「ルメール」のニットドレスは、きちんとしすぎないエレガントさが魅力【2021秋冬最新ニット】

Web eclat

LEMAIRE

ドレープを効かせた立体感のあるデザインでドラマチックに

ドライタッチでシャープな質感をもつイタリア製のメリノウール混紡を使用した杢(もく)グレーのニットドレス。上半身はシンプルなクルーネック、下半身は腰部分をボタンでとめることでドラマチックなドレープを生み出し華やかに。肩の縫い目を逆さにすることでほどよくラフさを出すなど、きちんとしすぎないエレガントさが魅力のドレスアップスタイルは、ニットならでは。
ドレス¥72,000・ピアス¥31,800・バッグ¥219,000・靴¥188,000/スクワット/ルメール(ルメール)

秋冬の定番アイテム・ニット。今年はダークブラウンのセットアップで優雅さと大胆さを演出してみては。「ザ・ロウ」ならではの華やかデザインと上質な肌ざわりが大人女性にふさわしい。
大人を素敵に見せてくれるニットは、これからの季節に欠かせないアイテムのひとつ。この秋は、「メゾン マルジェラ」の一風変わったデザインのストールを主役に、モードな着こなしを楽しんで。
秋冬のおしゃれの主役ともいえる「ニット」。富岡佳子さんがまとうのは、ジル サンダーのクルーネックニット。素材やシルエットなど、大人を素敵に見せてくれるすべてがそろった端正な一枚。
撮影/東 京祐 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/富岡佳子 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年11月号掲載
関連記事
  • エクラ編集部のおすすめ!50代がチェックすべき秋冬の最新ファッション情報をお届け。寒くなったりちょっと暑かったりな今日このごろ、調節のきくカーディガンが気になります。ただ、結構選び方が難しくはないでしょうか?着るとなんだかほっこりしちゃったりして…このカーディガンを目にしたとき、なんてお洒落なんだ!とハッとしました。Vネックにスナップボタンがあしらわれていて、いいアクセントになっていますよね。ボタンをいくつ留めるかで、開き加減も調整できます。作ったのはエクラでもお世話になっている、スタイリストの小川ゆう子さん。先日、THE HANDSOMEというブランドを立ち上げました。 消費され続ける服より、スタイルを重視した服を、がコンセプト。HANDSOME(男前)なテイストを取り入れたアイテムを揃えています。このカーディガンのほか、私はパンツにも注目してます。シルエットがきれいです! 上質でちょっとひねりが効いてて、小洒落た感じ。こういう服が似合う人になりたいものですー。さっそく、目利きのファッションエディター、スタイリストからのお買い上げが相次いでいるそう。小川軒、さすがです!(あ、これは小川さんのあだ名です。めっちゃお姉さんなのに、ずっとこう呼ばせてもらってます。寛容なお人柄も素晴らしいのですよ)(編集S川)
  • この秋、大人を素敵に見せるコーディネートの秘訣は、“Iシルエット”にあり。すっきり&こなれの法則をおさえるだけで、体型をカバーしてくれる上に、しゃれ感も高まる。そんなマキシスカートの旬のバランスコーデをご紹介。すらりと落ち感のあるマキシスカートに大人の洗練が香る今季はスカートもIラインが豊富。細身のタイトスカートだけでなく、ベロアなど落ち感のある素材なら、窮屈感なくスマートさを楽しめる。同色でつなげたニットベストで、さらに縦の印象を強化。 ベスト¥63,800/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) シャツ¥42,900/マディソンブルー スカート¥39,600/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) ピアス¥456,500/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー) バッグ¥315,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) 靴¥86,900/トッズ・ジャパン(トッズ)「秋ファッション」に関する記事一覧>>撮影/岡本充男 ヘア/Dai Michishita(Sun and Soil) メイク/佐々木貞江 スタイリスト/徳原文子 モデル/RINA 構成・原文/東原妙子 ※エクラ2021年11月号掲載
  • 着こなしの格上げ効果やスタイルアップなど、うれしいメリットがいっぱいで一枚あれば重宝すること間違いなし!なジレ。今回は、ベーシックカラーからきれい色まで、上品に着やせするジレをピックアップ。ネイビーの張りのあるニット素材でスマートにスタイルアップほどよく張りのあるボンディング風の編み地のニットジレは、体型を拾わずきれいなIラインに見せてくれる。今の時期ならワンピースの上に、真冬はコートの中に重ねると立体感のあるレイヤードスタイルがかなう。ジレ¥35,200(アダワス)・ピアス(片耳)¥20,900(マリア ブラック)/以上ショールーム セッション ワンピース¥64,900/ebure GINZA SIX店(ebure) バッグ¥124,300/トッズ·ジャパン(トッズ) 靴¥53,900/アマン(アンスクリア)シンプルなライトグレーなら、カジュアルスタイルも優雅なムードにどんな色みにも上品にフィットし、顔映えのいいエレガントなライトグレー。シンプルなVネックも使いやすい。ジレ(ミンクファーポケットは背ベルトにデザイン変更)¥264,000・ブラウス¥53,900・パンツ¥60,500/ユア サンクチュアリ(シクラス) ピアス¥25,300/プリュイ トウキョウ(プリュイ)スカーフ¥13,200/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(マニプリ) バッグ¥107,800・靴¥59,4 00/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)上品に着映える、落ち着いたミントカラーは注目の色さわやかな色をきわだたせるボタンレスの縦長フォルムがすらっと見せに効果的。共布ベルトのアクセントで脚長感もアップ! カシミヤブレンドビーバーのダブルフェイス素材だから、ロング丈でも軽い着心地。同素材のショート丈コートをレイヤードすれば、ロングコート風にも着用できる。ジレ(共布ベルトつき)¥85,800(ハーヴェル スタジオ)・バッグ¥79,200(スーザン サツマリー)/以上ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 ニット¥51,700/ピセア パンツ¥30,800/デ・プレ ピアス¥29,700/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ)靴¥104,500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)「ジレ」に関する記事一覧>>撮影/長友善行 ヘア/Eiji Sato(SIGNO) メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/田沢美亜 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年11月号掲載
  • 自然な赤みを含んだコクのあるベージュは、華やかでありつつ、本来の合わせやすさも兼ね備えているのがポイント。同系色同士、ピンク特有のかわいさを中和し、自然になじませてくれるコーデをご紹介。ネオン系のピンクも大人っぽく仕上げる挑戦アイテムを品よく見せてくれるのも濃ベージュの強み。旬度の高い鮮やかなピンクもさらりと受け止め、こじゃれた雰囲気に。ジャケット(共布ベルトつき)¥75,900/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(レリタージュ マルティニーク) ニット¥47,300/ドゥロワー 六本木店(ドゥロワー) スカート¥58,300/ebure GINZA SIX店(ebure) バングル¥17,600(アンセム フォー ザ センセズ)・靴¥94,600(ペリーコ)/以上アマン バッグ¥221,100/ジミー チュウ透明感のあるピンクで定番コーデをアップデート濃ベージュのニットとデニムの定番カジュアルは、淡いピンクをポイントにして印象をリフレッシュ。ニット¥31,900/ウィム ガゼット 青山店(ジェイジェイマーサー) パンツ¥29,700/アマン(アンスクリア) ネックレス¥49,500/エイチ ビューティ&ユース(プリーク) ストール¥29,700/サードマガジン(チェザーレガッティ) バッグ¥47,300/サザビーリーグ(ステート オブ エスケープ) 靴¥121,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)「秋ファッション」に関する記事一覧>>撮影/渡辺謙太郎 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・原文/松井陽子 ※エクラ2021年11月号掲載
  • おしゃれプロが指名買いする「本命コート」をご紹介。編集・ライターの新田幸子さんのおすすめは「さらっとおしゃれに着られそう」というノークの超軽量ダウン。一枚ではもちろん、ウールコートのインナーとしても活躍しそう。ノークの撥水(はっすい)・超軽量・手洗い可能ダウン「おしゃれに着られるダウン。今年こそと思わせた一着です」 編集・ライター 新田幸子さん推薦 「昔からダウンをおしゃれに着る自信がなくて敬遠しがちでした。でも展示会で出会った襟のないVネックあきなら、さらっとおしゃれに着られそう」と新田さんが太鼓判を押すのが、中綿入りから今季、ダウン仕様にバージョンアップしたロングコートだ。反発力の高い高品質ダウンと高密度で高級感のあるナイロンを組み合わせ、独自のキルティングステッチを施したこだわりも必見。肌寒くなる晩秋から着られ、一枚ではもちろんウールコートのインナーとしても活躍するほどよい厚みが重宝する。 コート¥24,000/ノーク カーディガン¥30,800・スカート¥27,500/カオス丸の内(カオス) カットソー¥8,580/スローン バッグ¥124,300/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥45,100/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店(ファビオ ルスコーニ)「コート」に関する記事一覧>>撮影/渡辺謙太郎 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/望月律子(KIND) モデル/田沢美亜 取材・原文/向井真樹 ※エクラ2021年11月号掲載
  • 旬のセットアップコーデに合わせたい小物やバッグ、さまざまな仕事シーンで活躍する新作アイテムなど、この時季のお仕事ファッションをより素敵にしてくれる旬の情報を紹介。「セルジオ ロッシ」の『sr1 SLIPPER』から、日本限定のルームシューズが登場2017年の登場以来、そのアイコニックなルックスで絶大な人気を誇るシューズ「セルジオ ロッシ」の『sr1 SLIPPER』。日本の顧客から特に要望が多かったというルームシューズが、満を持して「sr1 Home Collection」として国内限定で発売。過去のコレクションのデッドストック生地を使っており、極上の履き心地。在宅時の、仕事モードへの切り替えに最適! 右はベルベット、左の黒はペルシアンラムファー。ルームシューズ(日本限定)〈右〉¥86,900・〈左〉¥130,900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ)ミニマムでモダン、ピュアシルバーのジュエリーブランド「SARARTH」今年デビューのジュエリーブランド「SARARTH」は、独自の特許技術により、純銀に他金属を混ぜることなくプラチナと同等の高い硬度を保持する“高硬度ピュアシルバー999”を生み出し、ピュアシルバージュエリーという新ジャンルを開拓。地球や自然からインスピレーションを受けたモダンなデザインは、セットアップにも似合う。シンプルで使いやすいデザイン。ネックレス〈右〉¥165,000・〈左〉¥143,000・リング〈右〉¥27,500・〈左〉¥45,100/サラース カスタマーサポート(SARARTH)「アクリス」で人気の実力派トートバッグ『アレクサ』に使い勝手のよいミニサイズ軽量で収納力があり、実用性に優れた「アクリス」の定番トートバッグ『アレクサ』シリーズに、愛らしいミニサイズの『アレクサ リトル』が仲間入り。ストラップが取りはずせ、ショルダーバッグとトップハンドルバッグの2WAYで使えて便利。色は全面がレッドやネイビーのものや、3色のマルチカラー使いのタイプなど全5種展開。 バッグの中央、サイド、ハンドルが3色使いに。タッセル部分はポケットになっている。バッグ(H16×W24×D8)¥159,500/アクリスジャパン(アクリス)「ジョルジオ アルマーニ」発オールネイビーの日本限定カシミヤコレクション「ジョルジオ アルマーニ」から、この秋、上質なカシミヤ素材を使用したカプセルコレクションが日本限定で発売される。色はブランドのアイコニックカラー、ネイビーに絞るという潔さ。コート、ジャケット、ニットやストールなど、秋冬に活躍する全6アイテムで、仕事にも着られる端正なデザインがそろう。 ともに素材はカシミヤシルクで極上の肌ざわり。ニット¥188,100・ストール¥104,500(ともに日本限定)/ジョルジオ アルマーニ ジャパン(ジョルジオ アルマーニ)「MES VACANCE× FUMIKODA」の小物コレクション『クレムエブラン』誕生女優の柴咲コウ氏がプロデュースするファッションブランド「ミ ヴァコンス」とバッグブランド「FUMIKODA」がコラボした新しいアクセサリーコレクション『クレムエブラン』が誕生。「FUMIKODA」オリジナルの高機能な人工皮革を使用した、ノーブルな色調の小物はビジネスシーンでも活躍すること間違いなし。 内側には人工スエードを使用し、劣化にも強い。〈右〉カードウォレット(H8×W13.5)¥22,000・〈左〉ポシェット(H17×W10×D2)¥35,200/ミ ヴァコンス海外セレブに人気のパリブランド「メシカ」から、レザーバングルの新シリーズパリのジュエリーブランド「メシカ」から、ブランドのアイコンである、ダイヤモンドがスライドする『ムーブ』コレクションに新作が登場。新シリーズの『マイムーブ』は豊富なカラーが魅力の二重レザーバングルデザイン。WG、PG、YG、チタニウムの好みのバックル部分をかけ合わせたカスタマイズが楽しい。 レザーのカラーバリエーションは全17種。ブレスレット〈右〉(WG×D)・〈左〉(PG×D)各¥557,700・〈中〉(チタニウム×D)¥161,700/メシカ ジャパン(メシカ)>>「エグゼクティブサロン」 記事一覧はこちら撮影/魚地武大(TENT/静物) 取材・原文/新田幸子 ※エクラ2021年11月号掲載 ※文中の( )内の数字はH=高さ、W=幅、D=マチを表し、単位は㎝です。 ※略号は以下のとおり。ゴールドはすべて18金。PG=ピンクゴールド、YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、D=ダイヤモンド
  • 厳選された上質素材を使い、シンプルで洗練されたアイテムをつくり上げる日本のニットブランド「C.T.plage」。リラックス感のあるニットプルオーバーとニットパンツは、デイリーに活躍すること間違いなし。C.T.plage カシミヤニットプルオーバー、カシミヤニットパンツ※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます優しく上半身を包み込むしなやかなカシミヤを堪能裾にかけて広がるAラインシルエットが体型をカバーする、カシミヤ100%のプルオーバー。薄手で暖かいから、春先までの長い期間重宝するはず。このクオリティでこのプライスはお値打ちもの!暖かさ抜群! 美脚がかなう大人のニットパンツ本来スポーティなスウェット型パンツを、上質なカシミヤ素材でエレガントなムードにシフト。後ろ身頃の編み地をミラノリブに、またサルエル風で余裕をもたせることでヒップラインをカムフラージュ。C.T.plage カシミヤニットプルオーバー ¥20,900>>C.T.plage カシミヤニットパンツ ¥26,400>>Pierre Louis Mascia シルクストール ¥41,800>>わきのパーツは編み地を変えて立体的に。着こなしに重宝する定番色こそ、こだわって選びたい。ベージュ、ブラック、ホワイトの3色展開。下半身の肉感を拾わないサルエル風シルエット。裾にかけて細くなるラインが都会的なたたずまい。パンツはベージュ、ブラックの2色展開。サングラス¥38,500/オプティカルテーラー クレイドル 青山店(ペルソール)  靴¥56,100/フラッパーズ(ネブローニ)撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/森野友香子(Perle management) スタイリスト/徳原文子 モデル/ LIZA 取材・文/坪田あさみ
  • ジレ好き歴は結構長く、10年くらい前にザラのファージレを着て以来、ずっと好きで着ています。 ジレは、着られる時期が秋、或いは春と、そんなに長くはないのですが、少し肌寒い季節にはとても便利です。 そんな機能だけでなく、ジレを着ると、こなれ感というか余裕感というか、勝手なイメージですが、とにかくオシャレに見えるところが、ずっとジレを好んでいる理由です。 ファージレも今でも大事に着ていますが、最近はウールなど布帛で長めのジレが主流のようです。 このベージュはかなり前のZARAで、ハンドメイドのリバー仕立てなので、ZARAにしてはお値段が結構した記憶があります。それでも一目惚れして購入しましたが、大正解でした。 この日のコーデは、ウィムガゼットのブラウス、オレンジのパンツはCOOMB、CHANELのバレエシューズとサンローランのバッグで、全体的に暖色でまとめてみました。 そしてモノトーンで辛口に、でも少し綺麗めにまとめたこちらは、家族で食事に出かけた時のコーデ。 ジレはエルーラ、パンツはザラのフェイクレザー。柔らかいブラウスはウィムガゼットです。  こちらのグレーのジレもかなり前のZARAです。 柔らかいウールで軽くて、色もオールマイティなライトグレーなので出番も多く、とても気に入っています。 この日は、友だちとホテルのティーラウンジでお茶をした時のコーデ。 プチバトーのロンTにCOOMBのフェイクレザーレギンス、最近買ったZARAのゴツめのローファー、マルコマージのバッグを合わせました。 ↑↑↑ Instagramから発掘したその他のジレ。 まだある私のジレコレクションなのですが、長くなるのでまた今度。 何でもない服も羽織ってしまうと、何となくうまく完成してしまう不思議な魅力を持つジレ。これからも永遠に魅了され続けていくことでしょう。 寒くなる前にまだまだたくさん着るつもりですが、寒くなってもロングコートの下に着ているかもしれません。 InstagramもUPしています⇩近藤和子
関連キーワード

RECOMMEND