【変形ダウンコート】技ありデザインでリッチな仕上がり!50代に似合うダウンコート2選

Web eclat

女性らしい着こなしに似合う細ウエストのスリムなダウン

モンクレールの新作。キュッと絞られたウエストや、身頃上部の斜めライン、シルクのような光沢が、スポーティなダウンコートとは一線を画すラグジュアリーな逸品。こんなボウタイブラウス&スカートに合わせたきれいめの着こなしも新鮮。フードは取りはずし可能。
コート(ベルトつき)¥203,000・ブラウス¥45,000(ともにモンクレール)・スカート¥87,000(2 モンクレール 1952)/以上モンクレール ジャパン ピアス¥110,000/ドレスアンレーヴ(A.T.C.S.) バッグ¥435,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ) 靴¥79,000/セルジオ ロッシ カスタマーサービス(セルジオ ロッシ) タイツ/スタイリスト私物

 

柔らかな撥水カシミヤとナイロン地が絶妙にマッチ

身頃にはとろけるように柔らかな撥水(はっすい)カシミヤを、ポケットや袖、襟にはマットナイロン地を使った、異素材コンビがリュクスな印象。七分丈でゆとりのあるキモノスリーブとショート丈のAラインシルエットが女性らしく、着心地のよさも秀逸。
¥198,000/ヘルノ・ジャパン(ヘルノ)

 

オフホワイトのショート丈は着映え効果抜群!

つややかなオフホワイトが着映えるショート丈。ややボリューム感のあるシルエットは、サイドのスナップボタンの開閉や、すそのドローコードでいろいろな着方が楽しめる。ダウンがたっぷり入った襟は、立てるとさらに防寒性が高まる。
¥98,000/ウールリッチ 青山店(ウールリッチ)

 

ややハイウエストのコンビデザインがモダンな一着

キルトパターンと無地との切り替えデザインでメリハリを効かせたデュベティカのニューモデルのブラック。ベースのシルエットはフェミニンなAライン。ややハイウエストのドローコードを絞って着れば、モード感漂うシルエットに変えられる。
¥120,000/F.E.N.(デュベティカ)

冬のおしゃれを決定づけるコート選びは、前評判の高さがカギになる。「続々、予約入ってます」と聞いた、人気確実コートを厳選してお届け!
大人の日常でリアルに頼れるのは、ワンランク上の賢い定番アイテム。今回ピックアップした「HERNO」のエコファーショート丈ダウンは昨年初登場&大ヒットしたアイテム。今年はより毛足が短く、よりなめらかでリッチな仕上がりにバージョンアップ!
ダウンコートで冬支度!50代が似合うダウンが人気ブランドより続々登場。『暖かさ』『デザイン』『機能性』を兼ね備えた大人の女性がこの冬着たい、注目の3ブランド「ヘルノ」「タトラス」「シックス バイ ワン コペンハーゲン」をご紹介。冬本番になる前にチェック!
撮影/黒沼 諭(aosora/モデル) 魚地武大(TENT/静物) ヘア&メイク/佐藤エイコ(ilumini.) スタイリスト/大沼こずえ(eleven.) モデル/ゆうき 取材・原文/新田幸子 ※エクラ2020年12月号掲載
関連記事
  • プリーツロングスカートで、いつもよりちょっと真面目スタイルです。 この日はパスポート更新の受け取りに、都庁のパスポートセンターへ行って来ました。 次回更新するのは10年後〜! コロナが収まってこのパスポートで旅行に出掛けられるようになる事を心から願っています。 帰り、何気なく振り返った時に見上げた都庁。 駅に向かう道に掲げられた、TOKYO2020のサインボード。 これまでの準備が無駄になることが無いよう、オリンピック、パラリンピック、どんな形でも開催して欲しいと胸が熱くなりました。 この日のコーデは、いつもよりフェミニンに、プリーツスカートで。 細めのプリーツが気に入っています。 なんて事のないシンプルコーデなのでパンチのあるエルメスのストールを巻きました。大胆な色使いのストールは本当に便利です。 コートはお気に入りの、SOÉJUです。 InstagramもUPしています。 ⇩近藤和子
  • 量感のある冬のスタイルはとにかく全身のシルエットに着目。「遠目から、大ざっぱに」が合言葉。あの流行も、あのボリュームも、長方形シルエットで考えれば身長150cmの小柄さんも楽しく着られる!自身も小柄なライター・宮崎桃代さんがご紹介。エディター 宮崎桃代エディター 宮崎桃代小さいころから「前へならえ」の先頭が定位置。ストロベリーサイズでは満足できず、着こなせる服、着こなし方を模索中。日々のモットーは「愛嬌のある着こなし」。“小柄さん”におすすめ長方形スタイル3タイトスカートこそ縦長の救世主。くるぶしまでの長い丈を タイトスカートはとにかく長い丈で着るほど、全身の印象はスラッと見える。「私は試着して床スレスレまで長さがあると小柄でよかったとニンマリします」。横の量感を抑えたデザインは、より縦横の比率が潔くていい。トップスも色をつなげたワントーンなら、長方形のシルエットはパーフェクト。 ニット¥31,000/スローン シャツ¥38,000/トヨダトレーディング プレスルーム(アスペジ) スカート¥17,000(ウィム ガゼット)・ベルト¥19,000(プントヴィータ)/以上ウィム ガゼット 青山店 バッグ¥56,000/アパルトモン 青山店(パーム グレンス) 靴¥120,000/ゲストリスト(サルトル/ハウント代官山)流行のボリュームニットには柔らか素材のタイトスカートを 今季はローゲージの量感のあるニットが流行中。上半身のボリュームは小柄には難易度高めの案件のひとつ。助けてくれるのは、スムーズな薄手素材のタイトスカート。ニットからそのままストンと続くシルエットで、全体を長方形にイメージ。スリムパンツでは上半身でっかちになってしまうけれど、直線的なスカートなら大丈夫! ニット¥78,000/ebure GINZA SIX店(ebure) スカート¥48,000/ポステレガント ピアス¥26,000・リング¥48,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥172,000・靴¥58,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) タイツ¥4,200/ステッラ ピエール マントゥー事業部(ピエール マントゥー)テーパードパンツはちょいゆるめで全身のバランスを整える 「テーパードパンツは大ざっぱではありますが、私は長方形シルエットに分類。ハイウエストのデザイン、ちょいゆとりのあるもので縦に長い雰囲気を演出します」。トップスインでパンツを強調。上半身1:下半身2ぐらいを目安に。トップスと同系色のストールで上半身を高い位置に見せる技もプラスすれば、ぐんとのびやかに。 ブラウス¥18,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) パンツ(共布ベルトつき)¥38,000/サードマガジン メガネ¥27,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥130,000/ボン マジック ストール¥48,000/スローン バッグ¥18,800/プルミエ アロンディスモン(ヤーキ) 靴¥120,000/リエート(サントーニ)「身長150cmエディター宮崎桃代さんの小柄さんコーデ」記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/清水ヤヨヱ(+nine) スタイリスト/望月律子(KIND) モデル/アドリアナ 構成・原文/宮崎桃代 ※エクラ2021年2月号掲載
  • ベレー帽にタートルネック、そして珈琲の香り。フレンチシックな気分で朝からテンションあげて※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができますマンションの一階のテナントに念願のスターバックスがOPEN。外に出なくてもすぐに珈琲を買いに行けるので、さっと着られるワンピースで階下のお店へ。寝癖のついた髪もおしゃれベレー帽でさりげなく隠せるし、すっぴんでもマスクさえしてしまえば問題なし。マイボトルに熱々の珈琲を入れてもらって、すぐに部屋に戻り自分の家の中でカフェの香りを満喫できたなら仕事も難なくはかどりそう。冬に着るには開きのあるVネックのワンピースの中には、モダンな印象のグレーのタートルニットを重ね着して、顔まわりの鮮度と防寒力を同時にアップさせて。ワンピース¥31,000/カレンソロジー青山 ニット¥25,000/サザビーリーグ(ユニオンランチ) 帽子¥1,990/ユニクロ サングラス¥32,000/アイヴァン PR(アイヴァン) バングル¥39,000/プリュイ トウキョウ(プリュイ) ブレスレット¥39,000/ウィム ガゼット青山店(ガブリエラ アルティガス) バッグ¥49,000/アマン(ア ヴァケーション) 靴¥69,000/ラルフ ローレン(ポロ ラルフ ローレン)撮影/佐藤 彩 スタイリスト/佐藤佳菜子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「レーススカート」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • きちんとしたシーンに欠かせないジャケットは、脱・就活生見えの「黒以外」がポイント。 どんなシーンでもハズさないネイビーを、デザインブラウスでフレッシュに更新 清潔感のあるネイビーは、着るだけで"感じのよさ"をまとえる。インナーにはデザインブラウスを選んで、学生とは違う社会人らしさもアピールして。 ジャケット¥18000・パンツ¥9000/スーツセレクト恵比寿 ブラウス¥3300/ASTORIA ODIER ルミネエスト新宿店 バッグ¥10000/& シュエットギャラリー 池袋サンシャインシティアルパ店ウエストが自然にシェイプされた形だから、美バランスな着こなしが叶う。 ¥15000/洋服の青山(ANCHOR WOMAN)こなれて見えるゆるシルエットは、ファッションブランドならでは。OFFでも使える! ¥19000/アンクレイヴモデル/岡本夏美 撮影/峠雄三(モデル) 坂田幸一 山崎ユミ(2人とも物)ヘア&メイク/沼田真実(ilumini.) スタイリスト/松尾正美 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • 地味色が多くなる冬のコーデこそ、きれい色を取り入れて女性らしく。最強のニュアンスカラーが「くすみパステル」。やわらかなくすみトーンのカシミヤコートなら、ちょうどいい甘さが手に入ります。soft Pink上品で柔らかな女らしさはカシミヤピンクで手に入れる カシミヤのふっくらとした上質感と品のあるピンクの組み合わせが、甘くなりすぎず大人にふさわしい。面積が大きいコートだからこそ、コーディネートの刷新力は絶大。まろやかなベージュとのダブルフェイスで、さっとはおれるのもうれしい。付属のレザーベルトを結んでも様になる。コート(レザーベルトつき)¥280,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ニット¥59,000/オーラリー パンツ¥27,000(マーク ケンリー ドミノ タン)・バッグ¥120,000(アパルトモン)・靴¥45,000(フラッタード)/以上アパルトモン 青山店 ネックレス¥14,000/ショールーム セッション(マリア ブラック)「ファッションコーデ」記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年2月号掲載
  • 1週間の「30代今日のコーデ」をまとめてお届け【1月15日(金)〜1月21日(木)のコーデ】 1/7 2/7 3/7 4/7 5/7 6/7 7/7 1月15日(金)のコーデ 冬素材のトップス&コートに、つやめくパンツが印象的に映えて。今季らしいブラウンにベリーピンクを合わせ、女らしさをアップさせたのもポイント。コーデが淡色なぶん、足元にブラックを取り入れて印象を引き締めるとさらに好バランスに。 1月16日(土)のコーデ おしゃれなセレブも大注目している『ボッテガ・ヴェネタ』のカセットシリーズ。なかでも1970年代のラグジュアリーカーの内装からインスピレーションを得たという「パデッド カセット」は、革車の内装のような個性的なフォルム。斜めがけにするだけでサマになるこんなバッグがあれば、大好きなデニムスタイルも一気におしゃれに! ベーシュ系のバッグに合わせコートも柔らかいカラーにすると大人なムードになって◎。デニムは明るいめを選ぶとさわやかな雰囲気にまとまる。 1月17日(日)のコーデ 今年一番の流行色といえば、くすみブルー! 裾に動きが出るスカートなら、ドラマチックで気分も上がるはず。青みがかったブラックやニュアンスグリーンなど、落ち着きのある寒色アイテムを合わせてシックにまとめるとさらに今年らしく。足元は、適度にカジュアルさのあるホワイトのショートブーツで抜け感とこなれた印象を加えて。 1月18日(月)のコーデ リラックス感がありながらもセンタープレスがしっかり効いたツヤ感のある太めパンツは、端正なシルエットで脚がキレイに見えるのがポイント。大人顔のリバーコートにも無理なくフィットし、ニュアンスピンクが程よい甘さを加えてくれる。軽やかな雰囲気のボトムなので、ボリュームスニーカーともバランスよく仕上がるのが◎。バッグのメタリックカラーでピリッとスパイスを加えると、さらに今っぽい印象に。 1月19日(火)のコーデ ウエストをキュッとマークする女らしいコートに、量感たっぷりのプリーツがエレガントさをプラスして。ワッシャー加工が施されたランダムなプリーツスカートは、不規則な裾のラインでこなれ感も底上げしてくれる。コーデはホワイト~ブラウンのグラデーションにし、好感度が上がるよう白トップスで顔周りを明るくするのがポイント。差し色はグリーンで辛口に仕上げるのが気分。 1月20日(水)のコーデ パフスリーブや長めのカフスなど、袖にデザインのある甘ブラウスはこの春のトレンド。早めに手に入れるなら、ホワイトやエクリュなど使いやすいカラーを選ぶのがおすすめ。『カデュネ』のブラウスは、立体的なフォルムがつくりやすく、肉感を拾わないプルオーバー型で“ラクして女っぽい”を後押し。春らしいパステルカラーパンツと合わせれば、キレイめで動きやすい快適なトレンドスタイルが完成します。 1月21日(木)のコーデ リブ編みの黒タートルは、主役に脇役にと大活躍する便利アイテム。どんなアイテムとも合わせやすく、リブのIラインが縦感を強調しスタイルアップも可能! 甘い雰囲気のブルーのリバーコートを着る日は、タートル×ブラックデニムで仕上げてシャープな表情にするのが気分。リブ&締め色でほっそりIラインにつなげたインのコーデで、やせ見えが叶うのが◎。ブーツで足先までつなげれば、脚長効果も絶大に!
  • ワンピース(ベルトつき)¥8900/リリアン カラット イヤリング¥18000/CITRON Bijoux バッグ¥25000/ADINA MUSE SHIBUYAベージュより明るくてイエローよりまろやか。春のトレンドカラー、たまごイエローをいち早く取り入れて。袖にたっぷり入ったギャザーやウエストベルトがアクセントになったニットワンピなら着るだけで「可愛い」が叶う!モデル/西野七瀬 撮影/千葉太一  ヘア&メイク/吉崎沙世子(io) タイリスト/加藤千尋 文/鈴木絵都子 web編成/吉川樹生 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。  ほかのコーデもCHECK! 馬場ふみかはふわっと透けるスカートでほんのり色っぽく【毎日コーデ】 今こそミニスカ! ロングブーツとの旬バランスで脱ありがち【毎日コーデ】 ブラウン&グリーン、旬な配色で冬コーデをアップデート【毎日コーデ】
  • 今季のGUは、旬色からボトム、アクセまで大充実♡ 完売必至の新作情報を、いち早くニュース仕立てでお届けするよ♪春のムード漂うパステルカラーが超豊富。その中でも特に女っぽさを高めてくれる3色にクローズアップ!■ライラック Lilacライラック×映える大きな衿でみんなの視線が全集中♡ 主役は顔回りをパッと明るくしてくれるライラックと、華やかな衿がキャッチーなブラウス。濃い色のデニムで辛さをミックスしてあげるとベストなバランスに! ブラウスはインして全身バランスをUPさせるのがお約束。 ブラウス(一部店舗のみ販売)¥1990・パンツ¥2490・ピアス¥790/GU(左)センタープレス×フレアだから、脚長効果抜群! パンツ¥1990/GU (右)衿つきできちんと感があり、レイヤードにも使いやすい。 ニット(一部店舗のみ販売)¥1990/GU優しげなホワイトとライラックが春らしいムードを盛り上げる 今季注目のライラックのスカートは、片側にギャザーが入っているから新鮮な印象に。どこか温かみのある白を組み合わせれば、一気に春らしい配色のコーデが完成する。 スカート(一部店舗のみ販売)¥1990・ニット(一部店舗のみ販売)¥1990/GU イヤリング¥3681/アビステ バッグ¥4980/L-clothes 靴¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)モデル/鈴木ゆうか 岡本夏美 撮影/峠雄三(モデル) 山崎ユミ(物) ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/鈴木絵都子 本誌編集部 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
関連キーワード

RECOMMEND