大人っぽく着こなす!秋のボーダーコーディネート

Web eclat
ボーダアイテムは「大人っぽく着こなしにくい」といったイメージが強くて、今まであまり着ていなかったのですが、最近買った「ユニクロ✖️イネス」のボーダーニットは大人っぽく着れるのでお気に入りです。

ボーダニット✖️デニムのコーディネート
ボーダーとデニムの定番コーディネート。
そこに柄物の大判ストールを合わせて、華やかさをプラスしました。
パリマダムのスナップなどで見かけるボーダートップスに柄物ストールを合わせるコーディネートを素敵だなーとずっと思っていたので、それを参考にしてコーディネートしてみました。
ニット:UNIQLO
デニム:upper hights
ストール:HERMES
バッグ:VASIC
靴:FABIO RUSCONI 
ボーダニット✖️黒ロングスカーのコーディネート
広がりを抑えた黒のマキシ丈スカートと合わせてフェミニンカジュアルな感じに。
アクセントにパープルのファーバッグを合わせました。
ニット:UNIQLO
スカート:Mes Demoiselles.
バッグ:arron
靴:FABIO RUSCONI 
ボーダーニット✖️グリーンパンツのコーディーネート
深みのあるグリーンのテーパードパンツを合わせて、落ち着いた雰囲気のキレイめカジュアルに。
バッグやイヤリングもグリーン系にして、あまり色味を足さずに全体をまとめるようにコーディネートしました。
ニット:UNIQLO
パンツ:UNITED ARROWS
靴:DIEGO BELLINI
ボーダーニット✖️赤タイトスカートのコーディネート
暖かみのある赤系タイトスカート、茶系の小物などを合わせて秋っぽくコーディネートしました。
ニット:UNIQLO
スカート:TOMORROWLAND
バッグ:MARCO MASI
靴:SARTORE 
ほどよくゆとりがあってとっても着やすいニット。
普段着から、ちょっとしたお出かけまで着回しやすいので、この秋冬にたくさん着ようと思ってます。
関連記事
  • モノトーンは飽きませんね。寒くなる前に着た秋の白黒コーデ集めてみました。アクセサリーも白黒ゼブラ❤︎まずは、夏から秋によく着た柔らかいコットンが気持ちいいカフタンワンピースに お友達が作ってくれたころんとポシェットを合わせて。 端境期は12分丈のくしゅっとレギンスをスリッポンにはいていました。 ワンピース・torrazzodonna レギンス・UNIQLO スリッポン・ne quittez pas バッグ・友人のハンドメイドアクセサリーもモノトーン。 ゼブラ柄のレザーバングルとレザーイヤリングは、 『milcomvalley』で見つけたものです。 耳につけた時にハラコがちくちくしないよう 使う人の心地よさを考えた細工。 ハンドメイド、手仕事の良さです。こちらは去年から愛用している antipua の小花柄ワンピース。 バンドカラーにティアードスカート、 総柄だけどアンティーク風なモノトーン花柄で気負わず着られる...好きポイントが満載なんです。 カーディガンやアウターをプラスしてこれから冬も出番が多そうです^ ^ ワンピース・antipua バッグ & Tストラップシューズ・repetto次はマニッシュコーデ。 張りのあるバンドカラーシャツはボタンが黒なので、さらにきりりとモノクロを引き締めてくれます。シャツ&パンツ・naracamicie シューズ・ZARA バッグ・celine最後はハイネックのバンドカラーワンピース。 肩にギャザーを寄せたパフスリーブや胸元のブザム切り替えが、 修道女のようなクラシカルな雰囲気を出してくれます。 今回はあえてコンバースで、外しました。 次はベルトリボンを結ばず思い切りクラシカルに着てみたり、コート風に羽織ってみたりしたいです♩ワンピース・MEDE19F バッグ・Maison Margiela シューズ・converseモノトーンコーデ❤︎やっぱり無限大で楽しい。日々のコーデ ☺︎ My instagram はこちら★一色華菜子
  • 『ZARA』のベーシックニットセーターを購入。試着が大切と実感!急に冬のような寒さがやってきて、この1週間で半袖からセーターへと様変わり。 我が家は、羽毛布団を出して衣替えも完了! にしても、急に寒過ぎですね。 最近『ZARA』で購入したものをご紹介します。 毎年のように販売されている、ベーシックニットセーター。 少しずつディテールを変えてます。今年は、メタルボタンSサイズ(左)とMサイズ(右)を比べてみました。(下の写真) 置き画にしてみると、着丈が結構違いますよね。 試着してみると、Sだと次第に裾が上がってくるかもという不安が…。 私は、お腹周りをしっかりカバーしてくれるMにしました。 ピッタリとしたサイズ感を望むなら、Sでもいいかもしれません。左がSサイズ、右がMサイズMサイズの着丈が分かるように、裾を出してみました。(下の写真)Mサイズ着用Vネックもありますが、今の気分はラウンドネック! サイズ感、ご参考にしていただけると嬉しいです。 【ZARA】 ベーシックニットセーター ブラック、品番5646/121 Mサイズ 3990円 Instagramもやっております。 コメントなどあれば、お気軽にどうぞ♡ ↓ ↓ ↓No.66 risa
  • 季節の変わり目に大活躍する白シャツ。 そんな白シャツを纏って、華組の皆さんとランチに出かけました。鈴木たま江さんと一色華菜子ちゃんと表参道ランチ。 以前私がブログでご紹介したリナズストアを見て、かなちゃんが行ってみたい〜ということで行ってきました。白とピスタチオグリーンを基調にしている、女子率高めなとても可愛らしいお店。 どのお料理も目で見て楽しめ、もちろんお味もgood。 この日に着た白シャツはエンフォルド。 ポワンとしたお袖が可愛くて一枚でも十分存在感のあるシルエット。 長めの丈ですが、ウエスト位置高めで絞れるようになっているので脚長効果もアリ! 細身のパンツで合わせましたが、ショートパンツを合わせたりジレを羽織ってみたり…、いろんなアレンジができそうです。tops:ENFOLD pants:UNIQLO bag: BOTTEGA VENETA shoes: GIUSEPPE ZANOTTI そしてなんとこの日、たまちゃんとまさかの双子コーデ!! お互いに驚き、そして大爆笑!! 靴のレオパード柄まで被るなんて〜!(笑) 一切打合せなしでこんなに同じコーデなんて、運命を感じちゃいました♡ そして細谷奈弓ちゃんがお声をかけてくれて、伊藤美帆ちゃんと一色華菜子ちゃん、そして初めましての根本有加里ちゃんと丸の内ランチをしたこの日も白シャツでした。他の画像を見る新丸の内ビル内にある沢村でランチ。 華組の皆さんはそれぞれに輝く個性があり、会うといつもいい刺激をたくさんいただけます。 今まで知らなかったジャンルのお話を聞けたり、いろんな情報交換をできていつも本当に勉強になります。 tops: Merlette bag: STELLA McCARTNEY boots:ZARAこの日の白シャツはもう何年も愛用しているマーレット。 今年初挑戦したニーハイブーツで甘辛コーデにしてみました。 靴や小物、合わせるボトムスでいろんな表情を見せてくれる白シャツは私のマストアイテム。 この秋もたくさん白シャツコーデを楽しみたいと思います。インスタグラムはこちら木原みどり
  • 大ヒットバッグの新作から人気ブランド同士のスペシャルコラボまで。マリソル編集部が注目する10のNEWSをお届け!▼前半はこちら!NEWS 5 進化系巾着バッグのユナイテッドアローズ別注カラー ランタンのような形の巾着バッグは写真のダークブラウンとほかにもライトピンクが"アローズ"の別注カラー。汚れや傷がつきにくい硬めのリザード型押しレザーが頼もしい。(23×14.5×14.5)¥29,700/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(トフアンドロードストーン フォーユナイテッドアローズ) NEWS 6 実は小さめサイズも支持率急増中!おしゃれが楽しくなる柄の種類も豊富 ビッグバッグのイメージが強い『ア ヴァケーション』でじわじわ人気を高めるミニサイズの"キャラメル"モデル。※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます(右)レオパードミニトートバッグ(23×18×13)¥47,300・(左)トライアングル柄ミニトートバッグ(23×18×13)¥47,300/アマン(ア ヴァケーション) NEWS 7 アエタ新作は味わい深いレンガ色の"ブリックコレクション" デザイナーが以前訪れたバングラデシュの街並みから着想を得たというレンガ色に染まった人気デザインの数々。洗練された色みに魅了される。なかでも軽くて大容量なワンショルダーバッグが合わせやすくおすすめ。バッグ(40×29×10)¥50,600/アルファ PR(アエタ) Tシャツ¥10,780/スローン パンツ¥29,700/アマン(アンスクリア) ストール¥64,900/アイネックス(アソース メレ) ピアス¥22,000(フォークバイエヌ)・バングル¥57,750(ノースワークス)・シルバーリング¥18,700・シグネットリング¥27,500(ともにルフェール)/UTS PR NEWS 8 老舗ブランドから生まれた、モダンなピンクのクロスボディバッグ 時を超えて愛される『ロンシャン』の"ル フローネ"。ラインナップの中で特に注目したいのは、持つたびに心が躍るペールピンク。(右)コンパクトなSサイズ。(20×20× 5 )¥46,200・(左)容量も大きなLサイズ。(28×27× 4 )¥53,900/ロンシャン・ジャパン(ロンシャン) NEWS 9 ブランド初となるリサイクルレザーバッグ。洗練されたバイカラーも素敵 柔らかな質感とぬれているかのような艶で、コーデの鮮度を上げてくれるデザイン。さらに断裁された素材を集積してコーティングしていることで強度も高まり丈夫さもあり! 環境配慮はもちろん、それ以上の魅力あふれるアイテム。(26×20×10)¥24,000/TOMORROWLAND(TOMORROWLAND) NEWS 10 コラボバッグ×別注色。スペシャルなトートは、ビオトープで入手可能 『ハイク』×『チャコリ』に生成りの限定色をオーダー。バッグ(34×50×16)¥27,500/ジュンカスタマーセンター[ビオトープ](ハイク フォー ビオトープ) ボーダーカットソー¥11,880/セント ジェームス代官山店(セント ジェームス) 中に着た白カットソー¥12,100/RHC ロンハーマン(RHC) スカート¥31,900/ティッカ ストール¥39,600/シップス 有楽町店(アソース メレ) カチューシャ¥12,100/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店(アレクサンドル ドゥパリ) メガネ¥48,400/アイヴァン 7285トウキョウ(アイヴァン 7285) ネックレス¥25,300/シンゾーン ルミネ新宿店(カドー) 靴下¥2,860/真下商事(パンセレラ) 靴¥55,000/グラストンベリーショールーム(サンダース)※( )内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です【Marisol10月号2021年】撮影/赤尾昌則(whiteSTOUT) ヘア/左右田実樹(SHIHO分) メイク/佐々木貞江(SHIHO分) スタイリスト/佐藤佳菜子  モデル/SHIHO  取材・文/東原妙子
  • 大ヒットバッグの新作から人気ブランド同士のスペシャルコラボまで。マリソル編集部が注目する10のNEWSをお届け!NEWS 1 大人気のバッグに華やかデザインの新作がお目見え マリソル誌面にも頻繁に登場している『J&M デヴィッドソン』を代表するフリンジバッグ。シックな秋冬ファッションにきかせたい印象的なデザインはおしゃれプロにも狙っている人が多数。※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますバッグ(右)さわやかなブルー。(21×16.5×16.5)¥139,700・(左)遊び心のあるマルチカラー。(22×17×17)¥176,000・キュロット¥61,600/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) ブラウス¥37,400/カレンソロジー青山(シーエスジー) ピアス¥20,900・チェーンリング¥11,000・シルバーリング¥18,700/フラッパーズ(シンパシーオブ ソウル スタイル) NEWS 2 トッズ×ロンハーマンのマイクロバッグは争奪戦必至 コロンとしたフォルムの巾着バッグはどちらもロンハーマン限定カラー。(右)ニュアンスカラーの服と合わせたい優しげなベージュ。(17.5×12×12)¥124,300・(左)目をひくレザーのカットワークも要注目。(11月下旬発売予定)(17.5×12×12)¥204,600/ロンハーマン(トッズ) NEWS 3 RHC限定カラー!実用性とトレンド感を兼ね備えたトート 軽量で丈夫な素材、さらに洗濯機洗いもできることで愛用者の多いトートの限定カラー。表は女度の高いボルドー、内側はハッピー感あふれるサーモンピンク。使うたびに気分を上げてくれる楽しいデザイン。(28×61×25)¥42,900/RHC ロンハーマン(ステート オブ エスケープ) NEWS 4 マルティニークで見つけた、特別なチェーンバッグ 日本ではマルティニークのみで展開される『ステラ マッカートニー』のスモールショルダー。アイコニックなチェーンとハーフメッシュデザインでぐっとあかぬけた着こなしがかなう。(15×23×10)¥111,000/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ステラ マッカートニー) ▼後編もチェック!※( )内の数値は縦×横×マチで、単位は㎝です【Marisol10月号2021年】撮影/赤尾昌則(whiteSTOUT) ヘア/左右田実樹(SHIHO分) メイク/佐々木貞江(SHIHO分) スタイリスト/佐藤佳菜子  モデル/SHIHO  取材・文/東原妙子
  • 「いいパンツ」は私たちアラフォーの毎日になくてはならないもの。その"魅力"と"効能"を改めて分析!Reason #4 ”着回す楽しさ”を満喫できるほかのアイテムに比べ、一本でさまざまな着こなしを楽しめるのもパンツの魅力。新しく買った一本を「どう着よう?」とじっくり考え、それがバシッと素敵に決まった時の快感! これぞおしゃれの醍醐味。白ワークパンツを着回し!For CASUALゆったりニットにチェックの大判ストールで、リラックス感のある上質カジュアルに ただのワークパンツよりきれいめで、ただの白パンツほどコンサバすぎない、いいとこどりの一本を主役に。まずはゆるっとしたイエローのニットを合わせ、リラックス感のあるカジュアルを楽しんで。アウター代わりにチェックストールをばさっとはおれば、華やかさもアップ。パンツ¥35,200(ユニオンランチ)・ニット¥45,100(デミリー)/サザビーリーグ ピアス¥61,600/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ストール¥99,000/ギャルリー・ヴィー 丸の内店(ギャルリー・ヴィー) バッグ¥196,900/ジミー チュウ 靴¥86,900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)For FEMININEレギンス代わりに、ワンピとレイヤード。上級者風のフェミニンスタイルが完成 長めのワンピースには、レギンスよりやや太めのパンツをレイヤードするのが断然今の気分。ミルクティー色のワンピに優しくなじむ白パンツを、スリットからちらりとのぞかせて。とはいえバランスが重く見えがちな着こなしなので、足もとはヒール、頭にはハットで視線を上げる、など小物でさりげなくスタイルアップの工夫を。トーンをブラウン~ベージュでまとめて上品に。パンツ/上と同じ ワンピース¥61,600/エブールギンザシックス(ebure) 帽子¥19,800/ガリャルダガランテ 表参道店(フェンツオ ベッキー) バッグ¥121,000/TOMORROWLAND(ワンドラー) 靴¥94,600/アマン(ペリーコ)For CONSERVATIVEきれいな水色のコートと淡い色同士でまとめて、清潔感のあるきれいめスタイルを楽しむ 白がもつクリーンさを生かせば、きれいめスタイルも簡単に。思わず目が行く美しい水色のコートをグレーのタートルニットでつなげ、全身を上品なペールトーンで統一。アイシーな輝きを放つシルバーの小物を合わせれば、さらに華やかな印象に。パンツ自体がカジュアルなデザインなのでほどよく抜け感が出て、コンサバコーデもどこかフレッシュなムードに。パンツ/上と同じ コート¥231,000/マディソンブルー ニット¥26,400/スローン ピアス¥75,900/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) バッグ¥107,800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥52,800/アマン(ペリーコ)Reason #5 品のあるカジュアルがかなう 最近似合わなくなってきた、そんなカジュアルアイテムも、きれいめパンツに合わせれば即、こなれた印象に。上品な大人のミックスコーデを楽しんで。Tシャツにスニーカー、キャップ。昔は大好きだったカジュアルアイテムが、なんだか最近ルーズに見えてしまう……。そんな時には、きれいめなパンツを一本ワードローブに投入してみて。パンツの上品なたたずまいがカジュアルコーデに一本芯を通し、大人のこなれ感を演出してくれる。パンツ¥31,900・ジャケット¥69,300/ザ ストア バイ シー 代官山店(クチュール ド アダム) Tシャツ¥11,000/イレーヴ カーディガン¥97,000/ピセア 帽子¥14,300/ロンハーマン ネックレス¥46,200/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥170,500/エリオポール代官山(ザンケッティ) 靴¥18,700/コンバースインフォメーションセンター(コンバース)【Marisol11月号2021年掲載】撮影/渡辺謙太郎) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO
  • 「いいパンツ」は私たちアラフォーの毎日になくてはならないもの。その"魅力"と"効能"を改めて分析!Reason #1 アクティブ、かつ前向きになれる!パンツの魅力はなんと言ってもその「動きやすさ」。よしやるぞ! と思った時、パッと動けてさっと駆け出せる。その軽快さが前向きな気持ちを運んでくる!旬のシルエットや着こなし方に変化はあれど、「動きやすいパンツにジャケット」はいつだって働くアラフォーに自信をくれる鉄板コーデ! ベロアっぽい光沢ととろみのあるこんな技ありパンツなら、きちんと感をキープしながら女性らしい華やかさとほどよい抜け感もかなえてくれるはず。 パンツ¥39,600/ガリャルダガランテ 表参道店(ヘリテノノーム) ジャケット¥159,500/マディソンブルー ニット¥25,300/エブールギンザシックス(ebure) ピアス¥35,200/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥148,500/八木通商(ザンケッティ) 靴¥79,200/アマン(ペリーコ) インナー/スタイリスト私物Reason #2 甘すぎない女っぽさが手に入る いつまでも女らしさはキープしたい。でもあからさまに甘いのはいや。そんな時もパンツの出番。きりっとした一本に小物や素材でさりげない色気を香らせて。 「今日は少し女らしい格好がしたい」。そんな日は、あえてパンツを軸にコーデを組み立てるとうまくいく。足をきれいに見せる細身の一本に、思わずさわりたくなるふわっとしたカシミアニット、そして美しいパンプス。あからさまな甘さはないのに、とびきり品があって女らしい。そんなアラフォーの理想の着こなしが簡単に。 パンツ¥29,700/カオス丸の内(カオス) ニット¥74,000/ピセア サングラス¥41,800/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) ストール¥120,000/エスケーパーズオンライン(ピセア) バッグ¥328,900/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥52,800/アマン(ペリーコ)Reason #3 自然とスタイルがよく見える ハイウエストで腰位置を高く。ゆとりのあるシルエットで気になるおしりまわりをカバー。デザインしだいでコンプレックスをいくらでもカバーできるのもパンツの魅力!あからさまな美脚シルエットにヒール! なんて頑張らなくても、自然とアラフォーをスタイルよく見せる優秀パンツを味方にすれば、毎日のおしゃれがもっと楽しく快適に。例えばこのパンツ、一見太めだけど高めのウエスト位置や脚をまっすぐ見せるハリ素材にセンタープレス、と体をきれいに見せてくれる機能が満載。ニットにコートのシンプルスタイルも、それだけで"決まる"!  パンツ¥47,300・コート¥121,000/エブールギンザシックス(ebure) ニット¥91,300/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) バッグ¥139,700/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥97,900/トッズ・ジャパン(トッズ)【Marisol11月号2021年掲載】撮影/渡辺謙太郎) ヘア/左右田実樹 メイク/AIKO ONO スタイリスト/徳原文子 モデル/SHIHO
  • BAILA 11月号が発売されました! 今月号も内容が充実、豪華付録付きです✨ BAILA的 最高の組み合わせ 仕事や家事に買い物、BAILA読者は忙しい毎日を過ごしているかと思います。 毎朝悩んでる暇がない、でもお洒落は楽しみたい✨ そんな願いを叶えるコーディネートが充実しています! 優しさと知性をくれるグレー グレーが優しさと知性を備えて今年、トレンドとして戻ってきました。 甘さや辛さもほどよく、上品に魅せてくれるグレー。私も今期グレーのコートに注目しています そして特に気になったのが、グレーを着る日のメイク グレーをより素敵に見せるメイクが沢山載っていました! 付録はアンクレイヴトートバッグ 今月号の特別付録は アンクレイヴ×バイラ ゴムバンドつきトートバッグ シックなトートバッグで秋冬にぴったり! 右下にロゴもしっかり入っています。 BAILAもすっぽり入る大きさで生地感もしっかりしているので丈夫です。 ロゴ入りゴムバンド付きなので、小さく丸めて収納することが出来ます。 BAILA11月号も特別付録付きで、内容大充実です 是非お手に取ってみてください My Instagram❤️
関連キーワード

RECOMMEND