ZARAのエコレザースカートで丸の内へ

Web eclat

シルバーウィーク、4連休が終わりました。
4日のうち、大好きな丸の内へ2日も行ってしまいました。
丸の内はこれぞ大人の街で、仲通りのケヤキ並木には、お洒落な一流のブランド店やレストランが軒を連ね、歩いているだけで心が躍ります。

開発される前は、味気ない企業のビルが立ち並び、日付が変わってもライトが消えないことから不夜城の街、と言われ、土日は閑散とした街だったそうです。そんな様子は今では考えられません。

こんな素敵な街に開発されて、私は本気で喜んでいる一人です。



この日は、仕事終わりの娘と緑豊かな仲通りに面した、ADRIFT by David Myers でランチをしました。

こちらは、お洒落なオープンテラスレストランで、
カリフォルニアのスターシェフ、David Myersのプロデュースだそうです。(残念なことに存じ上げず汗)

最初、天丼〜、と思ったのですが、せっかく娘と一緒だったのでちょっとお洒落系にと、考えを改めて良かったです。
娘も大満足の様子でした。



日中は27°Cの予報だったこの日は、去年のZARAのエコレザーのAラインスカートに、春先に買ったゆったり目のヘインズの黒Tをコーディネート。

エコレザースカートは秋になったら真っ先に履きたかったお気に入りです。

a-Jolieのキュートな籠バッグとZARAの最強・白のバレエシューズを合わせて重くならないように気をつけました。



街歩きには気持ちの良い季節になって嬉しい限り。
素敵な街でのショッピングなら疲れ知らずでいくらでも歩けます。

InstagramもUPしています。
関連記事
  • コロナ禍でもおしゃれを楽しむヨーロッパマダムに密着!全身のシックさを損なわず、ほどよく華を加えてくれるチェック柄を味方につけた6コーデをご紹介。フランチェスカ (医師・ミラノ)ステラ・マッカートニーのコートはきりっと男前なグレンチェック。袖をまくると遊び心があるデザインで表地とのコントラストが絶妙。中にはカシミヤのオールインワン。カジュアルだけど大人の余裕を醸し出す。ブーティはゴールデングースのもの。パンツのすそを無造作にロールアップして、女性の強さやしなやかさを表現。ヴェロニク (ブランドスタッフ・パリ)ボトムのチェック柄と色をリンクさせたジャケットとニットで、まとまりのあるスタイリングに。服はすべてポール&ジョー、茶色のバッグはマダムの定番ジェロームドレフュスとパリブランドを愛用。ドクターマーチンの靴で抜け感を出すテクニックはさすが。アリーチェ (デザイン関係・ミラノ)グラフチェックのボトムでおしゃれ度がたちまちアップ。すそがフリンジのキャメルジャケットは、ミラノで人気のSEVENTY。全体が重くならないようにエクリュのストール、白いコンバースを。レイバンのサングラス、黒のバッグで引き締めてやや辛口に。ナタリー (建築家・パリ)ザラのチェック柄コートは、ボタンはとめずはおるのみ。ポイントは長めに巻いたキャメルのスカーフ。全体を明るく引き締め、スタイルアップ。仕事で愛用している大きめのザディグ エ ヴォルテールのバッグ、黒のメキシカンブーツで少しハードさを出して。マリー(彫刻家・パリ)パリブランドDiegaのコートは、ヴィンテージ感のあるテキスタイルが目をひく一枚。インナーはLes Petitesのグレーのセーター。デニムと斜めがけしたSandroのポーチでシンプルカジュアルに。ブーツは黒のレザーですっきりとチェックを生かすスタイリング。プリシラ(会社員・パリ)存在感のある大きめシルエットのコートに、チェックのワイドパンツをプラス。メンズライクなダボつきのあるシルエットに、飾らない胸もと、ポイントになる小さめのディオールのショルダーバッグですっきりさを出して。ナイキの厚底スニーカーでカジュアルに。>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧[パリ]撮影/Mari Shimmura 取材・原文/Shoko Sakai [ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadama ※エクラ2021年2月号掲載
  • 大人女性に欠かせないファッションアイテム「バッグ」。世界中の女性に長年愛されている「レディ ディオール」ならデザイン性だけでなく収納力抜群。これからずっと愛用していきたい逸品です。Dior『レディ ディオール』不動の名品は、パテントの華やぎでよりいっそう私らしく 故ダイアナ妃が愛し、時を経てなお世の女性を虜とりこにする「レディ ディオール」。鏡のようにきらめくパテントカーフスキンなら存在感も格別。シルバーにもゴールドにも見えるペールゴールドトーンのメタルの“D.I.O.R”のチャームがその魅力をより引き立てて。高い収納力、ショルダーストラップつきと、スタイリッシュに携えられるのも特徴だ。 バッグ(25×32×11)¥540,000・パンツ¥185,000(ともにディオール)・ピアス¥850,000・リング¥1,500,000(ともにディオール ファイン ジュエリー)/以上クリスチャン ディオール シャツ¥30,000/ストラスブルゴ(バルバ)>>「バッグ」の記事一覧はこちら撮影/浅井佳代子 ヘア/左右田実樹 メイク/福沢京子 スタイリスト/戸野塚かおる モデル/富岡佳子 取材・原文/松井陽子 ※エクラ2021年2月号掲載
  • お気に入りのものを襟や胸もとに足すだけで、華やかさが格段に上がる「大ぶりブローチ」。ヴァン クリーフ&アーペルの蝶のブローチなら、シックなニットとの相性も抜群です。VANCLEEF&ARPELS(ヴァン クリーフ&アーペル)シックなニットスタイルの華やかな主役は、光と色で魅せるパピヨン グレーマザーオブパールの羽と中心部にダイヤモンドがあしらわれた蝶のブローチは、身につける人の動きや見る角度によって美しい虹彩を放ち、控えめながらもハッと人目をひく存在感。クラシカルな魅力とかわいらしさがちょうどよいバランス。 ブローチ(WG×D×グレーMOP)¥1,368,000・リング¥800,000/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク(ヴァン クリーフ&アーペル) ニット¥109,000・ストール¥83,000/アクリスジャパン(アクリス) パンツ¥86,000/キートン バッグ¥212,000/ジミー チュウ>>「エグゼクティブサロン」 記事一覧はこちら撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) ヘア&メイク/野田智子 スタイリスト/青木貴子(whitebox) モデル/高橋里奈 取材・原文/新田幸子 撮影協力/INTERSECT BY LEXUS-TOKYO Minotti AOYAMA ※特集中以下の略号を使用します。YG=イエローゴールド、WG=ホワイトゴールド、PG=ピンクゴールド、RG=ローズゴールド、PT=プラチナ、SV=シルバー、D=ダイヤモンド、MOP=マザーオブパール ※エクラ2021年2月号掲載
  • 地味になりがちな大人の冬服は、“華”を意識したアイテムを投入するのがポイント。大人の女らしさ漂うモノトーンのプリントスカートとフェミニン度抜群のレーススカートをご紹介します。華コンシャスなスカート優しげな素材感で女らしさを印象づけてシンプルな着こなしに華を添えるモノトーンのプリントスカート ドラマチックに揺れるプリーツスカート。モノトーン柄なら女らしさに加えてモード感も。 スカート¥21,000/ユナイテッドアローズ 青山 ウィメンズストア(ユナイテッドアローズ) ジャケット¥59,000/ADORE ニット¥24,000(ポステレガント)・ピアス¥69,000(ソフィー ブハイ)/以上エスケーパーズオンライン バッグ¥144,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ) タイツ¥6,000/ebure GINZA SIX店(ブルーフォレ) 靴¥115,000/ジェイエムウエストン 青山店(ジェイエムウエストン)フェミニン度抜群のレースはシンプルなニットでカジュアルに 冬のレーススカートはマキシ丈のナローシルエットが旬。繊細で上品な見た目ながらウエストゴムで快適なはき心地を実現。 スカート¥48,000/インターリブ(サクラ) ニット¥27,000/サザビーリーグ(デミリー) ピアス¥29,000/ショールーム セッション(マリハ) ネックレス¥11,000/ザ ストア バイシー 代官山店(ビンテージ) ストール¥84,000/アパルトモン 青山店(アロンピ) バッグ¥190,000/カオス表参道(ザンケッティ) 靴¥86,000/アマン(ペリーコ)「フェミニン」記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア/左右田実樹 メイク/小森由貴 スタイリスト/徳原文子 モデル/RINA 取材・原文/坪田あさみ ※エクラ2021年2月号掲載
  • 身長が低い人にとって、冬は難易度の高い季節。コートもボトムも厚みのある素材、しかも長く大きめのフォルムが流行中で量感たっぷりな今、どう着こなすか。小柄な人はもちろん、どんな体型の人にも当てはまる“すっきり見え”のコツを、身長150cmエディター・宮崎桃代さんがご紹介。エディター 宮崎桃代エディター 宮崎桃代小さいころから「前へならえ」の先頭が定位置。ストロベリーサイズでは満足できず、着こなせる服、着こなし方を模索中。日々のモットーは「愛嬌のある着こなし」。小柄さんのボリュームある冬服のシルエットは《長方形》か《円錐形》この2択!縦長の長方形か円錐形。ボリュームのある冬服は頭から下に向かってぐんと伸びるシルエットを意識すれば、小柄でもシュッとした着こなしに!「大ざっぱに気軽に」遠目からのバランスを整えるだけで、スッキリ見えがかなう!ゆったりはおるコートはロング丈の長方形シルエットをそのまま生かす! 長方形シルエットの真骨頂といえるのがボックス型のロングコート。シャープなテーラード襟も視線を縦にキャッチする要素に。くるぶしも隠れる長い丈で着られるのは、小柄ならではの特権。体をすっぽりと長方形で包み込んで。 コート¥69,000/ebure GINZA SIX店(ebure) ニット¥19,000/ウィム ガゼット 青山店(ウィム ガゼット) デニム¥19,000/ゲストリスト(レッドカード) イヤカフ¥22,000/アパルトモン 青山店(アベック) ネックレス¥27,000/ショールーム セッション(マリア ブラック) バッグ¥58,000/カオス横浜(ザンケッティ) 靴¥56,000/フラッパーズ(ネブローニ)リラックスモードの今、小柄でも“ユルッと”着ていいんです。「幾度か提案している小柄な私の着こなしセオリーですが、冬はハードルの高い季節。なにしろ服のすべてがロング&ボリュームになるし、お直しするのも厳しい。なので私は、細かなことを気にせず、遠目からのシルエットを整えます。全身鏡から3歩下がって目を細める……。ぼんやりと大ざっぱに、縦長の長方形か円錐形になっていればOK(笑)。 ここ数年、服はリラックス&カジュアル傾向にあり、今は体を締めつけないユルッとした着こなしが主流。そして重心は下へ下へと移っています。だから、できるだけ頭は小さく、一番離れた靴まで、視線を長〜くキャッチするように仕向けます。普通の人ならミディ丈もロング丈で着られる小柄は、逆にお得(笑)。そんな気持ちで冬も服を楽しみましょう」「身長150cmエディター宮崎桃代さんの小柄さんコーデ」記事一覧はこちら>>撮影/黒沼 諭(aosora) ヘア&メイク/清水ヤヨヱ(+nine) スタイリスト/望月律子(KIND) モデル/アドリアナ 構成・原文/宮崎桃代 ※掲載商品の価格は、本体価格(税抜)で表示しております。 ※エクラ2021年2月号掲載
  • 1枚あると1年中使える、便利なアイテムをセール価格で購入しましたもう1月も中旬ですね。 引き続き落ち着かない日々が続きますが 私にとって、ファションは、気持ちを上げる 大切なことでもあるので セール時期ということもあり ネットでポチポチしております。 そんな私のセール戦利品の ご紹介をさせていただきます。今の時期は ざっとニットにあわせて 柄物をとりいれるときには 柄にある色を小物に取り入れると バランスが良いので 意識するようにしています。 今回は、シンプルに ボルドーのバックとパンプスを 合わせて トップスを柄の中にあるベージュにしています。 スカートの柄にある 黒をどこかに取り入れるのも バランス良いかなと思っています。夏は、白Tにスニカーやサンダルに わせても可愛いかなと思っています。 クシュっとなっても しわにならない(もともとしわ加工のようなプリーツ) なので、旅行先にももっていけるかなとか 今は難しいですが 妄想を膨らませて楽しんでいます。Zara【プリント柄プリーツスカート】☜tops:galerie vie skirts:ZARA shoes:GU bag:j&mdavidsonMy Insatagram←←←♡ファションコンサルタント&食生活カウンセラー Maco Style ブログ←←←♡No.100 Maco
  • 自分の好きな服で日々を過ごしたい!というアラフィー女性の声が例年よりも多く聞かれたこの冬。エクラ 華組&街やSNSで見つけたおしゃれの達人たちの〝おしゃれへのモチベーションが上がるお気に入り〞を軸にしたコーディネートを披露してもらいました。愛着服に今年らしさをプラスしたコーデは必見! 【目次】 ①おしゃれに見えて着心地も抜群「コートスタイル」 ②冬はきれい色で華やかに「スカート&ワンピ」 ③すっきり見せがかなう「パンツコーデ」 ④冬は大人らしくシックに「オールブラックコーデ」 ⑤街&SNS発!おしゃれを楽しむアラフィーの「達人コーデ」スナップ ①おしゃれに見えて着心地も抜群「コートスタイル」冬のクリーミーコーデは心地よさを最優先謝名堂華菜子さん(エクラ 華組・刺繡作家) 「ここ数年探していた白いダッフルコートにやっと出会えました。スタンドカラーで細身、柔らかなオートミールカラーと、どこをとっても好みで愛着服として長く着続けようと思います」。マキシ丈のプリーツスカートにはおってもバランスがとりやすい丈感が絶妙。 ●コート/エトレ トウキョウ ニット/無印良品 スカート/フレンチパヴェ バッグ/マルコマージ 靴/マーガレット・ハウエル  理想のロングコートをブラウスでアップデート豊田真由美さん(エクラ 華組・主婦) 帰省先で出会ったロングコート。ニュアンスカラー、丈感、サイドスリット入りのシルエットと、すべてが理想にぴったりでひと目惚れ。「昨年はデニムとニットにスニーカーで着ていましたが、今季は気持ちが上がる着こなしがしたくて。トップスをとろみブラウスにしたら久しぶりにパンプスを履きたくなりました」。 ●コート/デ・プレ ブラウス/ウィム ガゼット デニム/AG バッグ/エルメス  上品ピンクのパンツで着こなしも気分もUP!木原みどりさん(エクラ 華組・会社役員) サンドカラーのテディベアコートをさっそうと着こなす木原さん。「この色に惹かれて2年前に購入して以来、重ね着いらずの暖かさと軽い着心地でヘビロテしています。今季はきれい色を積極的に取り入れたくて。黒のニットで着るのも好きですが、今日は全体のトーンを柔らかにまとめてみました」。 ●コート/マックスマーラ パンツ/エストネーション バッグ/エルメス 靴/マノロ ブラニク  ストールから導き出したきれいめスタイル佐藤綾子さん(エクラ 華組・主婦) チェックのストールを多数お持ちの佐藤さん。「ストールありきでコーデを考えるのが楽しくて。今日はホワイトのワントーンに効くタータンチェックを選びました」。靴とバッグのキャメルで全身がほどよく引き締まる。 ●ストール/ベグ アンド コー コート/スピック&スパン ニット・シャツ/プルミエ アロンディスモン パンツ/ウッド アンド ペッカー バッグ/ J&M デヴィッドソン 靴/GU ②冬はきれい色で華やかに「スカート&ワンピ」ネイビーニットをひとクセアイテムで新鮮に宮原江里子さん(エクラ 華組・料理サロン主宰) スヌードの取りはずしができるゆったりサイズの前後差ニットを、大好きなマキシスカートで。「今季はシンプルというよりデザイン性の高いちょっとクセありなものに惹かれます。フリルとスリット入りのスカートに、白いブーツですっきりまとめました」。仕上げはオフ白のロックスタッズバッグで着こなしを格上げ。 ●ニット/グランドマティ スカート/ラブレス バッグ/ヴァレンティノ 靴/ザラ  愛着ワンピースはシーズンレスで着たい!内藤有耶さん(エクラ 華組・自営業) ストレスを感じない服選びがニューノーマルになった内藤さん。「コットンワンピースですが夏は一枚で、寒くなったらダウンベストやインにニットを着てシーズンレスに着たいと思います。ワンピースの配色に合わせてベストやバッグは黒、ブーツは抜け感を出したくて白を選びました」。 ●ワンピース/メリ ベスト/ザラ  夫セレクトのアイテムでおしゃれに自信がもてます横山希世さん(エクラ 華組・主婦) おしゃれに絶対的な信頼をおくご主人が選んだレザー×ウールのジャケットと、鮮やかなイエローが目をひく小花柄のスカートで。「今までならパンツで着ていたジャケットも、このスカートと合わせると気持ちまでパッと明るくなるんです」。 ●ジャケット/セオリー スカート/ロンハーマン バッグ/ザネラート 靴/ファビオ ルスコーニ ③すっきり見せがかなう「パンツコーデ」ブライトカラーでコーデも顔映りもトーンアップ成田千恵さん(エクラ 華組・主婦) ふんわりスリーブが印象的な白シャツと白いパンツに、トップグレーのファージレをはおったリッチなコーディネート。「重ね着する冬は微妙な色の違いと絶妙な配色、上質な素材にこだわります。白シャツは顔映りが断然よくなるのでおすすめです」。吟味した小物使いにもセンスが光る。 ●ジレ/カール・ドノヒュー ブラウス/エンフォルド パンツ/セオリー バッグ/セリーヌ 靴/ペリーコ  エッジの効いたアイテムの投入でベーシックを活性化沢辺 史さん(エクラ 華組・受付事務) 強さがあるデザインや色を投入することで、手持ちの服の鮮度が上がると気づいたのだとか。「アシンメトリーなニットベストやゴツめのブーツを買い足したことで、お気に入りの黒デニムも新鮮に着こなせます」。パイソン柄のミニバッグもポイントに。 ●ベスト・ブラウス/アズール バイ マウジー デニム/レッドカード コート/シンプリシティ バッグ/ベーセーストック 靴/ザラ  愛するトレンチコートをエターナルな着こなしで大垣佳世さん(エクラ 華組・自営業) 20代から愛用しているトレンチを大事に着続ける大垣さん。「細身のシルエットが気に入っています。いつか娘へ託したい大切な一着。白ブラウスとデニムでシンプルに着て、レオパード柄の靴を効かせるのが今年のお気に入り」。 ●コート/バーバリー デニム/レッドカード ストール/ジョンストンズ バッグ/ローラ ディマジオ 靴/ピエール アルディ  ふわっと巻くスカーフでシンプルに華を添えて伊藤美帆さん(エクラ 華組・イメージコンサルタント) 海外生活が長かった伊藤さん。一生ものを持つ喜びを大切にし、60歳でもニーハイを履くヨーロッパマダムの心意気をお手本にしている。「シアトルで買ったエルメスのストールはまさに一生もの。色と柄をアクセントにします」。 ●スカーフ・バッグ/エルメス ニット・コート/バーニーズ ニューヨーク デニム/リダン ④冬は大人らしくシックに「オールブラックコーデ」勝負カラーの黒は上質感にこだわって上品に山口りえさん(エクラ 華組・トランぺッター、NPO法人代表) 若いころから黒の着こなしを極めてきた山口さん。「今日はウールコート、ニット、しなやかプリーツのラップスカートでそれぞれの素材感の違いをテーマに。春に断捨離したことで、パリのマダムのようにいいものを長く着続けたいと思う気持ちがより強くなりました」。 ●コート/サルヴァトーレ フェラガモ ニット/セリーヌ スカート/セブンドッツ バッグ/エルメス 靴/ボッテガ・ヴェネタ  サイズ感にこだわったライダースを今季は華やかに近藤和子さん(エクラ 華組・主婦) ライダースは、キッズからメンズまで、9サイズの中からあえてメンズの170をチョイス。「レザージャケットは何着か持っているので、アウターとして着られる大きめなサイズにこだわりました」。購入時はデニムを合わせてカジュアルに着ていたが、「今は柔らかな雰囲気のスカートが気分です」。 ●ライダース/ビューティフルピープル ニット/トーテム スカート/イー バイ エクラ 靴/エルメス  今の自分に寄り添うブランド、見つけました鈴木たま江さん(エクラ 華組・サロン主宰) 最小限のアイテムで効率よく着回せると人気のブランド“ソージュ”に夢中。「イタリア製の上質素材を使ったワンピースは、モッズコート風にも着られる汎用性に惹かれました。ツヤと張りのある素材で黒でもきつく見えません。プチプラで購入したチュールスカートに重ねて華やかに。ブーツ合わせが今年の気分」。 ●ワンピース/ソージュ バッグ/シャネル 靴/ザラ ⑤街&SNS発!おしゃれを楽しむアラフィーの「達人コーデ」スナップ真摯につくられた服を大切に着続けたい!落合久仁子さん(落合レース ディレクター) 物づくりに携わる落合さんらしく、英・仏のファクトリーブランドと日本のデザイナーブランドをミックス。「時代に左右されないデザインと流行を超えたオリジナリティを着ることが私流のサステナブル」。 ●アウター/ベルスタッフ ジレ/グラフィットランチ カットソー/フィールズアルボー スカート/ウジョー  keikobun34さん(主婦) 「暗めの色が多くなる冬は、意識して明るい色や白を取り入れるように。ふだんはカジュアルですがコートや靴、バッグは長く愛用できるものを少しずつ買い足して大事に使っています。お気に入りを身につけるとやっぱり気持ちがグンと上がりますね」。 ●コート/ブルネロ クチネリ バッグ/エルメス 靴/チャーチ  ベーシックスタイルに上品なインパクトをharuko_501さん(主婦) 断捨離したことで以前より自由におしゃれが楽しめるように。「この秋ひと目惚れしたムートンとダウンを組み合わせたリバーシブルのジレが、大好きなベージュとネイビーの組み合わせを印象的なものに格上げしてくれるんです」。 ●ジレ/sov. シャツ/スタニングルアー パンツ/ユニクロ バッグ/ルイ・ヴィトン 靴/パラディクルール  更新して着続けたいフィービーのセリーヌchieko6さん(ジュエリーデザイナー) 「フィービー・ファイロのセリーヌが大好きで、今も大切に着ています。袖を通すと気持ちが上を向くアイテムばかりで、相性のいい新入りと合わせ着こなしをバージョンアップしていけたら」。 ●コート/ボッテガ・ヴェネタ ニット・パンツ・バッグ/セリーヌ ネックレス・ブレスレット・リング/ CHIEKO+  かごやインディアンジュエリーで私らしくplumeria_bytheseaさん(サロン経営) 「キャメルカラーのコーデは、お気に入りのコートやブーツに小物使いでがんばらない大人なカジュアルに。長く愛用できるものやこうありたいと思うスタイルを大事にしていきたい」。 ●コート/オーラリー ニット/ロンハーマン パンツ/レッドカード ネックレス/ harpo かご/ヌーベルナンタケットバスケット 靴/サルトル  抜け感のあるモノトーンスタイルに夢中!hiros23さん(フリーランス) 高感度なおしゃれが評判のhiros23さんがヘビロテする黒のオールインワン。「体型カバーできるしおしゃれ感もアップします。ファーをあしらったストールとミッキーのかごバッグで、抜け感とお茶目さをテーマに」。 ●オールインワン/ローヘン ファーストール・バッグ/マニマリス 靴/メゾン マルジェラ  最愛アウターを小物や色使いで新鮮に右・藤野由華さん(主婦) 左・宇都宮理香さん(@rika1121) 「今季はふわっとした質感のストールで、着こなしも心も軽くなるように」という宇都宮さんに対し、「デニムも黒ならカジュアルすぎなくて。キャメルと黒の配色は心落ち着く冬の定番です」と藤野さん。ニットとセットのケープや定番のウールトレンチを大切にしながら、今の気分に寄り添う着こなしに昇華するテクはさすが。 ●(藤野さん)ケープ・ニット/メゾン ド アール デニム/マザー バッグ/J&M デヴィッドソン (宇都宮さん)コート・ニット・スカート/メゾン ド アール ストール/ロエベ  “いいものをずっと”を再認識したコーデyoko_bashiさん(主婦) 年を重ねても身につけていたいと思えるアイテムに出会えたという。「襟が着脱できて2通りに着られるコートや袖の刺繡に惹かれたニット、使いやすいバッグやジュエリーは、シンプルだけどこれからのおしゃれの相棒になりそう」。 ●コート/seya ニット/デミリー デニム/レッドカード ピアス/ロンハーマン ストール/ジュリア・イェンチ バッグ/フランツロアー 靴/アグ  冬の街に映える赤いコートで足取りも軽く須藤理可さん(アクセサリー デザイナー) インパクトのあるコートの大人かわいい着こなし。「赤×黒だけだと強すぎるので少量の白をちりばめました。ケリー型のかごバッグは、カジュアルをほどよくきれいめにまとめてくれて重宝」。 ●コート/ミラ オーエン ニット/ザラ パンツ/ブリスポイント イヤリング/カナリア アクセサリー バッグ/エバゴス  洗練されたクラシカルベーシックが素敵!mima_sun1518さん(会社員) 子供のころから好きなアランニットをこの先も長く……そう思っていたときに見つけた一枚を今年らしく。「ニット同様クラシカルで気に入ったチェックのボトムは、マキシ丈で着られるようワンサイズ大きめを選びました」。 ●ニット/ブラミンク キュロット/メゾン マルジェラ ストール/ベグ アンド コー バッグ/マルニ 靴/ペリーコ    ▲ページトップに戻る>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧▼その他のおすすめ記事もチェック撮影/大瀬智和 取材・原文/向井真樹 ※エクラ2021年2月号掲載
  • ミラノの街で目をひいた、おしゃれなマダムのシーン別の着こなしを紹介!仕事とプライベートの切り替えることで、おしゃれの幅もグンと広がります。小物をうまくあしらい、モダンな雰囲気にラウラ(ストアデザイナー・ミラノ) セオリーのニットにパトゥのスカーフ、タイトスカートというコンサバスタイルでほどよく緊張感を。「プラダのタイツともなじむプロエンザ スクーラーのスタイリッシュなパンプス。モードな名脇役で、仕事場でも凛とした存在感を与えてくれます。スタイルアップ効果も期待!」。ネオプレーン素材のコートはヌメロヴェントゥーノ。きちんと感を出しながら小物で個性を演出ビジネスシーンでは目立ちすぎずエレガント、さりげなくモードなバッグを選ぶ。ヌメロヴェントゥーノのトートとクラッチを2個持ち。「企画のプレゼンテーションをする日は荷物が多いのでラージサイズを。ランチや化粧室への移動にはスモールバッグが大活躍」。デニムをドレスアップさせカジュアルなレストランへ リーバイスのデニムにマックスマーラのエコファージャケットをはおり、素足にきらきらビジュー靴でテンションを上げる。プラダのポストマンバッグは斜めがけが気分。デニムが少しだけリュクスかつモダンに。「レストランでは視線が集中する技ありトップスを合わせます。ひとひねりあるデザインはヌメロヴェントゥーノのもの」。ファッション好きの友人とブックカフェで待ち合わせ 優雅なセオリーのガウンコート。ベルトをキュッと締めてコンシャスに着たり、さらりとはおったりと2通りの着回しを楽しむ。「インパクトのあるヴィンテージのスカートは、ハート柄の色がコートにリンクしているので全体がスマート&上品に仕上がります」。バッグはジャマン・ピュエッシュ。メタリック靴で足もとまでぬかりなく。>>おしゃれマダムのスナップ記事一覧[ミラノ]撮影/Marco Bertoli 取材・原文/Akane Takadama ※エクラ2021年2月号掲載
関連キーワード

RECOMMEND