それって脳の運動不足のせいかも⁉アラフィーの物忘れ&勘違い体験“あるあるエピソード②”

Web eclat

モノを探せない、見つけられない

「どこにある?」とスマートフォンやメガネを探したり、引き出しを開けて「確か、ここに入れたはずなのに……」と頭を捻ったり、慌ててしまい、よけい見つからないことも。

何度も同じ話をしてしまう

「この人また同じ話してるわ」とひそかに思っているあなた! もしかしたら、あなたも誰かに同じ話を何度も繰り返しているかも?実はお互いさまだったりして……。

思い込みに疑いがない

改札を交通系ICカードで通ろうとしたら足止め。手元を見たら会社のIDカードだし!「確かにバッグから取り出したはずなのに…」。思い込みって無意識なだけに怖い!

やったかどうかが不安になる

一瞬ぼーっとしていたせいか、「レジでお釣りを受け取ったっけ?」「家を出るときに玄関のカギをかけたっけ?」などじわじわ不安がわき上がってしまうのは、記憶力が落ちたから?

やろうと思っていたことを忘れる

途中で別のことに気をとられ、当初の目的をすっかり忘れてた、というのはよくある話。レンジで料理を温めている間に別件ですっかり忘れ、翌日に発見という恐ろしいことも?

人の名前が思い出せない、約束の日にちを間違えてしまう……これって年のせい?実はそれ、脳の“運動不足”が原因かも。そんなお悩みを抱えるアラフィー女性が多数。今回はエクラ読者に聞いた、物忘れや勘違いにまつわる“あるあるエピソード”を紹介。
最近めっきり記憶力が落ちた、会話に「あれ、あれ」が増えたなど、アラフィー世代に多いその現象。実は年齢のせいではなく、脳に“ゴミ”がたまっているのが原因かも!? 「脳の“ゴミ”っていったい何?」「すでに認知症が始まっているということ!?」など、気になる脳のあれこれに脳神経外科医の奥村先生がアンサー。
日々の疲労感にお悩みを感じているアラフィー女性も多いのでは? 実はその原因は脳にあるかも! 脳の老化にもつながるという“脳疲労”をためないアドバイスを、専門医がお教えします。
取材・原文/吉川明子 イラスト/カツヤマケイコ ※エクラ2022年1月号掲載
関連記事
  • アラフィー世代は、老廃物が体内にたまって冷えや代謝不良を招きがち。今回は、自宅で気軽に無理なく試せる《おうちファスティング》をご紹介。ファスティングで内臓を休ませ、排出力に回そう。【休んで出す】ファスティングで内臓を休ませ、排出力に回すまいこホリスティック スキンクリニック 山崎まいこ先生まいこホリスティック スキンクリニック 山崎まいこ先生まいこホリスティックスキンクリニック院長。栄養素の消化・吸収と腸内環境にまで着目した酵素栄養学を修得し、 ホリスティック医療を行う。https://mhs-cl.com/食物を消化するという行為は、内臓にとても負担をかけるため、排出力を弱らせる原因にもなるという。「食事や飲み物をとらずに消化器官を休ませることで、胃腸の修復力がアップ。老廃物の排出がスムーズになり、腸内環境が整います。また、脂肪細胞の燃焼や腸壁にこびりついた宿便も出すため、ダイエットに効果的なのはもちろん、ふだんなかなか出せない有害物質の排出も可能に。ファスティング後はいきなり食べず、腸に負担がかからないような回復食で徐々に戻していくことも重要です」(山崎まいこ先生)。自宅で気軽に無理なく試せる《おうちファスティング》何も食べないのはつらそう……という人は、“固形物も食べながら行うファスティング”がおすすめ。デリファスは、胃腸を休ませつつ、必要な栄養分のみをチャージできるメニューを管理栄養士が考案。事前のカウンセリングやファスティング中の悩みを、すぐにLINEで相談できるのもうれしい。デリファス!初めてのかたは、ファスティングミールキット3日分に加え、事前カウンセリングと管理栄養士の食事・栄養サポートがついたこちらを。【3days】初回限定プラン¥18,800☎03・3525・4201https://delifas.com/編集Nがトライ!「スープもサラダもおいしくて食べ応え抜群。つらいときの対処法やその日の食事の効果など、毎日管理栄養士さんがサポートしてくれたのも心強かった。3日後には体が軽くむくみもとれ、指輪がゆるくなったのは驚き!」 一日に1食! 置き換えるだけでも効果的 携帯にも便利で、体のコンディションを整えてくれる置き換え食。満腹感もあり。(右)韓国由来の乳酸菌や漢方由来成分など24種類の成分をバランスよく配合。冷え症やめぐりが低下しやすい人にも。SKAEIN(スケイン) 30包入り¥7,980/シンセプション(左)野菜や豆類、穀物など30種類以上の食材に、美容成分のコラーゲンやビタミンCをプラス。美禅食(ゴマきな粉味) 30包入り¥3,240/ドクターシーラボ>>「50代ヘルスケア」記事一覧はこちらから撮影/久々江満(物) 山下みどり(取材) 取材・文/中島 彩 ※エクラ2022年2月号掲載
  • 片づけのゴールが見えない、片づけにくいモノが多い、親が認知症に…。片づけに関するさまざまな読者のお悩みに、片づけヘルパーの永井美穂さんと遺品整理事業のプロ、内藤 久さんがお答え。片づけヘルパー 永井美穂さん片づけヘルパー 永井美穂さん介護福祉士として在宅介護に携わった経験から、高齢者が健康で安全に暮らせる環境づくりと、片づけの実施を提案。‘09年から日本初の片づけヘルパーとして活動。著書に『親の健康を守る実家の片づけ方』(大和書房)がある。https://www.mie-style.com/「遺品整理の埼玉中央」代表 内藤 久さん「遺品整理の埼玉中央」代表 内藤 久さん父の遺品整理を経験したことでホテルマンより転身し、’05年にさいたま市で東日本では最も早く遺品整理事業を開始。生前整理も含め、作業累計1950件以上。『図解 親の財産を見つけて実家をたたむ方法』(ビジネス社)ほか著書多数。https://ihinshori.com/ Q1. 片づけのゴールが見えません仕事に家事、来年受験する子供の世話をしながら週末は実家の片づけに時間をとられて……。ほとほと疲れてしまいました。(53歳・会社員)A1. 片づけが長期戦になることも。自分の時間をつくり、リフレッシュして。 「親の心に寄り添いながら進める実家の片づけは、時間がかかり、長期戦になることもしばしばです。長引くほど気力や体力が失われ、もうやめたい!と思うこともあるはず。そんなときは無理をせず、片づけを休み、リフレッシュの時間をつくりましょう。がんばれないことを決して責めないでください」(永井さん)。負担が大きいときは、片づけのプロに頼むのもひとつの手。ただし、両親との相性があるので、人柄をよく見極めたい。Q2. 片づけにくいモノの処分法は?きもの、写真・アルバム、仏壇……、これらのいい処分方法を教えてください。(48歳・主婦)A2. 写真はベストアルバムに、仏壇は供養してから廃棄を。 「親の死後に写真を整理するのは、悲しみが強く作業が進みません。親が元気なうちに一緒にアルバムを見返し、どの写真を残したいかなど意向を聞いて、いい写真だけ抜き取ってまとめておきましょう」(内藤さん)。きものは着物買取専門店やリサイクルショップに持ちこむのがおすすめだが、買取価格は想像以上に安い。仏壇は粗大ゴミとして出すことも可能だが、きちんと仏壇じまいをするなら、仏具店か檀家のお寺に相談しよう。  Q3. 親に内緒でモノを捨ててもいい?親に内緒でモノを捨てても問題ないでしょうか。また、親が認知症の場合はどうですか?(50歳・会社員)A3. 勝手に捨てるのはNGです。かえって認知症がひどくなることも。 「どうせ忘れているだろうと、何もいわずに捨ててしまうのはNGです。勝手に処分したことがあとでわかると、親は憤慨し、ますます頑(かたくな)になって片づけをいやがります。捨てる前にひと声かけるか、不用品扱いせずに活用する方法を考えてみて」(永井さん)。親が認知症の場合、デイサービスなどで不在中に勝手にモノを捨てると、部屋の様子が変わったことに混乱して症状がすすんでしまうことが。処分には注意が必要だ。>>「親」に関する記事一覧はこちら取材・原文/浦上泰栄 イラスト/北住ユキ ※エクラ2022年2月号掲載
  • 老廃物が体内にたまって冷えや代謝不良を招きがちなアラフィー世代。効果が期待できる血流やリンパの流れを促す「流して出す」アプローチとしてマッサージをご紹介。【流して出す】老廃物を運搬するリンパを軽く流す習慣を!血液やリンパの流れを促すマッサージは、排出効果大! 「お風呂あがりに、全身に張りめぐらされたリンパ管をなでるように軽く流していくだけで、めぐりがよくなり排泄がスムーズに。たった30秒流すだけで、むくみも改善されますよ」(美容家 小林ひろ美さん)。お風呂あがりの“ついでに”リンパマッサージ「お風呂あがりのめぐりがいい状態(湿っているため、油分のすべりもよく吸収もいい)に、リンパ管の核となる個所の上を通るようにしてオイルマッサージしていけばOK! 簡単&短時間なのに、すっきりしますよ」(美容家 小林ひろ美さん)。オイルを手のひらになじませたら、足首から膝前を通り、足のつけ根の鼠径部(そけい)へ。次に、足首から膝裏を通りおしりへ流していく。オイルを足し、おなかをくるくる3回転。さらに片腕ずつ、手首からわきの下へなで上げる。最後に、耳の下の耳下腺から鎖骨へ流し終了。おなか以外の○で囲んだ部分をプッシュしながら流すのがポイントむくみやすい脚の“流しマッサージ”「脚がむくみやすいという人は、骨のきわにあるツボを刺激するように流しつつ、太ももは絞るようなマッサージがおすすめ。入浴後にオイルを塗って行うのが効果的ですが、気になったときにささっと流すのでも◎」(美容家 小林ひろ美さん)。《1》固まりがちな足首をほぐしていく手を握ってこぶしをつくり、まずは土踏まずをパンパンとたたく。両手で足首をつかみ、親指で交互にくるぶしをなで上げるようにもみほぐす。《2》膝裏をプッシュして水分や老廃物を流す足首から膝上に向かって流すのを5回ほど繰り返したら、リンパ管の要となる膝裏部分を中指と薬指でぐっぐっとポンプするように指圧。《3》太ももは、絞りマッサージでもみほぐす両手で、膝上から脚のつけ根の鼠径部に向かって絞り上げるように流していく。最後に鼠径部をぐーっとプッシュし、老廃物を流して完了。こちらもおすすめ!骨を強化して免疫力を強化「女性ホルモンの分泌が低下するエクラ世代は、骨を鍛えることも大切。こぶしで体を軽くトントンとたたいたり、ぴょんぴょんと跳ねるだけでも効果あり」(植物療法士 森田敦子先生)。筋肉を効率的に鍛えられるスクワット「腸を支える骨盤底筋や、大きな筋肉が集まるおしりまわりを鍛えるには、スクワットが一番効果的。気づいたときに、約10~20回を目安に行って」(植物療法士 森田敦子先生)。>>「50代ヘルスケア」記事一覧はこちらから取材・文/中島 彩 イラスト/紫芝幸代 ※エクラ2022年2月号掲載
  • 休日、スパークリングワイン片手にソファでゴロゴロしながら、スマホで連続ドラマをズーッと見続けるのが、小田にとっての至福のとき(笑)。そんなとき近視の小田は、たいてい遠近両用メガネははずし、裸眼でスマホを近づけて見ています。これが今、巷で問題になっている「スマホ斜視」の引き金に。ものが「2重に見える」ようになった人、もしかしたら「スマホ斜視」かもしれません。▶︎前回までの記事はこちら梶田雅義先生梶田雅義先生梶田眼科 院長。眼科専門医。医学博士。福島県立医科大学医学部卒業。同眼科教室入局。1993年から2年間、カリフォルニア大学バークレー校の研究員に。2003年、梶田眼科開院。日本眼光学学会理事、日本コンタクトレンズ学会理事、日本眼鏡学会評議員。著書に『人生が変わるメガネ選び』(幻冬舎)が。小田ユイコ小田ユイコ美容ジャーナリスト。出版社に勤務後、独立。『eclat』『MAQUIA』『LEE』などの女性誌や、WEB媒体で美容記事を執筆。「美しさは健康から」をモットーに、女性のカラダに関する取材を長年にわたり行う。1965年生まれ。「小田さんはスマホを長時間見るとき、かなり目を近づけて見ていませんか? 夕方老眼とは関係ありませんが、子供や若者だけでなく、50代にもスマホを近づけて見る人が多いので、ぜひお話しておきたくて。スマホを至近距離で長時間見るのはとても危険です」(梶田先生)。ドキリ。ドラマなどを一気見するとき、確かに至近距離に。ディティールや字幕を追ううちに、遠近両用のメガネやコンタクトを外してしまい、距離にして15cmくらいで見ています。私の休日のダラダラとしたライフスタイルを見透かされたよう(笑)。 なぜ至近距離でスマホを見るのが危険なのですか?「それは『スマホ斜視』に陥る可能性があるからです」。スマホ斜視? 初めて聞きました。 老眼になった大人に「スマホ斜視」が増えている!「『スマホ斜視』は今、社会的に問題にもなっているんですよ。スマホ斜視には、内斜視と外斜視があります。眼球の向きは、外眼筋という眼球の上下左右にくっついている筋肉でこのトロールしています。スマホ内斜視とは、スマホをかなり近づけて見ることで寄り目になり、そのまま外眼筋が凝り固まった状態。少し離れたものを見たとき、黒目の位置が正面へと戻るはずなのに眼球が動かず、二重に見えてしまいます。動画やゲームなどに集中するあまりこのような事態に」(梶田先生)。 「一方、スマホ外斜視は、スマホを片目で見ることで起こります。本来、ものを見るときは両目で焦点を合わせますが、至近距離でスマホを見ているうちに片目で見るようになったケースです。見ていないほうの目は、外側のあらぬ方向に泳いだ状態。この見方を長時間続けると外眼筋が凝り固まり、少し離れたものを見たときも黒目の位置が正面に戻らず、外側へと泳いだままに。スマホを見ていたほうの片目だけで見るようになります」 眼球の上下左右にくっつき、眼球の向きをコントロールする外眼筋。スマホを至近距離で長時間見続けることで、外眼筋が凝り固まりスマホ斜視に。スマホを至近距離で見ると、寄り目に。眼球の向きをコントロールする筋肉がこのまま凝り固まると、正面を見てももとに戻らなくなり、スマホ内斜視に。スマホを近づけて見るあまりに「片目だけで見る」ようになり、もう一方の目は外側へ泳いだ状態に。この状態が続くと、離れたものを見ても泳いだ眼球を正面に向けることができず、片目だけで見てしまう。これがスマホ外斜視。「このスマホ斜視、子供や若者に増えて社会問題になっているのですが、実は案外多いのが老眼になった大人。老眼になって遠近両用の眼鏡やコンタクトを使うようになった人が、スマホを長時間見るうちに眼鏡やコンタクトを外し、裸眼で見ることで起こります。遠近両用の眼鏡やコンタクトは、手もとでも20~40cmの距離でピントが合うようになっています。ドラマなどに熱中してスマホを近づけると見づらくなりますから、眼鏡やコンタクトを外してしまいます。特に、もともと近視の人は、近くのものは見えるのではずしてしまいがち。すると、スマホ内斜視やスマホ外斜視に陥りやすくなるのです」(梶田先生)。 確かに私はもともと近視。裸眼なら眼を近寄せさえすれば見えることが、ちょっと自慢だったのですが……。「それこそが命取り。少しの時間ならかまわないのですが、長時間続けるのを習慣化してしまうと、スマホ斜視になる可能性が高まります」。 「また、眼鏡やコンタクトレンズが苦手で、老眼になっても装着を避けている人も要注意です。そのような人は老眼が進行しやすく、スマホ斜視にもなりやすいからです。こちらはもともと遠くがよく見え、視力に自信がある人に多いケースです」。50歳になったら、快適な視力を得るためには、いずれにしても矯正が必須ということ?「今はなんとかしのげていても、70歳、80歳になったら必ず視力の矯正は必要になります。そのときになって初めて眼鏡やコンタクトレンズを使おうとしても、なかなか難しい。70歳になって初めて自転車に乗るのが難しいのと同じです」。 スマホを見るとき、遠近両用の眼鏡やコンタクトレンズを外すべからず「スマホ内斜視の場合、ものが二重に見えるという自覚症状があるので、比較的発見が早く改善する人が多いです。事実、このコロナ禍で、『スマホをずっと見ていたらものが二重に見えるようになりました』と訴える患者さんが増えました」(梶田先生)。 「一方スマホ外斜視の場合、二重に見えるという自覚症状がないので発見が遅れ、改善が難しくなるケースが多く、注意が必要です。本人も片目だけで見ている自覚はありません。『人から片目が泳いでいる』と指摘されて、はじめて気づくことが多いのです。実際には両目で見ていないことで、生活に支障をきたしているはずなのですが……。50代くらいのかたが駅の階段で転落すると、足腰の衰えを指摘されますよね。でも、実際はスマホ斜視で遠近感がなくなり、階段を踏み外しているケースも多いと思います」。 怖いですね。大人がスマホ斜視を防ぐにはどうしたらいいのでしょうか。「スマホを長時間見るときは、手もとが見やすい遠近両用の眼鏡またはコンタクトを『装着して』、20cm以上離して見ること。これがもっとも大事です」 「もともと近視の人は、眼鏡やコンタクトを外すと、どんどんスマホを近づけてしまうからです。かつて、スマホがない頃には、近視の人に眼鏡を外して本を読んでいいと指導していました。でもスマホは本よりずっとサイズが小さく、状況が違います。今では近視の子どもたちにも、勉強やゲームをするとき、眼鏡をかけるように指導しています」外眼筋の凝りをほぐし、常に「両目で見る」「また、スマホを長時間見続けたあとは、眼球を動かして凝り固まった外眼筋をほぐしましょう。腕を伸ばして人さし指を立てて動かし、その指先を両目で追います。最初、急性内斜視で二重に見えていても、次第にピントが合ってきます。時間がたっても二重に見えたままの場合は、眼科を受診しましょう」(梶田先生)。 斜視になってしまった場合、どのような治療をするのですか?「斜視の状態でも両目でピントが合うよう、プリズムレンズの眼鏡を処方します。光の方向を調整することで、目が内側や外側を向いていてもひとつの像を結ぶようにするのです。また眼球をコントロールしている外眼筋を強めたり弱めたりして、正面を向かせる手術法もあります」。スマホを見続けたあとは、眼球を動かし外眼筋をストレッチ。腕を伸ばして人さし指を立て、指先を両目で見る。人差し指の位置を左右に動かし、指先を両目で追って。今回は、大人にも増えた「スマホ斜視」についてお送りしました。「夕方老眼」からは話がそれましたが、梶田先生にお話しいただいて本当によかった! 知らなければ、私も「スマホ斜視」に陥る可能性大でした。 「夕方老眼」と「スマホ斜視」は、眼で起こっている症状こそ違えども、原因はスマホを中心としたIT頼りの生活スタイルにありました。これからwithコロナがどれだけ続くかは不透明ですが、眼への負担が減らないことは間違いありません。 梶田先生に教えていただいた「瞳ストレッチ」(#1)、遠近両用の眼鏡やコンタクトレンズとの付き合い方(#2)、外眼筋をほぐして両目で見る(今回)を実践し、快適な視界をキープしたいです!▶︎梶田眼科のホームページはこちら ▶︎老眼初期の原因と対策編 記事一覧へ
  • 長引く両親との言い争いや、きょうだいに対するモヤモヤ……。こうした心理面のケアから実践的ノウハウまで、片づけに関するさまざまな読者の疑問に片づけヘルパーの永井美穂さんがお答え。片づけヘルパー 永井美穂さん片づけヘルパー 永井美穂さん介護福祉士として在宅介護に携わった経験から、高齢者が健康で安全に暮らせる環境づくりと、片づけの実施を提案。‘09年から日本初の片づけヘルパーとして活動。著書に『親の健康を守る実家の片づけ方』(大和書房)がある。https://www.mie-style.com/Q1. 親とケンカしてしまいます父が若いころに集めた切手のコレクションや、膨大な量の蔵書。置き場所に困ってます。「少し減らしたら?」というと、モーレツに怒りだすし……。(49歳・自営業)A1. 父親のプライドと、家族を思う気持ちを満たすかたちで片づけて。 「時間とお金、情熱をかけて集めた大事なコレクションを、ただ『捨てよう』といわれたら、やはり悲しいですよね? 以前、レコードのコレクションを売ったお金で外食し、家族が「お父さんのおかげ、ありがとう」とお礼をいったら、父親の機嫌が戻り、ニコニコ顔だったという話を聞きました。まずは、どんな切手持ってるの?と興味を示し、そこから少し売ってみない?という話をしてはどうでしょうか」(永井さん)。父のプライドを満たすようなかたちで片づけを進められるのが理想。Q2. きょうだいとモメてしまいます「私ばかり片づけをやっている」と、不公平さが原因できょうだいの仲が険悪に。どうしたら円満にいきますか。(54歳・主婦)A2. リーダーの役割を意識的に決めて。遠方のきょうだいに「ありがとう」も忘れずに。 多かったのが、「実家近くで暮らすきょうだいの負担が大きくなる」「長女はなにかと頼られやすい」という声。「きょうだいでよく話し合い、リーダーとそれぞれの役割分担を明確にしましょう。あいまいなまま片づけはじめると、『私ばかり大変』『私だって手伝ってるのに!』と、互いにモヤモヤした気持ちを抱えることに。実家近くで暮らすきょうだいや、長女は負担が大きくなりがちです。『ありがとう』の言葉やメッセージでねぎらいましょう」(永井さん)。ときどき、きょうだいが好きなものを送って、感謝の気持ちを示したい。 Q3. 父と母で捨てる基準が違う場合は?父は「もういらない」といっても、母が「まだ捨てないで」ということがしばしば。片づけに対する温度差をどう埋めたらいいでしょうか。(48歳・主婦)A3. “父ゾーン”と“母ゾーン”をつくり、ルールを決めて。 父親には大事なものでも、母親にとってはガラクタでしかないということはよくある。「『父ゾーン』と『母ゾーン』をつくり、相手の持ち物に口を出さない、両方に収納しきれないものは処分するというルールをつくることです」(永井さん)。ゾーンの分け方は、お互いに個室をもつ、リビングの一角にそれぞれのスペースを設けるなど、やりやすいかたちでOK。共有の場にはみ出したものはゾーンに戻せばいいので、イライラすることがなくなる。>>「親」に関する記事一覧はこちら取材・原文/浦上泰栄 イラスト/北住ユキ ※エクラ2022年2月号掲載
  • 老廃物が体内にたまって冷えや代謝不良を招きがちなアラフィー世代。効果が期待できる血流やリンパの流れを促すマッサージに使用する「流して出す」アイテムとは? 3名の先生&美容家の小林ひろ美さんが厳選したのはこれ!教えてくれたのは…松倉クリニック 表参道 田路めぐみ先生松倉クリニック 表参道 田路めぐみ先生形成外科専門医、日本抗加齢医学会専門医。栄養やホルモンの観点からも診療。患者の状態に合わせた柔軟な治療が得意。https://www.matsukura-clinic.com/まいこホリスティック スキンクリニック 山崎まいこ先生まいこホリスティック スキンクリニック 山崎まいこ先生まいこホリスティックスキンクリニック院長。栄養素の消化・吸収と腸内環境にまで着目した酵素栄養学を修得し、 ホリスティック医療を行う。https://mhs-cl.com/植物療法士 森田敦子先生植物療法士 森田敦子先生日本における植物療法の第一人者。フランスのパリ13大学で植物薬理学を学んだのち、日本に植物療法を広めながら、商品開発や産前産後から介護までさまざまな分野で活躍。【流して出す】老廃物を運搬するリンパを軽く流す習慣を!血液やリンパの流れを促すマッサージは、排出効果大! 「お風呂あがりに、全身に張りめぐらされたリンパ管をなでるように軽く流していくだけで、めぐりがよくなり排泄がスムーズに。たった30秒流すだけで、むくみも改善されますよ」(美容家 小林ひろ美さん)。また、運動によって筋肉量を増やし、流れのいい体に導くことも大切。「骨盤底筋やおしりまわりの筋肉に、ほんの少し負荷をかけるだけで十分。運動した際に筋肉から分泌される“マイオカイン”という成分により、脂質代謝や免疫を上げる効果が期待できます」(森田敦子先生)。《排出力を高めるマッサージオイル》「酸化しにくいオレイン酸を90%も配合。また、浸透がよく、めぐりを上げる効果の高いオイルをブレンド」(美容家 小林ひろ美さん)。 セブンフロー ハーブサーキュレイトオイル 150㎖ ¥7,150/美・ファイン研究所植物のパワーがつまったオイル。気の流れをスムーズにし、心のバランスまで調整。 ボディオイル バランス 100㎖ ¥3,960/ワフィトセルライトにも効果的。 ホワイトバーチ ボディオイル グレープフルーツの香り 100㎖ ¥4,180/ヴェレダ・ジャパン「マジョラムの精油は加温作用が高いうえに、リラックス効果も秀逸」(森田敦子先生)。ホホバオイルなどをベースに混ぜて使用。エッセンシャルオイル マジョラム 5㎖ ¥2,970/モンサンミッシェル>>「50代ヘルスケア」記事一覧はこちらから撮影/久々江満(物) 取材・文/中島 彩 ※エクラ2022年2月号掲載
  • 50歳を超えたころからちょっとした段差や石ころにつまづいたり、転んだり…。なぜ50歳になると足にまつわる悩みが増えるのか、50代女性がつまづきやすい原因や対策を足の専門クリニックに伺いました。お話を伺ったのは…久道勝也先生久道勝也先生下北沢病院 理事長・医師。獨協医科大学を卒業後、順天堂大学皮膚科に入局。ジョンズ・ホプキンス大学客員助教授などを務めたのち、2016年にアジアで唯一の足の総合病院として、下北沢病院を設立。日本足病フットケア学会評議員。著書に『新しい「足」のトリセツ』(日経BP)がある。取材したのは… 小田ユイコ小田ユイコ美容ジャーナリスト。出版社に勤務後、独立。『eclat』『MAQUIA』『LEE』『BAILA』などの女性誌や、WEB媒体で美容記事を執筆。「美しさは健康から」をモットーに、女性のカラダに関する取材を長年にわたり行う。1965年生まれ。 【目次】 50代女性がものにつまづく原因 ①アキレス腱が硬い ②ヒールの高い靴を履き続ける 予防・改善方法 ③つまづきを改善!アキレス腱伸ばしストレッチ ④自分の足を知る!足のみえるか検診「足ドック」 ①50代女性がつまづきやすい原因はアキレス腱の硬さにあった今シーズン購入したフワもこのサンダル。ちょっとした段差にも「おっとっと」とつまづいてしまう。アラフィー世代はおしゃれな靴への苦手意識がどんどん大きくなりがち。うっかりものにつまづきやすくなり、ひどいときには転んでしまうこともあるアラフィーの女性たち。もしかして歩く能力が落ちている? その原因として真っ先に思い浮かぶのは、足腰の筋力の低下。在宅ワークも増えましたし、「歩くスピードが以前より遅くなった」「厚底の靴が重く感じられ履くのが辛くなった」といった自覚があるかた、きっといらっしゃいますよね。 一方で、「ちゃんと運動をしているのに!」という人も少なくないはず。実は小田も定期的にジョギングしたり、最近ではテニスに打ち込んだりと、足腰の筋力はそこそこあるつもり。それなのに、どうしてちょっとの段差にもつまづいてしまうのでしょう? 「人が二足歩行するうえで大切なのは、脚の筋力とともにアキレス腱の柔軟性です。ちゃんと運動しているはずなのにつまづくことが増えたというかたは、アキレス腱が硬くなっていて、足首の関節の可動域が狭まっていることをまず疑うべきです」(久道先生)。そういえば小田は若いときから何か運動をするたびに足首の硬さを指摘されてきました。足首自体が硬いのかなと思っていたのですが、なんと原因はアキレス腱にあったんですね!アキレス腱が柔軟だと、足底のアーチがくずれない。アキレス腱が硬いと、足底を押しつぶし、偏平足に。 それにしても、歩くときの足の動きにアキレス腱がどのように関係するのでしょうか。 「正しい歩き方の流れを説明しますと、まずかかとから着地して、次に足裏全体が接地します。そこから重心が前方に移動する過程で、すねが前に倒れます。アキレス腱が柔軟でしっかり前に倒れる人は、足底のアーチが沈み込み衝撃を吸収。さらに重心が前方に移動するにつれてアーチが回復し硬い状態になり、足指で地面をしっかりとけり出すことができます。このけり出しがしっかりできれば、次に足を前に出すときの地面と足のあいだにクリアランスが確保されるので、そうつまづくことはありません」(久道先生)  反対に、アキレス腱が縮こまっていて硬い状態では?  「アキレス腱が硬くてすねがスムーズに前に倒せないと、かかとから足裏への体重移動が急激におこなわれるため、足底のアーチの沈み込みと回復に十分な時間的な余裕がなく、足指で地面をしっかりとけり出すことができません。いわゆるベタ足、すり足の状態になり、つまづきやすくなってしまうのです」(久道先生) なるほど、結果的につま先が高く上がらない歩き方になってしまって、小さな段差にもつまづいてしまうということか。それに私の偏平足は遺伝のせいと思っていたのですが、アキレス腱の硬さが原因かもしれないのですね。足のすねを10°以上前傾できれば、アキレス腱は柔軟。アキレス腱が実際に硬さをチェックする方法「まっすぐに立ち、アキレス腱伸ばしの要領で、片足を一歩うしろに下げ、前の脚のひざをゆっくりと曲げてみてください。うしろの脚のすねを10°以上前倒できれば、アキレス腱は柔軟です」(久道先生)。アタタッ、実際やってみると思った以上に倒れない(笑)。かかとからふくらはぎにつながるアキレス腱がカチコチで、ストッパーになっている感じがします。 「足のトラブルは、50年の足の使い方の積み重ねの結果。足を専門に診察していると、50歳を境に足の機能は下り坂になっていくのは明らか。アキレス腱はもとより、足まわりの皮膚、筋肉、血管、神経、骨すべてが変化を始めます。 50歳は『足の曲がり角』と心得て、もっと足をいたわってあげてください」(久道先生)。そういえば、顔の肌や髪、ボディラインのエイジングは気にしても、足のエイジングはあまり気にしていませんでした。 「小田さんがものにつまづきやすくなったのは、将来の歩行困難への予兆。硬いアキレス腱は、ほかの足のトラブル、ひいては全身の不調も招きます。毎日元気に歩き続けることがこの先の健康長寿のカギを握っていますから、まずはアキレス腱を柔軟にする意識を持つことから始めてみましょう」(久道先生)。そういえば、アキレス腱は“致命的な弱点”の意味でも使われますもんね。それだけ重要な部分と心得ました。 ②アキレス腱の硬さはヒールの高い靴を履き続けた影響も大きい先生、私これでもストレッチや運動はしているほうだと思うんです。もしかして、アキレス腱が硬いのは遺伝? 「もちろん腱の柔軟性は、遺伝によるところもあります。しかし日々の診察で私たちが感じているのは、50歳を超えると半数以上の人はアキレス腱が硬くなっているということ。これは遺伝だけでは説明がつきません」(久道先生)。 「年齢を重ねるごとに、男女ともにアキレス腱は硬くなっていきますが、特に、50歳以降の女性にアキレス腱が硬い人が多いのは事実です。それは、ヒールの高い靴を履き続けた影響も大きいと考えています。ヒールの高い靴を履くと、つま先立ちのような状態になり、アキレス腱は縮んだ状態に。歩いてもつま先立ちの状態は変わらず、アキレス腱は縮んだままです。ヒールの靴ばかりを履き続けることで、アキレス腱は縮んだ状態があたりまえに。ヒールの靴を履いていないときですら、アキレス腱をのばさずに歩くクセがついてしまうのです」。 今でこそ、スニーカーなどペタンコ靴を履くのがあたりまえになっていますが、50歳前後の女性は、20代のころからパンプスに慣れ親しみ、おしゃれな女性ほどヒールの靴を履いてきたという事実が。かくいう小田も、40代まで7~10cmヒールの靴を履くのが日常でした。 「アキレス腱を伸縮させ、しっかり指先で蹴り出す歩き方ができるのは、4cmヒールまで。4cmを超えるとアキレス腱の伸縮がなくなるだけでなく、足の位置がつま先のほうにズレて、足指が靴先に押し付けられてしまい、足指や爪の変形にもつながります。もちろん、靴のデザインや素材などによっても差はあるのですが」(久道先生)。 小田のつまづき靴はパンプス。すぐに靴のつま先が擦れて、傷んでしまう。ヒールの高さが4cmを超える靴を履き続けていると、アキレス腱の伸縮が悪くなり足にとって負担に。「ヒールは低くても、バックストラップのないサンダルや、アウトソールの素材が硬すぎて足指でけり出せない靴は、歩行時に足が靴の中で動くためにスムースな歩行を妨げます」(久道先生)。ペタンコなサンダルはじっとしていれば楽だけれど、確かによくつまづくかも。 「デザイン性の優れた靴を履かないでくださいとは申しませんが、ぜひハレの日に。ひじ、肩の故障を避けるためにプロ野球の投手に100球制限があるように、女性の足も『消耗品』。ヒールの高い靴を履いたらしっかり休ませて、メンテナンスをする必要があるのです」(久道先生)。 ヒールの高い靴やサンダルのおしゃれをあきらめる必要はないが、シチュエーションによってスニーカーと履き分けたり、足に負担をかけたあとのメンテナンスは必須。アキレス腱が縮こまったままにならず、しっかり伸縮させる歩き方をするには、どのような靴を選べばいいのでしょうか。「まずは自分のつま先の形に合ったものを選ぶこと。つま先の形はエジプト型、ギリシャ型、スクエア型の3つに分類されますが、日本人に多いのは親指がいちばん長いエジプト型。次に多いのが人差し指がいちばん長いのがギリシャ型で、指の長さがおよそ均等なスクエア型は非常に珍しいです。また、指の長さだけでなく足の幅にも合っていることも重要です。各ブランドによって靴の木型は異なるため、さまざまなブランドの靴を試着してください。一度このブランドの靴は自分の足に合っているとわかれば、靴探しがラクになります」(久道先生)。 「さらにはかかとの骨が安定するよう、かかとがしっかりホールドされる靴を。またアウトソール(靴底)は硬くてしっかりしたものを。足指のつけ根の部分でのみ曲がる靴が理想です。靴ひもを結ぶ靴は足の甲を固定し、足の動きを機能的にするので望ましいです」。 「理想的な靴を自分で見つけるのは難しいので、シューフィッターのいる店で購入することをおすすめします」。コロナ禍でネットで靴を購入することが増え、デザインとだいたいのサイズで取り寄せ、とても歩きにくかったという失敗を最近繰り返している小田。やはり、靴はしっかり試着することが大事ですね!  ③アキレス腱の柔軟性を取り戻す簡単ストレッチ法これから先も、ものにつまづかず、いつまでも快適に歩ける足でいるためにアキレス腱を柔軟に保つ方法、教えてください! 「アキレス腱伸ばしを毎日の日課にすること。これに尽きます! いろいろな足のお手入れ法はありますが、アキレス腱伸ばしが基本中の基本です」(久道先生)。 長年のヒール生活で縮こまってクセがついてしまったアキレス腱の柔軟性を取り戻すのですね! でも私、ストレッチも運動も折に触れてやっているのですが……。「そういうかたでもアキレス腱が硬いケースは、けっこう多いのです。ストレッチをしていてもアキレス腱にきちんと響いていなかったり、運動もアキレス腱が縮こまった状態で行っていたりするからです」 どうすればアキレス腱をしっかり伸ばせますか? 「壁を使って行うと、安心して上体を前に倒せ、しっかりとアキレス腱を伸ばすことができます」 毎日実践!アキレス腱伸ばし簡単ストレッチ法 【1】壁の前に立ち、両手を肩の高さで壁に当てる 【2】アキレス腱を伸ばしたいほうの足を一歩うしろに下げる。このときつま先はまっすぐ前に向け、かかとが浮かないように 【3】壁に体重を預け、前の足の膝をゆっくりと曲げる。アキレス腱が伸びるのを感じながら、そのまま30~60秒キープ。その際、昔、学校の準備体操で行っていたような反動をつけた動きはNG。足を入れ替えて同様に。これを5セット繰り返す。小田もさっそく実践! 足の向きは開いたり内側に向けたりせず、「まっすぐ前方」に。上半身は腰が反ったり背中が丸まったりしないよう、まっすぐをキープ。「無理をせず、イタ気持ちいいくらいの伸ばし加減で。最初はあまり伸びなくても、だんだんに伸ばせるようになってきます」(久道先生)。最初はアキレス腱がピキピキ硬いのを感じていたのですが、数日繰り返すうちに、だんだん伸びがよくなり、1週間たつ頃にはかつてないほどすねが前傾するように。なんと、足裏をベタッとつけたままでしゃがむこともできるようになり(今まではかかとを上げないとしゃがめませんでした)、床をちょっと拭いたりと、日常動作がラクに。 何より、今は2週間たったのですが、歩行もかなり変わった気が。まず、つまづくことがなくなったし、足指の蹴り出しもしやすくなって、スッスッと足の運びがスムーズに。キビキビ歩けるので、ウォーキングが楽しくなったのには、われながらびっくり! 久道先生によると、続けることでこむら返りがなくなったかたも多いといいます。 ほかに、足のためにできる簡単なこと、ありますか? 「自分の素足をよく見ること。みなさん、顔の肌はよく見るのに、自分の素足はあまりご覧にならない。ぜひお風呂にはいったときやお風呂上がりに、左右の足を比較して。甲の具合、足指の形や間隔が左右対称かどうか、皮膚の色で赤くなるなど変色しているところはないか、チェックしましょう。また足の裏を見てタコやマメの位置を確認。どの靴でできたのか考えてみましょう」。毎日足をチェックすることで足への意識が自然と高まり、足に負担をかけない靴のローテーションを考えるようになりますね。 毎日、甲や指、指のあいだが左右均等かチェック。タコやマメができている位置を確認。「小田さんのように長年アキレス腱が硬かったことから、偏平足に陥ってしまった人におすすめなのは『タオルギャザー』。椅子に座った状態で、床に敷いたタオルを足指でたぐり寄せるだけなので、ぜひトライしてください。また足指でグーチョキパーをする『足指ジャンケン』もおすすめです」(久道先生) タオルギャザーは下の要領で。『足指ジャンケン』はグーは5本の指の付け根の関節からしっかり曲げるように意識。チョキは親指と人差し指を引き離すようにして広げて。パーはすべての指が離れて扇状に広がるよう意識して広げます。 タオルギャザーは椅子とタオルを用意すればOK。床にタオルを敷いて、その上に足をのせる。かかとを浮かせないようにして、足の甲が丸くなるようにしながら足指でタオルをたぐり寄せる。55年使い込んだ結果の偏平足に、すぐにアーチが戻ってくることはないかもしれませんが、アキレス腱の伸縮を使い、足指をしっかり返す歩き方とともに続けていけば、足の健康は上向いていきそう! これまで使うだけ使ってろくなお手入れもしてこなかった足に、急に愛着が湧いてきた小田。これからも長いお付き合いになるのですから、もっと大事にしてあげなければと思います。 ④自分の足を良く知るための「足ドック」とは?50歳が「足の曲がり角」であることを知ってガクゼンとしつつも、今気づけて本当に良かったと、今回の取材で感じている小田。最近始めた趣味のテニスも、細々続けているランニングも、元気な足があってはじめて楽しめること。 コロナ禍が明けて旅行に出るなど行動半径が広がれば、ますます足の健康は必須。何より人生100年と言われる時代に、まだまだ足のお世話にならなければならないのに、ここでエイジングやトラブルをだまって見ているわけにはいきません。 「気づいていただいてうれしいです。これまで、足のトラブルは軽視されてきましたが、今回のアキレス腱の硬さだけでなく巻き爪などの爪のトラブル、タコ、ウオノメ、足のむくみ、痛みなど、足のトラブルは実にさまざま。また、『足の心筋梗塞』と呼ばれる血行障害は、進行が早く、最悪の場合切断に至ることもあり、足の色調不良、冷えには早めの対処が必要なのです」(久道先生)どこに相談したらよいのかわからない足のトラブル。足の専門病院で診察を受けるという選択肢も。足の総合病院、下北沢病院では『足ドック』を実施していると聞きました。「はい、『足のみえるか検診』と呼んでいます。この検診でわかるのは、水虫や乾燥などの皮膚や爪のトラブル、動脈硬化や静脈の異常、足底圧の測定や靴のサイズ・歩き方の指導、足の変形はアーチの状態の確認、可動域や筋力、骨密度です」(久道先生) 『足のみえるか検診』、ほかでは行っていないのでとても興味深いです。どんな人におすすめですか?「いつまでも元気に歩きたいかた、『エクラ』の読者のように足元のおしゃれを楽しみたいかた、立ち仕事や運動量の多いかた、むくみやしびれなど何らかのトラブルがあるかた、糖尿病のかたにおすすめです」 「足のみえるか検診」の検診・検査項目は血流検査、骨格検査、身体機能検査、歩行検査、フットケア。レギュラープラン ¥88,000(第1・第3土曜日に実施)、プレミアムプラン¥148,000(第3木曜日に実施)「足のみえるか検診」で行われる、足の運動機能測定。理学療法士が正しい歩き方の指導も行う。「プレミアムプランでは、靴を履いた状態でのレントゲン検査も行っています。ふだんよく履く靴や、お気に入りだけれど痛い靴などをお持ちいただいて検査します。着用したとき、足元の骨格がいったいどのようになっているのかが一目瞭然です。必要に応じて提携している義肢装具士からの靴のアドバイスを受けたり、適した靴やインソールをオーダーメイドすることも可能です」(久道先生) 1年に一度、健康診断や人間ドックを受けるように、足の健康状態もチェックしたいもの。近々受けに行こうと心に決めた小田でした! ▶︎下北沢病院のホームページはこちらから
  • 片づけヘルパーの永井美穂さんが、実家の片づけについてアドバイス! 今回は片づけで出た不用品について。買取業者に売ってお金に換えられればと思うものだが、実際は難しいよう。片づけヘルパー 永井美穂さん片づけヘルパー 永井美穂さん介護福祉士として在宅介護に携わった経験から、高齢者が健康で安全に暮らせる環境づくりと、片づけの実施を提案。‘09年から日本初の片づけヘルパーとして活動。著書に『親の健康を守る実家の片づけ方』(大和書房)がある。https://www.mie-style.com/実家の片づけの新真実⑧ 買取業者に高く売れるモノはほとんどない。不用になったモノは買取業者に引き取ってもらい、少しでもお金になればと多くの人が考えるものだが……。 「業者が買い取った家具や家電は、その多くがアジアのリサイクル市場に送られます。ところがコロナ禍の影響で出荷が止まり、多くの業者の在庫が過剰に。新品同様の家電や、人気ブランドの廃番になった家具などを除くと、お気に入りの品物でも買取価格が低かったり、買取不可になることがあると心得て」(永井さん)。>>「親」に関する記事一覧はこちら取材・原文/浦上泰栄 イラスト/北住ユキ ※エクラ2022年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND