完売した別注カラーを復刻!「SUS×éclat」のスリッポンを今こそ手に入れて

Web eclat

SUS×éclat スリッポン

※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
履き心地抜群でもうほかのスニーカーには戻れない、と話題の一足。コーディネートしやすいと人気だった完売カラーのグレージュを、ラブコールにお応えして復刻!包み込まれるような足入れで、返りがよくグリップが効きやすい改良ソールを採用。格段に進化した歩きやすさも見逃せない!
履き口の肌当たりが柔らかく、素足で履いても快適。ソールの白との配色がモダン。




お買い物上手なJマダムはみんなもう使っている\\デジタルカタログ// 雑誌を読む感覚でページをスライド、欲しいと思ったら ワンクリックでポチっと簡単に買える! 便利な【デジタルカタログ】でじっくりラクラクお買い物!
撮影/渡辺謙太郎 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/RINA 取材・文/発田美穂
関連記事
  • 「バンドカラーシャツ」は、真冬に効くクリーンさと、それだけではないブラウスのような可愛げもあるシャツだから。いつものコーディネートに重ねるだけでぐんと新鮮に。今回は「ストライプ」「ハーフスリーブ」「フリル」のひとクセのある3タイプをスタイリング。 着たのはこれ!【7枚で作る、マンネリ知らずの着回し実用書】 バンドカラーシャツ一枚だけで奥行きも幅も出せる 《ストライプシャツ》 凜としたストライプが効かせ役。カーデ×パンツに知性と軽やかさを着るだけですっと背すじが伸びるストライプシャツは通勤シーンにお役立ち。だけど気張った感じのないバンドカラーだからカーデ×パンツと合わせても堅苦しくならず、足もとに色をさす遊び心ともよく似合う。カーディガン¥46200/スタニングルアー 新宿店(スタニングルアー) パンツ¥17600/アンクレイヴ シャツ¥34100/ロンハーマン(オーラリー フォー ロンハーマン) コート¥37400/アンクレイヴ メガネ¥34100/モスコット トウキョウ(モスコット) バッグ¥46200/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥15950/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 《ハーフスリーブシャツ》 日常のドレスアップ気分はシックな色であくまで大人っぽく体をふわりと包み込むエフォートレスなシルエットの半袖シャツをタートルニットに重ねるだけで、いつもの日にも少しのドレスアップ気分を。つるんとしたサテンとマットなウール。色は同じトーンでまとめつつ異素材をかけ合わせることで、重たくなりがちな冬コーデをリズミカルに、軽快に見せるのもおしゃれ上級者の証。タートルニット¥2990/ユニクロ スカート¥41800/ボウルズ(ハイク) シャツ¥23100/インターリブ(サクラ) バッグ¥36300/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥43450/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) 《フリルシャツ》 首もとに小さなフリルをチラ見せ。淡色ワントーンに媚びない可愛げをバンドカラーに細いフリルをあしらったシャツは大人にちょうどいい可愛げ。立体感が出るからクルーネックニットとの重ね着がきれいに決まるし、着慣れると“やや地味かも”と不安になりがちなニュアンスカラーコーデがほんのり甘く印象的に。ニット¥19800/ステュディオス カスタマーサポート(シティ) スカート¥27500/インターリブ(サクラ) シャツ¥14300/ラ トータリテ 有楽町マルイ店(ラ トータリテ) コート¥59400/ステュディオス カスタマーサポート(シティ) バッグ¥40700/ヴァジックジャパン(ヴァジック) 靴¥26400/グラビテート(カミナンド) 撮影/遠藤優貴 ヘア&メイク/木部明美〈PEACE MONKEY〉 スタイリスト/佐藤佳菜子 モデル/佐藤晴美 取材・原文/野崎久実子 ※BAILA2022年2月号掲載
  • 石上美津江のフレンチシックLESSON−レオパード編長く愛せるおしゃれのベースはここにある! モア世代がマスターすべきフレンチシックについて、石上さんが語る連載。今回は「レオパード柄」を今どう着るか、についてです。シンプルスタイルに合わせるのが定番だった柄は、少し大胆に使ってみればぐんとこなれだす、そんなお話です。レオパード柄を気負わず取り入れる昔のフランスの映画を観ていると、レオパード柄のアイテムを身につけている人が出てくることが多くて。その役がちょっぴり生意気だったり、ちゃめっけがあったり。そんな雰囲気で着こなす人って、色っぽくて素敵だな、とずっと憧れています。(石上さん、以下同)ボトムをレイヤードさせれば印象の強い足もとも浮かないスタイルに靴¥15950/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) スウェット¥12100/スピック&スパン ルミネ有楽町店(スピック&スパン) Tシャツ¥8800/ゲストリスト(アッパーハイツ) ジャケット¥63800/グッドスタンディング(リノ) スカート¥14300/カイコー パンツ¥16500/ROPÉ イヤリング¥3520(シロカニペ)・リング¥13750(ベベット)・ブレスレット¥44000(ドーラ)/ロードスレオパード柄は、強かったり、派手だったりちょっと難しそうなイメージを持たれがち。だからシンプルな服に小さく合わせるようなスタイリングが定番でしたが、今、そこから少しだけ飛び出してみるような合わせ方に、ぜひトライしてほしいんです。たとえばフラットシューズで取り入れるなら、パンツにレースをレイヤード。厚みのあるケーブルニットの素材感が柄のスカーフをやわらかく受けとめてくれるスカーフ¥9900/マニプリ ニット¥7975/フリークス ストア渋谷(フリークス ストア) メガネ¥51700/アイヴァン 7285 トウキョウ(アイヴァン 7285) イヤリング¥15400/ロードス(ラフンタンブル) 白いトップスにスカーフでさすならば素材感のあるケーブルニットを。こんな感じで、シンプルにつくりすぎずちょっと足し算してみるのがオススメです。きれいすぎない、力の抜けたアイテムでレオパード柄の新しい魅力を引き出してコート¥12980/フリークス ストア渋谷(フリークス ストア) シャツ¥18700/マイカ アンド ディール 恵比寿本店(マイカ アンド ディール) Tシャツ¥10780/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) パンツ¥31900/ボウルズ(ハイク) 靴¥35200/ゲストリスト(ルチェンティ) バッグ¥10890/ビリティス(ビリティス・ディセッタン) 帽子¥11000/キジマ タカユキ イヤリング¥4398/Re:EDITそして、デニムを組み合わせたラフなコーディネートにばさっとコートをはおってみる。きれいすぎるものにきかせると存在感の強いレオパード柄が悪目立ちしてしまうこともあるけれど、気負わず、少し大胆な組み合わせで着れば意外とコーディネートになじみ、しゃれ感がぐっと増す気がしています。難しいと感じているものでも、当たり前から少し視野を広げるとすっとうまくいくことがあって。レオパード柄でぜひそれを感じてみてください。MITSUE ISHIGAMI『MORE』や『LEE』などで活躍するスタイリスト。フレンチシックが得意で、シンプルな中に可愛げや女らしさのあるスタイリングにファン多数。『きのう何食べた?』の映画を観て、最近またドラマを観返し、とても気持ちがなごんでいるそう。 ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ >>【関連記事】素敵な人はネイビーを着こなす【石上美津江のフレンチシックレッスン】>>【関連記事】2021秋冬のGジャンはレイヤード前提で更新!【石上美津江のフレンチシックレッスン】撮影/石田真澄 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/岸本セシル スタイリスト/石上美津江 企画・原文/渡辺真衣(MORE) ※掲載商品の発売時期については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • デザイン性の高いレザーのミニバッグは、着こなしがピリッと引き締まる即効性がクセになる。小さな面積ゆえ、きれい色や凝ったディテールなどにもトライしやすい。自分のフィーリングに合うもので個性を引き立てて。ロングコートのキレをよくする今どきのスピード感1.大人のおしゃれ心を感じる、冬のかごバッグ。グレージュのレザー製ならリッチ感もありすんなり取り入れられる。メイドインジャパンのていねいなつくりに定評のあるブランド。バッグ(17.9×28×15)¥38,500/アルファ PR(アエタ)2.ここ数シーズン人気のクロワッサン形。ツイストのディテールとぱっきりしたパープルがアクセントに。軽くソフトで一日中斜めがけしても疲れにくい。