使えると評判!大人にうれしいデイリーアイテム、揃いました!

Web eclat

YLÈVE ジッププルオーバー

※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
スウェットよりも柔らかなニット見えふわふわトップス
上品な光沢と柔らかさのあるインドの超長綿を使用したハーフジッププルオーバーは、ほどよいカジュアル感が今の気分にぴったり。立体的なパターンで肉感を拾わず、ボディラインを気にせず着用できるので安心。
エクリュとネイビーの2色展開。肩が落ちたフォルムは今どき感抜群。
スカート¥24,000/ショールーム セッション(アール ジュビリー)

SMUK ウエスタンシャツ

※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
大人のいい女がまといたい媚びのない色気を演出
リアルレザーに近いスエード風シャツは、一枚ではもちろん、こなれ感たっぷりにタンクトップやTシャツとレイヤードして着こなすのもいい。長めのカフスは袖をたくし上げたときにしゃれて見えるよう計算。
着丈が長いので細身のパンツとも合わせやすい。モデル着用のベージュに加え、辛口な印象のカーキも展開。
パンツ¥20,800/ショールーム セッション(サージ)

ASAUCE MELER スポンディッシュカシミヤロングストール

※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
誰もが美人になれる繊細な色みに予約殺到!
大人気のリネンストール同様、カシミヤストールもボリューム感たっぷり。日本人の肌をくすませずブライトアップしてくれると評判のオートミールは、研究の末たどりついた自信の色。華やぎもぐんとアップする。
モデル着用のオートミールに加え、ダークカラーが多くなる冬のアウターに映えるレッドも展開。全身のアクセント使いに最適。
ニット¥32,000/スローン パンツ¥36,000/ebure GINZA SIX店

SAYAKA DAVIS リブタートルネック

※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
※お買い物マークをクリックしてアイテムを見ることができます
レイヤードの季節にこそ欠かせない薄リブタートル
軽量で伸縮性がありつつキックバックにも優れた着心地のよさが自慢のタートルニットは、色違いでも購入しておきたい名品。ランダムリブがボディにぴったりしすぎず、端のフリンジ処理がこなれ感を醸し出して。首の後ろ部分に切れ込みが入っているので、タートルの圧迫感が苦手な人も快適。
 

こちらの記事もおすすめ>>

特別な日のためだけじゃなく、日常でこそ、上質で着心地のよい服を着て過ごしたい。「babaco」のジャージードレスはそんな大人の気持ちに寄り添う、美しいドレープが目を引く名品! 合わせて持ちたい「A VACATION」のトートともにぜひチェックを。
特別な日のためだけじゃなく、日常でこそ、上質で着心地のよい服を着て過ごしたい。「SACRA」のプルオーバー&エコレザースカートはシンプルな中に女らしさと強さを共存させた旬を感じさせるアイテム。是非取り入れたい。
特別な日のためだけじゃなく、日常でこそ、上質で着心地のよい服を着て過ごしたい。そんな思いを叶えてくれる旬のコートが「ELIN」「Room no.8」から登場。信頼ブランドならではの着心地をぜひ堪能して。
撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/徳原文子 モデル/LIZA 取材・文/坪田あさみ
関連記事
  • 地味色が多くなる冬のコーデこそ、きれい色を取り入れて女性らしく。最強のニュアンスカラーが「くすみパステル」。やわらかなくすみトーンのカシミヤコートなら、ちょうどいい甘さが手に入ります。soft Pink上品で柔らかな女らしさはカシミヤピンクで手に入れる カシミヤのふっくらとした上質感と品のあるピンクの組み合わせが、甘くなりすぎず大人にふさわしい。面積が大きいコートだからこそ、コーディネートの刷新力は絶大。まろやかなベージュとのダブルフェイスで、さっとはおれるのもうれしい。付属のレザーベルトを結んでも様になる。コート(レザーベルトつき)¥280,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ニット¥59,000/オーラリー パンツ¥27,000(マーク ケンリー ドミノ タン)・バッグ¥120,000(アパルトモン)・靴¥45,000(フラッタード)/以上アパルトモン 青山店 ネックレス¥14,000/ショールーム セッション(マリア ブラック)「ファッションコーデ」記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年2月号掲載
  • 2021年1月20日(現地時間)、アメリカの首都ワシントンで大統領就任式が行われ、ジョー・バイデン氏(78)が第46代アメリカ大統領に就任。カマラ・ハリス氏(56)が女性・アフリカ・アジア系として初のアメリカ副大統領に就任した。 Photo:Joe Raedle/Getty Images通常であれば、大勢の観客が詰めかける本式典。今回は新型コロナウイルス感染予防のため規模が縮小され、恒例のパレードや舞踏会などの関連イベントはバーチャルでの開催に。異例の形式となった就任式だったが、エンタメ界からふたりの大物シンガーが登壇し、パフォーマンスを披露!  Photo:Jonathan Ernst-Pool/Getty Imagesひとりは、レディー・ガガ(34)。ネイビーのトップスの胸に大きなハトのブローチをつけ、深紅のロングスカートで登場し、パワフルな歌声でアメリカ国歌を熱唱した。 Photo:Drew Angerer/Getty Imagesもうひとりのジェニファー・ロペス(51)は、ガガとは対照的に、全身白のスタイリングをチョイス。ハリス副大統領の宣誓に続き、『This Land Is Your Land(原題)』『America the Beautiful(原題)』をメドレーで披露。 途中、「万民のための自由と正義を備えたひとつの国家」というアメリカの「忠誠の誓い」の一節をスペイン語でシャウトし、自身の曲『Let’s Get Loud』でパフォーマンスを締めくくった。 Photo:Kevin Dietsch-Pool/Getty Imagesそして就任式の夜には、祝賀番組『Celebrating America』が放送され、司会を務めたのは俳優のトム・ハンクス(64)。加えて、エヴァ・ロンゴリア(45)、ケリー・ワシントン(43)、リン=マニュエル・ミランダ(41)らが登場し、人々にメッセージを贈った。 さらにブルース・スプリングスティーン(71)、ジョン・ボン・ジョヴィ(58)、ジャスティン・ティンバーレイク(39)、ジョン・レジェンド(42)、フー・ファイターズ、デミ・ロヴァート(28)ら人気セレブが次々と登場し、パフォーマンスを披露するという、なんとも豪華な内容! この投稿をInstagramで見る Demi Lovato(@ddlovato)がシェアした投稿 なかでも圧巻だったのは、最後に登場したケイティ・ペリー(36)のパフォーマンス。ケイティが大ヒット曲『ファイヤーワーク』を歌うバックでは、大量の花火が次々と打ち上げられ、ドラマチックかつ感動的なフィナーレに!! この投稿をInstagramで見る KATY PERRY(@katyperry)がシェアした投稿 新型コロナウイルスのパンデミックにより、人気アーティストのパフォーマンスを見られる機会が減っている今。バーチャルで行われた大統領就任式&祝賀番組は、エンタメファンにとっても忘れられないイベントとなったに違いない! >>ジョー・バイデン氏の勝利宣言を受け、セレブ達が歓喜! 祝福メッセージを続々と投稿 >>全米が望んでいたスーパーウーマン! 初の女性副大統領カマラ・ハリスの軌跡
  • 1週間の「30代今日のコーデ」をまとめてお届け【1月15日(金)〜1月21日(木)のコーデ】 1/7 2/7 3/7 4/7 5/7 6/7 7/7 1月15日(金)のコーデ 冬素材のトップス&コートに、つやめくパンツが印象的に映えて。今季らしいブラウンにベリーピンクを合わせ、女らしさをアップさせたのもポイント。コーデが淡色なぶん、足元にブラックを取り入れて印象を引き締めるとさらに好バランスに。 1月16日(土)のコーデ おしゃれなセレブも大注目している『ボッテガ・ヴェネタ』のカセットシリーズ。なかでも1970年代のラグジュアリーカーの内装からインスピレーションを得たという「パデッド カセット」は、革車の内装のような個性的なフォルム。斜めがけにするだけでサマになるこんなバッグがあれば、大好きなデニムスタイルも一気におしゃれに! ベーシュ系のバッグに合わせコートも柔らかいカラーにすると大人なムードになって◎。デニムは明るいめを選ぶとさわやかな雰囲気にまとまる。 1月17日(日)のコーデ 今年一番の流行色といえば、くすみブルー! 裾に動きが出るスカートなら、ドラマチックで気分も上がるはず。青みがかったブラックやニュアンスグリーンなど、落ち着きのある寒色アイテムを合わせてシックにまとめるとさらに今年らしく。足元は、適度にカジュアルさのあるホワイトのショートブーツで抜け感とこなれた印象を加えて。 1月18日(月)のコーデ リラックス感がありながらもセンタープレスがしっかり効いたツヤ感のある太めパンツは、端正なシルエットで脚がキレイに見えるのがポイント。大人顔のリバーコートにも無理なくフィットし、ニュアンスピンクが程よい甘さを加えてくれる。軽やかな雰囲気のボトムなので、ボリュームスニーカーともバランスよく仕上がるのが◎。バッグのメタリックカラーでピリッとスパイスを加えると、さらに今っぽい印象に。 1月19日(火)のコーデ ウエストをキュッとマークする女らしいコートに、量感たっぷりのプリーツがエレガントさをプラスして。ワッシャー加工が施されたランダムなプリーツスカートは、不規則な裾のラインでこなれ感も底上げしてくれる。コーデはホワイト~ブラウンのグラデーションにし、好感度が上がるよう白トップスで顔周りを明るくするのがポイント。差し色はグリーンで辛口に仕上げるのが気分。 1月20日(水)のコーデ パフスリーブや長めのカフスなど、袖にデザインのある甘ブラウスはこの春のトレンド。早めに手に入れるなら、ホワイトやエクリュなど使いやすいカラーを選ぶのがおすすめ。『カデュネ』のブラウスは、立体的なフォルムがつくりやすく、肉感を拾わないプルオーバー型で“ラクして女っぽい”を後押し。春らしいパステルカラーパンツと合わせれば、キレイめで動きやすい快適なトレンドスタイルが完成します。 1月21日(木)のコーデ リブ編みの黒タートルは、主役に脇役にと大活躍する便利アイテム。どんなアイテムとも合わせやすく、リブのIラインが縦感を強調しスタイルアップも可能! 甘い雰囲気のブルーのリバーコートを着る日は、タートル×ブラックデニムで仕上げてシャープな表情にするのが気分。リブ&締め色でほっそりIラインにつなげたインのコーデで、やせ見えが叶うのが◎。ブーツで足先までつなげれば、脚長効果も絶大に!
  • ワンピース(ベルトつき)¥8900/リリアン カラット イヤリング¥18000/CITRON Bijoux バッグ¥25000/ADINA MUSE SHIBUYAベージュより明るくてイエローよりまろやか。春のトレンドカラー、たまごイエローをいち早く取り入れて。袖にたっぷり入ったギャザーやウエストベルトがアクセントになったニットワンピなら着るだけで「可愛い」が叶う!モデル/西野七瀬 撮影/千葉太一  ヘア&メイク/吉崎沙世子(io) タイリスト/加藤千尋 文/鈴木絵都子 web編成/吉川樹生 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。  ほかのコーデもCHECK! 馬場ふみかはふわっと透けるスカートでほんのり色っぽく【毎日コーデ】 今こそミニスカ! ロングブーツとの旬バランスで脱ありがち【毎日コーデ】 ブラウン&グリーン、旬な配色で冬コーデをアップデート【毎日コーデ】
  • 2021年のスター、ラッパーHIYADAM。唯一無二の存在感で、音楽シーンを揺るがす新時代のアイコンだ。彼が新たに解釈する「フォーマル」とは? モードラバーでもある彼が手がけた軽やかなリリックとともに、全世界が注目する才能が、夢に向かって羽ばたく一瞬を切り取る。 ステージ上で目を引く、さりげなくエッジをきかせたセットアップ。シルバープリントの生地を大胆に配した。シャツと、ジャケットが"進化したフォーマル"の新たな扉を開く。ジャケット¥260,000、シャツ¥39,000、ショートパンツ¥43,000、スニーカー¥34,000(NIKE)/コム デ ギャルソン・オム プリュス リング(人さし指)¥34,000、(薬指)¥43,000、(小指)¥120,000/ステディ スタディ(トムウッド) ソックス/スタイリスト私物 「全身コム デ ギャルソンを着て、パフォーマンスするようなラッパーになるのが目標です」と、力強く語るのは、次世代ラッパー、HIYADAM。国内外を問わずさまざまなミュージシャンとのコラボレーション作品を発表している新たな才能だ。ヒップホップという音楽ジャンルにとらわれず、モデルやジュエリーデザイナーとしても活動中。そんな彼と臨んだ撮影のテーマ、“ニューフォーマル”には自身の音楽との向き合い方との共通項も。 「僕がエレクトロやハウスにのせてラップをしているのって、今のヒップホップにはあまりないもの。それを“当たり前”という流れに持っていきたいですね。今回のテーマも同様に、これまでの“フォーマル”に、重なり合うことがなかった意外な要素を取り入れていくことが〝新しいフォーマル”なんだと思います」。圧倒的な存在感と、他の追随を許さないスター性を兼ね備えた次世代のアイコン。彼がどのように進化し、新しい時代を牽引していくのか、ますます目が離せない。 SOURCE:SPUR 2021年2月号「HIYADAM 才能が切り拓く未来」model: HIYADAM photography: MELON 〈TRON〉 styling: Fusae Hamada hair: Miho Emori 〈KiKi inc.〉 make-up: YUKA HIRAC 〈D-CORD〉 artwork: HIROKI OKUBO
  • 今季のGUは、旬色からボトム、アクセまで大充実♡ 完売必至の新作情報を、いち早くニュース仕立てでお届けするよ♪春のムード漂うパステルカラーが超豊富。その中でも特に女っぽさを高めてくれる3色にクローズアップ!■ライラック Lilacライラック×映える大きな衿でみんなの視線が全集中♡ 主役は顔回りをパッと明るくしてくれるライラックと、華やかな衿がキャッチーなブラウス。濃い色のデニムで辛さをミックスしてあげるとベストなバランスに! ブラウスはインして全身バランスをUPさせるのがお約束。 ブラウス(一部店舗のみ販売)¥1990・パンツ¥2490・ピアス¥790/GU(左)センタープレス×フレアだから、脚長効果抜群! パンツ¥1990/GU (右)衿つきできちんと感があり、レイヤードにも使いやすい。 ニット(一部店舗のみ販売)¥1990/GU優しげなホワイトとライラックが春らしいムードを盛り上げる 今季注目のライラックのスカートは、片側にギャザーが入っているから新鮮な印象に。どこか温かみのある白を組み合わせれば、一気に春らしい配色のコーデが完成する。 スカート(一部店舗のみ販売)¥1990・ニット(一部店舗のみ販売)¥1990/GU イヤリング¥3681/アビステ バッグ¥4980/L-clothes 靴¥14000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ)モデル/鈴木ゆうか 岡本夏美 撮影/峠雄三(モデル) 山崎ユミ(物) ヘア&メイク/徳永舞(BEAUTRIUM) スタイリスト/松尾正美 構成・原文/鈴木絵都子 本誌編集部 web構成/轟木愛美 web編成/ビーワークス
  • Marisol ONLINEで配信されたファッション記事の人気ランキングトップ10を発表!※2020年1月5日(火)〜 2021年1月19日(月)【ファッション 1位】ストールある・なしで、小柄さんの冬コーデはこんなに変わる! 【bemiのバランスコーデ術#5】 ★記事はこちら【ファッション 2位】本当に使える“いいもの”だけを。スタイリスト徳原文子が選ぶ、今、40代が買うべき「5つのニット」 ★記事はこちら【ファッション 3位】白はビッグシルエット、黒はコンパクトの2枚だけ。スウェット選びのマイルール【エディター坪田あさみのおしゃれと暮らしと時々名品 #24】 ★記事はこちら【ファッション 4位】スカート×タイツの合わせ、黒タイツ以外のバリエーションは? ★記事はこちら【ファッション 5位】 冬カジュアルを心地よく、極上に!アラフォーのための「色気のあるデニム」の始め方★記事はこちら【ファッション 6位】蛯原友里さんの私服を公開!今冬、おしゃれモデルたちは好きな服をどう着てる? ★記事はこちら【ファッション 7位】all2万円以下!おしゃれプロが見つけた、大人のための優秀プチプラスカート ★記事はこちら【ファッション 8位】真冬に欠かせない、ヘビロテ防寒アイテムはコレ!【教えて!エディター三尋木奈保さん!#10】 ★記事はこちら【ファッション 9位】 異素材ベージュコーデなら社内の雰囲気を穏やかに安心感を与えられる【2021/1/6コーデ】 ★記事はこちら【ファッション 10位】人混み避けて朝活派に転向!スニーカーで早朝散歩をしてリフレッシュ【2021/1/9コーデ】★記事はこちら▶人気記事ランキングをもっと見る
  • こんにちは! バイラーズの谷本千晃です   大人カジュアルコーデに欠かせないアイテムといえばスウェット素材のもの。 色んな雑誌で可愛いコーディネートがたくさん載っていますよね。   これまでカジュアルすぎて避けてた!という人はGUがおすすめ。 失敗しても痛くも痒くもないので、これまで持っていなかったアイテムに挑戦しやすいです。   安いだけでなく高見えするアイテムもたくさん。きちんとサイズ感などを選べば、GUってバレません◎     フードなしなら まずは使い勝手抜群なフードなしスウェット、“オーバーサイズスウェットプルオーバー''を使ってコーディネート     パンツコーデ センタープレスパンツと黒のロングコートでかっちり目に。 tops:GU pants:PLST outer:adam et rope scarf:GU       スカートコーデ tops:GU skirt:FRAY ID scarf:GU     このスウェットのいいところは、生地にハリ感があってカジュアルに見えすぎないところ。 クリーンな白もキレイな印象に持っていきやすいです。   どちらもスウェットにスカーフインで同じようになってしまいましたが、スカーフがあるだけでちゃんとおしゃれしてます感が出るからすごい!   ニットにスカーフだといかにもな感じですこし気おくれしてしまうのですが、スウェットならキメキメにならずに取り入れやすいです◎     フードありなら 次はフードのついたスウェット、"ダブルフェイスプルパーカ"を使ってコーディネート     明るい色を取り入れて春っぽさを意識。 tops:GU skirt:green label relaxing outer:IENA bag:fifth          このパーカーのいいところは、フロントにどーんとポケットがないところと、フードひもがないところ。 この2つがあるとどうしても幼く見えがちなので、30代が着るなら無駄のないシンプルなデザインがおすすめです。   さすがにフードつきだとカジュアル感が強く、パンツだと手抜きに見えそうなのでスカートとあわせることが多いです。       今回紹介したようにお出かけのときも使えるし、おうち時間にも気兼ねなく着られるのですごく重宝してます。   ドラム式洗濯機でがんがん洗ってもなかなかくたびれないのも高ポイント。   少しでも参考になれば嬉しいです 今日も読んでいただきありがとうございました!     instagram @c_tnm
関連キーワード

RECOMMEND