カカオの香りも楽しめる!シックな色合いの「チョコレートコスモス」の飾り方

Web eclat

チョコレートコスモスがきわだつ柔らかトーンの花をコーディネート

花というと鮮やかな色に目を向けがちですが、シックなチョコレートコスモスは、毒っぽくもしゃれた雰囲気がお気に入りです。同系色で淡いトーンの草花でまとめると、褐色の花と繊細な茎がよりきわだちます。花姿や茎のラインががらりと変わるものを選び、自然なフォルムを生かしながら。「蝶が止まりたくなるような」小さな空間を意識して生けると、なんともいえない情緒が生まれます。チョコレートコスモスは、花びらが散りやすいですが、花が散ったあとの芯もきれいですよ。カカオのような香りがすることも。

品のいいニュアンスを醸し出すのはバラ“Y-ラロック”やクレマチスシード、セルリア、ユーカリ“ポポラスベリー”。そして、タケニグサでゆったりとした流れを。沿道で見かけるような植物をエレガントな足つき花瓶にあえて生けて。

何げない毎日に彩りを添える“花あしらい”を、花生師・岡本典子さんが伝授。素朴な色合いとフォルムが魅力の秋の花材は、ナチュラルなかごにまとめてハイセンスな仕上がりに。
そばにあるだけで、気持ちがはずんだり落ち着いたり。何げない毎日に彩りを添える“花あしらい”を花生師・岡本典子さんに教えてもらった。今回は色調や大きさが異なるダリアをメインに。花姿やボリュームの違いで心地よいリズムが生まれる。
「実りの秋は最も気持ちが高まる季節。秋の花材にはどこか渋さがあって甘くなりすぎない。ファッションやインテリアと同じように、シックな色みでお花もまとめてみると素敵です」。今注目の花生師・岡本典子さんに自宅での旬の花の楽しみを教わった。
撮影/加藤亜希子(husband.) 取材・原文/髙井法子 ※エクラ2021年11月号掲載
関連記事
  • 煮物料理に欠かせない食材「しいたけ」も秋を代表する味覚のひとつ。今回は厚揚げとあわせて、味つけには黒酢を。きのこの旨味を逃すことなく楽しめる一品。教えてくれた人ウー・ウェンウー・ウェンうー・うぇん●料理研究家。中国・北京に生まれ育つ。中国の家庭に伝わる医食同源の知恵がつまった料理は、シンプルで作りやすく、体に優しいとファンが多い。『北京小麦粉料理』(高橋書店)など著書多数。厚揚げとしいたけの煮物“大きめに切り分けた厚揚げとしいたけのさっと煮。黒酢でさっぱり上品な味に” 「厚揚げを大きめに切ることで、質素な食材でもごちそうになるんです。汁が残ったら煮詰めてかけて。このひと手間で味がぐんとグレードアップします」材料(2人分) 厚揚げ……1枚 片栗粉……小さじ1/3 生しいたけ……4 〜6個 クレソン……1束 [合わせ調味料]  黒酢……大さじ1  しょうゆ……大さじ1  ハチミツ……大さじ1/2  酒……大さじ3 油……小さじ1作り方 1.厚揚げは4等分に切り、切り口に片栗粉を薄くまぶす。 2.生しいたけの軸を切り落とす。 3.鍋に油を入れて中火にかけ、厚揚げの片栗粉をつけた面を下にして入れ、さっと焼く。合わせ調味料を加えて煮たったら2を入れ、蓋をして弱火にし、3〜4分蒸し煮にする。 4.3に長さ半分に切ったクレソンを入れて蓋をして1分蒸し煮にし、器に盛る。汁気が残っていたら、少し煮詰めて回しかける。 残った調味料は煮詰めてとろりとさせて、仕上げにかける。>>ウー・ウェンさんのレシピ一覧撮影/邑口京一郎 スタイリスト/西﨑弥沙 取材・原文/北村美香 ※エクラ2021年11月号掲載
  • 花を一層美しく見せる「花器」。老舗ブランドや感性豊かなクリエイターの、卓越したデザインと技術で生み出された秀作を厳選。家時間のパートナーに迎えてみてはいかが。Orrefors(オレフォス)大人気ガラス作家の、成熟したしゃれ感 スウェーデン屈指のガラス作家インゲヤード・ローマンさんの新作。チェックやストライプのパターンがカットしたように施され、ピュアな輝きを放つ。 (手前)CUT IN NUMBER「Vase checkers ボウル」〈直径27.5×H9.5㎝〉・(右)「Vase checkers フラワーベース」〈直径18.5×H20㎝〉・(左)「Vase stripes フラワーベース」〈直径11.8×H33㎝〉各¥40,700/KOTTE&Co.(オレフォス)Lyngby Porcelæn(リュンビュー ポーセリン)バウハウスに影響を受け、生み出された機能美 1936年の創業当初からブランドの象徴的存在になってきたシリーズや、アーカイブスから、純粋な機能美を継承しながらも現代的アレンジを加えた2シリーズ。 (手前)カーブベース〈H12㎝〉¥6,600・(左)同〈H17.5㎝〉¥11,000・(奥)リュンビューベース ゴールド〈H20㎝〉¥24,200・(右)ラディエンスベース ブルー〈H15㎝〉¥8,250/シンワショップ(リュンビューポーセリン)Georg Jensen(ジョージ ジェンセン)エレガンスあふれる彫刻的なデザイン 「デュオ」は吹きガラスにあしらったステンレススチール製のカラーが、花々を映していっそう印象的に。“アルフレッド・ハベリ”デザインの一品は、独創的なフォルムとライトグリーンが想像力をかきたてて。 (手前)デュオ フラワーヴェース〈S〉¥11,000・(奥)同〈M〉¥19,800・(中)アルフレッド フラワーヴェース¥25,300/ジョージ ジェンセン ジャパン(ジョージ ジェンセン)>>「インテリア」の記事一覧撮影/加藤亜希子(husband.) 取材・原文/髙井法子 ※エクラ2021年11月号掲載
  • 季節の変わり目で体調を崩しやすい時季は、旬の食材・きのこがおすすめ。カロリーが少ないきのこは体に負担をかけずに、夏の暑さで疲れた体をリセットしてくれる。今回は、舞茸としいたけを使った黒酢炒めのレシピを紹介。教えてくれた人ウー・ウェンウー・ウェンうー・うぇん●料理研究家。中国・北京に生まれ育つ。中国の家庭に伝わる医食同源の知恵がつまった料理は、シンプルで作りやすく、体に優しいとファンが多い。『北京小麦粉料理』(高橋書店)など著書多数。舞茸と生しいたけの黒酢炒め“きのこと黒酢はベストマッチ。ほかのきのこでもお試しを” 「きのこを炒めて蒸し焼きに。蒸気で熱をまわせば、しっかり火が通りつつ、シャキシャキ感が残ります。シンプルで飽きない秋の味です」作り方(2人分) 舞茸……100g 生しいたけ……4個 黒酢……大さじ1 しょうゆ……大さじ1/2 こしょう……小さじ1/4 パセリのみじん切り……大さじ1 油……大さじ1/2作り方 1.舞茸は食べやすい大きさに裂く。生しいたけは軸を切り、半分に切る。 2.炒め鍋に油を入れて中火にかけ、1を入れて油がなじむように炒める。黒酢を加えて蓋をし、弱火で2分ほど蒸し焼きにする。 3.2にしょうゆを加え、強火にして全体にからめて、こしょうをかけ器に盛り、パセリを散らす。>>ウー・ウェンさんのレシピ一覧撮影/邑口京一郎 スタイリスト/西﨑弥沙 取材・原文/北村美香 ※エクラ2021年11月号掲載
  • 同じ花でも花器が変われば印象も変わる。熟練の職人技とモダンなエッセンスが魅力の「バカラ」と、スウェーデン王室御用達ブランド「スクルツナ」の名品花器を紹介。生けるのが苦手な人こそ、“花瓶の名作”が助けてくれるはず。Baccarat(バカラ)人気再燃中。日常に、華やかな品格を生む 深い透明感。構築的、あるいはなめらかなシェイプを精緻に表現するカット……。熟練の職人技とモダンなエッセンスが織りなす数々のアイテムは、いつもの空間を特別に。シンプルな花もこれひとつで品格が。 (左から)コロンビーヌ ベース¥33,000・ルクソール グランドキャンドルホルダー¥132,000・アイ ベース クリア〈S〉¥55,000・アルクール ストレートベース〈M〉¥118,800・フローラ ベースビゾー¥22,000・ファウナクリストポリス 鳥 一輪挿し¥60,500/バカラショップ 丸の内SKULTUNA(スクルツナ)スウェーデン王室御用達真鍮ブランドの洗練 りんごを思わせる丸い真鍮製ホルダーとガラス器のコンビは、400年以上の歴史をもつスウェーデン王室御用達のブランドから。ホルダー上で角度が変えられ、取りはずしも可能。ガラス器に花を、真鍮ボウルにキャンドルを入れても。 (手前から)POMME フラワーベース&キャンドルホルダー〈S〉ブラス、ベージュ、ホワイト、ピンク 各¥11,000・同〈M〉ベージュ¥22,000/KOTTE&Co(. スクルツナ)>>「インテリア」の記事一覧撮影/加藤亜希子(husband.) 取材・原文/髙井法子 ※エクラ2021年11月号掲載
  • 秋から冬に向けて旬を迎える「マッシュルーム」を使った夕ご飯のメインになるおかずをご紹介。季節の変わり目はぜひ“旬食材”を積極的に取り入れて、寒さに打ち勝つパワーをしっかり体に取り込んで!教えてくれた人ウー・ウェンウー・ウェンうー・うぇん●料理研究家。中国・北京に生まれ育つ。中国の家庭に伝わる医食同源の知恵がつまった料理は、シンプルで作りやすく、体に優しいとファンが多い。『北京小麦粉料理』(高橋書店)など著書多数。マッシュルームたっぷりの白身魚のソテー“マッシュルームの香りとうま味がごちそうです。最後に蒸し焼きにすることで香りを閉じ込めて” 「マッシュルームが主役なので5〜6㎜厚さに切り、存在感を出します。魚を両面焼いてから、マッシュルームをのせて蒸し焼きに。うま味と香りを魚がたっぷり吸ったところで、ざっと合わせます」作り方(2人分) 白身魚(写真はカジキマグロ)……2切れ マッシュルーム……6個 [下味]  こしょう……少々  酒……大さじ1  粗塩……小さじ1/3  片栗粉……小さじ1/2 小ねぎ……2本 しょうゆ……大さじ1/2 花椒粉……小さじ1/3 油……大さじ1作り方 1.白身魚はひと口大に切り、下味をつけておく。 2.マッシュルームは5〜6㎜厚さに切る。 3.炒め鍋に油を入れ、1を入れて中火にかける。色が変わるまで両面を焼き、しょうゆをかけ、2をのせる。弱火にして蓋をし、2〜3分蒸し焼きにし、全体を混ぜ合わせる。 4.2㎝長さに切った小ねぎを3にのせて火を止める。器に盛り、花椒粉をふる。炒めた魚の上にマッシュルームをのせて蒸し焼きに。>>ウー・ウェンさんのレシピ一覧撮影/邑口京一郎 スタイリスト/西﨑弥沙 取材・原文/北村美香 ※エクラ2021年11月号掲載
  • 秋はきのこがおいしい季節。今回は、切り方によって多様な味わいを見せてくれる「エリンギ」を使った、豚ヒレ肉炒めと牛肉のオイスターソース炒めをご紹介。エリンギの食感が料理のいいアクセントに!教えてくれた人ウー・ウェンウー・ウェンうー・うぇん●料理研究家。中国・北京に生まれ育つ。中国の家庭に伝わる医食同源の知恵がつまった料理は、シンプルで作りやすく、体に優しいとファンが多い。『北京小麦粉料理』(高橋書店)など著書多数。エリンギと豚ヒレ肉炒め“脂肪分の少ない豚ヒレを使って、ヘルシーな炒め物に” 「食感を大切にするために、エリンギも豚肉も繊維に沿って細切りにするのがポイント。しんなりする直前に火を止めてシャキシャキ感を残しましょう」材料(2人分) エリンギ……2本 豚ヒレ肉……200g 長ねぎの薄切り……長さ10㎝分 [下味]  こしょう……少々  酒……大さじ1  片栗粉……小さじ1/2 [合わせ調味料]  しょうゆ……大さじ2/3  黒酢……小さじ1  ハチミツ……小さじ1  こしょう……少々 油……大さじ1作り方 1.豚ヒレ肉は繊維に沿ってせん切りにして、下味をつけて20分ほどおく。 2.エリンギは繊維に沿ってせん切りにする。3.炒め鍋に油を入れて中火にかけ、1を入れて、火が通るまでじっくり炒め、合わせ調味料で味をととのえる。長ねぎの薄切りと2を加え、エリンギがしんなりする直前まで炒める。火を止め、こしょう(分量外)をふる。きのこの中で特にエリンギは切り方によって、味と食感に変化をつけられる楽しい食材。エリンギと牛肉のオイスターソース炒め“エリンギを薄切りにすれば、より香り高く、味わい濃く” 「エリンギは繊維を絶ち切るように薄切りにすれば、すぐに火が通り、噛めばじわりと味を感じられます。きのこも牛肉もこしょうたっぷりがおいしい!」材料(2人分) エリンギ……2本 牛薄切り肉……200g [下味]  こしょう……少々  酒……大さじ1  粗塩……小さじ1/4  片栗粉……小さじ1/2 オイスターソース……大さじ1/2 粒こしょう……10粒 油……大さじ1/2作り方 1.牛肉に下味をつけておく。 2.エリンギは斜め薄切りに切る。 3.粒こしょうをキッチンペーパーで包んで、麵棒などでたたく。 4.炒め鍋に油を入れて中火にかけ、1を入れて火が通るまで炒め、オイスターソースで味をととのえる。2を加え、しんなりする直前まで炒めて火を止める。3を散らす。エリンギは軽くたわむくらいになったら、火を止めて食感よく仕上げる。>>ウー・ウェンさんのレシピ一覧撮影/邑口京一郎 スタイリスト/西﨑弥沙 取材・原文/北村美香 ※エクラ2021年11月号掲載
  • 何げない毎日に彩りを添える“花あしらい”を、花生師・岡本典子さんが伝授。素朴な色合いとフォルムが魅力の秋の花材は、ナチュラルなかごにまとめてハイセンスな仕上がりに。秋の収穫をイメージして、素朴な色とフォルム、質感の植物を少しずつ実や穂がなる山野草を中心に色調や形、質感で収穫の季節の趣おもむきが出る植物をそろえて。花が終わり、実がなり、徐々に色づく…。春の芽吹きだけでなく、その先へと続くライフサイクルに愛いとおしさを感じるアレンジに。同じ時季に出回るものは基本的になじみ、気負わずハイセンスな仕上がりを目ざせるのが秋の花材の懐の深さなので、気軽にセレクトを。素朴なテイストにしっくりくる、かごに花器を入れて。アワやミレット“パープルマジェスティ”、オヤマボクチ、ヒオウギの実、イガグリ、レースフラワーシード、ネズミモチ、トウガラシ“ブラックフィンガー”で実りの喜びを表現。床置きするときは上からのぞくので、トップにお気に入りを。>>「インテリア」の記事一覧撮影/加藤亜希子(husband.) 取材・原文/髙井法子 ※エクラ2021年11月号掲載
  • 新米の季節にぴったりの旬の味覚を取り入れた、ウー・ウェンさんのおいしい炊き込みご飯レシピを紹介。この秋は、多様な味わいを見せてくれるエリンギを使って、今の時期ならではのおいしさを楽しんで。教えてくれた人ウー・ウェンウー・ウェンうー・うぇん●料理研究家。中国・北京に生まれ育つ。中国の家庭に伝わる医食同源の知恵がつまった料理は、シンプルで作りやすく、体に優しいとファンが多い。『北京小麦粉料理』(高橋書店)など著書多数。エリンギと鶏肉の炊き込みごはん“エリンギと鶏肉のうま味をたっぷり吸った滋味あふれるごはん” 「エリンギは乱切りにすると、ジュワッとうま味を感じられます。鶏もも肉は切らずにそのままお米と炊き上げるから、縮まずふっくら。炊飯器の場合、肉が硬くならないよう、早炊きモードで炊いてください」材料(2人分) 米……1½合 黒米……大さじ1 エリンギ……2本 鶏もも肉(皮を除く)……200g 下味  粗塩……小さじ2/3  こしょう……少々  酒……大さじ1 ローストしたクルミ……20g作り方 1.鶏もも肉に下味をつけて30分おく。エリンギは乱切りにする。 2.米を研ぎ、ザルにしばらく上げて、米と同量の水(材料外)とともに鍋に入れて30分おく。 3.2に黒米を混ぜ合わせ、1をのせる。4.米を炊く(電気炊飯器の場合は、早炊きモードで炊く)。 5.炊き上がったら、鶏もも肉を取り出してひと口大に切り、全体に混ぜ合わせる。器に盛り、クルミを散らす。>>ウー・ウェンさんのレシピ一覧撮影/邑口京一郎 スタイリスト/西﨑弥沙 取材・原文/北村美香 ※エクラ2021年11月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND