【2021冬コーデ】アラフィー読者ブロガーの真似したい「大人のこなれコーデ集」

Web eclat

 

 
①スタイルアップを叶える「大人シャツ」

ニットベストとセットの ” ベストレイヤードシャツドレス ” です。タートルネックのベストが斬新で他にはないデザイン、しかもドッキングではないので多様に着られるところにも惹かれ試着もせずに即買いしました。
Ameriのロング丈のシャツドレスにDeuxieme Classeのジレを合わせたナチュラルトーンコーデ。
シャツドレス/Ameri ジレ/Deuxieme Classe パンツ/UNITED TOKYO 靴/ZARA

華組 豊田真由美さん

デニムにブラックのプリーツブラウスを合わせて、華やかさをプラスしました。
トップス/Loungedress デニム/AG

華組 宮原 江里子さん

白のボリュームスリーブ&ウェストリボンが特徴的なトップス×ブラックデニムのコーデ。トップスは「Adonisis」のものです。
ライトグレーのリバーコートに合わせて。バッグはクラッチにも斜めがけにも2wayに使えるところが特に気に入っています。
トップス/Adonisis パンツ/lui's コート/LE PHIL バッグ/VALENTINO ブーツ/TOD'S

華組 近藤和子さん

柄物はめったに着ませんが、久しぶりにトライしてみました。クローゼットに柄物はほぼ無い私のワードローブに最近加わったのが、COOMB(クーム)のドットブラウス。ボウタイとカフス部分は小さなドットで、凝ったデザイン。しかも前後どちらにも着られるtwo way。ちょっとお得感が嬉しい。
トップス/COOMB(クーム) デニム/アッパーハイツ 

華組 豊田真由美さん

コートの中、ニットに飽きたら秋色ブラウンのシャツで。バックシャンなデザインが可愛くて、オンラインショップで即購入しました。濃いブラウンなので甘すぎず、いろんなボトムスに合わせられそうなので、気に入っています。
トップス/PUAL CE CIN デニム/RED CARD ブーツ/ZARA バッグ/GUCCI

華組 沢辺史さん

ブラウスはMila Owen。袖のリボンと総レースが気に入ってます。ZARAのベルト付きハイライズパンツは形もsizeも理想のものだったので、エクリュもイロチ買いしました。
en recre のウォレットバッグに、私の足にピッタリ 銀座かねまつ MISS SLENDER のパンプス。雨予報が晴れになりライダース(GRACE CONTINENTAL)は必要ないくらい暖かな一日でした。
トップス/Mila Owen パンツ/ZARA ライダース/GRACE CONTINENTAL バッグ/en recre 靴/銀座かねまつ MISS SLENDER

華組 伊藤美帆さん

今年はボウタイブラウスが沢山出ていますが、E by éclat でポチッとしたブラウスが、あまりに優秀でヘビロテ中です。
前後2way で着られて、着回ししやすい。着用シーンを選ばない。
シャツ/E by éclat

華組 鈴木たま江さん

この日のコーデは袖コンシャスなブラックシャツ。バンドカラーの襟元にギャザーが入ると柔らかく少しフェミニンな印象になります。お気に入りのパンツはeclat premiumで購入した完売パンツです!
シャツ/ノーブランド(ホテルブティック購入) パンツ/col pierrot(コルピエロ) 靴/NEBULONIE バッグ/VASIC
首元が綺麗に詰まったバンドカラーと袖口の大きなカフス(見えてませんが笑)キュンキュンポイントのシャツ。ブラックデニム合わせてマニッシュスタイルなシャツワンピです。
シャツワンピース/ESSEN LAUTREAMONT デニム/ZARA サンダル/Hermes バッグ/Hermes

華組 木原みどりさん

Merletteの白トップスと青みピンクのパンツコーデ。
暗く、重くなりがちな秋冬のコーデに、明るい色を刺し色にしたコーデ。トップスの揺れ感もとても女らしくみえます。
トップス/ Merlette パンツ/ESTNATION 靴/MANOLO BLAHNIK イヤリング/Shourouk バッグ/HERMES

華組 成田千恵さん

ランチコーデには、こんなデコラティブなお袖のブラウスでコーデしてみました。 シャツやブラウスのクリーンなイメージが大好きで、なぜかクローゼットに集まってしまうアイテムですが、今シーズンはますます活躍しそうです。
シャツ/Enfold パンツ/ZARA バッグ/CELINE 靴/3.1 Phillip Lim(3.1 フィリップリム)

華組 豊田真由美さん

今の時期、私の鉄板ワンツーコーデです。袖コンシャスなシャツには、ボトムはすっきり見えするデニムを。
シャツ/loaf デニム/RED CARD 靴/oriental traffic バッグ/HERMES

華組 伊藤美帆さん

#newansという新しいブランドの展示会で予約したシャツ。届いてみたら着回し力抜群で、とても便利なので、ご紹介させてください。#newans と書いて、「ハッシュニュアンス」と読むこちらのブランド、おうちで洗えてノーアイロンでオッケーなシャツを中心に、普段使いしやすいお洋服がたくさん展示されていました。
普段はホワイト大好きなのですが、このシャツに限っては優しいグレーの方がしっくりきました。やはり試着は大切ですね。届いてみて驚いたのは、こんなにビックシルエットなのに、インしても、もたつかない事!ハイウエストのパンツと相性抜群です。
シャツ/#newans パンツ/ Barneys Newyork バック/Hermès 靴/ MANOLO BLAHNIK
ZARA の大人の華ありブラウス。今年と過去のコーデを比べてみました。季節の変わり目はお洋服を買う前に、クローゼットにあるものでコーデを組んで、今季投入するアイテムを決めるようにしています。手持ちの服をチェックした結果、ひとくせあるのに今年もスタメン使いできそうな2着のザラのトップスがありました。
2年前に購入したレースのトップス。今季はインナーをブラックにして、柔らかい落ち感のあるブラックのパンツと合わせたいな。と思っています。大きめなサイズを選んだのが良かったのか、今年も活躍してくれそうです。
こちらは柄物シアーのトップスは、ブルー✖️ブラックの配色で、エクラ世代に大人の華やかさを添えてくれます。今年はインナーはグレー、ボトムスはネイビーのタイトスカート、と同系色まとめて、リラックス感を出したいな。と思っています。
トップス/ZARA  パンツツ/GALLARDAGALANTE スカート/GALLARDAGALANTE 時計/カルティエ

華組 近藤和子さん

この秋の初長袖は、バンドカラーの白シャツ。バンドカラーシャツはすっきりしていて襟のあるものより好きです。これはユニクロのもの。合わせたのはハウントで購入した、healthy denim のブラックデニムと、ヒューストンのアウトレットで見つけた、ビジュー付きのカールラガーフェルドのミュールで、大好きなモノトーンでまとめました。
シャツ/ユニクロ デニム/ハウント 靴/カールラガーフェルド

華組 山口りえさん

お友達とのランチの日のコーディネート。Dolce&Gabbanaの白シャツにseven dotのパンツを合わせました。
シャツ/Dolce&Gabbana パンツ/seven dot 靴/FABIO RUSCONI バッグ/Louis Vuitton

 
②秋冬のコーデに欠かせない「ニット」

華組 成田千恵さん

わたしの冬の定番、大好きな全身真っ白コーデです。サイドスリットで短めの丈が可愛い
「CARVEN/カルヴェン」のニット。レイヤードしているのは、「GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND/ゴールデン グース デラックス 」のお気に入りのブラウス。襟の繊細な作りがとても綺麗なんです。わたしはあえてこんな風にカジュアルに着ます。
足元は、スニーカーではなくGUCCIのローファーにして綺麗目カジュアルに仕上げています。ワントーンコーデにする時は色々な素材感を重ねるのが好きなので、Drawerのコートはシャギー素材でこの素材感が重宝しています。
ニット/CARVEN(カルヴェン) ブラウス/GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND パンツ/IENA コート/Drawer 靴/GUCCI バッグ/PELLICO

華組 横山希世さん

白いショート丈のカーディガンに黒のスカートとストールを合わせました。足元はショートブーツかロングブーツで悩みましたが最終的にはロングを合わせました。
トップス/tomorrowland スカート/margarethowell ブーツ/sartore バッグ/Tod's ストール/Hermès

華組 伊藤美帆さん

去年から愛用しているブラックのコートで、モノトーンコーデ。
素材の違うホワイトのレイヤードスタイルと合わせてみました。ニットはGALLRDAGALANTE のものです。
ニット/GALLRDAGALANTE パンツ/GALLRDAGALANTE コート/EPOCA

華組 成田千恵さん

コーデに迷ったそんな日に、柔らかな雰囲気のニットセットアップが便利。セットアップは単品でも着回しが出来たり、何よりも大人のきちんと感が一瞬にして叶います。
セットアップ/ ur's (ユアーズ) バッグ/DEMELLIER (デメリエル・ ロンドン) ブーツ/海外で購入

華組 宮原 江里子さん

前後差のあるブラウンのボリュームニット。タイトなニットスカートと合わせてスッキリ細見え。
ADAWASのミドルゲージニット。両サイドにスリットが深めに入り、後ろが長いデザインが気に入っています
ニット/ADAWAS シャツ/ZARA スカート/coca ブーツ/ZARA バッグ/FENDI ピアス/Handmade

華組 成田千恵さん

冬は流行に関係なく、毎年白コーデが大好きです。 休日にはこんなリラックス白スタイルで。ニットは昨年ご紹介したPLSTのコスパ大のニット。した肉厚なウールタートルニットで、カラーも豊富でデザインもまさに旬の形が揃っています。
トップス/PLST パンツ/JAMAIS VU (ジャメヴ) ストール/ MOON バッグ/PELLICO(ペリーコ) 靴/GUCCI

華組 一色華菜子さん

秋散策は、すっきりVネック&マキシスカートで。昨冬終わりに買い、なかなか着る機会が無かったバナナリパブリックのウォッシャブル メリノウール100% Vネックセーター。
ダークなグリーンと首縁、袖元に控えめに入っている立体ラインが気に入っています。
ニット/BANANA REPUBLIC スカート/ne Quittez pas 靴/6(ROKU)BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS バッグ/handmade

華組 鈴木たま江さん

この日はホテルなのでキレイめに、そしてガンガン運転するのでシワにならず着心地の良さを重視したハイゲージ素材のケープスタイルニットにワイドパンツを合わせたコーデ♪前後どちらでも着れるケープ型ニットは、袖口が大きく開いていてドレープの様に見栄えするので頼れる一枚です。
ニット/ SOEJU (ソージュ) パンツ/Apuagirl バッグ/Hermes ブーツ/ZARA

華組 木原みどりさん

この秋冬の私の本命ニットはATONで発見!!グレーともラベンダーとも言える絶妙のくすみカラーで、今の私の気分にピッタリの1着!
ニット/ATON カットソー/ATON パンツ/ESTNATION 靴/MANOLO BLAHNIK バッグ/HERMES

華組 近藤和子さん

ラメと言うと、エレガントなイメージですが、私はカジュアルに着てしまいます。このラメニットカーディガンは、COOMB (クーム)のもの。ラメのキラキラが入ると、単調になりがちなモノトーンコーデにスパイスが加わって、新鮮です。キラキラ好き世代のアラフィー世代にオススメです。
カーディガン/COOMB Tシャツ/プチバトー パンツ/ドゥーズィエムクラス 靴/Odette e Odile バッグ/グローブトロッター

華組 一色華菜子さん

端境期はロングカーディガンをアウター代わりに。プチプラなのにこんなに手触り良くたっぷり丈で、大満足なカーディガン。プチプラブランドのCOCAのものです。ロングカーディガンの下は
ワンピース+ロングブーツのワンツーコーデでした。
ワンピース/TOMORROWLAND カーディガン/COCA バッグ/MARCO MAGI ブーツ/made in Italy (10年以上前にセレクトショップで購入)

華組 成田千恵さん

こんなちょっと顔が埋もれてしまいそうなタートルネックは、一枚着るだけで、旬な着こなしが楽しめます。リラックス感ある、ゆったりしたオーバーニットなので、ワンマイルカジュアルにもピッタリ。プチプラながら、程よい厚みでウール混なので、機能面でもなかなか優秀です。大好きなフリンジバッグにフリンジブーツを合わせてスタイリングのアクセントにしてみました。
ニット/ユアーズ パンツ/ユニクロ バッグ/ウィム ガゼット ブーツ/スチュワート・ワイツマン

華組 沢辺史さん

お洒落女子とのランチ、なにを着たらいいか迷った日のコーデです。まずはパンツから。一見普通ですがウエストのリボンを解くとパレオになっていて、歩くとチラッと脚が見えるパレオスタイルパンツ。デザインと揺れ感が気に入ってZARAで購入。暑がりな私には脱ぎ着しやすいSLOANEのアンサンブルが大活躍!シンプルで定番ですが、合わせやすさと機能性抜群、質感も良いので大事にしたいアイテムです。
トップス/SLOANE パンツ/ZARA バッグ/VASIC Bond mini 靴/ur’s

華組 木原みどりさん

最近くすみカラーが気になっています。 ユニクロで私が欲しかったくすみカラーのニットを見つけました。いつもユニクロで購入するニットはLサイズが多いのですが、こちらの商品はMサイズでピッタリ!秋らしいニュアンスの色味なので、夏から秋へうまくバトンを渡してくれます。
ニット/ユニクロ パンツ/COL PIERROT FOR ESTNATION 靴/Chatelles バッグ/HERMES

華組 伊藤美帆さん

毎日の気温の変化が大きくて、着る物に迷うこの季節、この日は七分袖のトップスで行ってきました。このトップス、まるで前だけインしたかのように、裾が後ろにむかって長くなっているので、動いてもスタイリングが崩れない便利アイテムです。
トップス/ANAYI スカート/Plage スニーカー/コンバース ピアス/DECOLLTE

 
③フェミニンな美シルエット「ワンピース」

華組 大垣佳世さん

この日のフェミニン服は、NANUSHKAのプリントしわ加工シフォンワンピース。ゆとりのあるふんわりワンピースなので、黒ベルトをアクセントに。
ワンピース/NANUSHKA コート/MaxMara バッグ/TOD'S 靴/kanematsu

華組 一色華菜子さん

ストンとした極々シンプルな黒いワンピース。初めてトライしたターバンと、多色ファーbagで遊んでみました。
モードな黒ワンピースは、セレクトショップ「HOTEL VIVA la HOLIDAY」のもの。サテン生地なのでとても軽く、余計な装飾のないシンプルなマットデザインなので、キャンバスの様に小物づかいで色々遊べます。モノトーンコーデにしたくて、この時はスカーフをターバン代わりにしました。
ワンピース/HOTEL VIVA la HOLIDAY バッグ/NEMIKA 靴/MARGALET HOWELL 時計/Cartier

華組 山口りえさん

一目惚れしてポチったsawa a lamodeのチュールワンピースは、スカートの刺繍が、月星とペガサスがゴールドとシルバーでされていて、フェミニンさに引かれました。
ワンピース/dress・sawa a lamode ブローチ/YSL ブーツ/Bottega Veneta バッグ/hermes

華組 内藤有耶さん

黒のタートルニットワンピースを柔らかく着こなすために、ライトベージュのショートダウン合わせ、より柔らかさと明るさをプラスしてみました。
ワンピース/SLOBE IENA ダウンコート/不明 ショートブーツ/BASEMENT online

華組 成田千恵さん

CASA FLINEのカーディガン&ニットワンピースは着心地もよく、 ONにもOFFにも使えてとても便利です。カーディガンと重ね着しても袖部分がもたつかないノースリーブワンピースとセットアップになっています。
ワンピースのスカート部分のアシンメトリーなデザインが女性らしくまた、モード感もあって、着るだけでお洒落に決まります。
コート/Soffitto カーディガン&ワンピース/CASA FLINE(カーサフライン) バッグ/CELINE ブーツ/SCHUTZ(シュッツ)

華組 一色華菜子さん

クリスマスも近いので赤色を。やっと着れたクラシック柄の赤いワンピース。しなやかなジョーゼット素材とランダムな裾。ゆらゆら軽く、とっても気に入っているラインです。
クラシカルな柄と赤なのにワインレッドとの落ち着いた色味に一目惚れしました。こちらの柄、フランス「ミュルーズ染色美術館」収蔵のアーカイブ柄から図案や配色にアレンジを加えた限定プリント。
ワンピース/MEDE19F コート/allureville ブーツ/import バッグ/handmade

華組 成田千恵さん

着るだけでお洒落な「Day and grade」のシャツINニットワンピース。今年はシャツやブラウスと重ね着したレイヤードスタイルが流行っていますが、実際に重ねるとサイズ感を合わせるのは難しいうえ、モコモコして着心地も今一つですよね?
なんとこちらのシャツINニットワンピースは可愛いふんわりお袖の白シャツとニットワンピースが最初からドッキングしている優れものなんです。バサっと被れば、「ジャ、ジャーン‼︎」可愛く決まります。
ワンピース/Day and grade コート/ZARA

華組 山口りえさん

優しい印象のベージュのオールインワンにジャケットを合わせました。
ジャケット/seven dot オールインワン/seven dot 靴/DOLCE&GABBANA バッグ/ninarich

華組 一色華菜子さん

この秋手にしたpapillonnerの花柄ワンピース。花柄だけど、落ち着いた色味なので照れずに着られます。グレージュ&ホワイトの色味が落ち着いていて、離れると無地見えするくらいの、穏やかなフラワープリントです。
ワンピース/papillonner カーディガン/COCA バッグ/dragon ブーツ/made in Japan(セレクトショップで20年以上前に購入)

華組 宮原 江里子さん

今秋の新作ZARAワンピース。シックな黒ペイズリー柄を選んでみました。着痩せ効果抜群なワンピース。共布のウエストリボンが付いてましたが、手持ちの黒ベルトに変更して、更に着痩せ効果UP
ワンピース/ZARA ブーツ/GU バッグ/import 腕時計/HERMES 指輪/TOD'S ネックレス/Ponte Vecchio

華組 一色華菜子さん

美術館へはクラシカルな服を着て行きたくなります。ZARAで買ったドット柄のワンピース。ドットの大きさや、裾の揺れ感と丈が今っぽく、これまで持っていた古い水玉ワンピースから更新しました。身長161㎝の私、ネットで最初XSで注文したのですがスカートの丈が微妙に気に入らず、店舗でSを試着して、Sに交換してもらいました。やっぱり試着は大事ですね!
ワンピース/ZARA 靴/repetto バッグ/J&M DAVIDSON 腕時計/Cartier

 
④簡単おしゃれ見え「マキシスカート」

華組 鈴木たま江さん

最近お買い物をしていないので手持ちのチュールスカートを2枚重ねています。シンプルな黒コーデもワンポイントになるアクセサリーのおかげで格上げです。
トップス/martinique(マルティニーク) スカート/martinique&プチプラショップ コート/SOEJU(ソージュ) ネックレス/カズハンブラ ブレスレット/Maris ブーツ/ZARA バッグ/HERMES

華組 一色華菜子さん

プリーツはプリーツでも、細かいプリーツなので、こっくりしたスカートを重たく見せず軽やかに仕上げてくれます。今年はグレー×モカ色の渋色チェックを選びました。トップスにレースのタートルを合わせチェックだけどクラシカルなコーデに。
ニット/ frenchpave  スカート/frenchpave コート/allureville バッグ/TOFF&LOADSTONE ブーツ/import

華組 近藤和子さん

この日のホワイトコーデは、ウィムガゼットのブラウスに、コスのニットスカート。
トップス/ウィムガゼット スカート/コス

華組 鈴木たま江さん

フサフサ糸がポイントな白ロングスカート。そして驚くことなかれ、四半世紀も愛用しているカシミアニット。
ジャケット/upper heights トップス/import スカート/martinique ブーツ/zara バッグ/Chanel

華組 宮原 江里子さん

黒のチュールスカートが大活躍してくれています。数年前に購入したSACRAのチュールスカート。太って見えるボリューム感が気になり、お蔵入りしかけていたのですが、長めのトップスにすればカバーできる事、どんなトップスに合わせても華やかにしてくれる事に遅ればせながら気が付き、今年は大活躍しています。
トップス/LOVELESS スカート/SACRA バッグ/GU ブーツ/TOD'S
トップス/Adonisis スカート/SACRA

華組 木原みどりさん

若かりし頃は断然パンツ派だった私ですが、歳を重ねていくにつれ、スカート率がグンと上がりました。マキシスカートはエレガントにもカジュアルにも着られて活用の幅が広がります。そしてなにより、スカートを着るだけで簡単に女らしさがアップ!
ファーベスト/YVES SALOMON トップス/UNIQLO スカート/ESTNATION バッグ/HERMES 靴/JIL SANDER
こちらはスニーカー合わせでカジュアルコーデ。
コート/ENFOLD スカート/ESTNATION ストール/ASAUCE MELER バッグ/HERMES 靴/Golden Goose
ニット/ATON インナー/ATON スカート/ESTNATION

華組 近藤和子さん

この日のコーディネートは、落ち着くネイビーワントーン。袖のスリットが気に入って購入したニットはSLOBE IENA、チュールスカートはプチプラのCOCA。エルメスのバングルやバッグで格上げしました。
ニット/SLOBE IENA スカート/COCA バッグ/エルメス バングル/エルメス

華組 佐藤綾子さん

今年購入したIENAのレーススカートに、カウチンを羽織って♪裾に向かって少しずつ広がるスカート。大きめのレース柄もくすみグリーンで落ち着いた印象です。カウチンは袖が着物のように広がるシルエットで大人の雰囲気になるようまとめてみました。
カウチン/edit & co. シャツ/Ralph Lauren スカート/IENA ブーツ/SARTORE

華組 伊藤美帆さん

こちらのパーカーとサテンスカートはエルーラというブランドです。大人気のリュクスパーカーは、艶とぽわっとした張りがなんとも大人可愛いとても優秀なパーカーです。クラッチバックをプラスすると、カジュアルなパーカーコーデも、ちょっと大人の余裕。
パーカー/エルーラ スカート/エルーラ バック/ZARA ブーツ/セルジオロッシ

華組 近藤和子さん

大人パーカーとサテンスカートでワンツーコーデ。このグレージュのパーカー、ネイビーのサテンスカートは、素敵だなぁとずっと気になっていた、Elura (エルーラ)のもの。パーカーは、ハリのあるつややかな生地と、ほどよいゆったり感でヌケ感がバッチリ。決して部屋着にならない大人のためのパーカーで、超お気に入りです。サテンスカートはずっと履いてみたいと思っていてこの秋、初体験。サラサラとしていて着ていて心地よく、しかも後ろ下がりでおしゃれです。
パーカー/Elura  スカート/Elura  バッグ/エルメス

華組 横山希世さん

ゆったりコットンニットに薄手マキシスカートを合わせました。半袖のトップスもカーキなどにすると秋らしい雰囲気になりますね。季節の変わり目は毎年着る物に悩みますが季節感や気温を考えながら、早めのシフトチェンジを心がけています。
スカート/アッパーハイツ

華組 豊田真由美さん

プチプラなプリーツスカートです。この秋冬もプリーツスカートの人気は健在。エコレザースカートは、パーカーとスニーカーに合わせて、スポーツミックスコーデに。
トップス/GU スカート/SENSE OF PLACE スニーカー/ New Balance バッグ/STATE OF ESCAPE
光沢感のあるプリーツは秋らしくブラウン系にまとめて。
トップス/ PLST スカート/GU 靴/CARRANO バッグ/YSL

華組 有村一美さん

この季節に使い勝手抜群&プチプラには見えない長さとカラーバリエーション。これは買いです!GUの「フェイクレザーフレアミディスカート」。買ったのはダークブラウンとベージュですが、ブラックとパープルもあり。
トップス/uniqlo(men's) スカート/gu 靴/gu バッグ/bottegaveneta アクセサリー/hermes
こちらはダークブラウンのスカートコーデ。ベージュのシルクブラウスを合わせただけの楽チンコーデですが、スカートの質感が違うだけでちょっとこなれて見える感あり。このスカートはレオパード柄のパンプスや小物と好相性なので色々楽しめそうです。
トップス/ユニクロ スカート/gu 靴/gu アクセサリー/hermes

 
⑤スタイルアップを叶える「優秀パンツ」

華組 木原みどりさん

エコファーのバッグにエストネーションのパンツを合わせて。
トップス/REYC パンツ/ESTNATION ブーツ/Gianvito Rossi バッグ/CLOUDY

華組 鈴木たま江さん

シンプルコーデが好きなのでパンツは一枚で見栄えするウェストにポイントのあるものがお気に入りです。シンプルなシャツ&パンツコーデだけどウェストのおかげで見栄えしてます。
シャツ/ AK +1 パンツ/3.1 PHILLIP LIM(フィリップ・リム) 靴/Pellico バッグ/FENDI
袖コンシャスな黒ブラウスに合わせたコーデ
シャツ/No brand パンツ/3.1 PHILLIP LIM(フィリップ・リム) 靴/Jimmy choo バッグ/moontreeplanet
同じパンツに同色のニットを合わせて。お地味になりがちな定番コーデですがウェスト部分が折り返しになっているのでシンプルなのに技ありコーデ完結。
ニット/GEMINI (Whim Gazette で購入) パンツ/3.1 PHILLIP LIM(フィリップ・リム) 靴/Pellico バッグ/HERMES

華組 朝生育代さん

この秋、グレーのデニムを更新。ブラックに近いグレーで股上深めのデザインと程よいフレアでスタイルアップ効果も抜群!ストレッチも効いていて履き心地も良いので、ついつい履いてしまう。このギャラリーヴィーのニットも着心地の良さ、ネック、丈感が気に入りすぎて、毎年1枚ずつ買い足しています。
ニット/ギャラリーヴィー デニム/ 帽子/Maison Michel 靴/Walter Steiger

華組 豊田真由美さん

気になるお腹周りをスッキリみせてくれる、タックパンツのご紹介。ソージュさんのサロンで出会ったミントカラーのパンツ。ミントの華やかさはもちろん、気になるところをカバーしてくれる優秀パンツ。斜めからタックが入っていて、お腹周りがすっきり。しかも足元に向かって細くなっているので、足のラインをとても綺麗に見せてくれます。
トップス/STYLE DELI パンツ/SOEJU 靴/ENZO ANGIOLINI バッグ/HERMES

 
⑥おしゃれに差がつく「ジャケット」

華組 成田千恵さん

お気に入りのDrawer(ドゥロワー)のジャケットをメインにコーデしています。
ブラウス、シャツ好きのわたしですが、このブラウスはわたしのクローゼットの中でもかなりのお気に入り。THE IRONのものです。前も後ろもパーフェクトデザインです‼︎パンツはもう何回も登場してきたなくてはならないCOSの名品パンツ。
ジャケット/Drawer ブラウス/THE IRON パンツ/COS バッグ/シャネル
もしも永遠に変わらないスタイルがあるとしたら、トラッドスタイルかもしれません。インスタでご好評いただトラッドスタイルでランチへ。
コート/ Deuxieme Classe トップス/And A パンツ/H&M バッグ/TSURU by Mariko Oikawa 靴/PIPPICHIC(ピッピシック)
冬は白コーデが大好きなわたしですが、今年は特にトップグレー×白コーデにハマっています。
このトップグレーの上下は、実はセットアップではありません。JOHN LAWRENCE SULLIVANのトップスに一目惚れして購入したものの、どうしても上下セットアップにしたくて、限りなく近いボトムスを散々探して、ようやくTOMORROWLANDで見つけたパンツとの溺愛セット。
ジャケット/ENFOLD トップス/JOHN LAWRENCE SULLIVAN パンツ/TOMORROWLAND タートルニット/COS スニーカー/NIKE Air Max 95 バッグ/Maison Margiela
今シーズンはジャケットを取り入れてみたくて探していたのですが、パワーショルダーやビッグシルエットはアラフィーのわたしには厳しい。また、茶系のチェック系が多く、どうもわたしには着こなせそうになく、躊躇していました。ところが、先週ZARAに足を運ぶと…わたしの理想にぴったりなジャケットがありました!
ジャケット/ZARA トップス/martinique (マルティニーク) パンツ/d'un a dix (アナディス) 靴/PIPPICHIC(ピッピシック) バッグ/HERMES
ちょっとゴツメなブーツたちは、ダッドスニーカーの代わりに是非取り入れてみてはいかがでしょうか? こういったショートブーツをパンツに合わせる時、一番困るのはパンツの丈とのバランスです。着用しているのは何年も愛用しているZARAの裾ゴム入りパンツで、この裾ゴム、ポケットのディテール、素材感、全てが理想的で、お直しに出して完全に自分の体型に合わせたほど気に入っています。
ジャケット/ZARA トップス/AURALEE(オーラリー) パンツ/ZARA バッグ/REBECCA MINKOFF サングラス/VIKTOR&ROLF(ヴィクター&ロルフ)
ロングスカートを合わせてみました。 ヒールもなく歩きやすいうえ、足にボリュームが出るので、脚長効果も絶大で、スニーカーよりもちょっとキレイ目に仕上がるので、意外と取り入れやすく、一気に旬なスタイルになる気がします。
ジャケット/ZARA トップス/ AURALEE(オーラリー) スカート/IENA バッグ/Maison Margiela (メゾン マルジェラ) サングラス/CELINE

華組 横山希世さん

秋一番のお気に入りのジャケットです。カシミア混ウール×レザーのtheoryの黒ジャケットです。デニムにも合うのでオンオフどちらでも使えそうです。
スカートもtheoryの物。フレアが綺麗です。最近は黒のコーディネートが好みです。
ジャケット/theory スカート/theory 靴/トッズ
Dr.Martinのブラックステッチはすっきりと大人の雰囲気です。数年前頃からまた若い世代を中心に人気再燃したDr.Martin。ジャケットとパンツでハンサムコーデ。
ジャケット/theory ブーツ/Dr.Martin

華組 木原みどりさん

この秋に活躍してくれる私のワンツーコーデ。秋物を探しにエストネーションにパトロールに出かけた際に、一目惚れしたジャケットとパンツ。セットアップではもちろん、上下別でもとにかく使い回しが効く万能なスーツです。
ジャケット/COL PIERROT FOR ESTNATION パンツ/COL PIERROT FOR ESTNATION トップス/ESTNATION バッグ/HERMES 靴/Chatelles

 
⑦コーデの主役「コート」

華組 鈴木たま江さん

華やかスカートやワイドパンツに合わせたお気に入りのライダースコーデ。さっと羽織ってスッキリ着られるライダースは日頃から愛用してるアイテムの一つ。ハードになりがちなライダースですがコーディネイトによって甘さを抑えてくれるので甘辛ミックス好きにはたまりません。
ライダース/upper heights

華組 木原みどりさん

ハードなライダースジャケットにスカートを合わせる甘辛コーデが大好きです。
ジャケット/CELINE トップス/ZARA スカート/BAUME バッグ/BALENCIAGA ブーツ/GIANVITO ROSSI

華組 成田千恵さん

いつも大好きな白コーデや、今年ハマっているTOPグレーに合わせやすいグレーのコートを選びました。ほぼわたしの理想を叶えていたのが、こちららのebureのコートでした。
コート/ebure ニット/ZARA シャツ/COS パンツ/ZARA バッグ/CELINE 靴/MANOLO BLAHNIK

華組 木原みどりさん

爽やかなブルーのコートを羽織って、大好きな華組の方々とのランチ会に出かけてきました!
コート/SOEJU ニット/ATON インナー/ATON パンツ/MADISONBLUE shoes:JILSANDER バッグ/CLOUDY

華組 朝生育代さん

肌寒くなってきたので、お気に入りの「カールドノヒュー」のグレーのムートンジレ。数年前に気に入って購入して以来、秋にはブラウスやシャツと、冬はセーターにと毎年大活躍しています。
ジレ/カールドノヒュー シャツ/bagutta パンツ/darwer スニーカー/novesta バッグ/goyard

華組 一色華菜子さん

モッズコートなのに、エレガントにも着回せる。先月一目惚れして買ったカーキのアウター、スカートにもパンツにもヘビロテ中です!
ボーダーにゆったりデニムにバレエシューズです。
コート/JOURNAL STANDARD relume

華組 近藤和子さん

SOÉJU(ソージュ)というブランドのワイドパンツにコクーンブラウスをセットアップのように合わせ、コートワンピースを重ねて少しだけキレイめにコーディネートしました。ソージュの服は、着心地が良く、シンプルなので着回し抜群でお気に入りです。
ハリと光沢があって形がとてもキレイなコートワンピースはウエストを絞るとふんわりとして雰囲気が出ます。
トップス/SOÉJU パンツ/SOÉJU コートワンピース/SOÉJU
正統派のトレンチコートも素敵ですが、もっと気楽に着られて、カジュアルにも綺麗めにも合うトレンチコートをずっと探していて、やっと出会えました。
トレンチコート/Lavish Gate
とても軽くてカーディガン感覚で着られるゆったりシルエットのコートは冬を待たずにもう着ています。暖かくて軽いこのウールのコートは、先日のオーバーサイズのトレンチコートと同じ、Lavish Gate のもの。
コート/Lavish Gate トップス/ヘインズ デニム/healthy denim 靴/バナナリパブリック バッグ/マルコマージ
▼その他のおすすめ記事もチェック
おしゃれな人は今、何を着ているの?どんな着こなしをしているの?コーデの達人、アラフィー華組ブロガーの着回しテクを一挙公開!着こなしだけではなく、アイテム選び、おしゃれの楽しみ方も参考にして。
ZARAのプチプラアイテムを素敵に着こなすアラフィーおしゃれ読者モデル華組の「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!ワンピースコーデやパンツ、スカートコーデ、スニーカーコーデなど。アイテム選びから着回しテクまで、おしゃれなトータルコーディネートをぜひ参考にして。

華組 沢辺史さん

ユニクロ・GUのプチプラアイテムを素敵に着こなすアラフィーおしゃれ読者モデル華組の「プチプラ高見えコーデ」を一挙、大公開!ワンピースコーデやパンツ、スカートコーデ、デニムコーデなど。アイテム選びから着回しテクまで、おしゃれなトータルコーディネートをぜひ参考にして。
関連記事
  • 大人な香り、トレンドNEWSおうち時間が増えて、自分の好きな香りに包まれる幸せや、香りのさまざまな楽しみ方を知った人も多いはず。いわゆるザ・香水だけでなく、TPOに合わせて生活の中で試したい香り全般の、今、はやっているもの全調査!気分やTPOで香りをカスタマイズするのが今どきマスクの中も天然アロマで深呼吸したくなる環境に天然アロマのすっきりとしたミストでマスクをリフレッシュ。つけはずしのたびに気になるマスクのにおいを爽やかな香りで満たして清潔に保つ。マスク必須の今、ポーチインしておきたいマストハブアイテム。マスクスプレー(右から)ブリーズイージー・リフレッシュ・リラックス25㎖各¥1350/パーフェクトポーション『ラデュレ』の果実みたいにおいしそうな香りをお好みでみずみずしいコロンは軽やかな香り立ちだから全身にたっぷりまとって。色とりどりのボトルもラブリーでアガります。オー デ コロン(右から)リラックス感のあるフレッシュフローラル。「オレンジフラワー & ピーチ」・すっきり爽快なシトラスノート。「レモン&ミント」・一番人気はアップルパイを思わせるこの香り。「アップル & バニラ」・ぬくもりあるスパイシーな香り。「ルバーブ & シナモン」・甘酸っぱいチェリーに香ばしさを添えて。「チェリー & アーモンド」150㎖各¥6000/ レ・メルヴェイユーズ ラデュレシャンプーとトリートメント、同じ香りでなくていいんです!洋服のトップスとボトムを合わせるように、香りや仕上がりで自由に組み合わせて、自分にぴったりのヘアケアをつくれるユニークなブランド。現在、シャンプー全3種、トリートメント全3種をラインナップ。写真右の濃密な泡で汚れとともに髪のごわつきをオフするシャンプーはボタニカルフルーツの香り。乾かした後もしっとりまとまるトリートメントはスズランやフリージアの清潔感あふれる花の香り。(右)and and 自由に シャンプー480㎖・(左)跳びまわる トリートメント480㎖(2点ともオープン価格)/花王ハンドクリームは日替わりで香りを楽しみたい続々登場しているハンドクリームは香り違いでそろえて、その日の気分で使い分けたい。❶ゼラニウム&カモミールの優しい香り。ビーバランスド ハンドセラム・❷ライム&マンダリンのはつらつとした香り。ビー ポジティブ ハンドセラム・❸ローズマリー&ユーカリプタスのすっきりした香り。ビー リフレッシュド ハンドセラム50㎖各¥1800/アウェイク ❹〜❻アスレティア アロマラッピング ハンドクリーム ❹ネロリ&ジャスミンの穏やかな香り。03・❺セダーウッドとゼラニウムの落ち着きある香り。02・❻ローズとセダーウッドの奏でるエレガントな香り。01 30g各¥3000/アスレティア無香料の柔軟剤に〈気分×好み〉の香りを合わせてタオルやランジェリー、今ならマスクを洗う時にも。安らぎやときめきをもたらす香りを、日常身につける衣類にほんのり香りづけする柔軟剤。無香料の柔軟剤になりたい気分で選ぶベースの香り4種類に、好みで重ねる6種類を自由に組み合わせ全24通りの香りが楽しめる。Fuuai 無香料柔軟剤400㎖・香料2種各4㎖・巾着(セット価格)¥3000/アミューズ ボーテ 大丸京都店  ♡最新号の試し読み・電子版の購入はこちら♡ 撮影/恩田はるみ イラスト/田中麻里子 取材・原文/平 輝乃 構成・企画/芹澤美希(MORE) ※掲載商品については変更等の可能性があります。メーカーHP等で最新情報をご確認ください。
  • 毎シーズン楽しみにしているコレクションがありまして、それはユニクロの「ユニクロ ユー」です。嘘でもなんでもなくWEBでチェックしては鼻息荒くゲットしているのですが、今回特別に1月22日に発売するコレクションを見せていただく機会に恵まれ、いつもチェックしているいちファンとして、春夏の個人的「ベスト10」について、僭越ながら書かせていただければと思っています!毎シーズン買い足している最愛アイテムについて語らせてください!まず何をおしてもお伝えしなくてはならないのは、みなさんご存知かもしれませんが「ユニクロ ユー本当にTシャツがいいんです、しかもメンズ!」ということ。縦も横も大きい体型ですのでもともとさまざまなブランドのメンズを愛用しているのですが、Tシャツってやっぱり着てみると違和感があったりするものも多くて。そのなかでユニクロ ユーのTシャツは「これいい!」となり、ほぼ毎シーズンワードローブに追加しています。新作のこちらのTシャツ、ほどよいボックスシルエット、首元のリブのデザイン(実はウィメンズとちょっと違うのです。個人的にはちょっと分厚くて幅の広いメンズの方が好きです)、肉厚の生地、そして気の利いたカラーリング。サイドに施されたさりげないスリットにもぐっときております! 華奢なタイプの方がオーバーサイズで着るのもかわいいなと思います。で……こちらのポケT、ぶっちゃけ1500円(+税)でございます。私、かなり前のシーズンのものも今でも愛用しておりまして。品質の良さはお墨付きでございます! オーバーサイズクルーネックTを見る(外部サイト)みなさーん、ついにユニクロ ユーにキッズ登場しますよ!子供はおりますが、いわゆるキラキラした「親子リンクコーデ」というものには照れが生じてしまってモジモジしちゃうわ……というタイプです。でもこういうスモーキーカラーならいけるかも! と今回新作を拝見して新しい可能性を見出しました。ニュースとしては、ユニクロ ユー、今シーズンから初めてキッズのアイテムが出ます! ちょっとスモーキーなカラーのTシャツとか、ママのワンピースとお揃いのキッズのワンピースとか。とても正直なことを言えば息子は今恐竜柄のアイテムに夢中ですので着てくれるかは交渉により……(笑)なのですが、パパのTシャツとボーダーのピッチが微妙に違うキッズTシャツ、かわいいなあと思っています。ちなみにママのワンピース、なんと素材がエアリズム! 春夏、ほぼ毎日ワンピースを着て暮らしているのですが、このスモーキーカラーで機能性もいいなんて!とさっそくウィッシュリストに加えました。メンズTシャツ¥1,990(+税)、ワンピース¥1,990(+税)、キッズT¥990(+税)です。 エアリズムコットンクルーネックワンピースを見る(外部サイト)全員が試着して「これいい!」となった神アイテム今回ショールームに同僚とお邪魔しまして、最初に大盛り上がりしたのがこちらのコート。「えっめっちゃ可愛くない??」とかわりばんこに試着しまくりました。ちょっとだけ光沢のあるギャバジン生地のシンプルなコートなのですが、シルエットが絶妙。今年っぽさを感じるオーバーサイズで、サンプルはMサイズでも(着用してくれた同僚は165センチ、細身体型です)わりとゆったりした印象です。フロントを開けてリラックスしたムードで着てもよさそうですし、実は一つだけ前身頃に隠しボタンがついていて、それを留めればクリーンな印象(2枚目)で着ることも可能。ベルトもついているのできゅっとウエストマークするとまた違ったイメージで着られそう。オーバーサイズではありますが、「もしかしたらワンサイズ上げてもっとルーズな感じで着てもいいかもね」という話になりました。¥14,900(+税)。 トレンチコートを見る(外部サイト)今の気分を示すデニムはセットアップで着たいとっても個人的な話で恐縮なのですが、ここ数年「いい感じのチャイナ風ジャケット」というものをずっと探し求めていました。古着の刺しゅうが入っているコテコテのやつも探しましたし、もっとシンプルなチャイナボタンのものも。なんですかね……残念ながら何回トライしても似合わないんでございますよ。今回、これはたぶんチャイナジャケットではなくてワークウェアの文脈だろうなと思いつつ、オタクワードで言うと「キタコレ」って感じでした。ハードなメタルのボタンとさりげない薄手のデニム(でも襟はチャイナっぽい!)。都市でも着られる、絶妙なオリエンタル感が素敵……と興奮しました。PRの人に勧められてセットアップのスタイリングにしてみたのですが、どちらも生地がしなやか。デニムに関する長年の研究と情熱が詰まっているセットアップです。ジャケット¥3,990(+税)、パンツ¥3,990(+税)です。デニムパンツはワイドシルエットですが、薄手の生地で軽やかなボリューム。春夏シーズンにピッタリですね。ウエスト周りのクラシックなボタンのディテールにもぐっときました。 ライトウェイトデニムカバーオールを見る(外部サイト) ワイドフィットジーンズを見る(外部サイト)ユニクロ ユーメンズ激愛派によるおすすめアイテム個人的にユニクロ ユーは堅牢なつくりのメンズを推しているのですが、縦横大きい女性(私です)でも華奢な女性でも楽しめるアイテムを見つけました(あ、もちろんメンズの方も楽しめると思います!)。スウェット素材のカーディガンです。ベーシックなボックスシルエットで、大きめのボタンがポイントになっています。あとシンプルにあったかい。女性はちょっと肩を抜いて着たりしてもまたフォルムが変わって、可愛い感じになるかと! 同僚にいろいろ着てもらったとき、普通に着るのと襟を落として着るのとで印象がだいぶ変わって「おおう!」となりました。ちなみにメンズらしく、左側に内ポケットがついているというのもぐっときました。¥3,990(+税)です。 スウェットカーディガンを見る(外部サイト)シルエットの美しさは格別。女子もはける人ははいてほしい実はこれ、メンズの商品なのでどうしても体型に合わない人もいるかしらとは思っているのですが、とてもシルエットが素敵で紹介したくなりました。来たれ、いけそうな女子! それかどなたか殿方におすすめしてほしい!(笑)とてもスタンダードなカーキの厚手コットンのワークパンツです。ちょっとだけテーパードのフォルムで、ポイントはかなりがっちり入ったセンタープレスです。フロントはかなりかための印象なのに、バックはわりとラフなパッチポケットというギャップがいいなあと思っています。前と後ろで違うイメージって萌えます……ちなみにほかの色もありますよ!!!¥3990(+税)。 レギュラーフィットワークパンツを見る(外部サイト)2021年の「白パン」って、きっとこういうものだと思うパンツって、企業やデザイナーの努力と研究とセンスがとても表れるアイテムだなと思っています。なんとなくずっとホワイトパンツに苦手意識があったのですけど、これに関しては本当に久しぶりにはきたいな!という気持ちになりました。ふんわりしたシルエットに、同色のベルト。裾は少しだけ短くて抜け感を出しつつ、ゴムできゅっと絞られています。旅行に行けない日々が続きますが、これを履いて夕方の異国のビーチを歩きたい! という妄想がわいてまいりました。¥3,990(+税)。 コットンツイルベルテッドパンツを見る(外部サイト)人気のデニム、ちょっと太めになりました「デニムがミントグリーンだと???」 毎シーズンデニムの新作を出してくるユニクロ ユーなんですが、新色に度肝を抜かれました。私、ミントグリーンのデニムなんかはいたことない……でも、実際に見てみるとホワイトともライトブルーとも違う、絶妙なカラーリング。トップスとのスタイリングも楽しめそうです。今シーズンの新作はメンズライクなムードのハイライズのストレートシルエット。今までよりも太めな印象です。¥3,990(+税)。 レギュラーフィットハイライズストレートジーンズを見る(外部サイト)「茶色のスポサン」、今年のアウトドアのお供になりそう我が家はへなちょこではありますがキャンプ好き一家でございます。行くにあたり、「わあこれ欲しいわよ」というアイテムにこちらのサンダル、追加されました! とても感動したのがあのですね、スポサンって茶色全然ないんですよ! とてもシンプルなテープサンダル、で、ブラウン。¥3,990(+税)。ソックスとのスタイリングをものすごく楽しめそうです。あと、試し履きしてみますと驚いたのはインソールがめちゃくちゃ快適です。すごい!!!って同僚と興奮してしまいました。 2021年、どういう状況になっていくかわからないのですが、これを履いて楽しくアウトドアに行きたい!!という気持ちです。 テープサンダルを見る(外部サイト)最高の「着やせ服」が来ましたレーヨンで、ポロで、チュニック。おお、意外な組み合わせで来たなというのが正直な感想です。オーバーサイズ、あとユニクロ ユーならではの絶妙な「ミントカラー」が素敵だなあと思っています。縦横大きめのため服のサイズ感は常に気にしてるのですが、こちらの服は華奢な人でもそうでなくても絶妙な落ち感で女性の身体を素敵に見せてくれる一枚ですね。「着やせ服」という言葉はあまり好きではないですが、結果としてはたぶんとても着やせします! ¥2,990(+税)。 シャイニーレーヨンポロチュニックを見る(外部サイト) 毎シーズンチェックしてウキウキ購入している「ユニクロ ユー」、今シーズンも「やだー! 可愛い! これ買うー!」と完全に語彙力不足(オタク)な様子をショールームで披露してしまい、お恥ずかしい限りでした。本当にすごいなと思うのが、一見めちゃくちゃ普通のアイテムなのに、着てみると「おっ、いい感じ」となったり、「これ私すごく盛れてる気がする」となったり。基本的に派手めの服が好きなタイプなので、今までいろいろな服を着て来ましたが、シンプルな服で自分を「盛る」ことができるって、なかなかないことだと思うんですよね。クリストフ・ルメール氏のクリエーションの底力について、改めて感動しています。小学生男児の母としては、キッズラインができたのが本当に嬉しい。気の利いたデザインと、手にとりやすいプライス。私、これからもずっと推していきます!
  • まだ高校生、でも大人をドキドキさせるような魅力にあふれた歌舞伎俳優の市川染五郎さん&團子さん。 親友であり、よきライバルでもある二人に、BAILA歌舞伎部のまんぼう部長とばったり小僧が歓喜の突撃取材しました! (右)いちかわ そめごろう●2005年、東京都生まれ。本名は藤間齋。屋号は高麗屋。父は松本幸四郎。2021年1月歌舞伎座『壽 初春大歌舞伎』の第三部『車引』に出演中。親子孫の三代共演。(左)いちかわ だんこ●2004年、東京都生まれ。本名は香川政明。屋号は澤瀉屋。父は市川中車(香川照之)。2012年、新橋演舞場『スーパー歌舞伎 ヤマトタケル』で初舞台。  お互いを色にたとえるなら? 「黄色です。それも蛍光ペンの黄色。彼が落ち込んでるのを見たことがない。だからいちばん明るい色を選びました」by 染五郎「いっくんはMacBook Proとかの色にあるスペースグレイ。あの光沢の感じ。(苦笑する染五郎さんに)笑うな。本当にそう思ってるんだから」by 團子 まんぼう部長 現在ネットで配信中の図夢歌舞伎『弥次喜多』、拝見しました。歌舞伎座で4年連続で上演されてきたシリーズの新作で、今度はなんとSFバージョン! しかも二人はまさかの不良役ですね。染五郎 グレてる雰囲気を出すために僕は金髪にしました。ほかにもシルバーの指輪をしたり、ピアスをしたり。眉マスカラで眉も茶色くしました。團子 僕は銀髪にしようと思ったんですけど、銀って歌舞伎ではおばあさんとかに使う色なのでやめて、次にBTSのテテみたいな青もいいなと思ったけど、結局赤になりました。ばったり小僧 すごいインパクトでしたよ。そもそも二人の初共演は2013年の舞台ですよね。当時は8歳と9歳、どんな印象でしたか。染五郎 僕は年齢の近い人との共演が初めてだったので、すごくうれしかったですね。團子 僕は当時からボケをかましてたと思います。小4レベルの(笑)。だからいっくん(染五郎さんの本名・齋(いつき))は「うるさいやつきたな」って感じだったと思うけど。染五郎 思ってました(笑)。團子 昔からずっとこういう関係です。僕が変なことを言って、いっくんが苦笑いみたいな(笑)。でも、いっくんはとても冷静で、僕は舞台に立つと第三の視点を忘れてしまうけれど、いっくんは常に俯瞰して見て分析してる。それと気持ちを言葉に出すタイプじゃないけれど、ちゃんと心で通じ合っているなと感じてます……って通じ合ってるよね!?染五郎 うん、大丈夫(笑)。小僧 では團子さんはどんな人?染五郎 とにかく明るいですね。あとお芝居に対して、自分が納得いくまで掘り下げてやるところがすごいです。『弥次喜多』でもオーケーが出たのに「もう一回やりたいです」って。完成度の高いものを目指してるんだなと思いました。部長 ところで團子さんは染五郎さんを「いっくん」と呼んでますけど、染五郎さんは團子さんをなんて?染五郎 名前は呼んだことないです。「ねぇ」とか?(笑)團子 いっくんから話しかけてくれること自体、うれしいんで、僕は何て呼んでもらってもいいです(笑)。小僧 きゃっ。こんな素敵な10代がいて歌舞伎の未来は明るい。今後の二人の活躍、楽しみにしています!! ★図夢歌舞伎『弥次喜多』は、Amazon Prime Videoで独占配信中!! 弥次さん(松本幸四郎)と喜多さん(市川猿之助)、そして梵太郎(染五郎)と政之助(團子)の運命やいかに!? 〈染五郎さん〉シャツ¥160000・ジャケット¥320000・パンツ¥86000・スニーカー¥110000/クリスチャン ディオール(DIOR) その他/スタイリスト私物〈團子さん〉シャツ¥165000・ジャケット¥330000・パンツ¥86000・スニーカー¥120000/クリスチャン ディオール(DIOR) その他/スタイリスト私物 撮影/島袋智子 こちらは2019年6月に東劇で行われたトークイベントで登壇する市川染五郎さん(左)と市川團子さん(右)。染五郎さんが手にしているのは、大事にしているぬいぐるみの犬「ボン吉」、團子さんが手にしているのは「ぼん」。 まんぼう部長 ある日突然、歌舞伎沼に落ちたバイラ歌舞伎部部長。遅咲きゆえ猛スピードで沸点に達し、常に熱量高く歌舞伎を語る。@BAILAにて「まんぼう部長の歌舞伎沼への誘い」連載中!! ばったり小僧 にわか歌舞伎ファン。やる気はあるが知識は浅い新入部員。若いイケメン俳優より、本当はオーバー40歳の熟年役者好き。 撮影/尾身沙紀〈io〉 ヘア&メイク/AKANE(染五郎さん)、森 智聖(團子さん) スタイリスト/中西ナオ 取材・原文/佐藤裕美 構成/渡辺敦子〈BAILA〉 ※BAILA2021年2月号掲載 【BAILA 2月号はこちらから!】
  • 旬と日常感を両立したスタイリストの私服にはマネしたいテクニックが満載! コートの着こなしからブーツの選び方、着やせして見えるニット、マスクのおしゃれまで、個性の異なる3人が、同世代の共感でお悩みを解決します!  スタイリスト 吉村友希さん 身長158cm。“よっしー”の愛称でおなじみ、きれいめとカジュアルのMIXスタイルが得意な理論派スタイリスト。数々のクローゼット改革企画を経て読者のリアルなおしゃれ悩みに精通。 スタイリスト 石田 綾さん 身長160cm。旬アイテムや話題のブランドをキャッチし、日常のおしゃれに落とし込むのが上手なスタイリスト。ハイ&ローMIXも得意、猫2匹と暮らし、愛称は“あやちゃん”。 スタイリスト 門馬ちひろさん 身長167cm。元セレクトショップスタッフの経験を生かした、まねしやすく好感度の高いフェミニン提案が得意なスタイリスト。愛称は“もんちゃん”、体型悩みにも親身に対応。 <目次> 1.3大デザインを今っぽく着る【コート編】 2.ロングもショートもお手本にしたい【ブーツ編】 3.着太りしない着こなし満載【ニット編】 4.今だからこそのコーデは必見【ニューノーマル編】 .bai_mokuji_template1911 { margin-top: 8px; } .bai_mokuji_template1911 li { text-indent: -0.8rem; padding-left: 0.8rem; line-height: 1.2rem; margin-bottom: 8px; color: #333; } .bai_mokuji_template1911 li:last-child { margin-bottom: 0; } ※記事発信時点での情報のため、価格や仕様が変更になっている場合や、販売が終了している場合があります。 1.3大デザインを今っぽく着る【コート編】 防寒上欠かせないけど一枚で印象を左右するうえ着膨れも気がかり…。悩み多き冬アウターを解決! 《読者の悩み件数No.1》Q.ダウンをすっきり女っぽく着るには? A.揺れ感のあるワンピースときれいめな足もとがカギ(吉村さん) 「スポーティなダウンには、対照的に女っぽいボトムがマイルール。ワンピやスカートの丈は長めが気分だから、バランスよく合わせるならダウンはやっぱり短丈一択。ツヤ感ブーツで脱カジュアル、一点投入の白バッグでさらに軽やかに」。ダウン/デサント オルテライン ニット/スローン キャミワンピース/クリスチャン ワイナンツ バッグ/メアリ オル ターナ 靴/エストネーション スタイリストの私服ダウンコーデを詳しく見る A.薄手トップスを重ねた深いVラインが顔までシャープに見せる(門馬さん) 「背が高いので、まずはコンパクトなタイプで“大きく見える”を回避。インナーには白シャツとニットで、深いVラインを作り、さらにすっきりさせました。ダウン自体がカジュアルだし、着こなしの中でも目立つので、合わせるアイテムはシンプルかつきれいめで統一」。ダウン/ミラ オーウェン シャツ・パンツ/ユナイテッドアローズ ニット¥10000/ハッシュニュアンス バッグ¥48000/シップス 有楽町店(アバケーション) 靴¥25000/ダイアナ 銀座本店(ダイアナ) スタイリストの私服ダウンコーデを詳しく見る A.ノンステッチなフラットタイプを選ぶのが、すっきり見えの近道(石田さん) 「昨年のダウンを、今旬なレザー調プリーツスカートで刷新。ダウン特有のモリモリとした凹凸のあるデザインを避ければ、手っ取り早くきれいめですっきりした印象に。ベージュ×茶トーンを無難に見せないコツは、足もとに投入したモーブピンク」。ダウン/ユニクロ ユー ニット/セリーヌ スカート/GRL バッグ/マルコ マージ ショートブーツ/ドリス ヴァン ノッテン スタイリストの私服ダウンコーデを詳しく見る 《バイラ女子の愛用率 No.1。だから着方で差をつけたい》Q.ウールのロングコート、今年はどう着る? A.ガウンコートのリラックス感をデニムとフラット靴で満喫(石田さん) 「ガウンタイプのリバーコートだから、かしこまりすぎない着こなしにもなじみます。ヒョウ柄バレエ靴とバッグも、今年らしくブラウンでリンク。ハイウエストデニムをベルトマークして腰高に見せて、ロングコート×ぺたんこ靴でもスタイルアップ」。マキシ丈コート/ノーク バイ ザ ライン Tシャツ/ユニクロ ユー デニム/リーバイス ベルト/メゾンボワネ バッグ/ロエベ 靴/ポルセリ スタイリストの私服ウールロングコートコーデを詳しく見る A.ロング×ロングで合わせてもやわらか色同士なら軽やか印象をキープ(門馬さん) 「パキッとせず重さもない、軽い感じの色が好き。ロングコートのように面積の多いものは好みの色から選びます。ストライプのロングシャツとパンツでIラインに」。コート/スピック&スパン 肩にかけたニット/ユナイテッドアローズ シャツワンピ¥27000/ティッカ パンツ/トゥモローランド バッグ¥15800/ショールーム セッション(ヤーキ) 靴¥47000/フラッパーズ(ネブローニ) スタイリストの私服ウールロングコートコーデを詳しく見る A.コートの柄から一色拾ったブラックのボトムと靴で縦長につないで(吉村さん) 「昨年購入したコートは、ドロップショルダーで袖筒ゆったり、パーカもすっきり重ねられます。茶と黒のハウンドトゥース柄なので、合わせられる色幅が広いところもお気に入り。昨年はスキニーパンツで少しカジュアルに着ていたけれど、今年はタイトスカートで女性らしさを」。コート/ナヌーシュカ フーディ/ソーノ スカート/エーピー ストゥディオ バッグ/レフィエ 靴/マノロ ブラニク スタイリストの私服ウールロングコートコーデを詳しく見る 《新注目タイプの正解バランスが知りたい》Q.ショート丈アウターの細見えと大人見えのコツは? A.ベルトつきジャケットと揺れるスカートでXラインを(門馬さん) 「お尻や腰まわりが気になる短丈アウターには、プリーツスカートが頼れる味方。立体感がラインをカバーし、動きが出るので軽やかさも。コートの中、バッグ、ブーツの3カ所に小さく黒を使い、目線をそらしつつ引き締め」。コート/オーラリー ニット/ビューティ&ユース スカート/アストラット バッグ/インポート ネックレス/アリギエーリ 靴¥51000/ザ・グランドインク(ロランス) スタイリストの私服ショート丈コートコーデを詳しく見る A.コートの中をゆるめの白で統一し、ラインを拾わず縦長に(石田さん) 「次に気になっている色・グレーをピーコートで取り入れました。グレーが引き立つよう、コートの中は明るい白、小物は黒でモノトーンに。ゆるめの短丈コートの中は、ピタッとさせすぎるよりも、ほどよく縦長感が出せるニットアップを選ぶと大人っぽくなります」。ピーコート/アンクレイヴ ニット・ニットスカート/ノーク バイ ザ ライン バッグ/5525gallery×ポーター 靴/トッズ×マメクロゴウチ  スタイリストの私服ショート丈コートコーデを詳しく見る A.上ゆる×下スリムの黄金バランスを辛口モノトーンでさらにシャープに(吉村さん) 「ボアコートはカジュアルが似合うアウター。相性のいいデニムはブラックを選び、全身の色数も抑えてあくまでシックに。コートの中に、ゆるいものやカジュアルすぎるものを入れないことも大人がボアを楽しむコツです」。ボアコート/スタンドストゥディオ カットソー/オーラリー デニム/ファイブアンドハーフ スカーフ/ミラ オーウェン バッグ/デメリエー 靴/エストネーション スタイリストの私服ショート丈コートコーデを詳しく見る 2.ロングもショートもお手本にしたい【ブーツ編】 季節の足元はブーツ一択! ロングにトライ? いつものショートは何と合わせる? 選択肢が多い今季の結論。 《その新鮮さに惹かれ、挑戦したい人多数》Q.ロングブーツ、まずはどう履く? A.主役にふさわしいパイソン柄をシンプルコーデで(石田さん) 「以前バイラの靴企画でも提案した“パイソン柄”。ようやくお気に入りの一足に出会いました。ベージュ×黒のパイソンは、グレー系より合わせやすいし、カジュアルにも転ばせやすい。柄に加え、スクエアトゥと太ヒール、筒はタイトで今っぽさ充分。足もとにポイントがあるので、シャツワンピはベーシックなものを。柄の見える分量をスリットを利用して加減します」。ブーツ/スロウ バイ スライ シャツワンピース/ノーク バッグ/メゾン マルジェラ スタイリストの私服ロングブーツコーデを詳しく見る A.ブーツとニットの色をこげ茶でリンクさせた異素材ワントーン(門馬さん) 「ロングブーツは濃い色で探す人が多いと思いますが、私のイチ押しはダークブラウン。今年の旬カラーなのでワントーンや同系色コーデにまとめやすいし、黒よりもやっぱりやさしげ。柔らかな素材のワンピースを、ブーツとカーディガン、上下からダークブラウンで引き締め、赤茶のバッグをなじませつつさし色に」。靴/ダイアナ カーディガン¥16000・ワンピース¥23000/スピック&スパン ルミネ有楽町店 バッグ¥14800/ショールーム セッション(ヤーキ) スタイリストの私服ロングブーツコーデを詳しく見る A.筒幅の広いブーツで軽い素材のワンピを冬らしくシフト(吉村さん) 「ネブローニのブーツはピタッとしない筒幅が新鮮で、ワンピに重ねても存在感あり。シフォン素材の一見涼しそうなワンピは、合わせ方次第でシーズンレスに着られます。冬はこうしてブーツで重さを加えて季節感を。ブーツのシルエットを透けさせるのがポイント。ボトムを重ねるのと同じくらい防寒できて、見た目はシャープに仕上がります」。ブーツ/ネブローニ ニット/ドゥーズィエム クラス ワンピース/アダム エ ロペ バッグ/メアリ オル ターナ  スタイリストの私服ロングブーツコーデを詳しく見る 《パンツは重さ、スカートは丈感がカギ》Q.ショートブーツとパンツ&スカートどう履き分けてる? 門馬さん スカート>>足首タイトなブーツでスカートとすき間なくつなぐ パンツ>>きれいめロングパンツには白ショートで抜け感がマスト 「ショートブーツは、足首の細さを強調できるタイトな、ヒールつきが好き。センタープレスのきれいめパンツに、パンプス代わりに合わせると今っぽさが倍増します。スカートの場合は、タック入りのフレアロングスカートをブーツにかぶせ、冬になると増すクラシック気分を満喫」。〈PANTS〉靴/ロランス パンツ/ザ シンゾーン ニット/ユニクロ ストール¥62000/シップス 有楽町店(ジョンストンズ) バッグ¥55000/エスケーパーズオンライン(モダン ウィービング) 〈SKIRT〉靴/ダイアナ スカート/シップス エニィ ニット/セオリー コート¥34000/アンクレイヴ バッグ¥42000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク) スタイリストの私服ショートブーツコーデを詳しく見る 石田さん スカート>>コンバットブーツでスカートコーデをハンサムに昇華 パンツ>>とろみパンツをかぶせブーツの厚いソールに視線を集中させて 「厚底でフロントジップ、存在感たっぷりのコンバットブーツに夢中! 合わせ方、見せ方に変化をつけてパンツにもスカートにも。パンツスタイルはきれいめにまとめ、下半身は黒でつないですっきりと。ブーツをすべて見せないのが、メンズっぽさを抑えるコツ。逆にスカートのときは、スカートとのすき間で抜け感を出し、フレアな裾の甘さと、対照的な雰囲気を楽しみます」。〈PANTS〉ブーツ・パンツ/ザ・ロウ ジャケット/ヴィンテージのマックスマーラ トップス/アクネ バッグ/スマイソン 〈SKIRT〉ブーツ/ザ・ロウ スカート・トップス/アンクレイヴ コート/ヴィンテージのセリーヌ バッグ/ロエベ スタイリストの私服ショートブーツコーデを詳しく見る 吉村さん スカート>>甘めマキシスカートを端正なサイドゴアでマニッシュ仕上げ パンツ>>カットオフの前後差丈デニムでブーツを軽やかにトリミング 「細身でヒールのあるフェミニンなタイプと、サイドゴアでフラットなマニッシュタイプとを使い分けています。フェミニンブーツにはカジュアルな切りっぱなしのブルーデニム、マニッシュブーツにはドット柄のマキシスカートと、相反するテイストを合わせます。ブーツ+ボトムがすらっと見えるよう、ウエストインなどで腰位置は高めに」。〈PANTS〉靴/エストネーション デニム/ファイブアンドハーフ カーディガン/アンスクリア ロンT/オーラリー ストール/ジョンストンズ 〈SKIRT〉靴/チャーチ スカート/マドモアゼルパリ コート/J&M デヴィッドソン スウェット/スリードッツ バッグ/レフィエ  スタイリストの私服ショートブーツコーデを詳しく見る 3.着太りしない着こなし満載【ニット編】 冬のスタメンだからこそ着膨れやマンネリを脱してただの“無難”に終わらない真の着こなし上手になりたい! 《いつも細パンツと合わせちゃう…》Q.ゆるニットの着やせコーデは? A.色の濃淡と配置を吟味すればルーズ×ルーズでもほっそり仕上がる(吉村さん) 「今季デビューしたブランドで、着やすい黒のゆるニットをチョイス。長いボトムとルーズなもの同士のバランスを楽しみたい気分。ニットは黒、スカートは黒×オフ白の柄、ブーツはオフ白……と、ゆるい部分ほど濃い色を選び、相対的に細く見せる錯視効果を。黒から白への切り替えも、柄を挟むことでパキッとしすぎません」。ニット/マルモア スカート/RHC ロンハーマン ジージャン/ウィム ガゼット バッグ/デメリエー ブーツ/ロランス 《POINT》ひじ下までくしゅっとたくし上げて細い部分を見せる スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る A.とびきりビッグな最愛ニットを黒タイト+ブーツで縦長に(石田さん) 「7年前に購入した、フィービー・フイロ時代のセリーヌを代表するチャンキーニット。いつまでも印象が古びないので“寝かせる”ことなく毎冬着ます。去年はワイドパンツと合わせていたけれど、今年はタイトなロングスカートで細長く仕上げたい。身幅も袖もたっぷりとしたニットなので、ブラウジングしたりロールアップしたりせず、シルエットを堪能」。ニット/セリーヌ スカート/ザ・ロウ バッグ/ロエベ 靴/ステラマッカートニー スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る A.メンズのMサイズニットを揺れ&つやスカートで軽やかに(門馬さん) 「ユニクロのメンズのニットはMサイズ。肩まわりやアームはほどよくゆるく、裾のリブをスカートにかぶせてもピタピタせず、スッと縦に落ちてくれます。アイボリー色のスカートとの間にワンクッション挟んだニュアンス違いの白Tや、ヒョウ柄のミニバッグで“ワンツー”に洒落感を」。ニット/ユニクロ スカート¥9500/シップス エニィ 渋谷店 バッグ¥23000/フラッパーズ(メゾン ヴァンサン) 靴¥25000/銀座ワシントン銀座本店 《POINT》絶妙な色差の白Tをスカートに重ねてさりげない奥行き感を スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る 《普通に着ると「なんか地味…」》Q.タートルネックの選び方&着方は? A.折り返さないゆるタートルにカラーボトムを合わせて(門馬さん) 「首もともシルエットもゆるっとしたタートルは、顔まわりをフレーミングしすぎず抜け感をキープできます。タートルで着太りを避けたい人におすすめしたい! ベージュなど、肌とコントラストが強くならない色も効果的。濃いめのベージュに濃いピンク、きれい色を合わせるときは、トーンの似通った色同士を選ぶと失敗なく」。ニット/ロベルトコリーナ ピアス/マリア ブラック パンツ¥9000/シップス エニィ 渋谷店 スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る A.黒タートルは私の定番。白を使ったスカーフで表情も明るく(吉村さん) 「黒タートルはワードローブの定番的アイテム。一枚でも、キャミワンピなどの中に着ても、なにかと便利。一枚で着るときは小物使いで盛り上げます。ボトムから黒でつなぎ、タートルは低めに折り返し。中にスカーフを小さく巻いてのぞかせれば、目線が上がってスラッと、顔まわりがぐっと華やかに」。ニット/スローン スカーフ/エルメス 時計/カルティエ チェーンブレスレット/ハム デニム/ファイブアンドハーフ スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る A.ピタ×ゆるのメリハリが効いたデザインタートルで変化を(石田さん) 「実はタートルが苦手な私。首もとの暖かさや今年らしさという点で挑戦したくて、選んだのはポンチョのようなゆるい身幅で、首もとと袖だけがスリムな一枚。締め色のハイゲージだから、もこもこ見えず、カジュアルに転ばないところも気に入りました! 丸顔をカバーしたいので、大きめのアクセサリーを合わせて視線を散らす効果を」。ニット/ハッシュニュアンス パンツ/アクテ ピアス/マリア ブラック バッグ/ロエベ  スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る 《気分の上がる色を求める声多数》Q.きれい色ニット失敗しない選択は? A.黒髪と相性のいいこっくり色は細見えのブラックコーデにも最適(吉村さん) 「撮影ではくすみ色やパステルの提案も好きですが、自分が着るならこっくりと発色のいい色。黒髪が重く見えず、ちょうどいいんです。最近投入したのはモヘアのパープル。色も質感も女性らしさがあるところがお気に入り。色に加え、袖がパフッとふくらんでデザイン性も充分。一枚で華やかなので、ブラックデニムで潔くシンプルに」。ニット/エストネーション デニム/ファイブアンドハーフ バッグ/バレンシアガ 靴/マノロ ブラニク スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る A.肌に合う黄みのあるブルーをデニムとワントーンですっきりと(門馬さん) 「明るい“浮かれ色”はもともと好きで、特に好きな暖色を顔まわりに、寒色はボトムに使うことが多かった私。でも今季出会ったこのブルーが可愛くて! 肌の色にも合うので、思い切って挑戦しました。デニムでラフなムードに」。ニット/アーチザ パンツ/ハイク スカーフ/マニプリ ネックレス/マリハ ピアス/マリア ブラック バッグ¥70000/シンゾーン ルミネ有楽町店(リトルリフナー) 靴¥32000/ザ・グランドインク(ロランス) スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る A.体につかず離れずなゆるリブで淡いラベンダーがぐっと身近に(石田さん) 「ラベンダーとピンクの中間のような、今年らしい曖昧な発色に惹かれた、ユニクロ ユーのニット。膨張色なのでサイズを吟味し、リブがピタッとしないXLサイズに。きれい色は大きすぎない面積できかせるのが好きなので、ダークネイビーのジャンパースカートを重ねました。ラベンダーとダークネイビー、ニュアンスある色同士の組み合わせも今の気分」。ニット/ユニクロ ユー ジャンパースカート/アンスクリア ブーツ/ファビオ ルスコーニ  スタイリストの私服ニットコーデを詳しく見る 4.今だからこそのコーデは必見【ニューノーマル編】 今シーズンを語るうえではずせないのが新しい日常やそれに合わせたもの選び。おしゃれぷろも例外ではなく…。 《必需品で気分を上げるなら》Q.「マスクのおしゃれ」プロの選択が知りたい A.なじんで使いやすいベージュのマスクコードを使い始めました(吉村さん) 「コードのベージュの色みが自然で、ニュアンスベージュのマスクとも服ともなじむのが選んだ理由。仕事上、マスクはロゴなど主張するものをつけづらいので、さりげなく、便利な新アイテムに自分らしさを投影して。“ミュラー”のマスクコードは、過去のコレクションの材料から再利用されて作られたもの。そんな生産背景にも共感」。マスクコード/ミュラーオブヨシオクボ マスク/エニー ロンT/オーラリー チェーンブレス/ハム スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る A.顔まわりがシンプルなときにはマスクのテープをアクセ感覚で(門馬さん) 「耳の後ろで結んだテープの先端が、長くたれる布マスクを、シンプルなニットワンピのポイントに。普段は白い不織布マスクを選びがちですが、デザインが控えめでカジュアルな服なら、少し存在感のあるマスクを合わせても素敵。30代におすすめなのはシックさと華やかさのバランスがとれているもの。サラッとした生地感のベージュは、顔にも服にもなじみやすいと思います」。マスク/プラージュ ワンピース¥29000/ティッカ スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る A.シルク素材の花柄マスクは肌当たりのやさしさもうれしい(石田さん) 「初夏ごろにオンラインで購入した、花柄のマスク。フランスのシルクランジェリーブランド“バサラ”のもので、肌ざわりやつけ心地のよさはさすがのひと言。マスク自体に光沢もあり華やかなので、シンプルなブラックのニットに合わせました。手抜き感が出ないよう、中に白Tを仕込み、きゃしゃなゴールドのネックレスをプラスして」。マスク/バサラ ニット/ジェームスシャルロット Tシャツ/ヘインズ ネックレス/ココシュニック スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る 《働く30代女子も味方につけたいアクティブ靴》Q.スニーカーの脱カジュアルテクニックは? A.根っからのフェミニン派は、ハイテクをきれいめ素材×落ち着きトーンで(門馬さん) 「スニーカーは大得意! と言い切れないからこそ、選ぶ基準は明確に、白か黒が入っていて、3色くらいまでで構成されたものしか選びません。合わせる服もラフさを避けるよう徹底して、ハイゲージニットに光沢スカート。スニーカーに使われている黒とグレーで統一し、シルエットも縦長に」。靴/カルフ スカート/イエナ バッグ/インポート ネックレス/マリハ ニット¥15000/アンクレイヴ スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る A.スニーカーもコーデもオールブラック。肌見せで抜け感を(石田さん) 「カジュアルになりすぎるのは苦手だけど、デニムやマニッシュなものが好き。そのバランスをとった結果、スニーカーの登場頻度は低いほう。モードっぽく持っていくのが自分らしいのでオールブラックで、肌を見せて重さを抜きました。スニーカーは履き心地のいいホカオネオネの定番モデル“ボンダイ”」。スニーカー/ホカオネオネTM カーディガン・バッグ/ロエベ ワンピース/ジルサンダー  スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る A.白×ベージュできれいめな厚底ハイテクと明るいイエローでコート合わせも軽やかに(吉村さん) 「“ヴェジャ”は2足目。ボリュームのある厚底ハイテクが目新しく、一昨年から愛用してきたシンプルなローテクタイプから履き替えることに。これを履くだけで、グレー×黒のコーデが新鮮に映りますが、ぱきっと明るいイエローでさらにフレッシュに」。スニーカー/ヴェジャ コート/エイトン ニット/アクネ ストゥディオス スカート/エーピー ストゥディオ バッグ/セリーヌ メガネ/アイヴァン スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る 《日常をハッピーに! ご近所シーンでもおしゃれを楽しみたい》Q.頑張りすぎない「ワンマイルコーデ」見せて! A.デザインと暖かさを兼ね備えたカーディガンを主役に(石田さん) 「お気に入りのカーディガンが一枚あれば、いつものロンT×デニムのおうちスタイルに重ねるだけでOK。目が詰まったカシミヤ混で暖かく、フワッと立体的な袖がポイントのカーデは、主張しすぎずルーズな印象もない。ラフに着てもちょうどいいんです」。カーディガン/ケイト ロンT/ユニクロ デニムパンツ/ラングラー ストール/トゥモローランド バッグ/マルコ マージ 靴/ポルセリ スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る A.気分もなごむニットパンツでラクして映えるレイヤード(吉村さん) 「ニットパンツは、腰からお尻まわりをカバーするトップスとのコンビが、ワンマイルにぴったり。メンズ風の大きめなスウェットと白でつないで、腰丈のコンパクトなジャケットにブラウンを選び、目線をUP。冬らしい風合いで、見た目のぬくもりも意識」。ジャケット/ウエストオーバーオールズ スウェット/マルモア ニットパンツ/ドゥーズィエム クラス バッグ/テンベア 靴/マノロ ブラニク スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る A.明るいコートに、小物で色を足してラフなアイテム同士も楽しく(門馬さん) 「フーディやコンバース、キャンバストートなど、カジュアルなアイテムをフル活用したいシーン。暗い色尽くしで地味にせず、あくまで彩りよく! 最近、念願の引っ越しをして、休日は新しい近所を歩くだけでも楽しい」。パーカ/オーラリー 靴/コンバース コート¥45000/スピック&スパン ルミネ有楽町店 スカート¥23000/ティッカ バッグ¥12000/シップス 有楽町店(テンベア) スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る 《好感度と着映えのバランスは?》Q.おうちでテレカン。何を着る? A.部屋着の上からバサッとゆるジャケット(石田さん) 「家で普段使いしている白Tは、画面越しならレフ板効果あり。ゆるいジャケットを羽織るだけで、“即席きちんとコーデ”! 今年らしいサイズ感のジャケットと、顔まわりと手もとに盛ったアクセサリーで、手早く信頼感を演出」。ジャケット/ノーク バイ ザ ライン ロンT/ユニクロ ユー 時計/ヴィンテージのロレックス スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る A.モノトーンと細かいドット柄でほんのり華やか(吉村さん) 「派手すぎず落ち着いた印象を与えたい、でも地味見えも避けたいのがバイラ世代。ドットブラウスなら、そんな願望をクリアして自分らしく華やかに。形があらかじめ整ったボウタイつきだから、着くずれが気にならないのもうれしい」。ブラウス/J&M デヴィッドソン デニム/ファイブアンドハーフ 時計/カルティエ スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る A.「デザイン性のある白」にリップをきかせる(門馬さん) 「色はまず、顔が明るく見える白! 襟つきのシャツより、ただ着るだけでも絵になるブラウスが便利。ハリ感素材で、ギャザーやボリューム袖など、映る部分にデザインがあるのがポイント。リップに色をきかせれば、アクセはイヤカフだけでも地味見えの心配もナシ」。シャツ/シップス エニィ イヤカフ/インポート スタイリストの私服ニューノーマルコーデを詳しく見る 撮影/中田陽子〈MAETTICO〉 ヘア&メイク/TOMIE〈nude.〉(吉村さん)、沼田真実〈ilumini.〉(石田さん、門馬さん) 構成・原文/三橋夏葉〈BAILA〉 ※プライス、クレジットのないものは私物です ※BAILA2021年1月号掲載
  • 大好評連載「馬場ふみかのふみかける」。今回は、YOHEI OHNO デザイナーの大野陽平さんとコラボ! 構築的で遊び心あふれるブランド『YOHEI OHNO』の細部まで計算されたドレスと、ナチュラルにたたずむふみかが織り成す美しさ。 大野陽平 YOHEI OHNO デザイナー   文化服装学院から英ノッティンガム芸術大学留学、帰国後の2014年に自身のブランド『YOHEI OHNO』を立ち上げる。建築物や工業製品など人工物からインスピレーションを受けたコレクションを発表している。構築的でありながらユーモアのにじむ軽やかさもあるプロダクトは、服を愛する女性の心を捉える。 ――  今回のコラボレーションが実現した経緯は? ふみか 大野さんとコラボレーションしたことが実は連載が始まった頃からずっと考えていました。『YOHEI OHNO』は楽しいお洋服がいっぱいあるから、ずっと連載で着られたらいいなと思っていて。以前にフラワークリエイターの方とコラボさせてもらった回の衣装でも、『YOHEI OHNO』のお袖のパーツを使わせてもらったりしたんです。 大野 そうだったんですね、ありがとうございます。 ふみか こちらこそです。そしてこの連載でファッションブランドとコラボさせていただくのは、今回が初めてなんです。 大野 僕もこういう企画でファッションブランドとして最初にお声がけいただくことが初めてだったので、それもすごくうれしかったです。 ――  衣装は、どのようにオーダーされたのでしょうか? ふみか 初めて着たのは、2017年の『沖縄国際映画祭』の時。スタイリストさんが用意してくれた衣装がとっても可愛くて、それが『YOHEI OHNO』のドレスだったんです。その後展示会にも行かせていただくようになって、私服でもよく着させてもらっています。ノンノの私服スナップで出したこともある黒のデニムジャケットは長年ずっと愛用しているし、コルセットっぽいデザインの白いTシャツもお気に入りです。 大野 誰かが着てくださってもSNSでタグづけされないとなかなか気づけないので、教えていただけてうれしいです。馬場さんとお会いするのは、けっこうひさしぶりですよね。展示会でお会いした時は、ほとんどしゃべってくれないですし(笑)。 ふみか え、そうですか(笑)? でも私、プライベートは本当に人見知りなんですよね。お仕事の場だったら仕事の話をできるんですけれど、プライベートだと何の話をすればいいのかわからなくて、何か話しかけてもらっても「あー、そうなんですね……」以上、みたいになっちゃいます(笑)。 大野 仕事でたくさんの人と関わる方の中には、意外とそういうタイプが多いかもしれないですね。 ドレス¥162000/LITMUS(YOHEI OHNO) イヤカフ¥12700・イヤクリップ¥12700/PR01.TOKYO(critical : lab) ――  今回は、『YOHEI OHNO』の数ある洋服の中からSS21のドレスを選んでいただきました。このドレスを選ばれたのは? 大野 せっかくだから一番新しいコレクションを着てもらいたいと思って、その中でも特に気に入っていたドレスを持ってきました。 ふみか ドレスを最初に見た時の印象は……宇宙っぽいなって。 大野 「これ着るのかよ?」って思いました?(笑) ふみか いや、そんなことは全然なかったです。ただ、最近どこに行っても青い衣装を着ることが多いので、今日も引き続き青の季節なんだな、とは思いました(笑)。生地の印象が、事前に写真で見ていた時と生で見た時で全然ちがったのも、おもしろかったです。写真ではもっとハリのある素材に見えました。実物は、こんなにキラキラふんわりしているんですね。 大野 この生地は、昔のもので、もう作れないものらしいんです。 ふみか この特別な形は、どのようにして思いついたんですか? 大野 生地を見ていて、なんとなく神社を連想したんですよね。だから、ドレス自体が社っぽいシルエットなんですけど。 ふみか えーっ!? この生地から神社にたどりつくのが、すごいです。私には想像がつかない世界(笑)。 大野 ふだんから生地を見て形を考えるっていうことを繰り返している日々なので(笑)。 ――  撮影中、大野さんがふみかに自然な表情やポーズをディレクションされていたのが印象的でした。 大野 個人的にあまり決まった世界観が好きではなくて、こういう異次元っぽいドレスだからこそ、女優さんが着ることでちょっと生っぽく、それこそ本当にこういう服を着ている人がいそうになる感じがいいなと思ったんです。それに、馬場ふみかさんのお名前で画像検索すると、笑顔よりもクールな表情が多かったので、ナチュラルな馬場さんを自分なりに引き出すことで、そこもギャップになるといいなって。結果的にすごくお似合いだったし、写真映えもしていて、シンプルにめっちゃ可愛いなと思いました。日本人のモデルさんはふだん自分のルックなどではあまりお願いしないからこそ、今日はいろいろな発見もできました。 ふみか うれしいです! こちらこそ、今日はありがとうございました! モデル/馬場ふみか 撮影/PHOTOMAKER ヘア&メイク/スズキミナコ スタイリスト/木村真紀 取材・原文/吉川由希子 web構成/轟木愛美 web編成/吉川樹生
  • 春コーデにも活躍しそう!レオパ柄・カウヘアーのオペラシューズ見た瞬間、買おうと思ったダイアナのオペラシューズ✨レオパ柄・カウヘアーのこのパンプスはシンプルな着こなしを華やかに見せてくれます。いつものコーデに合わせやすい春になったら、スカートやワンピースにも合わせたいし、キレイな春カラーとかにも合わせたい! 足元見て、かわいいって自分で思ってしまう いっぱい履こう No.188 kaoritaNo.188 kaorita
  • 前回お届けした人気ブランドの新作ワンピース第2弾。「コスパ」の良さでHAPPY PLUS STOREでも人気のViS (ビス)、ROPE’ PICNIC (ロペピクニック)、OPAQUE.CLIP (オペーク ドット クリップ)の新作ワンピースをご紹介します。 item01タックスカートワンピース/ROPE’ PICNIC エレガントに着こなせる、ベルテッドデザインのワンピース。薄すぎない素材感でロングシーズン着用OK。 ROPE’ PICNIC/タックスカートワンピース/¥6,000+税 item02ヴィーガンレザーワンピース/ViS 近年注目されているヴィーガンレザーを使用したフェミニンワンピース。フレアシルエットで可愛らしいデザインです。SSサイズはWEB限定で販売でしています。 ViS/【WEB限定SSサイズ】ヴィーガンレザーワンピース/¥5,500+税 item03ハニカムダンボール キーネックワンピース/OPAQUE.CLIP 表面に凹凸感のあるハニカムダンボール素材を使用。ふくらみのある素材で、シルエットがしっかり作れ、カラダの線を拾いにくいのがポイント。 OPAQUE.CLIP/【WEB限定サイズあり】ハニカムダンボール キーネックワンピース/¥3,990+税 item04バックティアードワンピース/ViS 秋冬に人気だったテントラインワンピースが春バージョンで再登場。コットン100%でタックなどの細かなディテールが施されて¥4,580+税はお値打ち。通常サイズより着丈を5cm短くしたFSサイズもWEB限定で販売しています。 ViS/【WEB限定FSサイズ】バックティアードワンピース/¥4,580+税 item05デニムワンピース/ROPE’ PICNIC レーヨン混のソフトな素材。ロング丈のフレアデザインをウエストの切り替えですっきりさせた上品な大人のデニムワンピースです。ディープインディゴとブルーの2色展開。 ROPE’ PICNIC/デニムワンピース/¥6,000+税 item06デニムバンドカラーシャツワンピース/ViS 1枚で色々なスタイリングに使える万能ワンピース。バンドカラーで衿無しなのですっきりと見え、タートルインナーなども合わせやすくなっています。 ViS/【Daily use】デニムバンドカラーシャツワンピース/¥4,500+税 1万円以下のワンピ―スをチェック Part1もチェック! \春を匂わせる/人気ブランドの新作ワンピース#2021年春夏受注会「これ買い!」 The post \part2/コスパブランドの新作ワンピース#2021年春夏受注会「これ買い!」 first appeared on HAPPY PLUS VOICE.
  • トップス¥11000/ガールズソサエティ スカート¥8100/dazzlin ネックレス¥2800/サンポークリエイト(アネモネ) 靴下¥1000/Tabio(靴下屋) 靴¥8991/épineそろそろ春を意識したコーデがしたい。そんな気分を叶えてくれるベージュのワントーンスタイル。カーディガンに透ける素材のプリーツスカートを合わせたら今っぽさも色っぽさも大満足。パールやソックス&パンプスでレディにまとめて。モデル/馬場ふみか 撮影/Nobuko Baba ヘア&メイク/渡嘉敷愛子 スタイリスト/石田綾 文/鈴木絵都子 web編成/吉川樹生 ※上記のキャプションはWEBオリジナルのもので、本誌とは異なります。  ほかのコーデもCHECK! 今こそミニスカ! ロングブーツとの旬バランスで脱ありがち【毎日コーデ】 ブラウン&グリーン、旬な配色で冬コーデをアップデート【毎日コーデ】 カジュアルコーデの定番パーカはきれいめパンツと合わせてあか抜け!【毎日コーデ】
関連キーワード

RECOMMEND