私たちのカラダの話の記事をもっと見るイラスト/itabamoe 取材・原文/宮平なつき web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • アラフィー世代は、老廃物が体内にたまって冷えや代謝不良を招きがち。今回は、自宅で気軽に無理なく試せる《おうちファスティング》をご紹介。ファスティングで内臓を休ませ、排出力に回そう。【休んで出す】ファスティングで内臓を休ませ、排出力に回すまいこホリスティック スキンクリニック 山崎まいこ先生まいこホリスティック スキンクリニック 山崎まいこ先生まいこホリスティックスキンクリニック院長。栄養素の消化・吸収と腸内環境にまで着目した酵素栄養学を修得し、 ホリスティック医療を行う。https://mhs-cl.com/食物を消化するという行為は、内臓にとても負担をかけるため、排出力を弱らせる原因にもなるという。「食事や飲み物をとらずに消化器官を休ませることで、胃腸の修復力がアップ。老廃物の排出がスムーズになり、腸内環境が整います。また、脂肪細胞の燃焼や腸壁にこびりついた宿便も出すため、ダイエットに効果的なのはもちろん、ふだんなかなか出せない有害物質の排出も可能に。ファスティング後はいきなり食べず、腸に負担がかからないような回復食で徐々に戻していくことも重要です」(山崎まいこ先生)。自宅で気軽に無理なく試せる《おうちファスティング》何も食べないのはつらそう……という人は、“固形物も食べながら行うファスティング”がおすすめ。デリファスは、胃腸を休ませつつ、必要な栄養分のみをチャージできるメニューを管理栄養士が考案。事前のカウンセリングやファスティング中の悩みを、すぐにLINEで相談できるのもうれしい。デリファス!初めてのかたは、ファスティングミールキット3日分に加え、事前カウンセリングと管理栄養士の食事・栄養サポートがついたこちらを。【3days】初回限定プラン¥18,800☎03・3525・4201https://delifas.com/編集Nがトライ!「スープもサラダもおいしくて食べ応え抜群。つらいときの対処法やその日の食事の効果など、毎日管理栄養士さんがサポートしてくれたのも心強かった。3日後には体が軽くむくみもとれ、指輪がゆるくなったのは驚き!」 一日に1食! 置き換えるだけでも効果的 携帯にも便利で、体のコンディションを整えてくれる置き換え食。満腹感もあり。(右)韓国由来の乳酸菌や漢方由来成分など24種類の成分をバランスよく配合。冷え症やめぐりが低下しやすい人にも。SKAEIN(スケイン) 30包入り¥7,980/シンセプション(左)野菜や豆類、穀物など30種類以上の食材に、美容成分のコラーゲンやビタミンCをプラス。美禅食(ゴマきな粉味) 30包入り¥3,240/ドクターシーラボ>>「50代ヘルスケア」記事一覧はこちらから撮影/久々江満(物) 山下みどり(取材) 取材・文/中島 彩 ※エクラ2022年2月号掲載
  • 老廃物が体内にたまって冷えや代謝不良を招きがちなアラフィー世代。効果が期待できる血流やリンパの流れを促す「流して出す」アプローチとしてマッサージをご紹介。【流して出す】老廃物を運搬するリンパを軽く流す習慣を!血液やリンパの流れを促すマッサージは、排出効果大! 「お風呂あがりに、全身に張りめぐらされたリンパ管をなでるように軽く流していくだけで、めぐりがよくなり排泄がスムーズに。たった30秒流すだけで、むくみも改善されますよ」(美容家 小林ひろ美さん)。お風呂あがりの“ついでに”リンパマッサージ「お風呂あがりのめぐりがいい状態(湿っているため、油分のすべりもよく吸収もいい)に、リンパ管の核となる個所の上を通るようにしてオイルマッサージしていけばOK! 簡単&短時間なのに、すっきりしますよ」(美容家 小林ひろ美さん)。オイルを手のひらになじませたら、足首から膝前を通り、足のつけ根の鼠径部(そけい)へ。次に、足首から膝裏を通りおしりへ流していく。オイルを足し、おなかをくるくる3回転。さらに片腕ずつ、手首からわきの下へなで上げる。最後に、耳の下の耳下腺から鎖骨へ流し終了。おなか以外の○で囲んだ部分をプッシュしながら流すのがポイントむくみやすい脚の“流しマッサージ”「脚がむくみやすいという人は、骨のきわにあるツボを刺激するように流しつつ、太ももは絞るようなマッサージがおすすめ。入浴後にオイルを塗って行うのが効果的ですが、気になったときにささっと流すのでも◎」(美容家 小林ひろ美さん)。《1》固まりがちな足首をほぐしていく手を握ってこぶしをつくり、まずは土踏まずをパンパンとたたく。両手で足首をつかみ、親指で交互にくるぶしをなで上げるようにもみほぐす。《2》膝裏をプッシュして水分や老廃物を流す足首から膝上に向かって流すのを5回ほど繰り返したら、リンパ管の要となる膝裏部分を中指と薬指でぐっぐっとポンプするように指圧。《3》太ももは、絞りマッサージでもみほぐす両手で、膝上から脚のつけ根の鼠径部に向かって絞り上げるように流していく。最後に鼠径部をぐーっとプッシュし、老廃物を流して完了。こちらもおすすめ!骨を強化して免疫力を強化「女性ホルモンの分泌が低下するエクラ世代は、骨を鍛えることも大切。こぶしで体を軽くトントンとたたいたり、ぴょんぴょんと跳ねるだけでも効果あり」(植物療法士 森田敦子先生)。筋肉を効率的に鍛えられるスクワット「腸を支える骨盤底筋や、大きな筋肉が集まるおしりまわりを鍛えるには、スクワットが一番効果的。気づいたときに、約10~20回を目安に行って」(植物療法士 森田敦子先生)。>>「50代ヘルスケア」記事一覧はこちらから取材・文/中島 彩 イラスト/紫芝幸代 ※エクラ2022年2月号掲載
  • 仕事でもプライベートでも、近くにいると心地がよくてどこか控えめなのに、いざというときに頼りたくなる。そして、いつでも自分らしく生きているように見える。あなたの周りにもきっといる、そんな素敵な人の話。今回は齋藤 薫さん特別寄稿をご紹介。 世の中が動きだそうとする今こそ求められているのは“圧”なき芯の強さ! 美容ジャーナリスト・エッセイスト 齋藤 薫 世間のトレンドを社会的な視点で切り取るエッセイが現代の女性たちに寄り添う。『キレイはむしろ増えていく。大人の女よ! もっと攻めなさい』(集英社インターナショナル)など著書多数。 コロナ禍で必然的に人との距離感を保てたことで、対人関係も頭の中で整理するゆとりができた。そのとき、この人とはもっとつながっていたい、そう思わせる人ってどんな人なのか。いやそもそも自分はどんな印象を人に与えてきたのか。新たな始まりを前に、ちょっと立ち止まって考えてみたいのだ。たとえば、世の中の仕組みをとことんわかりやすく描き出す韓流ドラマには、対照的な二人の女が登場する。多くの場合それは“芯の強い女”と“圧の強い女”。ヒロインはもちろん前者で、後者はいわゆる敵役。少女漫画なら、心優しい女と意地悪な女の対比になるのだろうが、社会はもう少し複雑で成熟しているから“芯と圧”の対比になる。重要なのは、ヒロインも「強い女」であること。強くないとドラマにならない、人を惹きつけることもできないからだ。一方の圧の強い女も、別の意味で影響力を持つから厄介なのだけれど。異例なのが「愛の不時着」。ヒロインは最初“圧のある女”として登場するが、北に不時着後、愛を知り、人の痛みを知って、傲慢さが抜けていく。芯の強さだけが残り、かなわぬ恋を胸に生きていくわけで、結局ハリウッド映画も含め全てのドラマが、時を超え“心穏やかな、芯の強い人”こそ、結果として人生の成功者になるという法則を描いているのだ。 Yoon Se-ri ユン・セリさん大ヒットドラマ「愛の不時着」のソン・イェジン演じるヒロイン。財閥令嬢、社長のいわゆる“強い女”から北朝鮮の軍人らとの出会いを通して変化していく。 で、この対比を“地で行く”のが、キャサリン妃とメーガン妃ではないだろうか。善い人悪い人と言うより、まさしく芯と圧の違い。キャサリン妃はたおやかに見えても、一般から王室に入る勇気と覚悟、また王室のルールに従いながらもZARAの服を公務で着てしまえる気概にも、芯の強さをのぞかせる。そもそもウィリアム王子と交際10年、途中にあった破局も、平民を妃に迎えるのはいかがなものかという声があったからとされるが、そうした苦難も乗り越え、結婚に至るのは忍耐と大らかさ、ブレない軸の勝利だろう。メーガン妃との確執報道でも、メーガンが「泣かされたのは私のほう」と言い出しても黙して語らず。黙れたり許せたりするのも芯の強さにほかならない。 奇しくもメーガン妃が圧の弊害を見せてくれたから、逆にキャサリン妃の“圧を持たない芯の強さ”が浮き彫りになった形。圧ある女は目立つが、芯は芯だけに見えにくい。時間をかけて伝わってくるもので、最近のキャサリン妃は頼もしさも加わり安定感抜群。肩の力を抜きながらも一生懸命、わずかも偉ぶらずに好感度をさらに高め、人を惹きつける力も増している。そういうものはやはり顔に出るのだろう。人を威圧しない、慈愛さえ感じさせる美しさはますますまぶしい。 Duchess of Cambridge キャサリン妃いわゆる一般家庭に育ちながら、ケンブリッジ公爵夫人として国民に支持される彼女。その親しみやすさと、伝統的な枠にとらわれない芯の強さが注目の的に。 さて、日本の女優の場合は芯までは見えにくいが、顔を見ればやっぱりわかる。石田ゆり子さん、綾瀬はるかさん、新垣結衣さんといった、役柄でも「圧を出さない芯の強い女」を演じる人たちは、そういう人柄が顔に出ている。とりわけ石田ゆり子さんの年齢を超えた活躍! ただそれも、単に人を癒す柔和さだけで築いたものではない。一方に、確かな意志をSNSなどでも発信するエッセイストの側面を持ち、まさしく内側に強い芯があって、周りをやわらかさ優しさが包んでいる人だから、あらゆる年代あらゆる価値観の人を惹きつけるのだろう。ちなみに女子アナ界で揺るがぬ人気を誇る水卜麻美アナも、人を受け止め包み込む、やわらかな笑顔の奥にしなやかな軸を感じる。 Yuriko Ishida 石田ゆり子さん女優としての活躍だけでなくSNS上での動物たちとの日常やエッセイからも、圧のなさと芯の強さがうかがえる。自分らしく年齢を重ねている姿にも支持が厚い。 Haruka Ayase 綾瀬はるかさん最近の出演作だけでも、子どもを守る母親役から、夫を支える妻、正義感の強い刑事まで、幅広く芯のある女性を演じる。自身の持つやわらかさも魅力の理由。 Yui Aragaki 新垣結衣さんドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系列)の森山みくり役をはじめ、彼女が演じる役は迷いながらも軸がブレない女性が多い。昨年は自身の結婚も話題に。 職場にもきっといるはずだ。学校のクラスにもいた。私が私がとは言わないのに、誰もが一目置き、気がつけばみんなその人が好き。でもそれはただ穏やかだからでなく、多分誰にもわからぬように人を助けるような正義感を持っているから。日常での小さな行き違いで、困った人を救ったり、誰も傷つけずに事を丸く収めたり。そういうふうに反射神経のように他者を思える心こそ、芯の強さからくるものなのだ。言い換えれば、芯の強さ=ある種の正義感、なのかもしれない。