[富岡佳子private life]FERMOB

Web eclat
パリの公園などでよく目にしたルクセンブールチェア。
旅に行けない今だから恋焦がれております…
カラーバリエーションも豊富なので春までゆっくり悩みたいと思います。
関連記事
  • いつだって“好きな服を自分らしく着る”お手本は…パリジェンヌたちの“最新・冬スタイル”。個性が光る洗練された着こなしは、私たちのこれからのファッションに新鮮な刺激を与えてくれるはず2020年、特に大変な状況下にあったパリだけれど、パワフルに自由におしゃれを満喫するパリジェンヌたちの姿はこの冬も健在! それぞれの個性が光る洗練された着こなしは、私たちのこれからのファッションに新鮮な刺激を与えてくれるはず。 Topic:4 やっぱり気になるパリジェンヌのマスク事情☆イシス/学生アウターに合わせてマスクもブラックに。☆コラリー/プロダクションマネージャーまわりに差がつく小花柄。☆サブリーヌ/プロダクションマネージャーチェック柄はシンプルコーデのポイントに。☆ジュリー/エンジニア首もとのストールと色をつなげて、すっきり見せて。☆クロエ/編集者額を出すことで黒も重たく見えない。【Marisol2月号2021年掲載】撮影/新村真理 取材/岡本真実 文/野崎久実子
  • 新社会人は時計を買うもの、というと古風に聞こえるかもしれない。今や時間を確認するにも、スケジュール管理をするにも、スマートフォンに勝るツールはない。ただ、長く使えるものを人生の節目に購入するということは、実用面以上の意味がある。 30歳の誕生日の記念に、エルメスの時計を買ったというジャーナリストのYさんは、自分のキャラを引き立ててくれるカンバセーションピースとしての時計の魅力を語ってくれた。 「人生の節目に、昔から憧れていたエルメスの時計を手に入れました。選んだのは、ラウンドケースにレザーのブレスレットを組み合わせた “アーネ” というデザイン。レザーの上質な素材感が、白いTシャツのようなカジュアルな装いでも、ぐっとエレガントに見せてくれるのがお気に入りでした。個性的なデザインなので、“アーネの子” として認知してもらえ、カンバセーションピースとしても大活躍。安い買い物ではなかったですが、毎日着けるたびに胸をときめかせてくれる、有意義な投資でした」。 着けなければいけないという義務感ではなく、着けたいと思える時計に巡り合えた人は幸運だ。もし、初めて買うなら、メンテナンスがしやすいクオーツ式のものが良いだろう。インデックスは、なるべく可視性の高いもの。アクティブなライフスタイルの人であれば、耐久性の高いブレスレットモデル。エレガントなファッションが好きであればレザーストラップもおすすめ。ファッションの一部として、そして思い出の詰まったフォーチュンアイテムとして、是非一歩トライしてみてほしい。クルクルと回るベゼルが遊び心満載〈ケース径29mm、SS、ダイヤモンド、クオーツ〉¥476,000クルクルと回るベゼルが遊び心溢れるピアジェの “ポセション”。無駄を削ぎ落としたミニマルなデザインに、ダイヤモンドのアクセントがキラリ。ファッションに合わせて自由に付け替えられる、インターチェンジブルストラップも魅力。 ピアジェ コンタクトセンターhttp://www.piaget.jp/0120-73-1874ティファニーブルーの文字盤が個性的〈ケース径29mm、SS、ダイヤモンド、クオーツ〉¥240,000NYの五番街に構える、ティファニーの本店に掲げられたアトラス クロックに着想を得たローマ数字が格調高い佇まい。ラウンド型のケースと、ブラックレザーのストラップのクラシックな組み合わせに、ティファニーブルーの文字盤がぐっとモダンなアクセントを添える。 ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インhttps://www.tiffany.co.jp/0120-488-712バリエーション豊富な、スタイリッシュなストラップ〈ケースサイズ27.9×21.5mm、SS、クオーツ〉¥435,000香水「シャネル N°5」のボトルストッパーや、パリのヴァンドーム広場に着想を得た八角形のケースが特徴的なアイコンウォッチ。インターチェンジブルストラップは、素材、色共に豊富なバリエーションが魅力。クルエルティーフリーなカーフレザーにアリゲーターパターンの型押し、キルティング、ツイードなど豊富なバリエーションが揃う。 シャネル(カスタマーケア)https://www.chanel.com/0120-525-519燦々と輝く太陽の光を文字盤に宿して〈ケース径28mm、PG、ダイヤモンド、マザー・オブ・パール、クオーツ〉¥470,000エレガントなラウンドケースが特徴的なブルガリの “ルチェア”。今年発表された新作は、インタルシアと呼ばれる伝統的な象嵌細工により、放射線状にマザー オブ パールをセッティング。インデックスのダイヤモンドと合わせ、格調高い輝きを演出している。 ブルガリ ジャパンhttps://www.bulgari.com/03-6362-010020年代に着想を得たモダンなデザインを、オールホワイトで楽しむ〈ケースサイズ20.80×32 mm、SS、クオーツ〉¥368,0001920年に制作されたレクタンギュラーケースに着想を得た「ドルチェヴィータ」の新作は、立体的な視覚効果を生み出す放射状のギヨシェ彫りに、深いブルーカラーの針の組み合わせが知的な印象。ホワイトアリゲーターのインターチェンジブルストラップを合わせれば、春夏らしい軽やかな手元が完成する。 ロンジンhttps://www.longines.jp/03-6254-7350マザー・オブ・パールとローズゴールドの華やかなミックス〈ケース径26mm、チタン、PG、ダイヤモンド、マザー・オブ・パール、クオーツ〉¥490,000日本が誇るマニュファクチュール、グランドセイコーのタイムピースは、洗練されたデザインと高い精度を両立させた、デイリー使いにぴったりなチョイス。オケージョンを問わないブライトチタンのシンプルなケースとブレスレットに、エレガントなピンクゴールドのベゼルが映える。 セイコーウオッチ(株)お客様相談室https://www.grand-seiko.com/0120-061-012
  • マスク生活が続く日々で進行していくお顔のたるみを撃退する方法をエクラ4月号でご紹介!その企画に載せていただきました。3月1日発売のエクラ4月号、今回も内容盛りだくさんです! 美容ページの企画、『アラフィーに「ブルドッグだるみ」と「ヤギだるみ」についてが急増中!』での「美顔ワークアウト」を実際に体験させていただきました。マスク生活で無表情になったり、お顔の緊張感がなくなってしまったり…。毎日のマスクの中で私自身もお顔の筋肉を動かしていなかったり、全く緊張感がないことに気づき、ハッとする瞬間がよくあります。 このワークアウトを撮影でご指導いただき、その後もこのワークアウトを続けています。 継続は力なり…。 固まっていた表情筋も少し柔軟になった気がします。 そしてたるみ解消美顔器もおすすめのラインナップ!私も欲しくなってしまいました。美顔ワークアウトをご指導していただいたパーソナルフェイストレーナー、木村祐介さんと撮影後に記念撮影。 木村さんが「エクラのポーズってないんですか?」と仰って、現場にいた皆であれこれ考えた末、撮影時に発売中のエクラ2月号で富岡佳子さんが表紙でされていたポーズを真似してパチリ!(笑)いかがでしょう?富岡さんのポーズと似ていますか???(笑)撮影後も皆さんで美容の話で盛り上がり、とても楽しい現場でした。 美容ジャーナリスト小田ユイコさんとエクラ編集部工藤さんともお写真を。そして4月号はN.O.R.C×エクラ 黒ショッパーBAGも特別付録も! 肩がけもできるたっぷりサイズのBAGで、コンパクトにも畳めるのでお出かけのお供にピッタリですよ!木原みどり
  • エルメス表参道店が2021年2月28日(日)にオープンした。日本での路面店オープンは、2001年のエルメス銀座店以来20年ぶりとなる。 Photo © Nacása & Partners Inc.売り場面積488平米という広々とした造りのエルメス表参道。店舗設計を手掛けたのは、パリの建築設計事務所RDAI(レナ・デュマ・アルシテクチュール・アンテリユール社)。表参道の歴史が刻まれた、象徴的な石垣を生かしたファサードには、竹林に見立てたコッパーカラーのステンレスの柵を取り入れ、ジオメトリックな視覚効果を生み出している。 自然光と木材が織りなす柔らかな空間、伝統工芸の意匠がいたるところにPhoto © Nacása & Partners Inc.足を踏み入れるとまず目に飛び込んでくるのは、メゾンの象徴であるエクスリブリスモチーフのモザイクタイル。このほかにモザイクタイル装飾など、パリのフォーブル・サントノーレ通りに構える第一号店と共通のデザインコードを採用しつつ、表参道をイメージした要素を随所にちりばめている。 竹を寄木細工のように組み合わせた壁面や、至る所に取り入れられたレザーなど、天然素材をふんだんに使い、温かみのある空間を演出。エルメス表参道のためだけに制作されたラグは、苔をイメージしたニュアンスのあるグリーンがアクセントに取り入れられている。エリア初となる充実ラインナップでの展開Photo © Nacása & Partners Inc.1階は皮小物、バッグ、シルクスカーフ、フレグランス、ジュエリー、時計、そしてホームコレクションなどを展開。4月からは、昨年デビューを果たし話題をさらった「ルージュ エルメス」を含むビューティー製品も販売予定。 2階はウィメンズとメンズのプレタポルテ、そしてシューズなどを展開。フロア全体が可動式のパーテーションで仕切られており、ゆったりとしたサロンやフィッティングルームが設けられている。 なおオープンを記念して、現代装飾家の京森康平デザインのカレや、新作のメンズフレグランス「H24」が先行販売される。エルメス流、アール・ド・ヴィーヴルを体現したアートワークPhoto © Nacása & Partners Inc.1階と2階をつなぐ吹き抜けに飾られたオブジェは、竹工芸作家の本田聖流作品。有機的なカーブを表現した作品は、コンセプチュアルでありながら、竹の質感がどこか懐かしさを感じさせる。 このほかにも、エルメス表参道のために制作された特別なアートワークや調度品が至るところに配置。歴史を感じさせる木製の馬車のオブジェや、乗馬様の鞭は、3代目のエミール=モーリス・エルメスの私蔵作品だ。 またオープニングを記念し、数日間の期間限定で、エルメスが誇るスペシャルオーダー部門、オリゾンによって制作された木製の自転車が展示されている。 エルメス表参道住所:東京都渋谷区神宮前5丁目7-20営業時間:11:00〜19:00(水曜日定休)https://www.hermes.com/03-6712-6612 text: Shunsuke Okabe
  • エクラ4月号、3月1日発売です!総力特集は「スカート派もいける“優美なパンツ”、パンツ派も似合う“甘くないスカート”」です。おしゃれを楽しみたくなる春、ボトムを更新して、脱・マンネリ!こんにちは、エクラ編集長の長内育子です。いつもご愛読ありがとうございます! 3月になり、少し寒さもゆるみました。明るい色の服が着たくなるし、新しい靴も欲しくなりますね! 衣替えもですが、インテリアも少し変えてみたくなる季節です。 エクラ4月号の総力特集は「スカート派もいける“優美なパンツ”、パンツ派も似合う“甘くないスカート”」です。おしゃれを楽しみたくなる春、ボトムを更新して、脱・マンネリ! ファッションは「素敵な人になれる“春ベージュ”の魔法」「“スニーカーともう一足”があればもう出がけに迷わない」もおすすめ。 美容は人気ヘア&メイクアップアーティストの中野明海さんが教えてくれる「ベースメイク乗り換えナビ」のほか、アイメイク特集やたるみケア特集がマスク時代の今、すぐ役立つはず。 最新ホテル情報「ゆっくり、癒しの滞在を叶える“おこもり京都”」や、「隣の50歳の働き方」など、今月号もアラフィーのための内容が大充実! 4月号では「羽生結弦という奇跡」と題した特集も。3月11日発売の能登 直氏による大型写真集「光ーBe the Lightー」の発売を記念して、珠玉の写真をエクラ先行で特別に掲載しています。 この特集を制作する段階での裏話ですが。担当の副編集長Kと一緒に、スポルティーバ編集部を訪れ、写真集になる前の、色校の段階での能登氏の写真を見せていただきました。すごい。鳥肌モノです。これはエクラの読者の方にもっと見ていただきたい、予定のページ数だけではもったいない、もっと羽生選手の写真を掲載したい!という気持ちになり、私は即、ページを増やす決断をしました。 私は個人的にフィギュア観戦が趣味で、初めて羽生選手の試合を見たのは、彼のシニアデビューの年、2010年の名古屋でのNHK杯だったと思います。そのときの「これはすごい選手が来た!」という感動がありました。 本誌特集では、スポーツライターの折山淑美氏による特別寄稿も掲載しています。羽生選手を間近で見続けてきた目線から、また新たな羽生選手の魅力が感じられることかと思います。お楽しみください。 (本誌特集の「羽生結弦という奇跡」は、電子版および読み放題サービスには掲載しておりません。ぜひ、本誌で美しい写真を堪能してください!)
  • 花咲く季節にぴったりの「プリントスカート」を取り入れたコーディネートを紹介。すそのプリーツが揺れ動くたび軽やかな印象に。はずむ心地にさせてくれるのは、スイートカラーの花 白いニットにスカート。シンプルな着こなしにこそ、花の楽しさを取り入れよう。イレギュラーヘムとランダムに小さなプリーツを配したすそのデザインで、スカートはゆっくりと複雑に揺れ、動くたびにいっそう花プリントの存在感がアップ。 スニーカーで軽快に。スカート¥116,000・ニット¥106,000・靴¥64,000 /ステラ マッカートニー カスタマーサービス(ステラ マッカートニー)>>富岡佳子さんの記事 一覧はこちら撮影/横浪 修 ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/池田奈加子 モデル/富岡佳子 構成・原文/宮崎桃代 ※エクラ2021年3月号掲載
  • モデル・富岡佳子さんによる人気連載「名品が私に教えてくれること。」。14回目となる今回は、ベルギーを代表するメゾン「デルヴォー」のブリヨンをピックアップ。バッグが好きです。 決してたくさん所有したいわけではありませんが、今日はこれを持ちたいからこの服を着ようと、バッグありきで考えることはよくあります。 なかでもカチッとしたフォルムが好み。 最近、洋服がよりカジュアル化していることもあり、カチッとしたバッグを合わせることで、私なりのバランスを保っているのかもしれません。 デルヴォーのブリヨンもそのひとつ。 1829年創業のベルギーを代表するメゾンは、王室御用達でもあり、熟練した職人技が光ります。長い歴史とストーリーがつまった端正なフォルム。時代を超えてたくさんの人に愛されてきたものならではの、オーラと品格をまとっています。アーティストとメゾンにより、さらなる洗練とウィットが加わったバッグは、洒落っ気にあふれ、とても魅力的。 カジュアルにもフォーマルにも持てるし、シンプルな装いのポイントにもなってくれそうです。 洋服は好きなものがおおよそ決まってきてしまい、あまり冒険はしなくなりましたが、バッグは別。 私にとっては今の気分を表す大切なツールでもあるのです。1958年に誕生して以来、デルヴォーを代表するバッグの、アイコンとなっているBrillant(ブリヨン)。ワンハンドルのエレガントなたたずまいは時代を超えてたくさんの人に愛され続けている。写真のバッグは、ベルギーを代表するアーティスト、ルネ・マグリットのマグリット財団とのパートナーシップにより生まれたコレクションのひとつ。マグリットの「Ceci n’est pas une pipe(これはパイプではありません)」というタイトルの絵をもじり、「Ceci n’est pas un Delvaux(これはデルヴォーではありません)」と描かれている。老舗ならではの遊び心を感じるバッグは、カジュアルにもフォーマルにも、洋服にも和服にも合う、まさに名品である。 バッグ「L’Humour」(縦21.5×横29×マチ13.5cm)¥885,000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) コート¥599,000・ドレス¥319,000(ともに参考価格)・タートルニット¥147,000・グローブ¥59,000・靴¥329,000/ザ・ロウ・ジャパン(ザ・ロウ)>>富岡佳子さんの記事 一覧はこちら撮影/長山一樹(S-14) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/村山佳世子 モデル/富岡佳子 取材・原文/鈴木奈代 ※エクラ2021年3月号掲載
  • シンプルな鍋こそ、タレしだいで、もっとおいしく、楽しく、そして最後まで飽きずにいただける。ふだんからよく鍋料理を作る料理家さん5人と、ファッションエディター・arikoさん、アンティークコーディネーターの古澤千恵さんから秘伝のタレを教えてもらった。古澤千恵さんのレシピ『自家製ポン酢』たっぷりのゆず果汁、昆布、かつお節を合わせじっくり寝かせて、さわやかかつ深い味に。お好みの薬味で香りを添えて。材料と作り方(作りやすい分量) 酒60㎖とみりん50㎖を一度煮切り、粗熱をとる。ゆず果汁8個分としょうゆ100㎖、酢60㎖を加え、昆布、かつお節を加え1週間ほど冷蔵庫で寝かせる。ザルでこし、かつお節と昆布を取り除く。ウー・ウェンさんのレシピ『黒酢ダレ』飽きない味のウー家の基本のタレ。こしょう以外はすべて同量で。この季節、湯豆腐にもぴったり。材料と作り方(作りやすい分量) しょうゆ、黒酢、ごま油、しょうがと長ねぎのみじん切り各大さじ2、こしょう適量を混ぜる。若山曜子さんのレシピ『すだち塩』すだちなど柑橘類でスッキリさわやかに。シンプルに塩で味わうのが若山さん流。ごま油をプラスして味変を。材料と作り方(作りやすい分量) 太白ごま油、好みの塩、すだちを小皿に用意し、好みで混ぜ合わせながら食べる。arikoさんのレシピ『ニラしょうゆ』ニラの香りに青とうがらしの辛味の効いた味は肉との相性抜群。作ってすぐに食べられ、冷蔵庫で1週間保存可能。材料と作り方(作りやすい分量) ニラ1束と青とうがらし1~2本を粗みじん切りにする。しょうゆ150㎖、煮切った酒50㎖、砂糖小さじ2、酢小さじ2、ごま油小さじ2と合わせる。冷水希三子さんのレシピ『コリアンダー塩オイル』材料を細かく刻んで混ぜるだけ!香味の組み合わせ、配合の妙が織りなすフレッシュでリズムを生む味。材料と作り方(作りやすい分量) コリアンダー:しょうが:ごま:にんにく=10:3:2:1、塩はコリアンダーの20%。ごま以外の材料をみじん切りにして塩をもみ込み、ごまも合わせて瓶に詰め、太白ごま油をひたひたに注ぐ。小堀紀代美さんのレシピ『XO醤ピリ辛ダレ』スパイスが効いた複雑で奥深い味。鶏の水炊きや魚介のあえ物などに使っても香りが楽しめておいしい。材料と作り方(作りやすい分量) XO醤大さじ2、酢、ごま油各大さじ1、花椒パウダー小さじ1、あればシナモンパウダーひとつまみをよく混ぜ合わせる。飛田和緒さんのレシピ『即席ゆずこしょう』柑橘のゆずの香りと、とうがらしの辛味が鮮烈。手作りだと辛いだけでなく、マイルドなうま味が感じられる。材料と作り方(作りやすい分量) 黄ゆず2個は皮をすりおろし、赤とうがらし8本は種を除いて粗みじん切りにする。塩小さじ1/2、ゆず果汁小さじ1強を加えて混ぜ、15分ほどおいて味をなじませる。●ファッションエディター arikoさん ファッション、食の編集ライターとして活躍。ふだんのレシピやおいしいお店情報などを載せたインスタグラムは現在16万人超えのフォロワー数を誇る。レシピ本『ariko の美味しいルーティン』(講談社)を上梓。 ●料理家 ウー・ウェンさん 材料や調味料は少なく、手順は簡単。そんなシンプルなレシピが大人気。ありそうでない素材の取り合わせの提案にも多くのファンが。新刊『料理の意味とその手立て』(タブレ)を上梓したばかり。 ●料理家 小堀紀代美 料理教室「LIKE LIKE KITCHEN」を主宰。料理やお菓子のおしゃれなオリジナルレシピが人気。最近、犬のサンデーが家族に仲間入り。近著に『ライクライクキッチンの毎日和食』(枻出版社)など。Instagram(likelikekitchen) ●料理家 飛田和緒 素材を生かした優しい味の和食に定評がある。毎朝、高1の娘さんのために作る朝ごはんの“車内めし”がインスタで評判に。近著に『時間と食材を賢く使う飛田さんの料理の工夫』(世界文化社)など。Instagram(hida_kazuo) ●料理家 冷水希三子 雑誌、web、広告、テレビなどで活動。軽井沢のホテル『Shishiiwa House』の朝食をはじめ、ホテルや飲食店のレシピ監修も務める。『スープとパン』(グラフィック社)など著書多数。Instagram @kincocyan ●アンティークコーディネーター 古澤千恵 鎌倉のエノガストロノミア『OLTREVINO』のマダムで、イタリアの古物を扱う『OVUNQUE』店主。料理人でソムリエの夫・古澤一記氏と’00年から10年間、イタリアに暮らし、現地の味を幅広く学ぶ。著書も多数。 ●料理家 若山曜子 パリで製菓を学び、フランスの国家調理師免許(C.A.P)を取得して帰国。おしゃれで作りやすいレシピで人気。最新刊のフライパンひとつでできるパスタの本『フライパンパスタ』(主婦と生活社)も好評発売中。>>冬の鍋レシピ一覧はこちらから撮影/竹内章雄 日置武晴 長谷川潤 邑口京一郎 スタイリスト/岩﨑牧子 駒井京子 千葉美枝子 西崎弥沙 YUKO (+y design) 取材・原文/海出正子 北村美香 佐々木ケイ ※エクラ2021年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND