ファッション業界に愛用者多数!「Gianvito Rossi」レースアップコンバットブーツ

Web eclat

Gianvito Rossi レースアップコンバットブーツ

※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
すぽっと履ける! しゃれ感とカジュアル感との絶妙バランス
きれいめスカートに合わせやすい優しいラウンドトゥと、柔らかなレザー、伸縮するリブが施された履き口などが秀逸なコンバットブーツ。ゴツすぎないほどよりボリューム感が大人にうれしい。
サイドに伸縮性のあるリブ素材のインサートが施されているため、着脱が驚くほど簡単に。
滑りにくいコンバットソール。
落ち感のあるグレーのロングワンピースの足元にも、相性抜群。
ドレ ス¥38,500/インターリブ(サクラ)  ネックレス¥41,800/マリハ


こちらの記事もおすすめ>>

アラフィー女性のための最新ファッションアイテムや話題の美容グッズ、毎日を楽しくする生活雑貨など、今すぐ買えるアイテムを厳選してご紹介。トレンドを上手に取り入れ、自分らしく上品なスタイルを叶えるファッションや美容アイテムを早速チェック。
暑い夏こそ心地よく、涼やかにおしゃれを楽しみたいもの。カーキやベージュといったナチュラルカラーやリネン素材など、この夏をさわやかに盛り上げる買い足し服をご紹介。
おうち時間はもちろんお出かけする日も素敵に決まる、Tシャツやチュニック、バッグやサンダルなど、夏の黒アイテムをまとめてお届け。大人に似合うアイテムをぜひチェックして。
撮影/生田昌士(hannah) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/福田亜矢子 モデル/富岡佳子 取材・文/大野智子
関連記事
  • 秋冬の着こなしの軸になるアウター。大切なアイテムだからこそトレンドは誰より早くチェックしておこう! 今回はおしゃれプロが狙っているロングコートを大公開。リバーコート、MA-1、中綿コート、それぞれがこだわる選定ポイントをぜひ参考に。 1.アンクレイヴのくすみ色コート スタイリスト 佐藤佳菜子さん 「年を重ねてからのほうが明るい色がしっくりくるようになったのと、髪をショートにしてから甘めのトーンも気負わずに楽しめるようになったので、思い切って今シーズンはやわらかなセージカラーをセレクト。定番のリバーコートも新しい気持ちで着こなせそうです」 シンプルな表情ながらポケットや襟でさりげなく立体感を出したこだわりの一着。ゆったりとした形で絵になる装いに。¥38940/アンクレイヴ 2.カレンソロジーのチェックコート スタイリスト 門馬ちひろさん 「おしゃれに時間をかけられない慌ただしい日も、さっと羽織るだけでサマになるコートが欲しくて即決。お目立ち感のある大きめのチェック柄ですが、ベーシックカラーの配色で落ち着いて見える上、可愛げのあるシャギー素材で着るたびにテンションがアップ!」 ゆるやかなショルダーラインやアルパカ混のやわらかなシャギーがフェミニンな着こなしにフィット。¥75900/カレンソロジー 新宿(カレンソロジー) 3.アンクレイヴのMA-1コート ライター 東原妙子さん 「ウールのコートにやや飽きてしまい、着こなしのアクセントになる“シャカシャカ系”のコートに注目。このMA-1はすっきりとしたロング丈とミニマルなデザインでダウンほどカジュアル見えしないんです。スカートにも似合ってきれいめに着られるので冬中重宝するはず」 ミリタリーテイストのMA-1ジャケットをそのままロング丈に。無駄をそぎ落としたスタイリッシュなデザインがまさに大人向き。¥38500/アンクレイヴ 4.スタニングルアーのリバーコート ライター 伊藤真知さん 「ベージュや黒、グレーといった定番色のコートはひととおり持っているため、今年は“アガる”色にチャレンジ。柿を思わせるような、ほのかに渋さのあるオレンジなので、意外にどんな色のアイテムとも合わせやすく、ロング丈&オーバーサイズでも迫力が出すぎません」 エフォートレスなムードの着流しコート。付属のベルトでシルエットに緩急をつけられる。¥68200/スタニングルアー 新宿店(スタニングルアー) 5.ノーク バイ ザ ラインの中綿コート ライター 野崎久実子さん 「ショートカットでカジュアル好きの私は、スポーティに転びすぎないアウターが大前提。こちらはラフに着られるフードつきの中綿コートですが、スマートなシルエットで上品な印象。さりげなくクリーンな女らしさを演出してくれる明るい白も心惹かれた理由です」 前を開けても閉めても、すっきりと着られる頼もしいロング丈。ふかふかの着心地で防寒性が高いのに軽量。¥27000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) 6.フレイ アイディーのボリューム袖コート ライター 榎本洋子さん 「中に厚手のニットを着てももたつかないたっぷりとしたボリューム袖のコートは、手持ち服にオーバーサイズが多い私にぴったり。さらに身長165cmの私でもちゃんとマキシ丈になる長めの着丈や、Iラインをアピールしてくれるきれいなシルエットも嬉しいポイント」 甘くなりがちなボリューム袖コートをスタンドカラーでマニッシュに仕上げた一着。¥52800/フレイ アイディー ルミネ新宿2店(フレイ アイディー) 撮影/坂田幸一 スタイリスト/大平典子 取材・原文/野崎久実子 構成/岡谷真唯子〈BAILA〉 撮影協力/アワビーズ ※BAILA2021年10月号掲載
  • 凡庸な毎朝に退屈したら、いつものスタイルにちょっとエクストリームなアクセサリーを思いきって足してみる。その瞬間、なんでもない一日が、特別に変わるはず!つけ袖¥35,200/アンダーカバー ブラウス¥111,100/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) リング¥223,300/エスケーパーズ オンライン(ボロロ)フェザーのつけ袖でパッと華やぐ つけ「襟」の次は、「袖」! 軽やかなフェザーが手首まわりをひらひらと装飾する。「ちょっとケーキが食べにくくなるかしら?」くらいがおしゃれの醍醐味。ポルカドットのボウタイブラウスのクラシカルなムードと呼応させたい。(右上)メガネとチェーンで遊ぶ ビッグフレームのメガネからあえて繊細なチェーンを垂らしてジュエリーのように。メガネ¥51,700/ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス(グッチ) アイウェアチェーン〈K18YG〉¥121,000/シハラ ラボ(シハラ) カーディガン¥46,200/A.P.C. ブラウス¥156,090/メゾン・ディセット(プルーン ゴールドシュミット) ショーツ¥63,800/イーストランド(オフ-ホワイト ℅ ヴァージル アブロー™) ベルト¥50,600/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) リング¥38,500/エスケーパーズ オンライン(エルナン エルデス) (右下)ネックレスで消毒する アトマイザーに消毒液を入れられる仕様。ネックレス¥16,500/レイ ビームス 新宿(アデル ビジュー×レイ ビームス) ドレス¥408,980/メゾン・ディセット(プルーン ゴールド シュミット) チョーカー¥20,300/MarlandBackus リング¥152,900・イヤーカフ(上)¥25,300・(下)¥22,000/トムウッド プロジェクト(トムウッド) (左上)ボディチェーンで盛り上げる レザーのセットアップにフェミニンな要素を加えるパールオーナメントのボディチェーン。ポロニットの水色をきかせる。ボディチェーン¥19,250/リトマス(メゾンルルピノー) ジャケット¥109,010・パンツ¥66,660/ヒラオインク(ナヌーシュカ) ニット¥55,000/スティーブン アラン トーキョー(アーチ ザ) ピアス¥34,980/エドストローム オフィス(ルメール) (左下)アンティークリングを重ねづける リングはとにかくすべての指に!くらいの勢いでオン。ポップなロゴニットに指輪がクラシカルなスパイスを加える。リング(人さし指・上)ゴールドにダイヤが埋め込まれたタイプ。¥242,000(同・下)円形のパールリング。¥440,000(中指・上)ピンクのフラワーモチーフ。¥143,000(同・中)花形のパールリング。中央はダイヤモンド。¥330,000(同・下)サファイアとパールのミックス。¥198,000(薬指)ゴールドのシグネットリング。¥363,000(小指)スクエア形のパールリング。¥308,000/ドーバー ストリート マーケット ギンザ(メルティングポット) ニット¥115,500/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ) スカート¥15,400/シティショップ ネックレス¥12,650/リトマス(メゾンルルピノー)(右上)両襟にブローチをオン ブローチは襟に、対称に飾るのが気分。ベルベットのカチューシャを合わせて、ゴシックな雰囲気で仕上げよう。ブローチ 各¥24,200/フィルグ ショールーム(パール オクトパシー) ドレス¥51,900(輸入関税込み・参考価格)/ファーフェッチ カスタマーサービス(ソレイス ロンドン) シャツドレス¥110,550/ビオトープ(ケイト) カチューシャ¥13,200/シジェーム ギンザ(マルツォリーネ ミラノ) リング¥115,500/エスケーパーズ オンライン(ボロロ) (右下)グローブはシュシュと合わせる すっかりおなじみのロンググローブに新しい提案。大きめのシュシュを根元にはめて、シネマティックに。グローブ¥21,450/フィルグ ショールーム(シモーネ ワイルド) シュシュ 各¥8,800/リトマス(メゾンルルピノー) ドレス¥60,500・ソックス¥5,830/コム デ ギャルソン(トリコ・コム デ ギャaルソン) 靴¥128,700/GGR JAPAN (ジャンヴィト ロッシ) 2連に重ねたピアス¥47,300/イザベル マラン (左上)装飾イヤーカフを絡ませる 定番のイヤーカフは、葉が耳に絡みつくようなデザインを選べば、横顔に差がつく。イヤーカフ〈シルバー/K18ヴェルメイユ〉¥168,300/エスケーパーズ オンライン(ソフィー ブハイ) ラベンダー色ドレス¥35,900(輸入関税込み・参考価格)/ファーフェッチ カスタマーサービス (ジマーマン) トップス¥47,300/トリー バーチ ジャパン(トリー バーチ) リボン¥9,900/エンメ(フラッパー) リング¥206,800/トムウッド プロジェクト(トムウッド) (左下)ヘッドピースで厳かな気持ちに 昨年からじわじわトレンドの、パールオーナメントを用いたヘッドピース。ふわふわに巻いた髪とのコントラストを楽しみたい。ドレスではなく、あえてスーツを合わせてひねりをきかせてみて。ヘッドピース¥71,500/リトマス(メゾンルルピノー) ジャケット¥59,400/ヴィヴィアン・ウエストウッド インフォメーション(ヴィヴィアン・ウエストウッド レッドレーベル) ブラウス¥82,500・スカーフ¥30,800/マックスマーラ ジャパン(マックスマーラ)ブラトップ¥66,000/パッチワークス(タナカダイスケ) ジャケット¥127,600・パンツ¥78,100/THE WALL SHOWROOM(エアロン) シャツ¥86,900/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) バッグ¥751,300(参考価格)/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) サングラス¥82,500/ケリング アイウエア ジャパン カスタマーサービス(カルティエ)貝殻ブラで出勤する 貝殻モチーフにレースの刺しゅうをあしらい、どこか懐かしさも湛えたブラトップ。ピンク色のスーツに加えて、通勤スタイルを一新する。 SOURCE:SPUR 2021年10月号「アクセサリーのNext Levelを追う」photography: Masaya Tanaka 〈TRON〉 styling: Natsumi Ogasawara hair: Keiko Tada 〈mod’s hair〉 make-up: KIE KIYOHARA 〈beauty direction〉 model: Alaska
  • マルニが、2021年秋冬より新たにマルニベイビーコレクションをローンチした。本コレクションでは、新生児用ロンパースやスタイ、1才半~3才のベビー用Tシャツやセットアップなど、マルニらしい遊び心あふれるプリントを施したアイテムが揃う。ギフトボックスに入ったスタイ7点セットや、ロンパース、スタイ、帽子の3点セットは、シーズンレスに使用できるコットン地を使用している。肌触りがよくソフトな素材なので、出産祝いやギフトにも喜ばれそう。 ロンパース、スタイ、帽子3点セット ギフトボックス ¥16,500(3ヶ月、6ヶ月)/マルニ ジャパン クライアントサービス(マルニベイビー)同コレクションのために作られたエクスクルーシブなプリントは、遠くからでも目を引く大胆なデザインに。また、店頭ではマルニキッズの2021年秋冬コレクションも発売中。インスピレーション源となったのは、お気に入りの人形をドレスアップすることを夢見る子供たちの自己表現と、心に秘めたイマジネーション。彼らをファンタジーの世界へと導くような、ユニークなアイテムが取り揃う。 Tシャツ ¥14,300(18ヶ月、24ヶ月、36ヶ月)/マルニ ジャパン クライアントサービス(マルニベイビー)花が咲きほこったフリルドレスや、遊びの時間にも動きやすいスウェット地のトップスなどは、おうち時間でもハッピーな気持ちにさせてくれそう。さらに、「MARNI」のロゴをあしらったセットアップなど、ちょっぴり背伸びしたい気分の男の子たちにぴったりのアイテムもご用意。マルニベイビーとマルニキッズはマルニ 表参道、BRAVE KID(ブレイブキッド)阪急うめだ本店および二子玉川店、伊勢丹新宿店リ・スタイル キッズ内にて発売中なので、ぜひ立ち寄って。 (左より)トップ ¥22,000、スカート ¥20,900(6歳、10歳) 、ドレス ¥31,900(6歳、10歳)/マルニ ジャパン クライアントサービス(マルニキッズ)マルニ ジャパン クライアントサービスhttps://www.marni.com/0120-420-502(11:00~18:00) text: Fuyuko Tsuji 
  • 「どんなスタイルでもこのコートを上からはおれば今年風のバランスに」(地曳さん)。大人がこの秋取り入れるべき名アウターをスタイリスト地曳いく子さんが推薦!ESLOW ローブコート※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますベルトとしても使えるマフラーつきの軽やかなコートジャージー素材でカーディガンのように軽くはおれるコート。縁をサテン生地でパイピングした繊細な仕上げで、付属のマフラーはサッシュベルト風にも使える。ESLOW ローブコート ¥63,800>>ESLOW ドレスシャツ ¥36,300>>ESLOW フレアスカート ¥42,900>>ESLOW リブレギンス ¥26,400>>BRENTA 2WAYフラットシューズ ¥46,200>>背当てと袖のみ裏地がついており、ストレスなくはおれる仕上げに。撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK/モデル) 坂根綾子(物) ヘア&メイク/森野友香子(Perle management) スタイリスト/地曳いく子 モデル/長谷川理恵 取材・文/髙橋真理子
  • ハートやレース、愛らしいモチーフを散りばめて♡ デイリーに取り入れるアイテムだって、シンプル+αの高揚感が欲しい。そんな気持ちを満たしてくれるのが、ゴールドのハート形ボタンがアイキャッチーなニットカーディガン。やわらかなオフホワイトとすっきりしたネックラインがきれいめに映えて、上手に可愛げを盛り上げてくれる。手首からカットソーのレースをのぞかせてをインしてより愛らしく。カーディガン¥39600・トップス¥30800・スカート¥39600・バッグ¥28600/ミュベール メガネ¥57200/グローブスペックス エージェント(アーレム) 今日のコーデ画像をもっとみる 撮影/赤尾昌則〈whiteSTOUT〉 ヘア&メイク/森野友香子〈Perle management〉 スタイリスト/安西こずえ〈Coz inc.〉 モデル/桐谷美玲 取材・原文/榎本洋子〈TENT〉 構成/倉田明恵〈BAILA〉 ※BAILA2021年10月号掲載
  • 手作りにはいい季節になりました。こっくり色のエプロン・リメイクスカート・テーブル周りの布小物...最近のバンドメイド記録です。 まずは、オーバルのふかふかレリーフマット。 アンティークの布やリネンで。 カトラリーやおやつマットとして、アクセサリーをのせたり... 使い方は皆さんそれぞれです。 真っ白の張りのある厚手リネンのマットとコースターは、どこか神聖な雰囲気で、 ご要望の多いお品です。十字架を刺繍した教会マットも人気でよく作ります。ポンポンを四隅につけたモノトーンのコースターも、 久しぶりにオーダー品としてお作りしました。こちらはライフワークになっているリネンエプロン。お姉さんへのバースデープレゼントにとイニシャル入りでオーダーいただきました。素敵につけて下さいました^ ^赤やブラウンなど、今はこっくり色のエプロンのリクエストが多いです。 チェックの2枚は、 着なくなったリネンワンピースをリメイクして、お友達へのお礼に添えてと、自分用にと作ったもの。 マスタードのラインが入ったこのチェックが好きで、布として活用しました。 紐を別色にしても可愛いです。 リメイクといえば、 こちらのボタニカルスカートも夏にリメイクしたもの。昔プーケットで買ったワンピースですが、 ショルダー周りのデザインや丈感が、着るにはもうアウトで... でも柄がとても気に入っていたので、 ざっと切って縫って、ただウエストゴムを入れただけのちょー簡単リメイクです。夏休み七月に、車で唯一家族で出かけた 横須賀美術館「酒井駒子展」に着ていきました。最後は、夏に誕生日を迎えた本好きな主人へ。 イニシャル入りのブックカバーを作りました。 どんな厚さの単行本でもOKのカバー。 ブラックとブラウンの生地でごくシンプルに。 革の栞は、今年の母の日に私のNAME入りで主人がプレゼントしてくれた大切なしおりです^ ^ 読書の秋、ものづくりの秋、 読みたい本も作りたいものもいっぱいです♩日々のコーデ ☺︎ My instagramはこちら★handmadeはこちら☆一色華菜子
  • 大人が安心して身を任せられる感度の高いベーシック服が、エクラ世代の支持を集めるザ ストア バイ シーからスタイリスト村山さんとのコラボアイテムが誕生。「上質な素材感を堪能できるニットアップを、ムードのあるグレージュで別注しました」(村山さん)。村山佳世子×THE STORE by C’ ストレッチリブカーディガン、ストレッチリブタイトスカート※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますむだのないシルエットに、美ディテールをつめ込んだカーディガンデコルテを美しく見せるVネックや腕をほっそり演出するスリット入りフレア袖など、計算されたディテールが魅力。。「はおり、プルオーバー、肩がけと、多彩なアレンジが楽しめます」(村山さん)。縦ラインを強調する細リブが、絶大な細見え効果を発揮するスカート「スカートを細リブにすることで、カーディガンとセットアップで着たときにメリハリが出るデザインにしました」(村山さん)。縦ラインを強調するリブ編みと絶妙な地厚感がスタイルアップを保証。村山佳世子×THE STORE by C’ ストレッチリブカーディガン ¥42,900>>村山佳世子×THE STORE by C’ ストレッチリブタイトスカート ¥36,300>>ストレッチ入りのイタリア糸を使用。リブに編み立てることで、伸縮性がさらにアップ。カーディガン、スカート共にグレージュとブラックの2色展開。腰まわりはすっきり見えるゴム仕様。センターバックにはスリットを施し、後ろ姿も着やせして見えるシルエットに。ネックレス(長)¥14,300・(短)¥15,400(ともにラウラ ロンバルディ)・靴¥68,200(ネオアス)/以上ザ ストア バイシー 代官山店撮影/長友善行 ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/RINA 取材・文/磯部安伽
  • 3シーズン活躍し、簡単にしゃれ見えしてくれるベロアパンツ。膨らみのある素材で暖かく見えながらもほっこりしないから、実はとっても着回し力も高いアイテム。今回はこのベロアパンツについて詳しく解説します!坪田あさみ エディター・ライター坪田あさみ エディター・ライター大学卒業後、出版社勤務を経て独立、女性誌や広告、カタログを中心にエディター・ライターとして20年以上活躍。ファッションはもちろんライフスタイル情報も発信。東京から湘南地域に移住し、夫とともにオムライスとオムレツサンドの専門店「サンダウナー 東京オムレツ」も経営する。   @asamit1201 @sundownertokyoomuretsuベロアがあれば異素材ミックスな着こなしが簡単に    暑くなく寒くもない時期は異素材ミックスな着こなしが可能で、おしゃれ的に一番自由度が高く楽しめる季節。その中でも一番重宝している素材が「ベロア」です。マキシスカートも持っていますが、私はパンツで取り入れるのがとても好き。    例えばまだ暑さの残る日にはTシャツやサンダルと合わせて、また少し寒くなればジャケットやブルゾンなどの羽織りものをプラスして、そして本格的に寒くなれば厚手のニットやコートと合わせてと、晩夏から秋そして冬までずっと活躍してくれるアイテム。しかも今年はベロアがトレンドでもあるので、今っぽく見せてくれる効果も大なのです。    そんなこんなでベロア好きな私は、今季シルエットがきれいで履き心地のよいパンツ作りに定評のあるブランド・STORYとコラボアイテムを作らせていただくことになりました。今回はそちらを使って詳しくご紹介したいと思います。      欲しいディテールが満載! 本命ベロアパンツを作りました!    実はコラボ企画がスタートしたのは去年の年末ごろからでしたが、その時に作りたいパンツははっきりしていました! それは冒頭でも書いた「ベロア」であること、「裾スリット」「ドロスト」「セミワイド」といった要素をすべて盛り込んでもらうことでした。    早速その4つのディテールがなぜ必要だったのか詳しく解説していきましょう!    1.  ベロア素材 ベロアは表面になめらかな光沢があり、ちょっとリッチ感があるため、カジュアルからドレッシーなスタイルまで幅広く着こなせるから着回し幅が大きいのが最大の魅力。さらにコットンからウールまでどんな素材のトップスと合わせてもバッティングしないのでコーディネートに制限がなくとても使いやすいのです。▲一番着回し幅が広いブラック。ちょっと蒸し暑い日はトップスにノースリーブ、足元はサンダルでベロアパンツを着用しています。二の腕やつま先が出ていても、膨らみのあるベロア素材のおかげで秋感はしっかり演出できます。オールブラックだときれいめ度がアップするので休日のホテルランチなどにぴったり。パンツ/坪田あさみ×STORY トップス/Deuxieme Classe カーディガン/JOHN SMEDLEY バッグ/ZANCHETTI サンダル/MICHEL VIVIEN ▲もう少し寒くなったらニットを合わせて。ウールのパンツだとニットを合わせた時にほっこりしてしまうこともあるけれど、ベロアだと質感が違うのでオールブラックでもモダンさがあり、単調になりません。パンツ/坪田あさみ×STORY ニット/BLAMINK バッグ/A VACATION パンプス/HEADING SOUTH 2.セミワイドシルエット 抜け感やこなれ感を演出してくれるほどよくゆるいシルエットが好きですが、ワイドだとマニッシュすぎてしまうのでセミワイドが私的にベスト。脚の形やお腹、ヒップラインを拾わないので、どんな体型の人でもかっこよく決まります。▲こちらはブラウン。太ももや腰まわりの肉感を拾わない、太すぎず細すぎないセミワイド幅。落ち感のある素材により下半身が重く見えません。 パンツ/坪田あさみ×STORY Tシャツ/ebure ジャケット/vintage バッグ/J&M DAVIDSON 靴/Maison Margiela3.ドロスト&ウエストゴム仕様 今季はドロスト仕様のリラクシーパンツが大人気。ウエストゴムは後ろだけなので、フロントはすっきりきれいに見えるのもポイント。フロントのドロストがお腹周りのアクセントになり間延びして見えません。▲こちらはネイビー。ドロストの先端がちらっと見えるだけで、アクセントになります。あるとないとでは実は大違い。同じくネイビーのニットと合わせてワントーンコーディネートに。パンツ/坪田あさみ×STORY ニット/TOGA PULLA Tシャツ/UNIQLO バッグ/STAUD 靴/ZARA 4.内側に裾スリット入り スニーカーでも厚底ブーツでもヒールでもどんな靴でも合わせやすいよう、裾にスリットを施しました。スリットがあるだけで長めの裾を下に逃して足元にたまらず、すっきり脚長に見せてくれます。さらに足首がちらっと見えることで女らしさも演出できます。▲こちらもネイビー。裾スリットのおかげでスニーカーでももっさり見えません。切れ目があることでボリュームのある靴の時でも裾に布がたまらず、脚長に見えるようになっています。パンツ/坪田あさみ×STORY ブルゾン/ATON Tシャツ/UNIQLO バッグ/EPPERSON MOUNTAINEERING 靴/NIKE ▲こちらはブラウン。今年はボリューミーなローファーやブーツが人気ですが、パンツと合わせると甲が全部隠れてしまうので、女らしさを演出しにくいのがデメリットでした。でもスリットがあることで抜け感があり、女らしいムードになります。 パンツ/坪田あさみ×STORY コート/MADISONBLUE Tシャツ/Le Minor バッグ/MIFUKO 靴/TOD’Sさらにこのベロアはストレッチが入っているので履き心地がとてもよく、うれしいことに自宅洗いもOKなので、がんがんデイリーに活躍させています。ドロスト&ウエストゴムの楽ちんさはリモートワークにもぴったり。ベロア特有のきれいめ感もあるのでお出かけにもOKと、オンオフともに大活躍なパンツなのです。さらに言えば夏以外の3シーズンに着用できる素材なのでコスパ的にも優秀(私は涼しめな気温の日は8月もTシャツやタンクと合わせて着ていました・笑)。 自分がコラボしているので手前味噌ではあるのですが、とってもおすすめなのでぜひサイトものぞいていただきたいです。(ちなみに9/30までにECサイトでご注文いただいた方は返品交換無料ですのでサイズの心配をせずにご購入できます。またECご購入者は裾上げも無料だそう!)    坪田あさみ×STORYコラボパンツはこちら▶   今回も読んでいただきありがとうございました!   *次回は10月9日(土)公開予定です  【編集部注】掲載されたアイテムはすべて坪田さんご本人の私物です。現在は販売されていない場合もありますので、ご了承ください。
関連キーワード

RECOMMEND