リッチなレザートリミングのローブコートはこなれ感を大切に【富岡佳子「印象派コート」で出かけよう】

Web eclat

かっこよくルーズに

レザートリミングでリッチ度を高めたローブコート。さりげなくパッと着ているように見えたら成功。“こなれ感”こそ大人の醍醐味。

リラックス気分のコートはロング丈がやはりいい

なめらかなダブルフェイスのウールにレザーをトリミング。襟もとや後ろ姿に絶妙なボリュームが生まれる大きめのフードが、大人の余裕を醸し出してくれる。ニットのセットアップとの組み合わせで、こなれ感を実践して。コート(ベルトつき)¥204,600・ニット¥102,300・パンツ¥78,100/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ) ピアス¥50,600/ストラスブルゴ(ソフィー ブハイ) バッグ¥47,300/ 3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1フィリップ リム) 靴¥78,100/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

素敵なコートに出会い、そしてそれをまとうだけで、自分自身が高揚する。このときめきは、冬ならではの醍醐味。クラシックなグレンチェックのコートなら、オーバーサイズを選ぶのが今っぽく着るポイント。
コートを手にする瞬間はやっぱり特別。素敵なコートに出会い、そしてそれをまとうだけで、自分自身が高揚する。ダッフルコートの袖下からライナーを見せ、ケープのように仕立てたメゾン マルジェラのコート。ちょっと冒険気分で唯一無二のデザインに袖を通して。
最旬コートをすでにチェック済みのおしゃれプロから、〝今年は軽いアウターが豊富〟とのグッドニュース!コートは肩が凝る、重いコートに手がのびないと感じているアラフィー世代に、買い替えコートを推薦。
ジャストエクラ世代の編集部の“ひと目惚れ”おしゃれアイテムを毎月ピックアップ。今回は冬に向けて、ブルネロ クチネリのダブルクロスコートと、アイコンのクラスプをあしらったエルメスのショートブーツをご紹介。
快適な暖かさとモダンで洗練されたデザインを兼ね備えた"街で着映える"防寒アイテムをピックアップ。 これさえあれば、冬のおしゃれをノーストレスで楽しめそう!
撮影/酒井貴生(aosora) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/池田奈加子 モデル/富岡佳子 構成・原文/宮崎桃代 ※エクラ2021年12月号掲載 
関連記事
  • エクラプレミアム通販 12/10(金)9:59まで TATRAS、THE NORTH FACE、6×1 COPENHAGEN人気ブランド多数。 お気に入りの1枚をお得にGETしてください♪ 対象アウターに使える税込¥55,000以上で¥5,000オフになるクーポン、 税込¥25,300以上で¥2,000オフになるクーポンキャンペーン開催中!  バイヤーイチオシ【これ買いアウター】5選  THE NORTH FACE (ザ・ノース・フェイス)GTX Puff Magne Triclimate Coat※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますTHE NORTH FACE GTX Puff Magne Triclimate Coat ¥58,300>ビジネスからトラベルなどに活用できる3WAY防水透湿ダウンインナー付きジャケット。 インナーとアウターは専用のファスナーで連結して着用することも、それぞれを単体で使用することも可能。     6×1 COPENHAGEN (シックス バイ ワン コペンハーゲン)ショートダウン ※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます6×1 COPENHAGEN×eclat ショートダウン ¥99,000>暖冬が続く昨今、ちょうど良い防寒アイテムとして注目されているのがショートダウン。また、流行のマキシ丈のワンピースやスカートとも相性良いのが嬉しいポイントです。 TATRAS (タトラス)GANO※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますTATRAS GANO ¥126,500>ウエストのシェイプされたシルエットが、ダウンながらもボディラインを美しく見せてくれる1枚。程よいきちんと感があるので、カジュアルからきれい目まではば広いスタイリングが楽しめます Chaos (カオス)アールスーペリアノーカラーコート ※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますChaos アールスーペリアノーカラーコート ¥74,800>ソフトな質感を損なわず適度な厚みを加える為、丁寧にメルトン加工仕上げをしています。このメルトン加工の工程を2回行うことで、風合いを壊さずさらに締まった素材になっています。    ESLOW (エスロー)ローブコート※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますESLOW ローブコート ¥63,800>ベルトとしても使えるマフラーつきの軽やかなコート ジャージー素材でカーディガンのように軽くはおれるコート。    その他対象アウターはこちら> 
  • エクラ世代御用達ブランドのディレクターやデザイナー、誌面づくりに携わるスタッフたちに聞いた「これから欲しいもの」をリサーチ。Chaosディレクターの櫛部さんは、コロナ禍をきっかけに洋服や小物の買い方に変化が。本当に欲しいものを厳選したというお気に入りをチェック!プロフィールChaos ディレクター 櫛部美佐子さんChaos ディレクター 櫛部美佐子さんくしべ みさこ●「大人のための上質な日常着」をコンセプトに、’18年、Chaosをスタート。素材にこだわった洗練されたアイテムはエクラ世代にも人気が高い。軽井沢と東京とのデュアルライフを送る。オーバーサイズだったり、古着っぽさが感じられるものだったり。本当に好きなものを追求しています’20年の軽井沢移住と、新型コロナウイルスの影響による“新しい生活様式”へのシフトが重なったこともあり、ここ最近の私は、洋服や小物の買い方がガラリと変わりました。今は、数多く手に入れるのではなく、とにかく心地いいものや心から好きなものだけをとことん厳選しています。そんな私がワードローブに加えたいものは、ずっと昔から好きだった形やデザインだったり、欲しいと思い続けていたものばかり。例えば、ムートンライダースや今回着用したカシミヤのレタードニットなどは、昔から大好きな古着からインスパイアされたもの。男っぽいものを、オーバーサイズで女性が着るのが素敵だと思います。ザ・ロウの「マルゴー」は、上質なバッグとして憧れていたもの。黒でも茶でもなく……と悩んで、服と合わせやすい理想のエレファントカラーを見つけてついに購入しました。思い焦がれて手に入れたものと過ごす時間は格別です!【Chaos】カシミヤ ジップアップニットきれいな畝(うね)が立ったしっかりした編み地は、スマートでメンズライクな雰囲気。「軽さを求めず、カシミヤ本来の素材感を残したもの。ジップの開け閉めで雰囲気が変えられ、今冬はこれさえあればいいくらい」。ニット¥95,700(カオス)【CINQUANTA×Chaos】ムートンライダースジャケット着込むほど風合いが増し、経年変化も楽しめる。ライダースジャケット¥374,000(チンクワンタ×カオス)/以上カオス丸の内【Apple】「アップルウォッチ シリーズ7」趣味は水泳という櫛部さん。「ガジェットはアップデートしたい派。スイミングのデータもとれるこちらは絶対買い!」。時計「Apple Watch Series 7」¥48,800〜/Apple Storeコールセンター(Apple) 【MONAKA】「ロック」ピアス自分だけの一点を見つけるのが楽しい天然石のピアス。ピアス(ゴールデンルチル/片耳)¥66,000/モナカジュエリー【THE ROW】「マルゴー」櫛部さんは、どんな色とも相性のいいエレファントカラーの「マルゴー15」を愛用。写真は小さめでショルダーストラップつきの「マルゴー10」。バッグ¥391,600/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ)>>「50代のファッション」記事一覧はこちらから撮影/葛川栄蔵(櫛部さん) 坂根綾子(物) スタイリスト/高井 歩 取材・原文/大野智子 ※エクラ2022年1月号掲載
  • ダークカラーや重めの素材が多くなる冬にこそ、主役感たっぷりなスカートが着こなしのアクセントに活躍。十分な長さがあるから体型カバーも防寒対策も簡単。冬のワードローブに最愛の一枚を迎えたい。今回は、レース素材にクローズアップ!「華とツヤのある優しげ素材」が ドラマティック!品格漂うレースにうっとり。日常の華やぎも最高潮に! ダークベージュのフランス製リバーレースを贅沢に使用したスカートは、フェミニン派ならずとも手に入れたい洗練された女らしさが漂う冬の主役。ウエストにあしらったチャコールグレーのリボンベルトが大人の甘さも盛り上げてくれる。 スカート¥121,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ニット¥14,300/エリオポール代官山(エリオポール) コート¥107,800/ユナイテッドアローズ 原宿本店(リア) ネックレス¥27,500/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥264,000・靴¥130,900/ジミー チュウ「冬ファッション」に関する記事一覧>>撮影/渡辺謙太郎 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/RINA 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2022年1月号掲載
  • 旬の半端丈アウターがイマイチあかぬけないというお悩みを持つアラフィー女性は多い。そんなお悩みにスタイリスト・大草直子さんが回答。「バランスがとりやすいのはボリューム感のあるボトム。フィールドコートはチュールスカートでキャンプっぽいイメージを回避して。真逆のテイストを混ぜて、装いを印象的に!」スタイリスト 大草直子スタイリスト 大草直子おおくさ なおこ●ファッションエディターとしてキャリアを積み、スタイリストに。執筆、イベント出演、そして商品開発やブランドのコンサルティングなど幅広く活躍し、大人の女性たちから絶大な支持を集めている。新メディア「AMARC」も人気。 Instagram:naokookusa
  • ダークカラーや重めの素材が多くなる冬にこそ、主役感たっぷりなスカートが着こなしのアクセントに活躍! 心ときめく素材とドラマティックなシルエットで大胆に着こなしがかなう「ロングスカート」コーデ4選をピックアップ。スポーティさを加えた辛口ドレスアップが新しい★スカート¥39,600/エクラプレミアム通販(徳原文子×カオス) ダウンベスト¥53,900/ロンハーマン ニット¥16,500/エリオポール代官山(エリオポール) ★バッグ¥64,900/エクラプレミアム通販(徳原文子×エレメ) 靴¥129,800/ロエフ 六本木店(フラテッリ ジャコメッティ)こちらのスカートはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>こちらのバッグはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>落ち感のきれいな上質ウールが冬のカジュアルを洗練させるスカート¥68,200・ジャケット¥52,800/カオス丸の内(カオス) ニット¥38,500/エイトン青山(エイトン) メガネ¥38,500/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス¥31,900/エスケーパーズオンライン(ハルポ) バッグ¥204,600/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥52,800/ebure GINZA SIX店(ペリーコ)着こなしも気持ちもパッと華やぐ美しく広がるアコーディオンプリーツスカート¥75,900/ebure GINZA SIX店(ebure) コート¥94,600/エストネーション(コート) ニット¥39,600/ロンハーマン スカーフ¥31,900/イレーヴ バッグ¥121,000/カオス丸の内(ザンケッティ) 靴¥81,400/アマン(ペリーコ)クールさ漂うリアルレザーをふんわりスカートで優しげにスカート¥74,800/サードマガジン ニット¥86,900/ebure GINZA SIX店(ebure) バッグ¥165,000/八木通商(ザンケッティ) 靴¥113,300/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)「冬ファッション」に関する記事一覧>>撮影/渡辺謙太郎 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/RINA 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2022年1月号掲載
  • ジュエリースタイリングの第一人者であるスタイリスト・伊藤美佐季さんと、女優・板谷由夏さんによる連載企画「ドラマを生むジュエリー」。今回は、自然を題材にした詩情あふれるジュエリーで知られる、ヴァン クリーフ&アーペルの「ロータス」をご紹介。Van Cleef & Arpels《ヴァン クリーフ&アーペル》ロータス自然を題材にした詩情あふれるジュエリーで知られるヴァン クリーフ&アーペル。「ロータス」コレクションのインスピレーションソースは、美しさや純潔、満ち足りた人生の象徴でもある蓮の花。異なるサイズのモチーフが咲き誇るデザインに、卓越した職人技が存分に発揮されている。指の左右を華麗に飾る「アントレ レ ドア リング」は、立体感あるフォルムが見事。イヤリングはフリヴォルとの重ねづけで甘さもプラスして。リング「ロータス アントレ レ ドア」¥2,943,600・イヤリング〈上から〉「フリヴォル、スモールモデル」¥2,059, 200・「ロータス」¥4,026,000(3点ともWG×D)/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル) ドレス¥51,700・アームウォーマー¥61,600/コロネット(アン ドゥムルメステール) 帽子¥40,700/ショールームリンクス(シノナグモ)Misaki's message フラワーモチーフをあえてくせのある洋服で。そんな遊び心も難なく引き受ける、度量のあるコレクション。モードな大人にこそ似合います。 Yuka's impression 高貴な印象のある蓮の花のモチーフは、身につけると気が引き締まるような気分に! エッジの効いたちょっと辛口な感じが新鮮です。いたや ゆか●女優。NHKドラマ10『群青領域』に出演中。WOWOW『映画工房』のパーソナリティ、ファッションブランド「SINME」のプロデュースなど幅広く活躍。   いとう みさき●スタイリスト。ジュエリースタイリングの第一人者。著書『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』、インスタグラム/@jewelryconcierge_mも好評。/@jewelryconcierge_mも好評。 >>「50歳からのジュエリー&時計名品」記事一覧はこちらから撮影/岡本充男 ヘア/Shingo Shibata(eight peace) メイク/ASAMI TAGUCHI(home agency) スタイリスト/伊藤美佐季 モデル/板谷由夏 取材・原文/大野智子 ※エクラ2022年1月号掲載
  • 今年の冬は半端丈のアウターが旬。でも、イマイチあかぬけないのはなぜ?コンサバに見えがちなウールコートには色やデザインにモード感のあるパンツを。スタイリスト 大草直子スタイリスト 大草直子おおくさ なおこ●ファッションエディターとしてキャリアを積み、スタイリストに。執筆、イベント出演、そして商品開発やブランドのコンサルティングなど幅広く活躍し、大人の女性たちから絶大な支持を集めている。新メディア「AMARC」も人気。 Instagram:naokookusa
  • 今季、華やぎや女らしさ、さらにかっこよさまで手に入るアイテムの「ロングスカート」。十分な長さがあるから体型カバーも防寒対策も簡単な4選をご紹介。ぜひ、冬のワードローブに最愛の一枚を迎えて。品格漂うレースにうっとり。日常の華やぎも最高潮に!スカート¥121,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ニット¥14,300/エリオポール代官山(エリオポール) コート¥107,800/ユナイテッドアローズ 原宿本店(リア) ネックレス¥27,500/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥264,000・靴¥130,900/ジミー チュウ冬ニットに映えるツヤ素材。まろやかな華オーラを放ってスカート¥99,000・ニット¥93,500/ブラミンク ピアス¥64,900/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ストール¥29,700/ロンハーマン(アソース メレ) バッグ¥188,100/ジミー チュウ 靴¥110,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)立ち姿はすっと落ちてスマートに、座れば美しく広がる、柔らかな透け素材スカート¥39,600/エリオポール代官山(メドモアゼル) コート¥173,800/マッキントッシュ青山店(マッキントッシュ) ニット¥42,900/エイトン青山(エイトン) バッグ¥132,000/八木通商(ザンケッティ) 靴¥128,700/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)冬に着るきれい色スカートは暖かみのあるベルベットを選んでスカート¥49,500/アマン(アンスクリア) コート¥121,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ニット¥38,500/エイトン青山(エイトン) サングラス¥33,000/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス¥82,500/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) バッグ¥291,500/ジミー チュウ 靴¥79,200/アマン(ペリーコ)「スカート」に関する記事一覧>>撮影/渡辺謙太郎 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/RINA 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2022年1月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND