マンダリンオリエンタルホテル東京へ

Web eclat
日本橋にあるホテルマンダリンオリエンタル東京

Go toキャンペーンのおかげでポイントを利用させてもらいかなりお得感いっぱいの一泊二日でした(ほぼフリーに近いかも?!)

ここのフロントはバックサイドが大きな窓ガラスになっているので夜は幻想的で素敵なんですよ

夜のラウンジで一杯がお薦めです⭐︎

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

窓から見える東京の夜景。真下は三越、朝は富士山が見えました
壁は贅沢なファブリック素材
アメニティはボッテガのフルライン。良い香りがします
環境を配慮した木製の歯ブラシは新鮮でした!
マンダリンオリエンタルの象徴『扇」日本橋の街並みが描かれています

和モダンテイストのお部屋は、壁やインテリアに多くのファブリックが取り入れられ全て職人さんによるオリジナルの物だそう

ありがたい事にお部屋をアップグレードして頂いてパノラマの夜景と空間を楽しみました
朝食付きのプランだったのでチェックインの際に迷わずルームサービスをリクエスト

朝起き抜けのままホテルの朝ごはんをいただけるなんて幸せすぎました

この日はホテルなのでキレイめに、そしてガンガン運転するのでシワにならず着心地の良さを重視したハイゲージ素材のケープスタイルニットにワイドパンツを合わせたコーデ♪

このパンツは何年も愛用しているものです


前後どちらでも着れるケープ型ニット
袖口が大きく開いていてドレープの様に見栄えするので頼れる一枚です

tops SOEJU (ソージュ)
pants Apuagirl
bag Hermes
boots ZARA


お得感いっぱいのGo to キャンペーン
これはクセになりそうです⭐︎

関連記事
  • 仕事でのカンバセーションピースにもなりそうな、キュートなモチーフブローチを厳選。遊び心あふれる「ブルガリ」のアイスキャンディブローチは、ビジネスシーンでも大活躍。BVLGARI(ブルガリ)遊び心と大人の余裕を感じさせる、リュクスなアイスキャンディ マザーオブパールとオニキスに、かじった部分はダイヤモンドと、なんともラグジュアリーなアイスキャンディのブローチ。一見ビジネスには不向き?と思われるキュートなモチーフも、本物を選べば、むしろエグゼクティブらしい余裕を感じさせる着こなしに。 ブローチ(上 PG×D×MOP)¥448,000・(下PG×D×オニキス)¥448,000・ピアス¥263,000/ブルガリ ジャパン(ブルガリ) ジャケット¥335,000/アクリスジャパン(アクリス)>>「エグゼクティブサロン」 記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/青木貴子(whitebox) モデル/高橋里奈 取材・原文/新田幸子 撮影協力/INTERSECT BY LEXUS-TOKYO Minotti AOYAMA ※特集中以下の略号を使用します。YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、RG=ローズゴールド、PT=プラチナ、SV=シルバー、D=ダイヤモンド、MOP=マザーオブパール ※エクラ2021年2月号掲載
  • レイヤードでも1枚で着てもOK!大人に似合う白長袖T教えます!こんにちは(^-^)tomomiyuです。 いつもご覧くださりありがとうございます! 本日ご紹介するのはこちら。 知る人ぞ知る名品! A.T シルエットスムース長袖Tシャツ 5,500円 + 税 ホワイト 綿100%なのに、ハリがあって光沢感のある上質な素材感!ほどよい厚みがあり透けにくいうえに、後ろにはタックが入っていて、デザイン性もあり1枚で着ても決まります!ミラオーウェンのVネックカーディガンと合わせてみました。ボトムはPLSTのウォームリザーブスティックパンツ(BLUE)1枚で着て、カーディガンを肩がけしても オシャレです!裾は人気のラウンドカット。 前後差があります。前が短く、後ろはお尻が隠れる丈なのが嬉しいポイント!アウターはベージュのテーラードコート。全体を淡いトーンで纏めました(^^)せっかく撮ったので上半身の写真もどうぞ。それでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました! Amebaオフィシャルブロガーになりました! アメブロはこちらから。(画像をタップ) ↓ ↓ ↓ Instagramフォロワー数10万人突破! 毎日午後9時コーデ投稿を更新中。 インスタグラムはこちらから。 ↓ ↓ ↓(画像をタップ)No.163 tomomiyu
  • 自分の「好き」の核を大事にしながら、トレンドを吟味し「自分らしい」スタイルに落とし込むテクニックはさすが!スタイリスト松村純子さんのおしゃれマイルールを徹底取材。スタイリスト・松村純子さんのマイルール ベーシック+ひとくせアイテムで気分を上げる 「基本的にはベーシックなスタイルが好みなのですが、今年はそこにちょっとデザイン性のあるアイテムを足したり、レイヤードをすることで、少しだけ華やかさのある着こなしに惹かれています。私にとってはちょっと冒険アイテムでも、着た時の高揚感を重視。とはいえあまりに無理した着こなしは居心地も悪いので……。いつものベーシック+αのさじかげんを吟味し、おしゃれを楽しむようにしています」▶︎前編はこちらPlageのサイドスリットニット 一見ベーシックながら、両サイドに大きくスリットが入ったニット。「今までなら選ばなかった、私的には挑戦アイテムです」サイドスリットからインナーをのぞかせて奥行きとニュアンスを 「たっぷりとしたフレアシルエットのニットには、下半身をすっきりまとめるのが常套手段。ロングブーツ熱が再燃中なので、黒のスキニーパンツをインしてコンパクトに。全体をシックなトーンにまとめることで、レイヤードスタイルもすっきりとした印象に着こなせます」。サイドスリットから白シャツが見えることで、クリーンさが加速し、着やせ効果もSHIRT:UNIQLO PANTS:Theory BAG:CHANEL SUB BAG : NO BRAND SHOES:sergio rossiESTNATIONのフリルブラウス 襟もとと袖がフリルになった甘ブラウスは、ニットからチラリとのぞかせる前提で購入。「個人的にはボウタイより取り入れやすいです」 BOTTEGA VENETAの甲深シューズ 合わせやすさ満点の黒パンプスも、甲深のV字カッティングに更新。「これひとつでいつものスタイルも一気にモード感が高まります」クラシックスタイルもエッジをきかせてほんのりモードにシフト レディライクなスタンドカラーのフリルブラウスは、ワードローブにはなかった新顔アイテム。襟もとと袖口からのぞかせる前提なので、この小ぶりなフリルかげんがちょうどいい。シンプルな黒ニットの襟もとに白をきかせることで顔映りも格段に明るく。フロッキー加工のスカートを合わせたクラシックなスタイルにモードな黒小物でメリハリをプラスKNIT:AURALEE SKIRT:DRIES VAN NOTEN BAG:CELINEO 【Marisol2月号2021年掲載】撮影/須藤敬一 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI)取材・文/塚田有紀子
  • 自分の「好き」の核を大事にしながら、トレンドを吟味し「自分らしい」スタイルに落とし込むテクニックはさすが!スタイリスト松村純子さんのおしゃれマイルールを徹底取材。スタイリスト・松村純子さんのマイルール ベーシック+ひとくせアイテムで気分を上げる 「基本的にはベーシックなスタイルが好みなのですが、今年はそこにちょっとデザイン性のあるアイテムを足したり、レイヤードをすることで、少しだけ華やかさのある着こなしに惹かれています。私にとってはちょっと冒険アイテムでも、着た時の高揚感を重視。とはいえあまりに無理した着こなしは居心地も悪いので……。いつものベーシック+αのさじかげんを吟味し、おしゃれを楽しむようにしています」▶︎後編はこちらuncraveのチェック柄コート オーセンティックなトレンチ型コートもチェック柄になるだけでぐっと鮮度アップ。ブラウンベースなのでシックで大人っぽいオジ柄チェックコートは上下ホワイトコーデの引き締め役にも最適 「白コーデの引き締め役にはつい黒を手にしがちなのですが、ブラウンやネイビーにするだけでぐっと印象がまろやかになります。チェック柄のコートはそれ単体で奥行きが出て、着映え力も抜群なので、単色コーデのカンフル剤としても重宝。メンズライクなトレンチ型なので、バサッとはおるだけでムード満点」。イエローバッグで彩りをプラスKNIT:YLÈVE PANTS:3.1 Phillip Lim BAG:LOEWE SHOES:THE ROWISABEL MARANT ÉTOILEのプリントワンピース 「イザベル マランの柄物は本当に秀逸。ブラウスとスカートに続き、ワンピースも購入!」全身柄でも華美にならないのはさすが Anita Bilardiのファーバッグ 冬にアクセントとして活躍するファー小物。ともするとコンサバになりすぎるから、あえてラフさのあるショッピングバッグ型を選択プリント&ファーを辛口なカーキコートで大人っぽく、シャープに 「イザベル マランの柄は、大人が着ても上品に見えるさじかげんが絶妙。ワンピースでも華美になりすぎず、しゃれて見えるので重宝しています。これはすそもアシンメトリーになったドラマティックなデザイン。そのぶんラフにまとえるカーキのコートで甘さを引き算してバランス調整」。通年使える素材感なので、ファーバッグとロングブーツで、冬らしさを投入COAT:BLAMINK SHOES:PELLICO 【Marisol2月号2021年掲載】撮影/須藤敬一 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/後藤若菜(ROI)取材・文/塚田有紀子
  • ふわふわモヘアの風合いと艶ありスカートで華やかで優しいコーディネートの完成!明日も在宅。なるべく人に会わないような生活を続けていると人恋しくなるからなのか、ふわもこ素材を選びがち。このオーバーサイズの黒ニットは毛足が柔らかめのシャギーモヘアで優しい雰囲気が出て、いかつくみえないからお気に入り。そして全身ブラックではなく、ボトムスに落ち感のある艶スカートを合わせて、シルエットと素材でメリハリを。家の中でも今っぽいフェミニンスタイルで過ごせそう。そして、もしかするとYoutubeで自分の普段の様子が映るかと思うと、家の中でおしゃれするモチベーションもあがるというもの。ニット(メンズ)¥28,000/バトナー スカート¥22,000(スーヴェニア)・ネックレス¥25,000(ファリス)/ジャーナル スタンダード 表参道店 ストール¥22,000/ノーク(ノーク バイ ザ ライン) バッグ¥94,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) 靴¥69,000/トッズ・ジャパン(トッズ)N.O.R.C (ノーク)商品一覧【SHOP Marisol】▶撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/徳原文子 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「アニマル柄」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • 冬に欠かせないアイテム「ブーツ」。パリマダムには、服に合わせやすく活動的なショート丈が人気のようす。ヒールで女らしく装って。ヴァニナ(ディレクター・パリ)ロング丈のジャケットはさっそうと襟を立て、緑のラインがかわいいカルヴェンのボーイフレンドデニムでマスキュリンなコーディネートに。フォルムの細いフェミニンなスエードブーツを合わせて、スタイルアップに成功、かつエレガントな仕上がりに。【Close up!】シルヴィ(小説家・パリ)ロング丈のトレンチコートに合わせたのは、マスタードカラーのAnthology Parisのショートブーツ。8㎝のヒールが女性らしく、クシャッと合わせたブラックデニムともバランスがいい。なにかと黒を選びがちな冬、明るいポイントカラーにもなってくれる。【Close up!】ソニア(エージェンシー勤務・パリ)ユニクロのカーキブルゾンと、ブルーデニムのカジュアルなコーディネートに、レースアップブーツを合わせたメリハリのあるスタイリング。7㎝ヒールの細身のシルエットが、スタイルよく見せてくれる。ブラウンカラーも全体になじんで軽快な印象。【Close up!】>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧[パリ]撮影/Mari Shimmura 取材・原文/Shoko Sakai [ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadama ※エクラ2021年2月号掲載
  • ウールやニットなどマットな質感が多い季節だからこそ、おしゃれ小物で小さな「ツヤ」を投入して華やぎをプラス。ピエール アルディのシャンパンゴールドのバッグなら、派手すぎない上品な雰囲気が引き立ちます。黒にきわだつツヤバッグ/ピエール アルディ丸みのあるフォルムとパッドが入ったふかふかとした手ざわりが新鮮なショルダーバッグは、派手すぎない上品なシャンパンゴールド。チェーンを片方に寄せてクロスボディにすれば、ぐっとカジュアルなムードにもなる2WAY仕様が優秀。 バッグ¥108,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) ニット¥28,000/アパルトモン 青山店(アパルトモン) パンツ¥19,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) ストール¥19,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ)>>「バッグ」記事一覧はこちら撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年2月号掲載
  • 可愛くておしゃれなノンノモデルの私服をアイテム別に紹介。今っぽさ抜群のコーデはどれも参考になること間違いなし! 愛用バッグ&個性あふれる持ち物も必見です♡ 肩が落ちたシルエットと絶妙なピンクベージュの組み合わせは、可愛くも大人っぽくも着られるのですごく便利。今回はブラウスの衿やカチューシャでほんのり甘めに。 Coat: N.O.R.C by the line Knit: SNIDEL Blouse: Vintage Pants: TOM WOOD Katyusha: STELLAR HOLLYWOOD Necklace: KNOWHOW Bag: SNIDEL Shoes: ZARA 個性的で洗練されたデザインがお気に入り。大人っぽく、でも可愛くも見えるライトグレーに合わせて、着こなし全体を明るい色で統一して、爽やかに仕上げてみたよ。 Knit: kei shirahata Pants: LOEFF Bag: J&M Davidson Shoes: ZARA デニム好きだけどジャンスカで取り入れるのは実は新鮮だったり。スカート部分にボリュームがあるから、ニットやロングブーツも存在感があるものを選んでバランスよく。 Dress: MOUSSY Knit: SNIDEL Necklace: KNOWHOW Earrings: SNIDEL Bag: VASIC Shoes: THROW by SLY 撮影/千葉太一 ヘア&メイク/河嶋希(io) スタイリング協力/松尾正美 加藤千尋 構成・原文/菊池美里 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
関連キーワード

RECOMMEND