ブーツなら足先にボリュームが出てスタイルがよく見える【男前な黒ショートブーツ】

Web eclat

細身パンツには、さらに短め丈が好相性。オールブラックなら、無敵の細見えを約束

ほかのショートブーツよりも、さらに短め丈のブーツには細身パンツを合わせて。足もとまで続く全身黒が縦長ラインを強調し、細見えする。
靴(H8.5)¥118,800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ニット¥38,500/プレインピープル青山(プレインピープル) パンツ¥26,400/デ・プレ ボールチェーンネックレス¥24,200・コインネックレス¥25,300(ともにマリハ)・リング¥93,500(ザ レタリング)/以上ショールーム セッション 腕時計¥605,000/オメガお客様センター(オメガ) バッグ¥156,200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン)

今年、圧倒的に人気のある黒の厚底ショートブーツの着こなしをご紹介。秋冬素材のワイドパンツやクロップトパンツには、普通のマニッシュ靴よりも、ショートブーツのボリュームと丈感のほうがバランスがとりやすい。
この秋冬、圧倒的に人気なのがボリュームのある厚底ショートブーツ。男前な黒ショートブーツと一番相性がよいのが実はロングスカート。フェミニンなデザインでもブーツのメンズっぽさが甘さを中和し、こなれた印象に。
今年、注目を集めているボリュームのある厚底ショートブーツ。コートなど全身にボリュームが出る秋冬コーデとバランスがよく、洋服の魅力を倍増してくれるのが男前な厚底系ブーツ。黒を選べばさらにシャープさを添える。
撮影/酒井貴生(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/大沼こずえ(eleven.) モデル/LIZA 取材・原文/新田幸子 ※( )内の数字はヒールの高さで単位は㎝です。(編集部調べ) ※エクラ2021年11月号掲載
関連記事
  •                                                                                                                                                                                                         スペシャルキット。単品販売もあります。 みずみずしい使い心地のハンドクリーム 涼しくなって秋らしい気候になりましたね。 ザボディショップ バニラパンプキンシリーズをご紹介します。 焼カボチャにあたたかみのあるバニラフレグランスがまるでオーブンから漂う焼き菓子のように漂います。甘く優しい香りにホッと落ち着きます。甘すぎない濃すぎない香りでした。ボディバターの使い心地もみずみずしさもある使い心地でちょっと蒸し暑さもあるこの時期に使いやすいと感じました。最近発売したパンプキンのフェイスパックがオンラインでも東京の近隣店舗でも売り切れて出遅れたので後悔していますので気になる方は人気のシリーズなのでチェックしてくださいね。 2021年10月24日数量限定発売 ボディシャンプー シャワークリーム バニラパンプン 250ml 1540円(税込) ボディクリーム ホイップドバター バニラパンプキン 200ml 3080円(税込)ハンドクリーム バニラパンプキン 30ml 1100円(税込) 発泡性のあるカボチャ型のバスボムがセットになったスペシャルキットも5280円で発売。 肌で味わう秋の次はお口で味わう秋の楽しい限定品をご紹介。先週自宅で楽しみました!ドミノ・ピザのハロウィン期間限定ピザ「ハロウィンチャレンジ・クワトロ」発売期間 :2020年10月11日(月)~10月31日(日) 「ハロウィンチャレンジ・クワトロ」①ガーリックマスター、②スパイシーチリガーリックペパロニ③バッファローウィングソース&ガーリック④ハラピニオ&ジョロキアの順に辛さがヒートアップしていく1枚で4段階の辛さを楽しめるハロウィン向けの期間限定商品。 ハロウィンチャレンジ・クワトロを楽しめる種類のブラウザゲームがあって家族で盛り上がりましたよ!4段階の辛さのピザから食べるピザをルーレットで決める「ピザルーレット」と、ピースの食べきる時間を記録できる「ピザタイムチャレンジ」 ルーレットゲームの音楽がディズニーやUSJのパークで流れているような雰囲気でハロウィン気分が出ていますよ! URL: https://www.dominos.jp/ 動画を再生するには、videoタグをサポートしたブラウザが必要です。 ルーレットでどれを食べるか決めて楽しみました!盛り上がりましたよ〜 箱には警告シールが!!
  • 働く女性のバッグとその中身って、普段見られることを前提としていないからこそ、より雄弁にその人のリアルを物語るもの。どんな仕事観を持っているのか、今はどんな働き方をしているのか、バッグの「中身」からそれを探ります。今回取材したのは、オーガニックビューティブランドのディレクター・田上陽子さん。多忙だった以前よりもだいぶ軽やかに変化しているよう。 田上陽子さん(ビューティブランドディレクター) 詰め込みすぎた仕事と生活を見直し、結婚を機に北海道との二拠点生活へ 都心にある自宅は、結婚前に借りた一人暮らし用。光がたっぷり入り「気がいい」「“自分自身がウェルネスでいないと”と気づいて、仕事に忙殺される日々が変わりました」 働き方ヒストリー 23歳:新卒でカルチャー系ベンチャー企業に就職するも方向性が違い1年で退社24歳:転職した企業で、クリエイターのアシスタントやPRの仕事を経験。ものを伝える仕事に目覚める25歳:PR代理店に入社。ビューティなど“オタク”な分野に興味を持つ30歳:マッシュビューティラボに入社。スキンケアブランドを立ち上げ、“ものづくり”の魅力にはまっていく35歳:ディレクターとしてビューティブランド「セルヴォーク」を立ち上げる39歳:一大転機!フリーランス転向。引っ越し、失恋後の旅行中に運命の出会い40歳:北海道在住のワイナリー経営者と交際3カ月で結婚。東京での仕事を徐々に減らし、北海道との本格的な二拠点生活に向けて準備中 仕事だけでなく、生き方の大転換のまっただ中 「セルヴォーク」をはじめ、人気を集めるオーガニックビューティブランドのディレクターとして活躍する田上陽子さん。青山の自宅は、都心の仕事先には至便な場所にあり、出勤は自転車がメインだそう。ケースに入れたPCと「ジル サンダー」の薄型ショルダーバッグをかごに入れて。自宅の仕事スペースであるテーブルにはアロマや香りのいいスキンケアコスメが並び、その日の気分に合わせて選んでバッグに入れるのが習慣。 「実は40代を目前に、仕事が多忙を極め、体調をくずしてしまったんです。『ウェルネスを広める仕事なのだから、自分自身がウェルネスでいなければ』と思い、生活を見直しました。それで昨年末、会社員からフリーランスに転向。この家に引っ越しもして、リセットのために友人と北海道旅行へ。そこで、今の夫に出会ったんです」。相手は北海道の余市でワイン造りをする年下の男性で、交際3カ月で入籍。怒濤の展開!「婚姻届提出の午後には、ブドウ畑で堆肥まきを手伝いました。青山での暮らしとは180度転換です」と笑う。この春から1カ月の半分を余市で過ごし、いずれ本格的に暮らしの軸を東京から移す予定だそう。 「振り返れば、オタク的に掘り下げる仕事に憧れ、模索した20代。30代はそんな中からオーガニックの分野に出会い、ものを作る仕事を続けていこうと思いを固めた10年でした。そして、自分をおろそかにしないライフスタイルを、と考えた現在。パートナーとの出会いによって、すごく大きな変化の中に飛び込んだ感じです。今は働き方だけでなく、広く生き方というものを見つめ直す時期に入ったのかも。幅広く人をまとめ、ディレクションすることから、ブドウ作りのように本質を掘って探究することに興味が戻ってきました」。鮮やかに変わってゆく仕事と生活、今はそれを予感させるように、バッグの中身もどんどんそぎ落として軽やかになっているようだ。 仕事とは自分の価値観を映し出すもの デスクの上にインセンスやアロマなど香りのコスメを常備。出かけるとき数本選んでバッグに忍ばせる ディレクションするブランド「セルヴォーク」は5年目を迎える 北海道、夫と住む家はワイナリーの隣。自動車の運転にも挑戦 バッグは… JIL SANDER どんなコーディネートにも似合うプレーンなデザインと、長く愛せるきちんとしたたたずまいに惹かれた、薄型のショルダーバッグ。PCや資料はバッグの中に入れない。財布、カードケース、目薬やミントのほか、もらいものの“お清め塩”も 荷物は最小限、PCケースを別にして機動力アップ(右上)香りのアイテムは日替わりでセレクト気分に合わせて数本をバッグにイン。今日はアロマオイル「YOU&OIL」(右)と友人が調香してくれた「haLuna」のコロン“yoko”(左)(右下)PCケースはバッグとは別に毎日仕事で使うPCは「nana-nana」のPVCクッションケースに。移動のときは手持ちか、自転車のかごにポンと入れてスマートに持ち歩く 中身の中身(左下)アプリ「Vivino」でワインの勉強中ボトルのエチケットを撮影すると、ワインの詳細情報が表示され、情報共有もできるアプリ「Vivino」。ワインの知識を深めるために活用 中身の中身(左上)自ら手がけた自信作コスメを常備形がフレキシブルな布製ポーチに「セルヴォーク」のコスメを。肌づくりがこれひとつで決まるコンシーラー(右)と新色アイパレット(左) 撮影/田形千紘 取材・原文/久保田梓美 ※BAILA2021年11月号掲載
  • 毎日の気分を上向きに、人生までも楽しくする 「母親がよく作ってくれたこともあり、昔から好きでしたね。僕の中で本格的な"スイーツ革命”が起きたのは20代中盤、テレビ東京の『TVチャンピオン』の担当だった頃。菓子職人選手権のリサーチで出合ったスイーツに『うんまい!!』と感動したんです。小さな世界に多くの発明が潜み、まるで映画や舞台作品に触れているみたいで。『これは奥が深い』と、食べ歩くようになりました。今も外回りの日は、余裕があれば早めに現地へ赴き、近くの喫茶店やケーキ店でスイーツを食べたり、現場への差し入れを買ったりも。 なぜ“掘る”のかといえば、趣向を凝らしたスイーツが増え、その出合いが楽しいから。どの世界でも天才と呼ばれる人がいますが、共通点は伝統に基づきながらも既成概念を壊し、新しいものを生み出すパワーがあること。スイーツならそれを自分の舌で味わっておきたいし、人に伝えたいし、食べる時間までも大切にしたいな、と。 スイーツには気分をぐいっと上向きにしたり、嫌なことがあっても『まいっか』と帳消しにする一発逆転の威力があるんですよね。それは映画でも漫画でも音楽でも同じで、自分の世界の中に“好きなもの”が多くあるって、生きていく上で武器になるんじゃないかと。生きるってやっぱり大変。だからこそストレスを軽くし、気持ちの逃がしどころをたくさん持っておく。そうすればつらさが和らぎ、人生が楽しくなると思うんです」 Profileさくま のぶゆき●1975年生まれ。プロデューサー、ディレクター。テレビ東京系「ゴッドタン」や「あちこちオードリー」などを担当。「オールナイトニッポン0(ZERO)」で水曜日のパーソナリティも務めるほか、YouTube「佐久間宣行のNOBROCK TV」もスタート。 >>旬をいただく喜びをおすそわけ。スペシャル・マロンナイト2021
  • 画面上からも人柄のよさがビシバシ伝わる、差し入れ上手の朝日奈央さんが、マネジャーの河西愛弓美さんと緊急参戦 Profileあさひ なお●1994年、埼玉県出身。元「アイドリング!!!」のメンバーでマルチタレントとしてあらゆる番組で引っ張りだこ。テレビ東京系「ゴッドタン」にレギュラー出演中。YouTubeチャンネルも開設。差し入れはなくてもいい。でも、あると潤滑油になる(朝日さん)ドレス¥79,200/PR01.TOKYO(THE KEIJI)佐久間(以下佐) ご足労いただき、ありがとうございます。朝日(以下朝)&河西(以下河) ドッキリじゃないですよね!?佐 僕もそんな気がしてならないけど、マジらしい。以前、「朝日奈央の差し入れがスマートでウマい」って話したら、まさかの討論企画になっちゃって。朝 恐縮ですが、うれしいです。佐 「ゴッドタン」の前室は、親戚の集まりみたいな居心地のよさ。朝日はちょくちょく差し入れを持ってきてくれるんですが、「タネビッツ」とか「伊勢屋」の梅大福とか、どれもセンスがいい。最近、何か見つけた?朝 「ダンデライオン・チョコレート」ですね。カカオの産地や含有量でいろいろな味の板チョコレートが楽しめるんですが、包装も素敵で、プレゼントにおすすめなんです。じつは私に限らず、事務所スタッフ全員がおいしいもの好きでして……。河 誰かがおいしいものを食べていると全員が群がる、という食に対して貪欲な事務所でございます(笑)。ゆえに差し入れにかける情熱も異常に高く、マネジャー同士、差し入れの話題で常に盛り上がっています。佐 河西さんにいただいた予約必至の「ケンズカフェ東京」のガトーショコラ、最高でした!河 私のテッパンです。チョコレートが濃く、ねっとりしているのにグルテンフリー。推しすぎて、もはや回し者のようです。佐 チームで差し入れ上手なんだ! これに対抗すべく、収録まで10分しかないのに「誰かの誕生日?」「どこから食べるんだ?」みたいなどデカいスイーツを差し入れる野呂佳代が、個人で奮闘しても勝てないな(笑)。朝 あはは、野呂さんらしい。たしかに収録前は、歯にはさまりにくいフルーツ系とか人気ですよね。「堀内果実園」の梨のドライフルーツは、好きすぎて取り寄せたほど。あと「ゴッドタン」のみなさんから誕生日にもらった「キル フェ ボン」のタルトは、改めておいしいなと。佐 わかる、僕も妻の誕生日ケーキにしたもん。まぁ正直言えば、差し入れって別になくてもいいもの。でも、前室にあって「おいしいね」と会話するだけで、その場が温まり、いい感じで収録に流れられるんだよね。朝 わかります。タレント同士って収録直前で初めましてのことが少なからずあって。そんなときはお互い“ひたすら天井を見つめる”しかできない(笑)。差し入れがあるだけで、話すきっかけになるのでありがたいです。河 初対面で好みがわからないときは、苦手な方が少ないであろう「間瀬カフェ」のコーヒーゼリーや、日持ちがして食べやすい「とらや」の小形羊羹をお持ちします。佐久間さんがおっしゃるとおり、差し入れはマストではないですが、マネジャーとしては、ご挨拶や感謝の気持ちを伝える大切なツール。あくまでも主役はタレント。一番身近な応援団として、人気を後押しできたらと思っています。佐 お心遣いに感謝します。朝日は、視聴者感覚で番組を楽しんでくれるから、その視点や笑いが制作の基準になる。何より朝日も野呂も、性格がいいよね。朝 「ゴッドタン」は私にとってのホームで、佐久間さんは絶対に面白いほうへ誘導してくれる“交通安全のおじさん”みたいな存在。う、うれしいです(涙)。佐 なんだそれ(笑)。にしても、こんなこと初めて話したから、マジで恥ずかしいな。 亀田製菓のタネビッツプレミアムすぎる柿の種。「焦がし醤油」「クラックピーナッツ白トリュフ塩仕立て」。1箱(5袋入り)¥648/阪急うめだ本店 ダンデライオン・チョコレートのマヤ・マウンテン, ベリーズ 70%カカオ豆からバーになるまでの全工程を一貫して行うビーントゥバーチョコレート。1枚¥1,296/ダンデライオン・チョコレート・ジャパン ケンズカフェ東京の特撰ガトーショコラ「DOMORI」の創始者によるオリジナルブレンドチョコレートを使用。小麦粉不使用で至極の口どけ。1本¥3,000/ケンズカフェ東京 キル フェ ボンのフルーツタルト10月末までの「シャインマスカットのタルト」¥864・9月末までの「福岡県産イチジク"とよみつひめ"のタルト」¥702/グランメゾン銀座 >>今夜はスイーツを語りつくす! 佐久間Pのマロンナイト・ニッポン 特集TOPへ
  • 夏にサヨナラを告げ、新たなトレンドの潮流にのれる、旬な秋冬小物をいち早く取り入れたい。ツイストのきいた、風味豊かなアレンジを紹介ヘッド小物で、顔まわりを大胆に覆って頭からあご下をガードしたルックはランウェイでも多数登場し、旬なムードをもたらす。 1 ビーニーとひざ下まで長さのあるロングマフラーが融合した帽子。薄手のドレスとダウンジャケットのミスマッチを、モードにつなぐ橋渡しを担ってくれる。マフラーつきニット帽¥69,300/三喜商事(ミッソーニ) ダウンジャケット¥113,300/マックスマーラ ジャパン(スポーツマックス) ワンピース¥64,900/ビームス ウィメン 原宿(ユハン ワン) トップス¥24,200/ジョン ローレンス サリバン ニットパンツ¥33,000・ソックス¥4,400/オーラリー 靴¥100,100/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 2 頭巾のようなレザーフードは、シルクのスカーフを仕込んで、スタイリングに優雅なツイストを。フード¥30,800/エスケーパーズ オンライン(ナヌーシュカ) スカーフ¥27,500/アダム エ ロペ(ホルツワイラー) トップス¥79,200/イザベル マラン サングラス¥55,220/ルックスオティカジャパン カスタマーサービス(プラダ) 3 遊び心あふれる目出し帽は、あごまでアウトしてこなれた印象に。ジップつきニットでスタイリッシュに着こなして。ニット帽¥28,600/MIKIO SAKABE コート¥275,000/ジョン ローレンス サリバン トップス¥28,600/フィーニー ネックレス¥16,500/ソワリー 4 同系色のジャケットとともに、乗馬服を想起させるトラッドなムードで身につける。帽子¥25,300/ドール(フミエタナカ) ジャケット¥86,900/エストネーション(レジーナ ピョウ) ニットトップス¥28,500/ジャンシドゥーム パンツ¥31,900/コロネット(デザイナーズリミックス)首に装着すべきは、奥行きのあるネックピース全体の印象をも左右する首元のアプローチで、エッジィに転換するのが気分。 5 つけ襟のような表情のスヌードの進化系。メンズ風のジャケットに、ニット素材を投入して、やわらかなムードをミックス。ネックウォーマー¥25,300/3.1 フィリップ リム ジャパン(3.1 フィリップ リム)  ジャケット¥176,000/PARAGRAPH CO.LTD.(プラン シー) シャツ¥19,800/エストネーション ループタイ¥17,600/TOGA 原宿店(トーガ プルラ) 6 ブルーのフェイクファーのつけ襟が、パテントレザーのハードさを和らげる。つけ襟¥3,850/レイ ビームス 新宿(レイ ビームス) ジャケット¥116,820/ヒラオインク(ナヌーシュカ) トップス¥20,900/ドール(フミエタナカ) スカート¥41,800/オーラリー 7 オーバーサイズのアウターには、結び目を強調したダウンマフラーでグラフィカルに味つけして。ダウンマフラー¥31,900・コート¥264,000・トップス¥75,900/イザ(ニナ リッチ) パンツ¥31,900/コロネット(デザイナーズリミックス) イヤーカフ¥14,300/トムウッド プロジェクト(トムウッド) ピアス¥46,200/エスケーパーズ オンライン(アグメス) 8 大人っぽいタートルネックタイプ。カジュアルなデニムをモードに昇華させるアクセントに。ストール¥71,500・コート¥99,000・ピアス¥29,700/マルジェラ ジャパン クライアントサービス(エムエム6メゾン マルジェラ) ニット¥42,900/グルッポタナカ(リビアナ コンティ)主役級レギンスで、個性を主張する足もとにテクニカルな素材で覆った脚に重ね着をするのが旬なバランス。 1 つま先までサイケ柄な厚手のレギンスは、スリットから足がのぞく巻きスカートと合わせて。肌見せを抑制しても、センシュアルなムードはそのままに。レギンス¥78,100/エミリオ・プッチ ジャパン(エミリオ・プッチ) コート¥52,800/エスストア(シー) シャツ¥81,400/ビオトープ(ガブリエラ コール ガーメンツ) ネックウォーマー¥24,200/PARAGRAPH CO.LTD.(プラン シー) 巻きスカート¥50,930/ヒラオインク(ナヌーシュカ) 靴¥93,500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) イヤーカフ¥153,000/エスケーパーズ オンライン(ソフィー ブハイ) 2 トラッドなチェックスカートに色気を薫らせるのは、レザーのレギンス。今季はブラウンを手に取って。レギンス¥45,100/サザビーリーグ(ウォルフォード) スカート¥96,800/PARAGRAPH CO.LTD.(プラン シー) 靴¥99,000/シジェーム ギンザ(プロエンザ スクーラー) トップス¥29,700/TOGA 原宿店(トーガ プルラ) 3 ローズプリントにスポーティなロゴ入りのトレンカタイプには、ロマンティックなレースのスカートを。ブラックアイテムを駆使したミックス&マッチが完成。レギンス¥38,500/エドストローム オフィス(パコ ラバンヌ) スカート¥57,200/ビームス ウィメン 原宿(ユハン ワン) タイツ¥1,859/H3O ファッションビュロー(カルツェドニア) 靴¥34,100/エストネーション(チェンバー) トップス/スタイリスト私物厚手のグローブで、着こなしにメリハリをインパクトをもたらす手もとの素材感とディテールに視線を集中させて。 4 淑女なドレスをオフビートに転換させる真っ赤なレザー。グローブ¥39,600・レースドレス¥110,000・中に着たプリントドレス¥58,300・ピアス¥13,200(すべてトーガ)・トップス¥47,300(トーガ × トモオ ゴキタ)/TOGA 原宿店 5 花柄のロンググローブをメインにニットカフスで、可憐さを加えて。シンプルなニットを旬に着る。グローブ¥18,700/マメ クロゴウチ オンラインストア(マメ クロゴウチ) ニットカフス¥31,900/シジェーム ギンザ(キャサリンオッシ) トップス¥36,300/パッチワークス(タナカダイスケ) 6 ピンストライプのブラウスに、コーデュロイのジャケット。知的な装いにグローブを投入して、ユーモアをひとさじ。グローブ¥33,000/YOHEI OHNO ジャケット¥133,100/ゴールデン グース 東京店(ゴールデン グース) ブラウス¥29,700/コロネット(デザイナーズリミックス) ブローチ¥24,200/グルッポタナカ(リビアナ コンティ) パンツ¥35,200/ハルミ ショールーム(リブ ノブヒコ)"ジュエリー以上洋服未満"で一点豪華主義に飾る服とジュエリーの中間にあるような装飾アイテムを、レイヤードの仕上げに。 7 ビーズを縫いつけたバンダナで華やかにネックマーク。スカーフ¥59,400/イザベル マラン ベスト(アウターとセット販売)¥75,900/ドメニコアンドサビオ  8 黒いボールビーズのハーネスで、マーブル柄のラメトップスをゴスに味つけ。変化球アイテムはジュエリー以上のデコレーション効果あり。ハーネス¥23,100/DELTA(サスキア ディッツ) トップス¥41,800/ビームス ウィメン 原宿(テセイ) パンツ¥53,900/THE WALL SHOWROOM(フェティコ) 9 まるでワンショルダーのベストのようなボディバッグが新鮮。シンプルなスタイルに眩しいほどのきらめきを添えてモードに魅せる。ボディバッグ¥68,200/ブランドニュース(カラ) ジャケット¥38,500/ジャンシドゥーム トップス¥19,800/THE WALL SHOWROOM(イロット) SOURCE:SPUR 2021年11月号「秋を呼ぶ、"味変"小物」photography: Genki Nishikawa 〈MILD inc.〉 styling: Kanako Sugiura hair & make-up: Yoko Hirakawa 〈mod’s hair〉 model: Sen text: Aika Kawada edit: Ayana Takeuchi
  • 雨降りに「がみちゃんアノラック」でおしゃれが楽しい! 今日の東京は一日中雨で気温も下がり、気分もダウンしそうなところ、このがみちゃんアノラックに元気づけられました 撥水なので、ちょっとした雨ならこのまま街を駆け抜けられるし、身幅に余裕があるから下に着込める。ちなみに私は薄手のタートルとコーディネートしました いろいろなボトムと合いやすい 裾がドロストになってるのも、いろいろなボトムと合いやすいポイント 真ん中のポケットに感激! そしてこの真ん中のポケットに感激  例えばスマホとかペンとかお菓子とか  ちょっと手ぶらになりたい瞬間に、とてもとても便利なんです ベージュはおかげさまで再入荷待ち、ネイビーは今すぐ購入できますのでぜひチェックしてみてくださいね ぽんちゃんより  
  • 超ベーシックコーデに、シックな秋色やインパクト小物が映えて♡きちんとキレイな”白シャツ×黒パンツ”をベースにすれば、忙しい朝の時短は成功したも同然! だってあとは、TPOに合わせたはおりものと小物を選ぶだけでOKだから。内勤オンリーの日ならジャケットよりもカーディガン、ヒールパンプスよりもぺたんこシューズが気分♪ だから今日は、ディープグリーンのケーブル編みロングカーデに、クラシカルなブラウンレザーの甲深バレエ靴で、楽ちん可愛いオフィスカジュアルに。シックな秋色や温かみのある風合いが、シンプルな基本コーデに映えて素敵でしょ♡ 仕上げにインパクトのある黒縁メガネで遊び心をプラスして、ハッピーな一日に!パンツ¥20900/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) カーディガン¥23100(ドレスレイブ)・ピアス¥1540(スリーフォータイム)/ジオン商事 シャツ¥35200/アーセンス ルミネ新宿1(アーセンス) 靴¥4400/アメリカンホリック(アメリカンホリック) バッグ¥23100/ヤーキ オンラインストア(ヤーキ) メガネ¥34100/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン)佐藤栞里の【今日のコーデ】をもっと見る>>【関連記事】>>「今日のコーデ」1週間分おさらい! 10/18(月)からのコーデの参考に>>ブーツもぺたんこ靴も「クリーミーカラー」を選べば秒で大人&おしゃれ!♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡撮影/小嶋洋平 ヘア&メイク/野口由佳(ROI) モデル/佐藤栞里 スタイリスト/大平典子 企画・原文/渡辺真衣(MORE)※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 赤みを含んだ絶妙な濃さがポイントの「濃いベージュ」は、血色がよく見え、ぐっとモダンな印象に。たちまち“今”を感じさせる濃いベージュの着こなしがかなえられる4選をピックアップ!白ニットがアクティブなセットアップを優雅にコート¥220,000・スカート¥159,500/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ニット¥28,600/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) ピアス¥39,600/エイチ ビューティ&ユース(プリーク) ネックレス¥46,200/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥121,000/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥94,600/アマン(ペリーコ)上質な濃ベージュの輪郭で黒の全身に明るさをプラスコート¥178,200(エス マックスマーラ)・ニット¥61,600・バッグ¥86,900(ともにマックスマーラ)・パンツ¥49,500(スポーツマックス)/以上マックスマーラ ジャパン サングラス¥39,600/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ネックレス¥52,800/エイチ ビューティ&ユース(プリーク) 靴¥100,100/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)素材感と温度感を合わせてピンクをワントーン感覚でコート(マッキントッシュ別注)¥141,900/トゥモローランド ニット¥51,700・パンツ¥49,500/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) ネックレス¥8,800(アンセム フォー ザ センセズ)・靴¥52,800(ペリーコ)/以上アマン バッグ¥198,000/シジェーム ギンザ(ザンケッティ)異素材の濃淡を重ねて、旬なフェミニンスタイルにコート(ベルトつき)¥609,400/モンクレール ジャパン(モンクレール) カットソー¥13,200・スカート¥19,800/カオス丸の内(カオス) ピアス¥13,200/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) チョーカー¥35,200/エイチ ビューティ&ユース(プリーク)バッグ¥188,100/ジミー チュウ「秋ファッション」に関する記事一覧>>撮影/渡辺謙太郎 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・原文/松井陽子 ※エクラ2021年11月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND