2足買いする人続出で大ヒット!「大沼こずえ×Le Talon 2WAYフラットシューズ」

Web eclat

大沼こずえ×Le Talon 2WAYフラットシューズ

※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
リーズナブルなうえ履き心地抜群と評判に。2色買いする人が続出し379足売れの大ヒット!
足の甲をきれいに見せる絶妙なVカットが素敵な一足。高品質な合皮ならではの抜群の軽さと履き心地が特徴で、「一度履いたら、ほかの靴はもう履けない」という声も多く寄せられた人気アイテム。持ち歩きや旅行にも便利な収納バッグつき。パイソン柄は、雨の日も気にせず履ける生活防水仕様。
かかとをつぶしてバブーシュとしても履け、スタイリングに合わせて楽しめる。
便利な収納袋つき。


こちらの記事もおすすめ>>

エクラプレミアム2月号更新! 今月のエクラプレミアは、発売するや否や注文が殺到した2020年の“エクラ売れ”アイテムを緊急再入荷です。 買い逃してしまった“アノ”商品が今ならゲットできるかも!ワンクリックでポチっと、お買い物♪ お家でゆっくりお楽しみください。
撮影/黒沼 諭(aosora)  スタイリスト/村山佳世子 取材・文/大野智子
関連記事
  • こんにちは。ライター川口ゆかりです。 LEE最新号がスニーカー特集だったので、今日は私のスニーカー事情を少し。 手持ちスニーカーはすべて『コンバース』!   数年前、「流行りだからやめといたほうがいいですよ~」と若菜ちゃん(スタイリスト上村若菜ちゃん)からアドバイスをもらっていたにも関わらず、トレンドのスニーカーを購入。結果、うまく履きこなせなかった、、、という苦~い経験もあり、いつの頃からか私の定番は『コンバース』に。しかも、ハイカット一択! ワンピースの甘さをスニーカーで引き算して、バランスを。 なかでも、しっとりとしたレザーの『コンバース』は、ヴィンテージならではの細身フォルムがお気に入り。 この日は『ZARA』のサテンワンピースの上からフーディをレイヤードしました。首元からワンピースをチラッとのぞかせるのが私の小さなこだわりです。 shoes/CONVERSE coat/ETRE TOKYO sweat/RITA JEANS TOKYO×Wakana Kamimura bag/OPEN EDITIONS socks/UNIQLO(MEN’S) ちなみに子どもたちのスニーカーも『コンバース』!といきたいところですが、まだまだ光るデザインを崇拝する息子とパステルカラーにドハマりしている娘にしてみたら、少し地味なようで。。。無念。サイズアウトする前にこれをはいて、お出かけしたいものですね。 日々の暮らしはInstagram  yucari kawaguchiまで︎
  • ネイビーのニットとパンツのワントーンコーデに、印象の違うストールをプラスしてコーデを楽しんでます。最近、なんだか同じようなコーディネートばかり、、そんな時にはストールを使っています。 私がよくするコーデはネイビーのクルーネックニットと細身パンツ。それにストールをプラスしてコーデの印象を変えています。 よく使うのがチェックストールとスカーフ柄の大判ストール。 ストールは大判のものが色々なアレンジがしやすいので好きです♡カジュアルにしたい時はチェック柄ストールを。 赤いチェックのカシミヤストールは大判でとっても暖かい。 密度が高く防風性があるので、ご近所にちょっとお出かけといった時にもコートがわりにさっと羽織ってます。 ストールのサイズは長さ190cm × 幅70㎝の長方形です。ニット:UNIQLO パンツ:UNIQLO バッグ:VASIC スニーカー:CONVERSE ストール:Johnstons イヤリング:ADER.bijoux ブレスレット:Nothing And Othersエレガントにしたい時にはスカーフ柄のカシミヤストールを巻きます。 柄や素材が上品なこのストールは巻くだけでコーデ全体が格上げされて、お出かけの時にとっても重宝しています♡ ストールのサイズは長さ140cm × 幅140cmの正方形です。ニット:UNIQLO パンツ:UNIQLO バッグ:VASIC パンプス:PELLICO ストール:HERMESイヤリング:Dominique Denaive バングル:HERMS/BEN AMUN ストールは柄や巻き方で、同じ組み合わせのシンプルな服の印象をガラッと変えることができます。 これからはもっと色々な巻き方を覚えて、コーデの幅を広げていけたたらいいなって思います。松ヶ崎由紀子
  • リラクシーな着心地が今の気分 春を匂わせる 人気ブランド新作ワンピース 人気ブランドの新作をピックアップ。この春もオーバーサイズのモノや、着心地、肌ざわりがよいリラクシーな雰囲気がトレンド。まだまだ寒いけれど、明るい色や春めいた素材を取り入れて、冬のコーディネートをアップデート&気分をリフレッシュしましょう。 item01バックオープンバンドカラーワンピース/ADAM ET ROPE’ アラフォーの人気ブランドといえばADAM ET ROPE’(アダム エ ロペ)。バックのボタン開きのデザインが今年らしく可愛いシャツワンピースは、後ろにタックを入れてふんわりと立体感のあるシルエットに仕上がってます。着るだけでこなれたスタイリングが完成するので、シーズン通して大活躍間違いなし。UVカット性と速乾性を兼ね備えた素材も高ポイント。 ADAM ET ROPE’/【WEB限定】バックオープンバンドカラーワンピース/¥12,500+税 ADAM ET ROPE’商品ページ item02ヴィンテージサテンキャミワンピース/GALLARDAGALANTE ヘルシーでコンサバティブなGALLARDAGALANTE (ガリャルダガランテ)。光沢のある柔らかいサテンのキャミソールワンピースは、たっぷりと生地をとっているので歩く度に裾がゆれて女性らしくて素敵。春らしい淡いペールトーンをチョイスすれば、冬のニットと合わせても軽やかな雰囲気。 GALLARDAGALANTE/ヴィンテージサテンキャミワンピース/¥23,000+税 GALLARDAGALANTE商品ページ item03Flair Shirt Dress/FLORENT ファッショニスタたちを魅了するFLORENT (フローレント)。落ち感が美しく大人なエレガンス漂うコットンシーチングのロングシャツドレスは、同素材のイレヘムシルエットのギャザースカートとレイヤードして感度の高いフェミニンスタイルを提案。もちろん一枚で着たり、レギンスやパンツと重ねても◎ FLORENT/Flair Shirt Dress/¥36,000+税 FLORENT/Cotton Gather Skirt/¥22,000+税 FLORENT商品ページ その他、新作ワンピースはこちら! 《春の受注会》随時更新中! The post \春を匂わせる/人気ブランドの新作ワンピース#2021年春夏受注会「これ買い!」 first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • SPUR3月号では、時代を動かす「情熱服」にフォーカス。カバーを飾るのは吉沢亮さんです。大河ドラマの役柄にゆかりある帝国ホテルで、彼の内面に宿る青い炎を映し出しました。モード誌初登場の大リーガー、前田健太選手は赤の装いで「冷静と情熱のあいだ」について語ります。漫画家の宇佐崎しろさんは、Mame Kurogouchiをまとった女性を熱量込めて描きました。心に火を灯す1冊です。私はいったい誰なんだろう。何者にもなれない凡庸な自分を愛せず、悩む日もありますよね。そんなときはファッションの力を借りてみませんか。極端なシルエットの服をまとって体を拡張したり、ボディペイントしてみたり。装いで自己解放し、実験する旅へ出ましょう。アイデンティティに悩むすべての人にお届けする、新時代のファッションストーリーです。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  様々な価値観が大きく変化する現在。激動の時代を強く生き抜くために必要なのは、すべての人を優しく包み込む“パブリック スペース”です。年齢や職業、性別の垣根を超え、あらゆる人が自由に行き交いコミュニケーションをとれる場所。昨日までは知らなかった隣人とのふれあいから生まれる“文化のパッチワーク”をファッションで表現しました。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  “新しいコレクション様式”に各ブランドが取り組んだ2021年春夏シーズン。フィジカルとデジタルの交差点でSPURエディターが感じたのは「その服に情熱があるか」という問い。可能な限りリアルタイムでショーを追いかけた本誌編集長のエッセイを皮切りに、編集者総出演で本気で驚いた服を語ります。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  モードに愛を惜しみなく注ぎ、伝え、広めていく。そんな人々の、ファッションへの情熱への源とは何なのだろうか? 原宿でセレクトショップ・GR8をオープンさせた久保光博さんをはじめ、オンラインキュレートショップのファウンダー、スタイルアイコンに話を聞きました。彼らのヴィジョンを通して、今の時代だからこその服の価値を一緒に考えてみませんか? エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  おそろいのジュエリーを身につけるのは、カップルだけでなく、友達同志でもいいはず。SPUR3月号「私とあなたのチングジュエリー」では、それぞれの個性に合わせて選んだ宝物を思い出写真に重ね、無敵のエナジーを送り合う、女の子2人をイメージしました。離れていても、またすぐに会える日を夢見て。エターナルな関係を祝福しましょう。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  難事件の数々をエレガント、かつ鮮やかに解決へと導く名探偵A。クールな表情の内側に、問題を読み解くための情熱を秘めている。そんな彼女のトレードマークは麗しいブラウス。ある時はジャケットやニットベストに重ねて、またある時はヴィクトリアンムード漂うつけ襟を優雅にまとう。ブラウスがもつ変幻自在の魅力を追うファッションストーリー。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  自然の恵みで満たされたフルーツ。それらのパワーと呼応するように、ネイルアートとジュエリーで装った、みずみずしいスタイリングテーマをお届けします! メロンやベリー、ざくろや柑橘などの果実と、モードな要素を掛け合わせて。あえて相反する爪のカラーをぶつけてみたり、リングの色石をリンクさせたり。今すぐ挑戦してみたい遊び心も詰まっています。ぜひご覧ください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  まるでショーケースにずらりと並ぶアイスクリームのように、心ときめく新色が続々リリース中。そんな春らしいパステルカラーを使ったメイクアップを特集しました。ピンクをレイヤードした「Very Strawberry」、カラフルな色をミックスした「Cotton Candy」など、4つのフレーバーに例えた春の顔で、一足早く次の季節へ踏み出そう。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  毎日マスクを装着する生活を送っていると、摩擦で赤みが生じたり、ニキビができたり、いつの間にホウレイ線が深まったり……ありとあらゆる肌トラブルが襲ってきます。今回SPURは「アンダーマスクのトラブルマスター」と題して、そんな悩みにアプローチするスキンケアアイテムを紹介します!いつかはマスクを取らねばならない未来のために、いまのうちにきれいを準備しましょう。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  サステイナブルな未来のために、世の中は今、変わろうとしている。それはチョコレートの世界も同じ。買って食べて美味しい、だけでは終わらない。 "知識を得て選び、味わう"時代へと転換しているのだ。チョコレートを取り巻く社会問題の解説とともに、それらの解決を目指す作り手たちのこだわりの逸品を厳選して紹介。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
  • 大好きなフルーツをインスピレーションに、ネイルアートとジュエリーをマッチング。SPUR3月号「果実とネイルと宝石と」テーマでは、そんなみずみずしさに溢れたスタイリングを提案します! 選ばれた果実はラフランスにベリー、メロン、ざくろ、柑橘類。輝きを放つ果実に“挑む”ような、力強いモードは必見です photography: Hiroko Matsubaraたとえばこちらは、本誌では未掲載のベリーのカット。登場するのは3名の手。「身に着けるものも、自分の意思で選び取る凛とした女性」というイメージでキャスティングしています。カラーストーンは、いちごの実と葉をイメージ。ゴールドのジェルネイル×モダンな白のポリッシュで知性のある品をプラスします。明日から真似できるアイディアも揃っているので、ぜひ参考にしてみてください。 SPUR3月号「果実とネイルと宝石と 」を試し読み(外部サイト)
  • その店には、スタイリストさんがリースしたいアイテムが揃っているという。2005年にラフォーレ原宿にオープンしたショップ「GR8」について、最近特にそんな噂が広がっていました。メンズの買い付けが多かったオープン当初に比べて、近年はウィメンズも強化。ステファン・クックや、日本初上陸のパウラ・カノヴァス・デル・ヴァスなど新進気鋭、勢いのあるブランドも手に取って着てみることができるんです。このコロナ禍においても前年比15%増という売り上げも示す通り、今勢いを感じる! こんな状況だからこそ、服へ情熱を注ぐその源に触れてみたい。そんな気持ちで、オーナーの久保光博さんにお話を伺うところから、SPUR3月号「“服愛”のエヴァンジェリスト」企画はスタートしました。 こちらは「GR8」に取扱のあるアイテムでスタイリング。クレジットはぜひ誌面にてチェックを! photography: Taro Hirayama 若手ブランドとの密な関係性、「服と人間力は比例する」、新しい挑戦についてなど、今の時代だからこそ聞きたいヒントがたくさん詰まっています。また、この特集では他にも2組にインタビュー。若き才能のあるデザイナーやアーティストが自ら商品を決め、売れる場を作りたいと、昨年8月にオープンしたオンラインキュレートショップAPOC STOREの立役者2人。そしてコム・デ・ギャルソンを愛するコレクターとして知られ、自前のコレクションの展覧会も開いたMichelle Elieさん。モードに向き合うそれぞれの形から、私自身も多く学ぶものがありました。ぜひチェックしてみてください! SPUR3月号「“服愛”のエヴァンジェリスト 」を試し読み(外部サイト)
  • 渋谷駅を中心に駅や公園の再開発、新たな宿泊施設の建設などが盛り上がっている現在。そんな中、あらゆる人々を優しく受け止める“パブリックスペース”にも変化の兆しが訪れています。SPUR3月号では「みんなのパッチワーク広場」と題し、次世代の“公共の施設”をモードに解釈しています! 性別や年齢、職業などの垣根にとらわれず、さまざまな人々が自由に行き交うことが出来る“セーフティネット”。隣人同士の“絆”を象徴する“パッチワーク”を用いた衣装でモードにスタイリングし、理想の公共のスペースを考えていきます。今回数名のモデルの皆さんに登場していただいたのですが、東京の広場をボードで自由に移動するスケーター、DAISAKUさんに登場いただきました。 BODEのパッチワークシャツに身を包み、自由に動く姿が印象的。また、ファッションの提案だけでなく、未来のパブリックスペースの在り方を考える一般社団法人「ソトノバ」代表の泉山塁威さんと、「人と都市から始まる舞台芸術祭」を主宰するフェスティバル/トーキョーの河合千佳さんとの対談企画も掲載します。読み物とファッションページをぜひ合わせてチェックしてくださいね。 SPUR3月号「みんなのパッチワーク広場 」を試し読み(外部サイト)
  • ニューノーマルな時代とともに定着した“ラクして女っぽい”スタイルを、いっそう素敵にアップデートするには? 今こそ必要な「+1」を、BAILAでおなじみの二人が提案! ハイテクスニーカーは「きかせ色」を1足買い足しておけば春先のおしゃれも安心! スタイリスト 吉村友希さん 身長158cm。“よっしー”の愛称でおなじみ、きれいめとカジュアルのMIXスタイルが得意な理論派スタイリスト。数々のクローゼット改革企画を経て読者のリアルなおしゃれ悩みに精通。 エディター 伊藤真知さん 本誌をはじめ数々の女性誌で活躍するエディター。等身大のリアルなコーデやまねしたくなる着こなしセオリーで、私服スタイルも人気。昨年、初のスタイル本を刊行。 「派手?」くらいが可愛い《きかせ色ハイテク》 《吉村さんレコメンド》ロングカーデ×スカートのような長いもの同士は、春も人気のシルエット。適度なボリュームでバランスよく仕上がるハイテクが一足あると便利! 《伊藤さんレコメンド》ビビッドな色使いもサマになり、都会的なムードが出しやすいのもハイテクの持ち味。機能性の高さは折り紙つきなので、見た目やワードローブとの相性でチョイスを。 「オレンジ以外は白、黒、グレー、ネイビー寄りのブルーなど、使いやすい色ばかり。多色スニーカーもきかせ色を1色にとどめれば派手すぎず、挑戦しやすいはず」(吉村さん)。靴¥9990/リーボック アディダスお客様窓口(リーボック) カーディガン¥62000/モガ トップス¥14000/カーサフライン表参道本店(カーサフライン) スカート¥21000/エディション 表参道ヒルズ店(エディション) サングラス¥38000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥170000・リング¥110000/ロンハーマン(サン メイア) バッグ¥37000/ヴァジックジャパン(ヴァジック) Reebok 靴¥9990/リーボック アディダスお客様窓口(リーボック) 撮影/渡辺謙太郎〈MOUSTACHE〉(人)、魚地武大〈TENT〉(物) ヘア&メイク/桑野泰成〈ilumini.〉 スタイリスト/吉村友希 モデル/松島 花 取材・原文/伊藤真知 構成/三橋夏葉〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
関連キーワード

RECOMMEND