懐かしい記憶がゆるやかに蘇る「ドメ ーヌ・ド・モンティーユ ブルゴー ニュ ピノ・ノワール 2017」【飲むんだったら、イケてるワイン】

Web eclat

素直に笑っていた日々に戻してくれる大親友

DOMAINE de MONTILLE

ブルゴーニュ ピノ・ノワール

そうそう、この味。繊細でチャーミングな果実味にうっとり。「ドメーヌ・ド・モンティーユ ブルゴーニュ ピノ・ノワール 2017」。チェリーやイチゴの香りの奥に紅茶や土っぽい香りが潜み、アロマティック。なんてかわいらしくて、色っぽいのだろう。「ああ、正統派ブルゴーニュだ」としみじみ。深い香りが小さな紫色のブーケを思わせる。

造り手は“ブルゴーニュの哲学者”と称されるドメーヌ・ド・モンティーユ。古典的魅力を大切にする名門ながら、当主のエティエンヌ・ド・モンティーユ氏は積極的にビオディナミに取り組み、ピュアでエレガントなワインを生み出している。その奥深い味には熱狂的ファンも多い。

実は、これはドメーヌのカジュアルライン。だが、そのレベルは限りなく高い。たとえるなら「一流ブランドのTシャツ」だろうか。気軽だが、端正さと華やかさを感じさせるのだ。料理を合わせるなら、ラムのローストを。やわらかなラム肉と優しい果実味が相性抜群で、優雅なマリアージュを楽しませてくれる。

ゆっくりと杯を重ねていると、無邪気に笑っていた10代の記憶がゆるやかに蘇る。なぜなのだろうと考えて、ふと気づいた。「懐かしい」と思える安心感。そうか、このワインは心許せる友だちなのだ。いつも隣で笑っていた“あの子”のような。

フランス・ブルゴーニュ地方。ピノ・ノワール100%。若いうちから楽しめ、ラズベリーやスミレの香りも。タンニンがなめらかで、果実の深いうま味が魅力的。酸も美しい。すき焼きなどの肉料理全般、鰻にも。有機認証機関「エコセール」認

証を保持。750㎖ ¥5,500/ラック・コーポレーション

教えてくれたのは……
安齋喜美子

安齋喜美子

あんざい きみこ●ライフスタイル誌やワイン専門誌で料理やワイン、旅などの記事を手がける。国内外のワイナリーや醸造家取材も多数。著書に『葡萄酒物語』(小学館)。シャンパーニュ騎士団シュヴァリエ。
今回ご紹介するのは、注目の敏腕醸造家スティーヴ・マサイアソン氏の造る“ニュー・カリフォルニアワイン”。魚介類や和食、重厚感のある肉料理やスイーツまで、どんなシンプルな料理も華やかに楽しませてくれるイケてる一本をご紹介。
美味しいワインでお家ご飯を楽しみたい!週末は贅沢なワインで至福の時間を過ごしたい!お料理もワインも本当に美味しいものを知っているアラフィー女性におすすめする「贅沢な大人のワイン」をワインジャーナリスト安齋喜美子さんが厳選してご紹介。
スイス・ヴォー州レマン湖畔のラ・コート地方で生まれた、シャトー・ド・マルセール プルミエ・グラン・クリュ 2017は、深い味わいで清らかさに満ちている。満開の桜を眺めながら、親しい友だちと飲みたいイケてる一本をご紹介。
撮影/三木麻奈 スタイリスト/大畑純子 原文/安齋喜美子 イラスト/平松昭子 ※エクラ2021年6月号掲載
関連記事
  • ジャージー素材で着心地も良いRalph Laurenのワンピース昨年の秋ごろにセールで購入していたRalph Laurenのワンピース。 やっと出番がやってきました。 ジャージー素材で真夏でも涼しく気持ちよく着られます。 ハイウエストでリボンを結ぶので足長効果も。 胸元のカッティングが深めでデコルテを綺麗にみせてくれます。 one-piece:Lauren Ralph Lauren pumps:ZARA bag:kenzoタイトっぽいけど、ほんのりAラインなシルエットと、少しスリットが入っているデザインもお気に入りです。 暑い夏はサラリと1枚で完結するワンピースが重宝しますよね。 SALEまで洋服を買わずに今ある服で着回しをあれこれ考えているのですが 物欲は高まるばかり・・・ 欲しいものリストを作って書き出してみたら、とんでもない量になってしまいました。 もちろん全て買える訳はないので、その中から厳選して決断しようと思います。 あれこれ悩む時間もまた楽しいのですが(*^^*) ↓エリーInstagramもマイペースに更新中です↓ No.196 エリー
  • 今夏、さっそくトライしたい「動くショート」カタログを大公開。くせ&細毛でつぶれて見えやすい髪質の人は、トップにレイヤーを入れ、丸みのあるフォルムに仕上げた立体ショートが◎。襟足はあえて重さを残すことでしっとり豊かな印象に見せてくれる。パーマをかけない派は《カット》で「動く」!レイヤーでつくる丸みシルエットで、立体ショートが完成くせ&細毛でつぶれて見えやすい髪質。そこでトップにレイヤーを入れ、丸みのあるフォルムにすることでボリュームゾーンを上げ、パーマなしでも立体的に。襟足は切りすぎず重さを残し、しっとり豊かな印象へ。硬めワックスをもみ込めば、くせを生かしてメリハリが出せる。【担当/前田百合子さん(BEAUTRIUM 265) モデル/岡野晴美さん(50歳・販売員)】ジャケット¥15,400・Tシャツ¥4,400/リノーム バイ エーティー ピアス¥31,900・ネックレス¥79,200・リング¥170,500/マリハSideBack【Before】【BEAUTRIUM 265】東京都中央区銀座2の6の5 銀座トレシャス4F TEL:03・3562・6606 https://beautrium.com>>50代ヘアスタイル 記事一覧はこちら撮影/岩谷優一(vale.) メイク/榛沢麻衣 藤本 希(Cheek One) スタイリスト/池田メグミ 取材・原文/松井美千代 ※エクラ2021年7月号掲載
  • エクラ編集長の愛猫、アメショー7歳のアラン。その子猫時代の動画です。このしぐさ、たまらない!土曜日は蔵出しアラン!子猫時代のアランをお見せしています。 タイムマシンで2014年へ。ベビーアランはお昼寝中。頭をぎゅ〜ッ! かわいい仕草ですよね!【プロフィール】 名前:アラン(Alain ) 性別:男の子 猫種:アメリカンショートヘア 年齢:7歳 特技:ヘソ天、名前を呼ばれると返事をする、ママが帰宅すると「おかえりの舞」をする 好きな食べ物:カリカリ、ドライささみ Instagram:@alain_cat @alain_cat
  • 「ほのかに甘いくすみピンクを重ねたスタイリングと、燻(いぶ)されたようなシルバーチェーンは絶妙に合います。シルバーは、レイヤードした襟もとにはあしらわず、耳もとにさりげなく。あとは手もとだけで十分に素敵」とスタイリストの村山佳世子さん。ハムのシルバーをポイントに効かせたコーデを提案。 ヴィンテージローズ×ハムのシルバー辛口シルバーをポイントに効かせ、甘やか色を大人のムードに ヴィンテージローズを重ねた着こなしに加えたのは、ハンドメイドで一点一点製作される定番シリーズ「ハムエタ」。強さの中にもどこか女性らしさが匂いたつアンティークのような風合いのシルバーチェーンが、キリッと引き締め役になって。3点とも「ハムエタ」ピアス(シルバー925×YG)¥228,800・チェーンブレス(シルバー950)¥184,800・リング(シルバー950×GG)¥149,600/エスケーパーズオンライン(ハム) ワンピース¥50,600・カットソー¥13,200/イレーヴ パンツ¥31,900/ザ ストア バイシー 代官山店(コキュカ) サングラス¥35,200/アイヴァン 東京ギャラリー(アイヴァン) バッグ¥174,900/トッズ・ジャパン(トッズ) 靴¥129,800/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)「50歳からのジュエリー&時計名品」記事一覧はこちら>>撮影/長山一樹(S-14) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/村山佳世子 モデル/RINA 取材・原文/松井陽子 ※特集中の素材略記は以下のとおりです。YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、RG=ローズゴールド、BG=ベージュゴールド、GG=グリーンゴールド、D=ダイヤモンド、MOP=マザーオブパール。 ※素材略記のないものはすべてシルバーです。 ※エクラ2021年7月号掲載
  • 女性の“永遠の憧れ”でもある「シャネルのジャケット」。シルクジャガードの素材が美しいシルエットを生み出すノーカラージャケットで、大人の自由を表現して。直感から生まれたジャケットこそ、ガブリエルが求めた、「自由」そのもの印象的な4つのポケット、高い位置についた肩から腕へかけての美しいシルエット、上品なノーカラー……、いわゆるシャネルのジャケットの特徴を備えた、美しい白のジャケット。素材は、シルクジャカードで、シャネルのダブルCなど4つのモノグラムがジャカード織りで表現され、フラワーパターンがちりばめられた裏地も非常に美しい。ていねいに施された白のリボンのブレード(縁取り)に、上質なエレガンスが宿る。 ジャケット¥892,100・トップス¥198,000・スカート¥500,500・イヤリング¥88,000・ネックレス(チョーカータイプ)¥245,300・(白)AirPods Proケースつきネックレス¥312,400・(黒)AirPods ケースつきネックレス¥312,400/シャネル>>シャネルの関連記事一覧撮影/Yuki Kumagai ヘア/KENSHIN(EPO LABO) メイク/村松朋広(関川事務所) スタイリスト/伊藤美佐季(モデル) 石山とみ子(プロップ) モデル/リー・モモカ 取材・原文/大野智子 ※エクラ2021年7月号掲載
  • 暑さが本番を迎えるこれからの季節、レモンの爽やかな「すっぱさ」が恋しくなりませんか? レモンの酸味と爽やかな香りが加わることで、甘いおやつも口中で夏の風が吹き抜ける!おうち時間のひとときに味わって。 1.南信州菓子工房 やわらかドライ輪ぎりレモン / ヘア&メイクアップアーティスト 中野明海さん ビタミンCたっぷりのお気軽おやつ国産無着色レモンをスライスし、甘みをつけてやわらかいドライフルーツに。「地方ロケへの移動中のコンビニで見つけました。すぐに箱で取り寄せたほど!」。そのままはもちろん、紅茶に浮かべても。5袋(各60g)入り ¥2160◇お取り寄せDATA長野県下伊那郡阿智村春日3291の1■0120-373395https://www.driedfruit.co.jp/ 2.大極殿本舗の レースかん / BAILA編集部 肩出しナベ嬢 レモンの美しさが映える夏限定の涼やか寒天「京都で出会った夏の風物詩。レモンの輪切りをレースに見立てたレースかんは、見た目も味わいもどこかノスタルジック。少しかための寒天は、優しい甘さとレモンの香りが溶け合う」。1本(長さ20.5㎝×幅4.5㎝×高さ3㎝) ¥1296◇お取り寄せDATA京都府京都市中京区高倉通四条 上ル帯屋町590 ☎075(221)3323※注文は電話で、販売は5月中旬から9月中旬頃まで 3.DE CARNERO CASTEの レモンカステラ / ライター 轟木愛美さん マイヤーレモン入りで夏が似合うカステラに三重県産の小麦粉や無添加のはちみつ、新鮮な卵……こだわり食材で作るカステラ専門店。「動物の焼き印で有名ですが、レモン味はアイシングとピスタチオをトッピング」。口中に豊かな滋味が広がる。1箱(6カット) ¥1944◇お取り寄せDATA三重県津市長岡町3060の1☎059(253)3333https://decarnerocaste.net 4.サン・フルーツのフレッシュゼリー レモン / 料理家 ワタナベマキさん レモンの魅力をギュッと凝縮。ふるふるゼリー果肉をくりぬき、搾った果汁を贅沢に使った保存料不使用ゼリー。「レモン本来の美味しさや風味を閉じ込めた、みずみずしさが魅力。フレッシュなのにお取り寄せできるのも◎」。食後のデザートにもぴったり。1個 ¥378◇お取り寄せDATA(東京ミッドタウン店)東京都港区赤坂9の7の4ガレリアB1 ☎03(5647)8388※注文は電話で  5.マモン・エ・フィーユのシトロンビスキュイ / ライター 広沢幸乃さん レモン香がふわり。パリのエスプリも漂うビスケット 発酵バターを含む2種のバターと小麦粉、卵、砂糖で作るプレーンなビスキュイ。夏限定の味は、国産のレモン皮やレモンピールのペーストを加えて。粉のうまみ、芳醇なバターのコクに、レモンの香りが華を添える。1缶 ¥2808◇お取り寄せDATA兵庫県神戸市東灘区御影2の34 の20 ☎078(414)7842https://me-f.online/  ※販売は5月から10月頃まで 撮影/伊藤徹也 スタイリスト/中里真理子 調理/ワタナベマキ 取材・原文/広沢幸乃 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 ※BAILA2021年7月号掲載
  • 好きな香りは?と聞かれて「せっけんの香り」と答える人、多いですよね。ただ個人的にはどうもそれを謳うにおいがしっくりこなくて、苦手でした。というのも結局のところせっけんの香りって、パウダリーなホワイトフローラルノートだと思うのですが、その作られた可憐さと清楚さにあざとさを感じてしまい。そこに絶妙に近いスズランの香りは大好きなのですが。しかし先日出合ったフランス発の100BON(ソンボン)のオードパルファン「ヌアージ・ド・コットン」(6月21日発売)だけは、「これは素敵!」と思える香りでした。 こちらは95〜99.91%が天然香料の香水で、ヴィーガン、Slow Cosmetique認証も受けています。だからでしょうか、本当に余計な香りがしないし、長くつけていても頭が痛くなりません。早速「Nuage de Coton」(コットンの雲)を香らせてみました。まずはせっけんの香りといえばのイリスがふわりと香り、あとにやわらかいパウダリーが続きます。最後にベースのベジタブルムスクが底からやさしく漂って、なんとも言えない安心感が生まれるんです。まるでお風呂上がりに、おろしたてのふわふわのタオルに包まれた時のような幸福感。幼い頃、夏場にタオルケットをかけてもらった時のような無垢な気持ち。そういった感情が込み上げて、初めて試した時は会社のデスクで一人じ〜んと来てしまいました。それもそのはずで、このシリーズは誰かに発信するためのパフュームではなく、あくまでも自分の感情に働きかけるという目的で作られたエモーショナルフレグランス。香りは9種類あり、なんと一点¥2,750(30ml)なので、いくつか買ってその日の気分に応じて使い分けても良さそうです。そもそもそんなに強く香らないので、他者へのたくらみに満ちたせっけん感とは無縁。あくまでもやさしい気持ちになりたい日に、自分だけのために。そっとおふとんに包まれるような気持ちで吹きかけたい一本です。
  • ウェブエクラ週間(6/7~6/13)ランキングトップ10にランクインしたファッション人気記事をピックアップ!ランキングを見れば、アラフィー女性たちが今一番気になる旬のアイテムや着こなしがわかる!早速チェックして。 第1位 【2021春のプチプラファッション】アラフィー華組ブロガーの『ユニクロ・GU』高見えコーデ特集ユニクロ・GUのプチプラアイテムを素敵に着こなすアラフィーおしゃれ読者モデル華組の「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!ワンピースコーデやパンツ、スカートコーデ、デニムコーデなど。アイテム選びから着回しテクまで、おしゃれなトータルコーディネートをぜひ参考にして。▶記事はこちら   第2位 50代の最新ファッション&ビューティアイテム見本帖アラフィー女性のための最新ファッションアイテムや話題の美容グッズ、毎日を楽しくする生活雑貨など、今すぐ買えるアイテムを厳選してご紹介。トレンドを上手に取り入れ、自分らしく上品なスタイルを叶えるファッションや美容アイテムを早速チェック。▶記事はこちら    第3位 【2021春のプチプラファッション】アラフィー華組ブロガーの『ZARA』高見えコーデ特集ZARAのプチプラアイテムを素敵に着こなすエクラ代表おしゃれ読者モデル華組メンバーの「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!▶記事はこちら   第4位 50代のおしゃれを格上げ!一瞬にして見違える「瞬間着映え服」手持ちの服に加えるだけで一瞬にして着こなしを見違えさせる「瞬間着映え服」。装いの主役になる、ドラマチックな白ブラウス、華やかさ抜群のカラーボトム、そして遊び心のある靴とバッグ。いつもの装いに簡単に取り入れられて、おしゃれ印象も確実に上がり、さらに気持ちもぐっと上向きに。▶記事はこちら   第5位 50代のおしゃれを格上げする日常アイテムが欲しいなら、この5ブランドをチェック!大人の女性に大人気の5ブランドに、エクラプレミアムだけのスペシャルアイテムを特別にオーダー!今すぐはもちろん、真夏も大活躍、そして気分が上がるラインナップは、毎日のおしゃれを盛り上げてくれること間違いなし。▶記事はこちら   第6位 【白シャツワンピース着回し4コーデ】一枚でカジュアルからきれいめまでOK!頼れるワンピースに、シャツデザインできちんと感とアレンジ力を備えた万能服「シャツワンピース」。シーンレスに決まる白シャツワンピースを着回し!▶記事はこちら   第7位 アラフィー読者ブロガーの『デニムコーデ集』おすすめブランドは?注目のカラーや形は?アラフィーのデイユースに欠かせない「デニム」。おしゃれなアラフィー読者ブロガーはどんなブランドやデニムをはいているの?アラフィー読者ブロガーの愛用しているデニム&コーディネートを大公開!▶記事はこちら   第8位 スタイリスト池田奈加子さんが指南!涼しくおしゃれなワンピースの着回しプランワンパターンになりがちなワンピースの着こなしも、合わせる小物やボトム、配色でイメージががらりと変わります。梅雨寒の今から真夏まで、マンネリに見せないコーディネートのコツをスタイリスト池田奈加子さんが教えてくれました!▶記事はこちら   第9位 働く50代エグゼクティブ女性のための「画面映え」ブラウスこの先春から夏にかけてのテレワークで必要になるのが、一枚で画面映えするブラウス。ジャケットを着なくてもきちんと感や信頼感が得られ、画面越しにも華やかさが伝わる、そんなブラウスの選び方のコツから着こなし方までご紹介。▶記事はこちら   第10位 買って間違いなしの大ヒットアイテム「E by éclat」のコクーンブラウス&リネンマキシスカート毎シーズン大人気のアイテムが色や素材を変えパワーアップして登場。色違いで欲しくなるほど着心地抜群!▶記事はこちら  ※集計期間:2021年6月7日(月)〜2021年6月13(日)
関連キーワード

RECOMMEND