バッグ(15×20×8)¥49,500/エスケーパーズオンライン(へリュー)3.レモンイエローのミニバッグは、ベージュバッグの感覚でコーディネートすればOK。定番カラーの手持ちコートがフレッシュな表情に。バッグ(12×18×5)¥35,200/シジェーム ギンザ 心斎橋店(メアリオルターナ)4.冴えたグリーンの色みが新鮮。レザーを大きく編んだスクエアフォルムで、上部のリボンをほどくと放射状に口が開くつくりも愛嬌たっぷり。バッグ(21×14×14)¥37,400/エストネーション(メアリー オルターナ)5.バケツ型のミニバッグに、ポーチとカードケースがチャームのように連なって。オーバーサイズのコートに効かせて歩きたい。バッグ(17×18×10)¥31,900/アマン(アトリエ アンボワーズ)>>「バッグ」の記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(モデル) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/LIZA 取材・原文/三尋木奈保 ※( )内の数字は編集部で計測したバッグのサイズで、(縦×横×マチ)、単位は㎝です。 ※エクラ2022年2月号掲載
  • 私服がいつも素敵なおしゃれプロの「Myベーシック」なコーディネートを拝見。スタイリストの小川ゆう子さんは、個人的にもずっと好きなレイヤードに注目。重ね着アイテムの選び方や、合わせ方のコツもぜひ参考に。「昔からレイヤードスタイルが好き。今季は特に重ね着アイテムのバリエーションが広がって楽しい!」小川ゆう子さん(スタイリスト)「レイヤードは今季トレンドということもありますが、個人的にもずっと好き。いろいろな服を重ねることで、おもしろい発見があるんです。今季は、ボウタイやデニムシャツ、パーカ、ジャケットなどアイテムの幅が広いので、テイストMIXの重ね着を楽しんでいます」Item list Jacket:Maison Margiela Cardigan:THE HANDSOMEShirts:THE HANDSOMEInner:INSCRIREPants:ShinzoneBag&Shoes:Maison Margiela 薄手カットソーの上に、シャツ、ニットカーディガン、ジャケットと4枚を重ねた上級者スタイル。「色のトーンを統一するのが、無理なく上手にレイヤードする秘訣。アウターは重ね着前提でビッグシルエットを選ぶことが多いですね」。この日もメンズのジャケットを。「ジャケット」に関する記事一覧>>撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/TOMIE 取材・原文/東原妙子 ※エクラ2022年2月号掲載
  • カブり買い&イロチ買い多めの人気アイテム!ユニクロのボーダーオーバーサイズT(長袖)の魅力とは? 話題の春ボーダー、ユニクロのボーダーオーバーサイズT(長袖)。6色ある中から、100人隊が買ったカラーとは? サイズ感や着心地は? それぞれのコーディネート例とともにご紹介します! 1:【かぶり買い】私もUNIQLOオーバーサイズボーダーTを買いました♡<65 BLUE・11 PINK> 「100人隊に人気のUNIQLOのボーダーサイズオーバーT、実は私も買っていました! 選んだ色は新色のブルーとピンク。160cm、ウェーブ体型で、Mサイズは袖の長さが手の甲にかかるくらい、Lサイズは指が半分隠れるくらいの長さ」 「袖の長さだけでいうと、Mサイズでも十分かなぁと思ったのですが、身幅やお尻がすっぽり隠れる長さの着丈など、Lサイズの方がセレクトショップに並んでいるもののようなトレンドっぽいサイズ感かなと感じました。公式サイトによるとMサイズとLサイズでは、着丈は3cm、裄丈は2cm、身幅はぐるりで6cm程差があるようでした(※物によって多少の個体差があるかもしれません)」 「Lサイズのボートネックの空きは25cm。結構広めなので、一枚で着る時のインナーは首空きが大きいものがよさそうです」 「あったかくなったら一枚でマリンパンツに合わせたり、ラフにデニムと合わせて着てみたい!」 「今の時期から着るなら下にタートルを仕込んでオールブラックなアイテムと合わせたり」 「デニムシャツを仕込んでもよさそう」 2:【ユニクロ】新色ボーダーで今から春まで妄想コーデ<65 BLUE・11 PINK> 「春カラーの服をユニクロで購入しました。実は昨秋にこちらの色違いを購入したのですが、先日新色でピンクが出たと知り、可愛い!!と一目で購入を決めました。一緒に出たブルーも、色々なブランドのバスクシャツで見ていて、いつか欲しいな〜と思っていたカラーなので、迷わずお買い上げ(笑)。もともとオーバーサイズな作りなのでMでもゆったりなのですが、ウエストのあたり等よりゆとりを持って着たくてLにしました」 「コットン100%の天竺素材だそうで、ハリがあって薄すぎず厚すぎずの程よい厚み。風通しも良いので季節を問わず着られますし、しっかりした生地なのとオーバーサイズという旬のサイズ感で、サラッと1枚でもキマります」 「まずはピンク。身長160cmでLサイズを着用しています。大好きなピンク×カーキの組み合わせ♡ お尻も隠れて安心の丈です」 「ブルー×ホワイト。ホワイトのワイドパンツを合わせて、マリンコーデ。足元の赤ソックスをポイントに。好きなんです、差し色の赤♡ 黒のベレー帽でフレンチっぽく。これ、1番好きなコーデかもです。これにショールとか巻きたいなぁ。ショールのコーデ研究中です」 「ブルー×ベージュ。タックインしても◎。このブルーのボーダーを手に取った時、真っ先に頭に浮かんだのがこのスカートでした」 3:【ユニクロ】ボーダーTをかぶり買い&低身長コーデ<65 BLUE> 「着まわし抜群ボーダーオーバーサイズT! シンプルに縦を意識したコーデ。学生時代に買ったマークルビアンのシルクタイトスカートと合わせました。SESTOのブーツとの相性もよき」 「フリルブラウスをインして甘々コーデ。こちらも学生時代から着ているアニエスのスカートに、ファビオルスコーにのロングブーツで」 「Gauze#のルーミーパンツに、エアリフトを合わせました。寒かったのでジムフレックスのベストを羽織って。まだまだ寒いけど、確実に気持ちも春に向かってます♡」 4:【UNIQLO】私もボーダーオーバーサイズTを買いました<65 BLUE・11 PINK> 「今回わたしが購入したカラーは、ブルーとピンクです。春に向け、明るい色が着たくなり購入しました。サイズはMです」 「さっそくコーデを考えてみる」 「他には、ロングスカートにも合わせてみたいなと思っています♡」 5:【ユニクロ】旬のオーバーサイズTを購入♡<01 OFF  WHITE・17 RED> 「最近、オーバーTシャツが気になっていて、ユニクロ行った時に見つけて購入しました♡ 使い勝手良さそうだったので色違いで2点購入しました。私が購入した色は、01OFF WHITEと17REDです。ボートネックは、首や顔周りをすっきり見せてくれますよね。今ですと、インナーにハイネックやシャツを入れてもよいですね。スリットが入ってることで、程よい抜け感が出ますよね。着こなしのアレンジも自在ですね♪」 「ボーダー×つけ襟なので甘すぎることなく、カジュアルスタイルになりますね♡ 付け襟をプラスすることでコーデの幅もかなり広がりますよ♪」 「きれいめカジュアルコーデに。ジャケット着るとキチンと感が出ますね」 「首元にバンダナプラス」 「カーディガン肩がけでこなれ見えに」 「ベストをプラス、レイヤードスタイル。ニットベストは、いつものコーデにプラスするだけで、旬なレイヤードコーデが楽しめておすすめです♡ トレンドのオーバーサイズで今年らしい着こなしにはかかせないTシャツになりそうです!」 5人それぞれの着こなし方、とっても参考になります。寒い季節は重ね着で、春になったら一枚で。大活躍間違いなしのボーダーTですね!
  • 着回し力が問われる、旅の装い。そんな旅先できちんと感が必要な時、ポイントになるのが大人っぽさのあるシックな配色。おしゃれプロたちに、色使いの極意を教えてもらいました。 旅先でのきちんとしたきれいめコーデ■旅ではシックなカラー&美シルエットのワンピースはマストカオス ディレクター 櫛部美佐子さん (@mimimimi.m)シルエット美人のワンピースは必須 「ウールバランサー素材のこのワンピースは縦糸にナイロン糸を使用している為シワになりにくい特徴があるので旅行には必ず1点は持っていきます」 ワンピース/カオス ロングブーツ/ペリーコ×カオス バッグ/メゾン マルジェラ ブレスレット/アダワット トゥアレグ 「何と言ってもシルエット美人のこの形は着ていても気分が上がりストレッチもあるので本当に便利です!」    「美シルエットのワンピースにはメゾン マルジェラのクロスボディバッグを合わせます」■ラフな風合いで上品なダッフルコートで イレーヴ プレス 岡本優美子さん (@yleve_isetan_shinjuku)モノトーンでまとめてラフな装いをシックに 「定番ダッフルコートを羽織ったモノトーンコーディネートは大人な旅行にぴったり。シャツとタートルを合わせて、ラフなスタイルながらもこなれたムードに。小物も合わせて黒で合わせて統一感を持たせます」 コート・シャツ・インナーに着たタートル・パンツ/YLÈVE  バッグ/MIMI リング/blanc iris「アクティブに動きたい国内旅行はスニーカーと合わせて。フーディーのボリューム加減gが程よく、大人カジュアルに仕上がります」「旅行に持って行くバックは斜め掛けもできる少し大きめサイズで。ベーシックカラーのコーディネートに欠かせないシルバーアクセは存在感のあるリングを選びます」 ■優しい色とディテールでメリハリをきかせたスタイル サードマガジン  PR 中山彩子さん (@saikoinsta)旅行先でのディナーをイメージした装い 「ウールジャージ素材なのでしわになりづらく旅行先のオンスタイルにぴったり。ミルクティのような優し気な色合いも冬の夜に映えます」  ワンピース/THIRD MAGAZINE バッグ/エルメス 靴/マノロ ブラニク「シンプルな装いですがフロントのディテール、バックのリボン使いでメリハリあるシルエットに」text:Tomoko Kawakami▼合わせて読みたい
  • 冬のこなれスタイルのお手本は、パリ&ミラノにあり! 自分らしさを一番に、トレンドを軽やかに楽しむ最新コーデが街中に。今回は、そんなマダムたちの足元をキャッチ。シンプルスタイルに、ボリューム感ある「ブーツ」を合わせるバランスが新鮮!キャロリーヌ(空港勤務・パリ)今年人気のチェルシーブーツ。コペンハーゲン発のビリビは、エッジの効いた厚いソールをアップデートした一足。オリジナルのブラウンの縁取りは、デニムとの相性もよさそう。エステル(プロデューサー・ミラノ)タータンチェックコートをゆるく着て女性らしいムードを醸し出していたマダム。ブラックデニムにJWアンダーソンのチャンキーソールのサイドゴアで足もとはマニッシュに。クレール(編集者・パリ)レザーのマウンテンブーツをふだん使いにも活用。クラシックなデザインが今また新鮮! だそう。デニムを合わせたカジュアルスタイルはもちろん、コーディネートの幅が広がる。>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧[パリ]撮影/Mari Shimmura 取材・原文/Shoko Sakai [ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadama ※エクラ2022年2月号掲載
  • SHOPMarisolスタッフが自信をもっておすすめ! 出来る女に見える!!「DRESSTERIORのお仕事服」 国産の技術やこれまでのデザインは継承しつつ、 より着心地よく、撥水の機能も追加されたブランドの定番のトレンチコートとジレ&ジャケット&パンツの同素材シリーズをご紹介。コンサバになりすぎない、おしゃれお仕事着として活躍してくれる事間違いなしです! DRESSTERIOR一覧はこちら ブランドの定番であるトレンチコートを改めて再解釈した一枚 世界でもトップクラスの技術を誇る、トレンチコートの縫製で名高い青森県にある工場にて生産しています。 「胸もとには細やかなダブルストームフラップ(ガンフラップ)や顔回りが華やかに見える大きめの衿ディテールなど、ドレステリアならではのデザインを継承しています。一般的なトレンチコートの袖は2枚袖ですが、ドレステリアの袖は前振りの3枚袖。腕を上げやすく、動きやすいメリットがあるトレンチコートです。今シーズンからウエストベルトが抜けないよう、左脇ベルトループにタブを追加。更に撥水加工も携え、より着心地と機能性に富んだ一枚になっています。」 流行にまどわされない正統派の着こなし モデル情報:身長175cm B80 W60 H88 着用サイズ:38 薄手のニットやブラウスの上から羽織りやすいサイズ感なので、春先や秋口に着用できます。やや長めの着丈で、テーパードパンツやプリーツスカートなど、アイテム、テイスト問わず着まわしやすいコートです。 BrandDRESSTERIOR (ドレステリア) Itemコットンシャンブレートレンチコート price¥99,000 color ベージュ 詳しく見る フーディをインしたカジュアルダウンコーデ モデル情報:身長175cm B80 W60 H88 着用サイズ:38 撥水コットンシャンブレーを使用。上品な光沢と程よいハリ感があり、カジュアルアイテムとコーディネートしても、ラフになりすぎず大人の着こなしを可能に。足元はスニーカーとコーデしてもGOOD! BrandDRESSTERIOR (ドレステリア) Itemコットンシャンブレートレンチコート price¥99,000 color  ベージュ 詳しく見る テーラードロングジレ 一点投入でオシャレ見えする優秀アイテム 「アームホールが大きめになったデザインは横顔が印象的に映えるうえ、袖にボリュームがあるトップスでもレイヤードしやすいのがポイント。体を丸く包み込むようなゆとりのあるシルエットやヒップまで隠れる長めの着丈は安心感があり、体のラインが気になる方にもおすすめできます。胸もとのボタンをはずすと、すっきりとしたネックラインになるのもうれしい。まわりに差がつく一着をお探しの方にぜひ!」 同素材のパンツとあわせてクールな印象に モデル情報:身長175cm B80 W60 H88 着用サイズ:38 マニッシュでモードな印象のロングテーラードジレ。メンズライクな印象ですが、すっきりとしたシルエットに細めの襟が華奢で女性らしい雰囲気です。ウエスト脇側の横切り替えが腰の位置を高く見せてくれるので、バランス良く着られます。サイドにはスリット開きを入れているので、ロング丈ながら抜け感があり、軽く見えるのもポイントです。 Brand DRESSTERIOR (ドレステリア) Itemテーラードロングジレ price¥37,400 color オリーブグリーン、ブラック 詳しく見る スカートとコーデしてフェミニンによせる モデル情報:身長175cm B80 W60 H88 着用サイズ:38 フェミニンなブラウスやプリントTシャツをインナーにしたセットアップでモードな雰囲気に。ワンピースやプリーツスカートに合わせた、上品で大人っぽいスタイリングもおすすめです。 Brand DRESSTERIOR (ドレステリア) Itemテーラードロングジレ price¥37,400 color オリーブグリーン、ブラック 詳しく見る 洗えるボタンレスピークドラペルジャケット モードな釦レスジャケットはスタイリング次第でオンにもオフにも活躍! 「毛羽が少なく、綺麗な表面感とドライな風合いの生地を使用。程良いストレッチ性があり、軽い着心地です。水洗いが可能なのも嬉しいポイントです。」 勝負の打合せはブラックのセットアップで モデル情報:身長175cm B80 W60 H88 着用サイズ:38 程良くゆとりのあるシルエットのジャケットを、ピークドラペルで少し辛口な印象にしたジャケット。ボタンレスでモードな雰囲気もあります。ポケットや襟の切り替えの位置、角度など、着た時にバランスが良く見える様にこだわりました。軽く羽織るだけで様になる一枚です。 Brand DRESSTERIOR (ドレステリア) Itemボタンレスピークドラペルジャケット price¥35,200 color オリーブグリーン、ブラック 詳しく見る ボリュームスカートと合わせるとまた違った表情に モデル情報:身長175cm B80 W60 H88 着用サイズ:38 ワンピースやプリーツスカート、ボリュームスカートに合わせて羽織った、上品で大人っぽいスタイリングもおすすめです。チノパンツやデニムでカジュアルダウンするのも素敵です。 Brand DRESSTERIOR (ドレステリア) Item ボタンレスピークドラペルジャケット price ¥35,200 color オリーブグリーン、ブラック 詳しく見る ソフトテーパードパンツ 一本あればワードローブの強い味方に! 「毛羽が少なく、綺麗な表面感とドライな風合いの生地を使用。合繊素材特有のふかつきやもったり感の無い、着心地の良い素材です。ストレッチ性に富み、軽い着心地も特徴。プレーンな表情の素材なので、きれいめにもカジュアルスタイルにも活躍します。」 セットアップでシャープなスタイリング モデル情報:身長175cm B80 W60 H88 着用サイズ:38 スッキリとしたシルエットのテーパードパンツ。着用時はきれいめな印象ですが、後ろウエストにゴムを通しているのでリラックスした着心地です。同素材のジャケット、ロングベストとセットアップでの着用もおすすめです。 Brand DRESSTERIOR (ドレステリア) Itemソフトテーパードパンツ price¥18,700 color オリーブグリーン、ブラック 詳しく見る パンツのきれいなシルエットを活かした大人カジュアル モデル情報:身長175cm B80 W60 H88 着用サイズ:38 ボーダーニットやロゴスウェットなどカジュアルなトップスと、パンツのきれいなシルエットを活かした大人カジュアルなスタイリングも素敵です。 Brand DRESSTERIOR (ドレステリア) Itemソフトテーパードパンツ price¥18,700 color オリーブグリーン、ブラック 詳しく見る DRESSTERIOR一覧はこちら SHOP Marisol TOPへ The post 出来る女に見える!!「DRESSTERIORのお仕事服」 first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
関連キーワード

RECOMMEND