だから必要なときにはちゃんと強くなれる。強さも正義感もこれ見よがしに表に出さないのは、世の中も人間もよく見えていて「普段は優しさのほうが大切」と知っているから。そして本人も気づいていないような静かな自信を宿しているからだろう。 Asami Miura 水卜麻美さん朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)の女性初の総合司会を務めるアナウンサー。アナウンサーとして確かな技術がありながら飾らない人柄で人気を集める。 逆に人に圧を与えるのは“根拠なき自信”や“自信のなさ”の裏返し。自分を否定されたくないから先回りして相手に圧を与え、マウントする。むしろ打たれ弱い人が陥りがち。でも芯の強い人は、人に見せない自信が根っこにあるから人を許せるし、かばえるし、支えられる。聞き役にもなれるし相談役にも回れる。自分は目立たなくていいという控えめさや謙虚さも、また静かな自信の表れなのだ。でもイザとなれば自ら力強く立ち上がれる。人として素晴らしいとしみじみ思う。 20世紀までは、あるいは圧があるほうが魅力的に見えたのかもしれない。でも今や「ものより心」「地位や財産より、人との絆が大切」とされる風の時代……「強い私」を見せつけるキラキラした圧より、人には見せない物静かな強さが魅力のカギとなる。誰の心も疲れやすく傷みやすいときだからなおさら……。  今、世の中が動きだそうとしている。新たな対人関係の中で必要とされるのはまさしくそういう人。周囲を幸せにした分だけ本人も幸せになるという磁場が働く時代だけに、その人の周りにはぬくもりある幸せも集まってくるはずである。 イラスト/Asami Hattori ※BAILA2022年2月号掲載
  • ちゃんと寝ているのに疲れが取れなくてだるかったり、運動をしたわけでもないのに疲れたり。これは「脳」の疲れが原因の可能性大!☆教えてくれたのは・・・パーソナル トレーナー 鈴木孝佳さんパーソナル トレーナー 鈴木孝佳さんすずき・たかよし●会員制ジム「ビーストイック」代表。脳科学、運動科学、解剖学、生理学、栄養学に基づく身体機能改善を提案。著書『全人類、背中を丸めるだけでいい』(講談社)がTwitterで話題に。今回は『疲れない体を脳からつくるボディハック』(イースト・プレス)をもとに教わった▼現代人に多い「脳疲労」ってなに?■『呼吸とボディマップ』5つのチェックLIST 以下の①〜⑤の動きを行ってみて。 ①と②は呼吸の、③〜⑤はボディマップの状態をチェックできる。 ①&②…呼吸のチェック ③&④&⑤…ボディマップのチェック①息止め椅子に座り、ストップウォッチを用意。呼吸を落ち着かせ、鼻から少し息を吸う。ため息をつくように鼻から少し息を吐いたら、鼻をつまみ、息を止めたらストップウォッチをスタート。息を吸いたくなるまでの時間を計測。3回行い、平均タイムを出す。②ロールアップあおむけになり、タオルを肩幅で持つ。膝を閉じてくっつけたまま、足の向こうにタオルを通し、次に通したタオルを再び足がつかないように通して戻す。③指指タッチリラックスして立って腕を広げ、両手の人さし指で1本指を作る。目を閉じ、体の真ん中の上のほうで両手の人さし指の先を合わせる。下のほうでも同様に。次に、体の左側と、右側も同様に上下で指先を合わせる。④肘膝タッチよつんばいになり、両足の爪先を床から離す。右腕と左脚を伸ばし、右肘と左膝を3回くっつける(肘と膝を見ずに行う)。次に、左肘と右膝を3回くっつける。⑤閉眼片足立ち右足を上げて片足立ちをし、目を閉じる。そのまま20秒キープ。次に、左足を上げて同様に。ブラトップ¥4,950・レギンス¥6,820/アマテラス(テン)【Marisol 10月号2021年掲載】撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/木村三喜 スタイリスト/程野祐子 モデル/SOGYON 取材・文/和田美穂
  • ちゃんと寝ているのに疲れが取れなくてだるかったり、運動をしたわけでもないのに疲れたり。これは「脳」の疲れが原因の可能性大。現代人に多い、こんな頑固な疲れの種類と要因をパーソナルトレーナー・鈴木孝佳さんが解説!☆教えてくれたのは・・・パーソナル トレーナー 鈴木孝佳さんパーソナル トレーナー 鈴木孝佳さんすずき・たかよし●会員制ジム「ビーストイック」代表。脳科学、運動科学、解剖学、生理学、栄養学に基づく身体機能改善を提案。著書『全人類、背中を丸めるだけでいい』(講談社)がTwitterで話題に。今回は『疲れない体を脳からつくるボディハック』(イースト・プレス)をもとに教わった自律神経の乱れからくる「脳疲労」が現代人の疲れの要因 疲れない体をつくるために、まず知っておきたいのが、疲れの種類。 「運動など体を動かして生じる疲労は末梢性の疲労です。一方、体を動かしてないのに生じるのが中枢性の疲労で、現代人に多い疲労はこちら。これは脳の疲れのことで、原因は自律神経の乱れ。自律神経には、心身をONモードにする交感神経と、OFFモードにする副交感神経があります。本来、副交感神経が優位になるべきOFF時間にも働いたりスマホを見たりしてしまうと、交感神経が優位になり、脳が休まりません。ON/OFFのスイッチがチグハグになり、脳に負荷がかかり続けることで、疲れが取れにくくなるのです」  この脳の疲労には呼吸も関係が。 「現代人の多くは猫背で、厳密には腰は反っていて首と頭が前に出た状態です。自律神経は背骨に沿って走っているので、腰が反っていると交感神経が常に刺激され、脳疲労を招きます。そのうえに猫背だと息を吐きにくくなり、息を吐く量より吸う量が多すぎる過呼吸になりがち。また、口呼吸になると呼吸の全体量が増加すると酸素と二酸化炭素のバランスが悪くなり、結果的に脳に酸素が行き渡らず脳疲労を招くのです」  さらに脳疲労の要因には〝刺激の偏り〟も関係しているそう。 「長時間座りっぱなしで、スマホやパソコンを見てばかりいると、運動不足で体の機能や感覚は衰えているのに対し、視覚から得る情報量は過剰に。このように刺激が視覚に偏った状態だと、脳が自分の体がどこにあるのかを認識できない〝体が迷子〟状態になります。例えば足の小指をベッドなどにぶつける人は多いと思いますが、これは物と自分の体との距離を判断するバランス感覚が衰え、脳内のボディマップがぼやけた〝体が迷子〟状態。こうなると安全が確保できないので、心身が常に緊張して交感神経が優位になり、脳が慢性的な疲労を起こすのです」  つまり過呼吸や口呼吸、刺激の偏り、体が迷子の3つを正すのが疲れ解消のカギ。まずは以下のページで自分の体のどこに問題があるかをチェック! ▼『呼吸とボディマップ』 5つのチェックリスト《 疲労には2種類ある! 》 ① 中枢性=脳の疲れ ② 抹消性=運動した時の疲れ 現代人は ①中枢性の疲れ= 自律神経の疲労が多い! 現代人には、交感神経が優位な状態が続くことで脳が休まらずに生じる、中枢性の疲労が多い。\現代人の脳疲労を招く要因はこの3つ!/ 3つの不健康現象に、心当たりはありませんか? 以下の3 つが、交感神経をオンにし続け、脳を疲れさせる要因。心当たりがある人は要注意。猫背だと口呼吸になりやすく、吐くより吸う息の量が増えて過呼吸になりがち。また、現代人は常に交感神経が優位で呼吸が浅くなりやすく、この理由からも過呼吸になりやすい。過呼吸になると酸素と二酸化炭素のバランスがくずれ、酸素がうまく体中に運ばれず、脳にも行き渡りにくくなり脳疲労を招く。体を動かさずに、スマホやパソコンばかり見ている現代人は、刺激が視覚に偏っている。インプットとアウトプット(行動)のバランスが取れていれば脳と体の健康が保たれるが、視覚によるインプットが過剰な状態では脳が休まらず疲弊してしまう。刺激が視覚に偏っていると、バランス感覚や深部感覚など、ほかの感覚が衰える。すると脳の中の体の地図=ボディマップが乱れ、自分の体を正確に動かせなくなるため、安全を確保できないので心身が常に緊張。交感神経が優位になり、疲労のもとに。【Marisol 10月号2021年掲載】撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/木村三喜 スタイリスト/程野祐子 モデル/SOGYON 取材・文/和田美穂
  • 老廃物が体内にたまって冷えや代謝不良を招きがちなアラフィー世代。効果が期待できる血流やリンパの流れを促すマッサージに使用する「流して出す」アイテムとは? 3名の先生&美容家の小林ひろ美さんが厳選したのはこれ!教えてくれたのは…松倉クリニック 表参道 田路めぐみ先生松倉クリニック 表参道 田路めぐみ先生形成外科専門医、日本抗加齢医学会専門医。栄養やホルモンの観点からも診療。患者の状態に合わせた柔軟な治療が得意。https://www.matsukura-clinic.com/まいこホリスティック スキンクリニック 山崎まいこ先生まいこホリスティック スキンクリニック 山崎まいこ先生まいこホリスティックスキンクリニック院長。栄養素の消化・吸収と腸内環境にまで着目した酵素栄養学を修得し、 ホリスティック医療を行う。https://mhs-cl.com/植物療法士 森田敦子先生植物療法士 森田敦子先生日本における植物療法の第一人者。フランスのパリ13大学で植物薬理学を学んだのち、日本に植物療法を広めながら、商品開発や産前産後から介護までさまざまな分野で活躍。【流して出す】老廃物を運搬するリンパを軽く流す習慣を!血液やリンパの流れを促すマッサージは、排出効果大! 「お風呂あがりに、全身に張りめぐらされたリンパ管をなでるように軽く流していくだけで、めぐりがよくなり排泄がスムーズに。たった30秒流すだけで、むくみも改善されますよ」(美容家 小林ひろ美さん)。また、運動によって筋肉量を増やし、流れのいい体に導くことも大切。「骨盤底筋やおしりまわりの筋肉に、ほんの少し負荷をかけるだけで十分。運動した際に筋肉から分泌される“マイオカイン”という成分により、脂質代謝や免疫を上げる効果が期待できます」(森田敦子先生)。《排出力を高めるマッサージオイル》「酸化しにくいオレイン酸を90%も配合。また、浸透がよく、めぐりを上げる効果の高いオイルをブレンド」(美容家 小林ひろ美さん)。 セブンフロー ハーブサーキュレイトオイル 150㎖ ¥7,150/美・ファイン研究所植物のパワーがつまったオイル。気の流れをスムーズにし、心のバランスまで調整。 ボディオイル バランス 100㎖ ¥3,960/ワフィトセルライトにも効果的。 ホワイトバーチ ボディオイル グレープフルーツの香り 100㎖ ¥4,180/ヴェレダ・ジャパン「マジョラムの精油は加温作用が高いうえに、リラックス効果も秀逸」(森田敦子先生)。ホホバオイルなどをベースに混ぜて使用。エッセンシャルオイル マジョラム 5㎖ ¥2,970/モンサンミッシェル>>「50代ヘルスケア」記事一覧はこちらから撮影/久々江満(物) 取材・文/中島 彩 ※エクラ2022年2月号掲載
  • アラフィー世代は、老廃物が体内にたまって冷えや代謝不良を招きがち。そこで排出環境を整え、有害物質がたまりやすい頭皮ケアと「温めて出す」アイテムをご紹介。3名の先生&美容家の小林ひろ美さんが厳選したのはこれ!教えてくれたのは…松倉クリニック 表参道 田路めぐみ先生松倉クリニック 表参道 田路めぐみ先生形成外科専門医、日本抗加齢医学会専門医。栄養やホルモンの観点からも診療。患者の状態に合わせた柔軟な治療が得意。https://www.matsukura-clinic.com/まいこホリスティック スキンクリニック 山崎まいこ先生まいこホリスティック スキンクリニック 山崎まいこ先生まいこホリスティックスキンクリニック院長。栄養素の消化・吸収と腸内環境にまで着目した酵素栄養学を修得し、 ホリスティック医療を行う。https://mhs-cl.com/植物療法士 森田敦子先生植物療法士 森田敦子先生日本における植物療法の第一人者。フランスのパリ13大学で植物薬理学を学んだのち、日本に植物療法を広めながら、商品開発や産前産後から介護までさまざまな分野で活躍。【温めて出す】毎日、内臓をしっかり温めて、代謝のいい体に「体温が高い人ほど代謝がよく、細胞の活動エネルギーが高いため、排出力も上がってくる」と、田路めぐみ先生。森田敦子先生いわく、理想の体温は36・6℃。そのために日々できることは、シャワーで済まさずめぐり系の入浴剤を入れた湯ぶねにつかること。また、「酵素風呂や遠赤外線効果のある岩盤浴、婦人科系の悩みがある人はよもぎ蒸しも効果的。肌表面だけでなく、腸や肝臓、腎臓などの排出機能を担う内臓をしっかり温めるようにしてください。芯が温まったサインは、さらりとした汗が出ることです」と、山崎まいこ先生。頭皮毛穴に詰まった有害物質を排出《頭皮蒸し》実は有害物質は頭皮にたまりやすい。特に銀歯がある人や大きな魚をよく食べる人は要注意!「頭皮の毛穴が詰まると、体外に排出されるべき有害物質が蓄積しがちに。毛穴の掃除方法は、週に1~2回、デトックス系のオイルをなじませたあとに、マッサージでゆるめつつホットタオルで蒸すのが効果的」(美容家 小林ひろ美さん)。《1》頭頂部からゆるめていく乾いた頭皮にオイルを塗り込み、指の腹で円を描くように頭頂部をもみほぐす。《2》耳まわりをほぐし、頭皮を引き上げ数回円を描くように耳まわりをほぐしたあと、頭の中心に向かってゆっくり引き上げる。《3》ホットタオル巻きでスチーム蒸しホットタオル2枚で頭を包み、キャップをして約5分。その後洗い流してシャンプーを。(右)熱を伝えやすい植物油がベースで、頭皮のめぐりがアップ。スキャルプ&ヘア トリートメント リムーバー 60㎖ ¥5,280/THREE (左)排出を促す植物オイルを配合。頭皮のハリケアも。ジョジアンヌ ロール エッセンスキャピロール AC 28㎖ ¥9,240/ビューティーハウスヘルシー有害物質を排出する毛穴ディープクレンジング頭皮にたまった汚れや有害物質を、オリジナルの機器で絞り出すようにバキュームしてディープクレンジングするのが、こちらの施術。施術後は、なんと尿中への有害物質の排出効果が高まるという実証データも!オリゴスキャンで体内の有害物質を数値でチェック体内のミネラル&有害金属を短時間で測定できる「オリゴスキャン」を行い、医師によるカウンセリングを実施。大森Dr.のカウンセリングと「オリゴスキャン」検査¥16,500手のひらに当てるだけ!サロン・ド・リジュー毛穴ディープクレンジング・スタンダード¥17,600●東京都港区南麻布5の15の9バルビゾン70番館2F☎03・5793・3359https://www.salon-de-rejue.com/>>「50代ヘルスケア」記事一覧はこちらから撮影/久々江満(物) 山下みどり(取材) 取材・文/中島 彩 イラスト/紫芝幸代 ※エクラ2022年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND