おしゃれプロの「愛用デニム」を大公開!今っぽいデニムの着こなし方とは?

Web eclat

 

 
①大草直子さん「大人流」デニムのおしゃれ

スタイリスト 大草直子

スタイリスト 大草直子

おおくさ なおこ●’72年生まれ。雑誌の編集者を経て、ファッション誌や新聞を中心にスタイリングをこなすかたわら、webメディアの主宰やイベント出演、執筆業も精力的に取り組む。近著に『飽きる勇気好きな2割にフォーカスする生き方』(講談社)。

体型や着こなしの変化を経て今またデニムといい関係に

ZARA
すそを自分でカットしたというZARAのデニム。「トレンドを取り入れるときは安心感のあるデニムに頼ることが多くて、このライトカラー&ハイウエストのデニムは、大人がはくと圧倒的に新鮮に見える旬の一本。カーブになったシルエットが少年っぽいイメージで、相反するラグジュアリーなブラウスを合わせることで、成熟した女性らしいテイストMIXに」。(すべて大草さん私物)

“細身テーパード”のデニム通歴を公開!

センタープレスで脚がすっきり見えるミラ オーウェンのホワイトデニムはモノトーンでまとめ、足もとはヒールサンダルで女っぽく」(大草さんのInstagramより)

若いころは似合わなかったというブラックデニムも、大人になってからは頻繁にはくように。シーンを選ばないから、旅行にも必ず持参。(大草さんのInstagramより)

RED CARD
30代から変わらず好きなデニムブランドはレッドカード。「ストレッチ入りなので、はいたそばから肌になじんで、それが女の人の仕草や動作をストレスにしない。日本人の脚に合わせた丈感やヒゲの入り方もパーフェクト!」。デニム 各¥20,900/ゲストリスト(レッドカード)

着用のデニムは、大草さんの“好き”を全部つめ込んだシーズンスタイルラボ別注。

絶妙なヒゲの加工で、脚を立体的にいきいきと見せてくれるというレッドカードのデニム。メンズライクな着こなしもどこか女性らしい印象に。(大草さんのInstagramより)

夫婦で愛用しているアッパーハイツのデニムは、柔らかなはき心地と大人の体型をカバーしてくれる高度な加工が魅力。(大草さんのInstagramより)

細身のテーパードデニムに、甘めのブラウス&フラットシューズ合わせがまさに今の気分。(大草さんのInstagramより)

40代半ばに転機を迎えた“大人流”デニムのおしゃれ

30代のころ、週6ではいていたというデニム。

「子育てと仕事で記憶がないくらい忙しかった時期に、汚れてもアイロンをかけなくてもOKなデニムには本当に助けられました。ボーイフレンドデニム+カシミヤニット+バレエシューズが、当時の私の制服でしたね」

その後、40代前半は体型の変化でデニムから少し離れていたけれど、3年くらい前に、また自分の中で「大人のデニム元年」がやってきたのだとか。

「今またデニムと復縁(笑)。30代のころとは選び方が変わってきたことで、はきたい気分が再燃しました。以前は、ボーイフレンドデニム一択だったけれど、今はもっぱら細身のテーパード。大人になると柔らかい肉がついてくるヒップや太もも部分を、あえて隠さずきれいに見せてくれるのがテーパードなんです。オーバーサイズのブラウスでもタイトなニットでもすっきり見えるし、足もとだってフラットでもヒールでも、と実に万能! 今着たいと思う、大人のあらゆるコーディネートにしっくりくるんですよね」

 
②田波涼子さん「相棒デニム」コーデ 

モデル 田波涼子

モデル 田波涼子

たなみ りょうこ●『JJ』専属モデルとしてデビュー後、『CLASSY.』など数々のファッション誌でカバーモデルとして活躍。現在はモデル業のかたわら、2児の母としてのライフスタイルも多くの女性から支持されている。

きれいめも、アクティブも毎日デニムで着分けています

この3本のデニムが今の私の相棒!

Dries Van Noten
「鮮度の高いピンクデニムでショッピングへ」
淡いピンクのデニムは、今季購入したお気に入りの一本。「ピンクはふだんあまり着ない色ですが、デニムでなら自分らしくトライしやすいし、淡い色みだから派手にならず合わせやすいんです。デニムがメンズっぽい太めストレートなので、足もとはヒールで女性らしく仕上げました」。グレーとの配色も大人好み。(すべて田波さん私物)

MOUSSY
「女友だちとのランチには気取らずきれいな甘辛MIX」
甘めなレースブラウスを、ウォッシュ感の強いデニムとフラットサンダルでカジュアルダウン。「自然なテーパードラインは、どんなトップスも靴も合わせやすくて、はくだけですらりと見える一本。若いころとは違って、今はもっぱらフラット派。例えばビーチサンダルでもバランスよくはけることが、デニム選びの条件に」。(すべて田波さん私物)

Levi’s
「ドライブのデニムははきやすさで選びます」
3年前に出会ったリーバイスのヴィンテージデニム。「ヴィンテージだけれど、きれいめにはけるインディゴカラー。ブルー系で軽やかにまとめました。体になじむ柔らかなはき心地は、長時間座りっぱなしのドライブにも最適」。太すぎないストレートシルエットは、腰張り体型をカバーしてすっきり見えるそう。(すべて田波さん私物)

デニムを中心につくるテイストMIXが自分らしい

20代のころから、今もほぼ毎日デニムだという田波さん。ドレスコードが許す範囲で、あらゆるシーンをデニムで着分けているそう。
 
「若いころはストレッチデニム&ハイヒールがお決まりで、脚をきれいに見せることが最優先だったけれど、今は、きちんと&カジュアル、フェミニン&マニッシュなど、どちらにもいきすぎないテイストMIXが一番落ち着きますね。トップスが甘めならラフな小物で抜け感をつくるとか、ボーイフレンドデニムには女っぽい靴を合わせるとか……。デニムを中心にすると、自分好みのバランスがつくりやすいんです。デニムもコレと決めず、その時々で無理なくはけるものをいろいろ楽しんでいます」

 
③浜島直子さん「偏愛デニム」コーデ

モデル 浜島直子

モデル 浜島直子

はまじま なおこ●’76年生まれ。“はまじ”の愛称で親しまれる人気モデル。テレビ出演やラジオパーソナリティなど、多方面で活躍。夫・アベカズヒロ氏とのユニット「阿部はまじ」として絵本『ねぶしろ』(ミルブックス)など、近著は初の随筆集『蝶の粉』がある。

ゆるめシルエットが今はきたいデニムの条件

SINME
見た目はデニムなのに、実はリネン100%というこのパンツ。「暑がりなので、夏にも涼しくはけるこのデニムはまさに求めていた一本! 丈感もたっぷりに、ゆるめシルエットの魅力を生かしたくて、あえてワンサイズ大きいものを選びました。ウエストをぎゅっと絞り、トップスはインして、ハイウエストのバランスを楽しんでいます」。カーディガンがわりのジャケット合わせでシックに。(すべて浜島さん私物)

“楽で今っぽくて様になる”私の偏愛デニムはこれ!

《1》Golden Goose

「スウェット感覚のはき心地としゃれ見えが両方手に入る!」
色違いでブルーも持っているという愛用品。「スウェット感覚ではけるくらい楽だし、ウォッシュの入り方や色合いがワンランク上のおしゃれ感に見せてくれるので、くたくたになって膝も出るくらいはき込んでいます(笑)。コンバースのハイカットと絶妙に合う丈感も好み」。

《2》Chloé

「20代のときに買った愛着の一本。きっと一生好きだと思います」
’70sムード漂うベルボトムのデニムは、28歳のとき清水の舞台から飛び降りる気で買ったもの。「何度も断捨離をくぐり抜けてきた一本は愛着もひとしお。今はたまにしかはかないけれど、この先同じタイプのデニムでもっと好きなものに出会わない気がして手離せないんです」。

《3》yunahica

「ボーイフレンドなのに絶妙に女らしいのがお見事」
ユナヒカ×黒田知永子さんコラボのデニムは今季購入。「昔好きでよくはいていたボーイズデニムに似ているけれど、これはゴワゴワ感が緩和されていて、ロールアップしたときのしっくりおさまるバランスも、きちんと大人の女性向きの仕上がり。さすが! と唸った逸品です」

定番アイテムほど、小さなアップデートが楽しい!

「私が20代のころは、デニムといえばスキニーデニムが全盛期で、私もストレッチのピタピタデニムにヒールを合わせるコーディネートをよくしていました。でも40代になると体型も好みも変わって、とにかく“楽で今っぽくて様になるデニム”ばかり探すように。おなかまわりを締めつけないハイウエストで、立ったり座ったりの動きもストレスにならない、ほどよくゆるめシルエットが、今の私のスタンダード。デニムや白シャツなど定番のアイテムほど、アップデートしないと古くさく見えてしまうので、丈やウエストの位置など自分の中で小さな変化を起こしながら楽しんでいます」
 
若いころのように、週の半分はデニム、という頻度ではなくなったけれど、今もデニムが自分のスタイルになくてはならないものという認識は変わらないそう。
 
「今は、スーパーへ行ったあと、子供と公園へ行くようなアクティブな日か、もしくは、ジャケットをデニムでドレスダウンしたりというふうにぐっとおしゃれをする日か。その両極端などちらかのシーンではくことが多いですね」

 
④ファッションプロが「今一番はいている」デニム

松井陽子さん(エディター)

「今も昔も501。どこかに女性らしく見えるポイントを」

Levi’s
学生時代から今まではいてきたジーンズは、ほぼリーバイス501。古着もリペアしながら大切にはいているそう。

「ヒップ上のすっきり直線的なラインや、あせてきたときの独特の色合いが魅力。同じ501でも登場頻度にローテーションがあって、ここ数年一番よくはいているこの一本は、男性の友人から譲り受けたもの」。

古着のデニムを素敵に着こなすポイントは?

「汚い古着スタイルは年齢的にNGなので、どこかきれいに見えるポイントをつくって“あえて”感を演出します。このボーイッシュなデニムには、コンパクトなニットとレースのパンプスで女らしさを」。(すべて松井さん私物)

 

福田亜矢子さん (スタイリスト/NORCディレクター)

「ワンピース+濃色スキニーの重ね着が大人にちょうどいい」

NORC
「昔は週3ではいていたブルーデニムも、白Tシャツと同じように、年をとって似合わなくなったと感じるもののひとつ。今はほぼブラック派で、ワンピースやチュニックに重ねるスタイリングが多いですね。ボリュームのあるトップス+ブラックやグレーの濃色デニムが、大人の体型をすっきり見せてくれる理想のバランス!」。

選ぶポイントは、ストレッチ入り、ハイウエスト、切りっぱなしの3カ条がマスト。

「伸びがいいデニムをひとつ下のサイズでピタッとはくのが、もたつかせないコツ。切りっぱなしは、重ね着したときも足もとにニュアンスが出るんです」。(すべて福田さん私物)

 

門脇美恵さん(Deuxieme Classe デザイナー)

「ヴィンテージの素材感を今のシルエットで楽しめる一本」

RE/DONE
「30代は古着にハマって、ヴィンテージのデニムをたくさん買いました。当時のものは今でもよくはいています。なかには10万円以上するものも!」。

着用のデニムは、リーバイスのヴィンテージデニムをカスタムしたリダンのもの。

「シルエットは時代によって気分が変わるけれど、変わらず好きなのはリーバイスのタフな素材感。リダンはその風合いを生かしながら、シルエットを今の時代にアップデートしているからはきやすいんです。これは比較的細身で、最近気になる王道トラッドとも好相性。シンプルなカジュアル服を小物で盛り上げるスタイルが好きです」。(すべて門脇さん私物)

 

根岸由香里さん(Ron Herman ウィメンズ・ディレクター)

リジッドデニムをきれいにはくのが今の気分です」

BERBERJIN×Levi’s
「中学生のとき、お年玉で初めて買ったのがデニム。それから飽きることなく今でも週の半分はデニムです」という根岸さんが選んだのは、’50年代のデッドストックのリーバイス701。

「ヒップにかけて丸みをつけた701は、女性の体をバランスよく見せてくれるモデル。すとんと落ちるハイウエストのストレートは、今の自分の体型にも合うんです。もともとリジッド好きなのですが、最近は特に、パンツ感覚でパリッとデニムをはきたい気分です」。

全身デニムのようなカジュアルなコーディネートも、甘さのあるリネンのトップスできれいな印象に。(すべて根岸さん私物)

▼その他のおすすめ記事もチェック
カジュアルすぎるかも、体型のくずれが目立つかも……とモヤモヤして、年々デニムから遠ざかっていない? 大人ならではの選び方、着こなしを指南。きっとデニムがはきたくなる、大人ならではのデニムコーデをニーズ別に公開。
スラックス感覚で着られるきれいめ感とデニムのもつラフさが大人にちょうどいいホワイトデニム。ブルーデニムより着るシーンを選ばず、清潔感と女らしさもアップする。
アラフィーのデイユースに欠かせない「デニム」。おしゃれなアラフィー読者ブロガーはどんなブランドやデニムをはいているの?アラフィー読者ブロガーの愛用しているデニム&コーディネートを大公開!
塾長・スタイリスト大草直子さんの”おしゃれ塾”。今回のテーマは、「アラフィーのおしゃれの基盤の見直し」。どんな質問も打ち返してくれる、大草さんの愛ある言葉と明快な解説で徹底指導! ワードローブの整え方や装うことの楽しみを改めて学び、マンネリを打破しておしゃれをぐっと前進させよう。
薄着の季節の着やせ対策に朗報! トレンドの服やちょっとしたテクニックで体の上に「直線」や「斜め線」を加えるだけで、たちまちすっきり効果が。そのルールをスタイリストの望月さんが解説!
撮影/須藤敬一 目黒智子 魚地武大 ヘア&メイク/佐藤エイコ 森野友香子 取材・文/東原妙子 ※エクラ2021年8月号掲載
関連記事
  • トレンドの着こなしに合わせやすいうえ、最旬のブランドやカラーがそろう、御用達セレクトショップは頼れる存在。そこで売れているスニーカーとは? 今回は、モードな着こなしと相性抜群な「ドゥロワー」でおすすめのスニーカーをセレクト。DRAWER(ドゥロワー)モードな着こなしと相性抜群なスニーカーを買い付けコロンとした厚底ソールのスリッポン。アッパーにビジューつきバックルをアクセントにあしらって特別感を演出。 靴¥126,500(セルジオ ロッシ)毎シーズンドゥロワーが買い付けるノヴェスタの今季の別注カラー。イタリア製ナッパレザーを使用し、ライニングもかかとに優しくフィットする。 靴 各¥38,500(ノヴェスタ フォー ドゥロワー)/以上ドゥロワー 六本木店>>「スニーカー」記事一覧撮影/佐藤 彩 スタイリスト/徳原文子 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年9月号掲載
  • 目下活躍中の夏ものに、夏の終わりから秋本番まで即戦力になってくれる「キーアイテム」を加えれば、コーディネートの幅がぐっと広がる! リネンワンピース+額縁ジャケットの足元に、センシュアルなヒールサンダルを合わせてぐっとエレガントに。>>着回したアイテムの詳細はこちら!ジャケット+サンダルで上品なお出かけスタイルリネンのワンピースに、ジャケットをぱっと肩がけ。足もとはセンシュアルなヒールサンダルを合わせれば、ぐっとエレガントに。★ワンピース¥31,900/エクラプレミアム通販(ティッカ×エクラ) ジャケット(レザーベルトつき/9月中旬入荷予定)¥154,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ネックレス¥42,900/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町店(ジジ) バングル¥20,900/アマン(アンセム フォー ザ センセズ) バッグ¥237,600/トッズ・ジャパン(トッズ) ★靴¥47,300/エクラプレミアム通販(ネブローニ)こちらのワンピースはエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>こちらの靴はエクラプレミアムでご購入いただけます!購入はこちら>「夏」に関する記事一覧>>「着回し」に関する記事一覧>>撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/徳原文子 取材・原文/松井陽子 ※★マークのついた商品はエクラプレミアム通販(https://store.hpplus.jp/eclat/)で購入できます。 ※エクラ2021年9月号掲載
  • 夏といえばコレ! という定番コーディネートも、ちょっと変えるだけで、たちまちフレッシュな印象に。真似したい簡単アイディアを、スタイリストの加藤かすみさんがアップデート! 1.フレンチ気分なモノトーン ≫≫【甘さ控えめ&パール】で盛り上げる ここをChange! 「甘めなフレンチを、かっこいいイメージにチェンジ! ボトムをワイドパンツに、カジュアルなボーダーは女っぽく、クラシカルなネックレスは個性的なバロックパールに。アイコン的なアイテムの選び方を変えてみて」by Kasumi グッドガール的でクラシカルなイメージのフレンチシックを、この夏は真逆のカジュアル&モダンな解釈で楽しみたい。信頼のモノトーンだから、新しいアイテムにもトライできる。カーディガン¥18700/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店(ルージュ・ヴィフ) タンクトップ¥10780/アンクレイヴ パンツ¥24200/カデュネ プレスルーム(カデュネ) バッグ¥74800/エバゴス ネックレス¥132000・ピアス¥286000/ミラモア ファイン ジュエリー(ミラモア) 靴¥139700/ジミー チュウ 2.美フォルムワンピ×サンダル ≫≫【カジュアルな足もと】で抜け感を ここをChange! 「一枚で決まる構築的なシルエットのワンピースが大活躍。かしこまった印象のアイテムだからこそ、足もとでテイストを思い切りハズして。今年なら、スポサンやジュートのフラットなど、ラクで存在感のある足もとが好相性です」by Kasumi 立体シルエットをキープするフェミニンなワンピースは、足もと合わせで鮮度をアップ。きれいめなサンダルだと当たり前にレディな着こなしにまとまってしまうところを、あえてロープストラップのサンダルでラフにくずして。足もとにボリュームを持たせるのが、最旬バランス。ワンピース¥26400/リステア総合カスタマーサービス(ルシェルブルー) バッグ¥62700/フルラ ジャパン(フルラ) バングル¥13200・シングルピアス¥25300/アルティーダ ウード 靴¥9900/クオリネスト(ボホノマド) 3.フレアスカートが主役のコーデ ≫≫【ボタニカル柄】でご機嫌に ここをChange! 「印象を更新するなら、主役になる柄を変えるのが近道。今まで選んでいた小花柄やドット柄を、ぱっと目を引く大柄のボタニカルに。シンプルなTシャツとなら派手柄も難しくない。一枚でリゾート気分を楽しめます」by Kasumi リゾートライクなボタニカル柄のスカートは、Tシャツになじむ白ベースの配色だから、悪目立ちせずすんなり着こなせる。ビタミンカラーの小物使いも、開放的なムードを加速して。Tシャツ¥6380/シンゾーン ルミネ有楽町店(シンゾーン) スカート¥20900/マイストラーダ プレスルーム(マイストラーダ) ピアス¥14300・リング¥9900/プルミエ アロンディスモン(フィリップオーディベール) バングル¥8250/ライフズ 代官山店(トゥデイフル) バッグ¥81400・靴¥108900/ジミー チュウ 4.デニムに背中あきトップス ≫≫【透ける素材】でムードを出す ここをChange! 「デニムに背中のあいたバックシャンなトップス合わせは、もはや新定番。そこで今季はトレンドのシアー素材でアップデート! 透け感があれば長袖でも暑苦しくないので、肌を出しすぎたくない人にもおすすめです」by Kasumi 涼感とシックな印象を両立する、シアーなブラック。ブラウス越しの上品な肌見せが、カジュアルになりがちな夏のデニムスタイルをぐっとエレガントに見違えさせる。ブラウス¥25300・パンツ¥29700/サードマガジン 帽子¥7590/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店(サンテッリフランチェスカ) ピアス¥6400・3本セットのリング¥5500・パールブレスレット¥6800・チェーンブレスレット¥7800/ハルミ ショールーム(グレイ) バッグ¥170500/八木通商ザンケッティ事業部(ザンケッティ) 5.ブラウス×パステルカラーパンツ≫≫ぱきっと発色する【ベジタブルカラー】 ここをChange! 「春は優しいパステルカラーが人気だったけれど、夏になるとおなじみのブランドからもビビッドカラーのきれいめパンツが続々と登場。中でも、グリーンやイエローといったベジタブルカラーがとびきりフレッシュ!」by Kasumi ぱきっと鮮やかな発色のカラーパンツが、夏の日差しによく映える。インパクトの強い色も、ボトムでならトライしやすい。合わせのアイテムは白でまとめて、ベジタブルカラーのみずみずしい魅力を最大限に引き出して。ブラウス¥23100/サードマガジン カーディガン¥15400・パンツ¥18700/カデュネ プレスルーム(カデュネ) バッグ¥17600/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店(ザ バージニア) シングルイヤカフ¥15400・リング¥26400・ブレスレット¥19800/アルティーダ ウード 靴¥139700/ジミー チュウ 6.ふわ×ぴたシルエットのワンツー≫≫シャープな【バンドカラーシャツ】 ここをChange! 「ビッグシャツが旬の今、細身ボトムと合わせてすっきり見せる、ふわ×ぴたシルエットは常識。ならばシャツの種類をバンドカラーに変えるだけでも、ぐっとモダンな印象になります。小物でアクセントをつけるのも有効」by Kasumi 誰が着てもバランスよく映える、鉄板のふわ×ぴたシルエット。ふんわり甘いブラウスを選んでいた春から、パリッとハリのあるマニッシュな一枚にチェンジ。中でも人気のバンドカラーは、それだけで顔まわりの印象がすっきりと、ミニマルに仕上がる。シャツ¥25300/インターリブ(サクラ) パンツ¥27500/ディーゼル ジャパン(ディーゼル) カチューシャ¥12100/アレクサンドル ドゥ パリ GINZA SIX店(アレクサンドル ドゥ パリ) バッグ¥52800/ラドロー オンラインストア(ラドロー) 靴¥33000/エンフォルド 7.ジャケットで仕上げるきれいめカジュアル≫≫【オールベージュのワントーン】で洗練ムードに ここをChange! 「冷房対策のはおりものは、カーディガンよりも、ジャケットをさらっと肩かけするのが今年流。さらに全身ベージュのワントーンでまとめることで、カジュアルになりがちな夏コーデが品よく洗練されたムードになります」by Kasumi 夏のジャケットは肩かけが基本。絶妙にトーンの違うベージュ合わせが上級者風。ジャケット¥20900/アンクレイヴ タンクトップ¥6930/カデュネ プレスルーム(カデュネ) スカート¥30800/プルミエ アロンディスモン バッグ¥156200/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) コーム(上)¥23500・(下)¥19500/プリュイ トウキョウ(プリュイ) ブレスレット¥74800/ハルミ ショールーム(カフカ) 靴¥82500/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) 教えてくれたのは スタイリスト 加藤かすみ 本誌をはじめ数多くの雑誌の表紙やファッション特集、広告を手がける人気スタイリスト。ベーシックなのに着映えるスタイルの達人! 撮影/曽根将樹〈PEACE MONKEY〉 ヘア&メイク/笹本恭平〈ilumini.〉 スタイリスト/加藤かすみ モデル/桐谷美玲 構成・原文/東原妙子 企画/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年8月号掲載
  • 今年4月、宝塚歌劇団雪組をトップスターとして率いてきた望海風斗さんが退団した。卓越した歌唱力、繊細な表現で観る者を魅了し、唯一無二の存在として宝塚を牽引してきた彼女。インタビュー3回目は新たな道を歩み始めた心境、そして待望のコンサートについて聞いた。 望海風斗スペシャルインタビュー1 望海風斗スペシャルインタビュー2 とどまらない珠玉の歌声。新しい“望海風斗”へ 男役を卒業したあとのおしゃれ、美容については「実は変化がなくて」とポツリ。「今日着たスーツは新鮮でしたね。私がピンクを着られるんだ!って。退団後に買った服はデニムのパンツ。入団前から普段着はTシャツとデニムが定番です。まだ髪も短くて“半分男役”状態なので、スカートも無理して今はくことはないのかな。これまで男役っぽい服しか買ってこなかったので、新しいお店を開拓したい願望はあります。ネットではなくて、お店で長く着られる服を探したい。メイクは以前から控えめ。目もとが強調されて派手になるのがイヤで、アイラインを引くときは細く、薄くが鉄則です」新たな道を歩み始めた心境と、これから挑戦したい仕事を尋ねると……。「長くいた場所から卒業して、一歩先に進むのは勇気がいるけれど、宝塚OGの皆さんの素敵な姿を見たら私も立ち止まってはいられないという気持ち。一度きりの人生、柔軟にいろいろ挑戦してみたい!中でも私はやっぱりお客さまとじかにお会いして、その場で作り上げていくことが好きなので舞台に立ちたいです」その歌声の今後にも期待が高まるところ。8〜10月には、待望のコンサート『SPERO』を4都市で開催予定だ。「幅広いジャンルの歌を歌えるようになりたいんです。仕事に生かせるかどうかは別として、歌の勉強はしたいと思っていて。ジャズやポップス、いずれはシャンソンも。今はまだ自分の歌声を探している段階なので、コンサートでは完璧な歌を目指すことはしません。新しい“自分”が始まっていく過程を、皆さんと共有していけたらと思っています ジャケット¥71390・パンツ¥47190/エム(ウジョー) シューズ¥97900/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) イヤカフ¥30000・ネックレス¥33000・バングル¥77000・リング¥18000・オープンリング¥30000/フォーヴィレイム カットソー/スタイリスト私物 望海風斗 のぞみ ふうと●10月19日生まれ、神奈川県出身。2003年、宝塚歌劇団に入団。花組に配属され経験を積んだ後、2014年、雪組に組替え。2017年、雪組のトップスターに就任。2021年4月11日、『「fff-フォルティッシッシモ-」~歓喜に歌え!~』『シルクロード~盗賊と宝石~』の東京千秋楽でトップ娘役・真彩希帆さんとともに退団。 望海風斗コンサート『SPERO』構成・演出・振付/川崎悦子 企画・制作/梅田芸術劇場日程/2021年8月2日~10月5日チケット一般発売日/7月17日(大阪・福岡)、9月4日(愛知・神奈川)宝塚退団後初となるコンサートを大阪・福岡・愛知・神奈川の4都市で開催。宝塚の楽曲のほか、ジャズやポップス、海外ミュージカルなどの名曲を歌い上げる。ラミン・カリムルー、井上芳雄、海宝直人と豪華ゲストとの競演も注目! 撮影/土山大輔〈TRON〉 ヘア&メイク/国府田圭 スタイリスト/菊池志真 取材・原文/櫻木えみ 構成/斉藤壮一郎〈BAILA〉※BAILA2021年8月号掲載
  • 小さな頃から今に至るファッション遍歴や服へのこだわりについて徹底インタビュー!渡邉理佐の「ファッション」is..."ファッション"の最初の記憶は3歳頃のこと。 くまのプーさんとピグレットのイラストが描かれたピンクの長靴がすごく好きで。 晴れの日もいつも、ずっとはいていたのを覚えています(笑)。服に興味を持ち始めたのは小学生頃かな。 ブランドだと、「メゾピアノ ジュニア」や「ポンポネット ジュニア」、高学年の頃は「ブルームーンブルー」や「ココルル」がお気に入りでした。中学生に入ると、甘い服ばかりに。とにかく"柔らかい素材で淡い色"を極めていましたね(笑)。 その頃好きだったのは「dazzlin」とか「ココ ディール」。『Seventeen』や『non-no』を読んでは、桐谷美玲さんの甘辛MIXに憧れていました。 高校生の頃にはカジュアル系に目覚め、辛口なモノトーンなども着るようになりました。 いろいろなテイストを経た今は、大人っぽい系統に落ち着きました。 よくチェックするブランドは、「オーラリー」や「6(ROKU)」「MM6 Maison Margiela」など。きれいめに着られるカジュアルな服が好きです。 新木優子さんの私服が大好きで、SNSもチェックさせていただいています。優子さんのSNSを見て新しく知ったブランドで、「わぁ! 可愛い♡」と思い購入したコートがあるのですが、編集の方に「そのコート、優子ちゃんも着てたよ!」と伺って感激したりも。 大好きな方も持っていらっしゃると知り、よりうれしくなっちゃって。ただのファンですね(笑)。そのコートは今も宝物です。 モデルのお仕事を始めてからは、展示会にもお邪魔して最新の服もチェックするように。ねる(長濱ねる)が誘ってくれて、一緒に行くことも。お互いの仕事の合間に約束して、現地集合、現地解散!のパターンが多いですが(笑)。  最近はデニム愛が再燃しています。合わせ方次第でカジュアルにも女らしくも着られるデニムって、やっぱり奥深い。 シルエットがきれいだなぁと思う「MOUSSY」はフィットするデニムが多く、よく買うブランドの一つです。パンツは丈感も重要なので、できるだけ試着して買うようにしています。今日の衣装もめちゃめちゃ可愛かった! デニムオンデニム、実は私服でもしたことがあるんです。難しそうでずっと勇気が出なかったのですが、ある日挑戦してみたら意外とすんなり着こなせて、気に入っています。 服を選ぶ時、昔と比べて一番変わったことは、質を重視するようになったことかな。最近購入した服たちは、「この先もずっと大切に着よう」と思えるものばかり。大きなお仕事が終わった後には、自分へのご褒美として、憧れブランドのバッグや服を購入することも。「このバッグを持ってまた頑張ろう!」と、モチベーションも上がりますし、頑張った後に買った分、より大切になる気がして。 でも実は、お気に入りで大事にしている服って、月に2、3回ほどしか着ないんです。お気に入りだからこそ飾って見ていたくて。ハンガーに掛かっている姿すら可愛くてたまらない!  今飾っているお気に入りは「オーラリー」のグリーンとピンクの透けシャツ。掛かった姿を眺めては、うっとりと愛でている日々です(笑)。今月のりさいず 「62.5cm」理佐のサイズ、いろんなところを測っちゃおう!のコーナー3回目。 今回のお題は、「カッコつけてモデル立ちして!」とお願いした時の足の幅。 一度やってみて「ちょっと広げすぎたかも。自然にしなくちゃ」と、やり直してくれるまじめな理佐なのでした♡ジャケット(メンズ)¥31900/アー・ペー・セー カスタマーサービス パンツ¥18700/レショップ 渋谷店(Lee×L’echoppe) つけ衿¥1599/WEGO 靴¥14300/ダイアナ 銀座本店▶櫻坂46 渡邉理佐の連載「りさいず」をもっと見るProfile 櫻坂46渡邉理佐   1998年7月27日生まれ。茨城県出身。2017年より雑誌「non-no」の専属モデルを務める。櫻坂46のメンバーとしても活躍し、クールビューティなキャラクターで人気を集めている。2019年には『渡邉理佐1st写真集 無口』(集英社)が発売され、売上は10万部を突破・オリコン年間写真集ランキング4位にランクインするヒットを記録。 モデル・題字/渡邉理佐 撮影/中里謙次 ヘア&メイク/鈴木かれん スタイリスト/高野麻子 取材・原文/道端舞子 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • ニュアンスカラーが魅力の大人Tシャツを着てみました。大人気のE by eclat 「大人の五部袖Tシャツ」を着る機会を頂きました。Happy plus store よりTシャツ:E by eclat ストール : アソースメレ上質なTシャツを見かける事はあっても、購入まで至った事がなかったので、手に取った瞬間「ああ。これが上質なTシャツなのね」とまずは感動。肌ざわり、つかず離れずのサイズ感、控えめな艶。どこをとっても良い!のです。綺麗目に着たかったので、艶繋がりでまとめたラベンダーのサテンスカートに、麻のストールで縦ラインを強調。 脚長スタイルを狙いました 笑落ち着いたアースカラーも高級感を高めてくれています。 意外と気温が高い日もある秋口まで着られる色味も、投資価値ありかな。と思わせてくれました。色違いのダスティピンクも、ものすごく気になっています。伊藤美帆のインスタグラムはこちら♡伊藤美帆
  • ライター愛ちあんが、8/4(水)発売の新作フラペチーノを飲んでみた!今年、日本上陸25周年を迎えたスタバから、“GO! GO! TUMBLER! この夏、「マイタンブラー」をはじめよう”をテーマにした新作フラペチーノ「GO パイナップル フラペチーノ」と「GO ピーチ フラペチーノ」(各Tallのみ ¥680 お持ち帰りの場合/Tall ¥693 店内利用の場合)が8/4(水)~9/21(火)※の期間登場します。一足お先にチェックしてきたライター愛ちあんが、その味わいをお届けします♬※なくなり次第終了濃厚な味と果肉感に夢中!「GO パイナップル フラペチーノ」スタバ初登場となるパイナップルテイストのフラペチーノ「GO パイナップル フラペチーノ」は、パイナップルピューレを使用したジュースベースのフラペチーノに、パイナップスソースと3種類のサイズ感でカットされたパイナップル果肉がイン。夏らしいイエローのビジュアルとトロピカルな甘~い香りに心が弾みます。飲んでみると、完熟したパイナップルを食べているかのような、みずみずしく濃厚な味わいに思わずにっこり♡ パイナップル果肉の存在感が抜群で、衝撃的なおいしさ。とにかくめっちゃくちゃパイナップルです(笑)。 一度飲んだらやみつき間違いなし! ホイップが混ざるとクリーミーな味に変化しますが、それでもさっぱりとしたフレッシュさは変わらず。愛ちあん的には、ホイップ抜き=ノンホイップで注文するのが今の気分♬安定のおいしさ!「GO ピーチ フラペチーノ」「GO ピーチ フラペチーノ」は、皮ごとすりつぶした白桃ピューレを使用したジュースベースに、サイズ感の異なるゴロっとしたピーチ果肉をミックス。ゴクゴク飲めるすっきりした飲み口で、ピーチならではの芳醇な香りと甘さが堪能できる一杯です! 異なる大きさのピーチ果肉とすりつぶした白桃の食感がポイントで、果実そのものを食べているかのような気分にさせてくれます。ドリンクの開発者さんによると、イチオシのカスタマイズは「ホワイトモカの追加」。ジューシーな味わいに、まろやかで優しい甘さとコクをプラスしてくれるのだそう♪※写真はカスタマイズしていないシンプルな「GO ピーチ フラペチーノ」です可愛くてエコな新作グッズにも注目!新作フラペチーノやスタバのドリンクを楽しみながら、環境にも優しい新作グッズも同日発売スタート!フラペチーノ用「ドームリッドカラーチェンジングリユーザブルコールドカップ」「ドームリッドカラーチェンジングリユーザブルコールドカップ」(¥385)は、冷たいドリンクを入れるとカラフルな柄が現れるフラペチーノにぴったりなリユーザブルカップです。「ドームリッドカラーチェンジングリユーザブルコールドカップ」と新作フラペチーノをセットで購入すると、無料でトールからグランデへサイズアップできるキャンペーン※も期間限定で実施されます。この機会に可愛くてエコなアイテムをゲットしちゃいましょ♡※フラペチーノのサイズアップは、対象商品とのセットでのご購入時であって、かつ、リユーサブルカップにフラペチーノを入れてご提供する場合のみ適用されます。※フラペチーノの価格にはカップ値引が適用されます新作フラペチーノを「ドームリッドカラーチェンジングリユーザブルコールドカップ」に♪ユニセックスで使えるおしゃれなボトルサコッシュスタバのボトルがすっぽりと収まるおしゃれなボトルサコッシュも登場。ラインアップは、デニムの落ち綿をアップサイクルして作られた(左)「スターバックス アップサイクルコットン ボトルサコッシュ デニムブルー」、リサイクル素材を使い耐久性に優れた(右)「コーデュラ エコ ファブリック ボトルサコッシュブラック」(各¥3080)の2種類です。どちらもサブポケットがついているのでちょっとした外出にも◎。ユニセックス仕様のデザインで、幅広いコーデとマッチしてくれそう。ロゴマークがポイント! 「スターバックス アップサイクルコットン ボトルサコッシュ デニムブルー」新作フラペチーノも新作グッズも全部まとめてチェックして♪※掲載されている情報は2021年8月3日時点のもので、テキストには個人の感想が含まれます。▶︎▶︎『スターバックス』公式サイトはこちらから関連記事>>【スタバ】東北から九州まで! 地元フラペチーノを飲んでみた♪>>【スタバ 新作】店舗限定「マリトッツォ リモーネ & マンゴー」が気になりすぎる!>>【スタバ新作】2種類をレポ! 大優勝は「ほうじ茶 & クラシックティー ラテ」 ライター愛ちあん 元・MORE読者ブロガーのモア世代ライター。スタバやタリーズの新作レポなどグルメを中心に、ライフスタイル全般を担当中!みなとみらいのフリーマガジンを作っていたほど地元愛が強いハマっ子。夏と旅行と海を愛するアクティブ女子で、スポーツが大得意。霜降り明星が大好きなイニミニ酒袋です♡ 取材・文/矢野愛 ※掲載情報およびイベント等については変更や延期・中止の可能性があります。公式サイト等で最新情報をご確認ください。なお政府や自治体からの外出自粛要請等の情報にもご注意いただき、慎重な行動を心がけるようお願いいたします。
  • 酸いも甘いも嚙み分けてきたからわかる! アラフィーバイヤーSの “失敗しないお買い物” Vol.2 HAPPY PLUS 大丸東京店にお邪魔して、アラフィーバイヤーSの個人買いに密着!Vol.1では、ワンピースの選び方をリポート。Vol.2の今回はデニム編。大人に似合うデニムを選ぶなら、裾丈・お尻・ひげの3つをチェックすれば問題なし!? アラフィーバイヤーが、お買い物で失敗しないポイント教えます。 アイテムをまとめて見る Vol.1ワンピース編を見る バイヤーSが教える!大人に似合うデニムの見つけかた Point1裾丈はジャストサイズを選んですっきり見せる! 「試着するときにまず見て欲しいのが“裾丈”。ジャストサイズの裾丈を選んで、足首のバランスをしっかりチェック。デニムがきついときに太ももあたりにでる“筋”が出ないかを見るポイントです。夏のデニムは、ジャストサイズよりゆとりのあるサイズを選ぶことによって、体にまとわりつかず涼しくはけますよ」(バイヤーS) 身長163㎝・サイズ27着用 「upper hightsのTHE MUSEは、大人にうれしいゆとりのあるシルエット。自分のサイズよりあえて大きい27サイズをゆるっとはくことで、こなれ感もアップします。夏は風通しもよく、デニムが涼しくはけますよ。あえてベルトで締めてアレンジすることで、着こなしのバリエーションが広がります」NEBULONI E. アンクルゴムストラップサンダル ¥47,300 他バイヤーS私物 Brand エディター磯部安伽さん×upper hights ItemTHE MUSE price¥25,300 詳しく見る Point2お尻とポケットの位置を確認! 「お尻だけが出ていないか、後ろポケットの位置がお尻の位置としっかり合っているかを確認して、小尻に見えるかチェック!後ろポケットのデザインが小さく見えるように工夫されているデニムを選ぶのもコツです」(バイヤーS) 身長163㎝・エタンカラー・サイズ24着用 「少しピタッとした細身のシルエットのデニムと合わせるときは、上は、ゆるっとシルエットのTシャツなどを合わせてバランスを取るのがベストです。upper hightsの“セレナ”は、ヒップが高く見えるようポケットの位置も緻密に計算されているので小尻効果も抜群です!」suadeo×SLOANE 【SLOANE】コラボ フレンチスリーブプルオーバー ¥9,240/YOUNG & OLSEN The DRYGOODS STORE レザートートバッグ M ¥33,000/NEBULONI E. アンクルゴムストラップサンダル ¥47,300 他バイヤーS私物 Brand upper hights ItemTHE SERENA 細身ストレート price¥25,300 詳しく見る Point3“ひげ”の陰影が濃すぎないかチェック! 「デニムの前身頃の足の付け根部分にできる“ひげ”のような色落ちが濃すぎないかチェックしましょう。大人が選ぶ際は、陰影が薄いほうが主張が強すぎずバランスよくはけます。upper hightsやRED CARDのデニムは、陰影が薄いのでおすすめです」(バイヤーS) 身長163cm・サイズ24着用 「夏にデニムをはくなら、爽やかなブルーのデニムがおすすめです。RED CARDの“Eternity”はひげの陰影もそこまで強すぎないので、大人がはきやすいのが魅力。細身切りっぱなしになった裾がほどよい抜け感を演出し、ぺたんこサンダルとも好相性です」HEREU 【Cabas】レザーハンドルBIGかごバッグ ¥41,800/il Sandalo of Capri 親指ビジューサンダル ¥30,800他バイヤーS私物 Brand RED CARD  ItemEternity price¥20,900 詳しく見る 他にも大人におすすめのデニムはコレ! suadeoJAPAN BLUE コラボ ハイパーストレッチスリム見えデニム¥22,000 upper hightsTHE STELLA ボーイズデニム(ブラック系)¥25,300 RED CARDAnniversary Highrise¥20,900 バイヤーSがピックアップした商品は“大丸東京店”でもお取り扱い中! HAPPY PLUS 大丸東京店東京都千代田区丸の内1-9-1 大丸東京 5F婦人服フロア キャリアセレクションズ営業時間:午前10時~午後8時※新型コロナウイルスの影響により、状況により予告なく営業時間変更となる場合があります。営業の有無はご来店前に、店舗へ直接ご連絡ください。※売り切れの場合はご了承ください。お問合せ:090-6750-3064 (直通) お得なセール情報やデニムの履き比べなど独自のコンテンツを発信中!ぜひブログもチェックしてください。おすすめの記事はこちらです「upper hights 新色をどの型で選ぶ?お助け膝下解説!」 全ての商品一覧を見る HAPPY PLUS STORE 撮影/齋藤大嗣The post アラフィーバイヤーSの“失敗しないお買い物”Vol.2 first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
関連キーワード

RECOMMEND