大人パーカー+サテンスカートでワンツーコーデ

Web eclat

このグレージュのパーカー、ネイビーのサテンスカートは、素敵だなぁとずっと気になっていた、Elura (エルーラ)のもの。

パーカーは、ハリのあるつややかな生地と、ほどよいゆったり感でヌケ感がバッチリ。決して部屋着にならない大人のためのパーカーで、超お気に入りです。

サテンスカートはずっと履いてみたいと思っていてこの秋、初体験。
サラサラとしていて着ていて心地よく、しかも後ろ下がりでおしゃれです。



カジュアルの代名詞とも言えるパーカーなので、ヒールのブーツとエルメスのバッグで、格上げしてみました。

実は、スニーカーやパンプスとも合わせてみたのですが、ロングブーツが一番しっくりきました。
今年はまたロングブーツが流行っているとか!




エクラ11月号には、いろんなパターンのワンツーコーデが満載です。
このサテンスカートにゆったりニット、パーカーにワイドパンツ、などなど、秋のファッションを考えるのは楽しい時間です。

InstagramもUPしています。
関連記事
  • プリーツロングスカートで、いつもよりちょっと真面目スタイルです。 この日はパスポート更新の受け取りに、都庁のパスポートセンターへ行って来ました。 次回更新するのは10年後〜! コロナが収まってこのパスポートで旅行に出掛けられるようになる事を心から願っています。 帰り、何気なく振り返った時に見上げた都庁。 駅に向かう道に掲げられた、TOKYO2020のサインボード。 これまでの準備が無駄になることが無いよう、オリンピック、パラリンピック、どんな形でも開催して欲しいと胸が熱くなりました。 この日のコーデは、いつもよりフェミニンに、プリーツスカートで。 細めのプリーツが気に入っています。 なんて事のないシンプルコーデなのでパンチのあるエルメスのストールを巻きました。大胆な色使いのストールは本当に便利です。 コートはお気に入りの、SOÉJUです。 InstagramもUPしています。 ⇩近藤和子
  • 量感のある冬のスタイルはとにかく全身のシルエットに着目。「遠目から、大ざっぱに」が合言葉。あの流行も、あのボリュームも、長方形シルエットで考えれば身長150cmの小柄さんも楽しく着られる!自身も小柄なライター・宮崎桃代さんがご紹介。エディター 宮崎桃代エディター 宮崎桃代小さいころから「前へならえ」の先頭が定位置。ストロベリーサイズでは満足できず、着こなせる服、着こなし方を模索中。日々のモットーは「愛嬌のある着こなし」。“小柄さん”におすすめ長方形スタイル3タイトスカートこそ縦長の救世主。くるぶしまでの長い丈を タイトスカートはとにかく長い丈で着るほど、全身の印象はスラッと見える。「私は試着して床スレスレまで長さがあると小柄でよかったとニンマリします」。横の量感を抑えたデザインは、より縦横の比率が潔くていい。トップスも色をつなげたワントーンなら、長方形のシルエットはパーフェクト。 ニット¥31,000/スローン シャツ¥38,000/トヨダトレーディング プレスルーム(アスペジ) スカート¥17,000(ウィム ガゼット)・ベルト¥19,000(プントヴィータ)/以上ウィム ガゼット 青山店 バッグ¥56,000/アパルトモン 青山店(パーム グレンス) 靴¥120,000/ゲストリスト(サルトル/ハウント代官山)流行のボリュームニットには柔らか素材のタイトスカートを 今季はローゲージの量感のあるニットが流行中。上半身のボリュームは小柄には難易度高めの案件のひとつ。助けてくれるのは、スムーズな薄手素材のタイトスカート。ニットからそのままストンと続くシルエットで、全体を長方形にイメージ。スリムパンツでは上半身でっかちになってしまうけれど、直線的なスカートなら大丈夫! ニット¥78,000/ebure GINZA SIX店(ebure) スカート¥48,000/ポステレガント ピアス¥26,000・リング¥48,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥172,000・靴¥58,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) タイツ¥4,200/ステッラ ピエール マントゥー事業部(ピエール マントゥー)テーパードパンツはちょいゆるめで全身のバランスを整える 「テーパードパンツは大ざっぱではありますが、私は長方形シルエットに分類。ハイウエストのデザイン、ちょいゆとりのあるもので縦に長い雰囲気を演出します」。トップスインでパンツを強調。上半身1:下半身2ぐらいを目安に。トップスと同系色のストールで上半身を高い位置に見せる技もプラスすれば、ぐんとのびやかに。 ブラウス¥18,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) パンツ(共布ベルトつき)¥38,000/サードマガジン メガネ¥27,000/アイヴァン PR(アイヴァン) ピアス¥130,000/ボン マジック ストール¥48,000/スローン バッグ¥18,800/プルミエ アロンディスモン(ヤーキ) 靴¥120,000/リエート(サントーニ)「身長150cmエディター宮崎桃代さんの小柄さんコーデ」記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/清水ヤヨヱ(+nine) スタイリスト/望月律子(KIND) モデル/アドリアナ 構成・原文/宮崎桃代 ※エクラ2021年2月号掲載
  • 地味色が多くなる冬のコーデこそ、きれい色を取り入れて女性らしく。最強のニュアンスカラーが「くすみパステル」。やわらかなくすみトーンのカシミヤコートなら、ちょうどいい甘さが手に入ります。soft Pink上品で柔らかな女らしさはカシミヤピンクで手に入れる カシミヤのふっくらとした上質感と品のあるピンクの組み合わせが、甘くなりすぎず大人にふさわしい。面積が大きいコートだからこそ、コーディネートの刷新力は絶大。まろやかなベージュとのダブルフェイスで、さっとはおれるのもうれしい。付属のレザーベルトを結んでも様になる。コート(レザーベルトつき)¥280,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ニット¥59,000/オーラリー パンツ¥27,000(マーク ケンリー ドミノ タン)・バッグ¥120,000(アパルトモン)・靴¥45,000(フラッタード)/以上アパルトモン 青山店 ネックレス¥14,000/ショールーム セッション(マリア ブラック)「ファッションコーデ」記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年2月号掲載
  • 年齢を重ね、"憧れ"ともいい距離感になってきた私たち。そんな今こそ手にしたいのは、メゾンブランドの自信と誇りが生み出した逸品バッグ。富岡佳子さんとともに、これからの毎日をずっとともにしたい名品バッグをセレクト!  【目次】 ①Hermès(エルメス)『エルメス・カバセリエ』 ②FENDI(フェンディ)『ピーカブー アイシーユー ミディアム』 ③Dior(ディオール)『レディ ディオール』 ④CHANEL(シャネル)『シャネル 19』 ⑤VALENTINO GARAVANI(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)『ローマン スタッズ』 ⑥BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)『パデッド カセット』 ①Hermès(エルメス)『エルメス・カバセリエ』さりげなく漂う品格を毎日のように携えたい 驚くほどしなやかで軽やかなのは、一枚革で贅沢につくられているから。馬具の“鞍”を彷彿させるステッチとレザーのカラーコントラスト。そして、フロントのフラットポケットにあしらわれた“H”のモチーフをデザインポイントに、その他の装飾を潔いまでに省くことで、ごくさりげなく引き出される気品。日常をともにしたいのは、多少の荷物も優雅に携えることができる、美しさも機能性も兼ね備えた、こんなふうに頼れる逸品。 バッグ(25×31×10)¥344,000・パンツ(参考商品)・スカーフ¥46,000/エルメスジャポン(エルメス) シャツ¥75,000/ストラスブルゴ(フライ) ②FEND(フェンディ)『ピーカブー アイシーユー ミディアム』個性的に進化した定番がおしゃれをより楽しくする! 秋冬コレクションから仲間入りした注目のバッグ。より大きく深く開く入れ口を取り入れたことで、出し入れがスマートになるのと同時に、コンパートメントの愛らしいピンクが強調され、小粋なアクセントに。そこにあしらわれた内ポケットはイニシャル装飾などカスタマイズでき、気分のままに、個性的にバッグを携帯できるというユニークさ。 バッグ(25.5×33.5×13)¥488,000(予定価格 ’21年1月発売予定)・ストライプ柄のつけ替えポケット¥29,000・パン ツ(参考商品)/フェンディ ジャパン(フェンディ) シャツ¥68,000/ストラスブルゴ(フライ) ブレスレット¥2,560,000/ポメラートブティック 銀座店(ポメラート) ③Dior(ディオール)『レディ ディオール』不動の名品は、パテントの華やぎでよりいっそう私らしく 故ダイアナ妃が愛し、時を経てなお世の女性を虜とりこにする「レディ ディオール」。鏡のようにきらめくパテントカーフスキンなら存在感も格別。シルバーにもゴールドにも見えるペールゴールドトーンのメタルの“D.I.O.R”のチャームがその魅力をより引き立てて。高い収納力、ショルダーストラップつきと、スタイリッシュに携えられるのも特徴だ。 バッグ(25×32×11)¥540,000・パンツ¥185,000(ともにディオール)・ピアス¥850,000・リング¥1,500,000(ともにディオール ファイン ジュエリー)/以上クリスチャン ディオール シャツ¥30,000/ストラスブルゴ(バルバ) ④CHANEL(シャネル)『シャネル 19』パンチのきいた存在感さえ楽しめるようになった今だから 時を超え、世の多くの女性たちにエレガンスを教えてくれる、キルティングのチェーンバッグ。その魅力を知っているエクラ世代こそ選びたいのは、よりいっそうのインパクトを宿したニューフェイス。拡大されたキルティング、太めのバイカラーチェーン、“CCロゴ”もチェーンモチーフでぐっとモダンに昇華。おしゃれをすることの楽しさも、華やぎもかなえてくれるバッグがあれば、いつだって私らしくいられる。 バッグ(20×30×10)¥589,000・パンツ(参考商品)・ネックレス¥196,000・チェーンベルト¥154,000/シャネル シャツ¥53,000/ストラスブルゴ(フライ) ⑤VALENTINO GARAVANI(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)『ローマン スタッズ』ホワイト×ゴールドの洗練美で印象をリフレッシュ! ブランドのアイコンシリーズ「ロックスタッズ スパイク」を継承しつつ、マクロサイズになったスタッズを効果的に配することで、ぐっと洗練されたたたずまいにアップデートされた新作。シンプルスタイルに効かせれば、ほのかに薫るパンキッシュなムードが、装いの空気感をリフレッシュしつつ、見事に格上げしてくれる。 バッグ(20×30×12)¥360,000(ヴァレンティノ ガラヴァーニ)・パンツ¥160,000(ヴァレンティノ)/以上ヴァレンティノ インフォメーションデスク シャツ¥39,000/ストラスブルゴ(バルバ) バングル¥2,548,000/ポメラートブティック 銀座店(ポメラート) ⑥BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)『パデッド カセット』軽やかなモダンさが今の気分にちょうどいい! ブランドの伝統的なシグネチャーである「イントレチャート」を大胆に再解釈し、マキシサイズのパッド入りのイントレチャートレザーを採用。フューチャリスティックな印象さえ与える丸みを帯びた凹凸(おうとつ)感や、バックルのトライアングルモチーフという画期的な提案でモード感がぐっと上昇。カジュアルもエレガンスも自由に行き来できるニュートラルさで、おしゃれの幅もぐっと広げてくれる。 バッグ(18×26×8)¥300,000・パンツ¥116,000・ピアス¥57,000・バングル¥68,000/ボッテガ・ヴェネタ ジャパン(ボッテガ・ヴェネタ) シャツ¥28,000/ストラスブルゴ(バルバ)    ▲【50代の格上げバッグ】トップに戻る>>「バッグ」の記事一覧はこちら▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/浅井佳代子 ヘア/左右田実樹 メイク/福沢京子 スタイリスト/戸野塚かおる モデル/富岡佳子 取材・原文/松井陽子 ※エクラ2021年2月号掲載
  • 冬は黒やグレーなど落ち着いた色のアイテムを選びがち。ベーシックカラーの中に、パッと明るさを加える白のあかぬけ力は見逃せない! パリ&ミラノマダムの白ボトムコーデをスナップしました。メシア(シンガー・パリ)コスのストレートデニムは、ロールアップしてバランスを調節。ミントカラーの柄ソックスをのぞかせて足もとに遊び心を。白で合わせたスニーカーは、パリのニューブランド、ME.LAND。ナイキのバッグを斜めがけして、スポーティで自分らしいスタイルに。クレール(キュレーター・パリ)太めのデニムはNYブランドのA Détacher、オフホワイトがイザベル マランのカーキコートに映える。ラフな髪や無造作なベルトのゆるさにおしゃれを楽しむ大人の余裕が。ヘビ柄のAnthology Parisのシューズをのぞかせてスタイリッシュに。バッグはセリーヌ。ヴィルジニー(主婦・パリ)オレンジブラウンが鮮やかなエルメスのコートに、白を合わせたカジュアルエレガントなスタイル。Acquaverdeの真っ白なクロップドパンツは、タック入りできちんと感があり、コートとブーツの間でバランスのよい丈感。バッグはエルメスのガーデンパーティー。エルザ(ブティックオーナー・パリ)コスのオーガニックコットンデニム、VEJAのスニーカーとサステナブルなアイテムから意識の高さがうかがえる。ヴァネッサブリューノのグレーコート、手に持つライトブルーのスカーフとデニムの風合いが好相性で、全体にほどよく力の抜けたナチュラルな印象に。ジョルジアーナ(プレス・ミラノ)むだを削ぎ落としたシンプルコーデ。冬の全身バランスを軽やかに見せる白デニムは抜け感もあり上品。コートからほんの少し見えるユニクロのニットとネイルの色をさりげなく合わせて。ラージサイズのエルメスのバーキンと男前なチャーチのブーツでマチュアに。>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧[パリ]撮影/Mari Shimmura 取材・原文/Shoko Sakai [ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadama ※エクラ2021年2月号掲載
  • さりげないけど存在感抜群の小物を使って、冬のシンプルなコーデをぐんと華やかに。狙い目は、人気再燃中のシルバーネックレス。ロングレングスのボールチェーンや太めのチョーカータイプなど、注目のデザインをご紹介。シルバーで上品な透明感を/ソフィー ブハイ、ハルポシルバーネックレス人気が再燃中。なかでもロングレングスのボールチェーンや太めのチョーカーがどんな服にも合わせやすいと評判。存在感のある大ぶりでもゴールドと違って派手見えしないのもうれしい。Tシャツやニットなどシンプルなトップスがぐっと女らしく格上げされる。 ネックレス(上)¥64,000(ソフィー ブハイ)・(中)¥25,000・(下)¥29,000(ともにハルポ)/以上エスケーパーズオンライン カーディガン¥72,000/アパルトモン 青山店(ハーヴェル スタジオ) Tシャツ(メンズ)¥6,800/バトナー>>「ジュエリー&時計」記事一覧はこちら撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年2月号掲載
  • 少しくすんだトーンが冬のワードローブになじみやすく、大人のかわいげと幸せ見えもかなえてくれる、最強のニュアンスカラー「くすみパステル」。マンネリ化しがちな冬の着こなしの活性化にも大活躍!Soft Pink上品で柔らかな女らしさはカシミヤピンクで手に入れる コート(レザーベルトつき)¥280,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ニット¥59,000/オーラリー パンツ¥27,000(マーク ケンリー ドミノ タン)・バッグ¥120,000(アパルトモン)・靴¥45,000(フラッタード)/以上アパルトモン 青山店 ネックレス¥14,000/ショールーム セッション(マリア ブラック)Light Blue涼やかなブルーが大人の透明感を演出 パンツ¥34,000・ニット¥26,000/ル フィル ニュウマン新宿店(ル フィル) サングラス¥34,000/モスコット トウキョウ(モスコット) ピアス¥29,000/ショールーム セッション(マリハ) ストール¥59,000/アイネックス(アソース メレ) バッグ¥137,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥72,000/アマン(ペリーコ)Royal Lavender甘さ控えめなラベンダーでワンランク上の洗練が漂う カーディガン¥31,000・ニット¥22,000・スカート¥21,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) チェーンネックレス¥22,000(マラ ムクス)・バングル¥49,000(ガブリエラ アルティガス)/以上アパルトモン 青山店 コインネックレス¥41,000/ステディ スタディ(トムウッド) バッグ¥155,000(ザンケッティ/ハウント代官山)・靴¥120,000(サルトル/ハウント代官山)/以上ゲストリスト「ファッションコーデ」記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/ゆうき 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年2月号掲載
  • コートもボトムも厚みのある素材、しかも長く大きめのフォルムが流行中。身長が低い人にとっては難易度の高い季節です。量感たっぷりな服をどう着こなすか、身長150cmのエディター・宮崎桃代さんがご紹介。どんな体型の人にも当てはまる“すっきり見え”のコツ、必見です。エディター 宮崎桃代エディター 宮崎桃代小さいころから「前へならえ」の先頭が定位置。ストロベリーサイズでは満足できず、着こなせる服、着こなし方を模索中。日々のモットーは「愛嬌のある着こなし」。小柄さんのボリュームある冬服のシルエットは《長方形》か《円錐形》この2択!縦長の長方形か円錐形。ボリュームのある冬服は頭から下に向かってぐんと伸びるシルエットを意識すれば、小柄でもシュッとした着こなしに。「大ざっぱに気軽に」遠目からのバランスを整えるだけで、スッキリ見えがかなう!たっぷりと広がるプリーツスカートで長い円錐形を実践。 ふわりと広がるロングスカートは目ざすべき円錐形にぴったり。ボリュームがあっても怖い迫力にならないのは、背の高い人にうらやましがられる小柄のアドバンテージ。上半身はニットでコンパクトにまとめ、円錐形をいっそうアピールして。 アンサンブルニット¥32,000/ゲストリスト(ハウント/ハウント代官山) スカート¥56,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ピアス¥48,000/エスケーパーズオンライン(ソフィー ブハイ) ブレスレット¥36,000/ショールーム セッション(マリハ) バッグ¥132,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) 靴¥74,000/フラッパーズ(ネブローニ)リラックスモードの今、小柄でも“ユルッと”着ていいんです。「幾度か提案している小柄な私の着こなしセオリーですが、冬はハードルの高い季節。なにしろ服のすべてがロング&ボリュームになるし、お直しするのも厳しい。なので私は、細かなことを気にせず、遠目からのシルエットを整えます。全身鏡から3歩下がって目を細める……。ぼんやりと大ざっぱに、縦長の長方形か円錐形になっていればOK(笑)。 ここ数年、服はリラックス&カジュアル傾向にあり、今は体を締めつけないユルッとした着こなしが主流。そして重心は下へ下へと移っています。だから、できるだけ頭は小さく、一番離れた靴まで、視線を長〜くキャッチするように仕向けます。普通の人ならミディ丈もロング丈で着られる小柄は、逆にお得(笑)。そんな気持ちで冬も服を楽しみましょう」「身長150cmエディター宮崎桃代さんの小柄さんコーデ」記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/清水ヤヨヱ(+nine) スタイリスト/望月律子(KIND) モデル/アドリアナ 構成・原文/宮崎桃代 ※エクラ2021年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND