髪の長さ別「ヘアカタログ」で似合う髪型を見つけて!【50代髪型人気ランキングTOP10】

Web eclat

 第1位 

【ボブヘア】

【50代おすすめヘアカタログ】扱いやすさと華やかさ、両方に効く人気のボブヘアスタイル

髪質もボリュームも、顔の印象も変化するアラフィー世代にとって、ヘアスタイルは常に悩みの種。扱いやすさと華やかさ、両方に効くボブスタイルを公開!

 第2位 

【ショートヘア】

【50代おすすめヘアカタログ】今、むしろ短いほうがフェミニンな印象に!最新ショートヘアスタイル

髪質もボリュームも、顔の印象も変化するアラフィー世代にとって、ヘアスタイルは常に悩みの種。女性らしさを醸し出す理想のショートスタイルを公開。

 第3位 

【ミディアムヘア】

50代の髪型【ミディアムヘア】鎖骨ラインが美しい!カールや毛束の動きでふんわり感をアピール

ミディアムの長さはトップがつぶれやすいので、立体感のあるフォルムにして髪質の悩みをカバーすることが重要!

 第4位 

【ロングヘア】

【50代おすすめヘアカタログ】長さキープだからこそ動きで洗練度の更新をしたい!最新ロングヘアスタイル

重くなりがちなロングは、顔まわりや首のラインを流れるようにカットすると、全体的に軽い印象に!ゆるくランダムに巻くことで華美すぎず、こなれた印象に見せる洗練ロングヘアスタイルをお届け。

 第5位 

【前髪テク】

【50代に似合う前髪の作り方】前髪を変えるだけで髪悩み解決!スタイリング次第で自在に印象チェンジ

前髪がうねったり、ボリュームが足りない、フロントまわりが扱いにくい…。前髪・顔だち・ボリュームが気になるアラフィー女性にこそ前髪づくりが重要に!前髪のデザインとスタイリング次第で自在に印象を変えられます!

 第6位 

【ヘアチェンジ】

髪型を変えて素敵に変身!「50代のヘアカタログ」髪悩みを解消しながら印象チェンジ

イメージや気分を変えたくなる秋の始まりに、髪型を少しだけチェンジしてみるのはいかが? フォルムを少し変えてみる、前髪や顔まわりをカットしてみる、パーマで変化をつける。3つの方法で、印象激変&髪悩みも解消!

 第7位 

【ヘアケア】

カラートリートメントを1回でしっかり染める!根元深くまで染めるプレシャン技

シャンプー後に使うのが一般的な「カラートリートメント」は、髪が水分で膨張する前=シャンプー前の乾いた髪に使うことで深くしっかり染めることが可能! 実践して検証してみました。

 第8位 

【ボブヘア】

【ミニ・ヘアチェンカタログ11】直毛さんこそ「ちょいパーマ」でやわらか質感と立体感を演出

直毛さんこそ、簡単に「ミニ・ヘアチェン」を堪能できるパーマスタイルで印象チェンジを! ゆるめパーマでやわらか質感と立体感を演出した最新スタイルを公開。

 第9位 

【ボブヘア】

【ミニ・ヘアチェンカタログ8】ひし形バランスの「ちょいカット」で美人印象に!

前髪やフェイスラインなど、顔まわりの印象は女性像を大きく変えるポイント! 今回は、顔まわりのフォルムをひし形に変え、雰囲気も顔立ちも丸みのある印象に仕上げたヘアチェンスタイルをご紹介。

 第10位 

【ボブヘア】

【ミニ・ヘアチェンカタログ9】「ちょいパーマ」でクセ生かし&ボリューム調整をかなえる!

簡単に「ミニ・ヘアチェン」を堪能できるパーマスタイル。ツヤのある重めのショートボブのフォルムにタテ巻きのパーマを合わせた、エレガントな印象たっぷりのヘアスタイルをご紹介。

※集計期間:2020年10月19日(月)〜2020年10月25日(日)

関連記事
  • 上品ベーシックな私服スタイルが人気のエディター、三尋木奈保さん。マンネリしがちな冬の着こなしをアップデートする私的ワザを取材!エディター・三尋木奈保エディター・三尋木奈保きちんと感と女らしさを軸とした私服スタイルにファン多数。スタイルブック『マイ ベーシック  ノート』(小学館)シリーズが累計18万部を記録メソッド04 夏の薄軽ボトムを冬も!素材のメリハリ効果を活用数年前まで冬にはウールのボトムがあたりまえでしたが、今は冬でも、夏っぽい薄軽ボトムで通すのがおしゃれの主流に。 「地厚なニット×夏っぽボトム」の組み合わせは、簡単にメリハリがついて着こなしがサクッと決まるんです。40代としては、厚ぼったいウールのボトムは地味見えの危険もありますよね。ツヤやとろみのある薄手ボトムのほうが、女っぷりが確実に上がります。 ここでは、昨年の夏に着ていたボトムの冬の活用法をご紹介。こうして並べてみると、夏も冬もそれぞれの配色が変わらないのが私らしい……(笑)。サーモンピンクのスカートはシャギーニットでより華やかに 「夏の間はTシャツをさらっと合わせて、甘さ控えめに着ていたピンクのスカート。冬はスカートの女っぽさをそのまま生かして、シャギーモヘアのカーディガンでフェミニン度マックスに。うんと寒い日に、こういう甘やかな着こなしをすると気分が上がります(笑)」SKIRT:ebure KNIT:Whim Gazette BAG:BOTTEGA VENETA SHOES:PELLICO EARRINGS:TIFFANY&Co. BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:TIFFANY&Co. NECKLACE:MARIHA肌見せできない冬は薄手ボトムが抜け感の役割に 「夏にコラボで作らせていただいた思い入れのあるスカート。透け感のある薄手シフォンを、こうして冬も堂々と着られるなんてうれしいかぎり。いい時代になったものです♡ 黒ベースの着こなしも、ボトムが軽やかだと重くならずに女っぽさをキープできますね」SKIRT:l'heritage martinique KNIT:Drawer  STOLE:Ballsey BAG:BOTTEGA VENETA SHOES:JIMMY CHOO BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:TIFFANY&Co.ツヤ素材のフレアパンツはリッチなワントーンでまとめて 「太めパンツは地厚な素材だと"おじさん"ぽくなりがちですが、ツヤのあるてろりん素材なら柔らかく上品な印象に。ベージュタートルでリッチ感を加速」。サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ネックレス¥67,000/マリハ 伊勢丹新宿店(マリハ)(アイヴァン)PANTS:STATE OF MIND  KNIT:AURALEE STOLE:Johnstons of Elgin BAG:ZANELLATO  SHOES:JIL SANDER EARRINGS:TIFFANY&Co. WATCH:Cartier 真っ白なナイロンスカートが冬スタイルを活性化 「白スカートはパリッとしたハリ感素材。ざっくりニットに合わせると、素材感のコントラストがすごく映えるんです。以前はナイロンのスカートを冬にも着るなんて考えられなかったけど、ファッションの自由化を感じますね。自分らしく時代の変化を楽しみたいもの!」SKIRT:ebure KNIT:GALERIE VIE STOLE:Johnstons of Elgin  BAG:FLYNN  SHOES:DEIMILLE EARRINGS:LECOLLIER BRACELET:TIFFANY&Co. BANGLE:Vaid※価格表記のないものはすべて本人私物です【Marisol 2月号2021年掲載】撮影/須藤敬一(人物・ロケ物) 魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/神戸春美 スタイリング協力/松村純子 文/三尋木奈保
  • 【ユニクロ×GU】秋に買ったアイテムを春まで活用させる術こんにちは(^-^)tomomiyuです。 いつもご覧くださりありがとうございます! 今日は春のように暖かい一日でしたね! 暖かいとニットよりシャツが着たい気分。 そんなわけで、以前買った UNIQLO+J(ユニクロプラスジェイ) スーピマコットンスタンドカラーシャツ を着ました!髪型も外ハネにして軽快な雰囲気に! ちょっとウェットっぽくタイトな感じにしてみました。 ヘアアレンジが効くように、カットする時に美容師さんと相談しながら作り上げました!アウターは昨年の秋頃買ったGUのニットガウン。 淡いグレージュのような色なので、秋から春まで活躍します! 秋口に買うアウターは、【春にも対応出来るカラーや素材を選ぶ】と長く使えてオススメです! 今日は暖かかったので、日中はこのニットガウンだけで十分でした。 全身着画はこちら。白のスタンドカラーシャツに淡いグレージュの ニットガウン合わせが好き♡ パンツは黒のセンタープレスパンツを合わせて きれいめコーデにしました。サイドスリットが入っているのも こなれ感があって◎バッグはシルバースタッズ付きの キャンバスバッグ。 春が近づくとキャンバス地のバッグが持ちたくなります。それでは本日は以上です。 最後までお読みくださりありがとうございました(^-^) Amebaオフィシャルブロガーになりました! アメブロはこちらから。(画像をタップ) ↓ ↓ ↓ Instagramフォロワー数11万人突破! 毎日午後9時コーデ投稿を更新中。 インスタグラムはこちらから。 ↓ ↓ ↓(画像をタップ)No.163 tomomiyu
  • フェミニンで洗練されたラベンダー色は、冬のさし色としても上品かつぴったり!※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます自分が見ても相手が見ても元気になれる柄スカートを履けば気合が入って仕事もどんどんこなせそう。ブラウス×スカートのマンネリおしゃれをも一気に活性化してくれるのは品のあるきれいなラベンダー色。オフィスにふさわしいきちんと感もありつつ、後ろウエストゴム仕様だから快適に過ごせるのが嬉しい。艶ボウタイブラウス¥15,000(商品コード:371431)・スカート¥17,000(商品コード:377341)/SHOP Marisol(エムセブンデイズ) コート¥72,000/MOGA 靴¥20,000/デミルクス ビームス 新宿(デミルクス ビームス) バッグ/スタイリスト私物撮影/魚地武大(TENT) スタイリスト/吉村友希 文/加藤理恵 ※上記の内容はWEBオリジナルで構成されたもので、本誌の内容とは異なります▼「柄スカート」を使ったコーデの関連記事もチェック
  • 目を引くダッドスニーカーは、コーデの色数を抑えて、いっそ主役に。きれいめトレンチの表情も一新! ブラウス¥1800/神戸レタス スカート(2月発売予定)¥12000/Noela コート¥12000/dazzlin イヤリング¥1700/ゴールディ バッグ¥4900/アンビリオン(カシュ カシュ)どこか懐かしい配色と、印象的なソールが存在感を放つ1足。すぼんだつま先がスマートな印象を後押し。 ¥9490/リーボック アディダスお客様窓口乙女心をくすぐる淡いミントカラーは、トップスに濃茶を合わせてグッドバランスにはきこなすのが正解。 ブラウス¥3900/オリーブ デ オリーブ スカート¥11000/MERCURYDUO ルミネエスト新宿店 カチューシャ¥700/お世話や(OSEWAYA) イヤリング¥6873/アビステ バッグ¥3990/ロコンド(マンゴ)「Cloud Hi Monochrome」のアイコニックなソールは雲をイメージしたデザインで、その名のとおり軽いはき心地が特徴。 ¥17800/オン・ジャパン流行のビッグカラーや、クラシカルなプリーツスカートと合わせて、コーデに品を宿して。 ニット¥6900・コート(2月上旬発売)¥15000/ヒロタ(31 Sons de mode) スカート¥4500/COTORICA. 帽子¥1990/バロックジャパンリミテッド(AZUL BY MOUSSY) イヤリング¥4773/アビステ バッグ¥8500/MERCURYDUO ルミネエスト新宿店存在感のあるベルトが、ベーシックなベージュの表情を更新。着脱が楽な上、足をしっかりホールドしてくれる利点も! ¥12000/カメイ・プロアクト(スペルガ)モデル/新川優愛 松川菜々花 撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE・モデル) 山崎ユミ(物) ヘア&メイク/吉﨑沙世子(io) スタイリスト/松尾正美 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • しばらくはマスクとのお付き合いが続きそうですね。そんな日々だってメイクは楽しみたい人に読んでいただきたいです。マスク生活って本当憂鬱ですよね…。 そしていろんな意味で息苦しいです。 「マスクするからスッピンでいいやー」っていう声もよく聞きます(笑) 気持ちはわかる…。 しかーし、アラフォーともなるとそうもいかない。 メイクはマナーだったりもするし。 私はリモートだろうが、オフィスだろうが、基本的に仕事の日は常にバッチリメイクです。 メイクって武装というか、私の中でエンジンかける時間だったりもします。 でも、こんなに頑張っても、半分くらいマスクで隠れちゃう。切ない。 でもでも、女性に生まれたからにはメイク楽しみたい! ということで、私はマスク着用時でもちゃんとメイクがアピールできるポイントを解説したいと思います(笑) ・オンライン ・マスク着用 この2点をポジティブポイントにしたいと思います。これは10月の結婚式にお呼ばれした時の写真です。 フルメイクです。でも、結婚式の時と、日常のメイクって私はほとんど変わりません。 マスク取ると常にこんなメイクしています。 結婚式の際は、マスクを取ることを想定してメイクしましたが、日常においては基本着用しっぱなしですよね。 オフィスで撮った写真がこちら。加工なし。それよりも背景気になりますよね(笑)弊社はとても眺めが良いのです…!今日もバッチリメイクです(笑) マスクの下もちゃんとメイクしているであろう感が伝わるかと思います(笑) 私が日々、仕事をする時のメイクで意識していることは二つ。 「色味」と「位置」です。 この二つが押さえられていると、マスク映えするメイクになると思います。 まず色味ですが、 マスクを着用すると、目で見える顔面の範囲は半分になります。 リップメイクは見えません。全顔見えている状態を「10」とすると、マスク着用時は「5」になります。 「5」をそのまま「5」にしていると、「ちょっと元気がない印象」になると思います。 リップやチークで色味のバランスを出していたと思いますが、それらがないからです。 なので私は、アイメイクに以前よりも色味を使うことを意識しています。最近は「レッド系」にハマっております。 真ん中のトムフォードのアイシャドウは、Marisol1月号にてえびちゃんが付けていました❤︎ 写真だとちょっと色がボケてしまいますが、実際は結構はっきり色が出るタイプです。 これらのアイシャドウを気分に応じて日々ローテーションで使い分けています。 マスクの時はいつもよりラメ感があっても、too muchにならないと思います。 オンラインだと、メイクの色味は飛びがちです。 いつもの濃さだと時には「ちょっと顔色悪い人」になりがちです。 マスクをとって参加する際は、リップも通常よりしっかり目、もしくは濃いめを付けています。そしてチーク。 「チークなんて見えないじゃん」と言われそうですが、いつも通りの位置に乗せていたのではそうなりますよね。 マスクの際は、ちょっと上めに乗せるのがポイントです。 写真だとちょっと伝わりづらいかもしれませんが、マスクの上からちゃんとチークが顔を出すような位置に入れています。 BAの方にも言われましたが、マスク着用時にチークの位置を変えることでお顔の印象も変えられると。 ですから、チークを入れる位置はいつも付けているマスクのサイズなどに合わせて変えることをお勧めします。 あとは「線」もしっかり意識したいところです。 アイラインや眉もしっかり整え、メリハリを出すことも大切だと思います。こちらもとある日のメイク。 この日もバッチリ(笑) スキンケアもですが、メイクもしっかり楽しむ日々を送っております!最後にこの日の髪型。編み込みです。たくさんの人に褒めてもらいました♡No.202 marico
  • 誕生日には今後の1年への決意もこめて、自分に贈り物をするという習慣がなんとなく定着してきました(ただのお買い物の言い訳とも言います)。誕生日に限らず、特別な日に自分のために買いたいもの……いろいろあるのですが、私の場合はいつもエルメスの「カレ」(シルクスカーフ、私は90cm×90cmのスタンダードなタイプが好きです)が第一候補で、少しずつではありますが、「これ素敵」となった柄のものを以前よりコツコツと集めています。 今年の誕生日に「俺へのプレゼント」、略して「オレゼント」に選んだのは「シュヴァル・ドゥ・フェット」柄のカレ。春夏の新作です。柄は、50年代~70年代のポーランド派の映画ポスターのオマージュとのこと。ヤン・バイトリク氏のデザインです。中央に配された馬と、ロゼットのモチーフがとてもグラフィカルにアレンジされています。カラフルな色使いもとても好みで、見せていただいた瞬間に「これください」となっていました。巻き方によって印象がかなり変わるのも素敵です。大体、首元にふんわり巻くか、頭にターバンのように巻くというアレンジが多いのですが、目を引くスタイリングのポイントになってくれそうで楽しみ。 保存 開いてみたところはこのような感じ。馬というメゾンならではのモチーフと、モダンな色の組み合わせが本当に素敵! 実は、即決した理由はもうひとつありまして、カラフルな柄のベースに敷かれていたのが紫だったこと。(すみませんここから謎のオタクトークが始まります……)昨年あるグループのメンバーのファンになり、現在絶賛おしゃれなメンカラ紫(メンバーカラー・メンバーごとに割り振られたイメージ色です)を探し求める旅に出ているのですが、こちら、ベースが濃いめの紫なのです。面積は少ないけれども、カラフルな色(他のメンバー)を自然に包み込む感じが当推しのイメージと通じる気がする(いつもふざけているけど実はメンバーのことちゃんと見てるみたいな、そんな感じなのですよ)……と勝手に気持ちが盛り上がってしまいました。 今まで人生の節目で自分に贈ってきたカレも、それぞれにとても思い出のあるものです。手に取るだけでその頃のことを思い出せる、そんなコレクションを続けていくのも素敵かなと思っています。 保存
  • ヘア&メイク paku☆chan&編集部オススメ! 春新色 注目NEWSとっておきの新作情報をお届け! NEXTトレンドをいち早く取り入れて春顔を楽しんで。下まぶたメイクを、マスク生活のアクセサリーに「マスク生活で変わり映えしないアイメイクには下まぶたにカンフル剤を! 下まぶたにポイントをおくだけで、ぱっちりデカ目&脱マンネリ顔が叶います」(paku☆chanさん、以下同)❶下まぶたの余白を埋めて、小顔見せ。ケイト パーツリサイズシャドウ BR-1(2/1発売)¥1200(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品 ❷下まぶたのくすみをカバーしながら、自然な陰影を与えて目もとの印象を大きく。アンダーアイライナー(全1色、1/22発売)¥2500/イプサ大人っぽさUPなら、パープルピンクがイチ押し「この春のパープルピンクはただ可愛いだけじゃない! 上品なのはもちろん、自立した大人っぽい印象に。“あれ、いつもよりキレイ!”ってほめられる可能性大」❶日本の桜からインスパイアされた濃淡パープルパレット。サンク クルール クチュール 849(2/11〜限定発売)¥7600/パルファン・クリスチャン・ディオール ❷ペールトーンのパープルが透明感のある目もとに。まぶたにぴったり密着するしっとりテクスチャー。ヴォランタリー アイズ EX08(1/8〜限定発売)¥2000/セルヴォーク ❸光を含んだくすみマット。ひと塗りなら透け感のある仕上がりに、重ね塗りならドラマティックに。アイグロウ ジェム PU100(1/16発売)¥2700/コスメデコルテ眉マスカラは、マットなアッシュグレーが新しい「マスク&リモート生活に欠かせないのが目力。いつものアイメイクに眉の存在感をプラスするだけで完全無欠♡ アッシュグレーならふんわり毛質が柔らかく見えて、おしゃれな雰囲気に」❶やわらかなワックス剤が自然な立体感を演出。ブラウンがきいたグレー。ブロウ スタイリングクリーム 303(1/16発売)¥3000/コスメデコルテ ❷高発色で時間がたっても落ちにくい。なじみ度抜群のオリーブグレー。ケイト 3Dアイブロウカラー GY-1(Web限定色)¥850(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品 ❸柔軟性の高いコーティング剤がしなやかな毛流れに。ダークブラウン。アドバンスドアイデンティティ アイブラウマスカラ 04(1/13発売)¥3200/THREE ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/寺田茉布(LOVABLE/人物) 河野 望(製品) ヘア&メイク/paku☆chan(Three PEACE) モデル/内田理央 スタイリスト/辻村真理 取材・原文/佐藤 梓 構成・企画/芹澤美希(MORE) ※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • スタイリスト徳原文子さんの冬のおしゃれを拝見! “好き”を更新して、“自分らしさ”に落とし込むコツは?ファッション業界の第一線で活躍するスタイリスト&ライター。自分の「好き」の核を大事にしながら、トレンドを吟味し「自分らしい」スタイルに落とし込むテクニックはさすが。彼女たちのおしゃれのマイルールを徹底取材! ※価格表記のないものはすべて本人私物です■スタイリスト 徳原文子さん 今年の「ラクして女らしい」はスカート+ツヤでかなえる 「ほぼ一択と言っても過言ではないほど、ロングスカートは私のワードローブの中心アイテム。歩き回る仕事柄、ペタンコ靴を合わせることが多いので、そこにどう今の気分や女っぽさを取り入れるかでスタイルを更新しています。今年のスカートは、ボリューム抑えめでスッキリと大人っぽいものが気分。スカートそのものや合わせるアイテムにツヤを足し、ひとさじの華やかさや高揚感を盛ったスタイルに惹かれます」SKIRT 1BLAMINKのプリントスカート甘すぎない大人ピンクのツヤ×柄スカートを主役に ツヤと柄が共存したスカートは、一枚でスタイルが完成する主役級の存在感。抽象的な柄は幅広いテイストの服に合わせやすく、大人が着ても痛く見えない上品なピンクの色みも秀逸。「シルクをたっぷり用いた贅沢な一枚で、夏はTシャツに合わせるなど通年使えるので投資の価値ありと購入」。異素材を重ねた黒コーデに一点きかせたのがポイント☆スカートでツヤをプラス! KNIT:AURALEE COAT :ChaosBAG:AetaSHOES:Rupert SandersonTURBAN:La Maison de LyllisSKIRT 2SHAINA MOTEのナロースカート今年らしいナローシルエットでツヤ感スカートをアップデート 「ツヤが控えめで取り入れやすいバックサテンのスカートは、ナローシルエットで今年らしさも満点。スタイリングの仕事で何度もお世話になり、あまりに使えるので自分でも購入しました。柔らかさもあり、とにかく軽いので、着ていてストレスフリーなのもうれしい」。シャギーコートでワントーンにまとめつつ、ウールカシミアのストールをさし色に。☆スカートでツヤをプラス!TOPS:HYKE COAT:ATON BAG:SITA PARANTICA FLRD SHOES:Golden Goose SCARF:HERMÈSSKIRT 3 AURALEEのタイトロングスカートすっきりタイトシルエットを生かし大人のカジュアルスタイルに 「ここ数年はふんわりとボリュームのあるロングスカートばかりが多かったので、タイトなシルエットになるだけでぐっと新鮮。ウール素材のスカートには、ナイロンのブルゾンでツヤ感をプラス。ハイテク系のスニーカー合わせのカジュアルコーデも、どこかソリッドで大人っぽい雰囲気に仕上がります」。パールネックレスでさりげなく女っぽさも投入。☆コートでツヤをプラス!TOPS:AURALEE BLOUSON:VERMEIL par iéna BAG:J&M DAVIDSON SHOES:sacai ×NIKE NECKLACE:TIFFANY & Co.他のスカートを見る私たち、もっと「スカート上手」になりたい!【SHOP Marisol】▶【Marisol2021年2月号掲載】撮影/黒沼 諭(aosora)魚地武大(TENT/物) ヘア&メイク/沼田真実(ilumini.) 取材・文/塚田有紀子
関連キーワード

RECOMMEND