50代にふさわしいワンランク上の「上質ジュエリー」気分もおしゃれ度も格上げ!

Web eclat

 

【目次】

板谷由夏×伊藤美佐季

①大人のダイヤモンド選び

大人のための“攻めのパール”

②旬のパールの装い方

日常に映えるジュエリー

③「重ねづけジュエリー」の新ルール

 
①大人のダイヤモンド選び

誰もが必ずひとつは手にする貴石の王道、ダイヤモンド。でも、若いころとは違う。さまざまなジュエリーを経験してきたアラフィー世代だからこそ楽しめる、大人のダイヤモンド選び。

GRAFF《グラフ》

洗練されたデザインのリングたち。身につけたときの高揚感は、極上のダイヤモンドだからこそ。薬指のイエローダイヤモンドは、1.51ctsのクッションカット。小指の3点は、両わきのバケットカットダイヤモンドがセンターストーンの輝きを優雅に演出。

上から、2.02ctsラディアントカット、3.03ctsエメラルドカット、2.05ctsマーキスカット。リング〈薬指〉「ザ グラフ アイコン」(WG×YG×YD×D)¥4,650,000・〈小指〉「ザ グラフ プロミス」〈上から〉(PT×YD×D)¥6,200,000・(PT×D)¥14,000,000・(PT×D)¥12,600,000/グラフダイヤモンズジャパン(グラフ) ニット¥23,100/ビギ(デパリエ)

Yuka Itaya

50歳になったらダイヤモンドを買おうとずっと思っていた私。今日出会えたこのソリティアリング、第一候補です!


Misaki Ito

アラフィー世代が今、ダイヤモンドを選ぶなら、これからの人生をともに過ごす価値のある、心から愛せる逸品を!

TIFFANY&CO.《ティファニー》

1.07ctsのイエローダイヤモンドをホワイトダイヤモンドが二重に取り囲むピアスに、ホワイトダイヤモンドのピアスを組み合わせて。色をミックスして重ねづけすることで、ぐっとモダンな印象に。
ピアス〈上から〉「ティファニー ソレスト ピアス」(PT×D)¥836,000・「イエローダイヤモンド ピアス」(PT×YD×D)¥5,225,000・リング「ティファニー エンブレイス バンドリング」(PT×D)¥2,475,000 /ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) ニット¥30,800 /ショールーム セッション(アダワス)

Misaki Ito

イエローダイヤモンドは日本人の肌に よく似合います。大人の表情に 寄り添うピアスなら、その相性の よさをいっそう満喫できるはず。

CHANEL《シャネル》

軽やかで繊細な羽根(プリュム)が、空から耳もとに舞い降りたかのような優雅なイヤリング。惜しみなくちりばめられたダイヤモンドのきらめきが、降り注ぐ太陽の光を思わせ、耳のカーブに添うようなデザインは、職人の技術とシャネルの創造性を体現。ダイヤモンドジュエリーでも大胆なデザインをセレクトできるのは、大人の女性だからこその醍醐味だ。
イヤリング「プリュムドゥ シャネル」(WG×D)¥9,966,000(参考価格)/シャネル プルオーバー¥66,000/三喜商事(JW アンダーソン)

Yuka Itaya

ダイヤモンドはいろんな女性像を 体感させてくれます。このピアスはつけるだけで貴婦人になったよう。立ち居振る舞いまで優雅になりますね。

REPOSSI《レポシ》

ペアシェイプのダイヤモンドがアシンメトリーに密集するリングは、少数民族の装身具に見られる重ねづけのスタイルからインスピレーションを得たもの。イタリアの工房の熟練職人のみが制作できるというブラックゴールドが、エッジの効いたデザインを引き立てる。ラグジュアリーな遊び心が最高に大人向き。
リングともに「ブラストリング」(BLG×D)〈薬指〉¥4,796,000・〈小指〉¥1,760,000/伊勢丹新宿店本館4階=ジュエリー/レポシ(レポシ) ニット¥97,900/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)

Yuka Itaya

エッジの効いたデザインまで 引き受ける懐の深さも、ダイヤモンドの魅力。これもこの石に惹かれる理由のひとつ。

POMELLATO《ポメラート》

ホワイトとは違う、豊かな魅力をもつブラウンやブラックのダイヤモンドは、アラフィー世代の日常にふさわしいしゃれ感が魅力。「サッビア」の長方形のリングは、不規則なパヴェセッティングでホワイトからブラウン、ブラックへとダイヤモンドをグラデーション状に配置。つややかなローズゴールドにブラウンダイヤモンドがセッティングされた「イコニカ」のバングルを重ねて、シックなカラーダイヤモンドを堪能して。
バングル ともに「イコニカ」(RG×BRD)〈上から〉¥1,881,000・¥6,061,000・リング「サッビア」(RG×BRD×BLD×D)¥1,408,000/ポメラート クライアントサービス(ポメラート) タンクトップ¥35,000・カーディガン¥97,000/エスケーパーズ オンライン(ピセア)

Misaki Ito

私が個人的に大好きなのが、ブラウンダイヤモンド。華やかすぎない、控えめでシックな輝きに強く心惹かれます。

いたや ゆか●女優。公開中の映画『ひらいて』に出演。WOWOW『映画工房』のパーソナリティ、ファッションブランド「SINME」のプロデュースなど幅広く活躍。

いとう みさき●スタイリスト。ジュエリースタイリングの第一人者。著書『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』、インスタグラム/@jewelryconcierge_mも好評。

 
②旬のパールの装い方

パール=コンサバティブという固定観念を軽やかに超えて、目覚ましい進化を遂げているパールジュエリー。今どきのカジュアルにモードなスパイスを与えてくれる、大人のための"攻めのパール"術をご紹介!

TASAKI《タサキ》

イノベーティブな造形美が光るイヤカフを大胆に2つ重ねて

パールジュエリーの新境地を開いた、プラバル・グルンによる「タサキアトリエ」コレクション。SAKURA ゴールドの凛としたストリームラインの先に真珠がひと粒セットされた「サージ」は、うねる海の波を大胆なフォルムで表現したもの。滝のダイナミックな自然美をたたえる「ウォーターフォール」は、連なる水滴をパールに見立て、絶妙なグラデーションであこや真珠をセッティング。装着時はワイヤー部分が隠れ、パールが浮かぶように見える革新的なデザイン。

イヤカフ〈右から〉「サージ」(SG×アコヤ真珠)¥847,000・「ウォーターフォール」(YG×アコヤ真珠)¥682,000 /TASAKI ニットフーディ¥94,000/エスケーパーズオンライン(ピセア)

MIKIMOTO COMME des GARçONS《ミキモト コム デ ギャルソン》

ジェンダーを超えた新たなパールをロングアレンジで楽しむ

ユニセックスなパールジュエリーという新しい価値観を鮮烈に印象づけ、パールの可能性を広げたミキモトとコム デ ギャルソンのコラボレーション。その第2弾には、ファングやスタッズなど、さらに反骨精神を表現する強いモチーフが登場。もちろんつけ方もノールールで!

〈上から〉ネックレス¥660,000・2本つなげたネックレス¥687,500・¥374,000(3点ともSV×アコヤ真珠)/ミ キモト カスタマーズ・サービスセンター(ミキモト コム デ ギャルソンvol.2) ジレ¥58,300・パンツ¥66,000(ともに参考価格)/イーストランド(ヴィヴィビー)

アシンメトリーに揺れるロングパールで予定調和を大胆かつ美しくくずして

存在感たっぷりに揺れるドロップピアスは、ひと粒の淡水パールと複数のクリスタルパールの組み合わせ。ツイストしたデザインのシルバーのカフで、片耳にのみボリュームをプラスして。「ピアスはアシンメトリーにつけるのが今の気分」(伊藤さん)。
ピアス〈右耳〉「パールドロップピアスM」¥53,900・〈左耳〉「パールドロップピアスS」¥50,600(ともにSV×淡水パール×クリスタルパール・ペア価格)・イヤカフ(SV)¥38,500(シングル価格)/エスケーパーズオンライン(ソフィーブハイ) ニット¥97,900/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)

黒のタートルニットをキャンバスに、大きな淡水パールで強さとツヤを盛って

非常に大ぶりで個性的な形の淡水パールを贅沢に連ねたネックレス。自然がつくり出したユニークな形に魅せられる。全長は約28㎝のチョーカーサイズで、シルバーのクールなとめ具の周囲はオニキスが配され、後ろ姿のアクセントに。「ひとくせあるパールチョーカーは、こんなふうにタートルネックに合わせてカジュアルに。2本重ねならさらなる迫力が」(伊藤さん)。
ネックレス(ともにSV×淡水パール×オニキス)各¥179,300/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) タートルニット¥44,000/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー)

1点投入なら、まるでオブジェを身につけているかのような気分になれる新感覚のパールリングを

アーティストのジョージ コジマによる、オブジェとして自立させて飾ることも可能なブラックパールのリング。それはまるで、ミュージアムの陳列棚から気まぐれに抜け出してきたアート作品のようなユニークさ。バロックの黒蝶真珠は惑星のように回転し、シャンクの底部には秘密のブラックダイヤモンドが。「手もとで小さな世界を愛めでているような不思議な感覚になれる、今一番気になるパールジュエリーです」(伊藤さん)。
リング「リトル トレジャー」(YG×黒蝶真珠×BLD)¥687,940 /ジョージ コジマ フーディ¥92,400 /シシ

赤いノットで黒蝶真珠の印象を一新! 華やかさとマニッシュさが両立する旬の手もと

大きさ、色の濃淡、バロックの向きなど、バロックパールの要素をあえてそろえずに連ねた画期的なブレスレット。「赤いノットが新鮮で、洋服がカジュアル化している今の時代にぴったり。クールなシルバーリングでさらにマニッシュに」(伊藤さん)。
ブレスレット〈上から〉¥187,000・¥176,000(ともにYG×白蝶真珠×黒蝶真珠)/ボン マジック リング(SV)¥84,700(ソフィー ブハイ)・レザーシャツ¥206,800(ポステレガント)/以上エスケーパーズオンライン デニム¥27,500/マスターピースショールーム(サイベーシックス)

 
③「重ねづけジュエリー」の新ルール

着こなしが重くなりがちな冬こそ、大人のジュエリーはさりげなく一点よりも、重ねづけの存在感のあるきらめきが有効。重ねるほどに魅力を発揮する、毎日ジュエリーの最新ルールをご紹介。

多彩なモチーフで重ねた極上ダイヤモンドの贅沢

240個のダイヤモンドを配した、ユリの花モチーフのロングネックレス。数字の8やコイン風のペンダントを短めに重ねれば、優美なだけではないカジュアルなムードに。胸もとのプレシャスな輝きが、日常的なニットに高揚感をもたらす。
〈上から〉ラッキー8・チャーム(18KYG×D)¥495,000・ペンダントチェーン(18KYG)¥88,000・シールド・チャーム(18KYG×D)¥319,000・ペンダントチェーン(18KYG)¥143,000・「リリークラスター・ソートワール」ロングネックレス(18KYG×D)¥3,696,000・ピアス(PT×D)¥2,112,000/ハリー・ウィンストン クライアントインフォメーション(ハリー・ウィンストン) ニット¥74,000/ピセア 中に着たブラウス¥31,900/コロネット(デザイナーズ リミックス)

不朽の名品ネックレスは美しいグリーンで鮮度高く

年代も時代も超えて愛される「ヴィンテージ アルハンブラ」コレクション。トレンドカラーでもあるグリーンのマラカイトは、まさにモチーフとなっている四つ葉のクローバーそのもの。同色のステーションネックレスをショートとロングの長さ違いで重ねれば、そのみずみずしい存在感は倍増。エレガントなブラウスに似合うのはもちろん、シャツやニットなどカジュアルなスタイルにつけても素敵。ロングネックレスは2重にしてつけても。
〈上から〉「ヴィンテージ アルハンブラ」ネックレス(18KYG×マラカイト)¥1,108,800・同 ロングネックレス(18KYG×マラカイト)¥2,217,600/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル) ブラウス¥179,300・スカート¥179,300・中に着たボディスーツ(参考色)¥97,900/トッズ・ジャパン(トッズ)

ふとした瞬間に目にとまる、異なる個性のかけ合わせ

太&細、柔&剛、輝き&マットと印象の違うブレスレットやバングルを6本。右手には一点、ヴィンテージライクなデイジーモチーフのカフを効かせて。
〈左手首側から〉バングル(18KYGマットゴールド)¥896,500(キウナ)・〈耳下〉左側につけた右耳用イヤカ(14KYG×D)¥118,800(マリア ブラック)/以上エスケーパーズオンライン チェーンブレスレット(WG×YG×D)¥162,800/ミラモア ファイン ジュエリー(ミラモア) ハシゴ状バングル(18KYG×D)¥330,000/イセタン サローネ 東京ミッドタウン(カラット アー) バイカラーブレスレット(SV×18KYGコーティング)¥41,800/プライマル スネークブレスレット(SVに9KYGプレート)¥19,800・スネークブレスレット(SV)¥19,800/トムウッド プロジェクト(トムウッド) 〈右手首〉カフブレスレット(SV)¥125,000/ブチェラッティ 〈耳上〉イヤカフ(SVに24KYGプレート)¥19,800/サラース カスタマーサポート(サラース) ワンピース¥27,000/エドストローム オフィス(ルメール) カーディガン¥31,900/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット)

スマートな印象に導く、レザー時計とのコンビネーション

時計もアクセサリーのひとつ。レザーベルトの質感が、華やかなだけじゃない知性を加味。ラウンドフェイス時計のミニマルなテイストに合わせて、装飾のないバングル2本ですっきりと仕上げつつ、ダイヤモンドを飾ったバングルで大人らしいクラス感もプラス。
〈手首側から〉ブレスレット(18KWG×D)¥385,000・リング(18KPG×D)¥176,000 /メシカ ジャパン(メシカ) 腕時計¥231,000/大沢商会 時計部(ノモス グラスヒュッテ) バングル(SV)¥45,100/サラース カスタマーサポート(サラース) バイカラーバングル(18KWG×18KBG)¥240,900/ハルミ ショールーム(オー) メガネ¥36,300/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) シャツ¥35,200/エスケーパーズオンライン(ポステレガント)

強さのあるゴールドに、繊細なニュアンスを宿して

華奢なブレスレットとバングルを4本、ゴールドでまとめたリッチで女性らしいスタイル。ひと口にゴールドといっても、18Kと24Kなどそれぞれ加工も質感も違う組み合わせなら、単調にならずセンシュアルな仕上がりに。
〈手首側から〉チェーンブレスレット(18KYG)¥110,000・〈3本目〉モチーフつきチェーンブレスレット(SVに18KYGプレート)¥16,500/ショールーム セッション(マリハ) 〈2本目〉バングル(18KYG×D)¥740,000/ブチェラッティ 〈4本目〉トルサードバングル(22KYG)¥804,100/エムアッシュテ(マリーエレーヌドゥ タイヤック) ピアス(SV×18KYGプレート)¥61,000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) ニット¥19,800/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット)

つける位置を変えて新しい楽しみ方を提案

右手中指&薬指は、細くつながった一本のリング。左手薬指は、3本セットのうちの1本を関節の途中につけて。シンプルなデザインも、つける位置を変えるだけでスタイリッシュに。
〈右手 人さし指〉リング(9KYG)¥220,000/トムウッド プロジェクト(トムウッド) 〈中指&薬指〉2フィンガーリング(18KYG)¥85,800/ヒロタカ 東京ミッドタウン店(ヒロタカ) 〈小指〉リング(18KYG)¥121,000/シハラ ラボ(シハラ) 〈左手 人さし指〉リング(SVに24KYGプレート)¥45,100/サラース カスタマーサポート(サラース) 〈薬指〉3 本セットリング(SVに18KYGプレート×エナメル)¥81,000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) シャツ¥28,600/ドローイング ナンバーズ 新宿店(ドローイング ナンバーズ)

4つ並べた丸いモチーフに大人の遊び心を感じて

カラフルなまん丸リングが連なる様子に、なんだか愛らしさを感じる。人気のカレッジリング風リングは、一本でもしっかりした存在感があるけれど、大人はあえて4本同じ形で重ねることでジュエリー上手を印象づけたい。色も素材も大きさも異なるキャラクター性のあるコンビネーションが、手もとをチャームアップして見せてくれる。片手に4本重ねるアンバランスさも、小粋なムード。
〈人さし指〉リング(18KYG×黒蝶貝)¥220,000/ハジャルアスワド 〈中指〉リング(18KYG×カーネリアン)¥96,800・〈薬指〉リング(18KYG)¥162,800/ホワイトオフィス(ジジ)〈小指〉リング(18KWG×18KBG)¥174,900/ハルミ ショールーム(オー) ニット¥37,000/エドストローム オフィス(ルメール)

鮮度の高い重ねづけで色石リングの魅力を更新

主役は、右手につけたラピスラズリの深いブルーの色石。2フィンガーや関節リングなど、シャープな形状のリングと重ねづけすることで、フェミニンな色石リングのイメージを高感度にアップデート。左手には肌なじみのいいピンクゴールドをミックスして、奥行きのある印象に。
〈右手 中指〉チェーンリング(18KYG)¥91,300/エスケーパーズオンライン(キウナ) 〈薬指〉カボションリング(22KYG×ラピスラズリ)¥612,700/エムアッシュテ(マリーエレーヌ ドゥ タイヤック) 〈左手人さし指&中指〉「サクセス」2フィンガーリング(18KYG×WG)¥429,000・〈薬指の関節〉「シャンスアンフィニ」チェーンリング(18KPG×D)¥165,000/フレッド カスタマーサービス(フレッド) 〈薬指〉リング(18KPG×D)¥568,700/伊勢丹新宿店本館4階=ジュエリー/レポシ(レポシ) ブラウス¥42,900/ハルミ ショールーム(アキラナカ)
▼その他のおすすめ記事もチェック
"装いに辛口で洗練された印象を演出してくれる"と、おしゃれ上級者からの注目が集まっている、黒が主役のジュエリー。頼れるブランドからこだわりのブラックジュエリーを選べば、大人の日常に上質な個性をくれるはず。
昨春登場した「ティファニー T ワン」のローズゴールドのアイテムたち。秋にはイエローゴールド、ホワイトゴールドも加わり、またたく間にアラフィー世代のステディジュエリーに。つけるだけで幸福感に包まれるその魅力とは?
マスク必須の今、大きいピアスやフープピアスなどは、つけはずしのたびにひっかかりが気になるもの。ヴァン クリーフ&アーペル、ティファニー、シャネル、ブシュロンなど、大好きなジュエリーブランドから厳選した、小さくても美しく映える耳もとジュエリー「小さなピアス」で"マスク映え"確実!
年齢とともに"シンプルな服をさらりと"がむずかしくなり、服だけだと心もとなく感じる今日このごろ。でも、大人こそ似合うといわれるジュエリーを味方につけている女性は、どこか素敵なムードをまとっているよう。上質なジュエリーを、デイリーに、惜しげなく。美しいつやめきや品格を日々さらりと楽しむ気持ちは、おしゃれを自然と輝かせ、自分にきちんと手をかけている自信にもつながり、たたずまいまでエレガントに見せてくれる。
年齢と経験を重ね成熟していく大人の肌に、優しく寄り添ってくれるゴールドジュエリー。そう、エクラ世代はゴールド適齢期! 太陽の光がまぶしいこの季節なら、よりいっそうゴールドのつややかな輝きを楽しめるはず。
近年、機械式時計にもレディースモデルが増え、本物志向のエグゼクティブ女性にふさわしい時計がますます充実。ビジネスシーンで一目置かれ、身につけるだけで自信がみなぎる、端正で知的な珠玉の名品時計を厳選。ロレックス、カルティエ、シャネル、フランク ミュラーetc.人気ブランド勢ぞろい!
撮影/岡本充男 東 京祐 ヘア/ Shingo Shibata(eight peace) KENSHIN(EPO LABO) 左右田実樹 メイク/ASAMI TAGUCH(I home agency) 津田雅世(mod’s hair) 佐々木貞江 スタイリスト/伊藤美佐季 古牧ゆかり モデル/板谷由夏 リー・モモカ RINA 取材・原文/大野智子 東原妙子※次の略号を使用します。WG=ホワイトゴールド、YG=イエローゴールド、RG=ローズゴールド、BLG=ブラックゴールド、PT=プラチナ、D=ダイヤモンド、YD=イエローダイヤモンド、BLD=ブラックダイヤモンド、BRD=ブラウンダイヤモンド ※エクラ2021年12月号掲載
関連記事
  • 着映え度100点満点な「ロングスカート」を、冬のワードローブの一枚に迎えたい。十分な長さがあるから体型カバーも防寒対策も簡単。暖かみのあるベルベット素材のスカートは、明るい水色をチョイスして冬コーデの華やぎに。冬に着るきれい色スカートは暖かみのあるベルベットを選んでウエストゴムのギャザータイプながら、全体はナローシルエットなのでクールなムードのベルベットスカート。冬に着るライトブルーが新鮮。 スカート¥49,500/アマン(アンスクリア) コート¥121,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ニット¥38,500/エイトン青山(エイトン) サングラス¥33,000/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス¥82,500/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) バッグ¥291,500/ジミー チュウ 靴¥79,200/アマン(ペリーコ)「冬ファッション」に関する記事一覧>>撮影/渡辺謙太郎 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/RINA 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2022年1月号掲載
  • 大人になじむ人気のカラー「くすみ色」。ぼんやり感を払拭するためには、小物で“硬さ”を加えてみて。メリハリをつけることでくすみ色の柔らかさがきわだち、ぼんやり感&老け見え回避にも!スタイリスト 大草直子スタイリスト 大草直子おおくさ なおこ●ファッションエディターとしてキャリアを積み、スタイリストに。執筆、イベント出演、そして商品開発やブランドのコンサルティングなど幅広く活躍し、大人の女性たちから絶大な支持を集めている。新メディア「AMARC」も人気。 Instagram:naokookusa
  • 室長Mの偏愛コレクション初の秋冬バージョン。長らく愛用していたり、好きすぎてリピート買いしたアイテムの中から、特にヘビロテ率の高い「Room no.8」のフェイクレザースキニーをご紹介。Room no.8 フェイクレザースキニー※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますストレッチが効いていて快適! 美脚効果と防寒対策に重宝「Room no.8定番のフェイクレザーとフェイクスエードのスキニー。どちらもストレッチ素材でノンストレスのはき心地です。冬はオーバーサイズのシャツやワンピースのレイヤードアイテムとして活躍。ブーツにインもアウトもできるし、防寒しつつも手を抜いてない感じになるのがお気に入りです。スエード調のベージュは肌なじみがいいのに肌着っぽくならず、ブラックはリアルレザーのようにハードになりすぎないのも魅力。」(室長M)Room no.8 フェイクレザースキニー ¥30,800>>ココが好き!ファスナーつきスリット仕様。裾のシルエットを調整できるのでどんな靴にも合わせやすい。撮影/坂根綾子 スタイリスト/山崎静香 取材・文/大野智子
  • コートを手にする瞬間はやっぱり特別。素敵なコートに出会い、そしてそれをまとうだけで、自分自身が高揚する。このときめきは冬ならではの醍醐味。お気に入りのコートででかけよう! 【目次】 ①ダッフルコート ②テーラードコート ③ローブコート ④Aラインシルエットのコート ⑤ツイードコート ⑥ダブルフェイスの王道コート ⑦ボアコート ①ダッフルコートちょっと冒険!ダッフルコートとケープのユニークな融合。唯一無二のデザインに挑戦するのはワクワクする冒険。いつもより胸を張って歩きたくなる。着るだけで装いに個性が宿る。そんなコートがいい このデザインはほかにない、楽しい! そんな熱い気持ちにさせてくれるアイテムこそ、流行や時代のムードを超え、長い間、おしゃれの相棒になってくれる。ダッフルコートの袖下からライナーを見せることで、ケープのように仕立てたデザインは、動くたびにふわりと広がり、なんともユニーク。身にまとうたび、ときめく。コート¥506,000・ワンピース¥283,800・ピアス¥52,800・バッグ¥201,300・靴¥206,800/マルジェラ ジャパン クライアントサービス(メゾン マルジェラ) ②テーラードコートヴィンテージな香りグレンチェックのテーラードコートはまるでメンズの古着を楽しむようにたっぷりとしたシルエットで。それがまたチャーミングになるから不思議!オーバーサイズなら王道のチェックがまじめにならない 英国らしさが漂う、クラシックなグレンチェック。大人が粋に着るなら、大きめのサイズ感に一票。メンズライクな仕立ても、ちょっとルーズにはおると今どきのカジュアルな雰囲気になる。軽くて暖かいウールゆえ、裏地もなく、しなやかな着心地。ワンピースにさらりと重ねて。 コート¥143,000・ワンピース¥52,800/ビギ(デパリエ) ピアス¥86,900/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) バッグ¥104,000 /スクワット/ルメール(ルメール) 靴¥79,200 /エストネーション(ロランス) ③ローブコートかっこよくルーズにレザートリミングでリッチ度を高めたローブコート。さりげなくパッと着ているように見えたら成功。“こなれ感”こそ大人の醍醐味。リラックス気分のコートはロング丈がやはりいい なめらかなダブルフェイスのウールにレザーをトリミング。襟もとや後ろ姿に絶妙なボリュームが生まれる大きめのフードが、大人の余裕を醸し出してくれる。ニットのセットアップとの組み合わせで、こなれ感を実践して。 コート(ベルトつき)¥204,600・ニット¥102,300・パンツ¥78,100/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ) ピアス¥50,600/ストラスブルゴ(ソフィー ブハイ) バッグ¥47,300/ 3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1フィリップ リム) 靴¥78,100/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ④Aラインシルエットのコートふわりと愛らしく!クチュール仕立ての立体感で、後ろ身頃がふわりと揺れるAラインシルエット。歩いても止まっても360度かわいいのは最高。きれいなフォルムでカジュアルを品よくまとめて ただのAラインシルエットにあらず! 後ろ身頃は肩からたっぷりと生地を使い、横からも後ろからも立体的なラインがきわだつ、クチュール的な仕立てに心酔。前をきちんととめて、そのパーフェクトなフォルムを堪能したい。ウインドーに映る自分もひそかな喜び。黒コートに愛嬌を。 コート(ブローチつき)¥379,500・バッグ¥419,100(ともにランバン)・デニムパンツ¥34,100(エージー)/以上コロネット ピアス¥418,000/ミラモア ファイン ジュエリー(ミラモア) 靴¥86,900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) ⑤ツイードコート凛とした美しさを再発見背すじがピンと伸びる心地よさを、そろそろまた。フリンジをあしらったツイードコートのオーセンティックな存在感が気持ちを高めてくれる。控えめでいて華やかなコートで好感度を高めて 自宅で過ごすカジュアルに慣れきった心に効くのは、端正なコート。外出の予定が入ると、きちんと感のある装いをしたくなるのが大人というもの。カシミヤやキャメルをブレンドしたツイードはほんのりとツヤを帯び、切りっぱなしのフリンジが上品ながらはずむ気持ちを表現してくれる。 コート¥458,700・ボウブラウス¥123,200・スカート¥174,900/キートン ピアス(片耳)¥105,600/伊勢丹新宿店本館4階=ジュエリー/レポシ(レポシ) バッグ¥107,800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ⑥ダブルフェイスの王道コート軽やかに、しなやかにダブルフェイスの1枚仕立ては、空気のように軽いのに暖か。王道のコートこそ、さらっとはおるように着るのが一番の贅沢。今の気分にマッチする、リュクスなベーシック 袖を通すと、自分のためにつくられたかのようにしっくりと体になじむ。ブランドが誇る職人技、ダブルフェイスの心地よさを堪能するのは、このコートを着る特権。ベーシックなデザインながら、リラックス感のある肩や長めの丈に新しさがほんのり漂う。ちょっと厚めのニットに重ねても、すらりと決まるのがうれしい。 コート¥165,000・セーター¥103,400・パンツ¥61,600(3点ともエス マックスマーラ)・バッグ¥77,000(マックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパン ⑦ボアコートフワフワの幸せカーリーな毛足のミルクホワイト。見た目も着心地もなぜかウキウキするのがこの素材のいいところ。コクーンシルエットにゆるやかに包まれて。キュートな素材は小気味よく着るのが正解! クルクルとボリュームのある素材感は、冬ならではの楽しみ。大きな襟とコクーンシルエットで、体をすっぽり包み込み、見た目も着心地も暖か。 コート¥148,500(ストラスブルゴ)・ノースリーブのニット¥53,900(ヴィクトリア ヴィクトリア ベッカム)・デニムパンツ¥28,600(シヴィリア)/以上ストラスブルゴ リング(3本セット)¥86,000/エドストローム オフィス(シャルロット シェネ) 靴¥64,900/エストネーション(ロランス)    ▲ページトップに戻る>>「コート」の記事一覧はこちら▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/酒井貴生(aosora) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/池田奈加子 モデル/富岡佳子 構成・原文/宮崎桃代 ※エクラ2021年12月号掲載 
  • パターンが計算しつくされた完成度の高いデザインだから、誰でも着るだけで理想の美シルエットになれる魔法のワンピースが登場! デイリーはもちろん、同窓会や観劇などのイベントでも自信をもって着こなせるはず。 E by éclat ウエストタックワンピース※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますストレッチが効いているから着心地も快適!高めのウエスト位置にタックを施し、くびれつつふんわりさせているので気になるおなかもカバー。ふっくらとした袖もさりげないポイントに。張りのあるポンチ素材なので、型くずれしにくいのも魅力。E by éclat ウエストタックワンピース ¥20,900>>FABIO RUSCONI ショートブーツ ¥41,800>>縦長&小さめのVあきで首もとスッキリ。体型を選ばず軽やかに着られる、立体的な七分袖。色違いはシックでモダンなブラウン。ネックレス¥15,400/アマン(アンセム フォー ザ センセズ)  バングル¥35,200(アグメス)・バッグ¥25,300(クリスチャン ヴィラ×デミルクス ビームス)/以上ビームス ハウス 丸の内撮影/渡辺謙太郎 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/RINA 取材・文/発田美穂
  • エクラにかかわるおしゃれプロに聞いた「これから欲しいもの」「欲しすぎて購入したもの」。今回は「Room no.8」デザイナーの小島直子さんが登場。生活スタイルが変わった今、快適なだけでなく凛としたものを身につけて背筋を伸ばすことを心がけているそう。プロフィールRoom no.8 デザイナー 小島直子さんRoom no.8 デザイナー 小島直子さんこじま なおこ●’96年よりビームスにて、プレス、バイヤー、新レーベルの立ち上げなどに携わる。’10年よりフリーランスに。’12年に着心地よく、ほどよいモード感を意識した「Room no.8」を発表し、支持を集める。ただ快適なだけだと気持ちまでだらけてしまうから、どこか凛としたものを意識して選んでいます昔から私のスタイルは「NOT かわいい」。リボンやレースも甘く見えないのが好き。自分自身も、凛としたものやどこか芯が通ったものを意識的に着るようにしています。 生活スタイルが変わってしまったここ2年、当初はリラックスすることを心地よく感じていましたが、ここまで続くと気持ちもだらけてしまうような気が。だから、今はあえて仕事中にヒールのある靴を履いたり、きちんとした下着をつけるようにしたりと、どこかで気持ちが引き締まったり、背すじが伸びるものを身につけるよう心がけています。 名品にもそういう力がありますね。デルヴォーの「ブリヨン ミニ」はこれみよがしではないけれど上質で、装いの格も自分の気持ちも上がります。好きなものを買い続けるタイプの私にとって、真夏以外ははけるフェイクレザーのキュロットは、新定番の有力候補。トップスがカジュアルならヒール靴、逆にきれいめなら足もとはスニーカーというふうに楽しみたいですね。【Room no.8】フェイクレザーキュロットパンツストレッチ感ときりっとした光沢で人気のルームエイトのフェイクレザーシリーズから、キュロットタイプが今季は大活躍。キュロットパンツ¥35,200/オットデザイン(ルームエイト)【GUCCI】レザーホースビットローファー「グッチのローファーはこれで3代目。細長いタイプがマニッシュで好き」。靴/小島さん私物【Étoilight】カーブパイプネックレス常につけているイエローゴールドとアコヤ真珠のネックレス。「髪色を明るくしてから、ジュエリーはあえて柔らかい印象のものにしています。ゴールドの色が美しく、真珠の優しい雰囲気が表情もやわらげてくれます」。ネックレス¥97,900/エトワライト【DELVAUX】「ブリヨン ミニ」ベルギー王室御用達のデルヴォーは、小島さんが長年愛するブランド。今季、アイコニックな「ブリヨン」の小さいサイズを購入。「上品なサイズ感とミルクティーのような優雅な色にひと目惚れです」。バッグ「ブリヨン ミニ」/小島さん私物>>「50代のファッション」記事一覧はこちらから撮影/葛川栄蔵(櫛部さん) 坂根綾子(物) スタイリスト/高井 歩 取材・原文/大野智子 ※エクラ2022年1月号掲載
  • 冬はダークカラーや重めの素材が多くなる季節だからこそ、華やぎや女らしさ、さらにかっこよさまで手に入るロングスカートが大活躍。透け素材が幾重にも重なったスカートは、えてトレンチやゴツめブーツと合わせて。立ち姿はすっと落ちてスマートに、座れば美しく広がる、柔らかな透け素材たっぷりとした分量で透け素材が幾重にも重なったスカートは、すそにかけて流れるシルエットが特徴。あえてトレンチやゴツめブーツのようなマスキュリンなアイテムと合わせて、素材のコントラストを楽しみたい。 スカート¥39,600/エリオポール代官山(メドモアゼル) コート¥173,800/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) ニット¥42,900/エイトン青山(エイトン) バッグ¥132,000/八木通商(ザンケッティ) 靴¥128,700/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)「スカート」に関する記事一覧>>撮影/渡辺謙太郎 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/RINA 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2022年1月号掲載
  • ニットを着ると太って見えてしまう。それは、ニットのボリューム感で骨っぽさやすじっぽさが全部隠れてしまうから。ニットの編みが甘いものや、くりの大きいもので鎖骨をのぞかせたり、ネックレスで首もとの華奢さをアピールして。“ニット=イコール太って見える”は簡単に解消できる。スタイリスト 大草直子スタイリスト 大草直子おおくさ なおこ●ファッションエディターとしてキャリアを積み、スタイリストに。執筆、イベント出演、そして商品開発やブランドのコンサルティングなど幅広く活躍し、大人の女性たちから絶大な支持を集めている。新メディア「AMARC」も人気。 Instagram:naokookusa/
関連キーワード

RECOMMEND