あの感動をもう一度!超人気「韓流ドラマ8選」【人気記事週間ランキングTOP10】

Web eclat

 第1位 

【ファッション】

【収納力とサイズ感が秀逸なミディアム財布①】手になじむフィット感!気分上がる3アイテム

新年に気分を変えたいと思ったら財布の買い替えを!ここ数年、使いやすさで人気を集めている「ミディアム」サイズの財布。サンローラン、エルメス、フェンディから、大きさも機能もちょうどいい逸品を厳選。

 第2位 

【ファッション】

【大人気ハイブランド財布3選】新しい年にあわせて新調したい!幸運呼び込む新作財布

新しい年を迎えるにあたって、気分も一新したい。そんなときこそ財布の買い替えを。今回は不動の人気を誇るエルメスの長財布、かばんにも入れやすいグッチのミディアム財布、キャッシュレス時代に欠かせないシャネルのフラグメントケースを紹介。

 第3位 

【ファッション】

【2022冬のプチプラファッション】アラフィー華組ブロガーの『ZARA』高見えコーデ特集

ZARAのプチプラアイテムを素敵に着こなすアラフィーおしゃれ読者モデル華組の「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!ワンピースコーデやパンツ、スカートコーデ、スニーカーコーデなど。アイテム選びから着回しテクまで、おしゃれなトータルコーディネートをぜひ参考にして。

 第4位 

【韓流】

【韓流ドラマ】見始めたら止まらない!絶対ハマる「人気ドラマ8選」

韓流ドラマブームを牽引している「愛の不時着」や「梨泰院クラス」のほかにも、緊迫感溢れるサスペンスや社会現象まで巻き起こした話題作など幅広く人気作品をご紹介。各ドラマの見どころや人気の秘密に迫ります!

 第5位 

【ファッション】

【大人女性に人気のブランド長財布】収納力が魅力!根強い人気の3アイテム

紙幣を折らずに持ち歩け、カードの収納数も抜群な「長財布」は根強い人気。人気ブランド「ボッテガ・ヴェネタ」「ルイ・ヴィトン」「プラダ」からこだわりの詰まった注目の逸品をご紹介。

 第6位 

【ファッション】

【2022冬のプチプラファッション】アラフィー華組ブロガーの『ユニクロ・GU』高見えコーデ特集

ユニクロ・GUのプチプラアイテムを素敵に着こなすアラフィーおしゃれ読者モデル華組の「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!ワンピースコーデやパンツ、スカートコーデ、デニムコーデなど。アイテム選びから着回しテクまで、おしゃれなトータルコーディネートをぜひ参考にして。

 第7位 

【ファッション】

【おすすめミニ財布&フラグメントケース①】コンパクト派の支持が厚い!こでかけに最適な3アイテム

新しい年のスタートにあわせて、財布を新調してみては? 今回はワンマイルのお出かけに使いやすいディオールとセリーヌのミニ財布、ランやジムのおともにしたいバレンシアガのフラグメントケースをご紹介。

 第8位 

【髪型】

【50代のボブヘア】扱いやすさと華やかさ、両方に効く人気のボブヘアカタログ

髪質もボリュームも、顔の印象も変化するアラフィー世代にとって、ヘアスタイルは常に悩みの種。ちょっとした工夫をするだけで印象がガラッと変化するから、悩みどころをカバーしつつ実は簡単にしゃれ見せがかなう!扱いやすさと華やかさ、両方に効くボブスタイル。似合う髪型が必ず見つかる!

 第9位 

【髪型】

【50代おすすめヘアカタログ】今、むしろ短いほうがフェミニンな印象に!最新ショートヘアスタイル

髪質もボリュームも、顔の印象も変化するアラフィー世代にとって、ヘアスタイルは常に悩みの種。ちょっとした工夫をするだけで印象がガラッと変化するから、悩みどころをカバーしつつ実は簡単にしゃれ見せがかなう!女性らしさを醸し出す理想のショートスタイルを公開。

 第10位 

【占い】

2022年、あなたの運勢は?レイコ・ローランの12星座占い

2022年はどういう年になる?アラフィー占星術師レイコ・ローランさんが、12星座別の全体運を詳しく解説!

※集計期間:2022年1月3日(月)〜2022年1月9日(日)

他の占いもCheck▶
関連記事
  • 人気ブランド「スローン」から大きなポケットが目を引くスウェットパンツが登場。腰回りが広く、パンツをはくとお尻が大きく見えがちな「腰張り体型」の人も、すっきり見えを実現!SLOANE[スローン]大人気ブランドからスウェットパンツ型が登場 膝やヒップが出にくいよう目の詰んだ編み地で、しっかりとした形に仕上げたスウェットパンツ型。太もも部分の大きなポケットが腰張り体型をカムフラージュ。カシミヤ混ウールで大人の上質さも。 ★パンツ¥33,000/エクラプレミアム通販(戸野塚かおる×SLOANE) コート¥38,940/アンクレイヴ ニット¥46,200/エイトン青山(エイトン) メガネ¥33,000/アヤメ ストール¥24,000/ノーク(ノーク バイ ザライン) バッグ¥158,400 /ピエールアルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥34,100 /エクラプレミアム通販(徳原文子×D.A.T.E)こちらのパンツはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>>>「パンツ」に関する記事一覧はこちら撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/田沢美亜 取材・原文/坪田あさみ ※★マークのついた商品はエクラプレミアム通販(https://store.hpplus.jp/eclat/)で購入できます。 ※エクラ2022年2月号掲載
  • デザイン性の高いレザーのミニバッグは、着こなしがピリッと引き締まる即効性がクセになる。小さな面積ゆえ、きれい色や凝ったディテールなどにもトライしやすい。自分のフィーリングに合うもので個性を引き立てて。ロングコートのキレをよくする今どきのスピード感1.大人のおしゃれ心を感じる、冬のかごバッグ。グレージュのレザー製ならリッチ感もありすんなり取り入れられる。メイドインジャパンのていねいなつくりに定評のあるブランド。バッグ(17.9×28×15)¥38,500/アルファ PR(アエタ)2.ここ数シーズン人気のクロワッサン形。ツイストのディテールとぱっきりしたパープルがアクセントに。軽くソフトで一日中斜めがけしても疲れにくい。バッグ(15×20×8)¥49,500/エスケーパーズオンライン(へリュー)3.レモンイエローのミニバッグは、ベージュバッグの感覚でコーディネートすればOK。定番カラーの手持ちコートがフレッシュな表情に。バッグ(12×18×5)¥35,200/シジェーム ギンザ 心斎橋店(メアリオルターナ)4.冴えたグリーンの色みが新鮮。レザーを大きく編んだスクエアフォルムで、上部のリボンをほどくと放射状に口が開くつくりも愛嬌たっぷり。バッグ(21×14×14)¥37,400/エストネーション(メアリー オルターナ)5.バケツ型のミニバッグに、ポーチとカードケースがチャームのように連なって。オーバーサイズのコートに効かせて歩きたい。バッグ(17×18×10)¥31,900/アマン(アトリエ アンボワーズ)>>「バッグ」の記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(モデル) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/LIZA 取材・原文/三尋木奈保 ※( )内の数字は編集部で計測したバッグのサイズで、(縦×横×マチ)、単位は㎝です。 ※エクラ2022年2月号掲載
  • 私服がいつも素敵なおしゃれプロの「Myベーシック」なコーディネートを拝見。スタイリストの小川ゆう子さんは、個人的にもずっと好きなレイヤードに注目。重ね着アイテムの選び方や、合わせ方のコツもぜひ参考に。「昔からレイヤードスタイルが好き。今季は特に重ね着アイテムのバリエーションが広がって楽しい!」小川ゆう子さん(スタイリスト)「レイヤードは今季トレンドということもありますが、個人的にもずっと好き。いろいろな服を重ねることで、おもしろい発見があるんです。今季は、ボウタイやデニムシャツ、パーカ、ジャケットなどアイテムの幅が広いので、テイストMIXの重ね着を楽しんでいます」Item list Jacket:Maison Margiela Cardigan:THE HANDSOMEShirts:THE HANDSOMEInner:INSCRIREPants:ShinzoneBag&Shoes:Maison Margiela 薄手カットソーの上に、シャツ、ニットカーディガン、ジャケットと4枚を重ねた上級者スタイル。「色のトーンを統一するのが、無理なく上手にレイヤードする秘訣。アウターは重ね着前提でビッグシルエットを選ぶことが多いですね」。この日もメンズのジャケットを。「ジャケット」に関する記事一覧>>撮影/須藤敬一 ヘア&メイク/TOMIE 取材・原文/東原妙子 ※エクラ2022年2月号掲載
  • 冬のおしゃれはコートの着こなしで決まる!ボトムスとのベストバランス、靴や小物の合わせ方など真似したいスタイル満載。おしゃれなアラフィーの大人のコートスタイルを参考にして。 【目次】 ボトムス別コートの着こなし ①パンツ ②スカート ③ワンピース ①パンツ華組 鈴木たま江さんブログ「使える『黒』でお気に入りスタイリング♡」より黒尽くしでノッペリならない様にトップスはベルベット素材にして同色異素材ミックスコーデに。重くならないように小物でピンクの差し色をプラスしました。AKIRA NAKA さんのコートはシルエットが綺麗でラッパの様に広がった袖もポイントです。トップス/AKIRA NAKA パンツ/ENFOLD コート/Elura 靴/Manolo Blahnik バッグ/CHANEL華組 細谷奈弓さんブログ「上質コートにミニポシェットを抱えて浅草へ♬」より長年愛用中のMax Maraのコートにセリーヌのミニポシェットを合わせたコーデ。ポシェットは敢えてコートの下に抱えました。なのでコートのボタンは終始閉めずにチラ見せのような感じに。コート/Max Mara(21年モノ) ニット/N.O.R.C パンツ/ELEVENTY(イレブンティ) ブーツ/SARTORE(16年モノ) バッグ/CELINE(35年モノ)・メルカドバッグブログ「レストランランチにはふわりと広がるペンギンコートを羽織って」よりヘビロテ中のコートは、後ろ下がりの緩やかなラウンドの裾や前から見える両サイドのドレープがお気に入り。ノーボタンなので羽織りのような感覚で着るコートで、流行り廃りのないシンプルなデザイン。ヴァージンウール使用でとても軽くて暖かいのも有難い。これからもずっと大切に着用したい1枚です。コート/母のおさがり(ブランド名不明) インナー/Polo Ralph Lauren パンツ/ノーブランド(アメリカで購入) バッグ/FENDI ブーツ/Fabio Rusconi華組 豊田真由美さんブログ「ZARAのテキストスウェットコーデ」よりデニム×スニーカースタイル。ソージュさんのロングコートを合わせてオトナカジュアルに。楽ちんな上にコーデが決まる大好きなスタイル。迷った時にはいつもこれです。トップス/ZARA コート/ソージュ華組 水口宜子さんブログ「コンラッドで朝食を♡ニットパンツコーデ カーキ編♪」よりニットパンツコーデに初挑戦。UNIQLOニットパンツは同じ形のものをサイズ違いで購入しました。オフホワイトは太もものお肉を 拾ってしまうのでゆったりLサイズ。カーキは、Mにしても太もものお肉が目立ちにくかったので、すっきりと着こなすコトが出来るかも?と思ってサイズを変えてみました。コート/ZARA パーカー/Felice セレクトショップ ニットパンツ/UNIQLO ブーツ/ZARA バッグ/TOPKAPI華組 梁瀬理砂さんブログ「暖かくて着心地最高!冬はニットパンツが手放せない」よりコートの中は全身黒ですが、セーター下に白のインナーを着ることで少し抜け感を作っています。お気に入りのニットパンツは、内側にスリット入りで、パンプスに合わせると、綺麗めコーデにもなります。コート/THIRD MAGAZINE トップス/UNIQLO パンツ/IENA バッグ/arron 靴/YSL華組 細谷奈弓さんブログ「上下黒の服×白の小物」より上下黒の服×小物の白。アウターがミドル丈のダウンコートなので全体のバランスを考えてトップスは少し丈長めのZARAのニット、ボトムスはスッキリとしたユニクロのフレアハイライズジーンズをチョイスしました。コート/MOORER(ムーレー) トップス/ZARA パンツ/UNIQLO バッグ/Kate Spade 靴/ZARAブログ「N.O.R.Cのトレンチコート2カラー コーデ色々」よりトレンチコートは春秋のイメージですが、私は真夏の暑い日を除いてほぼ1年中着ています。こちらは昨年購入した白トレンチコート。サイズは1になります。ブーツインしたデニムコーデに合わせてカジュアルエレガンスコーデに。コート/N.O.R.C by the line インナー/Atelier N's デニム/Red Card ブーツ/SARTORE バッグ/HERMÈSこっくりとした深みのある色合いチョコレートブラウンは今年の新色です。身長を考えて最初はサイズ2を考えましたが、程よいオーバーサイズにしたかったのでサイズ1.5をチョイス。コート/N.O.R.C by the line トップス/UNIQLO デニム/ZARA バッグ/ZARA スニーカー/adidas ②スカート華組 鈴木たま江さんブログ「使える『黒』でお気に入りスタイリング♡」よりZARAのシンプルセーターとスタイリング フワッシャリ感のあるティアードスカートと甘辛ミックス。黒のモコモココートを羽織りボリューミーな重量感で全体を盛ってみました。セーター/ ZARA スカート/JOURNAL STANDARD 靴/NICHOLAS KIRKWOOD コート/ZARA華組 一色華菜子さんブログ「2月号SNAP☆ファーコート&柄スカート」よりコートはグレージュムートンとのリバーシブルですが、今季はもっぱら白い方を表に着ています。ふわふわの白いファーがとにかく柔らかくて気持ちいいです。リバーシブルコート/torrazzodonna ニット/ZARA スカート/frenchpave バッグ/maisonmargiela ブーツ/ZARAブログ「フィンランド展&秘密基地カフェ in渋谷」よりモコっとニュアンスカラーのアランニットにカーキのモッズコートを羽織って。モッズコート/JOURNAL STANDARD relume ニット/REALCUBE スカート/ヌキテパ ローファー/ara バッグ/marni ブログ「グレンチェックコート❤︎パンツ&スカート2style」より最近出番の多いグレンチェックコート。ノーカラーなのでバサっとすっきり羽織れて気楽にコーデを楽しめます。コートの中はフリル襟の長めシャツを、サテンのキャミワンピースの上から着ておじ靴を合わせ、重心下めのモードな感じにしました。(右)華組 鈴木たま江さんコート/MICA&DEAL シャツ/ハッシュニュアンス キャミワンピース/REAL CUBE 靴/jalan sriwijaya バッグ/J&M Davidson華組 水口宜子さんブログ「関東屈指のパワースポットへ♪異素材で『上も下も黒』」より異素材で『上も下も黒』のコーデでお淑やかにしてみました。大人チュールスカートは年齢関係なく会う人みんなに褒めていただけます。コート/Chaos ストール/CHARLES JOURDAN ニット/UNIQLO チュールスカート/E by éclat ベルト/ROPE' PICNIC バッグ/IENA ブーツ/ZARA ネックレス/ママ友のハンドメイド♡華組 細谷奈弓さんブログ「éclat2月号スナップ参加~オールブラックにモンクレールの綺麗色ダウン1点投入♪~」よりコート/MONCLER スカート/MUSE de Deuxieme Classe バッグ/CHANEL ブーツ/Fabio Rusconi 手袋/Sermoneta華組 一色華菜子さんブログ「ロングダッフルで冬の白コーデ」よりETRE TOKYOの白いダッフルコートに白いスニーカーを合わせたコーデ。すごく気に入っているこのコートですが、買ったばかりの去年は白が汚れるのが嫌で緊張して、あまり着ませんでしたが、一年経ってその緊張が無くなり、いい意味で鮮度が薄まり、今年はがんがん普段使いしています。コート/ETRE TOKYO ニット/naracamicie スカート/SHENERY スニーカー/FITFIT バッグ/NOLLEY'S イヤリング/alum luxe ③ワンピース華組 宮原江里子さんブログ「ガウンコートで冬の着こなし」より今季購入したエクリュカラーのガウンコート。インナーを選ばず軽くて暖かいので既にヘビロテしています。グリーンのワンピースをインナーにしたコーデ。コート/TOMMOROW LAND ワンピース/ROSEBAD ブーツ/ZARA バッグ/VALENTINO華組 一色華菜子さんブログ「花柄を着たくなる内藤有耶ちゃん」より花柄のワンピースにモッズコートをはおったコーデ。モッズコート/JOURNAL STANDARD relume ワンピース/ZARA ブーツ/ara     ▲ページトップに戻る「華組」記事一覧はこちら>>▼その他のおすすめ記事もチェック
  • 身につける人を美しく輝かせてくれるジュエリー。富岡佳子さんはどのような基準でジュエリーを選んでいるのだろう。2022年を迎えた今、富岡さんが思う自分に似合うジュエリーの選び方とは?必要なものを見極めたことで、 ゴールドジュエリーという相棒を、手に入れました。収納に場所をとらないジュエリーは、整理するのを見送りがちに。昨年、引っ越しを機に、思いきって必要なものだけ残して処分しました。物理的にも気分的にも余白ができたからでしょうか、新しいジュエリーに気持ちが向かい、カルティエのブレスレットとポメラートのリングを購入。どちらも私の年齢に見合った存在感のあるゴールドです。手放すことで見えてくるものがあるということを、改めて感じました。「カルティエのジュスト アン クルはずっと気になっていたジュエリーのひとつ。手に入れるという行動にいたれたのは取捨選択のおかげ」。ポメラートのリングは人さし指に合うサイズに。「人さし指って自分の目に触れやすいんです。薬指のサイズにするか迷ったのですが、自分自身の気分を上げたいなと思って、最終的にこの指に決めました」。BLOUSE:BLAMINK RING[RIGHT INDEX FINGER]:Pomellato RING[LITTLE FINGER]:kiuna RING[LEFT BOTH FINGERS]:Hirotaka BANGLE:Cartier WATCH:Cartier>>富岡佳子さんの記事一覧はこちら撮影/shu ashizawa ヘア/shuco(3rd) メイク/小森由貴 スタイリング協力/村山佳世子 モデル/富岡佳子 取材・原文/磯部安伽 ※エクラ2022年2月号掲載
  • 下半身をすっきり見せてくれる黒デニム。ただ、同じく細見えする黒ニット合わせると、カジュアルになりすぎてしまうことも。そんなときは、アクセサリーで明るさをプラスして。スタイリスト 福田亜矢子スタイリスト 福田亜矢子ふくだ あやこ●本誌をはじめ、幅広い年代の女性誌で活躍中。ほのかな女っぽさとモード感が香るリアルなスタイリングの提案が絶大な支持を集める。ディレクションを行うECブランド『N.O.R.C』も大人気。ニット+デニムコーデはシルバーとゴールドを“盛る”ニットとブラックデニムは、上下黒の着こなしの中ではややカジュアルな組み合わせ。ラフでシンプルなだけ、に陥らないためには、シルバーとゴールドのアクセサリーをふだん以上にふんだんに重ねます。黒を背景にすると輝きはより増して、表情も気持ちも明るくしてくれます。ふわふわと毛足が躍る、ニットのウォーミーなウールの黒を背景に、有機的な楕円形のネックレスがモダンな存在感を放って。ほどよく肉厚な地金のアクセサリーは、大胆に重ねづけしてもトゥーマッチにならず、どことなくひと懐っこい。 ピアス(片耳)¥13,200・ペンダントトップ¥30,800・ネックレスチェーン¥13,200・リング(指先から)¥26,400・¥29,700・¥28,600・バングル(手首側から)¥45,100・¥50,600/イレーヴ ニット¥42,900/エイトン青山(エイトン) デニムパンツ¥23,100/モールド(チノ)>>「黒」のアイテム&コーデをチェック!撮影/渡辺謙太郎(モデル) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/RINA 取材・原文/松井陽子 ※エクラ2022年2月号掲載
  • 冬のこなれスタイルのお手本は、パリ&ミラノにあり! 自分らしさを一番に、トレンドを軽やかに楽しむ最新コーデが街中に。今回は、そんなマダムたちの足元をキャッチ。シンプルスタイルに、ボリューム感ある「ブーツ」を合わせるバランスが新鮮!キャロリーヌ(空港勤務・パリ)今年人気のチェルシーブーツ。コペンハーゲン発のビリビは、エッジの効いた厚いソールをアップデートした一足。オリジナルのブラウンの縁取りは、デニムとの相性もよさそう。エステル(プロデューサー・ミラノ)タータンチェックコートをゆるく着て女性らしいムードを醸し出していたマダム。ブラックデニムにJWアンダーソンのチャンキーソールのサイドゴアで足もとはマニッシュに。クレール(編集者・パリ)レザーのマウンテンブーツをふだん使いにも活用。クラシックなデザインが今また新鮮! だそう。デニムを合わせたカジュアルスタイルはもちろん、コーディネートの幅が広がる。>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧[パリ]撮影/Mari Shimmura 取材・原文/Shoko Sakai [ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadama ※エクラ2022年2月号掲載
  • 息子と甥っ子が揃って成人。グランドハイアットでの家族会食にはヘビロテのボウタイブラウスで。息子と甥っ子は同い年。 どちらも一人っ子なので、小さい頃から 兄弟のように育ってきました。 成人式と言っても男の子なので、 華やかなことは全くありませんが、 家族で会食に「グランド ハイアット 東京」の オーク ドアに伺いました。 ある日突然、成人式とは言っても、 中身は?? ふたりでふざけ合う姿を見ると、 外見は大きくなったものの、内面は小さい頃と 大して変わっていないような??(笑) 小さい頃の昔話をしながら、懐かしむのは 親ばかりです。 この日は、メインテナンスしたセリーヌのスーツで。 クラシカルな雰囲気が逆に新鮮な気がしています。 また、アラフィフになった今、以前着ていた時とは 違うイメージで着こなせているように思います。  昨年から、自分のクローゼットを見直して、 クローゼットの中で勝手にヴィンテージ化したものを ロイヤルクリーニングに出したり、お直しして、 少しずつメインテナンスを始めました。 せっかくご縁があって出会ったもの。 また、自分が選んだもの。 サステナブルな観点からも、少しずつ リニューアルできないかと考えています。 そして、こういうファッションの楽しみ方って わたし達アラフィフにしかできないと 思いませんか? 捨てるのは簡単だけれど、いいものは やっぱり素材が素晴らしいので、 お直し代やメインテナンス代は、 実は新しいものを買う方が安かったりしますが、 工夫を加えてリニューアルしたりするのも 楽しいなあと思っています。 このスーツをコーデした際、こだわったのは、 ロングブーツを合わせること。 ほんの少し広がった美しいフォルムの 台形スカートで、この丈感にロングブーツを 合わせて着たいと思いました。 この丈感とブーツのバランスが表現して みたかったんです。 そして、ポイントになるのが わたしが偏愛している「martinique」の ボウタイブラウス。 今回はサイドでリボン結びしてみました。 わたしはシャツやブラウスが大好きで コレクション化しています。 その中でも1番ヘビロテしていて もう3年ほど愛用しているものです。 カルティエの時計はピンクのベルトにして 愛用しています。 母から受け継いだキャンディのような ピンクサファイアはゴールド部分のデザインを カスタマイズしてリフォームしています。 このセットで合わせて使うことが多いです。 Suit … OLD CELINE Bag … CELINE Blouse … martinique Boots … Jimmy Choo わたしのインスタグラムはこちらから 皆さんのクローゼットにもきっとお宝が 眠っているはずです。成田千恵
関連キーワード

RECOMMEND