毎日いい感じに決まる!50代女性のまなざしに似合うアイライナー3色

Web eclat
教えてくれた人
千吉良恵子さん

千吉良恵子さん

ヘア&メイクアップアーティスト。cheek one主宰。ナチュラルからモードまで洗練された品のあるメイクに定評があり、女性誌や広告などさまざまなメディアで活躍。女優やモデルからも高く支持されている。

実はテクニックいらず。悩みを魅力に変える効果も

「大人にこそ黒以外のアイライナーをもっと使ってほしいですね」と千吉良さん。「アイシャドウで印象を変えるにはある程度テクニックが必要ですが、黒よりもさりげなく目もとになじむカラーラインは、目のきわをていねいに仕上げることだけを意識すれば実はテクいらず。ミニマムなのに華やかさが出るし、色の効果でいつもと違う自分を簡単に演出できるんです」

しかも目もと悩みにも効果的。「目の横幅が広がるし、目力も確実に上がる。今年は大人が使える色も豊富。カラーシャドウを使うより、断然品よく仕上がりますよ」

アラフィーのまなざしに似合うのはこの3色!

おすすめはボルドー、オレンジ、カーキの3色。

上品に女度を上げる

 ボルドー 

「ボルドーの赤みがチラリと効くだけで女性らしいし、大人の下がり目じりに効かせれば、その悩みが魅力に変わる」

旬の抜け感を添える

 オレンジ 

「旬色のオレンジはちょっと太めに効かせると、抜け感が出てぐっとしゃれた印象に」

柔らかマニッシュ風に

 カーキ 

「カーキで囲めば、ノーブルなモードニュアンスで遊べます」

マスクをしているから...と手抜きメイクばかりでは、きれい指数がぐんぐん低下していく一方。そこで、ヘア&メイクアップアーティスの千吉良恵子さんが提案。この秋、旬の赤みブラウンシャドゥでつくるアラフィーのためのアイメイク。大人の悩みも一気に解決して、こんなにおしゃれ。今だからこそチャレンジ必須!
アラフィーの目もとを格上げしてくれる赤みブラウンパレットを、この秋の新作から厳選してご紹介。すべてヘア&メイクアップアーティスト・千吉良恵子さんのお墨付き! ぜひトライしてみて。
撮影/天日恵美子(モデル) ヘア&メイク/千吉良恵子(cheek one) スタイリスト/程野祐子 モデル/怜花 取材・原文/山崎敦子 ※エクラ2021年1月号掲載
関連記事
  • 少しくすんだトーンが冬のワードローブになじみやすく、大人のかわいげと幸せ見えもかなえてくれる、最強のニュアンスカラー「くすみパステル」。マンネリ化しがちな冬の着こなしの活性化にも大活躍!Soft Pink上品で柔らかな女らしさはカシミヤピンクで手に入れる コート(レザーベルトつき)¥280,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ニット¥59,000/オーラリー パンツ¥27,000(マーク ケンリー ドミノ タン)・バッグ¥120,000(アパルトモン)・靴¥45,000(フラッタード)/以上アパルトモン 青山店 ネックレス¥14,000/ショールーム セッション(マリア ブラック)Light Blue涼やかなブルーが大人の透明感を演出 パンツ¥34,000・ニット¥26,000/ル フィル ニュウマン新宿店(ル フィル) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥29,000/ショールーム セッション(マリハ) ストール¥59,000/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥137,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)Royal Lavender甘さ控えめなラベンダーでワンランク上の洗練が漂う カーディガン¥31,000・ニット¥22,000・スカート¥21,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) チェーンネックレス¥22,000(マラ ムクス)・バングル¥49,000(ガブリエラ アルティガス)/以上アパルトモン 青山店 コインネックレス¥41,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥155,000(ザンケッティ/ハウント代官山)・靴¥120,000(サルトル/ハウント代官山)/以上ゲストリスト「ファッションコーデ」記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年2月号掲載
  • 「MAQUIA」2月号では、アイライナーの色と引き方、まつ毛の角度で印象操作するプロの技を紹介。アイラインを引くとキツく見えやすいすっきり目は、こうするのが正解! “目ヂカラメーター”で一目瞭然! アイライナー×マスカラでなりたい目ヂカラ思いのまま! ロジカルに解説します ヘア&メイクアップアーティスト 向井志臣さん 「マキアージュ」の広告ビジュアルを担当する、資生堂のトップアーティスト。論理的なアプローチで再現性の高いメイクを提案&読者に寄り添ったリアルメイクにも定評あり。 すっきり目を生かすアイライナー×マスカラ目ヂカラメイクアイラインを引くとキツく見えやすいすっきり目は、ラインの色と引き方、まつ毛の角度で印象を操作して。 目尻ラインと水平カールで個性を最大限に活かす目尻に抜け感のあるブラウンラインをプラスしたら、水平に上げたまつ毛にセパレートマスカラを重ねて目幅部分のフレームを強調。すっきり目のシャープな印象が引き立つ。 ビューラーは根元と中間の2カ所に。手首の角度を変えず、いつもの半分の力でかけるのがコツ。 a 極細ペンシルで目尻のラインも繊細に。アイエディション(ジェルライナー)06 ¥1200/エテュセ b ムラなく塗れるコームタイプで、理想のセパレートまつ毛を叶える。キャンメイク クイックラッシュカーラー BK ¥680/井田ラボラトリーズ 影色ラインと水平まつ毛でフレーム強め美人に透け感のあるグレーなら、太めにラインを引いてもキツく見えにくい。影色のラインに水平のまつ毛が重なり、瞳のアウトラインは変わらないのに、顔立ちのメリハリがアップ。 まつ毛の間を埋めるようにラインを引いたら、まつ毛の生え際上にも1ミリ幅でプラスして太く仕上げる。 a 絶妙なオリーブグレーが洒落た目元を演出。ルナソル シークレットシェイパーフォーアイズ 04 ¥2800/カネボウ化粧品 b ひと塗りでカールを記憶。インテグレート マツイクガールズラッシュ(おてんばカール)BK999 ¥1200(編集部調べ)/資生堂 極細黒ライナーと上向きカールで色っぽさを注入クールに転びがちな黒ライナーは、極細&目幅入れがベスト。まつ毛はしっかり上げてボリュームを出すことで、切れ長印象を中和し、フェミニンな空気感を纏った華のある瞳に。 マスカラをムラなくたっぷり塗ったら、ホットカーラーをまつ毛の根元に当ててしっかり立ち上げる。 a 漆黒ライナーがジェルのようにまぶたのキワに密着する。マジョリカ マジョルカ ジェルリキッドライナー BK999 ¥950/資生堂 b 密なブラシがまつ毛1本1本に絡み、ダマなくボリュームアップ。ル ヴォリューム ドゥ シャネル 10 ¥4200/シャネル 上昇気味の目尻ラインで絶妙なモード感をプラスラインを切れ長に入れる時は、ブラウンで印象をやわらげるのがポイント。さらに上下のまつ毛にボリュームを出すことで瞳を縦に拡張し、モードに傾きすぎるのをブロック。 カールアップしたまつ毛には引き上げラインが好相性。まぶたを引き上げるようにさり気なく上昇させて。 a グレイッシュブラウンがアンニュイに発色。キワにも描きやすいやわらか芯。ザ カラーシック アイライナー 03 ¥2500/アディクション ビューティ b ボリュームマニア成分がまつ毛に絡みつき、重ねるほどにボリュームアップ。ヴィセ リシェ ラッシュ ボリュームマニア BK001 ¥1400(編集部調べ)/コーセー MAQUIA 2月号撮影/吉田 崇〈まきうらオフィス〉(モデル) 橋口恵佑(物) ヘア&メイク/向井志臣〈Three PEACE×SHISEIDO〉 スタイリスト/坂下シホ モデル/カイノユウ 取材・文/野崎千衣子 構成/若菜遊子(MAQUIA) ※本記事掲載商品の価格は、本体価格(税抜き)で表示しております。掲載価格には消費税は含まれておりませんので、ご注意ください。
  • なめらかなボディをつくるのが得意な「全身マルチオイル」を使いながら実践したい「スカルプ&フットケア」を、トータルビューティアドバイザーの水井真理子さんが伝授!美容オイルの使いこなしテクニックを教えるのは…トータルビューティアドバイザー 水井真理子さんトータルビューティアドバイザー 水井真理子さんみずい まりこ●エステティシャンの豊富な経験を生かし、メディアで美容術を指南。著書『水井真理子の寄り添い美容』(集英社インターナショナル)も好評。《SCALP》酷使した目もすっきりし薄毛、抜け毛も予防【1】カチコチになった側頭部の筋肉をゆるませる オイルを頭皮になじませたら、こめかみの生えぎわから指をさし込み、耳の上あたりの頭皮をしっかりつかみ、ゆっくりと回して。【2】“カッパの皿”部分の頭皮の動きをよくする オイルを頭皮になじませたら、5本の指で頭頂部をつかみ、ゆっくりと回してほぐす。はりついた頭皮の動きがよくなるように。 《FOOT》日々の活動を支えるいきいき感の要(かなめ)、「足もと」こそ良質オイルでほぐしケア【1】生殖器のツボがあるかかとをつかんで温める かかとにオイルをなじませ、両手を組んでかかとを包み込み、はさむように刺激。ポカポカするまで行って。【2】くるぶしマッサージで足首を軟らかく 足首にオイルをなじませ、両手でくるぶしのまわりを回転するようにマッサージ。くるぶしの後ろ側は持ち上げるように。【3】足の甲を刺激して全身のめぐりをアップ オイルをなじませた足を両側からつかみ、親指で骨と骨の間をマッサージ。間の硬さがほぐれて軟らかくなるまで行う。 >>「オイル」 関連記事一覧はこちらから撮影/藤澤由加 ヘア&メイク/榛沢麻衣 取材・原文/小田ユイコ ※エクラ2021年2月号掲載
  • コートもボトムも厚みのある素材、しかも長く大きめのフォルムが流行中。身長が低い人にとっては難易度の高い季節です。量感たっぷりな服をどう着こなすか、身長150cmのエディター・宮崎桃代さんがご紹介。どんな体型の人にも当てはまる“すっきり見え”のコツ、必見です。エディター 宮崎桃代エディター 宮崎桃代小さいころから「前へならえ」の先頭が定位置。ストロベリーサイズでは満足できず、着こなせる服、着こなし方を模索中。日々のモットーは「愛嬌のある着こなし」。小柄さんのボリュームある冬服のシルエットは《長方形》か《円錐形》この2択!縦長の長方形か円錐形。ボリュームのある冬服は頭から下に向かってぐんと伸びるシルエットを意識すれば、小柄でもシュッとした着こなしに。「大ざっぱに気軽に」遠目からのバランスを整えるだけで、スッキリ見えがかなう!たっぷりと広がるプリーツスカートで長い円錐形を実践。 ふわりと広がるロングスカートは目ざすべき円錐形にぴったり。ボリュームがあっても怖い迫力にならないのは、背の高い人にうらやましがられる小柄のアドバンテージ。上半身はニットでコンパクトにまとめ、円錐形をいっそうアピールして。 アンサンブルニット¥32,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) スカート¥56,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ピアス¥48,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ブレスレット¥36,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥74,000/フラッパーズ(ネブローニ)リラックスモードの今、小柄でも“ユルッと”着ていいんです。「幾度か提案している小柄な私の着こなしセオリーですが、冬はハードルの高い季節。なにしろ服のすべてがロング&ボリュームになるし、お直しするのも厳しい。なので私は、細かなことを気にせず、遠目からのシルエットを整えます。全身鏡から3歩下がって目を細める……。ぼんやりと大ざっぱに、縦長の長方形か円錐形になっていればOK(笑)。 ここ数年、服はリラックス&カジュアル傾向にあり、今は体を締めつけないユルッとした着こなしが主流。そして重心は下へ下へと移っています。だから、できるだけ頭は小さく、一番離れた靴まで、視線を長〜くキャッチするように仕向けます。普通の人ならミディ丈もロング丈で着られる小柄は、逆にお得(笑)。そんな気持ちで冬も服を楽しみましょう」「身長150cmエディター宮崎桃代さんの小柄さんコーデ」記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/清水ヤヨヱ(+nine) スタイリスト/望月律子(KIND) モデル/アドリアナ 構成・原文/宮崎桃代 ※エクラ2021年2月号掲載
  • 人気ブランドから続々と新作スキンケアアイテムが到着! 発売日や 美容賢者のレビューを今すぐチェックしてお買い物の参考にして。 1/16  SAT.発売 【DECORTÉ】「抜けるような透明美肌を1回使っただけで即実感」(副編集長T) コウジ酸がシミの原因にアプローチ。ピタッと吸いつくシートでくすみ一掃。ホワイトロジスト ブライトニング マスク(医薬部外品)6枚入り ¥10000/コスメデコルテ 1/16  SAT.発売 【SEKKISEI】「メイク上からも使えるから夕方の乾燥ケアにもぴったり」(スガコ) ミスト状のローションをひと吹きすれば、肌に潤いを与えながら外的刺激をブロック。雪肌精 クリアウェルネス W バリア ミスト 80㎖ ¥1600(編集部調べ)/コーセー 1/21  THU.発売 【d program】「春先のお出かけ前に欠かせないプロテクター美容液」(ナベ嬢) 花粉、ホコリなどの刺激から日中の肌を守り、健康な肌へと導く。d プログラム アレルバリア エッセンス N SPF50+・PA+++ 40㎖ ¥3000/資生堂インターナショナル 1/22  FRI.発売 【IPSA】「寝不足も飲みすぎも悟られないむくみレスのまぶたに感動!」(編集U) 人気の4色アイパレットが一新。品のよさとモード感を兼ね備え、デイリーに活躍。シグニチャー カラー アイズ 全7種(うち1種は限定・写真は02)¥7000/SUQQU 撮影/久々江満 取材・原文/野崎千衣子 構成/菅井麻衣子〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • コロナ鬱かなと思ったときや、感情のコントロールができにくくなったときには、副交感神経を優位にし、精神を安定させる神経伝達物質“セロトニン”を出やすくする下腹部呼吸法を。時間に余裕があるときにゆっくり行って。お話をうかがったのは…医師・医学博士 根来秀行先生医師・医学博士 根来秀行先生ハーバード大学医学部内科客員教授。事業構想大学院大学理事・教授。著書は『病まないための細胞呼吸レッスン』(集英社)など多数。【1】口をすぼめて下腹部の筋肉を絞るようにへこませながら、息を吐ききる。【2】下腹部の筋肉をゆるめて、鼻から自然に息を吸う。【3】口をすぼめて、下腹部の筋肉を意識してへこませながら、ゆっくり、ゆっくり息を吐く。2、3をゆったりした一定のリズムで、最短5分、最長20分繰り返す。>>「50代ヘルスケア」 記事一覧はこちらから取材・原文/和田美穂 イラスト/カツヤマケイコ ※エクラ2021年2月号掲載
  • 読者が出会った運命のコスメを大発表! 自分をもっと好きになれるコスメが大集合です。読者リピ買い!マジョリカ マジョルカ ハニーポンプグロス NEO RD441 ¥480/資生堂 はちみつのようなツヤでボリューミーなぷっくり唇に。 エピソード聞いて! 「気になるメンズと会う時、手持ちのリップに必ず重ねる鉄板コスメ。デートの時も『いつでもキスOK♡』と私の代わりに代弁してくれるような、ぷるぷる唇に本当になります! じゅわっと発色するレッドも可愛い」読者リピ買い! (右) ポール& ジョー モイスチュアライジング ファンデーション プライマー S SPF15・PA+(03を除く)全3色¥3500/ポール & ジョー ボーテ (中) ポール& ジョー プロテクティング ファンデーション プライマー SPF50+・PA++++ 全2色¥3500/ポール & ジョー ボーテ (左) ポール& ジョー ラトゥー エクラ ファンデーション プライマー N  SPF20・PA++ 全1色¥4000/ポール & ジョー ボーテ 3品すべて肌が潤って透明感UP! 全女子のベースメイクの味方! エピソード聞いて! 「4年前に出会い、いまだに使うたびに感動できる下地。季節によって3種を使い分けてます」読者リピ買い! (上) mgb skin グロウサンクッション SPF50+・PA++++¥3200/MEGOOD BEAUTY (下) mgb skin グロウトーンアップクリーム ¥3000/MEGOOD BEAUTY クリームとUVケアの名コンビですっぴん風美肌が作れる! エピソード聞いて! 「いろんなコスメを使わずに、この2品で仕上がる! トーンアップとカバー力にとにかく感動しました。ファンデを使わずにナチュラルな美肌が叶います!」読者リピ買い!オリシキ アイリッド スキンフィルム ¥1500/ディー・アップ 塗って乾かすだけ。誰でも自然な二重になれる。 エピソード聞いて! 「二重整形も考えていたけど、オリシキを妹からプレゼントでもらい、かれこれ10個以上リピ買い続けたら今ではうっすら二重ラインが出てきた気が。二重テープやアイプチよりもバレにくく、アイメイクが楽しくなる!」読者リピ買い!ビューティラボ ホイップヘアカラー アンティークショコラ (オープン価格)/ホーユー[医薬部外品] カラバリも豊富だからぴったりのカラーが見つかる。 エピソード聞いて! 「自粛生活でサロンに行けず使ってみたら、温かみと赤みのある深めブラウンの色がキレイで2個目もリピ。ホイップタイプなので、見えない部分も簡単に染められる!」 撮影/富田恵(物) イラスト/黒猫まな子 構成・原文/与儀昇平 web構成/轟木愛美 web編成/レ・キャトル
  • SPUR3月号では、時代を動かす「情熱服」にフォーカス。カバーを飾るのは吉沢亮さんです。大河ドラマの役柄にゆかりある帝国ホテルで、彼の内面に宿る青い炎を映し出しました。モード誌初登場の大リーガー、前田健太選手は赤の装いで「冷静と情熱のあいだ」について語ります。漫画家の宇佐崎しろさんは、Mame Kurogouchiをまとった女性を熱量込めて描きました。心に火を灯す1冊です。私はいったい誰なんだろう。何者にもなれない凡庸な自分を愛せず、悩む日もありますよね。そんなときはファッションの力を借りてみませんか。極端なシルエットの服をまとって体を拡張したり、ボディペイントしてみたり。装いで自己解放し、実験する旅へ出ましょう。アイデンティティに悩むすべての人にお届けする、新時代のファッションストーリーです。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  様々な価値観が大きく変化する現在。激動の時代を強く生き抜くために必要なのは、すべての人を優しく包み込む“パブリック スペース”です。年齢や職業、性別の垣根を超え、あらゆる人が自由に行き交いコミュニケーションをとれる場所。昨日までは知らなかった隣人とのふれあいから生まれる“文化のパッチワーク”をファッションで表現しました。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  “新しいコレクション様式”に各ブランドが取り組んだ2021年春夏シーズン。フィジカルとデジタルの交差点でSPURエディターが感じたのは「その服に情熱があるか」という問い。可能な限りリアルタイムでショーを追いかけた本誌編集長のエッセイを皮切りに、編集者総出演で本気で驚いた服を語ります。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  モードに愛を惜しみなく注ぎ、伝え、広めていく。そんな人々の、ファッションへの情熱への源とは何なのだろうか? 原宿でセレクトショップ・GR8をオープンさせた久保光博さんをはじめ、オンラインキュレートショップのファウンダー、スタイルアイコンに話を聞きました。彼らのヴィジョンを通して、今の時代だからこその服の価値を一緒に考えてみませんか? エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  おそろいのジュエリーを身につけるのは、カップルだけでなく、友達同志でもいいはず。SPUR3月号「私とあなたのチングジュエリー」では、それぞれの個性に合わせて選んだ宝物を思い出写真に重ね、無敵のエナジーを送り合う、女の子2人をイメージしました。離れていても、またすぐに会える日を夢見て。エターナルな関係を祝福しましょう。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  難事件の数々をエレガント、かつ鮮やかに解決へと導く名探偵A。クールな表情の内側に、問題を読み解くための情熱を秘めている。そんな彼女のトレードマークは麗しいブラウス。ある時はジャケットやニットベストに重ねて、またある時はヴィクトリアンムード漂うつけ襟を優雅にまとう。ブラウスがもつ変幻自在の魅力を追うファッションストーリー。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  自然の恵みで満たされたフルーツ。それらのパワーと呼応するように、ネイルアートとジュエリーで装った、みずみずしいスタイリングテーマをお届けします! メロンやベリー、ざくろや柑橘などの果実と、モードな要素を掛け合わせて。あえて相反する爪のカラーをぶつけてみたり、リングの色石をリンクさせたり。今すぐ挑戦してみたい遊び心も詰まっています。ぜひご覧ください! エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  まるでショーケースにずらりと並ぶアイスクリームのように、心ときめく新色が続々リリース中。そんな春らしいパステルカラーを使ったメイクアップを特集しました。ピンクをレイヤードした「Very Strawberry」、カラフルな色をミックスした「Cotton Candy」など、4つのフレーバーに例えた春の顔で、一足早く次の季節へ踏み出そう。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  毎日マスクを装着する生活を送っていると、摩擦で赤みが生じたり、ニキビができたり、いつの間にホウレイ線が深まったり……ありとあらゆる肌トラブルが襲ってきます。今回SPURは「アンダーマスクのトラブルマスター」と題して、そんな悩みにアプローチするスキンケアアイテムを紹介します!いつかはマスクを取らねばならない未来のために、いまのうちにきれいを準備しましょう。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  サステイナブルな未来のために、世の中は今、変わろうとしている。それはチョコレートの世界も同じ。買って食べて美味しい、だけでは終わらない。 "知識を得て選び、味わう"時代へと転換しているのだ。チョコレートを取り巻く社会問題の解説とともに、それらの解決を目指す作り手たちのこだわりの逸品を厳選して紹介。 エディターのこぼれ話はこちら(外部サイト)  
関連キーワード

RECOMMEND